0096_20180911195106872.jpg 0097_20180911195108ad6.jpg0094_201809111951030f4.jpg 0095_20180911195105b3b.jpg
六本木のこのクラブは、外人好きの日本人女性が白人&黒人を漁る場所として有名である。まったくけしからん話だが、実はその逆パターンもありまして…。
店が盛り上がるのは朝5時前後。他のクラブは閉まってしまう中、こちらは朝8時ごろまで営業しているため、二軒目、三軒目の店として、外人客が流れてくる。と、どうなるか。すでに泥酔状態の外人たちが、今宵のパートナーを漁り始める。彼らの男女比は半々。外人男が日本人女にいくぶん、あぶれた外人女が日本人男にも回ってくるワケだ。ぶっちゃけ、女のレベルは高くはない(コロンビア系、フィリピン系、ラテン系が中心)が、外人特有のノリの良さは健在。ドサクサに紛れて触りまくるうち、ホテルにフィリピンの 連れ出せることも多い。
言わずと知れた六本木の有名バー。ここは外人客が非常に多い。というかほぼ外人と言ってもいいくらいだ。その中でもひときわ目立つのが、セクシーな衣装で踊り狂っているブラジル女たちだ。近くにブラジル料理屋や雑貨店などがあるためだろうか。彼女らは、ラテン男でないと目すら合わせてくれない子たちと、日本人・白人など自分とは違うタイプを好む子にはっきりわかれる。当然狙うは後者だ。踊りながら目を合わせて笑顔を作り、無視されればこっちもスルー、微笑み返してきたら話しかける。ただそれだけでいい。こんな数打ちゃ当たる戦法が可能なほどブラジル娘は多い。
屋には、週に2回ほど生バンドが島唄を演奏するイベントが開催されます。通常料金の他、1千円程度のチャージがかかりますが、これが出会いに繋がるんですね。もともと店の客は、沖縄から東京に来た現地の方や、沖縄旅行に行って、かの地の魅力に取り付かれた人たちばかり。沖縄が好きで好きで仕方ないんですね。加えて、島唄というのは、聞くだけではなく、自らも踊るのが常識。泡盛の酔いも手伝ってか、軽快な沖縄三味線とこぶしが流れるうち、みんな自然と体が動き出しちゃうんですね。『エイヤーサー♪』15〜20人の男女入り乱れつつ、腕をフリフリ、腰をフリフリ。この盛り上がりに乗じて、見知らぬ女のコと話すことができちゃうんです。警戒心なんて抱いてないんでしょう。
仲良くなった女のコとは、携帯番号を交換して後日アポるもよし、そのままお持ち帰りするもよし。私の場合は、3人の島娘をゴチさせていただきました。
僕はいま六本木で1〜2カ月に1回ほどのペースで開催されている医大生サークルのパーティにお邪魔しています。ここ、身分証のチェックがないから、金さえ払えば誰でも簡単に入れちゃうんです。
 確かに、参加者の7割は大学生なんですが、残る3割は社会人(OB)もいるので、僕のような30
のオッサンがいても不思議じゃない。事実、これまで疑われたことは一度もありませんね。
 このパーティ、女性参加者は医者と知り合いたいミーハー女子大生ばかり。なもんだから、フロアの女に声をかけて、「医者の卵」だなんだと偽りつつ、テキトーに話を合わせたら、すぐに獲物が釣れちゃいます。
写真は、六本木を始め、都内で活動する「E」なる出会いパーティである。セレブな男とイイ女が楽しそうに飲んでいる一コマだ。ここはお見合いパーティと違い、業者主導の告白タイムなどがないフリースタイルが基本の出会いイベントで、自らナンパしなければならないぶん、成果が上がりにくいキライがあるのだが、この会にはちょっとした裏技がある。参加費5千円にプラスして1テーブル1万円(シャンパンボトル付き)の席料を払えば、業者がフロアの女のコに声をかけ、席までつれてきてくれるのだ。いわゆるギャル付けというヤツだ。しかも、女が気に入らなかったら、即座にリリース。次から次へとまた新たな女を席に連れてきてくれる素晴らしさ。遊び慣れた常連はこぞってVI Pを予約し、無知な一般客を出し抜いている。もちろん私もその1人だ。難点は、開催サイクルが年4回ほどしかないことか。まだ次回のパーティの場所すら決まってないが、「E」のサイトで告知されるのが待ち遠しい。80年代のいかにもなソウルミュージックが流れるこのディスコ、異常にオバハン(30代後半〜40代前半)率が高い。男性は27才以上・女性は25才以上でないと入店できない大人
向けクラブだからだが、さらに夜の8時までに入店すれば無料というエサも大きいと思われる。家計
をやりくりする奥様たちでもこれなら気がねなく遊べる。注意すべきは一点。彼女ら主婦は、いくら楽しく遊んだとしても終電には帰ってしまう。さっさとコトを済ませるか、連絡先交換のみで後につなげるべし。
オープンから30年以上続くこの老舗のジャズバーにも、世話焼きマスターがいらっしゃいます。店を介して、見知らぬ女性客と一対一の飲み会を開いてくれるんですね。まずボトル(6千円〜)を入れ
ると、独身女性が写真付きでファイリングされたリストを見せてくれます。上は40代から、下は20代
前半まで。全部で数百人はいるでしょうか。中から、気に入ったコを選んだら、その場でマスターに連絡を取ってもらいます(こちらが複数の場合は、合コンも可能)。後は女性がオーケーしてくれたら晴れて飲み会が成立です。むろん、相手と連絡が取れなかったり、断られるケースもありますがそんなときはまたリストを見せてもらうだけ。何人何十人と仲介&紹介されても他に料金はかからないのでご安心ください。
カネに糸目さえつけなければ、芸能人やモデルを抱けると聞けば、アナタはどうするだろう。ここで即座に財布に手をかけた方にぜひ訪れてみてほしいのが、西麻布の会員制リミテッドラウンジ「R」である。リミテッドラウンジは、完全会員制のキャバクラのようところ。この店の場合も、会員になるには誰かの紹介かHPからの入会申し込みが必要で、首尾よく会員になっても、長期間来店がないと会員証を失効するなど、とにかく敷居は高い。が、そのぶん在籍女性の質は極めて高い。例えば、ミスマガジン200×に選ばれたI・Kがいたり、超有名事務所に所属するタレントの卵がいたりと、約8割がモデルやタレントの卵。信じられないことに、まるで芸能界の見本市のような様相を呈しているのだ。僕なりの経験に照らせば、ゴハンだ何だと口説いても、店外デートに持ち込むのは至難の技だ。彼女たちはあくまで愛人契約を求めているので、オキニを見つけたらさっさと札束で買い叩いてしまおう。もちろん話の持って行き方によっては、その場限りの関係もOK。ちなみに僕は某ティーン誌の読者モデルと一晩4万、フリーのショーモデルを一晩5万でハメたことがある。