志望のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:志望

  • 2019/11/25エロ漫画アダルトコミック

    ハタチ前後のムスメを喰いまくつとります僕ら芸能プロダクションの者も剌なんだけど、でよかったら写真撮らせてもらえないかな一と思って友達には内緒だけど、キミ事務所にスカウトしたいんだ。だから後で電話をくれないかな…答えさせ、そのままデビュ—と交換条件に身体を頂いてSMや、道具を使ったアナルセックスばかりでそれがタマラナイとか聞けばエリカと名乗るこの彼女、以前はモデルなんぞをやっていたそうです。ハッタリに...

    記事を読む

  • 2019/03/11エッチ体験談

    タレント志望の美少女ユリに接近。まんまと彼女の肉体をいただいたのだ.とまあ、ここまでが先月号でお伝えしだ部分なのだが、実はその後、私ばあることで頭を悩ませていた。コンテストで準グランプリの座を射止めてからというもの、ユリがこちらの誘いにまったく応じなくなったのだ。確かに、セックスはあの日1回限りという約束。コンテストが終わった今、彼女にとって、もはや私に何の利用価値がないというのもわかる。何しろ本...

    記事を読む

【エロ漫画】芸能人スカウトでタレント志望の女の子とSEXしまくる古典的な話

0228_20191124234017770.jpg0229_20191124234018346.jpg0230_20191124234020b36.jpg0231_2019112423402153a.jpg0232_2019112423402303b.jpg0233_20191124234024aa3.jpg0234_20191124234026d36.jpg0235_20191124234027ec2.jpg0236_20191124234029fd1.jpg0237_2019112423403065b.jpg0238_20191124234032381.jpg0239_20191124234033694.jpg0240_2019112423403518b.jpg0241_20191124234036a83.jpg0242_201911242340387aa.jpg0243_201911242340392d0.jpg
ハタチ前後のムスメを喰いまくつとります
僕ら芸能プロダクションの者も剌なんだけど、でよかったら写真撮らせてもらえないかな一と思って
友達には内緒だけど、キミ事務所にスカウトしたいんだ。だから後で電話をくれないかな…
答えさせ、そのままデビュ—と交換条件に身体を頂いて
SMや、道具を使ったアナルセックスばかりでそれがタマラナイとか
聞けばエリカと名乗るこの彼女、以前はモデルなんぞをやっていたそうです。ハッタリに全く動じません。だったら作戦変更!
やはり本物の上玉はそう上手くいきませんね。と、思ったその後
プロデュ—サ—と寝なきやいけないときもあるけど

タレント志望の美少女とハメ撮り

タレント志望の美少女ユリに接近。まんまと彼女の肉体をいただいたのだ.とまあ、ここまでが先月号でお伝えしだ部分なのだが、実はその後、私ばあることで頭を悩ませていた。コンテストで準グランプリの座を射止めてからというもの、ユリがこちらの誘いにまったく応じなくなったのだ。
確かに、セックスはあの日1回限りという約束。コンテストが終わった今、彼女にとって、もはや私に何の利用価値がないというのもわかる。何しろ本職は印刷屋のおっさんなのだ。しかし、それにしてもあからさま過ぎやしないか。せっかくのセフレができたと大喜びしていだのに、もうやらせちゃくれないなんて。とはいえ、まったく策がな
いワケでもなかった。〈またホテルに行こうよ〉というメールには〈そういうのは嫌です〉とにべもないユリだが、自分の進路のことになると、毎日のように相談を寄こしてくるのだ。
〈▲▲っていう芸能事務所に履歴書を送ろうと思ってるんだけど、自己PRにはどんなこと書けばいい?〉
〈女優になる前に、まずはネットアイドルになって実績を積むのはどうかな?〉
以前、ただただユリと一発やりたいがために、ラジオ局や俳優に知り合いがいるなどと、大風呂敷を広げたせいだろう。私を芸能界通か何かと勘違いしているのだ。となれば、その線で攻めるしかあるまい。幸い、知り合いのキャバ嬢に、キャンギャルやイベントコンパニオンを掛け持ちしている子が何人かいる。私は彼女たちから業界事情や芸能事務所の情報を聞き出し、それをさも自分の知識であるようユリに吹聴した。演出すると同時に、実際にユリを呼び出す口実も考えた。
事務所から連絡は来た?
〈全然。ヌード系のところばかっりで、ちゃんとした事務所からはーつも連絡ないの〉
〈何なら俺がキレイに撮ってやろうか、こう見えても力メラは10年以上やってるし〉
〈うん、撮って撮って〉
当日、ひとしきり撮影を終えた私は、スッとユリに近寄った。と、彼女が途端に眉をしかめる。
「ちょっと崎野さん。セックスはしないよ。止めて、絶対にやらないからね」
バ力め、そんな反応は先刻お見通しだ。いま活躍している芸能人はみな、肉弾接待で現在の地位をもぎ取った。これからタレントになるお前も、当然ヤリまくっていかなきゃいけない。だからその、邪魔っけな布をお取りなさい。
「でもアタシ、まだ芸能人じゃないんだけど」
「芸能界への道はもうここから始まってんの。肉弾しろよ肉弾。じゃなきゃもう協力しねーぞ」
言うと、ユリは静かにうなずき、私の股間を吸い始めた。素直な子だ。
★以来私が求めるまま、週ーペースでお股をパックリ開いている。そのうち伊東美咲のような人気女優になれることを信じて。そんなことは地球がひっくり返っても無理だろうが、ま、せいぜい夢を追いかけてほしい。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます