征服のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:征服

陵辱プレイで征服感は味わえるか検証

SnapCrab_NoName_2018-6-25_22-42-14_No-00.png 
『援交デビュー娘は、プラス1万円でドコまでヤルか?』の検証で捕まえたBちゃん。お金をプラスすることで、5千円で生セックス、プラス5千円で中出しまでクリアしちゃいました。しかもセックスの後、お風呂でプラス7千円で口の中にシッコまでさせてくれました。まぁ、飲みはしなかったけど。
〜〜そのとき、ボクの中で〝何か〞が目覚めるのを感じたのです。不安そうな瀬戸朝香似のBちゃんの口を開かせ、ティンコを突っ込んでジョロジョロ。目をギュッとつぶって口の横からドバドバとシッコを流すBちゃん。なんという蹂躙感。ゾクゾクしまくりでした。
「…と、いうわけで今回の検証は、〝ゴクゴク飲ませたらどれだけの興奮が待っているのか?〞ってのはどうでしょう?」…と、月一の電話ミーティングで編集長に熱く語るボク。
「まぁ、そうやなぁ。でも、ションベン飲ませるなんて…別に興奮せんやろ? マニアックすぎちゃうか」
「いや、口にしただけでもアレだけの興奮があったんです! それをゴクゴクいかせたら……絶対に〝あの先〞には〝何か〞があるんです! やらせてください!」まるでまっすぐな新人刑事のごとく引き下がらないボク。そんな真摯な言葉に編集長も
「わかった…自分を信じてやってみろ!」と、デカ長ばりのGOサインを出す。
アツい展開に涙腺が緩みながらも、フーゾク嬢にシッコを飲ませることが決定しました。いったい〝あの先〞にどんな興奮が待っているのか。それでは、お金の力でシッコをゴクゴク飲ませてきま〜す!さて、今回もネットでお店検索。検索したところ、オプションを体験できる店はチラリホラリとヒットします。…でも高いなー。できる店は、大体がSM系の店ばかり。シッコを飲ませようとすると80分4万5千円とかです。そりゃあシッコを飲ませるわけですから、ある程度は払わなくちゃいけないとは思ってたけど…市場でのシッコ相場は思いのほか高いようです。うーーーん、どうしよう!ここで4万5千円を払ってシッコを飲ませるのもアリだけど…高すぎるんじゃない? もしかしたらBちゃんのように、お安くシッコ飲んでくれるコもいるんじゃないかしら?そんなふうに考えながら、ネットを眺めていてフト思い出しました。当連載で何度も行っている超激安フーゾク『サンキュー』の存在です。この店は、業界の常識を破壊する基本料30分で3900円という超激激安店。しかも、2000円で指名をすると〝無料オプション〞が可能になるのです。この〝無料オプション〞は、女のコによって様々。まぁまぁカワイイコは無料オプションなんてなくても指名が取れるのでほぼ〝なし〞なのですが、モンスター級のブサイクは超ハードなオプションがついているのです。そうしないと指名がとれないですからね。前回見たときは、即尺や即アナル舐め、顔射、生アナルファック(中出し)という項目もありました。もしかしたら、あの中に項目もあったかもしれません。
そこで、何度か通った『池袋店』のサイトを覗いてみます…まぁ、そりゃあそうですよね。プラス2000円の指名料って言ったって、合計5900円。そんな値段でシッコ飲む女なんているわけがありません。『女工哀史』じゃないんだから。
 …と、あきらめたのですが、念のため系列店の『新宿店』を見て驚きました。
 ……オイオイオイ??女のコが7人もいるじゃない!?しかしできるってことは、相当な戦闘力のモンスターが想像できます。ウルトラマンで例えればダダくらいのビジュアルが揃ってるってことです。敵怖すぎです!
 …しかし、それと同時に「7人もいるんなら、その中にはまぁまぁ見れるレベルがいるんじゃない?」という考えも浮かんできます。7人いれば、おのずと1位から7位までがいるわけですから。その中で1位を選べばいいわけでしょ。どうせシッコを飲ませるのなら、カワイイコに飲ませたいのが人情。5900円×7人ならば、4万1300円。SM系ヘルスのM女に飲ませることを考えたら、7人に飲ませてもお釣りがきますよ。
 時計は、夜の11時。さっそくお店に電話をしてみます。もしもし〜〜
「はい! もしもし〜!お目当ての女のコはいらっしゃいますか???」
高い声の店員がテンション高めに答える。
「えーっと、今日はシッコを飲ませたいんだけどね、ヤセてるコでイケるコ、いる?」
ここの店は〝基本デブ〞というのがデフォルト。絶対に〝痩せたコ〞といいましょう。
「います!今すぐ行けるRちゃんなんかは、本当に細いんですよ!かなりガリガリです!間違いないですよ!バッチリです!」
電話口から自信満々な声。「じゃあ、Rちゃんで30分で」と伝えると、店員はさらに高い声で言い放つ。
「いや〜〜、このRちゃんはマジでオススメなんで、無料オプションもガッツリいけちゃうコなんで、ロングコースにすべきですよ!」
「あー、いや、でも…」
「このコは、ビンタもスパンキングのオプションもイケちゃうコなんでー、まず部屋に来た瞬間に顔の方を2、3発ひっぱたいていただいてー、そのまま即フェラに即アナルを楽しんでいただいてー」
「あの…」
「チンコが勃ったら、そのままアナルに生のままツッコンで中に出していただいてー。抜いたら自分のアナルに突っ込んだチンコをお掃除フェラさせていただいてー、ほら、そうやってイッた後って、もよおしてくるじゃないですかー。あ、僕の場合はそうなんですけどもー」
「え…、いや…」
「そしたら、そのままシャワールームに移動していただいて、シッコをぶっかけていただければー。あ、顔射キメて、シッコで顔をキレイにしてあげるのも、AVっぽくていいじゃないですかー」
「…………」
「で、スッキリしたところで、シャワールームでまた2発目をやったりしてー。そうすると、あっという間に時間が経っちゃうんで、少なくても60分コースがいいと思うんですよねー。60分で指名料つけても、9800円ですからー」
「あ…、じゃあ、それで…」
「あーーたーまーーす!!(ありがとうございます)」
 …こんな完全に狂った営業トーク、はじめて聞きました。…ちうか、この店員の言ったことが全部可能で、30分で5900円って…どう考えても、この店おかしいだろ!さて、新宿のホテルに入り、女のコが来るのを待ちます。数時間前から、シッコをたっぷりとガマンしてスタンバイ。数分後、コンコンとノック音です。……さぁ、覚悟しましょう。相当のブサイクが来るに違いありません。デブではないってことは、ヤセているのにブサイクってことですからね。相当のモンスターなハズ。心を落ち着かせましょう。ショック死しないように。目を閉じ、扉をあけます。
「こんばんわー」
ゆっくりと目を開ける。…そこには、アテネ・北京で金メダルを獲得した吉田沙保里似の金髪のコが立っていました。体は、細身、とは言えませんが普通体型。でも…ブスだなー!!(しみじみ)
 …でも、想像ほどのブスではありません。てっきりボク、フランケンシュタインみたいに目の付いてる位置とかがひどいことになってるくらいのレベルを想像してたので、ちょっとホッとしました。吉田だけど。とりあえず、お金を払いながら聞いてみます。
「Rちゃんはフーゾク長いの?」
「いえ、初めてです。他の店は面接とかで落ちたりしてたんで…」
 すごい説得力あります。ちなみにけっこうオプション付いてるのね?
「店の人が『オプションないと、指名付かないよ』って言うんで…」
「アナル中出しとか?」
「あーー、でも、それってまだヤッたことないんですよー。一応、OKにしてますけど。多分、痛いから無理だと思いますよー」
そう言ってニコッと笑うRちゃん。…いやいや、それおかしいでしょ?もしかしてシッコも『多分無理だと思いますーニコッ!』なんてことないだろうな?
「シッコは飲めるの?」
「あー、それもないんですよね。今までのお客さん、『飲みたくない』って言ったら、『じゃあ飲まなくていいよ』って言ってくれたしー」
 …ハァ??? なんだそれ?? 
 …あのさぁ、そのお客はきっと、シッコ飲ませるのを、それはそれは楽しみにしてたんだよ! でも気が弱いから、お前の「飲みたくない」ってセリフを受け入れちゃったんだよ! ボクは彼らの気持ちが痛いほどわかるぞ! こういうナメた女マジでムカつく! 殴りてぇーー!!そんなことを考え、ハラワタを煮え繰り返していると、フト気がつきました。…たしかこのコ、無料オプションに〝ビンタ・スパンキング〞ってのが付いてたはずです。じゃあ、引っ叩いていいんだ、吉田のこと。そう思った瞬間、胸がドキドキと高鳴る。鼻の上にプツプツと発汗するのがわかります。女の顔なんて叩いたことないですよ? イクのか?ボク、イクのか??
次の瞬間、振りかぶった右手で、思いっきり吉田の顔を引っ叩いた。パーン! と、マンガみたいな音。「…… !! 突然の出来事に、こっちを見開いた目で見る吉田。右の手の平がジンジンと焼けるように熱い。
「まずはシッコ飲ませるよ? じゃあ、服脱いでシャワールームに移動して?」
自分でも意外なくらい冷静な声が出たよ! ボク、なんか超ドSっぽい! Rちゃんにさっきまでの笑顔は無く、モタモタと服を脱ぎ出す。
「…でも、しっこ多分、飲めても…ちょっとしか飲めない…かも」
小さな声でつぶやくRちゃんの近くまで歩いていって、斜め上から振り下ろすように再度引っ叩く。すると今度は無言になり、素早く全裸になってシャワールームに。…いやボク、マジで女のコ叩いたの初めてです。なんか変な気持ち。DVな男の気持ちなんて理解できなかったけど、なんだろうこの気持ち。変な扉が開きそう、自分が怖い!シャワールームに入ると、Rちゃんは目を伏せてバスタブの中に入っていました。
「じゃあ口開けて?」
そう言うと、目をギュと閉じ、小さく口を開けます。
「もっと大きく。また叩かれたい?」
そう言うと、パカっと大きく開く口。先ほどからガマンしていたので、もうシッコは尿道のすぐそこまで来ています。
「じゃあ小分けにして出すからね?まずは口に溜めて。オレに見せてからゴックンって飲もうね?」
ブルルル…全身が震える。シッコが上がってくる感覚。続いてティンコの先の鈴口から、黄色いシッコが一閃、吉田の口の中に注がれていく。ある程度の量が口に入ったところでシッコを止める。おぉ! 下アゴ部分にシッコがたまってるよ!
「じゃあ飲んで?」
口と目を閉じる吉田。次の瞬間、「ゴホッ! ゴホ!!」と咳き込む。
「やだ、無理、苦い!!」
えええええ????なんだそれ???それからは、もう顔も上げない。「もう一回」と言っても「やだ」とつぶやくのみです。なんなの?最悪!せっかくシッコためてきたのにさ!あまりに腹が立ったので、頭を下に向けながら小さく咳アピールしている吉田の頭にシッコ発射します。
「え…! やだ〜 やだぁ!」
逃げようとする吉田なんぞおかまいなしに、頭や顔にシッコシャワーをジョンロロロと、超冷静な顔で、かけ続けましたとさ。 一体、あの店員は、どういうつもりなんでしょう?シッコが飲めない女のコにオプションを付けるだなんて…。ここはビシッと言うしかありません。Rちゃんの顔に精液をぶっかけた後、再び電話です。「もしもしーー」と、先ほどの店員が出ました。「…あのさぁ、さっき来たRちゃんだけど、『したことないから無理です』って、全然飲めなかったよ?」
「あー、…申し訳ありません。女のコの体調もありますんでー」
「オレは、シッコをゴクゴク飲めるコがいいんだけど?」
自分の言いたい事はハッキリと言う。なんと男らしいのでしょう。すると、申し訳なさそうに店員が言う。
「それならば、1時間だけお待ちいただければ…、ウチのナンバー1の嬢、Mちゃんが上がってくるんですよね。彼女ならゴクゴクイケます! 間違いないです!」
ナンバー1の嬢??? なにそれ? 親が知ったら無理心中しそうな称号! まぁ…そこまで言うんなら指名してもいいけど…。
「でしたらお客様!Mちゃんはオプションがガッツリイケちゃうコなんでー、ロングコースが…」
あぁ!もう60分でいいよ! そのかわり、また『飲めない』なんてヌルいこと言うようだったら許しませんからね!〜〜それから、お茶やジュースを飲みまくり、待つ事1時間。ホテル使用の2時間が過ぎ、延長料金になったころ、コンコンと再びノック音が。
 〜〜さぁ、今度こそ頼むぞ??祈る気持ちで扉を開くと…ピンクのカーディガンに花柄のワンピー
ス。軽いウェーブの黒髪。最近再ブレイクした岡本なつきを若くしたようなMちゃんが立っていました。おぉーー?? 悪くないじゃない?? こりゃたしかにナンバー1かも。しかも太ってない。これはメッケモンじゃないですか??
「…こんばんは…」
 ちょっとキョドった顔でこちらを見る。ここは飛ばしていきますよ!
「取り急ぎシッコをゴクゴク飲んでくれる?漏れそうだから」
「あ、はい!」
えぇ? なんか普通に「はい」って言ったよ?? しかも、ペタンと床に座ると、ボクのベルトを外し、ズボンとパンツを下ろしてくれます。…え? まさか、お風呂とかじゃなくて、ここでシッコ飲むの?
「はい…服とか汚さないようにしたいんで…あふれ出さないように、少しずつ飲ませてもらえますか…?」
えええーー?? マジで? 服を着たまま? ちうか、会ってからまだ3分も経ってないけど?
高鳴る胸。さっき吉田を引っ叩いたときとは比べ物にならないくらいのドキドキ感ですよこれは!!
ボクの顔を見ながら、しっかりと口を開けスタンバイするMちゃん。あまりの興奮にティンコが勃っちゃってシッコがなかなか出ません。一瞬、「とりあえずフェラでイッた後で飲ませるか?」という考えが浮かびますが、「会ってすぐにシッコを飲ませる快感を体験すべきだ!」と思いなおし、再びシッコをいざなうように神経を集中させる。それから約2分後。シッコが伝わってまいりました!
「あ、出そう。全部飲むんだよ?」
「…はい。飲ませてください…」
 Mちゃんがティンコの先をくわえる。その瞬間、シッコがジュワワワ〜〜〜っと出て行く感覚が。よし、一度、シッコを止めて…そう思った瞬間だった。
 …ゴクッ! ゴクッ! ゴクッ!ええええーーー?? 直飲み?? 「口にためて、意を決してゴックン」とかじゃないんだ?? スゴイ! 吸い付くようにゴクゴク飲んでる!あまりの衝撃にシッコの勢いが増す。すると、口の横から薄黄色いシッコがこぼれる。「んー!」と、Mちゃんが両手でアゴを押さえるが、シッコはピンクのカーディガンに数滴ポタポタとこぼれ、シミを作る。
 …なにこの体験?? こんなの生まれて初めてですよ! ずっと胸のドキドキが止まらないんですけど!それから約10分ほどかけて、たまったシッコを全部飲み干したMちゃん。「どんな味がした?」と聞くと、「美味しかったです」と笑った。口からは便所の臭いがした。

どんなに生意気な女も観念する恥辱プレイの最高峰

201509072.jpg 201509073.jpg
女がアナル綿棒を拒むのは付くから。ならば…
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます