性感エステのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:性感エステ

東京のおすすめ性感エステ・マッサージ・手コキオナクラ体験談ガチンコリポート2

0074_20171027164837521_20190808214920fe3.jpg0075_20171027164839c03_2019080821492134f.jpg0076_201710281627536f9_201908082149237e0.jpg0077_20171028162754329_20190808214924a4f.jpg0078_20171028162756f96_20190808214926c69.jpg0079_201710281627525b5_20190808214927aec.jpg201503053_201908082149297ac.jpg201503054_20190808214930a91.jpg201503070_201908082149325a8.jpg201503071_20190808214933eae.jpg201503072_20190808214935d37.jpg201503073_20190808214936985.jpg201503074_2019080821493810c.jpg201503075_2019080821493931a.jpg201503076_2019080821494147d.jpg201503077_20190808214942e52.jpg
1、形態はセクシーガールズバー、とでもいうのだろうか。女性は全員ビキニ衣装。その衣装がかなり過激で、マイクロビキニとまではいかないまでも、普通の水着より露出度のかなり高いものを着ている。これだけでもすごいのに店内がめちゃくちゃ狭いもんだから、テーブル席では女の子たちがかなり密着してくる。厳密には隣同士ではなく、斜めに座る形になるのだが、目の前20センチほどの距離で水割りをつくるたびにおっぱいがぷるんぷるんである。
2、夜に数回行うショータイムも、彼女たちがカウンターの上に乗っかり股間をこっちにズームしてくる。その距離わずか10センチほどだろうか先日この店のコを自宅にデリバリーしたときの体験をお話します。ベッドに寝ると、女の子が身体にオイルを塗って、かるーく全身をもみもみしてくれます。
「この仕事は長いの〜?」
「いえ、冬休み入ってから始めたばっかりなんですよ」
「そっか、学生さんなんだね」
そんな会話を楽しみながらもみもみされているうちに、リラックスしてきたのか、股間がムクムクとしてきました。
 平静を装っている私に彼女が言います。
「あれ? なんかおっきくなってません?」
「まあ気にしないでよ」
「うーん…5千円くらいだったら手でできますけど」
思わず「じゃあお願いします」と言いたくなったのだけど、思いとどまった。黒髪の彼女、肌がやたらみずみずしくて、話し方も幼かったからです。ホームページの年齢は18才って書いてあったんだけど、万が一のことを考えて応じなかったのは正解だったと思いたいですね…
3、昨年、秋葉原を中心にお散歩系の店は一斉に摘発され、焼け野原状態になってしまったが、先日たまたまアキバを訪れた際、この店がまだ生き残ってるのを知り、女の子を呼んでみた。やってきたのは自称10代後半の若い子だ。60分以上の長めのコースを予約して、まったりカラオケを楽しむこと
30分。彼女が曲の合間に尋ねてきた。
「ねえ、今日は歌うだけで満足ってカンジですか?」
「というと?」
「お小遣いあれば、もっと色々できますけど…」
「…」
俺がしばし沈黙していると、彼女は何かをあきらめたのか、カラオケを再開した。「色々」ってなんだったのだろう…
4、ミラーボールの光で店内が明るく、シートの背もたれが低く、客席の間にさえぎるものが何もない3回転ピンサロです。だからとにかく見えまくりでして、目の前数十センチでディープキスするおっさんや、すぐそばでシックスナインに励むニイちゃんなどが数組、否が応でも視界に飛び込んできます。普通のピンサロは出入りのときだけ他のシートが見えるものですが、ここはプレイ中もずっと見えっぱなしなので、自分に付いた子がブサちゃんなら他席のカワイ子ちゃんを鑑賞しつつフェラされるのが賢明です。
5、セクキャバには、プレイルームが大部屋タイプの店がよくある。その手の店では、客同士の席を少し離しているものだ。が、ここは電車のように向かい合わせの座席のため、目の前のイチャイチャが互いに丸見えなのだ。まったく、ここまで見えていいのだろうか?
6、高級アロマオイルマッサージに分類される店だが、ここのセラピストは制服がとにかくエロい。ミニスカ&スケスケピタT姿で、鼠蹊部からアナル周りまで、ヌルヌルネットリ丁寧なマッサージをしてくれるのだから、いつも暴発寸前だ。歌舞伎町は大繁華街なので、朝から営業しているキャバクラはいっぱいある。夜勤明けによっしゃー飲むぞと思ったときなんかでも困らない。しかし、どうせ楽しむなら生チチくらいは揉める店のほうがいいに決まっている。じゃあ“いちゃキャバを探そうとなるものだが、これが意外とない。オレの知る限り、歌舞伎町ではここのみだ。覚えておいて損はない。
7、女性スタッフがSM女王様の格好をしたガールズバーだと言えばイメージしやすいだろうか。
あの手のボンテージファッションはSMショーで見ても全然ソソらないが、カウンター越しの女のコが身につけてくれると急に生々しくなる。しかもここは、ボンテージそのものも露出度が非常に高く、日によっては乳首にニップレスを張って乳房を丸見せしていることも。
8、パンチラに特化したガールズバーだ女のコに専用コイン(1枚500円)を支払うことによって、様々なエロゲームを楽しむことができる。ミニスカ女子がテーブルの上に乗って、パンツを見せつつ足で肩をマッサージしてくれたり、指フェラしてくれたりこれだけでも十分チンピク度はハイスコアだが、裏メニューにあるゲームはさらにエグい。ラップ越しのディープキス、はたまたTバックのケツを客の顔面に突きつけた状態で、女のコ自身が尻肉を開いたり閉じたりするなど、どこまでも過激なのだ。
9、捕まるのだけは絶対避けたい。だけど若い女の子の匂いをずっと嗅ぎ続けていたい。そんなヘタレ系変態男子の僕がとんでもないお店を見つけてしまったのは今から半年ほど前のことでした。
 若いコと遊べるお店をネットで探していたところ、目に止まった一軒のお店。HPをみると若いコと「おさんぽ」できるお店のようです。だったら当然あんなことやこんなこともできるよね…と想像を膨らませたのですが、それを制止するように大きく注意書きが。
〝当店では女の子とホテル・カラオケ・漫画喫茶に入ることは禁止となっております〞おいおい、じゃあなにができるんだよ!わけがわからなかった僕が怒り混じりでお店に電話をかけると、店員から思わぬ返答が。
「あの、それはサイトに書いているタテマエなので。事情は察してください、お客さま」
ふむ、なるほどね。当日「おさんぽ」相手として現れたのは、やけに若い黒髪のアイドルみたいな女の子でした。カラオケに入った僕は、さっそく膨らんだ股間を指さしてある提案を。
「かわいいから興奮してこんなになっちゃったよ」
「えー」
「いくらだったら手で抜いてくれる?」
 女の子はこちらを見つめて指を1本立てました。結果、スマホ撮影込みの1万円で手コキを実現することができました。その後、この店に足繁く通うようになったのは言うまでもありません。
10、ここは若い子が在籍する稀少リフレ店の一つで、マニアの間ではとても名が知られている。人気の秘密はそのオプションにある。このリフレ店のオプションは、店が作っているのではなく、女の子それぞれが自分で設定しているのだ。よって、値段もまちまちだしサービスもまちまち。となると、何が起きるのかはスケベなあなたならばもうおわかりだろう。たとえば人気嬢の●●ちゃん。彼女は制服下に着たパンツをTバックに着替えて馬乗りになってマッサージしてくれる。ほかにも●●●ちゃんも同様の馬乗りTバックをしてくれるオプションがついている。これらの過激オプション、店のホームページをいくらのぞいても一切記述がない。ではどこで見つけるのか。実は、店のホームページからリンクが貼られた各嬢のブログにこうした過激オプションについて細かく記述がなされているのだ。俺はこのブログを逐一チェックし、過激オプションを用意してくれる女の子を見つけている。これ以上は書けないが、オプションのなかには「若いコがここまでやっていいのかよ!?」と思うものも少なくない。当局にバレたらそう長くは続かないだろう。
11、都内の風俗好きの間で、江戸時代の遊郭っぽい和風内装のセクキャバ、通称「和風セクキャバ」が評判だ。プレイルームがフラットシートになっており、ブランケットも用意されているため、女の子と布団に入って添い寝をする感じでイチャつけるからだろう。こっそり手コキをしてもらったとか何とかいう話をよく聞くものだ。このセクキャバ(都内に複数店舗あり)は、そんな手コキの噂が多い和風セクキャバだ。実際どうなのか? 何度も足を運んだことがある私の経験から言うと、「女の子によってはアリ」だ。どの女の子を選んでも、ブランケットをかければ、パンツの上からのチンコのお触りくらいはオーケーだが、直接タッチはなかなかしてもらえない。ただし、指名上位のランカー嬢の場合、手をパンツの中に促せば、高確率で突っ込んでくれるし、単なるお触りではなく、割としっかりシゴイてもらえる。私は早漏気味ということもあるが、実際に過去何度かパンツ内で射精できた。ちなみに、女の子たちのこの過剰なサービス、ボーイは察してるっぽいが、見て見ぬふりをしている雰囲気だ
12、昨年、行き付けの小岩の洗体エステが突然閉店した。紙パンツ一丁でマットに寝転がって女の子に体を洗ってもらう店だ。慌ててネットで調べてみると、こんなニュースが。
「容疑者ら男2人が警視庁に逮捕されました。容疑者らは、男性客に対し、女性従業員に性的サービスをさせた疑いで│」
 まあ仕方ないか…。ホームページには「当店は風俗店ではありません」と謳っていたが、実際には女の子が客の紙パンツの中に手を突っ込んでシコシコとやってくれる店だった。料金は8千円(60分)。近隣のヌキ有り洗体エステよりも安くて使い勝手が良かっただけに残念というわけで以降、私はその摘発店の系列の洗体エステ(2店舗あり)に乗り換えた。同じく健全店を謳いながら実はヌキ有りというスタイルで、未だ問題なく営業しているからだ。料金も同じく8千円(60分)でリーズナブルだし。しかしもちろん、この系列洗体エステも今後どうなるかわからない。風俗通の友達曰く、近隣の洗体エステに「繁盛しやがって」と恨まれているとのこと。
13、そのうち閉店するかもなオレみたいなしがないリーマン御用達の、熟女系箱ヘルがある。
デリだなんだと違ってその場でヌケるのがいい。こういう店、近ごろ都内でも減ってきたので重宝している。って、オレがここに通いつめる理由はそれだけじゃない。なんといってもそのサービスに惚れ込んでるのだ。地下の店に入ってパネル指名。店内はお世辞にもキレイとは言えない年季の入った作りで、パネルには30代〜40代ぐらいのエロ熟女が揃っている。ちなみに風俗では常套手段のパネマジだが、ここも多少はある。パネル写真が100点としたら、実物60点ぐらいの女が多いだろうか。ベニヤ板一枚で囲われた超狭くて汚いプレイルーム。と、どこまでも期待薄の状況が続くのだが、ここからがこの店の本領発揮だ。 ボロさと反比例するかのような手抜きなしの濃厚全身リップ、バキュームフェラ、ドリルのようなアナル舐め。これまでの減点を挽回する特上プレイの数々に思わず
悶絶したところで、嬢が当たり前のように上から乗っかってくる。
コンドームつきの本番だ(中にはナマで誘ってくる子もいるが)。
「アアンッ、気持ちイイ〜! いっぱい突いてぇ!」
熟女たちの喘ぎ声、それはもうスケベっぽくてイイ。経験上ほとんどの嬢がこの調子だ。午前中なら30分7千円で堪能できてしまうのも実にいい。
14、この近辺で仕事をしてるので、毎日のように彼女らの姿をみている。ドンキ前で「エステいかがですかー」と声をかけまくってる中国人エステ嬢たちだ。ここ蒲田ではどういうわけか、新宿や池袋など他地域のチャイエスと違って、若くて巨乳だったり、スタイルが良かったり、話しかけても愛想の良い女の子が多い。やさぐれた雰囲気のおばちゃんなんてのはほとんど見かけない。こんな雰囲気なので、何を隠そうオレは何度もリピートしている。わざわざチャイエスに行くなら蒲田以外はありえないと思うからだ。彼女らはキャッチしたらそのまま店に連れて行き、誰かとチェンジするのではなく、本人が客の相手をする。チャイエスってのはどこでも本番ってのがあたりまえだが、ここも多分にもれず1万円ポッキリでデキてしまう。つまり路上で選んだ若い美人ちゃんとハメられちゃうってことだ。プレイ中もなんだか中国人らしからぬ様子だ。
「お兄さん、なんだか好きにナッチャイそうよ」とか「ソコキモチイイ!」など、機械的でない言動でめっちゃ満足できてしまう。
15、ここ、マニアの間では非常に盛り上がっており、「キャッチされ待ち」の男がフラフラしてる光景をよく見る。キャッチがはじまる時間帯はおよそ夜7時で、上玉チャイナちゃんたちは10時ぐらいから現れる。かなり酔っぱらって歌舞伎町を歩いていたところ、キャッチに声をかけられた。
「 お兄さん、チップ次第では色々できます全員日本人ですよ!」思わず足が止まった。
「 え? 抜きもあるわけ? 」
「 はい、もちろん」
酔った勢いもあり、ボッタクリ党悟でそのいちゃキャバヘと入った。早速ギャル系の女の子の乳を揉みながら単刀直入に話を切り出す。
「 あのさ、もっとエッチなサービスしてくれるって聞いたんだけど」
「 え早いもうですかぁ? 」
この返し、マジじゃん。急いで1万円札を差し出す・・・
16、池袋北口のエンコー女は線路の反対側へ移動した
池袋北口を出た線路沿いは有名な立ちんぼエリアでしたが、昨年ここが一掃されて以降、エンコー女はこっちに移動してます。公園に集う女の子の特徴は、とにかく若いこと。20代はもちろん、話しかけてみれば10代のコなんかも平気でいます。加スてこの公園、出会い系やテレクラでワリキリ募集している若い女のコの待ち合わせスポットにもなっているので、ちょっと観察しているだけでもオッサンに連れて行かれる若い女の子はあっさりとオレのチンコをパクリ。
17、若いコ好きが集まるリフレ店は秋葉原や池袋に集中してますが、私の活動拠点である新宿でその類の店を探すとすれば、ここが一番です。キャストの数は少なめですが、女の子のレベルがとにかく高い。AKBなんかより平均点はずっと上です。ハンドリフレや肩もみなどのマッサージなのですが、女の子個人でオプションを設定しています。
なので、交渉次第では生着替に始まり手コキなどのプチまで応じてくれるコも何人かいます。最初はただのリフレマッサージと言って店に入ったのに、個室で体を触られてるうち大きくなったチンコを見たメイドが「5千円くれたら手でします」と誘ってきたのだとか。
で、手コキしてもらってたら「 あと5千円くれたら祇めますけど」って言われてまた払い、スッキリしてきたらし い。手コキやフェラの最中、絶対に声を出すなと言われたそうなので、女の子が自主的に裏オプションを設定しているのかも・・・

東京のおすすめ性感エステ・マッサージ・手コキオナクラ体験談ガチンコリポート1

aba1066_20190808214324673.jpgaba1067_20190808214326105.jpgaba1068_20190808214327bad.jpgaba1069_20190808214329ed0.jpgakl062_20190808214330bd7.jpg0062_20171003224539576_20190808214343fb0.jpg0063_2017100322453561d_20190808214345933.jpg0064_20171003224536225_20190808214346a6b.jpg0072_20171027164834687_20190808214348e17.jpg0073_2017102716483630b_20190808214349e49.jpgaba1063_20190808214320bc0.jpgaba1064_20190808214321771.jpgaba1065_20190808214323001.jpg
日本人女性スタッフ在籍のマッサージ店だ。ホームページには「 当店は風俗店ではありません 」とキッチリ記してあるが、店の住所が書 いていない。出張タイプでもないのにどういうことだろう。
システムは「 電話予約制 」で、その際に店舗の場所を案内されるようだ。何か引っかかる。そこで先日、実際に電話し、教えられたマンションの店舗に行ってみた。代金 (1 万3 千円 )を支払って個室で待っていると、若い日本人女性スタッフが現れた。さっそくマッサージが始まり肩、背中、腰と揉まれていく。だが、いつまで経っても、期待するハプニングは起こらない。結局、そのまま最後まで普通のマッサージだった。帰り際、出口で女性スタッフが声をかけてきた。
昨年末、新大久保で体験した出来事である。
 夜8時ごろ、立ちんぼスポットのラブホ街を冷やかし半分歩いていると、40代くらいのオッサンが
カタコトの日本語で声をかけてきた。
「オニーさん、遊び?」
「いや別に」
 客引きか。まったくこいつらってのはどこにでも出没するな。
 無視して立ち去ろうとしたところで、相手がぼそっとつぶやいた。
「あのコ、13才」
「えっ?」
 さっと男の言う方向を見る。おかっぱの少女が座っていた。
「中出しオッケー、3万円」たしかにかなり若い。背は少しあるが、体はかなり細く、ぱっと思い浮かんだのは、新体操選手だ。
「…日本人なの?」
「そうそう」
「…でも13才って」
「別にいいならいいよ」
 男はそのまま去って行った。いったい何なんだ。本当に13才かどうかはわからないが、気持ち悪いっつーの。以降、何となく気になり、声をかけられた付近をたまにのぞきに行っている。その子を見かけるのは、週末の夕方が多いだろうか。ある日は、男と一緒にホテルに入っていく姿も目撃した。実に不気味だ。一時期メディアに大きく取りあげられて大流行した添い寝専門店。が、案の定というか、女の子によっては個人オプションとしてエロいことをして小遣いをもらうなんて状況になっていたこともあり、それらの店はなくなっていった。
普通に添い寝オンリーを楽しんでいたオレとしては悲しい出来事だ。
 しかしいまでも添い寝専門店はわずかに残っている。オレがいつも使ってる店は、下はあどけない
年齢の子から、上は20代前半ぐらいが在籍している。
 さてその店、昨年の後半ぐらいから、妙な雰囲気の子が増えてきた。
 ある日、指定のレンタルルームにやってきた嬢は、いかにも若すぎる感じでクリクリしたお目目が可愛らしい。
 並んで寝転んだところで耳打ちされた。
「アタシ他にもいろいろできるんでオプしてもらえませんか?」
 いろいろ、オプ。明らかにやっちゃイケないことの誘いだ。シャツごしの大きな膨らみのせ
いでついついお願いしてしまいそうになったのだが、どうにかこらえて添い寝のみで終わらせた。彼
女は「手だけなら安くしますよ」と粘ったけれど、泣く泣くガマンだ。
 それ以降、やってくる嬢の半分以上がこんな感じで個人オプションを持ちかけてくる。毎回断るの
はツライけれど、若い子と隣で寝転がれるだけでいちおう満足です
池袋の立ちんぼスポットは、時代とともに様々な場所を移動してきた。かつては池袋駅北口の喫煙所前がその定番として知られていたが、最近はめっきり見かけなくなった。
 先日、東口周辺をウロウロしていたところ、区役所裏手の公園で無目的にスマホをいじっている若い女を見かけた。ほう、まさかこ
の公園が立ちんぼスポットになってるの? 近づいて話しかけてみた。
「きみ、ちょっと遊んだりできる?」
「お願いアリですけど、はい」
 吉高由里子をロリっぽくした彼女がクールに答える。声からしてけっこう若いのは間違いない。聞けば、時間は40分ほどしか取れないらしいが、最後までちゃんとってくれるという。これは買って
もいいかも。
「若いよね、年いくつ?」
「秘密です」
 聞いた瞬間、なにか悪い予感がして言葉が詰まった。なんでも彼女、平日夕方の18時〜22時ごろまで気まぐれでこの公園に立っているらしい。ほかにも40前後のおばさん立ちんぼも見られるが、別の日に彼女以外にもやけに若い子を数人見かけた。この公園、いま池
袋で一番ヤバいスポットだと思う。
制服コスプレの若いコがマッサージしてくれる、表向きはありがちなリフレ店ですが、ここのウリはなんと言っても「30分ハグ」や
「シースルーセーラー服」などの過激なオプションがあること。これらのオプションを同時に試せばどうなるか、ちょっと想像してみてください。
 まず、女のコがシースルー素材でできたセーラー服を着て個室内に現れます。そして客はそんな半裸状態の女のコと抱き合うわけで
す。右手は女のコのケツに、左手はたわわなオッパイに。ハグも30分もすれば、それはもうハグじゃないですよね。
 過去にこの手の店で5秒千円で女の子とハグできるとこなんかがありましたが、この店の30分ハグはペッティング以外の何物でもありません。
 さらにさらに、こんなに過激な衣装とプレイがある店で働いているコたちなだけに、生乳を触ったり、パンツをズラして「具」を見たりしてもまったく動じません。
 ただ、最近女のコがあまりにも若すぎるのがちょっと不安で、ビビって足を運ばなくなりました…
ミニスカから伸びるナマ脚にニーハイソックスが加わると凄まじい破壊力になる。その絶対領域と呼ばれるニーハイ太股が見放題のイベント「ニーハイday」を毎月開催しているのが、この出会いカフェだ。
イベント当日は、スカートで来店した女の子全員にお店がニーハイソックスを貸し出すため、一度に大量の絶対領域をマジックミラー越しに楽しめるのだ。まったくもってイイ試みだ。スタッフの女の子とカウンターテーブル越しにトークを楽しむカフェである。酒も提供しているためガールズバーーみたいな雰囲気だが、そこらのガールズバーよりも格段に客が入っている。理由はずばり、スタッフに現役女子高生が多いからだ。
学校の授業がどうしたとか部活がどうしたとか リアルな学生トークを肴に飲む酒は、僕のような人種にはタマらない。同性愛者のメッカ・新宿2丁目には、レズ向けの飲み屋がけっこ ある。夜な夜な女たちが集まってイチャこいているのだが、だいた いどこの店も男禁制なので、我々野郎は様子を覗くことができない。しかしこのレズバーは、“2部制”なるシステムを採用しており男の入場も可能だ。そこには興味深い光景が広がってます。
過激なセクキャバというと、手コキやフェラのオプションがあるとかないとか、どうしてもヌキの方に目が行きがちだが、この店の場合はちょっと毛色が異なる。
 毎晩、ラストの深夜1時を過ぎると、入り口に鍵がかけられ、延長客と嬢たちがハチャメチャなことをやりだすのだ。
 嬢を亀甲縛りにして、勝手に緊縛ショーをはじめる客。チップ欲しさにどんどん服を脱ぎ、最後は全裸になって店内を練り歩く嬢。そしてその嬢のマン毛を引きむしって大事にポケットにしまう客。とまあ、とにかく乱痴気ぶりがハンパなく、中にはそのカオス祭りだけを目的にやってくる連中も結構いるらしい。
 この店がいつも夜11時以降にやたらと混み出す理由は、まさにそこにあるのだ。
このガールズバーへはじめて遊びに行ったときは、本当にビックリした。カウンターで店の女のコと下ネタトークで盛り上がっていたら、彼女がいきなり言うのだ。
「お客さん私とエッチしたい?これだけ(指を二本立てて)くれたらホテルに行ってもいいよ」
 そんなバカなと思いつつ、お願いしたところ、なんと本当に彼女を近くのラブホへ連れ出し、合体することができた。こりゃいったいどういうことだ?
 女のコに聞いたところ、実はこのガールズバー、大手風俗チェーンが経営しており、夜、グループ店でお茶を引いてるフーゾク嬢を集め、バー店員として働かせているらしい。その間に連れ出し希望の客が現れた場合は、女のコの外出を認めているそうな。
 まったく大胆な店もあったものだが、客としては素晴らしいシステムという他ない。実際はフーゾク嬢とはいえ、ガールズバーの店員として知り合ったコを抱けるなんて、興奮するなという方が無理な話だ。いわゆる「イチャキャバ」という類の飲み屋だ。女の子が横についてお酌をしてくれ、生オッパイとかも触らせてくれ、基本料金は50分5千円。
 だがこの店、行けばついそれ以上使ってしまうことになる。女の子がこんな裏メニューを提案してくるからだ。
「5分5千円で、奥の個室に行けるんだけど」
 かくして個室に移動すると、フェラが始まるのだが、5分で終わらなければ、10分、15分とどんどん金がかかっていく。ニクイ店だ。一応、業態は「カラオケスナック」らしいが、こんなにも
ブッ飛んだ飲み屋も珍しい。客もホステスも全裸なのだ。
 ママを筆頭に、ホステスのノリはとにかくいい。店内が盛り上がってくると、「カギかけて〜」と入り口を施錠して、チンコをしごいたり、軽いフェラも。抜きこそないが、まさに乱痴気騒ぎだ。客もホステスも全裸。ブッ飛びすぎた。
この洗体エステ、最初はもう一つな印象でした。美人ギャルが泡まみれでマッサージしてくれるんですが、抜きは無かったんで。
 でも1回目の帰り際、スタッフが言うんです。
「うちは2回目からは手コキがありますんで。携帯番号を教えてくれませんか?」
 次に来たとき番号を伝えると、抜きが加わるシステムなんだと。
 なんでそんな面倒なことをするのかと訝しく思ってたんですが、そう言われると次も訪れたくなるのが男の性。結果的に二度三度と手コキを味わいに通っています。店のシステムではうたってませんが、手コキが付いてる密着エステです。まあエステの裏サービスとしてはそんなに珍しくはないかもしれません。
 ただこの店、手コキの仕方がひと味違います。ミニスカ+Tバックという格好の女のコが、お客の顔の上に尻を乗っけた逆顔面騎乗スタイルでシコシコしてくれたりしますから。
 歌舞伎町には密着エステがいくつもありますが、顔騎サービスの店はおそらくここだけでしょう年末、歌舞伎町の路地裏の立ち飲み屋に入ったところ、店主のジイさんが〝客引き〞について教えてくれた。
「そのヘン立ってるヤツは騙しが多いよ。まあ付いて行かんほうがいいわ」
「そうなんですね」
「ちゃんとした客引き紹介してあげようか?」
 ジイさんはどこかに電話をかけ、まもなく一人の小太りオヤジが現れた。この人が信用できる客引きなのか…。
 ところが小太りオヤジは、よくわかないことをしゃべり始めた。
「若いコも紹介できるよ。こっちの人によく回したりするんで」
 そう言って、人差し指ですーと頬をなぞる。
「3万でいいわ。今はこっちもうるさいけど」
 今度は握り拳を作ってオデコに当てた。何を言ってんだこのオッサンは? 意味がわからんし止めとくわ。ちなみにこのオッサン、現在も歌舞伎町に立っている姿をよく見かけます。
ホームページを見ると、どこからどう見ても一般的なマッサージ店である。にもかかわらずオレは東京出張の度にこの店を利用する。
 院内マッサージではなく、ホテル出張時に限り「オイルマッサージコース」に手コキがついてくるからだ。
 こうした非公式での手コキサービスをしてくれる真面目なマッサージ店は都内に何軒かあるらしい
が、不満なのはどこも40〜50代の店員が多いことだ。
 でもここの女性スタッフはちがう。ほとんどが30代で、しかもマッサージもうまい。摘発なんてさ
れたら、出張のモチベーションはダダ下がりだ。なんとか生き残り続けて欲しい。

神奈川・横浜・川崎のおすすめ性感エステ・マッサージ・手コキオナクラ体験談

0080_201711011916599bc_20191005105010d20.jpg0081_20171101191701253_20191005105012f96.jpg0082_20181210161544668_20191005105013469.jpg0083_201812101615468b1_20191005105015064.jpg201503078_20191005105016bb1.jpg201503079_201910051050182ae.jpg201503080_20191005105019c8c.jpg201503081_20191005105021551.jpg201503082_20191005105022fb6.jpg201503083_20191005105024623.jpg201503088_2019100510502578f.jpgaba1061_20191005105027bf8.jpgaba1062_20191005105028f8f.jpg1、この手コキ専門店は、店に内緒で客と本番をする女のコがいることで、一部マニアの間で名をはせている。本番OK嬢の正確な人数は不明だが、俺が知る限りは2人いる。A・20代前半。トークが面白く、若い頃の西川史子に似ている。B・乳が大きめの20代前半で、酒井若菜のようなホワンとした顔。言うまでもなく、両人の容姿レベルはかなり高い。過剰サービスにはむろん追加チップが必要で、相場は大1枚。ただし金さえ払えば誰でもヤレるわけではないようで、本人たち曰く、キモい客には『私、ウリなんてやらないし』とすっとぼけてるんだそうな。ま、そうは言っても、見た目がもろオタクな俺ですらヤレてるんだから、ハードルは相当低いと思っていいだろう。
2、店内の通路が不自然に曲がりくねっており、スタッフの見回りも一切ない、迷路みたいなアダルトショップです。死角だらけなのをいいことに、物好きなカップルがやって来て、店内で露出プレイをよくやってます。エロ下着コーナーで素っ裸になったり、バイブコーナーでフェラしたり。わざわざネット掲示板に露出予告するような連中もいるのでギャラリーもわんさか。このアダルトショップ、こういう集客が売り上げに繋がると踏んでこんな複雑な構造にしてる気がしてなりません。
3、この店、ガールズバーにしてはかなり珍しいオプションがある。プラス1500円を払えば、
女のコに「とびッこ」バイブをつけさせることができるのだ。渡されたリモコンをスイッチオン。震動のレベルをだんだん上げたり、いったん止めたとみせかけてマックスにしてみたり。なんてことをお客たちがこぞってやってるもんだから、あっちの子もこっちの子も足をくねくねさせている。中には耐えきれずにしゃがみ込んじゃってるような子も。
4、神奈川の風俗好きに密着エステのオススメを聞くと、小遣いを払えばヌイてくれるコが多い店としてよく名前の挙がるところが5つある(全て系列店)。中でも今一番アツイと評判なのがこのエステだ。在籍嬢は30人ほどいるが、うち〝ランキング〞入りしてないコはだいたいプラスアルファのサービスを持ちかけてくる。とにかく競い合うようにして小遣い稼ぎに励んでいるのだ。相場はプラス5千円でフェラ。さらに1万円ほどで本番までさせるコもいる。
5、立ちんぼエリアとして有名な曙町界隈の路上には、台湾やタイなどのアジア系、メキシカンやブラジルなどの南米系など、ワールドワイドな面々の女性たちが点在しています。週末にもなると、全部合わせて30〜40人。こんなに大胆に売春してるのにどうして摘発されないのかいつも不思議に思っているんですが、以前は外国人しかいなかったこのエリアに、最近ポツポツと日本人の女を見かけるようになりました。交渉次第では屋外でのフェラが3千〜5千円。本番はイチゴーが相場です。ここで一つ裏ワザが。この界隈の立ちんぼたちは、女の子によっては近場のマンションをあてがわれてそこに住んでる子がいます。なので「近くに住んでるんでしょ? ホテル代もったいないから部屋でしようよ」と持ちかければ、ホテル代を浮かせることもできるわけです。女の子たちは2人で一部屋をシェアしてるので、部屋に誰もいないタイミングじゃないとできませんが、交渉する価値はあると思います。ちなみに、日本人だと思ったらオカマの立ちんぼだった、という事故も起きてるようなので注意してください
6、ペラペラの薄い服を着て密着洗いをしてくれる大人の洗体エステ。俺も何度か行ったことはあるのだが、大の洗体マニアの知人に聞いた話では、西口に点在するその手のエステ店は、どこも比較的若くてレベルの高い子が多いが、特にオススメなのがこのお店だと断言する。理由は、お店の女の子に何人かヒヤっとするほど幼い雰囲気の子が混ざっているからだ。
「へ〜、ももクロ好きなんだ」
「すごい好き〜。学校でも好きって言ってる子いっぱいるし」
「学校ってなに? 大学? 専門?」
「ヒミツ〜」
普通にこんな会話が交わされるらしいので怖いったらありゃしない。そんな若すぎ女子がヌルヌル密着洗体やら手コキやらをしてくれるだけでもヤバいのに、試しに「エッチしようよ」と1万円を差し出せば、軽く応じてくれるらしい。それも結構な頻度で。マニア氏曰く、「感触では歳がいってる子よりも若い子の方が援に応じてくれる確率が高い」とのことだ。そんなわけで地元の風俗好きたちの間ではかなり人気を集めているんだけど、やっぱり行くのは怖いよな〜
7、この箱ヘル有名ヘルスチェーンなのでサービスがしっかりしている 。そのへんのヘルスだと女の子によって愛想が悪かったり手抜きプレイをされたりするがそういうことは一切無い
8、続いては店内でセックスできるとんでもないスナック!? に裏オプションのあるエステ店
銀柳街沿いの居酒屋のマスターたちに「水鉄砲のできるお店知ってる?」と尋ねれば「あそこだね」と即答される川崎では有名なお店です。まず目につくのが、女の子の服装でしょう。セーラー服や水着、ボディコン風などの服が、すべて薄っぺらい紙でできているんです。客は水が満タンに入った水鉄砲を千円で借りて、キャーキャー言いながら逃げまどう女の子たちを狙って撃ちまくれるんです。
「あ〜ん、やられた〜!」などとおどける女の子たちの紙製の服は一瞬でスケスケになって身体に張り付き、ボロボロ溶けていきます。ビチョビチョになった服の下にオッパイやお尻がクッキリ浮かぶ姿のなんとイヤらしいことか。こんなに楽しい遊びはほかにないんじゃないかと思ってしまうぐらいです。が、この店がスゴイのはそれだけじゃありません。店内は水鉄砲遊びができるバーカウンターのほかに、奥にピンサロのような作りのソファ席があって、気になる女の子を指名してソファ席に移動すると、5千円程度でフェラ、交渉しだいでは1万ほどで本番までできてしまうんです。何度か手入れを食らっても、しぶとく復活を果たしている地域の隠れた名店だと思います。
9、このソープ、在籍する女の子は20〜22才限定の若い子揃いで、若さを追求するあまり、若すぎて困ってしまうレベルの子までが登場したりするので、こちらとしてもヒヤヒヤものだ。しかもヤンチャな雰囲気のギャルばかりだからか、思わぬ副産物にありつける。ここの女の子たち、かなりの高確率でクスリをやってるのだ。ご存じの通り、クスリでキマった女はとにかくエロい。俺はいつもこの店に行くと、女の子に「仕事大変でしょ〜。クスリでもやらないとやってらんないんじゃない?」などと粉をかけ、相手がクスリ好きかどうか確認している。やってる子は「お客さんもやるんですか?」と尋ねてくるので、
「結構好き。昔からよくやってたし、今もあればやりたいな〜」などと自分もシャブ中のフリをすれば、「今やってもいいですか?」という展開になる。結局彼女たちは自分が気持ち良くなりたいだけなので「今日は寝てないから俺はいいや」と断れば、女のコが1人で勝手にキメてくれるのだ。ガンギマリの嬢はドエロい獣のようなセックスをしてくれるので、これ以上のソープ体験はできないと思う。
10、川崎駅東口にある「 南町 」は、連れ出しスナックが点在する老舗の本番エリアだが、長年まったく興味がなかった。理由は単純明快。女が外人( 韓国 )ばかりだったから。 だが、 最近その状況が変化している。若い日本人がいるのだ。中にはなかなかの美人さんも。料金相場は1万3千円くらい。
11、西部エリアで、若いコがもっとも多く集まる場所といえば―町田をおいて他にありません。タ方以降になると、単に遊びに来ている女の子だけでなく、家出娘と思われるようなコもドンキ前でチラホラと見かけます。これがとにかく若い。未成年なんじゃないかと思えるくらいに。さて、買える女の子を見つけたかったら、J R町田駅南口に向かいましょう。駅を降り、すき家の前を横切って右折すると、ラプホ街へと向かう橋があります。有名な立ちんぼスポットです。残念ながら、常時観察されるの中国人のババアです。 ところが、 夜10時をまわったあたりからその様子が変わってきます。明らかに日本人の、しかもかなり若い女の子がチラホラ。注意すべきは、彼女たちはすぐに買われていってしまうので見つけたらすぐに声をかけることです。ただし中には未成年の家出少女と思われる女の子も混じっていますので、 年齢確認は怠らないように・・・
12、先日、福生の飲み屋街を歩いているときこの店の前を通りかかった。ばっと見はスナックだが、何となく香ばしい。近辺にはホステス(中国や台湾 )との店外デートが前提の飲み屋、いわゆる夕連れ出しK が数軒あるため、ここもそのクチか。とドアが開いた。現れたのは、三十半ばくらいの熟女だ。「 遊ひですか?今日は自分しかいないけど、私でよければ大丈夫ですよ 」どうやら日本人らしい。代金は1万2千円という。外人じゃない連れ出しもあるんだな。ところが、店に入るとさらに想定外の展開が。「じゃあ脱いでください」店でヤルのかよ!かくして、カウンターに手をついて尻を突き出した女を、バックから突きまくった。すごい店を見つけてしまった。
13、知る人ぞ知る、大繁盛のエステ店だ。在籍嬢はみな02代と若く、しかも粒ぞろい。これで人気が出ないわけがない。ただし女の子のレペルの高さだけがこの店の特徴ではない。もうーつの人気の理由は20時を過ぎると現れる「 裏オプ 」の存在だ。このお店、20時までは普通のエステ店なのだが20時をこえると抜きサーピスが追加される。ホームベージを覗けばまるでそれを証明してるかのように在籍嬢のシフトは20時以前、以後と区切られている。ただし、抜きの情報についてはホームベージを見てもどこにも書いてない。曙町の親不孝通りは無数の風俗がひしめき合っていて、夜になると大勢の客引きが現れます。多くの巨大歓楽街と同じく、ここいらも0時を過ぎるとほとんどの店が営業禁止になるのですが、客引きの皆さんはどういうわけかいなくなりません。そうです。深夜を過ぎても営業を続ける違法店が多いので、そこへ呼び込もうとしてるのです。さすがにその時間帯になると、営業してるのはフィリピンやタイ人系の女の子がいるような店ばかりですが、唯一、日本人のいるお店を紹介してくれる男性客引きがいるんです。20時以降に親不孝通りに突撃し、客引きに声を掛けられたら「日本人がいいんだけど、そういう店ある?」と、こちらから質問をぶつけていけば、「日本人でもご紹介できますよ」という客引きが見つかるはずです。彼らがいる場所はいつも同じあたりなので、なんどか交差点をウロウロしていれば見つかると思います。条件は1時間1万8千円前後プラス、レンタルルーム代2〜3千円で、若い日本人女子限定。もちろん本番アリです。酒で盛り上がりすぎて風俗が全部閉まっちゃった!というときには、この客引きを見つければ満足の行くフィナーレが迎えられるでしょう。
14、もうだいぶ昔の話だが、かつて首都圏で「セクシー居酒屋」なる業態が流行ったことがある。業態は普通の居酒屋なのだけど、水着を着た若い女性店員が料理を運ぶ姿がエロいこともあり、たいへんな人気を博していた。なかにはエロいミニゲームをする店もあって我々を楽しませてくれたものだが、その過激さゆえ今ではほとんどの店が閉じてしまった。ところが、首都圏で唯一生き残っているセクシー居酒屋が横浜にある。この店、在籍店員の年齢がとにかく若い。22時までの時間帯だと未成年に見えるような女の子もちらほら見かけるほどだ。それだけでもすごいのに、この店は他にもたまらん光景を見れることで有名だ。なんといっても外せないのが名物「生しぼり」。水着を着た女の子が生しぼりサワーをつくっている間、他の水着店員がワイワイキャッキャしながらそのコの乳をモミモミするのである! 弾力性ある胸が眼前で揺れ動く光景は筆舌に尽くしがたい。これで居酒屋を名乗っているのだから素晴らしい!
15、去年の夏、友人たちとなんとなく入った地元のセクキャバで驚きの体験をした。薄暗い店内にソファが置かれた典型的なセクキャバという雰囲気で、俺の席に着いてくれた20代のヤンキー風美人の女の子も、いかにもセクキャバで見かけるタイプの女の子だった。彼女に膝の上に跨ってもらい、キスやら乳揉みやらをしながら世間話をし、ふと周りをみると、やけに若い、というより明らかに幼い感じの女の子がオッサン客に乳首を吸われている姿が目に入った。
「ねえ、なんだかすごい若い子がいるね」
「あ〜、あの子らこのへんの学校通ってる子たちだよ。夏休みとか冬休みとかになると毎回短期で来るんだよね」
よくよく店内を見回してみると、その子のほかにも若すぎる女の子は複数いるようで、オッサン客たちとディープキスやら乳揉みやらのエロエロプレイの真っ最中だった。夏休みってことは予備校? 専門?それとも…

大阪でエロい遊びが出来る大人のスポット・レズプレイ鑑賞・セクキャバ・ショークラブ・バー体験談

0092_20171023160319110_201910191929337ac.jpg0093_20171023160320215_20191019192934d42.jpg0094_20171025180744c1c_20191019192936c1c.jpg0094_20171110153911933_20191019192938dda.jpg0095_201711101539121f8_201910191929418b3.jpg0095_20171025180745ccf_20191019192940904.jpg0096_201710251807479bf_20191019192943b89.jpg0096_2017111316155221b_201910191929452c0.jpg0097_20171025180748e2f_201910191929468da.jpg0097_20171113161553730_20191019192948ec5.jpg0098_201710301615161ab_20191019192949dc5.jpg0098_201812221114038e7_20191019192950e46.jpg0099_20191019192952055.jpg0099_20181222111404552_2019101919295358a.jpg0100_20191019192954ccd.jpg0101_2019101919295653e.jpg0102_201711171600525ba_20191019192958e65.jpg0103_201711171600477db_20191019193000778.jpg
1_201911191025165c9.jpg1、関西のオタクの聖地・日本橋には、メイドデートなる店が大量に存在します。
お店は数千円を払って若い子たちと町中を散歩するのが基本システムですが、女の子たちの中には小遣い欲しさに独自のシステムを導入してる子もちらほらいまして。散歩しながら世間話をしていると、向こうから「何したいですか?」「私と何しますか?」などとアプローチしてくる子がいます。もちろんすべての女の子がそんな話をするわけではないですが、詳しく話を聞くと「ホテル散歩」や「裏オプション」などの隠語を使って客に援交を持ちかけてくるわけです。「キスは千円」「手なら3500円」「口は5千円」などと具体的な金額メニューをいう子までいるから驚きです。言うまでもありませんが、変な気は起こさないように
2、パレオ付きのセクシービキニ姿の女の子たちが接客してくれるバーです。南国風バーなので、冬でもピチピチギャルのビキニが楽しめる素敵な店なんですが、女の子の中にはピチピチ度合いが尋常じゃないレベルの子がやたらと混じってるんです。その子たち、とある事情で夜10時になると帰っちゃうんですが、ピッチピチ女子のパレオ姿を肴に酒が飲めるんだから文句はありません。ちなみにこのお店、女の子たちの待機室がガラス張りになっていて、通りからビキニ女子が見えるという特殊な造りになってます。お店の外から女の子を眺めるだけでも楽しめるので、一度足を運んでみてはいかがでしょう。
3、普段から乱交好きな友人と2人で、その手の風俗を探してるんですが、スワッピングOK、つまり2人の女の子を交換できるスワッピングシステムを採用してる店は珍しいのではないでしょうか。
 お店でコースを選択すると、大抵普段から仲のいい2人組の女の子たちを紹介されます。提携してるホテルのツインルームを案内され、いざシャワーを浴びてプレイが始まると、相互鑑賞しながらのヘルスプレイから、ほとんどの場合、すんなりゴム本番に移行できてしまいます。もちろん、ここでは発射はせず、タイミングを見計らって「交換しよっか」とパートナーをチェンジ。再び相互観賞しながらのゴム本番となるわけです
4、ここ、おそらく関西で一番デカいロシアンパブだと思う。60分6千円とリーズナブルな金額のわりに、在籍する女の子たちはみんな上玉の白人ネーチャンばかり。たまに有名人が遊びに来てるのを見かけるので、おそらく貴重な店なんだろう。
席に着いた女の子たちはみんな「ノミニイコウヨ」「ゴハンオゴッテ」などとすぐに店外デートの話を持ち出す。おかしいと思っていたら女の子の1人が「アト2万5千円クレタラ、ホテルデートデキルヨ」とタネ明かししてくれた。こんなに大勢の子がいる箱なのに、随分大胆なシステムだと思う。
5、梅田の無料案内所で紹介されたセクキャバです。システムは40分6千円で花びら3回転が可能との説明でした。席に着くと、出てきたのは驚くほどの美形で、ピーチクパーチクやかましくない品のいい話し方の女の子でした。タイプだけにキスだけですぐにチンコが反応。「立ってきた」と、テントを張ったあそこを見せつけ、ダメ元で「ねえ、ちょっと触ってよ」と持ちかけると、「店員に見つからなかったらいいよ」とまさかのOK。ズボンのチャックを開きゆっくりと手コキしてくれました。が、発射する前に女の子が交代。2人目もかなりの美人で、もしかしてと思い「ちょっとだけ触ってくれる?」とお願いすると、こちらもOK。手コキがデフォルトだと確信し、3人目の女の子にもお願いすると、予想通り、三つ目の手コキをゲットしたのです。
6、料金が少し高めのホテヘルだが、それでも客足が途絶えないのは、うっかり素股がひんぱんに起きるためだ。その名のごとく、素股中にアクシデントを装って挿入してしまうというもので、キスやフェラを済ませると、女の子が素股を開始。次の瞬間、うっかりツルっと入ってしまうのだ。この事故が本当によく起きる。構わず腰を動かしてやると、だんだん女の子も「あん、あん」と感じ出すし。まったく、うっかり者が多くてありがたいやら何やら。
7、AVを何本かカゴにいれ、個室に入ってオナニーする̶。何も知らずにここに入店した人なら、よくある個室ビデオと何ら変わらない店だと思うだろう。が、この店にはある秘密が隠されている。
それが個室の壁にひっそりと設置された、玄関のチャイムのようなボタンだ。そいつを押すとドアをコンコンとノックする音がして、私服姿の女性が無言で個室に入ってくるのだ。女性は「8千円になります」と料金を徴収し、こちらの股間に手を伸ばし、流れるような動きでローション手コキを始める。店の看板にも部屋の中にも、この手コキ嬢を呼ぶチャイムの説明は一切ない。知る人ぞ知る、秘密のサービスなのだ。
8、ずいぶんと若い子だらけのリフレだ。システムは簡単なマッサージのほか、膝枕やハグ、添い寝、ラップ越しキスなどほかのお店と大差ないが、女の子の中にはガッツリ稼ぎたいと考える子もポツポツ存在する。カーテンで仕切られた狭い部屋での密着マッサージでこちらが興奮した頃合いをみて、
「お小遣いくれたら、ホテルとか行ってもいいかも」なんてセリフが自然に飛び出すのだから恐いことこの上ない。
「そういうこと、よくやってんの?」
「毎回じゃないよ。気に入った人とだけ」
どうやら連絡先を交換して外で会うという流れらしい。
9、最初はコスプレの嬢と普通にセクキャバプレイをする。そのうち、『ショータイム』がはじまって、嬢たちが店中央のステージに集まり、パンティ生脱ぎタイムだ。
オレがこの店を強く推す理由はこの後である。無事に生脱ぎを終えた嬢が席に戻ってきて、そのパンティを客の頭にかぶせて、再度股間にまたがってくるのだつまり、生のアソコが客のズボンにベタッ。そのまま胸をモミモモミ チューチューするうち、女の子が濡れてきて愛液でズボンがビチャビチャになる。なんだだかマジで興奮してくれてる証拠みたいで、異様に興奮する。
10、抜きナシの洗体マッサージだが、その内容は風俗店と見紛うほどだ。うつぶせで身体を泡まみれにされての背中マッサージは、女の子が客の頭に股間を押しつける形で始まり、おっぱいを背中にこすりつけるように行われる。仰向けになってからも同じで、ときおり顔面に胸が当たるほどの密着洗いだ。ソケイ部への攻撃も入念 、泡まみれでよく見えないからか、女の子の手がときおりアクシデント的に触れることも。
11、かなりユニークな部類のお店です。入店し女の子を選んだら、洗体用マットを選びます。ベッドタイプのアポロ1号か、マットタイプのアポロ2 号。どちらもエロスの小宇宙(なんじゃそれ?)を体験できるとの触れ込みです。1号は、うつ伏せになった状態の股間部分に窪みがあり、そこに洗体用の泡石鹸やローションが溜まることで、チンコがなんとも言えないヤラしい感覚に包まれるという趣向。そこに女の子の手が侵入し、弄りまわしてきます。2号も1号と同じく股間部分が空洞になっていますが、女の子の動きが少し違います。たっぷりのオイルを使用して上下左右、縦横無尽、同時多発的に攻め立ててくるので、宇宙飛行士のような浮遊感に包まれつつ絶頂が迎えられるって寸法です。ちなみに2号はこちらからも責めることができるので、女の子の体を触ったり、最後は一緒にイケるのが醍醐味。
12、店名に「変態」の冠を置いたマニアのためのマニア店で、ストレートな店名に恥じないだけの実力を持っている。その秘密は多種多様なオプションプレイにある。バイブや飛びッコ、剃毛などの比較的メジャーなものから、マン拓や髪コキ、メガネ顔射、ホイップクリームプレイまで、マニアック過ぎて存在意義を問われるようなオプションが40 以上も用意されているのだ。正直、女の子のマン拓を取ったり、ロングヘアーでちんこをしごいても、それほど興奮できなかったが、自宅のベランダでフェラしてもらえる「ベランダ露出フェラ」は、なかなかの興奮度合だった。
13、かなり大きな性感エステのグループ店です。母体が関西の某巨大風俗グループだけに、女の子の数も他のエステ店とは比較にならないほど多く、ライトサービスの性感エステということもあり、女の子のレベルは高いです。なぜここがいいのか。それは、そんなハイレベルな女の子たちが指名欲しさに内緒のプレイをやってくれるからです。そもそもここは密着エステをウリにしていて、胸を当ててのマッサージや乳首舐めといった過激なサービスが基本です。内緒プレイはその少し上。本来、料金がかかるはずのゴムフェラをタダでやってくれたり、アナル舐めしてくれたり。頼み方次第では最後までやってくれる子もいます。サービスは店の指示ではなく、女の子自身の意思なので、ちょっとしたギャンブルではありますが。M女の基本コスチューム「コートの中は全裸&首輪」のスタイルで女が登場します。その場でしゃがませて強制イラマチオを開始。勃起ペニスでたっぷり嗚咽させたら、首輪のリードを引いて部屋に引きずり込みます。女の子は拒否権を持っていません。なので自分はベッドに横になって命令していくだけです。飽きるまで足の指やら乳首やら、チンポを舐めさせておきます。気が向いたら自分の尻を女の顔に押しつけてアナルを舐めさせてもいいでしょう。とにかくM女を好き放題できるのがこの店のいいところです。
14、ここはいちおうセクキャバで、嬢のおっぱいやアソコを触れる店です。でも、特に夜がふけて嬢たちが酔っぱらい始めると突然ヘンなノリがはじまります。
「じゃあアタシの飲む人~」
女性のうちの誰かがこんな感じで声をあげて、ビールジョッキに自分のを注ぐんです。それを客に飲ませていくんですね。僕は飲んだことないんですけど、お客さんの中には飲んでバカ騒ぎする人がけっこういます。この謎のタイムは行くたびに行われてるんで恒例なんでしょうね。飲ませる女性も毎回決まった人じゃなくてまちまちです。
15、このお店、表向きは学生服姿の女の子と一対一でトークできるトークカフェとなっているが、その実態は、大阪が生んだ変態文化、パンチラ喫茶の流れを汲んでいる。女の子がカウンター越しの正面に座るとき、高確率で体育座りしてくれるため、トーク中のパンチラが楽しめるのである。あくまでおちゃめな女の子が体育座りをして、うっかりパンツを見せてしまった、という体なので、見えたときの興奮と喜びは大きい。
16、一見、何の変哲もないパチスロ店だが、女性店員の衣装がやたらと刺激的だ 夏場はほぼ毎日タンクトップにホットパンツ。以前は上半身ビキニ、下はホットパンツ姿で店内をウロウロしていることもあった。精算する時スタッフを呼んで台の上からドル箱を降ろしてもらうと タンクトップ店員のおぱいがクッキリ。メダル補充もぱつんぱつんのおっぱいがかなり近くでで味わえる。もはやスロットどころではない。
17、本来は女性のためのレズビアンデリだが、男性向けにレズプレイ鑑賞コースを設けている。
女の子たちに手を触れてはいけないが、リクエストが可能で、キスや手マン、クンニなどはもちろん、貝合わせなどもお願いできる。ヌキサービスは無しだ。
18、股間周りへのマッサージがやたらしつこいと有名なお店だ。うつぶせの体勢で お尻マッサージでは、お尻から徐々に股間に接近していき、玉袋周辺をヌルヌルヌルヌル。少しでも体を動かそうものなら金玉に当たってしまうほどだ。続いて仰向けになり、つま先から股間までじっくり時間をかけてのヌルヌルマッサ。ソケイ部への時間配分がやたらと長く、股間がギンギンになってもセラピストはどこ吹く風でマッサージを続けていくなもんだからここで施術を受けると、店を出るとき勃起状態で前屈みになってしまう。
19、サラリーマンのオアシスといえば、真っ先に浮かぶのがビデオボックスだが、私が長年愛用しているこちらの店は、何がスゴイって裏DVDがアホみたいに充実していることだ。しかもそれを隠そうともせず、堂々と棚に陳列しているところが偉いというか怖いモノ知らずというか。料金は3時間2千円と良心的。会社帰りにふとヌキたくなったとき気軽に利用できるところもグッドだ。ひとつ難点を挙げるなら、作品ジャンルがやや女優モノに偏っているところだろうか。もう少し幅を広げてくれれば完璧なのだが。
20、こちら、スワッピングマニアの間では広く知られたラブホテルである。複数プレイやスワップを希望するカップルは、客室のドアを半開きにしておくという暗黙のルールがあるため、それ目当ての男どもが、常に館内をウロついているのだ。俺自身もここで何度もオイシイ目にあった。ブラジル人男と日本人OLカップルとの5時間耐久スワップなどは特にイイ思い出である。ちなみにこのホテル、基本的には単独男性でも問題なく入ることができるのだが、聞くところによると、受付のおばちゃんの機嫌によっては断られることもあるらしいので注意が必要だ。このラブホには、漫画のような駐車場係のおじさんとおばさんがいて、一発屋みたいなことをやっている。
お客がやってくると、「あんまの紹介」という体で女のコを手配し、部屋でセックスをさせているのだ。肝心の〝あんまさん〞は熟女が多いが、なかなか珍しいスポットだと思う。
21、昼営業でチャージすらないヘンテコなバーなのだが、本当にすごいのはここから。近隣のフーゾク店に在籍していて、待機を兼ねてこの店に出勤しているのではないでしょうか。ま、いずれにしろ、連れ出し料もなく、プレイ代も女のコとの交渉で決められるのは大きな魅力と言えます。相場はだいたい2万ですが、時には1万でいいってコもいますから。
22、この人妻専門ホテヘル、夏の特別イベントとして「スケスケローション水着」なる通好みのオプションを用意しています。薄いスケスケ水着とヌルヌルプレイできるってわけです。本物の水着もそりゃいいけれど、メコスジの出やすい(というか必ず出る)白水着ってのもオツなもんですよ。
僕の地元にあるS鷺小学校の西門前スペースは、昔からちょっと変わったスポットとして知られています。自分たちのカーセックスを他人に見せたい変態カップルと、そのプレイを見たい変態男たちが集まる社交場のような空間なんです。特に7月から8月にかけて出没頻度は上がります。カップルの乗ったクルマがそのスペースにやってきて、しばらくすると小刻みに上下に揺れ始める。するとどこからともなく、その周りを囲むようにギャラリーが集まってくるんです。多い時で最大6人の男たちが車を覗いていたこともあります。常連の1人に聞いた話では、ノリの良いカップルに「一緒にヤル?」と誘われたこともあるんですって。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます