姉妹のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:姉妹

純情ビッチ美人姉妹と2穴ナメの3P体験記

0132_20191201162524f0e.jpg0133_20191201162525de2.jpg1_20191201162521b3f.jpg2_201912011625227d4.jpg
私のアパートで姉妹と後輩1名計4名での送別会が開かれた。これが最後の飲み会とわかっているのだろう。みな最初からぐいぐいとあおり、実にハイテンションだ。隣のノリコもすでにほんのり頬が赤い。ラストチャンスだ、行け。
「ちょっといい?」
彼女を隣室に引っ張り込む。抵抗する気配はない。肩にそっと毛布タかけ試しにキス。と、アラ不思議。ビンタを放っどころか、私の舌をムミーっと吸い出すではないか。うーん、先日の告白が効いたのかしら。いや、そんなことはどうでもいい。いったいどうしたことかノリコは積極的 に私の股間をまさぐっている。早く応えてやらなければ。うおガマン汁もドクドクだあー。ソッコーで彼女を全裸にし下腹部に舌をぬらぬら
くー、イイネー
「シャワー浴びてないからダメー」
そんな声など無視し、マンコ、アナルをガッガッ祇め回す。このアンモニア臭がたまらねえ。
なんて興奮し過ぎたのがマズかつたか。挿入を始めるやいなや、わずか30秒でノックダウン。コンドームの先端が呆れるほど大量の精子で濁っていた。それから2時間後、奇跡が起きた。
酔いつぶれた後誰が隣室で大イビキを上げ、ノリコもシャワー室へ。傍らには酔いつぶれ、スースー寝ているユミだけ…。
背中を向けるユミの後から、そ-つと胸を操んでみる。
「ちょつと、なにするのお」
ユミが気づいたと同時に唇を奪った。ブチュー。酒の勢いとはいえ、妹にまで手を出すとは。やっぱやめとこか。そう思った私が甘ちゃんだった。申し訳程度の抵抗を見せたユミが、何を思ったか、いきなり舌を絡めてきたのだ。マ、マジつすかあ
すかさずアソコの中に指を滑り込ませると、お-やだ。生暖かい汁で、ずぶ濡れじゃないですか。
今しがた、姉と一戦を終え、今度は妹のアソコをグリグリ。夢のような状況の中、瞬く間にチンポがギンギラギンにいきり立つ。
私は、姉と同様、2穴ナメで妹を責めた。
「ナメやすいよう、自分でアソコを広げろ」
「・・うん」
ヒワイな命令に素直に応じるユミ。感極まった私は、M開脚の中央めがけ、勢い良く、腰を沈めたのだった。
今思い出しても、ガマン汁がしたたるくらいの経験。これからの人生で、再びあんなオイシイ思いができる日は来るのだろうか。私は現在、ヨメさんと3人の子供に囲まれ、静かな、何の刺激もない暮らしを送っている。
現役ヘルス嬢2人が3Pのお誘い
いつもトホホなことしか書けないオレだが、今回ばかりは違う。なんとこのマグロ、先日、若い女性読者2人と3Pを楽しむ機会に恵まれたのだ。これを自慢せずして何としようか。話のきっかけはこうだ。
以前このページで、オレん家に遊びに来る女のコはいつも1人じゃなく友だちを連れてくるうてなことを書いたところ、それに反応して3通のメールが届いた。
私なら、マグロさんの家に1人でいけますよ。遊びに行っちゃおうかなーっ
《初めまして、返事もらえないかもしれないけど、ヒマなんでメールしてみました。んじゃ》
私ならマクロのチンポなめてあげるのにい。返事ちょーだいね
すべて女性名で出されたものだが、オレはビンときた。たぶん2番目が本物の女で、あとは男、もしくは冷やかし。それでも念のため、全員に次のメールを返してみた。
よかったら電話ください。番号は03-です。マグロ
すぐにー人から電話がかかってきた。予想どおり2番目の女のコからだ。名前はNちゃん。東京近郊に住んでおり、歳は19。風俗で働いているらしい。
やっぱり若い女のコと話をするのはいいねえ、とばかりにその後ー力月ほどメールの交換と電話が続いた。
「オレって風俗には行ったことがないんだけど、Nちゃんはどういフところで働いているのっ」
「ヘルスなんですけど、マグ口さんて本当に行ったことないんですか」「それが本当なんだよ」「あ、そういスば、マグロさんってセックスではイ力ないんでしたっけ」
「うん、それも本当なんだよ」「じゃ、私たちでイ力せてあげようか」
えー私たち一緒に働いているヘルスに仲のいいコがいて、マグロさんとメールのやり取りしてるって言ったら、そのコも会いたいって。マグロさんが来てくれたら、ウチら2人で接待しますよ」おお、現役ヘルス嬢2人がオレの相手をしてくれるなんて、こんなにおいしい話があっていいのか。何かのダマシじゃないのか。そう思いながらも、オレはついついバカな提案をしてしまう。
「それじゃ、イ力せたらキミらが勝ちということで、オレがなにか罰ゲームするってのはどう?逆にイカなかったら、キミらが罰ゲームね」
「あ、それ面白い。だったら、ウチらがイカせたら、裏モノの編集部に連れてってくださいよ」
なんだ、そんなことでいいのかV編集部に連れて行くぐらいお安い御用だ。
「じゃあ、オレが勝ったら2人の写真を撮らせてもらおうかな」
ということで、先日、Nちゃんの住む街に出かけた。束京から電車に揺られ1時間駅前まで彼女が車で迎えに来てくれた。
助手席に彼女の友だちのYちゃんの顔が見える。YちゃんもNちゃんと同じく19才。2人は同じ高校に通い、卒業後、一緒にいまの店で働き出したらしい。3人で焼肉を食べつつ、オレは震えていた。正直、どんな容姿か心配だったが、2人ともここまで力ワイイとは。店でナンバー1を競い合っているというのもうなづける話だ。しかし、受ける印象は2人まるで異なる。Nちゃんはナチュラル派の女性でハキハキしゃべる。
一方、Yちゃんはおしとやかなお姫さまタイプとでも言えばいいだろうか。ゆっくりとしたその話し方は色気たっぷりだ。いやあ、マイっちゃったな、オレ。焼肉を食べ終え、Nちゃんのマンションへ。これがまたこぎれいな部屋である。
「私たちね、いろいろと作戦を立てたんだから」Nちゃんが部屋に布団を敷いて、その上に大きなバスタオルを広げた。
「これね、お店で使っているのを借りてきたんだ」見ればローションもある。
「はい、お客さん、まずはお風呂に入ってくださいね」
そう言ってスルスルと服を脱ぎ始める2人。うっひょー、ホンモノの若い肉体じゃ。Nちゃんは色白でスレンダー。オッバイは大きくないけど美乳がオレの好みだ。色黒で胸の大きなYちゃんはまさにナイスバディだ。いやあ、オレはなんて幸せ者なんだ。裏モノのライターやっててホントよかったよ。
2人に身体を洗ってもらった後、少し薄暗くなった部屋に戻り、まずはNちゃんのフェラチオを受けた。
す、すこい。舌の動きがとにかくすこいのだ。全体がしこかれ、吸われるときも取れそうになるほど力強い。しかもYちゃんがオレの乳首を吸っている。おお、ゴージャスーひとしきりNちゃんに証めてもらった後、Yちゃんに交替。と、これがまたすこい。しっとりと包みこむ感じというか、今にもイキそうだ。しかし、こんなに早くイクわけにはいかん。
もっと楽しみたいし、カケに負けるわけにもいかん。ここは我慢だ。と、頑張ったのが良くなかった。タイミングを逸したことで勃起カがダウン、ー時間ほどするとすっかりしぼんでしまったのだ。「しょうがない。マグロさんの勝ちね」
Nちゃんにそういわれても全然うれしくない。なんで、あのとき射精しなかったんだ。編集部に連れて行くなんて簡単じゃないか。悔しい。
氏が部屋に来るというYちゃんが帰ったのが深夜12時前。すでに束京に帰る電車はなく、Nちゃんの家に泊めてもらう
団で眠るフリをしながら、チャンスを伺うオレ。しかし、すでに彼女は寝息をたてている。起こすのもワルイし、明日の朝でいいか。
「マグ口さん、マグ口さん」
Nちゃんの声で目覚めたら昼過ぎだった。彼女はすでに出勤の準備を整えている。ヤバイ。こりゃエッチどころじゃない。大急ぎで支度し、Yちゃんの車で駅へ。最後は「また、会おうね」と手を振って別れた。いや、ホントにいいコだ。と思うと、昨日射精しなかったことがつくづく悔やまれる。東京の家に帰り着いて、すぐにオナニーした。
NちゃんとYちゃんのことを思い出しながら。ものすごく気持ちよかった。

本物の母娘3Pコース姉妹3Pコースのあるデリヘル|風俗体験談

1_201912292205355c1.png
両親が離婚し、私と2才下の妹は母親に引き取られた。その3年後、母は再婚した。相手は仕事場で知り合ったお客さんで、温厚な見た目の男性だ。やがて私は大学生に。両親が神妙な顔で、ある提案をしてきたのは、ちょうどそのころだった。私たち姉妹をダイニングテーブルに座らせ、2人は語りだした。
「お母さんの仕事、知っとる?」
「…うん」
私たちは母が風俗で働いてることをなんとなく理解していた。
「お母さんとはそこで出会ったんや。お父さんがお客として通っててな。で、今度は自分でお店作って、そこでお母さんにも働いてもらおうってことになったんやわ」
要するに父がオーナーの風俗店を作って母に客を取らせようってことらしい。私たちは冷静に答えていた。
「お母さんがいいなら」
2人が納得してやることなら私たちにはどうしようもないんだし。こうして父は派遣型のヘルスをオープンさせた。三回生になる直前、大学を辞めた。ウツ病になり、人と接するのが怖くなったのだ。家でだらだら過ごしていたところに、父が提案してきた。
「良かったらお母さんと一緒に働かへん?」
「…え?」
「お母さんと一緒に接客するんや。3Pコースってのを作ってな、そうしたら人と触れ合うことにも慣れてくるんちゃうかなぁ。もちろんオマエがええんやったら、の話やねんけどな」
考えとくと伝えた数日後、ワタシは母に返事をした。
「一緒にやろうかなと思って…」
 こうして父の店に『母娘3Pコース』が作られた。ワタシの写真などは店に張り出さず、常連のお客さんに父(電話番)が提案する形でやるという。数日後、家で待つ私のもとに父から電話が入った。「お客入ったから事務所これる?」
ついにかぁ。母と一緒にエッチ(本番はナシ)するなんて…。事務所で両親と合流し、父の運転でラブホテルへ。
「プレイについてはお母さんに教えてもらい」
「…うん」
「大丈夫やって。ワタシがついてんねんから」
ホテルの部屋へ。母がノックしてすぐに扉が開いた。
「うわ、ホンマに親子やん! 似てるな〜」
「そうですよぉ。ウソつくわけないでしょ。ほら、挨拶して」
「…お願いします」
すぐ母にうながされて洋服を脱いだ。客が母とワタシのカラダを交互に見比べる。
「体つきもそっくり。お母ちゃんのほうがぽちゃやけどな」
「もう、うるさいわ〜。アハハ」
3人でシャワーへ。緊張するワタシをよそに2人は洗いっこをしている。ベッドについたところで男性が笑顔を見せた。
「じゃあな、2人で舐めて?」
母がワタシに目配せをしてから顔をうずめていく。続けて私も。間近で母がおちんちんを頬張り、空いてる根元を私が舌で舐める。あんがい上手くできるもんだなぁと自分でも感心してしまった。
「たまらんわー! じゃあ今度は娘さんがしゃぶって?」
言われるがままにポジション交代。正直に言えばセックス経験はけっこうあるほうなので、特に抵抗はない。母とこんなことしていいのかという葛藤さえも、ちんちんに集中することで忘れられた。最終的に母がフェラ、私が乳首舐めをしながらフィニッシュ。事務所に戻ったところで父に「あさって予約入ったで」と言われ、「うん」と答える自分がいた。
 この調子で、ワタシは母との3P限定でデリヘル嬢を続けた。そして1年、ウチの店に新人が入店してきた。何を隠そう、実の妹だ。彼女は高校を卒業してからアルバイトをしていたのだが、なんと自分から父に「私も働きたい」と言ったらしい。それも、私と同じように3Pコース限定で。こんな母と姉を持った者としては自然な考えなのかもしれない。とにかくそのような状況になり、店には新たなコースが設けられるようになった。『姉妹3P』だ。これは妹のたっての希望によるものだ。お母さんとの3Pは絶対にイヤなのだとか。妹との初めての3Pの日が来た。お客さんは常連さんだ。
「しかしエッチな家族やなぁ。妹さんもこういう仕事はじめるなんて」
もじもじする妹に代わって私が答える。
「ちょっとウチの妹からかわんといてくださいよぉ」
妹は乳首を舐めるのにもワタシの顔を見ないように手で隠しながらやっていた。ダブルフェラもキツイらしく、首を横に振る。そんな姿がお客さんには新鮮だったようで妙に褒められた。
「リアルでええわ、もう、自分らの好きにプレイして!」
初姉妹3Pプレイは、私の騎乗位スマタを妹が眺める形で幕をおろした。
現在も、ウチの店では『私と母の3Pコース』と、『姉妹3Pコース』が隠れメニューだ。今では妹も照れずにプレイしている。店名を出すのは色々問題がありそうなので勘弁してほしいけど、京都にお越しの際は、ネットで検索してもらえればたぶん見つけられると思う。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます