SnapCrab_NoName_2018-1-18_19-25-13_No-00.pngSnapCrab_NoName_2018-1-18_19-27-33_No-00.png
ゴム付きイチゴーの条件で打診したところOKの返事が届いた。女の自宅は杉並にある某駅近くとの
ことだ。電車を乗り継ぎ、指定の駅へ到着。その道中、メールで駅の出口からマンションまでの道のりが送られてきた。
『…その横が新聞屋さんで、さらにその隣がわたしのマンションです。部屋は○○号室なのでインターホン押してくださいね』
メールの通りに進んでいくと駅から3分ほどで目的地に到着。またもや予想を裏切る立派な造りのマンションだ。インターホンを押して女の住む部屋へ向かう。
「ああ、こんにちはー。今日は雪がすごいですね〜」
写真よりも老け顔のおばさんが爽やかな挨拶で出迎えてくれた。彼女もデブだが、ごく普通の30代のオバサンという雰囲気である。玄関から室内を覗くと、廊下の先にいくつかの部屋に通じるドアがみえた。随分と広い家に住んでるな。
「いやー、なんだかいいマンションですね」
「ここ社宅なんですよ」「えっ? なに、会社員なの?」
「結婚してて、わたしは専業主婦ですよ」
「結婚してるんだ?」
3LDKの社宅に越してきて今年で3年目。彼女の部屋は玄関脇の六畳間で、マットレスベッドとパソコン用のローテーブルのほか、化粧品や生活雑貨などが散らかっているものの、それほど汚い部屋という印象ではない。
「旦那さんは仕事行ってるの?」
「いまシンガポールに行ってます」
「単身赴任?しばらく帰ってこないんだ」
「いや、出張なんで明後日には帰ってくるかな」
 旦那が出張してる間に自宅で援交するなんて。胆力のある専業主婦がいたもんだ。
「見知らぬ男を家に呼んで大丈夫?恐い目に遭ったことないの?」
「ぜんっぜん。ないですよ。メールのやり取りで変な人はわかるんで、そういうのは呼ばないし」
「でも社宅なら近くに知り合いも住んでるでしょ?」
「付き合いないんですよ。会社大っきいから。ぜんぜん知ってる人いないし」
 そんなもんなのか。
「わたし、洗濯とかアイロン、掃除とかは完璧にこなすんですけど、料理できないんですよね」
「じゃゴハンはどうしてんの?」
「買ってくるか、外食とか。新婚のころからずっとそうかな」
「旦那さんとは仲よし?」
「いいですよ。今も一緒にお風呂も入るし、エッチもしてるし」
10才以上歳の離れた旦那さんとは8年前に結婚し、子供はいないそうな。どうにも解せない。どうしてそんな満ち足りた人妻がこんなことしなきゃいけないんだ。
「なんでエンコーしてんの? エッチが好きなの?」
「いや、お小遣い稼ぎかな。夫から十分お金はもらってるし生活に不満はないけど、お金はあった方がいいでしょ?」
彼女が旦那からもらえる小遣いは5万以上あり、生活に必要なもの以外にもわりと自由に使っているそうだ。だったらこんなことする必要ないだろ。
「実は貯金もしてるんですよ。貯めといて、旅行にでも行こうかなって」
 動機が軽い。いまどきの専業主婦はそんな程度の理由で自宅エンコーしちゃうのか。
「あと、わたし、葉巻が好きで」
「葉巻? って、あの煙を吸う葉巻のこと?」
「そう。わたしパークハイアットのニューヨークバーで吸うって決めてるんですよ」
「優雅だね。高いんでしょ?」
「そんな高くないよ。お酒2杯飲んでも5千円程度だから」
よく見ると、高級ブランドの買い物袋や高そうな香水の瓶が無造作に転がってる。ホントにお金には困ってないのかもな。
「そういう香水も高いの?」
「ああ、それは3万しますね。ボンドってニューヨークのブランドなんですけど」
色々と香水のウンチクを語り出したが適当に相槌を打っておいた。ふとベッドサイドに置かれた数冊の本が見えた。
「どんな本読んでるの?」
「小説ばっかりですね。伊集院静さんとか藤沢周平さんとか」
「なんだか中年のオッサンみたいだね」
「あ〜、それ友達にも言われたことある」
 ヒマを見つけてホテルのバーで葉巻を吸いつつ、伊集院静や時代小説を読む援交妻。彼女は何を目指してるんだろう。彼女のプレイは手を上手に使ったフェラがよく、挿入すると身体をビクビクさせて感度も悪くない様子。本人は否定していたが、プレイが終ってみると、単にエッチが好きでこんなことをしてるだけのような気もしてきた。