0030_20180818100451f05.jpg 0031_20180818100452701.jpg
『PCMAX』をやることにしたのは、ネットでバナー広告をよく見るからだ。するとサイト内の『ピュア』コーナーに、こんな場所が。〈今からあそぼ〉これからスグに会いたい人間が
書き込みをしている。そこで見つけたのが、平日の夜11時に書き込んでいたこの熟女である。
〈ヨウコ/41才/既婚/今から新宿で飲みませんか〜〉
プロフ写メは椿鬼奴似だが、新宿なら近いし行ってみるか。指定された合流場所の飲み屋前には、写メの女が立っていた。そしてその横にはぽっちゃり熟女と、背広のオッサンが。
「どうも、ヨウコです。で、こっちがサキさん。この男の人は、今、会ったばかりの、名前なんだったっけ?」
「あ、ハシモトです」何だこの展開…?困惑していると、ハシモトとかいう背広がひそひそ声でしゃべりかけてきた。
「ぼくもさっき聞いたんですけど、なんかこの2人は人妻で、それぞれがサイトで男を探したみたいで」
「で、4人で飲もうと?」
「そうそう。ぼくらを財布にしようと企んでるっぽくて。だから自分、何とか口説いてやろうと思ってるんで」
状況はわかった。即席合コンってわけですか。居酒屋に入ると、背広は宣言通り、最初からかっ飛ばした。ぽっちゃりさんの隣に座り、肘でおっぱいをつついたりして。ならばとこちらもアクセル全開
だ。テーブルの下でヨウコの手を握っときましょう。先に動いたのは、オレのほうだった。
「じゃあ自分、ヨウコちゃんをゲイバーへ連れてくことにしたんで。ここまでの飲み代、半分置いて先に出ますわ」
ヨウコの腕を取って居酒屋を出て、そのままラブホ街へ向かう。彼女は「本当にこっちなの〜」な
んて言いながら大はぎゃぎでついてきた。最初からこうなることを期待していたかのようなテンションで。いざセックスではデカイ喘ぎ声を出しっぱなしで、豪快に潮も吹いてくれた。
ハッピーメールの登録時、プロフの書き方について悩んだ。私は53才のスケベオヤジだが、イカした中年と思わせるにはどうすればいいか。考えた末に着目したのが、ブログのように使える『日記』欄である。ここに、趣味の映画についてあれこれ書いておこう。目にした女はあら、素敵な方だわと思ってくれるのでは。そんなわけで、3日に1回のペースで日記を書き、そして〝爆撃メール〞も作成。「会社で偉い人やってます。割と自由に生きてるんで、時間の都合は付きやすいです。映画を見るのが好きで、最近のマイブームは不倫映画です」これを、ターゲット(自分が既婚者なので既婚女性)に一斉送信することをルーティンに。2週間後、29才の女とつながった。相手からのファーストメールには「ちゃんとした方そうだったので」とあった。2通目のメールではいきなり大胆な告白。
「実はまだ結婚して半年なんですが。ダンナとセックスレスなんで。不倫映画なんてヤバいですー」
日記を使った印象付けが功を奏したとみていいだろう。一週間ほどやりとりした後、夜の食事に誘った。行きつけのバーに連れていき、酒を勧めつつ不倫映画についてじっくり語ると、彼女がしなだれかかってくる。一丁あがりだ。私には日記をしこしこ書くようなマメさがあり、それはセックスにも通じる。愛撫は時間をかけてじっくり行い、挿入前に必ず一度イカせる。果たしてこの29 才の新婚とは、月2で会うセフレ関係になりました。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ