専業主婦のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:専業主婦

  • 2019/10/06援助交際・パパ活

    自宅に客を引っ張る娼婦昼間、誰もいない家で自分の妻は何をやっているのか昼間、仕事に出かけているときに、誰もいない家で自分の妻は何をやっているのか。既婚男性なら誰しも気になるところだろう。中には、こっそりその姿を覗いてみたいという方も少なくないはずだ。ここに掲載したのは、裏モノ読者のA氏が、自宅マンションのリビングにピンホールカメラを設置し、無線で飛ばした電波を屋外のカメラで受信。結婚して2年になるものの、A氏...

    記事を読む

  • 2019/06/03エッチ体験談

    「県北部に住んでいます。お近くの方メール下さい」などとこちらの地域を明らかにしメッセージを出してから何通かある返事の中に僕と同じ町内の専業主婦がいるじゃありませんか。いったい、どこの誰なんだろう。狭い町ゆえに、気になってしょうかありません。その後、メールのやりとりの中で相手に小学ー年生の女の子と3才の男の子がいることを聞き出した私は、その情報を元に人物を特定してみることにしました。そう、役場職員と...

    記事を読む

  • 2018/10/29援助交際・パパ活

    冬は人妻の季節らしい。冬はコートで体型を隠せる、化粧崩れがしにくいうえ若い女に比べて寒さに強い。さらに何回男に断られてもメゲずに電話をかけ応くるから人妻専門テレクラにいくのも珍しくない。今年ー月2人の人妻を連チャンで喰った。小柄な女が座っている。なんだ、去年の秋ごろに会った女だ。大きな胸だったので写真を要求したが断られた覚えがある「おひさしぶり。写真とか言ってた人じゃん」「うん、オッパイ撮らせてよ...

    記事を読む

自宅ワリキリ女のお宅拝見・専業主婦・OL編|援助交際体験談

自宅に客を引っ張る娼婦0112_20190501100340ba6_20191006115759e3d.jpg0113_20190501100342f0a_20191006115800655.jpg0007_201904271744271c4_201910061157565b6.jpg0006_20190427174426fc3_20191006115753bbe.jpg1_20181118023547b13_201910061157477d6.jpg2_20181118023548064_20191006115748c89.jpg3_20181118023549f23_20191006120532fdc.jpg4_20181118023551433_20191006115750112.jpg5_20181118023552ac7_20191006115751eb4.jpg6_20181118023554069_20191006115754c9e.jpg7_2018111802355605a_20191006115757f3b.jpg
昼間、誰もいない家で自分の妻は何をやっているのか
昼間、仕事に出かけているときに、誰もいない家で自分の妻は何をやっているのか。既婚男性なら誰しも気になるところだろう。中には、こっそりその姿を覗いてみたいという方も少なくないはずだ。ここに掲載したのは、裏モノ読者のA氏が、自宅マンションのリビングにピンホールカメラを設置し、無線で飛ばした電波を屋外のカメラで受信。結婚して2年になるものの、A氏の妻(27才)は、家ではオナラの音ひとつ聞かせたことがない控えめな性格。例え自分が不在でも、行動にさしたる変化はなかろうと、氏は信じて疑わなかった。ところが、実際の映像を見てみると、素っ裸のまま部屋をうろうろし、堂々とむだ毛を剃った挙げ句、オナニーまで披露。普段とのあまりのギャップに、氏も空いた口がふさがらなかったという。「それより、いちばん驚いたのは、アイツが昼間、携帯で誰かと連絡を取ってることなんですよ。音声にノイズが多くて、よく会話が聞き取れないんですけど、もしも相手が男だったら・・・正直、自分がどうなるかわかりません」(A氏)心中お察しいたします

公務員の特権をいかして専業主婦をセフレに

SnapCrab_NoName_2019-6-3_6-43-56_No-00.png
「県北部に住んでいます。お近くの方メール下さい」などとこちらの地域を明らかにしメッセージを出してから何通かある返事の中に僕と同じ町内の専業主婦がいるじゃありませんか。いったい、どこの誰なんだろう。狭い町ゆえに、気になってしょうかありません。
その後、メールのやりとりの中で相手に小学ー年生の女の子と3才の男の子がいることを聞き出した私は、その情報を元に人物を特定してみることにしました。そう、役場職員という立場を利用したのです。まず教育委員会で小学校の名簿をコピーし、住民基本台帳システムで3才男児の戸籍を検索。
2つの結果存照合したところ、両方の条件を満たす該当者が3人浮かびました。そこで今度は税務課でそれぞれの収入を調べてみると、うち2人は収入があることが判明。残りのー人がメル友であることは間違いありません。
こうなりゃ、どうしても顔を見たくなるのが男の性。いても立っていられない私は、仕事中にもかかわらず、公用車で女性の自宅へ向かいました。そして家の脇に車を停め、塀のすき間かり覗くと・・「ああっ、いるっー」ちょうど本人らしき女性が庭で子どもと遊んでいるではありませんか。彼女の容姿は私の好みからほど遠かったものの、メール女の顔を密かに拝むドキドキ感は何物にも代え難いものがありました。職権を乱用してまで情報を引き出した価値は十分にあったわけです。
しかし、しょせんは片田舎。自分の町だけでメル友を見つけだすなんて至難のワザです。そこで、近隣の役所に勤める同級生数人に事情を話したところ、全員から予想だにしないリアクションが。
「なんだ、オマエも同じコト」やはり、人間考えることはみな同じ。みな、僕とそっくり同じ手口でメル友の個人情報を引き出していたのです。こーなりゃシメたもん。
「お互いの市町村に自分のメル友がいれば、個人情報を教え合おう」という協定が交わされるまでそう時間はかかりませんでした。
住所・下の名前・誕生日。これだけ揃えば100%
では、僕のネットナンパ必勝法を紹介しましょう。まず、出会い系のサイトで近隣に住む女性とメル友になり、相手が住んでいる市町村を聞き出します。ここまではそう難しくもないでしょう。次に、下の名前。元々、メールアドレス自体かそうなっていたりすることがよくありますが、万一わからなくても、こっちからー度「僕のこと本名の〇ちゃんて呼んでよ」とメールでふってやればoK。
たいていは「じゃあ私はヒ口って呼んでね」なんて返ってくるものです。仮にヒ口なら、本名はヒロコかヒ口エあたりでしょうか。そこまで当たりが付けられれば十分です。
そして最後に誕生日。年月までは簡単に聞き出せるとしても、闇諸は日にちの方です。僕の場合メールに無料の動物占いのURLを入れて
「けっこう当たっておもしろいよん。ちなみに僕はライオンです(ウソだが)」といったコメントを付けるようにしています。占いの嫌いな女はこの世には存在しないのか、こうすればまず百発百中。「わたしはコアラだったよ」と簡単にひっかかってきます。あとは、月の何日がコアラなのかを調べて、考え得る誕生日を数日に絞ればいいのです。
おおまかな住所、下の名前、鵬そして生年月日。かなりアバウトなレベルでも、この3つがわかった時点で公務員仲間に調査依頼のメールを送信します。もし、仲間の市町村に該当する女性がいれば(候補がー人じゃない場合もあるが)、依頼者にこんな具合で報告が来ることになります。
「×本〇子、28才。該当がー人しかいないのでおそらく確実でしょう。ダンナはバツイチで固定資産税を滞納してます。お金ないんだろうな」
エグイと思われるでしようが、ホントにわかっちゃうのだからしょうがありません。ダンナさんの××さんにもよろしく
もちろん、住んでいる市町村を教えてもらえないことだって多々あります。そういう場合、もし相手が主婦なら、名前(姓は不要)と子どもの話題をふってやるといっのもーつの手。前記したように子供の歳と性別がわかれば、かなりのところまで調べられますし、こんな奥の手も。
「子どもの参観日だった」と書いてあれば、仲間全員にその日授業参観があった学校を、照会することだって可能なのです。これでおよその住所は絞られてくるでしょう。こうした情報を女性から引き出すコツとしては、1回ですべてのことを聞こうとせず、何回かに分けて突っ込んでみることでしょうか。不自然な質間をぶつけて、身構えさせてはダメ。人間、何気ない会話からボ口が出てくるものです。さて、ターゲットが特定できればもうあとはこっちのもん。私の場合、仲間から報告が届いた段階で自分でこっそり顔を拝みに行くか、水道局あたりの後輩に「工事やりますんで」などと家庭訪問をやらせてルックスをチェックさせることにしています。ま、情報を掴んだ時点で勝負は決まったようなもん。相手か食いつきそうな話題を振ってやればいいのですから、そりゃウマクいくわけです。

コートで体型を隠せる、化粧崩れがしにくいので冬は人妻の不倫の季節

0116_201810291721197ef_2019092915540567b.jpg0117_2018102917212069b_2019092915540741e.jpg0118_20181029172121d9a_20190929155408952.jpg0119_20181029172122adb_20190929155410bc2.jpg0120_2018102917212427c_2019092915541104b.jpg0121_20181029172125ca6_2019092915541377b.jpg
冬は人妻の季節らしい。
冬はコートで体型を隠せる、化粧崩れがしにくいうえ若い女に比べて寒さに強い。さらに何回男に断られてもメゲずに電話をかけ応くるから人妻専門テレクラにいくのも珍しくない。今年ー月2人の人妻を連チャンで喰った。
小柄な女が座っている。なんだ、去年の秋ごろに会った女だ。大きな胸だったので写真を要求したが断られた覚えがある「おひさしぶり。写真とか言ってた人じゃん」「うん、オッパイ撮らせてよ」ー人の女が店から出てきて、そばに座ってタバコを取り出した。が、風で火がつかない
アポった女がしつこい。「写真撮らせてくれるなら」もう一度言って、ようやく「えー、ダメ」と立ち去った。タバコを吸う。さっきの女と目が合った。髪がじゃまして目はよくいが、全体に寂しい色気がある。
「喉が痛いでしょ。お茶でもしません?」
女がうなづいた。こんなこともあるもんだ。35才の人妻、名前は朝子と言うらしい。三越の隣にある330円コーヒーショップに入った。改めて見ると、かなり厚化粧だが、髪の手入れはいいし、テレクラ人妻にありがちな貧乏臭さもなく、そういう意味では新鮮だ。さてどうしよう。先に女が口を開いた。
「女性の写真撮りたいの」「聞いてました?」「はい、プ口の方じゃないみたい」「ええ趣味で」
「こんなオバさんでよかったら、撮ってもよくってよ。子供生んでないから、たるんでないわ」
なんてこった。声が震える。「いや実は…、あのう、エッチ系なんですよ」
「いいわよ。そうだと思った。でも生理前なの。いいかしら」
ここまできてイイもイヤもない。レビトラを飲み、西口のホテル街へ向かった。
抜かないで。もう少し感じさせて
「ビールいただいていい?恥ずかしいから」
女のリクエストに、冷蔵庫から缶ビールを出して渡す。
「ご主人にバレない?」「今日は出張。女も一緒よ」なるほど、そういうことか。
顔を近づけると積極的に口をつけてきて開いた。甘ったるい唾液。ブラの中の一乳首はガチガチに固い。ペニスの部分に女の手を誘う。女は蹄曙なくジッパーを下げた。
「すごい、光ってる。女の人、たくさん泣かせたでしよ」
ことばを聞いて大きくなる。「可愛がってよ」
催促すれば、ペニスの先端に舌をつける女。フェラ顔に味がある。早く入れてみたい。
「いいわよ」女が素早く全裸になった。腰、尻、乳房は言うとおり肉の崩れはなく、左右の乳首にキスしながら陰唇に触ると、女の体から力が抜けてョロョ口とした。抱きしめてベッドに座らせて、さらに深いキス。応えて女は、舌を思い切り俺のロの中に差し込んできた。頭がクラクラしてくる。女を横にして尻を向けさせ、陰部を見るど「なめて」ときた。ありがちなトイレットペーパーのカスもなく、匂いもない。大陰唇を開いてクリトリスの位置を確認して軽く舌でころがす。角度によっては結合部が腹で隠れる。まずは後背位で挿入してパチリ。すぐ抜いて正常位で入れる。腰は柔らかく、両足を高くすると奥まで入った。この女の腔と俺のベニスの相性はいい。よがって苦悶の表情を浮かべる女の腔に射精する。
「抜かないで。もう少し感じさせて」
しばらくそのままにして、縮んできたところでペニスを抜く。コンドームの先端に血がついてるぞ。「イヤ、見ないで」女がティシュで包んで処理した。テレクラや出会い系でもなく、声をかけただけで体を開く女。さらに女として最も恥ずかしい寧真まで撮られて…。
「どうして俺なんかと」「安心できそうだったから」「それだけ」
「魔がさした、っていうのかしら…。いつもしてるわけじゃないわよ」
「また会いたいな」「うれしいけど、これっきりにしましょ」
タダでは悪い気がする。今夜は個食に違いない。デパ地下で崎陽軒のシウマイと寒ブリの刺身、それにトマトサラダを買ってやり、JRの改札で別れた。女は振り向きもせず人波に消えた。
気象予報士、半井小絵に似た30女
レビトラは効果が長く続く。昨日はー回戦だけだったので、翌日の朝も言い知れぬ性欲が残っていた。ましてや、近年にはなかった不思議な出会いセックス。いいセックスをした翌日は「また今日もできるかも」とテレクラに行き、反対にクソ女に当たると「明日こそは」と結局続けて行ってしまう。ギャンブルにハマる心理と同じだ。池袋を歩けば、また昨日のような女がいるかも知れない。そうだ、出会いの部屋「L」に行くか。以前にも本誌で紹介したが、個室で待っていると、男のプロフィールカードを見た女がその個室を訪れるシステムで、都内近郊に6店舗ある。中でも池袋店と巣鴨店がお気に入りだ。池袋は20才前後のフリーター、巣鴨は30代前半の人妻、とはっきり色分けされており、気分次第で使い分けできる。いつもはチップで室内プレイをしていたが今日は「店外デート」に挑戦するか。午後2時、巣鴨駅前ケンタの4階にある「L」に入ると、受付のポチャ女と厚化粧オネエが「満室ですけど、すぐ空きます」と俺を迎えた。順番待ちの2人の男が座っている。待機室に出入りする女たちを盗み見しながらサービスドリンクを飲んでいると10分ほどで部屋が空いた。プロフィールカードに記入して部屋に入る。
「デバ関係・47才・バツイチ。明るいHな女性がいたら、私の部屋に来てください。楽しいひとときを」
最初にやってきたのは、見るからにデブ女で、「ちょっとごめん」と言うとすぐに出ていった。2番手は歳の頃30代前半のスラリとした女だ。顔は、夜7時のNHKニュースの華、元日銀のOLで気象予報士、半井小絵(なからい・さえ)に似ている。肌はキメ細かく、尻も腰も締まっている。逃がすもんか。聞くと、一局島平に住む33才の人妻で、友達の紹介で来ているらしい。
「時間があったら外に行きません」「外って」「空気が悪いから、どこかでお茶でも」
「割り切りっていうことですか」「それもありかな」「どのくらいですか」
「外で相談しましょうよ」「ちょっとトイレ」
出ていった女の背中を見ながら、妄想する。全身をなめまくって2回戦。考えただけで充血する。が、女はなかなか戻ってこない。受付に聞くと「お帰りになりました」と。クソー、俺よりいい条件の男と外で会っているのだ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます