宴会のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:宴会

  • 2019/05/20エッチ体験談

    京都美人15人と行く温泉ウッフッフッツアーインターネットでそんなホームページを見つけたのは、5月半ばのこと。これ、誰がどう見ても、男のためのスケべ宴会にしか思えないのだが、どうだろう。一応詳細を並べてみると…●昼、京都駅前に集合、コンパニオンと一緒にバスで出発。タ方、福井県芦原温泉の旅館(貸し切り)に到着。タ方から混浴と大宴会、Hなゲームなどを開催。現地集A暑可。限定70人。●料金は、京都集合組が4万円。現...

    記事を読む

  • 2019/04/23お金の話

         リース会社を経営する傍ら、副業として宴会コンパニオンクラブを営んでいる藤井俊夫氏(仮名)である。堅実そうなスーツ、やや荒っぽいながらも快活なその口調は、いかにも営業畑の人間だ。宴会コンパニオンとは、文字どおり、忘年会や新年会などの席に花を添えるオネーチャンのこと。会社の飲み会などに呼んだ経験のある方もいるだろう。客からの依頼を受け、彼女らを派遣するのが藤井氏の仕事だ。...

    記事を読む

  • 2018/12/15エッチ体験談

         温泉ライター松本さとし、温泉に浸からず。これもまた時代の流れか。よもや、コンパニオン遊びの行き着く先が我が家にあったとは、想像もしなかった。鍋をつつきながらの談笑が続くばかりで、エンジンはなかなか暖まらない。これなら友達同士で集まったようなものだ。2時間3万円という高額ならば、スタート時から全裸になってもいいぐらいなのに。リーダー格のサチが恩着せがましく言う。「キャミ...

    記事を読む

京都美人と乱交・混浴スケべ宴会ツアー?

SnapCrab_NoName_2019-5-20_13-29-20_No-00.png
京都美人15人と行く温泉ウッフッフッツアー
インターネットでそんなホームページを見つけたのは、5月半ばのこと。これ、誰がどう見ても、男のためのスケべ宴会にしか思えないのだが、どうだろう。一応詳細を並べてみると…
●昼、京都駅前に集合、コンパニオンと一緒にバスで出発。タ方、福井県芦原温泉の旅館(貸し切り)に到着。タ方から混浴と大宴会、Hなゲームなどを開催。現地集A暑可。限定70人。
●料金は、京都集合組が4万円。現地集合組は3万円(1泊2食付き)
でも温泉コンパニオンやら男女混浴といった企画を何度かやっていたが、インターネットで募集をかけるとは珍しい。
しかも、場所は北陸のエ口?温泉としても有名な福井県の芦原温泉。実はここ、オレの自宅かり車でー時問ほどの近さなのだ。なんともソソられる条件である。ホームページに主催している旅行代理店の連絡先が書いてあったので、さっそく電話を入れてみた。
「フ口も宴会も女性が付きますよ。ただ、その後の遊びはないですけどね」電話に出たオッサンからお遊びナシと言われたのにはガッカリしたが、スケべ宴会と混浴ができるのだ。どうせ乱交状態にでもなっちゃえば同じようなモン。これはもう行ってみるしかないだろう。翌日、オレはオッサンに教えられた銀行口座に3万円を振り込み、今や遅しとその日を待った。
いよいよ当日の午後、オレは車を飛ばして芦原温泉へ。着くと、まだバスが到着してなかったようで旅館はまだ閉じていた。やっとのことで京都組が着いたのは予定よりー時間遅れの午後5時ころ。揃った男性陣は約40人だった。予想どおり脂切ったようなオヤジばかりで、30才のオレがいちばん若いくらいだ。肝心の京都美人はといえば、たったの11人。しかも、正直いってレベルは「並」ってところである。水商売の臭いがそこはかとなく漂う茶髪ネーチャンがほとんどで、京都美人というよりは浪速ギャルといった感じなのだ。
「じゃ、みなさん、2組に分かれておフ口の方へどうぞ。男湯、女湯どっちでもええですから」
タ方5時半、主催のオッサンが一言う。さあいよいよ待ちに待った混浴タイムである。オレは意気込んで服を脱ぎ、女湯へと乗り込んでいった。
と、これがすごい混みよう。確かに女のハダカも確認できるのだが、それの倍以上、男の体が目に入ってくるからたまらない。まるでおしくらマンジュウでもやっているかのようだ。
「女のコは半分くらい男湯の方に移ってくれんか」
主催のオッサンが浴槽に向かって叫ぶ。女のコのほとんどが女湯にいるから、もう少しバランスを取ってくれといつことらしい。さっそく、女のコの3分の2ほどが男湯へ移動。と、今度は去っていった女のコらを求めて女湯の男どもがゾロゾ口と男湯へ去っていく。なんなんだよ、いったい。
最後のパンツをなぜ脱がん
「今日は時間が遅れてしもたんで、女のコ、サービスしますよ。好きに触ってくれて構いませんから」主催者のオヤジはそう言って煽るが、みんなシャイなのか、派手なマネをしでかすヤカラは皆無。それどころか「オニーサン、デカイやん」とネーチャンにからかわれる始末だ。男どもはいったいナ二しに来たんだといいたいところだが、結局、オレも隣にいたハイヒールモモコ似のオッパイをモミモミする程度に留まってしまった。
午後6時過ぎ、なんだかテンションが上がらないまま、場は宴会へ。司会には吉本興業の一云人(名前は覚えてないが、無名)が呼ばれていたが、別に漫才、なんかは聞きたくない。ハダカの女と戯れればそれでいいのだ。しかし、そんなささやかな願いも裏切られる。女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、野球拳ができることになっていたが最後の一枚でゲームセットとなり、その後は皆そそくさ戻る。なぜ脱がないんだ、最後のー枚を。お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都かり来た人はさぞかしガッカリしただろう。これで3万なんて、オレには高すぎる。ホントにスケべでヤリ放題の宴会ならいくら払ってもいいんだけどな。

宴会コンパニオンクラブ経営という仕事

0158_20190423140429d29.jpg 0159_201904231404309d9.jpg 0160_20190423140432ab0.jpg 0161_201904231404377c1.jpg 0162_20190423140441ca2.jpg 0163_201904231404447dc.jpg
リース会社を経営する傍ら、副業として宴会コンパニオンクラブを営んでいる藤井俊夫氏(仮名)である。堅実そうなスーツ、やや荒っぽいながらも快活なその口調は、いかにも営業畑の人間だ。宴会コンパニオンとは、文字どおり、忘年会や新年会などの席に花を添えるオネーチャンのこと。
会社の飲み会などに呼んだ経験のある方もいるだろう。客からの依頼を受け、彼女らを派遣するのが
藤井氏の仕事だ。きっかけは今から1年ほど前。藤井氏は、本業が不調なこともあって、何か良いサイドビジネスはないものかと思案を巡らせていた。
ちょうどそんな折、会社の飲み会でたまたま呼んでみたのが地元のコンパニオン業者だった。
「半分シャレで頼んでみたんですけどね。男犯人の宴会に、3人来てもらったのかな。金は女のコー人につき、2時間1万3千円。でも、飲みながら女の子に話聞いてみると、手取りが7千円って言う
んだよ。単純計算でクラブが6千円ピンハネしてるワケでしよ。こりやオイシイと思ったね。』
さらにコンパニオンクラブは、彼の考える〃成功する商売の3原則〃にもピッタリ当てはまってい
た。すなわち「日銭」「在庫ナシ」「出来高払い」という条件である。
言われてみればそのとおりだが、いくら儲かりそうとはいえ、一般の人間が簡単に始められる仕事な
のだろうか。非合法ならともかく、正規に届け出て営業するのであれば、法律面の制約をクリアするだけでもひと苦労なのでは。風営法ってのはあくまで店舗に女の子がいることが条件らしいんだ。その点、この商売は引っかからない。しかも、人材派遣業の中にもコンパニオンクラブという業種は存在しないそうなんだよ。彼によれば、コンパニオンクラブは”請負業“の括りに入り、特別な許可など不要らしい。結局、やる。やらないは藤井氏の胸一つ。営業上の条件を確認した彼が熟考の下した判断は「勝算アリ」だった。
とりあえず、自宅に電話の専用回線を1本引いたんですよ。さすがに携帯番号だと信用ゼロだし、
電話を携帯に転送できれば、事務所は自宅で十分だと思ったから…っていうか何より、自分に覚悟がつくでしょ。これを無駄にするワケにはいかない、やるからは本気だぞっていう。まあいつも先に行動ありきですから、私の場合開業にあたり、まず着手したのがマーケティングである。藤井氏の地元ではすでに4つのコンパニオン業者が営業していたが、その営業形態を把握すべく、電話帳を索引して(地域によってはコンパニオンクラブは電話帳の1項目となっている)、予約を入れるフリをして電話をかけまくった。
結果、宴会コンパニオンの料金相場は、2時間の宴会でコンパニオンにつき1万4千円〜2万円弱であることが判明。当然、自分の店の料金を決定する上でもこれは無視できない。
「ひとまず平均額でやってみようかって。料金を高くすれば客がついてこないし、安くすればクラブの方に無理がくるじゃない。まあ無難な値段だったらソコソコ仕事がとれるはずだしね」
その結果、落ち着いた料金が2時間1万5千円。クラブの取り分が6千円、コンパニオンの給料は9千円に設定。ちなみに、藤井氏の考えでは、コンパニオンクラブの損益分岐点は5千円なのだそうだ。要するに、クラブの取り分が5千円を割り込めば、採算べースには乗らなくなるということらしい。

スーパーコンパニオンとデリヘル嬢どちらを呼んだ方が宴会は盛り上がるのか

0020_20181215135008d80.jpg 0021_20181215135009e27.jpg 0022_20181215135010daa.jpg 0023_201812151350129cb.jpg 0024_2018121513501390e.jpg 0025_2018121513501575b.jpg
温泉ライター松本さとし、温泉に浸からず。これもまた時代の流れか。よもや、コンパニオン遊びの行き着く先が我が家にあったとは、想像もしなかった。鍋をつつきながらの談笑が続くばかりで、エンジンはなかなか暖まらない。これなら友達同士で集まったようなものだ。2時間3万円という高額ならば、スタート時から全裸になってもいいぐらいなのに。リーダー格のサチが恩着せがましく言う。「キャミになってあげるね」キャミまでなら、基本2時間でせいぜい下着までか。こいつら、かなりの延長を画策していると見た。不勉強な方のために解説しておくと、『延長』とは、彼女らコンパニオンが稼ぎを増やすための常套手段である。多くの業者は、基本タイムは定額給、延長料金はそっくりそのままコンパニオンの実入りになるシステムを採っており、彼女らにしてみれば、とにかく延長させなければ話にならない。そのため、基本タイムの後半ギリギリまでお色気路線は控えめにするのが手なのである。7時半。約束どおり、2人はキャミ姿になった。とはいえ別にどうってことはない。どうってことのないまま、さらに1時間が過ぎる。用意したビールを飲まれ、ウーロン茶を飲まれ、肉を食われ、しめじゃ白菜を食われ、なのに一向に興奮させてくれないとは。まるで私たちがもてなす側にいるようだ。8時半、基本時間の終了前になって、ようやくサチが腰を上げた。
「野球拳しましょっか。それじゃあ最初はさとしさんとマユミちゃん。はい、みんな立ってくださ〜い」お仕着せの印象はぬぐえないものの、ようやく脱がせるチャンスが来た。さっさと裸にして、やれることはやつちまおう。
「じゃあ行きま〜す。ちやんちやちやんちゃ、や-きゅう〜す〜るなら」
隣室から苦情が来そうなほどだ。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます