居酒屋のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:居酒屋

看板に日本一まずいと宣言するラーメン屋・居酒屋は本当にまずいのか

0102_201812101503413ba.jpg 0103_2018121015034349c.jpg 0104_20181210150344257.jpg 0105_20181210150346790.jpg 
飲食業界には、まれにミョーな店が存在する。店主みずから看板で『まずい』と宣言している店だ。
真意はわかる。下卑た謙遜、へりくだりだ。へい、あっしの料理なんてまずいもんです。へい、こんなくだらない料理にお代を払っていただきすみません。え、美味しいですか。滅相もございません、へい。オモロないんじゃ、ボケ!
あらかじめ期待値を下げておいて、「意外とウマイじゃん」的なリアクションを期待するなんて、飲食業界の片隅にも置けぬ輩だ。と、勝手な想像を述べていてもしょうがないので、実際に食ってやる。まずいと宣言する以上、めちゃくちゃまずくなきゃ許さんぞ。
一発目はこのラーメン屋から行ってみよう。「日本一まずい!!」 感嘆符を2つもつけるなんて、ソートーな自信だ。マジで国内最強のまずさなのかもしれない。ドキドキしちゃうなぁ。注文したのは、しょう油ラーメンだ。見た感じ、これといって変わったところはない。ニオイも普通のラーメンのそれだ。でも油断はできない。なんたって日本一なんだから。まずはスープをひと口。まったく平気だ。てか、ダシがしっかりと効いていて、むしろ美味い。立て続けにさらに二口、飲んでしまったほどだ。きっと麺や具がヤバいんだな。どれどれ。ズズズズ。 
いいじゃん。コシがあって歯ごたえもあるし、チャーシューもバカウマ。って、おい!これのどこが日本一のまずさなんだよ。まるっきり話が違うじゃん!ちょうど目の前に店主のおっちゃんが立っている。話しかけてみよう。
「看板に日本一まずいってありますけど、美味いじゃないですか」
「そう?ありがとう」
「でも、残念だなぁ。いったいどれだけまずいのか、すごく楽しみにしてたのに」おっちゃんは困った顔をした。「そういわれてもなぁ。看板はイパクトを狙っただけだから。お客さんだって、本当にまずいよりいいでしょ?」ちぇっ、やっぱりその狙いか。面白くねーよ。中華なんて味の素をかければなんでも旨くなるのに、この店にはうまい物なし。化学調味料を嫌ってるのかも。運ばれてきたラーメンと餃子は平凡を絵に描いたような代物だった。ではラーメンから行ってみよう。…げ、なんだこりゃ。麺にまったくコシがない。ワンタンみたいにグチャグチャだ。伸びてんのか?スープは可もなく不可もなくといった感じか。高速道路のパーキングエリアにありがちな、パックにはいったスープをそのまま使っているような味だ。餃子も然り。冷凍モノの方がまだマシな気がする。餃子は完食したが、ラーメンは半分ほど残してしまった。看板に偽りなし!偉い! 店主に聞いた。
「この店、どれを食べてもうまい物はないんすか?」即座に反応が返ってきた。
「ないよー。ないない」えらく投げやりだ。
「看板に美味いなんて書くと期待されちゃうでしょ。気楽に食べてくれればいいのよ」期待せず、気楽に食った。で、マズかった。宣言どおりだったのは誉めてあげたいが、これでやっていけるのか気になるっちゃ気になる。 この店名、明らかに『まずい』を意識していると考えていい。おでんがメインの居酒屋なので、がんもと厚揚げとつみれをオーダーした。運ばれてきたおでんから立ちのぼるいい香りに一抹の不安を覚えながら、つみれをひと口かじる。ふ、ふ、ふざけんな!
めまいがするくらい美味いじゃんかよ!気を取り直して、今度は厚揚げをパクリ。血圧がさらに上がった。上品でうま味たっぷりの汁が、口に広がるではないか。さらにがんもに至っては、人生で最高と言ってもいいくらいの美味で、もう何と言いますか、悔し涙すらこぼれかけた。ひどすぎる。これだけ看板に偽りのある店も、そうあるまい。「ここは『まづいや』なのに、めちゃめちゃ美味いじゃないですか。店名、変えた方がいいんじゃないですか」
怒りにまかせて文句を言うと、大将がヘヘっと照れ笑いを浮かべた。
「あれは自分への戒めだ。店名みたいにまずかったら、お客様に申し訳ないからな」
なんだかよくわからんぞ。くそっ、悔しい!魚料理メインの飲み屋だ。魚がまずいというのは大いに期待できる。腐った魚とか出てくんのか? オススメを尋ねると、鯛とまぐろの刺身がいいらしい。刺身がまずいのか。何か得体のしれない液体で〝漬け〞にでもされてるのかも。 まもなく目の前に料理がならんだ。どっからどう見ても普通の刺身だ。では味の方は…フツーに鯛やまぐろだ。つまりフツーに美味い。…はあ、またダマしやがった。「全然まずくないですね」
「はは、まずいワケないよ。築地直送の新鮮な魚だもん」言ってくれるじゃないの。看板にはハッキリまずいって書いてるくせに。
「でも看板にまずいって書いてありましたけど」
「そんなのシャレだよ、シャレ」 
はいはい、もう結構です。

女も食える居酒屋にラーメン屋・地方の温泉では、飲食店ぐるみの売春行為が行われているのだろうか

0034_201810251048142dd.jpg 0035_20181025104816cff.jpg 0036_201810251048174e1.jpg 0037_201810251048183bb.jpg 0038_20181025104820475.jpg 0039_20181025104821df9.jpg
アパートを出ると満月が輝いていた。仕事を果たしたという満足感にしばし酔いたい自分と得体の知れないヤルせなさをごまかしたいとい気持ちが交錯し、とてもじゃないがまっすぐ宿に帰る気にはなれない。都合のいいことに、見渡せば、四方八方に飲み屋が軒を連ねている。しかし、まだ20代のオレには一見でオネーチャン付きのスナックに入れるほどの度胸はなく、フッウの居酒屋でチビチビ飲むのがせいぜいだ。そこで、ちょうど目に入った居酒屋「H」の暖簾をくぐってみた。ところがいざ入ってみると、ちょっと様子が違う。ママらしきオバサンと、ド派手なスーツを着たホステス風中年女が2人で手もみしながらお出迎えしてくれるではないか。しまった。居酒屋とは名ばかりで、中身は単なる田舎のスナックだったのだ。そのままUターンして出て行こうかと思ったが、さすがは観光地。半ば強引に席に着かされたオレは、一杯注文させられるハメになってしまった。
「ドコから来たのョ」ラーメン屋のママとはまたひと味違うアクセントのママは、台湾人。彼女以上にかしましいホステス軍団は、片方は台湾人、残りがタイ人らしい。どっちも個人的には酒だけの付き合いに留めておきたいキャラクターだが、温泉の夜がここまで国際化しているとは。しかしこのホステスたち、客商売のワリにはどこか奥歯に物が詰まったような話しかしてこない。「仕事はナニ?」「お金持ち?」と聞いてきたかと思えば、結婚しているなどとは一言も言っていない独身のオレに「奥さん、キレイな人?」とカマをかけてくる。その遠回しな話題の振り方にどこかさっきのラーメン屋のママに似た空気が感じられるのだ。1杯目を飲み干し、おかわりを頼むと、今度は台湾人ホステスが自分にも焼酎をおごってくれと言ってきた。一塁尿のキャバクラならその時点で即座に店を出るところだが、このまま消化不良で宿に戻るのも脈に落ちない。でも、コレで単なるボッタクリだったらシャレにもならんしな。そう考えていたときのこと。
「オニーサンね、ストリップに興味ある?」
なんと、またまたママが突然、割引券があるので行ってみるかと言い出したのだ、何の脈絡もなく。
まったく、全店挙げてのキャンペーンをやっているとでもいうのか。
「でも、見るだけ、おもしろくない。女の子は遊ぶのがいいね」アレ?どこかで聞いたセリフ…。
「オニーサン、遊ぶ?」どうやらスナックの正体は、女も食える居酒屋だったらしい。注文すれば、2万4千円。で、肝心の女の方はといえば…。「どっちか選んでョ。好きな方でいいから」
オレは、今度こそ迷わずその場を後にしたのだった。I温泉では、こうした飲食店ぐるみの売春行為はしょっちゅう行われているのだろうか。実は最後に入ったスナックで、勘定を払う際に尋ねてみたのだが、それは教えられないと冷たくあしらわれてしまった。ただ、ラーメン屋ですら女が買えてしまうこの事、実。温泉地の底力をあなどってはいけない。

アブノーマル性開発・居酒屋でパンチラ、混浴温泉で露出にチャレンジ

0124_20181018110404746.jpg 0125_20181018110405590.jpg 0126_2018101811040754e.jpg 0127_20181018110408b86.jpg 0128_20181018110410eb2.jpg 0129_20181018110411b14.jpg
と思いながらも、セーターをたくし上げて、ブラジャー姿をパシャッ。スカートを捲り上げてパシャッ。女学生はこちらの行為に気付いてない。さあ脱出しよう。
私とカメラマンを含め4人で夜の新宿に繰り出し座敷のあるチェーン居酒屋に入る。隣の座敷席で、学生風がコンパで盛り上がっていた。とりあえず彼らを対象にするしかないかあ。
タッキー、頑張りました。料理を取るため、店員を呼ぶベルを押すため、写真を撮るため、それこそ倒れ込むほどの前のめり状態でパンチラしました。しかし、気づいてない。学生連中、コンパに夢中で誰も私を見ていない!それでもひつこく頑張っていると、1人の女の子がヒソヒソ話をしながら、軽蔑の眼差しを送ってきた。続いて男たちも気づいたようで、チラチラ視線を感じる。けど、合コンしている名義上、じっくり観賞するワケにもいかない様子。これじゃ、タッキー、とても満足できませんっ。

居酒屋の不味いお通しはお断りできるのか?

0088_20181010123122cb6.jpg 0089_201810101231234a0.jpg 0090_20181010123124dff.jpg 0091_201810101231262eb.jpg
お通しに当たったことがない。小さな皿にちょこんと盛られたコンニャクや煮物などを目にするた
び、いいようのないしみったれた気分に震われるのは私だけではないはずだ。
いつの間にか居酒屋で飲み食いする者は、お通しと称する小鉢に入った食べ物にお金を払う決まりになっていた。そもそも頼んでもいないもんを出してきて代金を請求していいのか?こんなモン、なぜ食わなきゃいけないんだ。主要な居酒屋店をハシゴして、日本の悪しき慣習とも言えるマズーいお通しを断固拒絶してみよう。
選んだのは大手チエーン系列の居酒屋8店舗だ。すべての店でお通しを断り、代金も払わず店を出られたら成功。シンプルな実験だ。
1軒目はご存知『天狗』メニューには「アルコールをご注文のお客様にはお通し200円を頂戴しています」と断り書きがあった。調子よく向かった2軒目は『酔虎伝』お通し代は一軒目より高の250円ということで期待したが、出てきたのはスナック菓子のスピン。懐かし。でもスナック菓子で250円はないだろう。
「これ、いらないんですけどお〜」
私のことばを聞いて若い男子店員「え?」と驚いた表情を見せるが、すぐさま「失礼しました」と素早く小鉢を片付ける。気持ちいい〜。

居酒屋のキャッチ客引きについていってみた

0036_201808051015162a4.jpg 0037_20180805101517061.jpg 0038_20180805101518592.jpg 0039_20180805101520888.jpg 0040_2018080510152178d.jpg 0041_201808051015234f2.jpg 0042_20180805101524ee1.jpg 0043_20180805101526527.jpg 0044_201808051015276fd.jpg 0045_20180805101529b19.jpg
夕方6時半。新宿にやってきた。
駅の東口から歌舞伎町にかけては、いつもどおりそこかしこに居酒屋の客引きが立っている。
同行者の友達と、飲み屋を探しているテイで歩く。歌舞伎町の『一番街』で、迷彩ジャケットの男が近寄ってきた。「居酒屋とか案内しますよ」
キタキタ!
「どういう感じなの?」
「飲み放題で1500円って店があるんですけど…」
いったん言葉を切り、少し間を空けてから続ける迷彩服。
「でも1200円くらいには下げれるんで。個室の店ですし、どうですか?」
こちらが承諾すると、迷彩服は店に電話をかけ、
『一番街』を歩き出した。
「ここの4階です」
足を止めたのは、箱ヘルやオンラインカジノや中国エステが入った雑居ビルだ。入り口に『4階・全室個室・山久農場』という看板が出ている。とてもマトモな飲食店が入っているとは思えない建物だし、店名が大手居酒屋チェーン『塚田農場』のマネっぽいのも気になる。エレベータを4階で下りたところで迷彩服がボソリとつぶやいた。
「そうそう、一人一品ずつ料理を頼んでもらうのがキマリになってまして」
店の前まで連れて来てから、そうくるか。何が「そうそう」だっつーの。入り口の戸をガラリと開けると、女のスタッフが顔を出した。
「いらっしゃいませ」客引きからすでに話が通っているのだろう、人数を聞かれもせず、奥へ通された。通路に面したトビラを開け、個室へ……。は〜!これのどこが個室なんだよ!
隣のテーブルとの仕切りは、暖簾をたらしているだけ。横のニイちゃんの顔、普通に見えてるし!
会話、めっちゃ鮮明に聞こえてるし!のっけから辟易していると、スタッフが箸とおしぼり、そして小鉢を持ってきた。
「お通しです」
ほんのちょっとの量のキムチだ。
「…ちなみにいくらですか?」
「480円です」
高っ!ひとまず、飲み放題メニューから酒を選び、料理も5点ほど注文して飲み始めた。
意外と味は悪くない。生ビールはちゃんとキレがあるし、料理は値段が少し高いが、そこそこ美味かった。が、やはり、やかましいのが如何ともしがたい。だんだんイライラしてくるが、隣の連中だって『個室です』と言われて来たんだろうと思うと、恨めしいのは客引きだ。くそっ!
1時間で店を出て、会計は6240円。飲み放題2人分と、しょぼい料理5品でこの値段。ビミョーにボッてる感じだな。ま、とにかくこの店は、あれを個室と呼んでるとこがまったくダメ!釈然としないまま店を出たところで、ひと息つく間もなく、新たな客引きが声をかけてきた。
「居酒屋どうですか?」
「…いま行ってきたとこなんで」
「もう帰られます?ワンチャンもらえません?」
慣れ慣れしいやつだ。
「ドリンクのほうは全品20%引きにできますんで。でも、お酒けっこう飲みます?」
「まあ普通には」
「だったら、飲み放題90分、キュッキュッパでどうですか?」
998円か。こなれた言い方が怪しいっつーの。
「ビール、サワー、カクテル、ウイスキー、だいたいありますんで。ただ、お通し代500円と、一人一品の注文はお願いしたいんですが」
やっぱそういうシステムか。でもまだ隠していそうな気がするんだけど…。
「じゃあ、まあ、行ってみるけど。店はどこなの?」
「ここです」
見せてくれたビラには、パラソルが並ぶ店内写真が。ビーチリゾートのようだ。店名は『屋内ビアガーデン HANA』。ニイちゃんはビラの裏側に『998 2名』と書き込み、こちらに寄こしてきた。「店には連絡しとくんで。これ持って、そのビルの7階に行ってください」
外壁の荒れ果てたビルのエレベータに乗り7階へ。待ちかまえていたスタッフに、席へ通される。店内は一応写真の通りだが、キラキラした雰囲気は皆無だ。スタッフがお通しの揚げパスタを持ってやってきた。これが1人500円。ショボイもいいとこだ。
「じゃあ、生ビールを2つお願いします」
「生は、飲み放題に含まれていません」えっ!?
「飲み放題のビールは、金麦になります」
第3のビールかよ!たしかに客引きはビールとしか言ってなかったが…。仮にも『ビアガーデン』なんて謳ってる店なのに、生が別料金ってギャグじゃん。バカらしくなってウーロンハイとハイボールを注文したところ、味がやけに薄かった。オレの感覚的には、ほぼジュースだ。
ウマくもない酒を無理して飲み続けてもしょうがない。客引きとの約束の一人1品ずつの料理を頼み、1杯目の酒を飲み終わったところで、店を出ることにした。
「いくらですか?」 伝票が出てきた。ん?
『奉仕料406円』って何なんだ?
「奉仕料ってのは何ですか?」
「サービス料の10%ですが」
納得できないな。高いお通し代を取ってるくせに、さらによーわからん料金を加算するなんて…。  ごねていると、スタッフがおもむろにオレたちが座っていた席へ向かい、メニューを取って戻ってきた。そして一番最後のページを開いて見せてくる。
「ほら、ここに書いてあるでしょ?」
かなり小さい文字で、「サービス料10%を頂きます」と記されている。…これがヤリ口かよ。「こういうシステムなら、最初にちゃんと言うべきだと思うんですけど」
「でも、書いてますんで」
「書いてるって言っても、こんなに小さい文字じゃ、不親切じゃないですか」
「うちはこういうシステムでやってますんで」
「…システムねぇ」
たかが数百円くらい払ってやるか。…ってのがまさにこいつらの狙いなんだろうな。今度はフラフラと駅東南口を歩いていると、声をかけられた。
「居酒屋とかどうですか?」
「…安いの?」
「普通に入るよりも15%引きくらいにはできるんで。だいたい、みなさん、2〜3千円くらい使う感じですかね」
「安そうね」
「もしかして、お腹とかはあんまり空いてない感じですか?」「そうねぇ」
「お酒を飲まれるなら、飲み放題で1300円でやりますんで。お通しとは別に、一人1品の注文をお願いしたいんですけど」
また例のシステムか。これが一番儲かる勧め方なんだろうか。  こちらが応じると、スタッフはどこかに電話をかけてから、こう言ってきた。
「席は広いほうがいいと思いまして。ちょっと遠いんですけど、4名席が空いてるお店があったんで、そちらを取りました」
「そうなんだ」
「もうお席は取ったんで、ここで予約金として1000円を預からせてもらいたいんですが。お店に着いた時点で、この紙を渡してもらったら、お金はお返ししますんで」客引きから教えられた店『天空の囲』は、歩いて5分ほど、1階にサラ金が入った薄暗い雰囲気のビルの9階だった。入り口でキョロキョロしていると、坊主頭の男性スタッフが近付いてきた。客引きから渡された紙を見せる。
「すみません。これなんですけど」
「はいはい。どうぞ」
約束どおり千円は返ってきた。よろしい。店内をキョロキョロ見渡す。割とゆったりした間隔でテーブルが並べられており、ぱっと見落ち着いた雰囲気だが、内装はどこか安っぽい。若い女の子のスタッフがやってきた。テーブルにおつまみのマカロニサラダを出す。たぶん500円くらいするんだろう。「じゃあ、とりあえずビールを2つと、料理を一品ずつ頼まなくちゃいけないんだよね」
「あ、お願いします」
メニューを見る。ん?どれもこれも明らかに高いんだけど。焼き鳥が4本1080円、お茶漬け680円、もつの味噌鍋1人前1450円。
「…じゃあ、たこわさと、だし巻き卵で」
「15%引き」なんて言ってたが、一般的な居酒屋値段よりも30%くらいは高いんだけど。運ばれてきたたこわさを見て、さらに驚いた。小鉢の底にシソの葉を敷き詰め、これでもかってほど上げ底にしてやがる。 料理は一人1品ずつしか頼まず、2杯ずつ飲んだところで、会計をすることにした。
「すみません。チェックを」 
坊主頭スタッフが伝票が寄こしてきた。おそるおそる見て、目を疑った。飲み放題なのに、2杯目のドリンクが単品料金になってるではないか。しかもまた『サービス料』が10%付いてる。合計6732円だ。「これ、どういうことですか?なんで、飲み放題なのに?」「あ、そうですね」
坊主頭が伝票を引っ込め、特に詫びることなく訂正した伝票を出してきた。
「こちらでお願いします」
お願いしますじゃないだろ! 
「こんなミスってありえますか?」
「すみません。バイトの子が注文を受けるときにうっかりしちゃったんだと思うんで」
軽く言ってくれるなぁ。
「納得できないなぁ。このサービス料ってのはなんですか?」
「サービス料です」
「こういうの取るなら、客引きさんにも言っておいてほしいんですけど」
「それはすみません。でもあの人たちは、うちの人間ではないんで」
「関係ないってこと?」
「関係ないとは言い切りませんけど、うちはこういうシステムでやってるんで。そのへんは理解してもらえませんかね?」
そう言って、睨むように見据えてくる。くそ〜!

京都・デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋

0179_20180731090305100.jpg 0180_2018073109030659a.jpg
「スイーツどうぞ」とテキーラボールを出してくれます
ここのマスター曰く、「テキーラボールは酒ではなくスイーツ」だそうで、女連れで店に入るとすぐに状況を察知して、「このスイーツ、美味しいですよ」とテキーラボールを女の子に鬼プッシュしてくれます。実際ゼリー状のテキーラボールをスプーンで食べると甘くて美味しいので、女の子もコロっと騙されてくれるんです。

キスもお触りもバレない完全個室のL字型ソファ

高級ホテルの部屋をイメージした、いかにも女ウケしそうなムーディな作りだけに、気取った女でも安めの女でも気兼ねなく誘えるのが嬉しい。狙いは店の奥に数パターン用意された、完全個室タイプの席だ。背の高いL字型のソファが置いてあるので、女の子がどこに座ろうと、ごく自然に隣りに座
ることができ、キスをするにも肩に手を回すにも、自然な位置取りが可能だ。酒や料理を運んでくる店員たちは、入室するとき必ずノックするので、キスしてようが股間に手を伸ばしてようが、余裕で誤魔化せるのがありがたい。あらかじめ料理とワインのフルボトルをオーダーしておけば、邪魔されずイチャイチャに集中できるはずだ。
オープンテラスの目の前でカップルどもが次々とラブホへ
シティホテル内にある洒落たレストランカフェなので、ごく自然にお茶に誘える雰囲気だが、テラス席に座ると思わぬ光景に出くわす。ちょうどカフェの真裏にラブホテルの入り口があるので、真っ昼間からセックスしに行くカップルたちがモロ見えなのだ。嫌がる女を強引に引き込む中年男、ベタベタと腰に手を回して消えていく学生風の男女などなど、色んなタイプのセックス直前カップルが見えてしまう。目の前にそんな光景が広がれば、下系の話題にシフトするのは自然なことだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

大阪・デートでエッチに持って行けるバー・居酒屋

0175_201807300847467da.jpg 0176.jpg
イヤらしいことしてるカップルだらけの居酒屋
ターミナル駅から近い全席完全個室の和食居酒屋で、ナンパ師仲間の間では「最初に女を連れ込む店としては基本中の基本」と言われてる場所です。値段のわりに料理や酒もそれなりのレベルだし、全ての部屋がいい感じに狭く、どんなタイミングで女を連れ込んでも密着しながら酒が飲めるので、女をその気にさせたいときは使い勝手がいいんです。隣の部屋からヒソヒソ声の猥談やアエギ声が聞こえてくることもしょっちゅうです。ただし店員の細やかな気配りなんてものは期待できないので、いきなり料理を運んできた店員にイチャコキを見られて気まずい思いをすることがあります。注意しましょう。
どんな体位にも対応可能なふかふかマットレスのカラオケ
このカラオケ、デパートのキッズコーナーで見かけるような柔らかいソファマット敷きの部屋ばかりなので、二人で寝転んでイチャ付くには最高の使い心地
だ。室内にはカメラもなく、店もそれほど混んでいないので店員が部屋の前を通る頻度も少ない。他人の目を心配することなく柔らかい床の上で女の子と寝転がっていれば、誰だってごく自然とエロい雰囲気になってくるものだ。正直、俺の場合はほとんどラブホ代りに使わせてもらっていて、正常位でハッスルしても膝が痛くならないのがうれしい。
本格カクテルが飲み放題なのでみんなグデングデン
2600円で飲み放題食べ放題ができる、貧乏学生には非常にありがたいお店です。しかもマティーニやジンライム、ホワイトレディなんかの強いショートカクテルも飲み放題なので、コンパにはもってこいです。その手の甘くて強いカクテルを一度に大量に頼んでテーブルに並べておくと、自然と女の子たちの飲むペースも早まるので、あっという間に泥酔女子が出来上がります。近くにはラブホテルもあるので、うまくチームワークを使って引き離しましょう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます