0040_201810140934384a5.jpg 0041_20181014093440754.jpg 0042_20181014093441112.jpg 0043_20181014093442594.jpg 0044_20181014093444835.jpg 0045_201810140934455b5.jpg
カップル喫茶取材アシスタント募集作戦、エロ本朗読のバイト作戦、訪問性感マッサージ作戦、催眠術ナンバ等、俺はいままで数々のオリジナルのナンパ作戦を企画・実行してきた。これらの方法でナンバし、喰ってきた女の数は2年弱で30人以上になる。
もともと、俺がオリジナルナンパをはじめたのは、ストレートな方法ではなかなか女を口説き落とせなくなってきたからだ。よほど外見に自信があるならまだしも、俺のルックスは並程度。加えて年碑齢も30代半ばでは、街角や飲み屋で声をかけてもなかなか成功しない。そこで様々な仕掛けを考え、女の子をナンパすることにしたのである。仕掛けといっても、女の子をモノにするのは簡単ではない。何度も失敗をかさね、試行錯誤した末に「裏モノ」でご紹介できるような成功例が生まれるのである。ただいろんな方法を試していくうち、その仕掛けにはまった女が徐々に興奮し、オチるまでの過程こそが俺にとっての最大の悦びなのだとわかった。女の反応が想像できるようになったら、もう面白くない。そのためにも、どんどん新しいナンバ方法を生み出していく必要があるのだ。
数日後、俺は千日前通りに立った。今日は愛子に頼らず、1人だけでやり遂げるつもりだ。が、1対1の座談会ではさすがに怪しまれる。ターゲットは女の.2人組にしよう。かけはじめて3組目で、香代と美紀という、ともにフリーターが興味を示してきた。香代はスレンダーな美人。美紀はルックスはイマイチながら、なかなか愛想がいい。ひとまずカラオケに連れていき、いくつかエッチな質問をしてみる。と、恥ずかしがることもなく、あつけらかんと体験談を話す2人。全部ホントの話とは思えないが、コイッらかなり遊んでいるようだ。よし、もう一押しだ。
俺「レズには興味ないの?」
美紀「すんごい上手な人ならいっぺんやってみたい」
香代「男みたいに射精しないから、えんえんと楽しめるらしいで」
俺「そしたら、2人でやってみいひん?」
美紀「そんなん、照れ臭い。なんか、笑ってしまうわ」
香代「それやったら、男いれた3Pのほうがええわ」
願ってもない展開。俺はすかさず「俺と3人でしよか」と誘いをかけた。と、この2人、こそこそ相談したかと思うと、「少しおこづかいくれるなら」と一言う。額を聞けば1万円でOKらしい。
うーん、どうするか。援助はもともとの主旨に反してしまう。が、結局、俺は四才の2人と3Pがヤ
レるとい動誘惑に勝てず、彼女らの申し出を承諾してしまう。3人でラブホテルにチェックインし、まずはお風呂で洗いっこ。さすがに20代、2人とも肌はすべすべで張りがある。それに2人の女性にはさまれ入浴するのが、なんとも気持ちいい。ちょっとしたハーレム気分だ。ベッドの上では2人にかわるがわるフェラチオをしてもらった。俺も指と舌で愛撫するが、2人同時に相手をするのはかなり大変。それより2人のフェラがうまく、早くもイッてしまいそうだ。俺はまず美紀にバックから挿入し、最後は香代に上になってもらいフィニッシュした。本当ならもう1回戦頑張りたいところだが、どうしても身体がいうことをきかなかった。
結局、座談会ナンパ企画でモノにできたのは、東京娘の美由紀と、香代、美紀の2人組だけの計3人。3Pもできたし、それなりに成果はあったのが、なにか物足りない。それは博子のような清純っぽい子を落とせていなかったこともあろうが、どこかこのナンパパターンに俺自身、飽きを感じてきているからなのかもしれない。そろそろ新しい戦法にチャレンジする必要が出てきたよう