妊婦のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:妊婦

  • 2019/09/29援助交際・パパ活

    1人目・切羽詰まったシングルマザー切羽詰まったメッセージを見つけました。7千円でいいから、とにかくすぐに援助してほしいという34才です。この手合いは、当たりかハズレかでいえばハズレに決まってるんですが、なぜそこまで追い詰められているのかが知りたくて、彼女の自宅を訪れることに。招き入れてくれたのは、常総学院の木内(元)監督に似たおばちゃんでした。部屋の中は意外とキレイで、子供のおもちゃなどが並んでいま...

    記事を読む

  • 2019/09/16突撃リポート

    母乳の出るママさんや妊婦さんがワリキリ募集している掲示板だ。そんな時期でもお金に困ってる人は少なくない、それが現代ニッポンの現実だ。母乳ママは写真のように子連れでやってくる母乳&妊婦プレイで癒しと興奮を同時に味わういったい、何がいいのか母乳に妊婦。そんなに癒されたいのか、日本男子。百聞は一見にしかず。さっそく、東京・新大久保の専門店妊婦・母乳のお店・ちゃいるど、に体験取材を試みた。事前情報では、サ...

    記事を読む

  • 2019/05/27突撃リポート

    昨年の秋口、取材でお世話になった某政治家秘書が、ねるとんパーティに行かないかと声をかけてきた。予定していた知人が急用とかで、「金の心配はいらない。普通じゃ入れない集まりだから話のネタになるんじゃない?」場所は成田にあるシエラトンホテルのスウィートルーム。確かに僕などお呼びじゃない。20万の費用を払って参加した男たちは、政治家や医者、弁護士など、いわゆるエグゼクティブの連中だ。対する女性陣は、全員が現...

    記事を読む

  • 2019/05/23裏風俗・風俗体験談

    以前、「裏モノ」に妊婦ホテトルをやってる女性のリポートが載ってましたよね。確か通院してる産婦人科の医者に紹介され、半年で百万ほど稼いだという話でした。実は私も現在、妊婦ホテトルで稼いでいます。といっても私の場合、結婚もしてないし、ましてや妊娠なんてしてません。なのになぜ、母乳プレイができるのかというと、あるクスリを飲んでいるからなのです。元々、私はFカップのデ力乳を武器に、巨乳専門の業者に登録して...

    記事を読む

  • 2019/01/10援助交際・パパ活

     お腹に赤ちゃんのいる女性は、基本、誰もが幸福感に包まれているはずですが、中にはお金に困って途方に暮れている人もいるようです。上記メッセージを載せていた方は、現在妊娠8カ月、よって本番は無理なのでフェラで1万円欲しいと、メールで要望を伝えてきました。膣が使えないときは口を使え。ムダのない発想です。待ち合わせた駅前には、明らかにそれとわかる大きなお腹の女が立っていました。「妊婦だからさあ、今日は...

    記事を読む

  • 2019/01/05奴隷ちゃん調教

     〈国田さんはじめまして。ブログみました。わたしも舐めてーヾ(*´∀` *)ノ〉ある日、かような心温まるメールが届きました。すぐさまこちらこそお願いしますと返信したところ、〈静岡住みですが来週東京に用があるのでその時にお願いしたいです(´∀` *)25歳で結婚してます。それでいま妊娠8ヶ月ですがダメですか?〉トントン拍子に話が進み、妊婦様のご上京に合わせてクンニをさせていただくことが決定いたしました。そうし...

    記事を読む

  • 2018/05/07セフレの作り方

      妊婦は挿入を嫌うので舐め犬に徹するが吉出会い系の日記機能で女を釣る手法は昔からある日記の書き方は簡単だスローセックスの記述をネットからコピーして自分の日記にペーストし最後にちょこっと体験談風のコメントを書き足すコツは日記を読んだ女に「私もされてみたい」と思わせる内容にすることです女の反応が来はじめるのは日記を3、4つ書き終えたころだ相手はスローセックス目当ての女、実際に会うことができれ...

    記事を読む

出会い系で結婚予定の妊娠した妊婦やシングルマザー・どんな女がやってきた|援助交際体験談

0126_201806220943182f4_201908171247148e4_201909290938375f3.jpg0127_2018062209432058c_20190817124716636_20190929093839b7f.jpg201512_000116_2019092909384045a.jpg201512_000117_20190929093842c39.jpg0068_201810171943499b3_20190929093829d2d.jpg0069_20181017194350003_20190929093830df8.jpg0070_20181017194351b83_201909290938318b4.jpg0071_201810171943533ab_201909290938331ba.jpg0072_20181017194354faf_201909290938346c3.jpg0073_2018101719435684b_201909290938361e9.jpg1人目・切羽詰まったシングルマザー
切羽詰まったメッセージを見つけました。7千円でいいから、とにかくすぐに援助してほしいという
34才です。この手合いは、当たりかハズレかでいえばハズレに決まってるんですが、なぜそこまで追い詰められているのかが知りたくて、彼女の自宅を訪れることに。招き入れてくれたのは、常総学院の木内(元)監督に似たおばちゃんでした。部屋の中は意外とキレイで、子供のおもちゃなどが並んでいます。
「お子さん、いらっしゃるんですか?」
「はい、今は保育園に行ってます」
彼女、シングルマザーとして5才の男の子を育てているそうです。
「私、あまり体が強くないので毎日は働けないものですから」
「それでこうやって…」
「はい、来月に息子の七五三があるんですよ。そういう節目はちゃんとしてあげたくって…」
なんだか涙腺がゆるんできました。当初はエンコーなどやらずに帰ろうと思っていたのですが、7千円稼いでもらうとしましょう。真っ黒な乳首に辟易しながらも一戦を終え、いざ部屋を出ようとしたとき、壁にかけられた息子さんの作品が目に入りました。
『いつもありがとう』
もはや泣くしかありません。
2人目・男は美人を抱きたい願望より付き合っていることを周りに自慢したくなる生き物
深夜に何気なくパペポTVを見ていたら上岡龍太郎がこんなことを言いました。
『「美人と噂になるけど実際は何もない」のと「美人とセックスしてるけどそのことは誰も知らない」のでは前者の方がよっぽど嬉しい』。それを聞いて当時若輩者だった自分は「美人とセックスの方が100倍嬉しいに決まっているだろうが、この天邪鬼芸人が」と思ったものですが、今になってようやくあのとき上岡龍太郎が発していた言葉の意味を理解できるようになりました。つまり、男はある程度年齢を重ねて遊び尽くすと、今度は美人を抱きたいという願望よりも美人と付き合っていることを周りに自慢したくなる生き物なんだということです。
確かに美人を連れて街を闊歩しているオッサン達はどこか誇らしげです。それがキャバクラ嬢との同伴だろうが、肩で風を切ってガニ股で道の真ん中を歩いていきます。美人を連れて歩いていて周りの男の目線がその美人に向いたとき、何か勝った気持ちになった経験は誰もが身に覚えがあるでしょう。そんな男たちの心理を利用し、最近出会い系サイトで急増しているのがデートのみを希望する女たちです。大手の出会い系サイトには「アダルト掲示板」と「ピュア掲示板」の2種類が用意されており、アダルトの方は男女が出会って金銭を介して身体を重ねるというものですが、一方のピュアはデート希望女たちの巣窟となっています。出会い系に登録しておいて今さらピュアもへったくれもない気がしますし、アダルトDVDに出演している清純派と同じ矛盾を感じてしまいますが、タダで食事や買い物がしたい女の渇望と、美人を連れて歩きたい男の見栄が合致しているのかもしれません。
さて、このたび、
『ご飯行ったりできたらいいナ』
と書き込んでいた女がおりましたので、その辺の援交女よりもレベルの高い容姿を期待し、丸井前で待ち合わせしたところ、現れたのはクッキングパパに似た顎の突出した女(29才)でありました。オシャレなレストランに行く予定を急遽スタバに変更。さらにそのあと一緒に歩いているところを誰にも見られたくないので光の速さで漫喫に移動し、4千円払って胸を揉みながら手コキをお願いするという、いつもと変わらない出会い系の風景がそこにはありました。なぜクッキングパパの分際で、男がタダ飯を奢ってくれると考えたのか、脳の仕組みを知りたいものです。
3人目・出会い系でやってきたのは結婚予定の妊娠した妊婦だった
悦子から連絡があった。
「お金はないよ」
「そうじゃなくてねえ聞いて。友だちが帰ってきたの。それにお金返さなくちゃ。生理終わったし」
友だち?なんのことかわからない。が、話からして今度はちゃんとセックスできるらしい。俺の姿をみて悦子は走ってきた。顔が明るい。ペニスが元気になる。ソファに座り悦子にキス。と、すかさず舌を深く入れてくる彼女。今日はたっぷり時間がある。まずは着衣性交だ。
「このまましようよ」とスカートとパンツを脱がせ、ベッドに寝かせる。初めて見る悦子の性器はお
ちょぼ口で具合がよさそうだ。悦子の尻に枕を敷き、一気に挿入。ピストンが始まればあとは射精だけだが、最初のひと刺しにある。いやだあ、もうと悦子の顔を見て、俺はたまらず射精した。シャワーを浴びた悦子が話す。
「私が保証人になってた友だちが帰ってきたの。友だちの親が返済してくれたので助かった」
半年ほど前その友だちは、悦子に保証人になってもらいサラ金から借金をしたのだが、支払日近くになると泣きつかれ、しかたなく彼女が返済していたという。
「頼まれると断れない性格なの」
金がないときは飲食店を営む親から借金したりテレクラ援助もしていたそうな。聞けば、これ以前にも他の友人から借金を頼まれたり、彼女自身、200万円の結婚詐欺に遭ったこともあるという。俺はどんなバカ女にも同情はしないが、悦子の博愛主義には考えさせられた。人のいい彼女のことを知っての集団犯罪だ。何でも悦子はキリスト教系の宗教団体に所属しているそうだ。だからなのか、「自分のことを不幸だと思わない」らしい。「今日はなんでもできるから」と甘える悦子を、俺は思いっきり責めてみたくなった。部屋の窓を半開し直射日光のしたでフェラをさせる。尻祇めにつづき足指祇め、後北艮似の結合。彼女はどんなポーズも拒否せず、短い舌を思い切りだして俺の体を唾液で濡らした。悦子のやせ細ったボディを見ていると、犯しているような気分になる。3時間ほどのハイテンションなセックスを終えて悦子と別れると、肩が軽く、腰痛も消えていた。肩凝り、腰痛には新鮮なセックスが効くのだろうか。体の調子が悪いときは悦子を呼びだそう。妊娠は病気である、というと不思議に思われるかもしれないが、生命保険の世界では重病と判断される。妊娠して6ヵ月もたつと胎児は約700グラム。ハンバーグステーキ5枚ぶんだ。それからも癌細胞のように増殖を続け、出産間近ともなれば約3キロの異物が体内にあるのだから当然である。しかも出産時の死亡率は健康な女に比べ高い。未婚既婚に係わらず女性が保険に加入するとき、妊娠しているかどうかしつこく聞かれるのはこのせいだ。
「私かなり太っているけどいいですか。会ってダメだったら断ってもいいです」
王子のテレクラで知りあった女とは赤羽駅前で待ち合わせた。「ややポチャ」がコニシキ体型であることはテレクラでは常識。それからするとこの女は爆発デブだ。だが、夏は俺が最も発情する季節。小さな声で正直に申告した女に、なんでもさせるエロ女を直感、駅へ急いだ。涼子は予想外に可愛いかった。それにデブというほどでもない。本当にややポチャなのだ。ラッキーなハプニングに喜んだ俺は食事に誘った。が、「ダイエットしてるから」と女は俺の誘いを断った。こいつはラッキーだ。以後、俺は太めの女と昼ごろ会った際は「ダイエット中でしよ」と先回りをして食事代を浮かすことにしている。「ここ暑いから早くいこ」涼子はへンなカップルをじろじろ眺める通行人にもかまわず、俺の腕をひっぱって歩きだした。
「どこいくの?」
「おじさんも汗流したいでしよ」
そう言って笑う女。あまりにもデキすぎている。途中のコンビニでウーロンのペットポトルを買い小さなホテルに入った。Tシャツとパンツ姿になった涼子は「絶対逃げないって約束してくれる?」と俺に言った。「言ってたほど太ってないよ。だいじょうぶ。それに可愛いから」
余裕をみせて女の唇を吸うと、涼子は俺のベルトを外しパンツの上からペニスを握った。「固いオ
チンチン久しぶり」とうれしがっている。男に不自由している女には見えないが。その理由はあっけなくわかった。シャワールームから出てきた涼子がバスタオルをとると腹がふくらんでいる。乳輪も異常に大きい。「そういうこと」
涼子は笑った。ゆったりした服装についだまされてしまった。結婚予定の彼氏が妊娠を知ってからセックスを拒否。彼女の体にさえ触らなくなってもう8ヵ月たつという。
「さっき若い人とホテルに行ったのぉ、そしたら体に悪いよとかいって逃げられたのよ」
それが普通だ
「だってえ、したいじゃん?」
それで俺の年代を指名してきたのか。
「好きなことしてあげるから、ね」
こんな経験は二度とないだろう。写真を撮る条件で俺はすることにした。黒ずんだ乳とは反対に陰唇はピンクで、大きめのクリトリスに指をあてるとピクリとすぼまる。その動きがなんとも愛らしい。
「一回いかせて。そのあと好きにしていいから」コンドームにボディシャンプーを少量つけ、両手の親指でこう門を操みながら少しずつ前進した。最高の圧力でセンズリしているような感覚だ。先より根元が痛い。結合部分を確かめながら5分ほどこらえ尻をつかんで射精した。どんな子供が産まれたやら。たとえ少しでも俺の精液をかぶった子供だ。顔を見てみたい。
思い出すのもおぞましいビョーキ女。女の指が俺のこう門あたりをまさぐる。たまらず、洗ってもいないペニスをユカリのロに刺す。尻を向けるとこう門を舌先でつついた。「おじさん、においしないね」男のにおいが好きなのか。その一言で俺は射精した。シャワーを浴び、エイズウイルスをも殺すといわれるイソジンウォッシュで全身を洗った。ユテレクラのティッシュ配りをしているようで、今も池袋でその姿を時々見かける。

母乳が出るママや妊婦専門の出会い掲示板で出会ってみたら|エッチ体験談

0116_20180901225840a42_2019091612170575b.jpg0117_20180901225842a9c_201909161217069ea.jpg0010_20181022122511560_201909161217029a2.jpg0011_2018102212250941b_20190916121703979.jpg
母乳の出るママさんや妊婦さんがワリキリ募集している掲示板だ。そんな時期でもお金に困ってる人は少なくない、それが現代ニッポンの現実だ。母乳ママは写真のように子連れでやってくる
母乳&妊婦プレイで癒しと興奮を同時に味わう
いったい、何がいいのか母乳に妊婦。そんなに癒されたいのか、日本男子。百聞は一見にしかず。さっそく、東京・新大久保の専門店妊婦・母乳のお店・ちゃいるど、に体験取材を試みた。事前情報では、サービス自体は普通のヘルスとほぼ同様だが、妊婦コースは聴診器による診察、母乳コースは母乳が飲めるオプションがつくらしい(40分、ー万5千円)。まずは、母乳コースのみなちゃんと膝枕の体勢で授乳プレイ開始。「大っきく口を開けて、力プッと含んでみてください」言われるまま乳輪こと口に含んで吸い込むと、うっすら甘みのある液体が口の中に広がった。起き抜けに飲んでもいいかも。
「あんまり飲み過ぎると下痢しちゃうから気をつけてね」
続いて顔面にミルクシャワーを浴山びる。フェラを経て母乳をローション叫代わりに股問にかけられ、パイズリ&スマタの母乳づくし
気持ちいい
赤ちゃんプレイでは、オシメをつけてもらった直後、わざとお漏らししちゃったりして。「もう、ダメな子ねー」「バブバブー」優しく怒られながら(厳しく叱るバージョンもあり)、ホカホカのオシメを剥がされた瞬間の強烈な恥辱感。悪くない。ここで選手交替。今度は、妊婦ギャルまなみちゃんがお相手だ。どれどれ、お腹に聴診器を当ててみよう。新たな生命の息吹を感じるかな。「臨月にならないと聴こえにくいかも」ならばと直接彼女のお腹にしばらく耳を当てれば、なんだか優しい気持ちに。ああ、癒される。これかい、です。
お客さんはやっぱりMの方が多くて、妊婦コースの場合が40代以上の紳士。

妊婦の診察風景を隠し撮り・悪徳産婦人科医

0131_201905272210142e5.jpg
0132_2019052722090274a.jpg0133_20190527220903ac9.jpg0134_20190527220905e2d.jpg0135_20190527220908f54.jpg0136_20190527220911b77.jpg

昨年の秋口、取材でお世話になった某政治家秘書が、ねるとんパーティに行かないかと声をかけてきた。予定していた知人が急用とかで、
「金の心配はいらない。普通じゃ入れない集まりだから話のネタになるんじゃない?」
場所は成田にあるシエラトンホテルのスウィートルーム。確かに僕などお呼びじゃない。20万の費用を払って参加した男たちは、政治家や医者、弁護士など、いわゆるエグゼクティブの連中だ。対する女性陣は、全員が現役のキャンギャルである。美人でスタイル抜群なのは一目瞭然だが、驚いたのは、彼女たちが援交を前提に集まっていることだ。証拠に、少し酒が入るとあちらこちらであからさまな値段交渉が始まった。すっかり圧倒され部屋の隅でぼんやりしてると、タレントのユースケサンタマリアに似た30半ばの男が話しかけてきた。外国製らしいスーツを身にまとい、(気さくな感じで自己紹介をする。彼、西村朋彦(仮名)は、首都圏の地方都市で開業する産婦人科医とのこと。
僕がフリーライターだというと興味を持ったようで、名刺交換をしてひとしきり最近の風俗について語り合った。そのうち僕を誘った秘書が背の高い女性を連れて「じゃあな」と消え、西村も100万の札束で一番の美人をゲットし自室に連れ込んだ。女の子が満足するだけの財力がない僕は、1人わびしく部屋に戻るしかない。
その後、医療関係の記事を書くため西村医師に連絡を取り、何度か会った。共通の友人がいたことで一気にうち解彼はヒミツを打ち明けてくれた。
「絶対、記事にしてもらうと困るんだけど、実は僕、診療風景を盗し撮りして売ってるんだ」
聞けば、自ら診察台や待合室にCCDカメラを仕掛け、気の置けない仲間に金を取って見せ、さらに1本5-10万で売りさばいているのだという。確かに政治家が強制ワイセツ事件を起こし、警官がチカンで捕まる世の中ではある。が、患者が命を預けるしかない医者までが立場を悪用して金儲けをしているとは・・・
「いやぁ、僕だって最初からこんなことやろうと思って医者になったわけじゃないよ。じいさんや、オヤジを見てたから自然に自分も産婦人科医になろうと思っただけ。更衣室にカメラを仕掛け看護婦の着替えを覗くだけさ」
西村は、現在、関東近郊都市にある産婦人科病院の院長をしている。父方の祖父が開業した西村医院は信頼が厚く、町内に住むほとんどの人の生誕地だという。
彼は、小さいときから医者になって稼業を継ぐのが当たり前だと思いながら育った。
小・中堂洗校の卒業文集にも、ためらうことなく〈将来の夢は医者になること〉と書いたらしい。
勉強では常に学年のトップクラスに君臨する。だからといってガリ勉だったわけでもなく、中学・高校時代はテニス部に所属して女の子たちに騒がれた口だ。初体験を高1の夏休みに同級生と済ませたというから、早熟な方といっていいだろう。
一浪して私立の有名医学に進学し6年で卒業。母校の大学病院でインターンとして働き、難なく国家試験にパスする。実家の病院に入って〃若先生〃と呼ばれながら実戦を積み、3年前、父親が引退したのを機に院長に就任。と、人当たりの良さで患者に好かれ、少子化が問題になる中、入院施設を増築するほど経営は上向きという。
まったく絵に描いたようなサクセスストーリーである。何が不満で悪の道を歩み始めたのだろう。
「最初は、ほんの出来心。盗し撮りビデオって流行ってるじゃない。でさ、看護婦たちの着替えぐらいならオレにも撮れるんじゃないかって軽い気持ちでCCDカメラを仕掛けてみたんだ」
秋葉原に出かけ、時計に偽装した超小型カメラを購入し、更衣室の壁に取り付けた。
都合のいいことに、更衣室の隣は院長室である。彼は8人いる看護婦が着替える様子を小型モニターで受信しては楽しんだ。
職業柄、様々な女性の局部を飽きるほど見たり触ったりしているせいか、裸そのものより着替える姿に異様なほど興奮を覚えたのだという。
「例えばさ、性格も控え目だし、私服も地味な25才のコがいるんだけど、彼女、下着が派手なんだ。想像じゃ白とかベージュを付けてそうなのに黒や紫のパンティを履いてて、豹柄なんてときもある。そういうの見るとゾクゾクきちゃうんだよな」
味をしめた彼は、ビデオに撮り始めると同時に、更衣室にマジックミラーを取り付ける。不審がられると思いきや、年頃の看護婦たちは全身を映せる鏡に大喜び。
「診察ビデオを撮ったら全部オレが買ってやる」
自分で楽しんでいるだけならまだよかったが、西村は大学の悪友たちと飲んだとき、着替えビデオのことをポロつと話してしまう。
「白衣の下にレースのパンティはいてたりするんだから、すつげぇ興奮する」
医者という職業は、毎日、極度の緊張にさらされるせいか、変態が多いというのが彼の見解。お説どおり、その場で彼を羨む声はあがっても、医者の倫理を説くような人間はいない。
「お前、産婦人科だろ。着替えなんか面白くないから、診察風景を撮れよ。そういうビデオだったら
オレが買ってやるよ」
大学病院に勤務する外科医の坂下(仮名)が言った。なんでも、世の中には妊婦マニアなるジャンル
が存在し、彼もその1人とか。もし生の診察風景が盗し撮りできれば、1本5万円でも買うという。
西村にとっては日常だが、他人にとって妊婦は金を出しても見たい対象らしい。初めてそのコトを知った彼は、悪友の言葉にそそのかされ、やってみようかなと思ってしまう。
「お恥すかしい話ですが、うちの看護婦がクスリを横流ししてるらしいのです。憶測じゃ話になりま
せんので、ビデオに撮って証拠を押さえたいんです」
西村の言葉を疑う様子のない店員は、夜間撮影なら赤外線CCDカメラが安くて確実だと薦めてきた。確かに証拠撮影なら、それで十分だが、赤外線では色が出ない。夜も常夜灯は付いているのでと苦しい言い訳をしカラーCCDを購入した。
その足で病院に戻り取り付ける。場所は考えてあった。診察室のスピーカだ。胎教のため、BGMとしてクラシック音楽を流しているので、診察室の天井にはBOSEのスピーカが2台セットしてある。その中に隠せばいい。
翌日、午前中の診察を終えた西村は、カギを閉めた院長室で受信した映像を見た。と、そこには、患者の顔や突き出た腹、触診する局部までが丸映しになっていたのである。
「夜、僕の部屋に来てもらって見せたんだけど、坂下のヤシ、目の色変えちゃってさ。撮ったビデオ、全部売ってくれって言うんだ」
坂下はルイヴィトンのサイフから10枚の万札を取り出してよこした。
ビデオの存在がヨソに漏れれば、撮った西村だけでなく、買った側の身も破滅だということは重々承
知している。その上で、誰にも見せない、話さないことを条件に引
き続き盗し撮りする約束を交わす。
「そりゃ悪いことしてるって自覚はあったけど、盗し撮りするって行為自体が刺激的だったんだ」
西村医院の営業時間は朝9時から午後の6時まで。昼休みを除いても8時間に及ぶ。もし1日中録画しようと思えば、3時間テープに3倍で撮るしかない。いくら評判の病院だといっても、妊婦や婦人科の客がひっきりなしに押しかけるわけでもなく、午後ともなれば外来より入院患者を見回ることの方が多い。患者より、無人の診察室が映る時間の方が長いのである。
そこで西村は、編集機材を買い込み、ビデオの編集を始める。撮り溜めたビデオを、坂下がカットして、まとめていくのだ。
「西村、これって絶対、凄いよ。こんなのオレだけで見ちゃもったいなくて。実は同僚に同じ趣味のヤシがいるんだけど見せちゃダメかな。もちろん、そいつだって医者だし立場はわきまえてる。その辺はオレが責任持つからさ」
セルビデオショップには、産婦人科病院の盗し撮りと称して診察台で股を広げる女性の姿を撮ったビデオが何タイトルも出ている。が、それらはヤラセだ。婦人科の診察台でそれらしく撮ったものもあるし、中には現役の医者が診察の真似ごとをしている作品だってあるかもしれない。だが、モデルだけは仕込みなのだ。確かに盗し撮り流行りで、地方局の女子アナや、デビュー前のタレントが映っているビデオまで出回っているという。だが、世の中には絶対に表に出ないものが歴然と存在する。
「ビデオが表に出るんじゃないかって心配はしなかった。だって、運命共同体の坂下が怪しい人間を
仲間に引き入れるはずないからね。倣慢に聞こえるかもしれないけど、僕たちのように地位とか名誉を気にする人種は、やっていいことと悪いことをわきまえてるんだ」
一般人の常識からみれば、婦人科医という職権を乱用して盗し撮りするなどもっての他だが、彼らにとって、ビデオを撮るのはやっていいこと。悪いのは、それを他に漏らして自分たちの地位を脅かすことと言う。
ここでその是非を間うても仕方ない。ともかく、西村が月に1度、2本のビデオを坂下に送ると、翌日に5万が振り込まれるというシステムが確立したのである。最初に他の悪友どもがかぎつけ、さらには医師仲間や知り合いの弁護士、町内会の会長に取引先の社長などが加わったのである。
全員が金に余裕のある、ときには西村と同等か、またはそれ以上にダメージを被りそうな社会的地位のある人物ばかりだ。
「医者もそうだけど、弁護士とか社長も言っちゃいけないことが多い仕事だから口は堅い。僕にして
みれば2本だろうと10本だろうとダビングするのはさして苦労じゃないから、それで小遣いが稼げればそれもいいかなと」
そうは言っても限度がある。さすがに20人になったとき、このまま広がっていくのはマズイと、みんなで話し合いの場を持った。結果、今後は誰かが抜け、欠員が生じたとき以外は人を入れない会員制にすること。また、出回るビデオの本数を押さえるため、月に1度、ホテルのスウィートルームを借り切って鑑賞会を開く形に改めた。
「1人でビデオ見ながらオナニーするのもいいけど、味気ないんだってさ。だから、同じ趣味の人間
が酒を飲みながら、あれこれ言い合って観賞しようじゃないかつてことになったんだ」
西村が1カ月間撮り溜めたビデオを持参し、会員は5万円の参加費を払って観賞する。それぞれ忙しい人間ばかりだから、そうそう全員が揃うことはないが、共通の時間を持つことで互いの結束が固
まるというメリットもあった。最初の鑑賞会は去年の春に開かれた。集合したのは担人。まず、最初に乾杯して簡単な自己紹介をすると、いよいよ西村のビデオが再生された。
西村は、妊婦好きな彼らが本当は何を見たいのか、そこで初めて知る。いままで診察台で開脚する
局部ばかりに重点を置いて編集してきたが、そんな単純なことではなかったのだ。

妊婦してないけど母乳プレイできるヘルス嬢で再起

SnapCrab_NoName_2019-5-23_21-52-11_No-00.png
以前、「裏モノ」に妊婦ホテトルをやってる女性のリポートが載ってましたよね。確か通院してる産婦人科の医者に紹介され、半年で百万ほど稼いだという話でした。
実は私も現在、妊婦ホテトルで稼いでいます。といっても私の場合、結婚もしてないし、ましてや妊娠なんてしてません。なのになぜ、母乳プレイができるのかというと、あるクスリを飲んでいるからなのです。
元々、私はFカップのデ力乳を武器に、巨乳専門の業者に登録していました。若いこ
ろは結構、これで稼げたのですが、歳を追うゴトに体重が増え、近ごろではチエンジされることもしばしば。風俗勤めも限界かなと思案に暮れていたあるとき、姉妹店の業者から、妊婦専門でやらないかと誘われたのです。
なんでも、母乳プレイをウリにしてるヘルス嬢や、妊婦モノのAV女優などの半分は私と同じただのデブ。「スリピルド」なる抗うつ剤を飲んで、無理矢理母乳のようなものを出しているのだとか。
普通のホテトルじゃ、高くても1人付いて3万、女の子の取り分は1万5千円がせいぜいだけど、妊婦が相手なら10万払ってもいいって客が山ほどいるんだとか。
渡りに船とはこのことです。
私は思いきって妊婦ホテトルに鞍替えしました。
まず最初に、大学病院の精神科へ行って「私、自殺願望があるみたいなんです…」などと訴えクスリをゲット。なかなか「スリピルド」は処方してくれませんでしたが、私の方から「以前、スリピルドというクスリがよく効いたんですが...」と言うと、簡単に出してくれました。
予約が入ったら、前日の夜にそれを飲むだけ。翌日にはおっばいからピューピュー白い汁が飛び出すようになります。ホルモンへの副作用らしいのですが、お乳が出る以外は多少眠くなるだけで異変は起きません。実際のプレイも並日通のホテトルに比べればいたって楽チン。
客はー回10万も出せるリッチな医者や弁護士などで、本番をするより、お乳を飲んだり胸をもんだり、大きなお腹(自腹)をなでたりするだけの人がほとんど。
ときたま、フェラチオしてほしいという要請もありますが、パクっとくわえたフリをして
「うっ、つわりがひどくて吐きそう…」などとトイレに駆け込めば無理強いはしてきません。ましてや、「いまは不安定な時期で流産しちゃうかもしれない」と前フリしとくので、本番どころか指入れも逃れられます。これでー人につき私の取り分は5万円。中にはチップをくれるお客さんもいるので、たった3カ月で250万円ほどの稼ぎになりました。もうヤメられない!と言いたいところなんですが、これからが問題です。母乳プレイはマニアックなせいか、客はリピーターばかり。いつまでも「いま妊娠6カ月なの」
では通らないでしょう。さすがに臨月といえるほどは太ってないし、働けるのはあとー力月がせいぜい。顔出しのないマア向けグラビアモデルでもやりながら、半年たったらまた妊娠したことにしようかな。

妊娠中でお腹に赤ちゃんのいるのに援助交際の妊婦さん

0127_20190110111057bdc.jpg 0128_20190110111059ab9.jpg
お腹に赤ちゃんのいる女性は、基本、誰もが幸福感に包まれているはずですが、中にはお金に困って途方に暮れている人もいるようです。
上記メッセージを載せていた方は、現在妊娠8カ月、よって本番は無理なのでフェラで1万円欲しい
と、メールで要望を伝えてきました。膣が使えないときは口を使え。ムダのない発想です。
待ち合わせた駅前には、明らかにそれとわかる大きなお腹の女が立っていました。
「妊婦だからさあ、今日はクチなんだけどゴメンね!」
大きな声で挨拶してくれたため、周りの人々がいっせいに振り返ります。
「今日、病院行ったら後10日以内に出てくるって。早産なんだ」
そんな大切な時期に、この人は何をしているんでしょうか。近くにカラオケなどがないため、2人してバスでラブホに向かったのですが、揺れのせいか彼女はお腹を抱えてうなります。
「ウーン、ウーン」
もしこのまま産まれたら、私はどう対応すればいいのでしょう。困ったものです。ホテルに着くや、彼女はタール15ミリのエコーをプカプカやり始めました。
「平気なの?」
「うん、いつも吸ってるし。ああ、パチンコ行きたいな〜」
日本広しといえど、これほど好き勝手に生きてる人もそうはいないでしょう。今回のフェラも、どうやらパチンコのためだったようです。せっかくだからと、おしゃぶり前に裸体を見せていただき、お腹に手を置いてみました。ビクンビクンと赤ちゃんが動いています。
(この子は何も知らないんだよな。産まれる直前に母親がこんなことしてるなんて)
突如、込み上げてきたなんとも言えぬ感情のせいで、射精は叶いませんでした。

妊婦さまに8時間のクンニご奉仕

0116_201901051251418ae.jpg 0117_201901051251423b3.jpg〈国田さんはじめまして。ブログみました。わたしも舐めてーヾ(*´∀` *)ノ〉
ある日、かような心温まるメールが届きました。すぐさまこちらこそお願いしますと返信したところ、〈静岡住みですが来週東京に用があるのでその時にお願いしたいです(´∀` *)25歳で結婚してます。それでいま妊娠8ヶ月ですがダメですか?〉
トントン拍子に話が進み、妊婦様のご上京に合わせてクンニをさせていただくことが決定いたしました。そうして迎えたクンニデー当日。妊婦様を最寄り駅までお迎えにあがりました。
「はじめまして。なんかうけるんだけど(笑)」
ご挨拶いっぱつ目からテンション高めの妊婦様。お腹の膨らみこそ大きいものの、基本的にはスラリとしていて、おっぱいのシルエットも素晴らしく、魅力的なスタイルの持ち主です。また、お顔もアイドル顔でAKBのメンバーに居そうな感じのカワイコ様でいらっしゃいます。「いつから変態なの?」
「どうしてこういうのが好きなの?」
「もし変な女の人が来たらどうするの?」
僕のような変態の存在が珍しいのでしょうか。道中は質問攻めの嵐でした。 まもなくクンニルーム(僕の自宅)に到着。椅子に敷くタオルの準備をすると、妊婦様もスカートを脱いでクンニの準備をなされます。
「昨日からお風呂入ってないんだ。でも国田はそのほうが嬉しいでしょ?」
ブログのおかげでしょう。初対面なのに事情通でいらっしゃいます。椅子に腰掛けた妊婦様は両足を開き、足元に跪く僕にアソコを露わにしてくださいました。
「いただきます」感謝の言葉を告げてから妊婦様にクンニご奉仕を始めます。
シャワー前ならではのアソコの芳しさを堪能し、少々のカス的なものを舌でお掃除させていただきます。「美味しい?」
聞かれたので舐めながら頷くと「今日はずっと舐めててね」とのご指示を頂戴いたしました。妊婦様はクンニの指示を終えるとテレビをつけて雑誌を手に取り、クンニされながら思いっきりおくつろぎになられます。腰元でペロペロと懸命に舐めている僕には目もくれず、あたかもその状態が当たり前といったご様子で雑誌をめくっていました。僕のクンニご奉仕はHの一環というよりは、マッサージやエステ感覚に近いものかもしれません。ですのでご結婚されていらっしゃる妊婦様も「これが浮気って感覚はまったくない」と仰っておられました。妊婦様はほぼ無反応に近い状態で、足だけ大の字のように投げ出して完全なるリラックスモード。時折テレビのバラエティ番組に笑っておられます。
椅子に座ってのクンニ奉仕が2時間ほど経つと、お次は横に寝っ転がって読書を始める妊婦様。
椅子からベッドに移動するときも口がアソコから離れないように僕の頭を手で抑えつけたまま、ゆっくりとご移動されます。 当初の予定はお昼過ぎまでということだったのですが、結局は延長に継ぐ延長で日が暮れる頃までご滞在いただいたので、かれこれ8時間程のクンニ奉仕をご堪能いただきました。
「子供が生まれたら忙しくなりそうだけど、またこっち来るときは舐めてね」 
またのご利用、心よりお待ち申し上げます。

妊婦は挿入を嫌うので舐めるべき・スローセックス体験談で女のアプローチを待つ|出会い体験談

0056_20180507174750508.jpg 0057_20180507174752a0c.jpg0058_20180507175059d10.jpg 0059_20180507175100082.jpg
妊婦は挿入を嫌うので舐め犬に徹するが吉
出会い系の日記機能で女を釣る手法は昔からある
日記の書き方は簡単だスローセックスの記述をネットからコピーして自分の日記にペーストし最後にちょこっと体験談風のコメントを書き足す
コツは日記を読んだ女に「私もされてみたい」と思わせる内容にすることです
女の反応が来はじめるのは日記を3、4つ書き終えたころだ
相手はスローセックス目当ての女、実際に会うことができればそのままホテルに直行だ
問題はこちらがスローセックスのテクを身につけていないことだが一度きりのセックスで十分な相手ならフツーにヤッてしまえばいい
俺の場合はとにかくフェザータッチとクンニに時間をかける
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます