2015092.jpg2015093.jpg2015094.jpg2015095.jpg

キスとフェラだけ、それでも人気な現役筆談ホテトル嬢
0020_20180320124910bcb_20190807220711c02.jpg0021_201803201249111dd_20190807220713a5a.jpg0022_2018032012491255d_201908072207141aa.jpg0023_20180320124914779_2019080722071626f.jpg0024_201803201249153b3_2019080722071725f.jpg0025_20180320124917c62_201908072207195f3.jpg0026_2018032012491842b_201908072207204c6.jpg0027_20180320124920aaa_2019080722072294b.jpg

風俗嬢や援交娘たちの中には「キスはムリ」という子がいる。
それだけ女の子にとってキスは大事なものってことなんだろう。
キスを拒絶されれば萎えるし、逆に気持ちの入ったキスをされれば興奮は高まり、チンコの硬度も増すというのに。そこで今、女子たちの大事なキスを心ゆくまで味わえる、キス専門店なる風俗が人気を集めているらしい。
池袋で評判のキス専門店のホームページを確認したところ、店舗はなく、池袋東口のホテルやレンタルルームへのデリバリー方式らしい。乳揉みや手コキ、顔面ペロペロなどのオプションも用意されている。今回はキスを徹底的に味わうため、オプション無しで挑みたい。それでも料金はホテル代を合わせて合計1万円。安めのヘルスと同じくらいの金額だ。指定されたホテルに入り、待つこと10分。コンコン。ついに女の子が到着したようだ。さてどんな子が現れるんでしょうか?
「あっ、こんばんはー」
ツインテールの背の小さな女の子がペコリと頭を下げた。…あれ? なんだか可愛い中学みたいな子が来ちゃったけど、大丈夫かしら?ここヤバイお店じゃないよね?
「確認なんだけど、歳はいくつかな?」
「あ〜、キミ幼いねってよく言われるんですけど、19才ですよ」
アニメ声のRちゃんが、上目遣いでこちらを見つめる。色白の超絶ロリッコだ。こんな子の唇を奪ってしまって本当にいいんでしょうか?代金を受け取りお店に電話を入れると、こちらをくるっと振り返りニコッ。いちいち仕草が可愛らしい。
「じゃ、まずはうがいしましょっか」
手を引かれ、洗面台の前で2人並んでうがいをする。Rちゃん、背が小さいので、こうして横に並ぶと本当に子供みたいだ。

「じゃ、ベッドに移動しましょっか?」無言のままベッドの縁に座って向かい合う。うわー凄いドキドキしてきた。
ゆっくりと顔に近づいていくと、彼女のがゆっくり閉じていく。なんてエッチな目なんだ。互いの唇の先端が触れ合った瞬間、想像てたよりもぽってりとした唇が優しく吸しいてきた。続いて彼女の腕が俺の首にい付込み、柔らかい舌がねっとり差し込ま回てくる。うわぁ…ヤバイぞこれは。一瞬れ股間に血流が流れ込んでいく。で、唇を離すと同時に「ふあぁ」と声を発し目を開くRちゃん。顔がうっすら赤くなて、さらに色っぽい表情になってきた。苦しいからズボン脱ぐね。 「はい」
ベッドの上に仰向けになり、一気にズボンとすとパンツを降ろ、Rちゃんが上から覆い被さってきた。トロンとした目のロリ顔が近づぎ、舌が絡み合うようなキスが再開される。
ぴちゃぴちゃとやらしい音を室内に響かせながら、自分でチンコをもてあそんでいるうちに、すぐにイキそうになってきた。早すぎだろ。我慢に我慢を重ね、ねっとりとしたキスを楽しんでいると、ピピピピッと、10分前タイマーの音が鳴り響いた。もう終わりか。
最初はキスだけで30分ももつのかと心配していたけど、これじゃ足りないぐらいだ。
あえて射精しないことにした。悶々とした気持ちのまま、少しでも長く彼女とのキスを楽しんでいたいと思ったからだ。
時間ギリギリまで唇と舌の感触を楽しんで、ようやく口を離す。いや〜興奮したな〜。
どうやら俺は素晴らしい店を見つけてしったようだ。
でも、たまたまRちゃんのようないい子当たっただけかもしれないし、もう1人に呼んでみないとちゃんと判断できない。
続けて同じく30分コースをお願いした。
「服のうえからおっぱいもみもみオしプション(2千円)」も追加だ。同じホテルで待つこと10分。コンコンと鳴り、2人目の女の子が到着した。
急いでトビラを開けると、赤いニットを着たショートカットの女の子だ。
「あ、こんばんは〜。初めまして!」くお〜、笑顔が眩しい! この子も可愛い!
「どうぞどうぞ入って」
「はい、お邪魔しまーす」
料金を払い、うがいをして、並んで座ってご挨拶だ。
「では、今日はよろしくお願いします」
「あはっ、こちらこそよろしくお願いします」
21才のTちゃん。東京出身らしいが、都会の女の子っぽくない素朴さが全身から滲み出ている。かなりいい感じですよ。
「そうなんですよ〜。色んな人に『なんか田舎っぽいね』って言われます」
「それは褒め言葉だよ」
「え〜そうですかね。じゃあ、ありがとうございます(ニコッ)」笑いながら口元を押さえる仕草が実に愛らしい。オジサン、心が洗われる気分ですよ。
「…じゃ、いいのかな。キスしても」
「あ、はい! ウフフ」
照れまくりのTちゃん、なんて可愛いんでしょうか。これが演技だとしたら大女優になれますよ。
顔を赤らめたTちゃんがゆっくりと顔を近づけてきた。唇が触れる寸前に目が閉じていき、一瞬のうちに色っぽい表情に。軽くチュッ、チュッと唇を合わせると、次の瞬間、柔らかい舌がヌルッと口の中に侵入してきた。いや〜美味しい! エロい!
たまらん!
両手で抱き抱え、ねっとりと互いの唇を吸い続ける。首筋に優しく手を添えると「んんっ…」とくぐもった声を出しながら、こちらの太股に手を乗せてきた。
顔を交互にズラしながら、互いの舌を深く入れ合ううちに、またもやあっという間に股間はビンビンだ。いったん唇を離してパンツを脱ぎ捨て、勃起したチンコを出すと、彼女がさらに赤らめた顔を近づけてくる。
ヌチュヌチュとやらしい音を立てながら俺の舌をこねくり回すTちゃん。服の上からおっぱいを揉みながら、乳首のあたりを引っ掻く。コリコリんん〜んんっ、声が漏れてきた。俺も発射が近づく。
「イキそう」「あ〜もじゃあ出してください」
唇に舌を吸われながら、大量放出した。