娘のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:娘

  • 2019/08/18素人の本物ヌード

    あ、でも、私、学校の授業が多くて、あまりテレビ見てないです。よくわからないかも。大学生?専門です。美容師になりたいんです。へー。美容師的には、内村航平くんのワキ毛、どう思います?あーわかる! 体操の人でしょ。あの人、肌が白いのにワキ毛が立派だからちょっと目立ちますよね。処理したほうがいいと思います。あんなに可愛い顔してワキ毛ボーボーって、ギャップがエロ過ぎると思うんですけど、どうですか?あはは! そ...

    記事を読む

  • 2019/07/06出会い攻略

    綾が帰った翌日の夜、久々に例のツーショットにアクセスした。ロスの主婦や駐在員妻をテキトーにやりすごし、待つこと約15分。サンノゼに住む学生、愛子とつながる。といっても若いピチピチの女子大生じゃなく、大学院生だ。サンノゼはシスコから車で十分会いに行ける距離だ。「この3連休はどこへもり又乏疋がなくて、誰かデートしてくれる人探してたんです」「ちょうどよかった。僕も誰かいないか探してたんだよ」トントン拍子に...

    記事を読む

  • 2019/01/03エッチ体験談

         東急ハンズ裏手のホテルに入り、まずはお尻を触りながら顔をつける。口の位置がちょうどよく、キスするとスムースに子供みたいな小さな歯を祇め回す。亜美も舌で俺の口を祇める。ペニスに血が入ってきた。撮っておくか。...

    記事を読む

  • 2018/11/03本当にあった怖い事件

       河野は東大阪市の市立中学の教師である。担当は体育。もちろん結婚しており、妻子もいる。以前から天理の健康ランドに通っていた河野が富江たちに出会ったのは3年前。健康ランド内のレストランが混みあっており、相席になったのがきっかけだった。体育教師ということもあり、河野は年齢の割に若く見え、引き締まった身体をしている。「次はいつ(健康ランドに)いらっしゃるのですか?」と聞く富江は明らかに河...

    記事を読む

  • 2018/10/23人生ドキュメント

     それは週に一度の当番の日でした。朝7時に起床し、事務所に出向くと、いるはずの部屋住みの連中がどこを探してもいません。それどころか組長の姿もないのです。外出の予定はないはずですから、近所まで部屋住みの運転で出かけてるのでしょう。私はその間に掃除を済ませようと風呂場に向かうと、入りロに女モノのパンティが落ちているではないですか。姐さんか娘さんの物としか考えられません。すぐさまその場を離れればよか...

    記事を読む

  • 2018/08/22素人エロ画像

       自転車は横からでも十分オイシいというお話です。どうです、この太もも。お尻まで見えちゃうことは滅多にないけど、アリでしょ? 寒い日は夏のことを思いましょう。ああ、今や誰もいない浜辺も、夏にはいろんな女が肌を焼いてたもんです。それも紐の跡を残さぬよう、こんな格好で。あの大胆な娘さんたち、いまごろどこにいるんでしょう。...

    記事を読む

  • 2018/07/26援助交際・パパ活

      毎回1人のワリキリ娘に「ウン万で遊びたい」と交渉。たっぷり女体を堪能し尽くした後で、約束のウン万を韓国のウォン紙幣で手渡す(2万ウォンなら約2000円)。あとは「円で払うとは言ってないよね。ウソじゃないよね?」の一点ばりで逃げ切りを目指す。あっさりと後払いを承諾させてから、服を脱ぐよう促す。なぜか彼女はタオルで体を隠しながらモジモジしている。「チョー恥ずかしいからあんまりジロジロ見ない...

    記事を読む

  • 2018/06/14突撃リポート

    会社に一本の電話がかかってきた。「セントウさん、お電話です」バイトちゃんから受け継ぎ、受話器を取る。「もしもし」「仙頭さんですか」「はい、そうですけど、どちらさまですか?」「読者の山崎といいます」「情報提供ですか?」「いや、仙頭さんに確かめてほしいことを連絡しろって書いてあったんで」そうだ。情報募集のページにそんなこと載ってたっけ。弱ったな。面倒くさそ〜。「確かめてほしいことってのは?」「いや、僕...

    記事を読む

童顔なのに剛毛・スクール水着でハメ撮りする女子大生のヌード|エッチ体験談

1_20190818180107f1d.jpg2_20190818180109f74.jpg3_201908181801101c3.jpg4_2019081818011266d.jpga003_20190818180119ae0.jpga004_20190818180121010.jpga005_20190818180122e25.jpg0066_20180926141226f38_2019081818011320e.jpg0067_201809261412273a8_2019081818011528a.jpg0068_20180926141229a05_20190818180116237.jpg0069_20180926141230682_20190818180118424.jpgあ、でも、私、学校の授業が多くて、あまりテレビ見てないです。よくわからないかも。
大学生?
専門です。美容師になりたいんです。
へー。美容師的には、内村航平くんのワキ毛、どう思います?
あーわかる! 体操の人でしょ。あの人、肌が白いのにワキ毛が立派だからちょっと目立ちますよね。処理したほうがいいと思います。
あんなに可愛い顔してワキ毛ボーボーって、ギャップがエロ過ぎると思うんですけど、どうですか?
あはは! それ思います! 電車に乗ってて綺麗なお姉さんのワキに剃り残し見えると、「あ〜最近男いないんだろうな」って想像しちゃうし。
ちなみに、あなたはワキ毛処理はどんな感じですか?
ていうか、これ何の取材なの?
雑誌ですよ。渋谷のギャルちゃんのワキ毛をチェックっていう企画です。
私、めっちゃ抜かりないですよ。
ほんとだ、つるつるだ。さすがですね。ところでさ、僕、カメラマンもやっててモデルを探してるの。やってくんない?
ていうか、AVとかのスカウトなんでしょこれ?
ちゃんとした雑誌の仕事です。ギャラと内容ははごにょごにょ…。顔は隠していいし。どう?
終電までに終わらせてくださいね。
というわけでホテルへ。
初体験はいつなの?
中1です。私、地元が津田沼なんですけど、
駅前でクルマの人にナンパされて、友だちと一緒に乗ったら即やられました。相手の男が当たり前みたいにやってくるから、しょうがないかなってあきらめてやられました。
友だちは?
最初は「てめー聞いてねえ」って抵抗してたけど、ビンタされた後はふつうにやられてましたね。
千葉はこわいねえ。今はもう千葉県民から足を洗ったの?
千葉県民はなんだかんだ言って千葉が好きなんですよ。私、まだ住んでますし。
そしたら、その後付き合う男も千葉県民ばかり?
学校が渋谷だからナンパされますけど、話をしていて、千葉の人って聞くと何だか安心しちゃうんです。クラブで朝まで遊んで、総武線で一緒に帰って、「オレんちくる?」って言われてそのまま行っちゃったり。話変わるけど、マン毛のボーボーぶりは内村航平のワキ毛を超えてるよ。相当な肉食なんじゃないの?
やっぱり私の毛、多すぎ?
まるで昔流行ったケツ毛バーガーですよ。それ言われたことある! なんなの、バーガーって?
グーグルで調べればすぐにわかるよ。僕は嫌いじゃないよあなたのケツ毛。触っていい?
やめてください!
セーラー服着たりスクール水着でハメ撮りする女子大生のエッチ体験談
 (座りしながら、傘をいじってるギャルに恐る恐る近づいて)あの〜、どうかした?
うっさい! いま忙しいの!
傘壊れちゃったの?
そう。さっき電車下りるときに引っかけられて、傘のさきが骨から外れちゃったの。
じゃあ、それ直したら遊びに行きませんか?
それナンパなの?
ナンパじゃなくてお仕事だよ。おっぱいをちょこっと出してもらって写真を撮らせて欲しいの。
もしかして怪しい系?
怪しいAVとかじゃなくて、鉄人社って出版社のちゃんとした仕事だよ。
テツジンシャ? 聞いたことないけど
……。
(ムシして)じゃあOKですか? お礼もしますし。
彼にバレるといやなんだけど。
僕だったら自分の彼女がモデルで雑誌に出たら嬉しいけどなあ。美人だって証拠
でしょ。
そういうもの?
そーゆーもんです!
付近のラブホに移動。じゃあね、一発目はベッドの上で座ってくれる?
こうですか?
そうそうそう。なんかポージングが上手いんだけど、馴れてる?
初めてSEXしたときにハメ撮りされてるし、今の彼氏も写真撮るの好きなんです。
いま、さらっと重大なこと言ったけど、初SEXはいくつのとき?
16才。相手は21才の大学生。mixiで知り合って、一緒に渋谷のクラブに行って、ぐでんぐでんに飲まされて、そのままホテルに連れてかれたの。高そうなカメラだったから、最初から撮る気マンマンだったんだと思う。
それから何人くらいの男とHした?10人いってないと思う。私結構一途だから。
で、今の彼氏はどんな写真撮るの?
セーラー服着たり、スクール水着着たり。それは付き合いだして最初からそうなの?
32才のちゃんとしたサラリーマンだけど、最初のセックスのときはすごく普通でしたね。で、2回目から色々と小道具持ってくるようになって。
例えば?
そのときはピンクローターを2つ使って、1つをナカに入れて、1つクリに当てた上で、ネクタイで手首を縛られてハメ撮りされました。
まじかよ! 
私、ドMみたいで実はめっちゃ興奮しちゃったんです。
おどかすわけじゃないけど、撮った写真を知らないうちにネットにアップされてたりして。
割といい会社に勤めてる人だから、変なことはしないと思う。そこは安心してます。
や〜、浴衣エロいねえ。花火見てたの?
そうそう。でも約束してたら勝手に男も連れてきたんだよね。ムカつかない?
あ一、超ムカつくね。
でしよ—!?
まあ落ち麓いて。最近セックスしてる?
え、うん。ハメハメしてるよ(笑) 。
ペ—スはどのくらい?
ペ—ス?週に2回とかかな。あんまり会えないし。
彼氏いるくせに怒ってたんだ。
そうだね—。前の彼氏が座位が好きだったっていうのもあるんだよね。
でも最初はうまくいかなかった。
それはやっぱ腰の振り方が?
うん。騎乗位とか上に乗るやつってあんまりしたことなかったから。
たまにいるでしよ「上下に動いて」ていう人とか。
いるね。騎乗位はそれが楽しいんじやん。
でも慣れないと難しいでしよ。だから元彼とふたりですごく練習したよ。
初々しくていいね。そのうち慣れてきた?
そう。でも慣れてくると上達が早いっていうか、逆にすごく上手になっちゃった。いいじやない。
したら今度は「動きが速すぎ(苦笑) 」って言われたんだよね。でもあれって盛り上がると自然に速くなっちゃうもんでしょ?
高速でカクカクしてる女は引くかも笑) 。
うそ!引くの?
ヤリながら笑っちゃうかもね、「速え〜」って。
……笑われたことある。ひどくない?
やってる最中に「なにが起こったんだ?」っていうのょ。
びっくりしたんじやない?
びっくりするのかな……でも、ちょうどその頃からエッチ自体も好きになってきたんだよね。そのおかげで。
自分でリズム刻んだほうが気持ち良さそうだしね。
そぅ。それでちょっと元彼とも気まずくなって……
試しに他の人とハメてみたと。
友達と飲んでたら、いつの間にかホテルにいたんだよね。それで1回やっちゃって。それがちょっとだけ続いてたんだけど、ある日メール見られて。バレた。
それから超ケンカ。仲直りしてもケンカ。彼も頭にきてたみたいで他の女とやっちゃって。もうそこからはケンカしてエッチして、またケンカして……すごいいっぱい泣いたよ。
ケンカした後のエッチも座位?
それは…、そう。ケンカしてても座位で仲直り、みたいな

アメリカの出会い系で駐在員の妻や娘、留学生の日本人とヤリまくれ

0030_20190706131611d99.jpg0031_20190706131613567.jpg0032_20190706131613d5d.jpg0033_20190706131615553.jpg0034_20190706131618d34.jpg0035_20190706131620a41.jpg0036_201907061316221b7.jpg
綾が帰った翌日の夜、久々に例のツーショットにアクセスした。ロスの主婦や駐在員妻をテキトーにやりすごし、待つこと約15分。サンノゼに住む学生、愛子とつながる。といっても若いピチピチの女子大生じゃなく、大学院生だ。
サンノゼはシスコから車で十分会いに行ける距離だ。
「この3連休はどこへもり又乏疋がなくて、誰かデートしてくれる人探してたんです」
「ちょうどよかった。僕も誰かいないか探してたんだよ」
トントン拍子に話は進み、日曜タ方、サンノゼ市内にあるサラトガ・アベニューの日系スーパー「ミツワ」へ(旧ヤオハン経営で、周辺はちょっとしたジャパンタウンとなっている)。入口の化粧口で待っていると、ラフなセーター&ジーンズを身につけた女が笑顔で駆け寄ってきた。歳は30。いわゆるおかめ面だが、笑顔は屈託がなく、性格も良さそうだ。聞けば福祉の勉強をしてるらしい。ボランティアによくいるよな、こういうコ。
「おしゃれな街見つけたんで、ちょっと行ってみませんか」
俺は《ロスガトス》という小粋なアップタウンへ亨と走らせ、和食が好きだという彼女のリクエストに応え、街のメイン通りにある日本食レストラン「カマクラ」へ向かった。
最初こそ「大学は大変?」とか「日本ではどんな仕事?」
といったごく普通の会話を交わすにすぎなかったが、こっちのペースに乗せられてか、愛子も鏡舌になっていく。今まで付き合った男、モテなかったOL時代と、話が止まらない。
「でもこっち来たら、留学生はみんな年下だから交流もないし、彼氏もできないんですよ」
「アメリカ人は?」「うーん友達になれても恋人はムリかも。私、体臭のある人ダメだし」
「じゃあエッチもやっぱり日本人がいいんだ」
「あはっ。でも、あたしここ半年はずっとご無沙汰だからー」
さばの味噌煮を頬張りつつ、恥ずかしそうに自白する愛子。OKサインと受け取っていいよね。
女子寮の相部屋でスリル満点の立ちバック
食事の後、近所の小物屋をブラブラ散歩する。手をつないでも嫌がる気配はない。しかもあるショップで愛子のお尻が俺の急所に当たり、思わず勃起しそうになったところ、彼女が耳元で
「豆野さんのって大きいのね」。
なんだこの女、ヤル気満々じゃん。よし、そろそろキメるとするか。でもどこでヤろうか。ホテルに一戻るのは面倒だし、やっぱりこのコの家しかないか。確か、寮住まいと一言ってたっけ。
「ちょっと部屋で休ませてもらってもいいかな」「ええ、いいですよ」
なんと簡単な。アメリカに住んでるとみんなこうなるのかねえ。部屋に入れば、もちろん押し倒しあるのみ。ところがそこで愛子が軽い抵抗を見せる。
「私、声が大きいから廊ドまで聞こえちゃうよ」
じやあこうしよ、ユテレビのスイッチをオン、NBAの中継が大音量で流れ出す。Ohーアナウンサーが響く中、俺は立ちバックで彼女の中にゆっくり滑り込んだ。「ングッ、フハァーッ」彼女の声は大きかった。それを懸命に押し殺しながらアエグ姿がまた色っぽい。タマらず、ほんの10分で発射してしまった。数日後、例の番組のオープン伝言板に、こんなメッセージが入っていた。
『こんにちは。サンノゼに住む学生です。週末ヒマにしていますので、どなたかドライブに連れて行ってください』
愛子ちゃん、キミはいったい何をベンキョーしに来たんだい。
口サンゼルスにもエンコー女はいる
出張も3週目になったある日、急遮LAに行くチャンスが巡って来た。期待に胸膨らませ、オープンボックスにメッセージを残す。
週末、LAに行きます。ビバリーヒルズやウエストウツドのお酒落なカフェにドライブがてらお付き合いしていただける方がいましたらメッセージ下さい
当日は、車で4時間半かけてロスのダウンタウンに到着。ホテルにチェックインと同時に自分あて
の伝言を聞いた。えっとー、20才の学生で香っていいます。よかったら返事下さい
おつしや、いきなり若い魚が釣れたぜー返事返事。
『一緒に食事でもしませんか。電話は……』
ロスの女は気が早いのか。香はすぐに電話をかけてきた。
「あのー、星野さんですか」「はい、そうですよ」
「ありがとうございます、今からドライブでもどうかな?」
「あのね、実はね、少しおこずかい欲しいの。車故障してるかり修理しないといけないのよ」
なんだ、LAにもエンコー女がいるのかよ。どおりでリターンが早いわけだ。
「いくら欲しいのかな」「200ドル(2万5千円)は必要なんだけど」
「いいよ。じゃあ明日、ミヤコインのレセプション前で会おっか」
翌日、リトルトーキョー内にあるミヤコホテルのロビーに姿キ見せた香は、宇多田ヒカルに似てなくもない、女子大生然とした女だった。
「昼ゴハンでも食べよっか」「うん」「なんでも好きなの頼んでよ」「じゃあカレー。ずっと日本のカレーが食べたかったの」
なんだ、エンコー女なのに、結構素朴なところもあるんだな。会話は弾んだ。大阪生まれで俺の出身大学のそばだということ、彼氏のエッチがあまりト手くないこと等々。日本だと「援助」のフレーズを聞くだけで受話器を叩き切っていたが、ロスの開放的な雰囲気も手伝ってか、彼女を自然に受け入れる自分がいる。援助だって悪くないじゃん?香の肢体ははちきれんばかりだった。張りのある肌、Dカップのオッパイ。くー、タマらんっす。胸の脇にあるハート型のタトウーに舌をはわせ、そのまま陰部へ伝わせると、ご丁寧にも陰毛までハートの形に剃られていた。ラブ&ピースすか?
結局俺は、彼女の許可を得て生で挿入し、さんざんいろんな体位で楽しんだ後、ありったけのスペルマを白い腹にぶちまけた。これで200ドルなら安い安い。タ方6時を過ぎ、友だちと待ち合わせをしているという香かダウンタウンまで送ってやった。ショッピングモールで別れ、しばらく2階からボーッと彼女を見守る。と、ジーンズ姿のサラリーマン風が彼女の前に現れ、ペコリと挨拶を交わした2人はモールの外へ消えていくではないか。おいおい、次の客かよー
★ひと月で3人。ウィークデイに仕重をこなしながらのこの数字は、決して悪くないと思う。思うに、ガイジン好きと言われる日本人女だって、毎日バタ臭い連中に囲まれるうちに、母国の男に飢えてくるんじゃなかろうか。よつしゃ、今度の出張も待ってろよ、西海岸の大和撫子たちー

丸顔で猫顔のミニグラマー娘ハメ撮り

0132_20190103215331501.jpg 0133_20190103215332035.jpg 0134_201901032153340be.jpg 0135_20190103215335e30.jpg 0136_20190103215337052.jpg 0137_20190103215338668.jpg
東急ハンズ裏手のホテルに入り、まずはお尻を触りながら顔をつける。口の位置がちょうどよく、キスするとスムースに子供みたいな小さな歯を祇め回す。亜美も舌で俺の口を祇める。ペニスに血が入ってきた。撮っておくか。

体育教師が不倫に至ったのは相手の娘が目的だった

0192_20181103025209421.jpg 0193_20181103025210ffc.jpg 0194_20181103025212aa7.jpg 0195_20181103025213ebc.jpg河野は東大阪市の市立中学の教師である。担当は体育。もちろん結婚しており、妻子もいる。
以前から天理の健康ランドに通っていた河野が富江たちに出会ったのは3年前。健康ランド内のレストランが混みあっており、相席になったのがきっかけだった。体育教師ということもあり、河野は年齢の割に若く見え、引き締まった身体をしている。
「次はいつ(健康ランドに)いらっしゃるのですか?」と聞く富江は明らかに河野に惹かれていた。富江の夫は出張が多いため、夫のいない夜に智恵を連れて健康ランドを訪れていた。ドラマのような出会いに興奮し、どちらともなく健康ランドでの《再会》を約束した。まもなく、河野と富江は男と女の関係になる。2階の仮眠室で智恵を寝かしつけ、その間、近くのホテルに入ってお互いをむさぼりあった。富江は久しぶりのセックスに夢中になった。疲れ気味の河野に女として尽くし、河野を《機能》させる。が、富江にフェラチオさせながら河野が思うのは、娘の智恵の身体だった。あどけない表情に対照的に膨らんだ胸、くびれ始めている腰。陰毛はもう生えているのだろうか。丘陵はどうなっているのだろう…。はるかに顔と身体のアンバランスが著しい智恵を思うと、河野の性器は硬度を増した。2階の仮眠室には、台ほどの簡易ベッドが並び、薄暗い間接照明を浴びひっそりとしていた。他に仮眠をとっている客はいない。智恵を寝かしつけた河野は、その簡易ベッドの位置を確かめ、いったん風呂に向かったが、カラスの行水で済ませ仮眠室に戻った。智恵が寝息をたてているのを確かめると、河野は添い寝する格好でベッドの中へ。毛布の下から左手を差し入れ、少し硬めの乳房の感触を味わう。二の腕をさすり、そのまま手を下に滑らせ智恵の丘陵に進めた。実は河野はこれまでも、何度かこの仮眠室で智恵の身体を触ったことがあった。いずれも富江の目を盗んでのことで、寝ている智恵の髪の匂いをかぎ、胸を触り、乳首を吸った。体臭を味わいながら、横で自慰にふけったこともある。ただ、一線を超えることにはためらいがあった。理由は自分でもよくわからない。教師としての最低限の《良心》なのか、智恵が目を覚まして大声を上げることを恐れたのか。どちらも当てはまるような気もする。しかし、智恵の丘陵に手を差し込んだ瞬間、河野の最後の理性は消えた。智恵のそこには、まだ毛はなく、剥き出しの幼い性器が湿り気を帯び、半開きになっていた。(智恵は俺を誘っている)河野は直感した。
(この子は許してくれる。目を覚ましたとしても、抱きついてきてくれるだろう)
ズボンを脱ぎ、裸になった。明らかに中年とみられる男が裸になり、股間を握りながらベッドに入っていく様子をモニターテレビで見ていた健康ランドの従業員は、思わず吐き気を催した。
「また出よったで」仮眠室に男の同性愛者が集まり、その夜の相手を探す《ハッテン場》と化すようになって久しい。「あの健康ランドはホモが集まるから近づくな」という噂が店の外でも広がり、一時は客足に響くという深刻な《被害》にも見郷われた。仮眠中の客の所持品を盗む《座敷荒らし》もあわせ、健康ランドでは仮眠室に密かに防犯カメラを設置し、中の様子を録画するとともに、従業員がモニターテレビで様子をチェック。ホモ行為が始まったときは、従業員が3人組で仮眠室に行き、「他のお客様の迷惑になりますのでやめてください」と注意することにしていた。
河野の裸体をモニターで見た従業員は、ホモ行為と思い別の従業員に一層どかけた直後、目を疑った。モニターに写っている中年男相方は女で、しかも一見して子供である。ホモ行為を見慣れた従業員も、思わず声をうわずらせながら叫んだ。
「ホモちやうで!淫行や!おい、110番や!」
駆けつけた天理署の警察官に踏み込まれたとき、河野は汗だくになりながら智恵のヴァギナに自分のペニスを入れようと躍起になっている最中だった。

親分の姐さんと娘に手を出した極道の行く末

0146_2018102223120118f.jpg 0147_20181022231202e73.jpg
それは週に一度の当番の日でした。朝7時に起床し、事務所に出向くと、いるはずの部屋住みの連中がどこを探してもいません。それどころか組長の姿もないのです。外出の予定はないはずですから、近所まで部屋住みの運転で出かけてるのでしょう。私はその間に掃除を済ませようと風呂場に向かうと、入りロに女モノのパンティが落ちているではないですか。姐さんか娘さんの物としか考えられません。すぐさまその場を離れればよかったのですが、何を思っ》たか、私はそのパンティを取ってしまいました。

【素人エロ画像】浜辺で日焼けする大胆な娘たち

201502010.jpg 201502011.jpg 201502012.jpg 201502013.jpg
自転車は横からでも十分オイシいというお話です。どうです、この太もも。お尻まで見えちゃうことは滅多にないけど、アリでしょ? 
寒い日は夏のことを思いましょう。ああ、今や誰もいない浜辺も、夏にはいろんな女が肌を焼いてたもんです。それも紐の跡を残さぬよう、こんな格好で。あの大胆な娘さんたち、いまごろどこにいるんでしょう。

ヤリ逃げで発狂!ショップ店員ワリキリ娘ハメ撮り日記

0114_20180726232058732.jpg 0115_201807262321005d3.jpg201504110.jpg 201504111.jpg
毎回1人のワリキリ娘に「ウン万で遊びたい」と交渉。たっぷり女体を堪能し尽くした後で、約束のウン万を韓国のウォン紙幣で手渡す(2万ウォンなら約2000円)。あとは「円で払うとは言ってないよね。ウソじゃないよね?」の一点ばりで逃げ切りを目指す。
あっさりと後払いを承諾させてから、服を脱ぐよう促す。なぜか彼女はタオルで体を隠しながらモジモジしている。
「チョー恥ずかしいからあんまりジロジロ見ないでください」
間から覗く巨乳もなかなかですぞ
では、フェラでたっぷりチンコを濡らして…「 恥ずかしい」初々しくてイイねえ。いざ挿入。ザラッとした膣の感触がタマりません。
「 これって詐欺じゃないですか」
「 違うよ。2万の約束だったから2万ウォンをあげたんじゃん。どこが詐欺なの?」
「そんな理屈、人としておかしいでしょ。バカにしないでよ!」
目を見開き、いよいよヒートアップして参りましたその後20分に渡って口論を繰り広げるも、当然、両者の言い分は平行線を辿るだけ。ウンザリし、そそくさと部屋を出ようとしたところ、彼女が袖を掴んできた。「サギ師、逃げるな!」うわ、超メンドくせー!そのまま彼女を引きずる形で玄関へ。ようやく観念した彼女は、泣いてるのか笑ってるのかよくわからない顔で、じゃあさ、と言った。
「せめて5千円ちょうだいよ」
「ゴメン、無理。じゃあね」
慌ててトビラを閉めた直後、背後から彼女の高笑いが。「きゃははははは! もう信じらんな~い! なにコレ。きゃはははは!」ん、怒りのあまり狂っちゃった?
今回のお相手は自称19才のショップ店員。ホ別2、ゴム有り本番の条件で話がまとまる
締まりもグー! あ、発射しちゃう!わざとジュボジュボ音を立てるとは、ツボがわかってます
部屋に戻ると、すでに帰り支度を終えた彼女が慌てたように言う。
「急用できたから先に出るね」
「どうしたの?」
「いや、ちょっと。…あ、お金もらうの忘れてた。お願いできる?」
急いで2万ウォン紙幣を見せたところ、露骨な苦笑いが。
「え、何これ?急いでるから早くもらえる」
「いや、これがキミに渡す2万ウォンなんだけど」
「ウォンとか意味わからないし。2万円ください」
「でも2万円あげる約束はしてないから」
「は?マジ何なのコイツ。あのさ、30分で戻っくるからここで待ってて。絶対待っててよ!」
怒りの形相でまくし立てるや否や、彼女はロケット弾のように部屋を飛び出していった

認知したが一度も会っていない娘に会いたい|人生ドキュメント

0020_2018061416103763e_201908162256080b5.jpg0021_20180614161038376_2019081622560930a.jpg0022_20180614161039095_20190816225611818.jpg0023_201806141610418fa_20190816225612fc8.jpg0024_20180614161042f51_2019081622561488e.jpg0025_20180614161044324_201908162256157f3.jpg0026_201806141610456c8_20190816225617ab9.jpg0027_201806141610479b7_20190816225618aca.jpg会社に一本の電話がかかってきた。
「セントウさん、お電話です」
バイトちゃんから受け継ぎ、受話器を取る。
「もしもし」
「仙頭さんですか」
「はい、そうですけど、どちらさまですか?」
「読者の山崎といいます」
「情報提供ですか?」
「いや、仙頭さんに確かめてほしいことを連絡しろって書いてあったんで」
そうだ。情報募集のページにそんなこと載ってたっけ。弱ったな。面倒くさそ〜。
「確かめてほしいことってのは?」
「いや、僕の子供のことなんですけど…」
彼、山崎クンはつらつら説明し始めた。
11年前、21才のとき、彼は当時付き合っていた女性と別れることになった。原因は簡単に言えばケンカだ。 しかし彼女はそのとき妊娠していた。
「別れて1週間後くらいに、突然、彼女の親が押し掛けてきたんです。どうしてくれるんだ、娘が妊娠してるって」
ナマで中出しは何度もやってきた。しかも別れて間もない。自分の子供に間違いなかろう。でも彼女との関係を修復するのは難しい。結婚して育てていけるだろうか。が、先方の要求はそんな前向きな
ものではなかった。
「娘には産ませるから、この場で今すぐ認知しろと迫られまして。言われるまま書類を書いちゃったんです」
「養育費とかは?」
「それは言われませんでした。その代わり、今後一切、娘にも孫にも近付くな。全部忘れてくれって」
こうして彼は、戸籍上だけの父親になった。先方の一家は、お金目的ではなく、産まれてくる子供が父なし子になることを危惧したのだろう。
その一件から11年、山崎クンは平平凡々と暮らしてきた。普通に恋愛なんぞもしつつ。
「でも去年ぐらいから気になってきたんですよ。あのときの子供ってどうなってんのかなって」
順調に産まれて育っていれば小学校5年生、ナマイキな盛りだ。たぶんその彼女さんも誰かと結婚して、親子仲良く暮らしてんじゃないの?
「居場所はわかってんの?」「実家は知ってます。いつも送ってたんで」
「じゃあ見に行けばいいじゃない」
「いや、向こうの家族に見つかるとヤバイんで…」
要するに山崎クンの要望は、自分では見に行けないので、代わってオレに子供の様子をうかがってきてくれないかというワガママ極まりないもののようだ。
なぜオレがそんなことを?
と言い返そうとしたが、ぐっと飲み込んだ。たまには人助けしてみるのも悪くないかも。 
2日後の早朝。都内からレンタカーで千葉方面に向かった。小1時間ほど車を走らせ、目的の住所に辿り着いたのは、午前7時過ぎだ。山崎クンから聞いた通り、元カノの実家は一軒家だった。玄関が見渡せる路上に車を停める。もし元カノが結婚せず自宅住まいのままだったら、子供もこの家から通学するはずだ。母子二人きりで独立して暮らす理由はどこにもない。逆に旦那さんが見つかっていれば、まず子供はここにいない。元カノさんは現在32才、その可能性は十分にある。
8時前、玄関が開いた。出てきたのはランドセルを背負った女の子だ。おいおい、あの子でビンゴなんじゃねーの?顔は山崎クンに似てるとは思えないが、体格から見て、小学校高学年なのは間違いない。たぶん合ってる。 歩く姿を車内からビデオで撮影し、任務は終了。オッケーオッケー。この映像を見れば彼も安心するっしょ。
「もしもし山崎クン?  撮影してきたよ」
「あ、そうですか! 男の子ですか?」
「女の子だね」
「へぇ〜」
「んじゃ、千葉駅前で待ち合わせよっか」
「はい」
駅前にやってきた山崎クンは長髪にヒゲ面の、いかにもナマ中出しばっかりしてそうな男だった。喫茶店に入り、ビデオを再生する。「……この子ですか…」
「たぶんそうでしょ」
「…へぇ、大きいですね」
認知だけして、いっさい顔も知らなかった我が娘が、しっかり成長している。いったいどんな気分なんだろう。山崎クンは動画を繰り返し再生したあと、オレの顔を見た。
「しゃべったりできませんかね」 
そりゃそうなるよな。娘なんだもん。でも自分が父親だなんて告げるのは絶対いかん。彼女の将来のためにも。どっかで待ち伏せして道でも尋ねてみるしかないんじゃ?
「いや、そういうのじゃなくて、もっと普通に会話したいというか…」
30代のヒゲのおっさんが、女の子と普通に会話するなんてまずムリだ。不審者扱いされるっ
て。乗りかけた船という言葉がある。時間もあることだし、彼のためにさらに一肌脱いでやろうとオレは考えた。
でもどうやって?
実の父親として登場するわけにもいかず、かといって身なりを整えたところで不審なオッサンは不審なオッサンだ。どうすれば、小5の少女は32才の男と会話してくれるのか。 ビデオを見ながら悩んでいたところ、あるモノに目が留まった。彼女のランドセルに付けられたキーホルダーだ。これ、嵐だな…。嵐のファンなんだ。ふーん。へえ、ほう…。こういう作戦はどうだろう。オレが嵐のメンバー、たとえば松ジュンに似た青年に仮装し、彼女の前を歩く。当然、少女の心はときめくことだろう。「あ、松ジュンっぽい!」と。たぶん照れながら近づいてくる。そこにオレの友人として山崎クンが現われる。
「お嬢ちゃん、オレ、こいつの友達なんだ。みんなでしゃべろっか」
かくして3人は嵐談議に花を咲かせるのだ。
「この作戦、どうでしょうか?」
「…え、まあ、そうですね」 
いまいちノリ気じゃない彼だが、これ、絶対成功するぞ!その日、カツラと化粧で松ジュンになったオレと、友人役の山崎クンは、夕方の下校時を狙い、再び彼女の地元に出向いた。
「じゃ、山崎クンはそっちの公園で待っててよ。オレが引き寄せて行くから」
「ごめん、ダメだったわ」
「…ですよね」
公園で待っていた山崎クン、落胆というよりは見下したような表情だ。こんなヤツに相談しなきゃ良かったってか?はまだ走っている。もはやオレは降りることを許されない乗組員だ。松ジュンは失敗した。たぶんあの子は櫻井くんのファンなのだろう。だから次はパンダにする。パンダの気ぐるみを着たオレが、上野から逃げて来たかのように彼女の前を横切るのだ。パンダ嫌いのわけがない。
「山崎クンは飼育員のふりをして公園で待ってて、オレがそこまで引っ張ってくることにしよう。じゃあ、明日また!」
「ごめん、ダメだったわ」
「……」
山崎クンの顔は、この前よりも険しくなっていた。ちょっとフザけすぎたかもしれない。今度の今度こそマトモな手法でいこう。名付けて 「鶴瓶の家族に乾杯」作戦である。
NHKのこの番組、鶴瓶とゲストが田舎町をブラブラしながら住人と交流を深めるもので、後半はゲストが一人きりで町を歩く。そのゲスト役を山崎クンが演じるのだ。芸能人ではなく、子供が知らな
くてもおかしくない、世界的な画家や指揮者のフリをして。  これなら自然と話しかけられるし、テレビ相手なら子供も喜んでしゃべるだろう。
「これはイケるかもしれないですね」
初めて山崎クンが前向きなセリフを口にした。うん、オレも今回はイケそうな気がするよ。いざ当日、大型のテレビカメラをかついだカメラマンのオレと、世界的な画家に扮した(といっても私服)山崎クンは、娘さんの下校を待った。無関係なガキどものちょっかいを何度もかわすうち、ようやく彼女がやってきた。
「あの子です、行きましょう」
「はい」
二人で立ち上がる。
「さあ、ではあのお嬢ちゃんにお話を聞いてみましょうか」
大げさな大声を出して、山崎クンがグングン近付いていく。
「こんにちは、お嬢ちゃん、このへんの子かな?」
彼女は恥ずかしそうにコクリとうなずいた。
「何年生ですか?」
「5年です」
「学校帰りですか?」
「はい」
「お名前は何ていうのかな?」
「カトウマイコ」
「マイコちゃん。どんな字を書くんですか」
歩きながらのインタビューが続いた。いいぞ、いいぞ。どうだ、山崎クン、もう満足しただろ!しかし彼はまだ会話をやめようとしなかった。ガキどもがまとわりついてくるのもお構いなく、公園のベ
ンチに彼女を誘い、一緒に並んで座る。大丈夫か。近所の騒ぎになったらボロが出るぞ。そんな心配も知らず、山崎クンは女をそばから離さない。
「友達はたくさんいる?」
「はい」
「おうちではお手伝いとかしてるのかな」
「はい、ときどき」 
あの家に住んでるんだから、たぶんお父さんはいない。母親に負担をかけまいと、お手伝いだって
頑張らなきゃいけないだろう。
「お母さんとは仲良くしてる?」
「はい。でもケンカもするときある、ときどき」
「うん、そうか…」
言葉が詰まった。目がうるんでいる。思うところはいろいろあるはずだ。若かったとはいえ、あのころの彼はやっぱり無責任だった。先方の言いなりにならず、結婚してこの子を育てていく道だってあったのだから。周りのガキがはしゃぐ。
「俺んとこ、犬いるよ!」
「おじちゃん、有名人!?」
「なんの番組?」
こら、クソガキ、お前らはあっち行け。邪魔だっての!周囲のママさん連中まで遠巻きに眺めだし、だんだん収拾がつかなくなってきた。山崎クンがなにかを吹っ切ったように立ち上がる。
「うん、マイコちゃん、どうもありがとう」
「はい」
「家族と仲良くね」
「はい」
ダメだ、カメラマンのおじちゃんも涙が出てきた。
すべては大人の都合だ。11年前の出来事も、今になってこうして会いたがることも。部外者ながらにオレは願う。マイコちゃんがこれからも元気に育ってくれることを。
カテゴリ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます