専用のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:専用

  • 2019/10/07裏情報

    いや正確に言えば、彼氏とSEXする中でアダルトグッズ使われたことはある。ピンクローターの、人間の指じゃあ絶対に実現不可能なあの振動。それこそ私はものの3秒でイッてしまった。彼氏には悪いけれど、指で愛撫されるより、数段気持ちよかったのも事実だ。なんてことは、すっかり忘れていた今年3月友人から東京.秋葉原に品揃えが豊富なアダルトショップがあることを間かされた。何でもその店、カップルや女の子も多く、1人...

    記事を読む

  • 2019/07/31ハッテン場ゲイ同性愛

    新宿2丁目には、世にも恐ろしい場所がある。ゲイ専用のハプニングバ—だ。重要なことなのでもぅ一度言ぅ。ゲイ専用の「ハプニングバ—」である。公園やサウナなどの公共のハッテン場と異なり、ここへ立ち入ることはすなわち「自分、ヤル気マンマンのゲイです。ハプニング大歓迎です」とアピールすることに他ならない。たぶん、無傷での帰還は望めない。でもせめて、せめてアナル処女だけは死守するつもりっす〇目的の店は、2丁目メ...

    記事を読む

  • 2018/08/28裏情報

      イケメン写メを撮るうえで、もっとも確実でお手軽な方法は、画像加工ソフトを利用することだ。なかでもオススメはJTrimである。フリーソフトながら明るさ、コントラスト、ソフトフォーカスといった調整はもちろん、お目目パッチリや痩顔など高度な整形も難なくこなす。初心者向けに開発されたものなので、この手のツールが苦手な人でも超カンタンに操作できるだろう。出会い系でいま一つ成果が上がらないそこのア...

    記事を読む

アナル専用バイブ初体験記|アダルトグッズ使用レビュー

0140_20181121171322e7e_20191006225100248.jpg0141_201811211713231a1_20191006225102975.jpg0142_20181121171324d41_20191006225103e91.jpg0143_20181121171326803_201910062251059d0.jpg0144_201811211713275c5_20191006225106a85.jpg0145_20181121171329347_2019100622510878c.jpgいや正確に言えば、彼氏とSEXする中でアダルトグッズ使われたことはある。ピンクローターの、人間の指じゃあ絶対に実現不可能なあの振動。それこそ私はものの3秒でイッてしまった。彼氏には悪いけれど、指で愛撫されるより、数段気持ちよかったのも事実だ。なんてことは、すっかり忘れていた今年3月友人から東京.秋葉原に品揃えが豊富なアダルトショップがあることを間かされた。何でもその店、カップルや女の子も多く、1人きりでも気軽に入れる雰囲気らしい。再び蘇るあの快感。私は友人に取材と偽り、ショップの場所を聞き出した。秋葉原の電気街口を降りてスグ、店名は、雁ショップ・秋葉原店というらしい。実際に足を運んでみると、ショップは想像以上に大きくて(なんと5階建て!)キレイだった。従来の大人のオモチャ屋さんのような、妖しいムードは全くない。明るくてカジュアル、まるでファッションビルのようだ。少しドキドキしながら中へ。まずはフロア全体を観察してみる。なるほど噂どおり、客は男女共に若い子ばかりで、みなキャッキャッと騒ぎながら楽しそうに買い物してる。これなら全然恥ずかしくないや。どうせ試すなら徹底的に気持
ちよくなりたい。ここはショップの方に一押しグッズを選んでもらうとするか。
クリに当てる部分が持ちやすい
まずはパンテイの上から当ててみたけどイマイチ
塗るだけって話だったけど、これでオナ二ーしてもエッチにはなんなかった
今までの口ーターとは違う、変則的な動きがキモチイイ
体験の上級グッズから入るのもコワイので、まずはビギナー向けから始めて、徐々に段階UPしていこう。で、一番手は「TheSevenSence」。その名のとおり、恥種類の振動(3段階の強弱振動と4種類の変則振動)が得られる、バット型口ーターだ。まずはパンティの上から、7種類の振動全てを試してみる。最も強い振動で微妙な快感が押し寄せる程度。やっぱり布越しだと、こんなものか。んじゃパンティから直接クリトリスに。ス、スゴイ……。普通のローターは楕円形なので、愛液で滑ってしまい、イイところで快感のツボから、外れてしまうことが多い。せっかく上昇カーブを描いていた快感の波が途切れがちだけど、このローターは、滑ることのないバット型。延々と性感帯を刺激できるのだ。腔よりクリトリス派の私は、痩れるような快感を覚えたその後、性感帯を離さない攻撃で、一気に絶頂アクメに達してしまった。ほんの数分でイッてしまったので、愛液の量は少ない。これ
からバイブを挿入することを考え、塗るとエッチになるという「狂乱ゼリー」を使って、オナニーしちゃうことにした。たーっぶりとゼリーを手に取参、陰部に塗りつける。ひんやりとした感触で、一般的なローションよりは、若干粘り気が強い。テカテカと光る陰毛がイヤラシイ。ヌルヌルになったアソコを、右手の中指で上下に擦ってみた。いつもと同じオナニーの方法だ。けど、残念ながら特別エッチな気分にはならない。男の子に愛撫されると、また違うのかナっ
いつでも挿入OK状態になったところで、Gスポットを中心に責めるという、L字型バイブ「G」に挑戦。うまくしたら潮が噴けるらしいけど、直径12cmほどの、オモチャのような小型バイブに、そこまでの威力があるのかな。自分じゃGスポットの位置はわからないけど、確か上壁にあるはず。出っ張り部分を上に向けて、少しずつ腔内に入れ、奥まで。んー、バイブの微妙な振動以外、何も感じないなあ。私、Gスポットは感じない派なのかな。そんなことを考えつつ、グイGスポツトに当てると、出るような快感が!
グイッと出っ張り部分を上壁に押し付けながら、少しずつ奥へ手前へと移動させてみた。と、ちょうど恥骨の裏側辺りだろうか、急に脚がガクガクするような感触が押し寄せてきた。ココなのっさらに力強く押してみる。
「アッ・・…」しっこをしたいような感覚。私は思わず声を上げ、何度も何度も上壁を押した。その度にゾクゾクとする快感が押し寄せる。キモチィィょ純クリトリスとはまた違う、新たな快感発見ー結局、潮吹きはしなかったけど、こんなスゴイ快感を自分一人で得られるなんて、マジでヤミツキになっちゃいそうだ。
これって真珠を埋めてるオチンチンと同じ?
話よれば、抜群に強弱調節がしやすい、最新型のデジタルスイッチを搭載しているのが特徴らしい。にしても、この異常に太いのが入るんだろうか。小柄な体型に比例して私の睦はあまり広くない。モノが太いと入りロが裂けて出血、なんてことになりはしないだろうか。少々不安を感じつつスイッチを入れると、中に入っている毒がクルクルと回り、バイブが生き物のようにうねりだした。
最後がアナル専用バイブ「性感アナルクリニック」だ。実は私、アナルSEXをするつもりはなかったに、泥酔時に間違って入り、酔いも一瞬にして冷めるほどの痛みに、うずくまった経験があるのだ。泥酔時でさえ、あの激痛なのに、これがシラフならどうなるの。しかもこのバイブ、上級者向けの本格派らしく、すごく太い…。ま、やるだけやってみよっか・もしも気持ちよければ超大ラッキーだし、ダメなら止めればイイだけだもんね。はたまた狂乱ゼリーを死ぬほど塗りまくった。バックから見る濡れたようなお尻の絵は、結構エロティック、ってパートナーが言う。確かにビジュアル的にはエログラビアみたいかもしんない。スイッチを入れ、極太パイプがヴィーンと鈍い音を立て、円を描き始めた。よし、やるぞ!アナルにパイプの先端を当て、恐る恐る挿入。狂乱ゼリーの滑りが手伝い、楕円形の力ーブを描く先端部分が一気に入った。その瞬間、痛い痛い痛い!

ゲイ専用のハプニングバーでアナル処女を死守する

SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-41-27_No-00.png
新宿2丁目には、世にも恐ろしい場所がある。ゲイ専用のハプニングバ—だ。重要なことなのでもぅ一度言ぅ。ゲイ専用の「ハプニングバ—」である。公園やサウナなどの公共のハッテン場と異なり、ここへ立ち入ることはすなわち「自分、ヤル気マンマンのゲイです。ハプニング大歓迎です」
とアピールすることに他ならない。
たぶん、無傷での帰還は望めない。でもせめて、せめてアナル処女だけは死守するつもりっす〇
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-42-4_No-00.png
目的の店は、2丁目メインストリートから1本わき道に入った、雑居ビルの地下にあった。ふう〜。大きく深呼吸してからトビラを開ける。
「いらっしゃいませ〜」
店の奥からオネエ言葉が飛び、続いてガチムチ従業員が現われた。
「あら、ご新規さん?」
「はい。大丈夫ですか?」
「もちろん大歓迎よ〜。じゃあ服ぬいで」
「えっ、いま?な、なんで?」
「今日は裸デーだもん」
この店、曜日によって普段着デー、下着デーなどいろいろなドレスコードを設けているとのことだが、よりにもよって最悪な日を選んでしまったみたいだ。仕方なく、受付け前のロッカーでスッポンポンになった。ただし靴は履いておくよう言われたので、ブーツはそのまま。完全無欠の変態スタイルである。早くもブルーになりながら布の仕切りをくぐって奥へ。そこはタタミほどのスペースで、向かって左側にL字型のバーカウンターが、右側には2人掛けのベンチが配置され、さらに暖簾のかかった出入り口らしきものが2カ所ある。きっとその先には、いちゃいちゃスペースがあるんだろう。肝心の客は9人。メインで外国人の姿もある。もちろんみな素っ裸で、一見すると健康ランドの脱衣所のような光景だが、妙な圧迫感を覚えるのは、彼らが談笑しつつも常時チンコをしごいてるからだ。いつナンドキ起きるかわからぬハプニングに備えているのか。
男たちの刺すような視線を全身に受けつつ、おずおずとカウンター席に腰を下ろす。間髪いれずに隣の地味な男が話しかけてきた。
「あなた、カワイイわれ」
「あ、そうですか。ありがとうございます」
「モテるでしよ」
「全然ですよ」
「そうなの?ねえねえ、好きな芸能人って誰?」
反射的に「スザンヌです」と言いそうになり、慌てて飲み込んだ。イカンイカン。今日はゲイ設定なのだ。
「う-ん、キムタクですかね」
「やだもう。アナタ古すぎよ」
その後、他の連中ともちょこちょこつと会話をかわしたが、和やかムードは変わらなかった。てっきりピラニアのように襲いかかってくるのかと身構えていただけに肩透かしを食らった気分だ。ふと視線を感じて隣をみると、先ほどの地味男が勃起したチンコをうりうりと見せつけている。イスの上でM字開脚の体勢をとりながら、うっとりと。
「はあはあ、ほら見て。すっごくカタくなってきたの」
正視に耐えられず、席を移った。気を落ち着かせようとタバコをスパスパと吹かす。と、そのとき、二の腕に何かがコッンと当たった。ゾワッと寒気が走る。この熱くて堅い感触って…。
「ねえ、紙めてあげようか」耳たぶになま温かい息が吹きかかる。振り返れば、そこにはスキンヘッド男が。「あん、あん、あん」
「おおう、おおう、おおう」
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-41-52_No-00.png
「照れ屋さんなのね。じや後で、絶対ょ」
ヤベー。どうしよ。トイレから戻ると、様子が一変していた。終電時間を過ぎたためか、客の数がドッと増えている。座る場所が見つからないほどの混雑ぶりだ。
そして耳を澄ませば、大音量のテクノミュージックに紛れて聞こえてくる不気味な喘ぎ声。
「ァッ、ォォ、ゥッ」
ついに、いちやいちやスぺースでも宴が始まったらしい。
それも2人の声じゃない。少なくともその倍はいそうだが、中を覗くだけの来はまだ1ミクロンもゎ
ぃてこなぃ。
とにかく酔うしかないとビールをゴクゴクあおる。
そこへまた新たな男が近寄ってきた。
「はじめまして。俺、沖縄からきてるんだょね」
歳は20前半。爽やかな風貌の、いわゆるィケメンだ。さぞ女にモテそうなのにもったいない〇
「楽しいですか2丁目は」
「パラダィスだね」
男はニッコリと笑い、まるで握手でもするかのように俺のチンコを握った。あまりにも動きがで、避けるヒマさえない。
「あれ?フニャフニャだね。緊張してる?」
こちらの表情を伺うように、男の手がゆっくりと、しかし確かな技術でチンコをしごきはじめる。ス〜コ、ス〜コ。
いくらこすっても一向に勃起しないチンポに業を煮やしたのか、男は
「また後でね」と言い残し、いちゃいちゃルームに消えていった。
代わって現われたのが、先ほどのスキンへッドである。
「あなた、まだ奥に行ってないでしょ」 
「ぇぇ」
「一緒に行かない?」 
誘いに乗れば製われるのはわかりきっている。どころか他の連中にもオモチャにされて、蜂の巣になるだろぅ。でも、いちやいちやスペースこそがハプバーなんだしなあ。
よし、とりあえず行ってみるか。
ただし、入り口から様子を伺うだけ。
中には
:
入らん。
SnapCrab_NoName_2019-7-31_6-42-4_No-00.png
スキンへッドに手を引かれ、入りロの暖簾をまくつた。汗と精子の混ざった不快なニオィがプーンと鼻をつく
「あん、あん、あん」
「おおう、おおう、おおう」
目の前の光景は、ちょっと言葉ではいい尽くせない地獄だった。縦長の細長いスペースに男たちが重なりあっている。アナルに挿入してる幸頁ケシを掘られながら別のチンコをくわえる耳さらには挿入と被挿入を同時にこなす、トコロテン男までいる。いかん。頭がクラクラしてくる…。
想像を絶するカオスっぷりに、一気に腰が引けた。もう十分だ。巻き込まれんうちにとっとと帰る-つと。と思って、こっそり入り口から離れようとする俺の腕を誰かがガシっと掴んだ。え、ち、ちょっと!
「ほ〜ら、新入りくんがやっと来てくれたぞ」
「せっかくなんだから一緒に楽しみましょうよ〜」
拷問が始まった。四方八方からのびてくる手に乳首をつれられ、チンコをしごかれた。
悪夢は怒濤のように続く。例のスキンへッド男が、俺の足下にひざまづいたのだ。げ、まさか! 一
「いつただつきま〜す!」 
やられた…〇
ただただ気色の悪い汁気たつぷりのねっとりとしたフェラだ。
「ちょつと待つて。お願い、待ってください!」 
「気持ちよくないの?」
「いやそういう問題じゃなくて」
「だったらいいじゃ一ん」
他の男たちもどんどん仕掛けてくる。気がつけば、右手に見知らぬ男のチンコを握らされてるわ、大事なアナルをごつい指がツンツンしているわと、シャレにならない事態に追い込まれていた。
もぅ無理す、ガチ

アモバン、ベゲタミン睡眠薬の威力|アダルトグッズ口コミレビュー

0068_20180828134307874.jpg 0073_20180828134308879.jpg0066_2018082813430490e.jpg 0067_201808281343057f6.jpg
イケメン写メを撮るうえで、もっとも確実でお手軽な方法は、画像加工ソフトを利用することだ。なかでもオススメはJTrimである。フリーソフトながら明るさ、コントラスト、ソフトフォーカスといった調整はもちろん、お目目パッチリや痩顔など高度な整形も難なくこなす。初心者向けに開発されたものなので、この手のツールが苦手な人でも超カンタンに操作できるだろう。出会い系でいま一つ成果が上がらないそこのアナタ、必ず入手するべし。飲酒後にチンコがヘナヘナの役立たずに。男なら誰しも身に覚えがあろうが、あの原因は肝臓がアルコールを分解する際、勃起に必要な体内の
栄養素(葉酸・ビタミン類・亜鉛)を大量に消費してしまうから。そこでこの商品の出番だ。それ
用に開発されたのではと思えるほど、勃起に不可欠な栄養素がバランスよく配合されている。飲酒時に5〜6粒ほど放り込んでおけば、確実にインポを回避できるだろう。睡眠薬にはその効果によって大きく2種類に分けられる。ひとつは導入系で、寝入りをスムーズにさせることに特化したものだ。残るひとつは熟睡系。顔を引っぱたかれた程度では目が醒めないほど、深い眠りに落ちる。導入系でもっとも強力なのはアモバンだ。服用後、2、3分で強烈な睡魔に襲われ、気を失ったように眠りに落ちてしまう。一方の熟睡系ではベゲタミンAが最強との呼び声が高い。一度眠れば最低でも8時間は爆睡、目覚めた後も2、3時間は身動きが取れないほどだ。ただし、両者とも処方薬なので医師の診断が必要になる。その際は「まったく眠れないんです(アモバン)」、「寝てる途中で目が醒めるんです(ベゲタミンA)」と申告するといい。
合コンにはゼヒとも持参していただきたい、アイフォン用の王様ゲームアプリだ。漫画をご覧になればおわかりのように、3つのサイコロにそれぞれ参加者の名前、体の部位、アクションをお好みで入力できるうえに、シークレットモードまで装備してるってんだからニクイ。お目当ての女の乳を揉みーの、耳たぶを舐めーのと、もはやヤリタイ放題、狼藉三昧である。このアプリ、内容が内容だけに悪名が世間に知れ渡るのは時間の問題だろう。今のうちに遊び倒しておくことを推奨する。
電極オナニーマシンの例を出すまでもなく、海外のアダルトグッズは実にエグイものが多い。目的のためならどんなアイデアをも取り込む合理的精神は日本人にはないものだ。イギリス製のGスポット専用バイブ「G‐Ki」も例外ではない。最大の特徴は角度を自在に調節できる先端部で(最大90度)、個人差のあるGスポの位置を完全ロックオンできる仕組みになっている。さらに先端部に内臓されたモーターも国内製品とは比較にならないほど強力だ。こいつをぐりぐりと挿入された女は、あっという間に絶頂、潮だってピューピュー吹きまくる。輸入品だけに値は張るが、買って損ナシ!電マが最強のアクメマシーンであるのは今さら言うまでもないが、ひとつ難点を言えば、振動のコントローラーが強中弱の3段階しかない大ざっぱな機種が多い点だろう。「強」だと痛いし、「中」じゃイマイチ物足りないなんてことがままあったりするのだ。その点、コントローラーがダイヤル式のフェアリーミニは微調整が可能なので、最適な振動を作り出せる。つまりどんな女でも確実に昇天させられるわけだ。キング・オブ・電マの称号を授けたい。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます