巨乳のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:巨乳

  • 2020/01/01突撃リポート

    オレは生粋の巨乳フェチである。顔はブサイクでも乳さえデカけりゃノープロブレム。キャバクラや出会い系の女をなりふり構わず口説いて回り、これまで30人ほどのD力ップ以上とハメてきた。ところがここ数年は、全く機会がない。4年前の長女の誕生に続き、かみさんが二人目を妊娠、遊ぶ金が激減したのだ。鳴呼、オレはこのまま男として枯れてしまうのか。そんな悩める中年男に、昨春、天啓が下された。しかもそれが図らずも、オレの...

    記事を読む

  • 2019/12/14セフレの作り方

    100円チャリーン法でキャバ嬢の谷間を堪能する待ち合わせデリヘル嬢をホテルに着くまで揉みまくり巨乳バンギャを味わうには“名残あり”のフレーズを使えある朝、自宅で歯を磨いていると、腰に急激な痛みが走った。ギックリ腰だ。うずくまる俺に力ミさんが駆け寄ってくる。「大丈夫っそう言えばこの前、駅前でこんなチラシもらったから行ってみたら?」見れば、どうやら駅の近くに鍛灸院がオープンしたらしい。ま、ここは頼ってみる...

    記事を読む

  • 2019/11/28突撃リポート

    3千円でおっぱいのみ募集でボインちゃんを釣り上げる画期的! 道行く巨乳を3千円で揉む封筒作戦サクっと巨乳を弄ぶだけでいいってときありますよね出会い系で。おっぱい募集をかける『参』は3千円の意味ですメールが殺到しますプチエンコーって意外と需要あるんだよな出会いカフェ嬢は収穫ゼロより千円を選ぶたった千円で乳を揉ませてくれる女の子がいるんですそのタイトルどおりもみたい男と、もまれたい女がたった千円で募集を...

    記事を読む

  • 2019/11/25裏風俗・風俗体験談

    また今年も師走がやってきました・心も体も財布の中も寒い日々が続き、街中はクリスマス仕様のイルミネーション。肩を抱き合うカップルの群れ。ああ、あいつら全員死ねばいいのに。そんな心がすさむ冬。身も心も温めてくれるのが……やっぱり風俗ですね。女子の柔らかくてあったかいオッパイにはさまれて冬を越す…・この季節は薄っぺらい微乳よりも、がっつりな巨乳が望ましいですな。そんな思いを胸に《巨乳専門店》に足を運んでみ...

    記事を読む

  • 2019/11/24突撃リポート

    就活は疲れるんです。朝早く起きて、しょーもないオッサンの面接を受けて、スケベなオッサンにセクハラされて、それでも頑張らなきゃならないんです。だから電車で眠ります。太ももをあらわにして。面接でもこのポーズだったら、すぐ内定もらえるんでしょうけどね。どこの企業の採用担当者も、しよせんは人間なわけで一緒に仕事するなら巨乳のほうがいいに決まってます。だからこういう子たちはすぐに内定をもらってしまい、シュー...

    記事を読む

  • 2019/11/05素人エロ画像

    1、いくら暑いからといって、ノーパンで町歩きする女はいないと思われます。いても千人に1人。そんなラッキーに遭遇し、なおかつノーパンらしき部分を確認できる確率は、ロト6で2億円を当てるより低いと言えるでしょう。だから残念だけど、ノーパンっぽいってだけで満足しましょう。真相はTバックが細〜く食いこんだだけなんでしょうけど、つまりどれだけ目を凝らしてもヒクヒクしたアナルや前のヒダヒダは見えないんでしょう...

    記事を読む

  • 2019/11/03素人エロ画像

    巨乳を単体で見て喜んでいられるのも4年生まで。高学年ともなると、それだけじゃ物足りない。乳のプライベートが気になるものです。その点、隣に親しげな男がいる場合、その柔らかな巨乳は確実に揉まれまくってることを意味するわけで、興奮は三倍増いたします。 ツンと澄ましながらとんがってるけど、たまたま服が盛り上がっただけですよみたいな態度だけど、実は毎晩のように、横の男のゴツイ手にわっさわっさと揉みしだかれと...

    記事を読む

  • 2019/10/30素人エロ画像

    風が吹けば座ってるスカートもめくれることが証明されました。強風の日こそ外へ出ましょう。下りエスカレータで歩いて追い越すとき、あるいは交差するエスカレータの隣のライン。そこには胸チラのチャンスが転がっています。ぼんやりしてちゃいけませんよ。巨乳の張り具合は、イヤホンの跳ね方でわかるものです。ポヨンと弾んだらモミ心地よし。ヘナッと流れたら柔らかすぎ。以上を参考に、今後も妄想にはげんでください。...

    記事を読む

  • 2019/10/29エッチ体験談

    誰の中学にも、やけに胸の大きい同級生がいたはずだ。体操服の下でゆっさゆっさと揺れる巨乳が、すぐ近くにあったはずだ。拝みたかった。でも揉めなかった。揉もうとすらしなかった。あれから幾年月、あの乳は誰の手でどう弄ばれてきたのだろう。タイムマシーンには乗れない。あの青春の後悔を払拭する方法はひとつだけだ。いまから四年前、おれが小学6年生のころ、同じクラスに前田明美(仮名)という女子がいた。二重のくりっと...

    記事を読む

  • 2019/10/22素人エロ画像

    一緒に仕事するなら巨乳のほうがいい太ももの上のほうが見えるだけで狂喜乱舞していた童貞諸君、もうそんな時代じゃないですぞ。今や、ケツは見られてもいい場所なのです。考えてみりゃ、あんなもんタダの肉塊ですからね。プリプリさせながら歩いたって、恥ずかしがる必要もないんでしょうね。胸には自信ないけどお尻だったら負けないわ。そんな子たちはこうやって撮影するしかありません。くねっと半身をよじってまでお尻にこだわ...

    記事を読む

市役所の妊婦や経産婦向け母乳出し練習のおっばい教室に巨乳フェチ感涙

0219_2019123113460593d.jpg0218_20191231134604725.jpg0220_20191231134607fe4.jpg0221_201912311346089e9.jpg0222_20191231134610daf.jpg0223_20191231134611d73.jpg
オレは生粋の巨乳フェチである。顔はブサイクでも乳さえデカけりゃノープロブレム。キャバクラや出会い系の女をなりふり構わず口説いて回り、これまで30人ほどのD力ップ以上とハメてきた。ところがここ数年は、全く機会がない。4年前の長女の誕生に続き、かみさんが二人目を妊娠、遊ぶ金が激減したのだ。鳴呼、オレはこのまま男として枯れてしまうのか。そんな悩める中年男に、昨春、天啓が下された。しかもそれが図らずも、オレの小遣いを減らした出産に関係していることだったから面白い。
人妻のおっばいがタダで拝めるなら
4月某日。所用で地元の市役所に出かけたところ、広報掲示板に奇妙な貼り紙を見つけた。『おっばい教室生徒募集』
こんな公共の場でおっばいとは何なんだっ焦り気味に説明文を読むと、なんてこたあない。妊婦や経産婦(すでに子供を産んだ女性)がシッカリ母乳を出せるよう、オッパイのマッサージ方法や、妊娠中の過こし方を講義するらしい(この手の教室は全国の自治体で実施されている)。あまり詳しく覚えちゃいないが、確か嫁が長女を産んだ頃も、「乳首が痛い」だの、「胸が張るだの毎日のように言っていた。なるほど、そういっことなら、今、第二子を妊娠中の嫁に参加を薦めてみるか。興味を失いかけたそのとき、貼り紙の隅に小さな文字を発見した。『単独男性参加可』思わず笑いそうになった。ハプニングバーじゃあるまいし、単独男性可って。でも、待て。おっぱい教室に男がー人参加してどうなるのだっまるで意図が読めないが、妙に股間が痩いてきたのも事実。ちょっと確認してみっか。主催部署の2階福祉課へ足を運ぶと、担当のオバハンが言った。
「外出がつらい奥様に代わって、お父さんに母乳の出し方やマッサージなどを学んでもらうんですよ。失礼ですが、今、奥様は何ケ月ですかっ」
「えっ、ええと5ケ月だったかな。2人目でして、長女のとき、かなり苦しんでいたものですから」「あら。じゃあ、御一緒に参加されたらいかがですか。料金はかかりませんから」
オバの話によると、授業は原則週ー回、市の国際交流センターで行われるらしい。現在、生徒数は30人前後で、男性の単独参加はー人いるかいないかといっ状況だそうだ。幸いオレは自営業のため、平日昼でも時間の都合はつけられる。参加してみようか。もしかしたら、もしかするかもしれんし。オレは巨乳フェチであり、断じて妊婦フェチではない(黒い乳首が苦手)が、人妻の乳房をタタで拝めるなら、それはそれでいいではないか。
妻を助けてやりたくて参加しましたー
翌日、役所の福祉課で手続きを済ませた。必要なのは、母子手帳ー冊だけ。特に免許や住民」示などの身分証明書は求められない。そして翌週、初の授業を受けるため、会場の国際交流センターへ足を運んだ。参加者はパッと見、30名ほどか。今にも産まれそうな腹の大きな奥さん。見た目じゃ全然わからない若妻。嫁さんと旦那という力ップルが2組。単独参加の男はオレー人だ。覚悟はしていたものの、やはり気まずい。「皆様、はじめまして。当講座の総合責任者の××と申します。これから半年、皆様とお付き合いさせていただきますので、よろしくお願いします」講師の説明が始まった。何でも、初回のオリ工ンテーションを合わせて8回は講義が主体で、実技が始まるのは2カ月後らしい。つまり、それまでオッパイは拝めないってことか。
この後、参加者が自己紹介を行い、やがてオレの番が回ってきた。ここは、胸を張ってマジメな父親を演じるしかない。「前回の出産で妻の乳房が張り、たいそう辛い思いをさせましたので、今回は全力で助けてやりたいと考えてます。現在、妻は外出すると流産の危険があると診断され、私ー人の参加になりますが、皆様よろしくお願いしますー」言い終えるや、会場内に拍手が鳴り響いた。全員が満面の笑みである。口から出任せの挨拶だが、正直、悪い気はしない。ちなみに、これは後で知ったことだが、妊婦の大半は非協力的な旦那に対して不満を抱いており、オレみたいな夫に尊敬の念を抱くらしい。単なるオッパイバ力なのに、これは嬉しい誤算だった。翌週、初の講義に出席した。本来の目的からすれば、8回目の実技から参加すればいいのだが、第2回以降は6名ずつのクループに分かれて課題をこなし、後々の実技もグループ毎に行われるとのこと。オレは心秘かに、グループの班長になろうと考えた。リーダーなら、何かと事がスムーズに運びやすいはず。オッパイだってモミモミし放題のはず。実に安直な発想である。講師の采配で、オレは4班に配属された。鈴木紗理奈似のヤンキーっぽい若妻(出産済み)、しよこたん似の推定ー力ップ(妊娠5カ月)、中には、山田花子似(妊娠4カ月半)やハリセンボンの死神似(妊娠7カ月)も混ざっているが、なかなかヤル気の出そうなグループである。肝心の班長も、立候補制で、自ら申し出てすんなりと決まった。しめしめ、思い通りの展開だぞ。しかし、一方、授業は退屈極まりない内容だった。
産婦人科の先生が感染症や流産、妊娠中毒など妊婦が注意すべき疾病について、刻々と説明されるだけ。正直、眠気を抑えるのに必死だ。3回目の授業も似たりよったりだ。看護師さんが先生となり、赤ん坊の人形で入浴や着替えのやり方を学んでいく。はあ、つまらんのう。オレの興味はもっぱら、周囲の人妻に向けられた。最近の若奥様たちは妊娠しても色気づいており、妊婦用のローライズを履いたりして、妙に艶っぽい。それに、子供ができるとオッパイの力ップが2-3つほど上がるらしく、DやEクラスは並、教室には、しょこたんのーを筆頭にGやHレベルがゴロゴロ転がっていた。見てみたい。触ってみたい。しゃぶってみたい。巨乳フェチにはたまらん環境だが、断じて口説くことはできない。なんせ、この場のオレは身重の妻を気遣いする模範的な旦那である。もしョコシマな考えを持ってることがバレたら、二度と参加できなくなるだろう。今は待つ。ひたすら待つのみだ。
意外に疲れる乳房マッサージ
ついにその日はやってきた。講師が窓のブラインドを全て閉め、脱衣を命じたのだ。実技の開始である。総勢閥名のママたちが、一斉に服を脱ぎ始める。次々に飛び出すハンドボール大の巨乳が。で、でかいっ。でも、乳首が黒い・・。しかしそれは、オレの想像ほどではなかった。大半が東北出身だけに元々色素が薄く、エロ写真で見たようなエグさはない。特に、我が班のアイドルしょこたんなど、かなりの色白で、着色してようやくピンクと赤の中間色になったぐらい。ちょっとでいいからなめてみたいなあ。欲望をひた隠し、目の前に座っていた紗理奈のオッパイを蒸しタオルで拭き始める。優しく、フェザータッチでスルーリ、スルーリ。「ちょ、ちょっと西川パパ、くすぐったいよー、あははははは」「も、申し訳ない。触れるのが怖いんですよ」「ううん、優しくしてくれてありがと。敏感になってるから、これぐらいでちょうどいいの」そりゃ、そうだよね。だって君、今ので乳首が立っちゃったもんね。んじゃあ、もう片方もスルーリスリスリ。恥ずかしそうな表情を浮かべる紗理奈にMッ気を感じつつ、オレは先生の言われた通りに彼女の乳房を操み始めた。
「こうかな?痛いですか?」「い、いえ、大丈夫です」こうして書くと官能小説のようだが、実際には真面目な表情で臨んでおり、現場にエロい雰囲気はない。もっとも、オレの心は真逆だ。パンと張った若い娘の巨大乳房を操みまくり、すっかり股間充血である。本当はもっと強く操みたいんだよ。紙めたいんだよ。にしても、馴れない体勢で乳房ヘマッサージを施すのは、かなりのハードワークだ。こんなに疲れるとは想像もしてなかった。搾乳の授業も、同様に気疲れを覚えた。お乳の出の悪い女性が、前もって晴乳ビンに保管しておく講義なのだが、相当神経質にならないと、母乳を汚してしまう恐れがある。当初オレは、母乳とは乳首の先端からように出ると思っていた。が、実は頭頂部全体から疹み出てきて、これをキレイに注入するには、それなりのコツが必要なのだ。いやあ妊婦は大変だ。とはいえ、乳首マッサージでしょこたんや、時には花子の巨大乳首をコリコリ操んでいると楽しくて仕方ない。はああ、舌先でチロチロしたいっー
あのう、私、フェラが得意じゃないんです
無事にオッパイマッサージが終わり、当初の目的は達成された。が、その後もオレが教室に通い続けたのは、ほかでもない妊娠中の性生活という講義があったからだ。何でも、5カ月目の安定期に入ると、妊婦も性欲が湧くらしく、その間、どんなセックスなら安全なのかを教えてくれるらしい。また、安定期以外で夫の求めに応じられないときは、どう対処すべきかも力リキュラムに含まれていた。その間、浮気でもされたら一大事。妊婦たちには、赤ちゃんの次に大きな関心事だという。講義に現れたのは、産婦人科の女医さんだった。雰囲気からして、まだ独身のようだ。出産も結婚も経験のない女性に、母親たちを納得させられるのか?オレの心配をよそに、先生が2体の人形を使って講義を始めた。まずは、男女を横にして、バックの力タチで布のペニスを布膝に挿入してみせる。妊婦たちは黙って聞いてはいるが、みなそれぐらい誰だって知ってるよーとでも言いたげな表情だ。彼女らが聞きたいのは、非安定期に、いかに旦那の性欲を処理するかだ。みな具体的な方法を知りたがってる様子なのに、先生は「ダンナ様の年齢毎に週に何回か出してあげましょう」としか言わない。これじゃ誰も納得できないだろう。たまらず、我が班のボケキャラ花子が口を開いた。
「あのお、私、フェラが得意じゃないんですけど、手でする時にいい方法はありますか?」会場に押し殺した笑い声が漏れる。対して、先生は構わず涼しげな顔で答える。「それでしたら、潤滑ローションをお勧めします」プッ…。今度はオレが思わず吹き出してしまった。先生も彼氏に求められて使ってんのかな?花子が質問を続ける。「妊娠してからクリでイクとお腹が張るんですけど、大丈夫で
しょうかっそれと、拒否するとフテ腐るんです。どの様に言えばいいですか?」
ブハッ、ブハハハハハッー耐え切れずに、教室中が大爆笑の渦に巻き込まれる。当の花子はよほど深刻なんだろう。唇を真一文字に締めたまだ。そして、先生は、顔を真っ赤にしてうつむき・・
「花子ちゃんはいいよね。妊娠中でも求めてくるんだもん。ウチなんか、もう全然ダメダメだから」帰り道、たまたま一緒になった紗理奈が漏らした。盛り上がった性生活の授業の後だけに、こく自然なことばである。「どうしたらいいと思う?」どうもこうも、一度子供を産んだ嫁に、旦那が性欲を無くすのは、このオレが一番よくわかっている。でも、これが他人の嫁さんとなりゃ、話は全く別。急にムラムラしてきた。「車で来てるの?」「ううん、バスで…」「じゃあ、家まで送ってってあげるよ」「え、いいの。助かるー」「でも、どうせなら話ながらドライブでもしてみない?」「賛成ー」駐車場で彼女を車に乗せ、見通しのいい山麓まで走らせた。道中の会話は、もっぱらセックスに関する話題だ。「しばらくHしてないんだあ。ダッシュボードに、ビデオ屋から借りたAVがあるんだけど、見てみる?何かの勉強になるかもよ」人気のない場所に車を止め、DvDを取り出す。紗理奈は少し驚いたような表情をした後、何も言わず笑っている。カーナビの画面に、痴態が映しだされる。ローター責め、シックスナイン、立ちバック。彼女の息。つかいがどんどん荒くなっていく。そっと手を握ると、汗まみれの手の平で強く握り返してきた。オレたちは、そのままホテルに向かい、交わった。半年以上こ無沙汰だったとあってか乱れぶりたるや並大抵じゃない。嬉しい誤算だったのは、紗理奈がしよこたんにその事実を話し、彼女からも誘われたことだ。しよこたんもまた、安定期に入ったものの旦那に相手にされ驚いたのは、なんと彼女、中学校から援助交際しまくりのヤリマンで同級生の旦那とは、出来ちゃった婚だったらしい。が、さすがに妊娠中のオンナに挿入するのはリスクが大きい。2人で2時間かけてたっぷり性器をなめあい、最後はほのかに赤い乳房へ射精させていただいた。
軽い気持ちで参加したおっばい教室。思わぬ御馳走にありつきまた子供が欲しくなったオレである。愛妻家の皆様も、そうでない遊び人の方も、一度、地元の役所を訪れてみてはいかが。

手コキ嬢・マッサージ嬢の胸をタダで揉む・巨乳バンギャをセフレにする

1_201912140845554b2.jpg2_20191214084556d15.jpg3_20191214084558ea8.jpg4_20191214084559d2b.jpg0138_2019121408460140a.jpg0139_201912140847173f1.jpg100円チャリーン法でキャバ嬢の谷間を堪能する
待ち合わせデリヘル嬢をホテルに着くまで揉みまくり
巨乳バンギャを味わうには“名残あり”のフレーズを使え
ある朝、自宅で歯を磨いていると、腰に急激な痛みが走った。ギックリ腰だ。うずくまる俺に力ミさんが駆け寄ってくる。
「大丈夫っそう言えばこの前、駅前でこんなチラシもらったから行ってみたら?」見れば、どうやら駅の近くに鍛灸院がオープンしたらしい。ま、ここは頼ってみるしかないな。
「じゃあ予約しておいて。会社終わったらタ方に行ってみるから」
なんとか勤務を終え、タ方、チラシの住所を訪ねてみると、そこはどこか見覚えのある家だった。誰の家だっけ。んーっと。
表の看板で誠灸師の名前をて、俺はようやく記憶をたり寄せた。白井慶子。小学のクラスメイトだ。
同じクラスだった慶子は、級友の誰もが認めるお嬢様だった。身長が高く勉強もできた上に、家が金持ちなので服装もどこか華やいでいた。6年生の早い段階から、東京の有名私立中学に進むと言っていたほどだ。近所の公立中学に進むのが当たり前の時代に、東京の、しかも有名私立だなんて、子供ながらにも、「あいつは住む世界が違う」と思ったものだ。もちろんモテていただろう。クラス男子のほとんどが、ほのかに惚れていたはずだ。卒業後は東京の中学へ行ってしまった彼女と顔を合わせる機会はなかった。近所に住んではいても学校が変わると疎遠になるものだ。ただ中学時代友達と一緒に、慶子の家に何度かイタズラ電話をかけたことはあった。本人らしき声が出れば、「パンティ何色っ」と尋ねる他愛のないものだ。こんなことをするぐらいなのだから、やっぱり好きな気持ちはあったのだろ1つ。あのころから25年あまり。俺は結婚して実家の近くに家を建て、子供も2人。当然、慶子も結婚してどこかに行ってておかしくないのに、なぜ今ころ実家で鋪灸師をっ認しみながら、俺は院のトビラを開けた。
「こんにちは。やっぱり佐々木君だったのね」
慶子は、俺の顔を見るなり言った。「ほら、予約のとき奥さんが佐々木裕也ってフルネームでおつしゃったから、ひょっとしてと思って」名前だけで気づいてくれたのか。うれしいものだ。もう40目前だといっのに、慶子は水野真紀のような顔立ちをしていた。6年生当時もかわいかったが、今も十分いい女だ。「いやー、なんかギックリ腰でさ」「うん、じゃあそこに寝て」尻までパンツを下ろして鍍を打ってもらいながら、2人で互いの近況を話し合った。慶子は私立中学から短大までトントンと進学し、結婚して子供もできたが、10年前に離婚して実家に戻ってきたそ1っだ。その後、勉強を重ねてようやくこの鍛灸院を3日前にオープンさせたばかりだという。「実は初めての患者さんなのよ」
「え、そうなの」確かにこんな小さな町では、誠灸院の世話になる者など数少ないだろう。俺もギックリ腰にならなければ一生縁がなかったはずだ。帰り際、慶子がケータイ番号を書いた紙切れを手渡してきた。「ここにいないこともあるから、予約のときはこっちに電話して」40前の女とはいえ、水野真紀似である。あの憧れのクラスメイトである。実家にイタズラ電話までしたあの慶子である。男として下心の沸かぬわけがない。鍍のおかげで翌日にはすっかり痛みなど吹っ飛んだ俺だが、その後も週に2度ほどメンテナンスを理由に慶子の元を訪ねるようになった。
「実はね、私、離婚してから相年ぐらい、男の人と何もないのよ」何度目かの通院時、腰をマッサージしながら慶子が大胆にも言った。「もう女として見られてないのかもねえ」「そんなことないよ、まだまだキレイだし」
「またまたー、そんなこと言って」謙遜しながらもうれしそうな慶子。こいつは押す価値ありー「なあ、今日こ飯でも食べに行くっ」「うん、行く行く」食事の後、彼女はあっけなくラブホについてきた。細身の体型は崩れておらず、小ぶりな胸にむしゃぶりつくと、甘い声を上げる。さあ、では脚を開いていよいよ挿入しましょか。
「痛っー」「あ、ごめん」
「10年ぶりだから、やっぱり痛いみたい」ほんとにそこまで久しぶりだったとは。慶子って昔かり真面目だったもんなあ。
★この日から慶子はセフレになった。生真面目な女ゆえ、同窓会や町でバッタリ再会してもこうはならなかったろう。病院の先生と患者といつ関係だからこそ、ここまで親密になれたに違いない。近所の同級生のみんな、ギックリ腰になって横取りするんじゃないぞ。

おっぱい星人日本一はどこだ!バストの大きい巨乳を追え

1_2019112717003823f.jpg2_201911271700398cf.jpg3_201911271700417b3.jpg4_20191127170042bb4.jpg5_20191127170043e5d.jpg6_20191127170045f7c.jpg7_2019112717004676e.jpg8_20191127170048b30.jpg9_201911271700497af.jpg10_20191127170051a9e.jpg
3千円でおっぱいのみ募集でボインちゃんを釣り上げる
画期的! 道行く巨乳を3千円で揉む封筒作戦
サクっと巨乳を弄ぶだけでいいってときありますよね
出会い系で。おっぱい募集をかける
『参』は3千円の意味です
メールが殺到します
プチエンコーって意外と需要あるんだよな
出会いカフェ嬢は収穫ゼロより千円を選ぶ
たった千円で乳を揉ませてくれる女の子がいるんです
そのタイトルどおりもみたい男と、もまれたい女がたった千円で募集をかけている

巨乳・爆乳の風俗店とはつまりデブ専門店なのか可愛いパイズリ娘もいるのか?

1_20191121105056631.jpg2_2019112110505764d.jpg3_201911211050591c7.jpg4_20191121105100d42.jpg
また今年も師走がやってきました・心も体も財布の中も寒い日々が続き、街中はクリスマス仕様のイルミネーション。肩を抱き合うカップルの群れ。ああ、あいつら全員死ねばいいのに。
そんな心がすさむ冬。身も心も温めてくれるのが……やっぱり風俗ですね。女子の柔らかくてあったかいオッパイにはさまれて冬を越す…・この季節は薄っぺらい微乳よりも、がっつりな巨乳が望ましいですな。
そんな思いを胸に《巨乳専門店》に足を運んでみたとしましょう。と、出てくるのは「オッパイもデ力いが、体全体が巨乳!」なんて肉塊だったりするんですね。いくら温かくったって、そんな肉に欲情はしませんわな。
ところが、改めてネットで《巨乳専門店》を検索、在籍の女の.の写真をチェックしてみると……アレ?確かにヤセてはいないけど、そこまで《肉塊》っぽいのは少ないですね。もしかしたら、時代が変わったのかしら.
いや、しかし風俗嬢の写真ほど信用ならないモノはない。実際に見てみないことに、なんとも言えません。果たして、不二子ちゃんみたいなバィーーンと素敵なオパイ子ちゃんが出てくるか、お肉の館と相成るか。今年最後の噂の検証、行ってきま〜す。
今回、まず最初に考えなくてはならないのは「何カップからが巨乳か?」という点です。
その昔、優香がグラビア最盛期の時代では、Dカップでも巨乳と言われていたけれど。最低でもパイズリができて、顔をうずめられるくらいは欲しい。やっぱりGとかHカップなんてのが理想だろう。
カップ数に注目しながらネットをチエックしていると、とんでもない店を発見した。
新宿の『M』。ここは、一番小さい.でGカップ。一番デカイのは、な、な、なんとQカッ
プだと!キューって、Qカップってなんだ?生気のない瞳で、巨乳へルスのサイトを探すこと1時間。信用できそうな店を横浜に発見した。その店は、平均カップがFからIカップと、そこそこの大きさが揃ってて、オナカを押さえてるコも少なめ。ただ、大半が顔出しNGのため、電話予約するのは危険っぽい。これは直接行ってみましょう。
翌日、横浜は関内駅へと降り立つ。さ、寒い.北風が容赦なく頬にプチ当たる。両手を握り、神様に祈りながら曙町の風俗エリアへと向かう。
「いらしやいませ、こんにちは〜」
そのまま「デニーズヘようこそ〜」とでも続きそうなくらいのテンションで、笑顔の店員奴迎えてくれた。
「ただいまご案内できるのは、この3人ですね。みんなオッパイが大きくてカワイイですよ〜」
出された写真を見る・た、確かにツブ揃いだ。オナカもそんなに出ていない・が、油断は禁物。ちよいと探りを入れてみよう。
「えっと、この子たちって、写真のとおり?巨乳専門店って、実際はデブばっかりで、『カラダ自体が巨乳』、みたいなところあるじゃない?オレ、今までも何度か編されてきてるんだよね〜」
「いえいえ、そんなことはありません!うちの子たちは写真のとおり、巨乳でありながらもデブではありませんから!」
『ヤセてる』ではなく『デブじゃない』と言うところが抜け目ない。
「写真で見る限りは太ってないね・でも、こないだ行った店は、写真とは比べ物にならないくらいに太ってたんだよね〜」
「それは、それは…そこの店に行く前に当店に来ていただければ、満足していただけましたのに…」
むむむ…、かなり自信満々だなぁ。信じましょう。じゃあ、この安めぐみ似のBちゃん(Hカップ)をオーダー!今度こそ頼むよ〜。「町田さま〜」と呼ばれプレイルームヘ・今年一番の祈りを神様に送り、指定された部屋の扉を開ける。
「こんにちは〜、寒かったでしよ〜」
身長は150センチくらい・ちっこい体にプカプカの男モノのワイシャツを着た...
…写真どおりのBちゃんが立っていた。来た.来ました!これを待っていたんですよ!はやく、そのオッパイでボクを温めて〜〜
ベットに腰掛けると、Bちゃんは小さな指で、ボクの服を脱がしにかかる。ワイシャツの間から、かなり張りのあるオッパイがチラチラ。いいなあ、コレ。
「かわいいねー。かわいくてちっちゃくてヤセてるのにオッパイが大きい、完壁だねー」
「ヤセてないですよー。でも、ありがとうございますー」
「なんか、しかも癒し系ー風俗嬢やってることかビックリだね」
「本当ですか。実は前は保母さんだったんですよ」巨乳で保母さんー保母さんで巨乳ー完壁じゃないですか。もう我慢できないよー。ちょいと、ワイシャツの上から操ませてね。
「うんん!…」もっちりとした、まあるいオッバイ。張りはあるのに柔らかいーいいじゃないー素敵じゃないー
ワイシャツを脱がすと、メロンのような完壁なまあるさの乳房が現れた。オナ力はヤセてはいない。が、太ってもいない。大きく操みしだきながらキス。
ニチャっと柔らかい舌がすぐに応える。ええのう。そのまま部屋に併設されたシャワーに入ると、Bちゃん、ガッチガチのオティンティンの先っぽを、自分の乳首にグリグリしなから洗ってくれます。「ん・・気持ちいい」にゆるこにゆること、乳首でチンコをもてあそびながら、彼女が上目づかいでボクを見る。サ、サイコーーボディソープでヌルヌルになったチンコをHカップではさみ、パイズリが始まった。硬くなった亀頭が、Bちゃんのオッパイの谷間に吸い込まれたり顔を出したり。はあ、もうイキそうです。何とか我慢してベッドへと移動。柔らかくてあったかいオッパイに顔をうずめる。「あーーーコレだよ、コレに会いたかったんだよ。Bちゃん、オッパイでオレのこと温めてー」谷間に鼻っぱしらを突っ込んで、左右に顔をぶりゆぶりゆ。両手をオッパイにそえて、顔をはさむと、なんともいえない包容感だ。
「おにーさん、かあいいね」
Bちゃんが、ボクの後頭部をギュっと抱きしめてくれる。ベッドに横になり、左のオッパイを枕に、もう片方のオッパイか顔の上に。なんだか子供のころに戻ったような感覚だ。癒されるなあ。5分ほど、抱き合っていただろうか、オッパイから起き上がり、乳首をぺろんとナメあげると、彼女かビクっと体を小さく震わせた。イイ反応じゃないー大きくロを開けてしゃぶりつくが、まったく口に入りきらない。ナメたり噛んだりと、異常なほと責め続ける。あー、楽しい続いて攻守交替。正座するBちゃんの太ももに寝転がったボクのお尻を乗せて、唾液がダラダラと垂れ、それが口ーション替わりになってティンコかなめらかにオッパイの中で踊っている。口の中で動き回る舌がネロンネロンと亀頭にまとわり付いてきて、異常に気持ちいいっーパイズリって、ビジュアル先行なのかと思ってたけど、技術のあるコが使えば、こんなに強力な武器になるのかーって、もう限界ーのぼりつめていく快感とともに、腰を思いっきり突き出す。次の瞬間、白濁液が勢いよく飛び出し、Bちゃんのアゴと、鼻の横にビシャっとぶっかかった。
「すっごーーい、顔にかかっちゃったあ」
『オッパイにダラリと落ちた。』
というのも聞いておくといいですよ一

就活疲れの女子大生・ハローワークで休職中の女に人事のふりをすれば口説けるか

1_20191124193342edc.jpg2_20191124193343345.jpg3_20191124193344fba.jpg4_20191124193346cfb.jpg5_201911241933474df.jpg6_20191124193349563.jpg7_20191124193350747.jpg8_20191124193352075.jpg9_20191124193353f77.jpg10_20191124193355864.jpg就活は疲れるんです。朝早く起きて、しょーもないオッサンの面接を受けて、スケベなオッサンにセクハラされて、それでも頑張らなきゃならないんです。だから電車で眠ります。太ももをあらわにして。面接でもこのポーズだったら、すぐ内定もらえるんでしょうけどね。
どこの企業の採用担当者も、しよせんは人間なわけで一緒に仕事するなら巨乳のほうがいいに決まってます。だからこういう子たちはすぐに内定をもらってしまい、シューカツをすぐに終えてしまいます。街で見かけるチャンスは非常に少ないと思っていいでしょう。

衣服を着たまんまの着衣の巨乳やお股の食い込みの方がぐっとくる|エロ画像

0216_2019012313301231c_20191105140744082.jpg0217_201901231330145fe_20191105140745819.jpg0218_20190123133015f3a_201911051407471fb.jpg0219_2019012313301710f_20191105140748f08.jpg0144_201901221056093a2_20191105140740f04.jpg0145_20190122105610511_20191105140741eca.jpg0088_201801122252423f7_20191105140739d11.jpg
1、いくら暑いからといって、ノーパンで町歩きする女はいないと思われます。いても千人に1人。そんなラッキーに遭遇し、なおかつノーパンらしき部分を確認できる確率は、ロト6で2億円を当てるより低いと言えるでしょう。だから残念だけど、ノーパンっぽいってだけで満足しましょう。真相はTバックが細〜く食いこんだだけなんでしょうけど、つまりどれだけ目を凝らしてもヒクヒクしたアナルや前のヒダヒダは見えないんでしょうけど、ま、良しとしましょうや。 
それともこの中にも、本物のノーパンがいたりするんでしょうかね。個人的には左ページの左下なんかが怪しい気がしますが。どうも体つきが、視姦されて濡れるタイプなんですよね。
2、ワタシが定期的に巡回してる街撮り掲示板ベスト2を紹介します。街で見かけた女の子のミニスカ、着衣巨乳、ピタっと貼りつくズボンやムチムチした足なんかの写真が随時アップされるサイトです。
『街角の綺麗な~』は主にOLやリクスーの写真がアップされています。階段の下から盗撮してるようなカットだったり、リクスーでしゃがむ子のパンチラが多いです。このジャンルの掲示板は閉鎖されることも多いので見るなら今のうちです。もう一つのほうは大きな声じゃいえませんが、若い子の街角ハプニング写真が多い大人気の掲示板、とだけ言っておきましょう。こっちのほうが閉鎖のタイミングは早いかもしれませんね。

ビーチの歩きスマホ巨乳とおっぱいにモノを置くたわわチャレンジ|エロネタ

0008_20190316075932e0a_201911030036502d2.jpg0009_20190316075933a73_201911030036521b8.jpg0006_20190316075929cf8_20191103003647977.jpg0007_20190316075930f24_20191103003649060.jpg0010_20190316075935448_2019110300365367c.jpg0011_20190316075936908_20191103003655889.jpg0125_20190521092721bfa_20191103003656bca.jpg0144_20190117173350ca1_201911030036586e7.jpg0145_20190117173351bea_20191103003659215.jpg巨乳を単体で見て喜んでいられるのも4年生まで。高学年ともなると、それだけじゃ物足りない。乳のプライベートが気になるものです。その点、隣に親しげな男がいる場合、その柔らかな巨乳は確実に揉まれまくってることを意味するわけで、興奮は三倍増いたします。 
ツンと澄ましながらとんがってるけど、たまたま服が盛り上がっただけですよみたいな態度だけど、実は毎晩のように、横の男のゴツイ手にわっさわっさと揉みしだかれとるんです。ぐにゃりと変形しとるんです。妄想しながらギュッと拳を握りしめ、その右手を股間へ。いつもより大量の液体が出れ
ば、あなたも立派な5年生です。
ビーチの歩きスマホ巨乳を狙ってビキニおっぱいの感触を楽しんでいます
歩きスマホしてる巨乳ちゃんを見かけるたびに、わざとぶつかっている。
冬の間は厚着なのでぶつかっても全然面白くないけど、今はちょこっとぶつかっただけでもポヨン感が味わえてナイスなのだ。そんな歩きスマホ巨乳ハンターの一番のスポットは、ビーチだ。そうビキニちゃんたちも、海の家の売店やビーチそばにあるコンビニに移動する際、けっこうな確率で歩きスマホをしているのだ。
巨乳ちゃんだけに絞っても、5人に1人は現れるというレベル。こんなに頻繁に薄着の歩きスマホ女に出会える環境はない。コンビニ近くの横断歩道か、売店の日陰で待ち伏せして、ターゲットが見つかったら、スグに前方に移動して接近開始。自分もスマホを見て前に気づかなかった、というテイで身体をぶつけ、腕でポヨンを堪能する。
こちらも海パン一丁なので、ぶつかった瞬間の肌の接触率はかなり高い。ほんの一瞬だけど、街中のプレイとは比べ物にならないほどの素肌感が味わえて興奮も倍増だ。
スケートの季節がやってきました。と言っても子供がコケまくってるスケート場はどうでもいいです。羽生クンもべつにいいです。やっぱ女子スピードスケートでしょ。だってパンツすけすけなんだもん!
「たわわチャレンジ」という遊びがあるそうです。胸にモノを置いて落とさないようにするんですって。まったく、しょーもな…くない!いいじゃないか!
もっとチャレンジせよ!
マフラー巻いてる子って可愛いですよね。あごのあたりがちょっと隠れて、か弱いイメージも出たりして。でもそんな子も、太ももは寒くないようで。ありがたや。

イヤホンの跳ねる巨乳と胸チラの谷間のネックレス|エロ画像

0009_20190108182259f74_2019103022361860e.jpg0008_20190108182257481_20191030223616da3.jpg0006_20180902204251d89_20191030223612c8e.jpg0007_20180902204252009_20191030223613c37.jpg0008_20180902204254983_201910302236156e0.jpg0009_201809022042555ba_2019103022361901b.jpg0010_20180902204257145_20191030223621b23.jpg0011_20180902204258602_20191030223622522.jpg
風が吹けば座ってるスカートもめくれることが証明されました。強風の日こそ外へ出ましょう。
下りエスカレータで歩いて追い越すとき、あるいは交差するエスカレータの隣のライン。そこには胸チラのチャンスが転がっています。ぼんやりしてちゃいけませんよ。
巨乳の張り具合は、イヤホンの跳ね方でわかるものです。ポヨンと弾んだらモミ心地よし。ヘナッと流れたら柔らかすぎ。以上を参考に、今後も妄想にはげんでください。

中学高校時の初恋の巨乳の同級生・今なら言える揉ませてくれと

b89ca45d-s.png
誰の中学にも、やけに胸の大きい同級生がいたはずだ。体操服の下でゆっさゆっさと揺れる巨乳が、すぐ近くにあったはずだ。
拝みたかった。でも揉めなかった。揉もうとすらしなかった。
あれから幾年月、あの乳は誰の手でどう弄ばれてきたのだろう。
タイムマシーンには乗れない。
あの青春の後悔を払拭する方法はひとつだけだ。
いまから四年前、おれが小学6年生のころ、同じクラスに前田明美(仮名)という女子がいた。
二重のくりっとした目が印象的だが、特別美人というほどではなく、成績や運動も普通。いつも休み時間になると教室の隅で友だちと静かにおしゃべりをしてるような、どちらかというと地味な部類の生徒だった。
ただ彼女は、ある一点において、周囲の男子から好奇の視線を浴びる存在でもあった。やたらと胸が大きかったのだ。おそらくDカップくらいはあったのではないか。まだ大半の女子がタンクトップを下着としていたあのころ、彼女はすでにブラジャーを身につけていた。
教室で彼女が体操服に着替えるたび、クラスの男子は、その大人の象徴である白い布きれを、興味津々に眺めたものだ。エロいとは思っていたが、具体的な行動にはほど遠かった。なんせまだ堰才である。「や-い、ホルスタイン」とからかうぐらいしか、おれたちにはできなかった。
前田とは中学も一緒だった。
f70a56db-s.png
1,2年時は別クラスのため存在を忘れていたが、3年で同じクラスになったときには、否が応でもその胸を気にせざるをえなかった。
前田のバストは、もはや立派な「巨乳」だった。制服の胸部が山脈のようにドドーンと陀立し、廊下を歩けばゆっさゆっさと重量感を誇示する。
いったいあの制服の下には、どんな乳房が隠されているのか。どれくらい柔らかくて、乳首は何色なのか。多分ああだろう、いやこうに違いないと、童貞だったおれたちはたびたび不毛な議論に没頭した。
「1回でいいからもんでみてぇ〜」
「ホント、マジもみてえよ」
でももんだヤツは一人としていなかった。口だけ達者なのが童貞というものだ。
その年の体育祭で見た光景は、今でも忘れられない。
前田が100メートル走に出場すると聞きつけたおれは、何食わぬ顔でゴール付近へ先回りしていた。言うまでもなく、そこが胸の揺れを見るのにベストポジションだったからだ。
前方から苦悶の表情で走ってくる彼女のバストは、意志を持った生き物だった。おビートのリズムに乗って、体操服をぶち破らんがごとく上下左右に暴れ回る様は、まさに圧巻。大スペクタクル。周囲の教師までが意味深な笑みを浮かべていたほどだ。
オカズにはしょっちゅう登場するあの同級生。「もみてえ」と冗談のように言い合っていたのは半分は男同士の〃悪ブリ〃だけれど、でも心の奥底ではやはり本当にもみたかったあの巨乳。
おれはときどき青春を振り返り、そして後悔する。どうしてあのとき触らせてもらわなかったのだろう。今の脳みそのまま中学時代に戻れれば、あらゆる手を尽くしてもみしだいてやるのに。
このわだかまりを消す方法はひとつしかない。今現在の前田の乳をもむのだ。だからといって過去は変わらない。でも中学時代から連綿と息づいてきた前田本人の胸をもんだなら、おれは青春にケリをつけることができるはずだ。幸い、前田の連絡先は、現在も付き合いのある中学時代の友人が知っている。そいつによれば、彼女は旧年ほど前に結婚し、3人の子を出産。現在も地元で元気に暮らしているそうだ。
dc3e102f.png
10年のブランク、そして人妻。軽く誘い出すにはちよいとやっかいだが、相手は同級生。ケータイ番号さえわかれば、口実は何とでも作れるだろう。
さっそく友人に聞いた番号にかけてみると、やけに甲高い声の女性が出た。
「はい、もしもし」
…ん、前田ってこんな声だつけ?記憶との違いにややうろたえつつ、話をすすめる。
「えっと、旧姓・前田さんのケータイですか?」
「はい、そうですけど」
「あの、おれ小中で一緒だった岩戸なんだけど、覚えてるかな?」
「…いわと?ああ、はいはい岩戸くんね。久しぶりだねえ、どうしたの?」
「実は近々、中学の同窓会を開こうって話が持ち上がって、おれが幹事やるこになってさ。で、よければ前田にも手伝ってほしいんだけど」
突然の申し出に驚く前田に、おれは順序立ててワケを説明した。
言い出しっぺはおれたちだから、男子側への連絡はこっちでやる。その代わり女子の分をお願いできないだろうか。地元住まいの前田なら場所選びや予約なんかでも何かと都合がいいし。我ながら自然な口実に満足していると、すぐに彼女から疑問の声が飛んだ。
「そっか。でもヨッサンとかシイちゃんも地元にいるよ。そっちには頼まないの?岩戸くん、ヨッサンと仲良くなかった?」
「…え、いや、そんなことないって。おれは前田のほうが頼みやすいなぁと思ったんだけど」
ここでさらに「なんで?」とツッコミが入ったらどうしようかと焦ったが、どうやら納得してくれたらしい。
0febc071.png
「ふうん、わかった。で、どうすればいいの?」
「夜、時間とれる日とかない?できれば打ち合わせも兼ねて、飲みたいんだけど」
「うん、今週の土曜日か来週の火曜日だったら大丈夫だよ」
「わかった。じゃ土曜日、そっちについたら電話するよ」
週末午後6時。東京から電車を乗り継ぎ、地元駅に到着。すっかり寂れた駅前でタバコを吸っていると、前田が歩いて現われた。ぎこちない表情から、照れてる様子がみてとれる。
「おまたせ-」
10年ぶりに見た前田は、昔の地味なイメージとは打って変わり、色気のある大人の女になっていた。もともと顔立ちだけははっきりしていたので、メイクも映えるのだろう。
「前田、痩せたな。昔はもう少しふっくらしてたよね」
「うん。なんか3人目の子を産んでから、急に体重が減っちゃったんだよね」
へえ、と相づちを打ちながら、何気なく視線を胸元へ移す。ゆったりとしたコートを着ているせいなのか、昔ほど胸の大きさを感じられない。体重が落ちたついでに胸のサイズまで小さくなったとか?これは一大事である。ひとまず場所を居酒屋に移し、再会の祝杯だ。
「同窓会って、学年単位でやるんだよね?」
一息ついてすぐ、前田が本題を持ち出した。
「そうだよ。学年単位では一度もやってないでしよ」
「女子の分は、現時点で連絡が取れそうな人をリストにしてきたんだけど」
差し出された数枚の用紙には、見覚えのある同級生の名前がギツシリと並んでいた.まったく律儀な性格である。おれなんか何の用意もしてないっつーのに。
「まあ、とりあえずメシ食ってからにしようよ」
「あ、そうだね。ゴメンゴメン」
見たところ酒はかなり好きなようだ。ここはガンガン飲ませて、同窓会の件はのらりくらりと先延ばしにするとしよう。ひとしきり昔話で盛り上がったところで、おれはさもいま気づいたかのように切り出した。
「あれ、もしかして前田、胸ちっちゃくなった?」
「やっぱりわかる?それ、みんなに言われるんだよね」
「うん、だって中学んとき、けつこうデ力かつたような気がしたもん」
気がした、なんて大嘘である。
毎日、意識しまくってオカズにさせてもらってました。
なんて絶対言わないけど。
なんでも中3のときGカップあった彼女のバストは、その後ピタリと成長を止め、3度の出産を経た現在はEカップにしぼんでしまったという。ふ-ん、それでもEはあるんだ。じゃあいいじゃん。
せっかく胸の話題になり、しかも恥ずかしがる様子もないので、おれは彼女の巨乳がどう恋愛に影響してきたのかを尋ねることにした。おれが操めなかった胸を、過去にリアルに撰んできた男ども。悔しいが、聞けば興奮材料になる。
68dcde09.png
「でもさ、最近までずっとGカップだったんだろ?昔の彼氏とか喜んでたっしよ」
「ええ、どうなんだろう。そうなのかな?」
うっすら笑みを浮かべるあたり、謙遜してるのがバレバレだ。
「結婚するまで何人くらい付き合ったの?」
「……結構いるかも」
「何人くらい?」
「なんか恥ずかしいな。えと15人くらい?」
一般的にはおそらく多い方だろう。やはり胸の大きい女はモテるのか。
「じゃあさ、歴代の彼氏の中には巨乳ならではのプレイをやりたがるヤツ結構いたでしよ」
「え何ソレ?ああ、パイズリとか?あるある」
時は人を変えるというが、あんな地味だった前田の口から、パイズリなんて単語を聞く日がやってこようとは。
アルコールのせいなのか、あるいはそれが本来のキャラなのか、杯が進むにつれ、前田はどんどんあけつぴろげになっていった。
「高校のとき付き合ってた彼氏がドラゴンボール好きでさ、よくおっぱいで顔を挟んでパフパフしてあげたよ」
「顔をうずめるのが好きな人もいたしい」
「うちのダンナはローション使ってばっかし」
羨望と嫉妬、そしてそれに勝る興奮がふつふつと沸いてきた。そうか、あれからお前はそんなことをしてきたんだ。居酒屋を出てから、前田の提案でもう1軒ハシゴすることになった。外で飲むのは半年ぶりとのことなので、少し舞い上がってるのかも。
2軒目の飲み屋に入ってすぐ、また胸の話題を持ち出した。
「うん、やっぱあらためて見ると、まだまだデカイな」
すでにデロデロになっていたおれは、前田との会話も半ばうわの空で、遠慮なく彼女の胸に視線を走らせた。むろん、酔っ払っているのは前田も同じだ。
「おいおい岩戸くんよぉ〜、もうずっと胸の話ばっかじゃん。さてはキミ、オッパイ星人でしよ?。」
「ふふふ、こんなおれにしたのは誰のせいだ!」
勢いのまま手を伸ばし服の上から彼女の胸に触れる。ついにこのときが来た。来たのだ。
「きゃはは、ちょっとぉ、何してんのよぉ〜」
彼女は怒るどころか、ケタケタ笑っている。ならば一呼吸おいて、もう一度ぷにぷに。
「はは、ちょっとぉ。何してんのよ・もうダーメ」
いくら鈍いおれでも、こういう場合の「ダーメ」が文字どおりの意味を指してないことくらいわかる。てことはつまり…。
「今晩、ビジネスホテルに部屋とってるんだけど、そこでもうちょっと飲んでかない?」
「10時半までならいいよ。ダン
ナには11時ごろ帰るって言って
あるし」
もらったっ!念願のナマ乳にありつくべく、2軒目をお通しだけで後にしてホテルへ戻る。
シャワーから出ると、前田はベッドで寝息を立てていた。よほど酔っていたのだろう。うつぶせの状態で布団にめり込んだまま、まったく起きる気配がない。
そ-つと、シャシをめくり上げてみる。黒いセクシーブラが現われた。普段からこんなの着てるのかしら。もしかして始めからそのつもりだったのかも。
だとしたら、くつくつく、トンでもないスケベじゃないですか。たまらず上体を上にひっくり返してキスをした。さらにブラの中に指を入れようとしたまさにその瞬間、電気を流されたカエルのように、前田がハネ起きた。
「ちょっと!何してんのよ」
「…え、いや、そのね、別に…ほらちょっと」
ワケのわからんことを口走りつつ、はねのけられた右手を再びブラに引っかけるおれ。しかし彼女は恐ろしい力でそれを引きはがして、ベッドから飛び降りた。
「そんなことするなら私帰る!」
「え、マジで怒ってんの?」
「当たり前じゃん。なんで脱がせようとするわけ”」
混乱した。古今東西、この状況ならばゴー・セックス以外にあり得ない。どういうこっちゃ。
前田は恨めしそうにおれを一瞥し、目にうっすらと涙さえ浮かべて、そのまま部屋を立ち去った。ナマの巨乳は一瞬たりとも目にできなかった。
翌日、詫びのメールを入れた。
〈昨日はすまんな。なんかおれ酔っぱらってよくわかんなくなってたわ〉
返事は数時間後にきた。
〈昨日はごちそうさま.私も酔ってて覚えてないよ〉
お互いなかったことにしようってか。前田も大人だな。
〈前田の胸、急に見たくなったんだよね〉
〈やっぱりおっぱい星人なんだねえ〉
怒ってないようなので、ここで一計を案じた。やはりこのままでは青春にケリがつかない.
「もしもし、電話してすまんな。あのさ、お願いなんだけど、前田のボイン写メ、宝物にするから見せてくんない?お願い!」
「そんなの持ってないよ」
「今から撮ればいいじゃん。顔はなくてもいいし!」
「も〜じゃあ気が向いたらね」
こんな状況で気が向くことなんてまずないものだが、メールはわずか数分後に届いた.
とりあえず、昨日のお礼&お詫びってことで。念のため、首から上は写してません
717f8b34.png
添付写メにはブラジャーを着けたままの胸が写っていた。

たわわに実ったボイン巨乳ちゃんはだいたい美尻|エロ画像

0010_20190105100357de3_20191022105855546.jpg0010_20190609232004157_201910221058574f6.jpg0011_201901051003597f5_201910221059007d5.jpg0011_2019060923200691f_20191022105902299.jpg0012_20190609232007c6b_2019102210590418d.jpg0012_201901051004007ee_2019102210590537c.jpg0013_20190609232009c7c_20191022105909569.jpg0013_201901051004024e9_201910221059114c0.jpg0014_20190105100403688_20191022105916516.jpg0174_20181227200119cf7_20191022105919335.jpg0015_20190105100405551_2019102210591977c.jpg0175_20181227200120c2b_201910221059241dd.jpg0176_20181227200122548_20191022105924214.jpg0177_201812272001233fe_20191022105925b87.jpg一緒に仕事するなら巨乳のほうがいい
太ももの上のほうが見えるだけで狂喜乱舞していた童貞諸君、もうそんな時代じゃないですぞ。今や、ケツは見られてもいい場所なのです。考えてみりゃ、あんなもんタダの肉塊ですからね。プリプリさせながら歩いたって、恥ずかしがる必要もないんでしょうね。胸には自信ないけどお尻だったら負けないわ。そんな子たちはこうやって撮影するしかありません。くねっと半身をよじってまでお尻にこだわる、彼女らのいじましさに感動。どこの企業の採用担当者も、しょせんは人間なわけで、一緒に仕事するなら巨乳のほうがいいに決まってます。だからこういう子たちはすぐに内定をもらってしまい、シューカツをすぐに終えてしまいます。街で見かけるチャンスは非常に少ないと思っていいでしょう。
服がまっすぐ下にストンと落ちてる巨乳ちゃん
こんな巨乳ちゃん、たまに見ませんか。胸の頂から、服がまっすぐ下にストンと落ちてる子。生地の材質の問題なんでしょうかね。あれ、なんか良くないすか? 下から覗き込みたくなりますよね? この手の上下がひとつになったオールインワンの服って、薄手のものが多いんでしょうか。やけに尻がスケてる気がしませんか。好きです。大好きです。
なんでもおっぱいの大きい子は人にジロジ口見られるのがイヤで、つい猫背になってしまうものなんだそうです。なんてもったいない話でしよう。巨乳は、背中のラインがきゆっと前にカ―ブしていてこそ映えるものなのに。
電車ってのは、ボックス席のほうが距離が近くてよ ろしいもんです。膝が触れあうくらいの。急停車で もしてくれれぱ、思わす上に乗っかっちゃうくらい の。まあ、急停車なんて滅多にないので、ただムツ チリ太ももを眺めるだけが関の山ですが。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます