女性のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:女性

AV男優は不感症の女性をいかせるテクニックを持っているのか

0036_20181014152637536.jpg 0037_20181014152639925.jpg 0038_2018101415264009d.jpg 0039_20181014152641e12.jpg 0040_20181014152643784.jpg 0041_20181014152644f8d.jpg 

精神病患者相手の女性カウンセラーにエッチなイタ電

0131_20181012234908864.jpg
考えてもみてください。突然、『マンコ濡れ濡れなんちやうの』と言われて電話を切らないオンナがいるでしょうか。経験でいえばフイニッシュまで持ち込めたケースは、全体の1%にも達していません。僕は真剣に悩みました。

女性は猫の前だと無防備に!バンチラを拝める猫カフェ

0055_2018091514490237f.jpg 0056_20180915144903ed6.jpg 0057_2018091514490450d.jpg 0058_20180915144906aa9.jpg女性は猫の前だと無防備になるありがた〜い性質を持っております。それを利用してバンチラを拝めるのが、こちらのスポットです。まずこの猫カフェは、喫茶店と違って令客が地べたに座るような作りになってます。まるでお遊戯室ですが、猫ちゃんと遊べるようにって配慮なんでしょうね。
女性の中には、ミニスカートを穿いている方々も少なくなく、猫が来ると足下がお留守になってしまいます。これもまた猫好き女の特徴なんですね。んで、キャッキャと戯れるうち、立て膝やスカートがめくれあがって、パンツがチラリと見えるという案配。ちなみに私の最高記録は、約1時間で15チラであります。
見知らぬ人間同士が寄り合い船に乗って、東京湾のクルージングを楽しもうという趣旨だ。
僕は男友達2〜3人とよくこの船に乗って、ナンバに勤しんでいる。お祭りなどと同じで、乗客たちのテンションが上がってるぶん、成功率が高いのだ。方法としては、あらかじめ浴衣を着ておいて、
浴衣ギャルのグループに声をかける。男の浴衣率はさほど高くないので、同じ格好をしてるだけで心を開いてくれるものだ。
ミニスカが座る確率はそう高くはありません。春から夏にかけて、街中でその手の.を見かけるようになりますが、それより若干割り引かれた遭遇率だと思えばいいでしょうか。残念なのは、この席の前に座る場所がないことですが、これは仕方ないでしょう。前を通りかかるとき、チラつと目をやるに留めておくのが賢明です。

縁結びの神社で一人きりの女性をナンパ作戦

0082_20180909102658706.jpg 0083_2018090910265962d.jpg
成人映画館が変態カップルの露出スポットとなっていることは、知ってる人も多いだろう。しかし、現実にその場に行った方はまずいないのではないか。私が利用している上野の「O」は、若い女性を連れてくる紳士が多いことでつとに有名なスポットである。中でも最も印象に残っているのは以前に目撃したパンチの50代と20代前半のケバ目OL風のカップルだ。2人がスクリーンの前に陣取るや、待ってましたとばかり周囲にいた10数名のオッサンどもが集合。紳士の命令で彼女がオナり出した途端、ギャラリーはかぶり付くように股間を眺めだした。その後も紳士は、オッサンどもにアソコや胸を触らせたり、オンナに手で抜かせてやったりと、約30分間のサービスしてくれたからタマらない。興味のある方はぜひ! ただし、ホモのハッテンバにもなってるので、ソノ気のない方は気を付けてください。
私がよく行く上野の国立S美術館は、近くに東京藝術大学がある上、都内の主要な大学生は入場料が無料のため、客の多くが大学生。元より男子学生が絵なんぞにさしたる興味を抱くはずもなく、当然のように8割方は女子大生だ。「いい絵ですね」なんて声をかけると、10人中7〜8人は立ち止まり、内、半分はお茶程度まで付き合ってくれる。さわやかな出会い方のため、即マンは難しいが、メアド交換からゆっくりお友達になるには格好のスポットだ。
都内の裏DVD屋密集地帯と言えば新宿歌舞伎町が有名ですが、ここ最近は、頻繁に摘発を受けてるせいか、以前に比べて店舗数が激減しております。そんな中、新たなる裏DVD密集地として台頭してきたのが秋葉原のこの一帯。正確な店舗数は不明ながら、界隈で10軒以上は営業してるはずです。堂々と「DVD」というカンバンが出てるので探すのは簡単です。品揃えは女優モノを中心に数千本単位、値段の相場は20本1万円ほど。欲しい作品のカードを店員に渡すと、ほどなく商品を持ってきてもらえる仕組みです。
ただし、店内にパッケージ写真はなく、作品タイトルの文字のみで商品を選ばなければなりません。秋葉原駅の電気街口を出て徒歩わずか15秒の場所に、一つのビル全体が巨大アダルトショップとなっている「E」がある。この店、女性客向けに大胆なサービスを提供している。3階のランジェリーフロアで下着を購入し店内で試着すると、店員がその場で写真を撮影し、できあがったポラロイドを店内に張り出せば、商品が定価の3割引となるのだ。店内を見わたせば、数百枚もの素人女性の下着写真が並んでいる。中には乳が丸出しのものや、お尻を突きだしたものもあり、見ているだけでも興奮モノだ。こんなサービスをするぐらいだから、露出マニアにとっての聖地にもなっており、下着姿のまま店内をうろつく女性もときに目撃する。いつまでいても飽きない店だ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ

無料でパンツを見せてくれるという女性のカキコミを見つけ会いに行ったら

2015120.jpg 2015121.jpg
無料でパンツを見せてくれるという奇特な女性のカキコミを見つけました。さっそく上野の陸橋に向かったところ、縁石に座っているのはセーラー服の女子のみ。正面に回れば、なるほど白いパンティが丸見えです。しかし何かがオカシイのです。パンティがもっこり膨らんでいるのです。そして顔もオッサンなんです。さすが女装のメッカ、上野と感心するしかありません。
セーラーおっさんは、足の開閉を繰り返し、ときおり手をスカートの中に入れて股間をいじっています。視姦されることに興奮するタチなのでしょう。おかしなことに、周囲にはその様子をじっくり観察している男がチラホラいます。一人が話しかけてきました。
「あの子すごいねぇ。しゃぶってくんないかなぁ?」
いったいこの人は何を言ってるんでしょう。日が暮れ、セーラーおっさんは上野公園の方へと移動しました。ギャラリー男たちもぞろぞろ後をついていきます。グラウンド近くのベンチに腰掛けたセーラーさんは、ジャージを羽織って再び大股開きし、例のしゃぶられたがりオッサンが真ん前の特等席を取りました。
「そろそろしゃぶってくんねえかなぁ」
そんなこと私に言われてもどうしようもありません。変なことに巻き込まれる前に帰るとしましょう。見せたいオヤジとしゃぶられたいオヤジ。ナイター照明に照らされた2人の駆け引きを、草野球に興じる人たちは気づいていたのでしょうか。

サロンとか飲食店とか個人事業主の女性ほどエッチしやすい相手はいない説

0123_20180903111224b60.jpg 0122_201809031112260f9.jpg異業種交流会では、多いときだと100人以上の女性と名刺交換することも珍しくありません。当然ながら後日連絡が来ても「この人誰だっけ?」と思うことがしばしばです。
ある日、私のLINEに〈Tさん、お久しぶりです。先日のパーティではお世話になりました。最近仕事
が変わったのでそのご報告も兼ねてお茶でもいかがでしょうか?〉
という誘いのメッセージが入りました。スケベな男ならば喜んで会いに行きたくなるところですが、
この声掛けは99%ビジネスの勧誘(営業)です。どうやら彼女は2カ月前に事務職を辞めて最近ネイ
リストとして独立したとのことでした。年齢は22才。未熟さと無知ゆえの「独立」でしょう。
〈いまは男性でもネイルをする人っているんですよ〉
さっそく営業モードに入っているようです。もちろん彼女の顧客になるつもりなどありません。
が、最近独立したことがきっかけで営業をかけてくる女性ほどヤりやすいコはいないので、適当に話
に乗ってあげることに。案の定、なかなかお客さんがついていないそうです。
〈そういえばTさんってどんな仕事してるんでしたっけ?〉
彼女たちは片っ端から営業しているので相手のことなどたいして覚えていないものなんです。
〈サロンとか飲食店とか、個人事業主のコンサルタントをしてるよ〉
もちろん嘘っぱちですが、事業を始めたばかりのコには「コンサルをしている」とアドバイザーの立場で近づくのが一番なのです。
〈え!? じゃあネイルサロンのお客さんの集め方とかもわかりますか!? 〉
いきなり食いついてきました。営業ウーマンを食うときのポイント「相談に乗る」がさっそく発動です。翌週、喫茶店で軽く彼女の仕事の話を聞いてやりました。
「レンタルスペース代とか道具代とか、全部かけると50人集めないと赤字なんですよ。いま忙しくてごはんも食べる暇がなくって」
一通り愚痴を話した後、彼女は資料を見せながら男性向けのネイルサロンのプランを紹介し始めました。「Tさんも今日やってみませんか?」相談だけではなく、ちゃっかり営業してくるところが抜け目ありません。でもこれは個室へ入るチャンスです。
「そうだね。じゃあお酒飲んでマッサージでも呼べるところにしよっか」
そのついでにネイルをしてもらうテイでホテルに入ったわけですが、マッサージを呼ぶわけもなく、
ワインを空けたところで完全にプライベートモードへ。すっかり甘えきった彼女はもはや単なるスケベな女の子以外の何者でもなくなっていました。

手マン&フェラ大会が繰り広げられるチカンされたがりの若い女性がいるらしい

201506116.jpg 201506117.jpg
埼京線のチカンといえば、通勤か帰宅のラッシュ時が有名ですが、なんと毎週「土日の午前中」、新宿方面へ向かう「上り」電車に、いろんな男からチカンされまくっている若い女性がいるとのこと。さっそく現場に向かいました。
土曜午前10時。JR赤羽駅の上りホームに、怪しい集団がいました。20代のスカート姿の女性を取り囲むように、怪しげな男たちが数人たむろしているのです。しかもホームだというのに、すでに一人の男性がお尻を触っています。いざ電車がやってきました。男たちは彼女を囲みながら車両になだれこみ、連結部分でスカートをたくしあげ、パンツをずりおろし始めます。どうやらこれ、彼女もプレイとして楽しんでいるとしか思えません。新宿に到着後、男の一人に話しかけたところ、
「彼女はチカンされたがってる子で、みんなで遊んであげてるんだよ。これからカラオケボックス行くんだけど、お兄さんも来てみる?」
その後のカラオケでは、手マン&フェラ大会が繰り広げられるという、とんでもない展開が待っていました。彼女、きっと来週も再来週も、赤羽から埼京線に乗ることでしょう。

Tシャツの女性の前かがみ巨乳

00010.jpg 00011.jpg 00012.jpg 00013.jpg
秋です。果物狩りに行きましょう。でも果物なんてすぐに食べ飽きるので、別のものを目で狩りましょう。たわわに実った果実もあるもんですよ。スポーツの秋、なんて言われてもピンときませんが、とにかく世間の人は運動に励んでおるようです。この季節、Tシャツの女性から目を離してはいけません。前かがみになれば必ず膨らみが見えるんですから。

テンション上がった女性が全裸になるぶっ飛んだロックバー

0108_201808111003025a9.jpg 0109_20180811100304557.jpg 

【読者様の投稿】ジャニーズコンサートの男子トイレに駆け込む女性に勃起チンコを見せつける変態

SnapCrab_NoName_2018-8-8_21-12-11_No-00.png
趣味はチン見せだ。ガチガチに勃起したチンコを見知らぬ女に見せて反応を楽しむ、至高の遊びである。この趣味を持つ人間にとっての主戦場はずばり、トイレだ。
たとえば昼間、公園のトイレ。入口の目隠しが少ないところを選び、立小便をしてるフリをして、近くで子供を遊ばせる人妻なんかに勃起させたチンコを見せつける。この方法でときどき、本当に稀だが、素晴らしい反応を得ることもある。オレの顔を見て、続けて視線をチンコにやり、ギョッとした表情を浮かべて小走りで去って行く姿といったらもう。
 が、大半はそしらぬ顔で、まるで『ワタシは何も見てませんよ』ってな具合に歩いていってしまう。というより、なかなかこういった条件が揃ったトイレも少ないし、タイミング良く通りかかるターゲットも少ないのが現状だ。トイレ清掃婦もターゲットにはなるが、多くはおばちゃんで、しかもオレみたいな輩に慣れているのか、ギンギンのチンコを見ても何食わぬ顔で掃除を続けがちだ。もっとぞくぞくするような反応を得られるイイ場所はないものか。それは、チン見せマニアにとって永遠の課題である。そんなある日、朝のニュース番組で「嵐」のコンサートのリポートが流れていた。テレビ画面に映る観客は9割以上が女性だ。まあ、ジャニーズのコンサートの客なんて女しかいないよな。この人たち、トイレに行くときはやっぱり並ぶんだろうなぁ。その一方で男子トイレなんてガラガラだろう。待てよ、ってことは…。うん、絶対そうだ! 男子トイレも女子が勝手に使ってるに違いない。
 これは使えそうだ。男子トイレなので、いくらガン立ちの息子を出してようが文句を言われる筋合いなんてないし、そもそも大好きなアイドルのコンサート中に揉め事を起こす女もいないだろう。さっそくこの妙案を実行にうつすべく、ジャニーズのライブスケジュールをかたっぱしから調べる。
「キスマイ」だの「セクシーゾーン」だのは、観客がガキんちょばかりだろうし除外だ。 やっぱりチン見せ相手は大人のしっとりした女性に限る。そう考えればあの5人組が妥当か。
個室のドア前でチンコを出してやれ!
コンサート当日。ダフ屋から2万円で買ったチケットを手に、会場のドーム内へ。周りは20代から40代の女ばかりだ。そしてライブ開始から30分ほどで、男子トイレへ向かった。ここで女が並んでなければ計画はパァなのだが… うわ、すげえ! めっちゃ並んでるじゃん!逆に男子のほうはガラガラだ。あとは待つのみである。小便器の前に立ってズボンを下げ、チンコに手をやる。スコスコスコ。これから起こるであろう光景を妄想するだけでフル勃起だ。
1分、2分と時間が過ぎていく。途中で男が入ってきたのでチンコを隠した。まだかな、女の子、早く入ってこないかな…。その男が出て行ってすぐ、女2人らしき会話がどんどん近づいてきて、ついにその姿が視界に入った。「あっ!」
二人とも20代後半だろうか。トイレのど真ん中で勃起チンコを露出した男を前に、一瞬の間が空いた。視線はオレのチンコにくぎづけだ。
「すいません、行こう!」
みるみるうちに二人の顔が赤くなり、目をぐるぐると回しながら駆け足で去っていった。イイ、イぞ
!!あっ、ヤバイ、出る!
……なんとリアルな反応だろうか。しかも謝ってたし。勝手に男子トイレに入ってきたんだから当然か。個室に入って精子の処理をしていたら足音が聞こえてきて、そのまま隣の個室に入っていった。男か女かはわからない。個室から出たオレは、そのまま小便器へ。チンコはすでに回復を見せている。あとは個室から出てくるのが女であることを祈るのみだ。チョロチョロと音のあと、ティッシュのガサゴソ音が。女であってくれ!それ、個室のドア前でチンコを出してやれ!
ガチャン。
ドアが開いて出てきたのはメガネをかけたOL風の女性だった。キツめの目元がオレのチンコをはっきり捉えている。
「あああ… すいません!!」
彼女は目を手で隠してそそくさと出ていった。手も洗わずに。眉間にシワが寄る瞬間がはっきり見えたし、チンコを二度見までしてくれた。ああ、最高のオカズだ!結局オレはライブ中のほとんどの時間をトイレで過ごした。女の子が男子トイレに入ってくるのはコンサート開始から1時間ほど経ったころがピークで、2,3分に1人が入ってきてチンコを見て逃げていった。全部で30人くらいには見せられただろうか。気にかかっていた通報はなく(誰も注意しに来なかった)、これだけの成果が得られたのだから上出来だ。
※この記事は読者様の投稿です。知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます