性欲のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:性欲

  • 2019/07/31その他

    シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりましたシャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った...

    記事を読む

  • 2019/07/22漫画

    ぼくたちいろいろセックスのお勉強しますけどなかなか上手くなりませんねマジ、アンタ下手クソあんっあんっひょっとしたら女性の方がテクニックを持っているのかも…だって読者の方々こんな女に会ったって言うんですもん…イク瞬間がわかる女この出会い系女ナマで入れてきまして…うひょー射精のタイミングとドンピシャ!何でわかったの?これはこれで気持ち良かったけど〜ナンパした女にこんなのがいました友だちと一緒に女一人を連れ...

    記事を読む

  • 2018/10/25本当にあった怖い事件

       SMサイトにアクセスし、窒息プレイの相手を探すも希望者は無し。最終的にたどり着いたのが自殺志願者が集うサイトだった。〈練炭自殺してくれる人いませんか〉メル友掲示板に書き込むと、引きこもり女性からメールが届いた。前上は自宅近くのレンタカー会社で借りたワゴン車を運転していた。〈よかったら、どうやったら死ねるか教えてください〉メールをくれたのが助手席に座っている女性だ。八ンドルネームだ...

    記事を読む

  • 2018/08/15エッチ体験談

    裏モノに、鶏とセックスするのが好きな男性の記事が紹介されていた。山羊や鶏など、獣とセックス体験をした男は少ないながらも確実にいるようだ。かくいうオレがヤった相手はエイである。エイの膣はどんな動物よりも「入れたときの具合がいい」と言われていて、古来より海上で何カ月も過ごす漁師などがエイとセックスして性欲を発散させたという話もあるくらいだ。いざヤラせてくれるエイを見つけるのは大変だった。スーパーで1匹...

    記事を読む

  • 2018/08/01突撃リポート

            会社パソコンにメールが届いた。『種市さん、はじめまして! 裏モノJAPAN見てメールしてみました(笑)』女性らしき読者からだ。とりあえずメールを返す。『裏モノ読んでくださってありがとうございます。ひょっとして女装の記事(11月号)を見たんですかね? キモチ悪くてすみません。今後もよろしくお願いします』翌日、再び同じ相手からメールが。「おはよーございます...

    記事を読む

  • 2018/07/11その他

     人間の三大欲求と言えば、性欲、食欲、睡眠欲。経験からして、睡眠欲がダントツで強いことは間違いない。丸2日ぐらい飲まず食わずやオナ禁はガマンできても、まぶたは絶対につむってしまうものだ。ならば性欲と食欲では、どちらが強いのだろうか。途中である程度、腹が満たされてきたため、性欲が一気に寄り切ったものと思われる。ルールの不備か。...

    記事を読む

  • 2018/05/15SEXテクニック

        あったかくなるローションでカラダもアソコもポッカポカに世間には星の数ほどローションが売られているがハーバルローションホット愛液と混じると温感が一段とアップするのだ温感ひとつでセックスの感度はここまで激変するのだローションを膣に入れるならヌチャヌチャ感が重要だプリプリのケツもいざ脱がせたらそうでもなかったりしません?手コキさせるならゆっくりゆっくりもっとゆっくり手コキは終始ス...

    記事を読む

刑務所から出てきたばかりの女は性欲がタマってる!?

SnapCrab_NoName_2019-7-31_7-30-59_No-00.png
シャバのチンコに飢えてるはずー刑務所から出てきたばかりの女はやはり性欲がタマっとりました
シャバに出たら思いっきりセックスしてやる、好きなだけオナニーしまくってやると考えるのは、なにも男性受刑者だけじゃない。たまりにたまった性欲を持て余すのは女性受刑者だって同じこと。
塀の向こうで待つ恋人を想い、たまに見かける男性看守にムラムラし、彼女たちは夜な夜なひっそりとオナニーに耽る。ああーん、誰かこの火照った体をどうにかしてえ、と。
以前、そんな話を知人から聞いて、目からウロコがーダースほどこぼれ落ちた。そうだったんだ。なんで今まで気がつかなかったんだろ。これって、ムショを釈放された女をナンパすればホイホイついてくると考えられるよねっヤリ放題だよね?だって相手は、性欲マックス状態なんだし。
鼻息あらく作戦を開始したものの、成果はまったく上がらなかった。栃木刑務所では、毎週水曜日の午前9時過ぎに、仮釈放となった女たちが正門から出てくる決まりになっている(広報に電話をかけたらあっさり教えてくれた)。
おれとしては、まず門の外で待ち伏せをし、手ころな女に声をかけるつもりだったのだが、見事に目論みが外れてしまった。どの女も出迎えに来た家族の車に乗ってしまうため、接触すらできないのだ。ま、考えてみれば当然の結果かも。
だけど全員が全員、身内の出迎えがあるとも思えない。諸事情のため、ひとり寂しくムショを出ていく女だっているはずだ。辛抱強く作戦を続行して3週目、ついに待望の瞬間が訪れた。正門からトボトボと現われた、ひとりの若い女。スッピンの顔と両手にぶら下がった紙袋は、まさしく彼女が釈放されて間もないことを証明している。
見た感じ20代後半ってとこか。しばし観察を続けたが、やはり迎えが来る様子はない。あいにくの小雨模様のなか、女は傘もささず(持ってないのだろうが)刑務所そばの国道に出た。タクシーでも捕まえる気だろう。逃がすか。
「ねえねえ、どっか行くなら送ってこうか」
女のそばに車を停め、声をかける。驚きの表情を浮かべた彼女は、やや間を空けて口を開いた。
「…野州大塚駅に行こうと思って」「お安い御用だよ。乗って」「えーでも」「ここ、あんまりタクシー通らないよ。洋服も濡れちゃうし、ほらはやく」「…あ、うん」
第一関門突破ー
女を車に乗せてからファミレスに誘うと、あっさりOKの返事が出た。口数こそ少ないものの、どこか楽しそうに見えるのは、やっばチンボに飢えてるからなのか。力レーをパクつきながら何気なく聞いてみる。
「あんな何もないところで何してたのっ」「ん、まあ、ちょっとね」
さすがに初対面の人間に「ムショかり出たばかりなの」とは言わないか。歳は27とのことだが、いったいどんな罪を犯したのやら。あらためて、女の様子を観察する。コケシみたいなのっぺり顔は57点だが、推定D力ップの乳はなかなか操みこたえがありそうだ。外見上から、彼女がムラムラしてるかはわからない。というか、先ほどからおれの話などうわの空でパフ工をほおばってるってどういつことよ?夢にまで見た(ハズの)『オトコ』が目の前にいるというのに
「いま彼氏とかいるのっ」「ずーっと前にわかれた」
「ふうん。ところでこのあと予定とかあるの?」
「タ方までに干葉に行かなきゃいけないんだよね」
「それまでヒマなんだっ」
「そうなるのかなあ」
おやおやーっこれって暗に誘ってるっムラムラきてるわけっ
ファミレスを出て、そのまま国道沿いのホテルに突入した。女の顔に抗議の色はない。ただ黙ったまま、紙袋のヒモを弄んでいる。ひさしぶりのことで緊張しているのかと思いきや、部屋に入ってキスをかますと女は急に積極的になった。ちぎれそうになるほどおれの舌を吸い、はげしく抱きついてくるのだ。案の定、パンツをはぎ取った股間はグショグショに濡れている。うれしくなり、クリトリスを思い切り証め回す。
「うっ、うううう、やだあ、あはあ」いいねいいね。んじゃ、お次は手マンをば。
「くーーーーー、あはあ、うううっ」
押し殺したような端ぎにド興奮。辛抱タマらず、仰向けにした女に思いきり挿入する。ブスリ。
「んーーーーーー」「気持ちいいのか、えっ感じてるんだろっ」
「うん、気持ちいい。気持ちいいのーー」
女は一度イってからも、しつこくチンポをくわえ、挿入をねだった。その様は、まさにセックスマシーン。いやーうれしいっす。努力が報われて。
「アタシさ、実は今日、刑務所から出てきたの」
汗だくでベッドにぶっ倒れてるおれに、突然、女が語りはじめた。やはりといっか原因はシャブで、今回が3度目の懲役だったという。累犯者ともなるとこんな告白など慣れっこなのだろう。
「へえ。じゃ、やっばタマってたの?」
「じゃなきゃ、わざわざついて来ないっしよ」
女のことばを信じ、おれは現在もムショ前でのナンバをせっせとくり返している。が、以降の戦績は。勝3敗。ビギナーズラックだったんでしようか?
カテゴリ

【エロ漫画】テクニックを持った女の性欲ってとんでもない

a240.jpga241.jpga242_20190722214357771.jpga243_20190722214359b33.jpga244_20190722214400e11.jpga245_20190722214402c88.jpga246_20190722214403ad5.jpga247_20190722214405521.jpga248_20190722214406da1.jpga249_201907222144087da.jpga250_20190722214409031.jpga251_20190722214411f08.jpga252_20190722214412255.jpga253_20190722214414f55.jpga254_20190722214415940.jpga255_20190722214417056.jpga256_201907222144180f9.jpga257_201907222144200ff.jpg
ぼくたちいろいろセックスのお勉強しますけど
なかなか上手くなりませんね
マジ、アンタ下手クソあんっ
あんっ
ひょっとしたら女性の方がテクニックを持っているのかも…
だって読者の方々こんな女に会ったって言うんですもん…
イク瞬間がわかる女
この出会い系女
ナマで入れてきまして…うひょー
射精のタイミングとドンピシャ!
何でわかったの?
これはこれで気持ち良かったけど〜
ナンパした女にこんなのがいました
友だちと一緒に女一人を連れ込んだ時のことです…
彼女は渋谷の風俗業界では有名なデリヘル嬢で…ひ〜〜奥歯の歯グキまで舌が〜
うわっディープスロート
ハイ、この昭和の香り
たっぷりのダイナマイトボデイがお相手や
にーちゃん巨乳好きやろ
ハイカモン!
それ乳房じゃなくて腹だよね…てかえーからえーから
うそっマジ〜?ホイホイうっハイお疲れ
こ、これは世界一悲しい射精だあ〜出会い系で知り合った
ばかりのこの女…美人なのに
ロングヘアーで顔が見えず…ちょっと……
フェラ顔見せてよおおっ
イイ感じ!! よーし挿入だあ〜おおっあえぎ顔も
いいぞ〜お次は騎乗位、
下から見上げた顔もこれまたセクスィ〜
ね、ねえ、私バックが好きなの〜
これはボクが彼女と
温泉旅行に行った時のエピソードです
何してるの?………自己催眠術
超エッチが良くなるのちょっと待ってて…
これは行きつけのバーで
知り合った女なんですけど…
ちょ、ちょっと何してるの?
こ、こうするとアソコが良く絞まるでしょ
まったく女の性欲ってとんでもないですね

SMサイトで窒息プレイの相手を探す自殺サイト連続殺人事件犯の狂った性欲

0082_20181025232551889.jpg 0083_201810252325528b5.jpg 0084_201810252325530e4.jpg 0085_201810252325554a8.jpg
SMサイトにアクセスし、窒息プレイの相手を探すも希望者は無し。最終的にたどり着いたのが自殺志願者が集うサイトだった。
〈練炭自殺してくれる人いませんか〉
メル友掲示板に書き込むと、引きこもり女性からメールが届いた。前上は自宅近くのレンタカー会社で借りたワゴン車を運転していた。〈よかったら、どうやったら死ねるか教えてください〉
メールをくれたのが助手席に座っている女性だ。八ンドルネームだけで本名は知らない。引きこもりらしい。彼女はしきりに、本当に死気があるかを聞いてきた。もちろん、前上に死ぬつもりなどない。自殺志願者が死んだところで、不審に思われないだろうと考えただけのこと。一緒に死のうと呼び出し、車中で窒息させようと企んでいた。そのため、前上は周到に計画を練った。メールは本人特定の難しいフリーアドレスを使用、〈睡眠薬、用意できます〉などと本気を装い、自殺場所の候補地を撮影して送って女性を信用させた。さらに足が付かないよう、〈出発前にメールの記録を消してください〉との指示も忘れなかった。豊中市内の女性宅近くでピックアップすると、前上は緊張のあまり無言になった。女性も「どうも」と言ったきり、黙り込んだ。が、無言でワゴン車を運転する前上を、女性は「本当に死にに行くのだな」と信用したらしい。

漁師などがエイとセックスして性欲を発散させたという話|エッチ告白

SnapCrab_NoName_2018-8-15_23-32-9_No-00.png
裏モノに、鶏とセックスするのが好きな男性の記事が紹介されていた。山羊や鶏など、獣とセックス体験をした男は少ないながらも確実にいるようだ。かくいうオレがヤった相手はエイである。エイの膣はどんな動物よりも「入れたときの具合がいい」と言われていて、古来より海上で何カ月も過ごす漁師などがエイとセックスして性欲を発散させたという話もあるくらいだ。
いざヤラせてくれるエイを見つけるのは大変だった。スーパーで1匹丸ごとのエイなんて見たことないし、あってもせいぜい切り身ぐらいだ。ようやくメドがたったのは、馴染みの飲み屋の大将のおかげだ。「アホだねー。オレの地元に漁師の知り合いがいるから聞いといてあげるよ」それからわずか2週間後、その漁師さんからアカエイが一匹水揚げされたとの情報が届いた。
翌週、自宅に届いたアカエイ(メス)は、カッチカチに凍っていた。本来なら生きたままハメハメしたかったのだが、エイは尾と背中に強力な毒針を持っており、そいつに刺されると死亡する可能性もあるため、冷凍ものをお願いしておいたのだ。いざ解凍されたエイちゃんは、どことなく可愛らしい顔をしていた。ヌルヌルして生臭いが、そこは我慢だ。チンポを挿入する前に、まずは膣の確認から。エイの腹にある細長い穴は、パッと見、ツルマンみたいだ。指を入れて具合を確かめてみよう。おや、上方向にトゲトゲした骨が。こんなとこにチンコを入れたらすげー痛そうだ。挿入する方向は斜め下が正解みたいだ。それじゃ入れます。コンドームをチンコにハメて、エイをガッチリ掴んで膣に挿入していく。ヌメヌメした感触にチンコが包み込まれた。まだ解凍したばかりなので少々冷たい。さらに奥へ入れ…おおっ!オナホールみたいに締め付けもしっかりしてるぞ。なるほど、悪くないかも。そしてついにチンポは根本まで入った。
 ヘコヘコと腰を振ってストロークしてみると、感触はほぼ冷たいオナホだ。悪くない。でもだんだん生臭さが強くなってきた。うーん…萎えてきた。エイ姦、あまりおすすめはできません。

フェラ上手で性欲の強い女の子、原因はセクハラの過去|エッチ告白

2015203.jpg 2015202.jpg 2015204.jpg 2015205.jpg 2015206.jpg 2015207.jpg 2015208.jpg 2015209.jpg 2015210.jpg
会社パソコンにメールが届いた。
『種市さん、はじめまして! 裏モノJAPAN見てメールしてみました(笑)』
女性らしき読者からだ。とりあえずメールを返す。
『裏モノ読んでくださってありがとうございます。ひょっとして女装の記事(11月号)を見たんです
かね? キモチ悪くてすみません。今後もよろしくお願いします』
翌日、再び同じ相手からメールが。
「おはよーございます♪ メールありがとうございます! そうですよ(笑)てか、裏モノはめっち
ゃ面白くて大好きだから最近ずっと購読してる(^^)  女装の記事、見ました(笑)  似合ってましたね(^^)  あの、ウチ今仕事中なんだけど、仕事終わったら(7時前後)電話しても大丈夫ですか?? 種市さんの声、生で聴きたいしw☆」
これは間違いなくホモのオッサンだ。女装した状態の俺(ノリ子)が気に入ったなんて、それ以外考
えられない。約束の夜7時過ぎ、『仕事が終わったので電話します。この番号で掛けます! 090…』とのメールが届き、間もなくして編集部の電話が鳴った。
「もしもし、種市さんですか? どうも初めまして」
なんと若い女性の声だった。東北地方のとある都市に住んでいる23才で、名前はトモコ(仮名)さんというらしい。
「あ、どうもどうも」
「種市さんですか? ノリ子さん(女装した俺)を最初見て、わーキレイと思って気になりはじめて、それでファンになったんですよ。あれメイクしてるんですか?」
女の子にファンだと言われるのは嬉しいけど、あくまで女装した状態のオレだしな。
「女装子が好きなの?」
「っていうか、わたしバイセクシャルだし、フタナリ(両性具有者)とかトランスジェンダーみたいのに興味あって」
よくわからん子だ。でもちょっと興味をひかれるな。翌日から、トモコさんと頻繁にメールのやり取りを交わすようになった。およそ2週間、その内容はほとんどが下ネタだ。予想どおり、彼女は裏モノ女性読者なだけあり、エロに対する欲求がかなり強く、現在も『最低でも週に3〜4回はオナニーしてます』とか、『何度か仕事の昼休みにオナったことあるし、休日に1人でラブホに行ってすることもあります』などと楽しい発言をしてくれる。飲食店でアルバイトしているとき、自分で股間にバイブを入れたまま出勤して接客するというプレイを1人で楽しんでいたこともあるそうな。
真夜中にこんなメールが届いたこともあった。
『種市さん、どうしようヤバいw;なんか急にエロいスイッチはいっちゃって、それしか考えられない
;///』
『どんなこと考えてるの?』
『……やっぱり教えられないかも;///  しいて言えば色々攻められてること…かな;//』
『じゃ、今から言うことやってみてよ。布団に入ってる? パンツの上から指先でワレ目をなぞってみて』
『はい。ちょうどベッドの上です。あ、もうパンツの中に入れちゃった;//  なんかヌルヌルしてるかも;///』
『ちょっと! 早すぎでしょ! じゃ乳首も触ってみようか』
『もう種市さんの固くなったヤツ、ウチの固くなった乳首にこすって…;///』
『エッチな妄想してるね』
『てかそれ想像しながらしてたら軽くイッちゃった…;///』
いったい俺も何やってんだ、と思わなくもないが、相手は23才、男としてこうならないほうがオカシイだろう。ますます興味がわいてきた。ここはひとつ、裏モノ恒例「女性読者ってどんな人?」の特別版をやってみるのはどうだろう。いったいこの彼女、どこでどんな生活を送り、日々どんなことをしているのか?彼女の都合のいい日に会いに行っていいかと尋ねてみると、『会えるんですか! 嬉しいです♪』と二つ返事でOKがでた。さすが、メールセックスまでした仲だ。
平日の昼1時。新幹線を乗り継ぎ、彼女の住む東北地方の某都市に到着した。待ち合わせ場所に現れたのは、黒いパーカーを着たぽっちゃり体型の短髪女子だ。
「どうも、はじめまして…。あ〜、顔が熱い…。緊張しますね…」
と、照れまくりのトモコちゃん。美人とは言えないかもしれないけど、白くてスベスベの肌はさすが
23才だ。彼女の運転で街中を走りながら話を聞いた。
「裏モノは毎月読んでくれてるの?」
「最近はそうですね。前は犯罪系の特集のときだけ買ってたんですけど」
「そんな悪いことに興味あるんだ」
「雑学というか、知識としてですかね。今はエッチ系の記事も男の人目線で見てるんですよ。あ〜、
この子カワイイみたいな」
このあたりがバイセクシャルと自覚する部分なのだろう。問わず語りに彼女が口を開いた。
「ウチいまお母さんに管理されてるんで、自由な時間がほとんどないんですよ」
「管理されてる?」
「まあ、色々と複雑な事情がありまして…」
なんのことかと思ったら、とんでもない告白をしてくれた。何年か前、お母さんの再婚相手に身体を求められ、しばらくそういう関係が続いていたらしい。
「嫌だったんで、それをお母さんに言ったら、けっこうな修羅場になって…」
「そりゃなるよね」
「ホントに嫌だったんで、我慢出来なくてお母さんに言っちゃったんですけど、お母さんも精神的にアレになってしまって、おまえが誘ったんだろ、とか言われたりして…」
うーん、のっけから随分と重い話になってしまったぞ。話題を変えよう。
「いま彼氏とか、エッチするような相手とかっているのかな?」
「いないですね。前はセフレが何人もいたけど」
「何人もいたの?」
「はい、昔は。10代のころは、けっこう日替わりでしたね」
「日替わり? どこで見つけてたの?」
「テレクラです。フフ」
裏モノ女性読者はなぜかテレクラ経験者が多い。なぜか、ということもないかもしれないが。彼女の場合は、中学を卒業し、ラーメン屋でバイトしてるときにゴミ箱の中に偶然テレクラのティッシュを発見し、いそいでカバンにしまい、あとで電話したらしい。8年前にテレクラティッシュが存在したとは驚きだ。
「そのとき40代の男の人としゃべったら、なんかお小遣いをくれるってことがわかって、そっからハ
マっちゃったんです。ほぼ毎日電話かけてて、一番お金を儲けてたときは、1日に3人と会ってまし
た」
「そんなにお金が欲しかったの?」
「いえ、そうじゃなくて、1回のエッチじゃ満足できなくて、もう1回やりたいなって相手に言っても『もう終わったから』とか言われるから、じゃもう1人と、みたいな感じです」彼女、想像してたよりもかなり性欲が強そうだな。
「ちなみに、いちばん最近したエッチはいつ?」
「前の彼氏が最後なんで、もう8ヶ月ぐらいしてないんですよ」
「テレクラもかけてないんだ」
「テレクラは17才までですね。親にバレてからやってないです。義理の父の件もあるし。だからすごい監視されてるんですよ。テレクラに電話しても会う時間がないので」
だから普段はゲーセンで遊ぶくらいしかすることがないのだという。かなり地味な生活だ。
「トモコちゃん、エッチは結構好きなんでしょ?」
「そうですね。たぶん、ウチ、小さいときから、性的な変な経験が多くて、そのせいだと思います」
「変な経験?」
「小1のときは近所のお兄ちゃんに河原に呼びだされて、アメあげるから目つぶってって言われて、舐めさせられました」
「チンコを?」
「そうです。舐めても味がしないなと思って目を開けたら、ベルトのバックルが見えて、あっ! て
思って」
小1じゃそんな手口にひっかかっても仕方ないか。
「すぐに何舐めてるかわかったんですけど、やめずにずっとチンチン舐めてましたね。そのころからセックスのことは知ってたし、嫌じゃなかったんですよ」
その後も彼女の変な経験はカウントされていく。小3年のときは、同級生から毎日のように胸とお尻を触られるセクハラを受け続け、小5年のときは、担任の先生にチンコを見
せられるなどのセクハラを受け、地域のニュースになるほどの問題に発展したらしい。
「そのころ、義理の父の息子にもイタズラされて、ヤラれそうになったんですよ。未遂でしたけど」
随分と過酷な日々を送ってきたみたいだ。そんな変な体験ばかり繰り返したから、女装子にも興味を持つようになったんだろうか。
「そういえば前にバイセクシャルだって言ってたけど、女の子も好きなの?」
「はい、ウチ、前の彼と付き合う前に、今年の2月ぐらいまで彼女がいたんですよね。遠距離だったので、会ったのは2回だけだけど」
彼女はその子の「彼氏」として会っていたらしい。といっても、性的な関係は「1度カラオケでBまでやった」だけのようだが。さっきから、トモコちゃんが時計を確認しながら、何やら言いたそうな顔をしている。どうしたの?
「私、6時には家に着いてないとマズイんですよ」
「うん、でもまだ3時前だよ?」
「せっかくエッチするなら時間長い方が…」
 ん? エッチする気だったの?
「えっと確認なんだけど、トモコちゃんは、オレとエロいことしてもいいの?」
「はい。昨日もあのタネイチさんとエッチできるって思って、1人で盛り上がってました」
「そうなんだ…でも今日は女装してないけど、平気?」
「あ、ぜんぜん平気です」
そうですか。最初からやる気だったんだね。じゃ、しちゃいましょうか。
「何かやってみたいプレイとかないの? 例えば、目隠しされたいとか、電マとかバイブとかのオモチャで攻められたいとか」
「あ、電マが置いてあるホテルならウチ知ってますよ」
「電マ好きなんだ」
「はい。ヤバくなるけど…」
「じゃそこ行こうか」
トモコちゃんは慣れた感じで車を運転し、5分ほどで一軒のラブホの駐車場に車を停めた。ホテルの部屋に入り、ベッドの上に並んで座る。ではさっそく始めましょうか。
「あの、せめてシャワーは浴びたいです…」
とのことのなので、順番にシャワーを浴び、ガウン姿でベッドの上に移動。おっ、ベッドの脇にバイブの販売機がある。
「バイブも使いたいでしょ?」
「え、あ、はい…」
「じゃ好きなの買っていいよ。一番大きいのがいいんじゃないの?」
「じゃ、これで」
オーソドックスな形のバイブを購入し、電池を入れてセッティングしてるうちに、彼女の顔が赤くなってきた。興奮してるみたいだ。ベッドの上で覆い被さり、優しくキスをしながら首筋やら胸の周りをサワサワなでる。顔がさらに紅潮し「あ…あ…」と声が漏れてきた。ガウンを脱がそうと身体を起こしたところ、「舐めたい…」とチンコを指差しフェラを所望してきた。彼女、かなりのフェラ上手だった。まったりとした舌使いと、緩急をつけたストローク。チンコの根本付近から揉み上げるような手のサポート。三拍子揃ってる。ときおりカリや裏筋などを舌先で柔らかく攻めるアクセントも心憎い。股間に手を伸ばすと、大量のヌルヌルが溢れていた。
「トモコちゃんは舐められるの好きなの?」
「うん…」
攻守交代。仰向けにさせて弱めにペロペロし、同時に乳首も刺激してあげよう。
「うああ、ああ〜」
大きな声が出てきた。クリトリスも乳首もコリッコリに硬くなってます。お次は顔面騎乗の体勢でクンニだ。
「ああすごい! いい気持ちいい!イクイク!」
早くも1回目の絶頂に達したかと思うと、すかさず攻守交代しキスからレロレロ乳首舐めしながらの手コキ、そしてフェラへとスムーズに流れていく。23才とは思えない円熟のプレイだ。
「もう入れて欲しい…」
彼女がまたがり、慣れた手つきで枕元のゴムを装着。股間にチンコを埋めていく。
「はああっ! 久しぶり…」
ヌメヌメのアソコは締り具合もなかなかだ。下から腰を打ち上げると、トモコちゃんも微妙な腰使
いで応えてくれる。
「ああ〜イク! ああイク!」
「イキやすいの?」
「うん。何回でもイケます」
こりゃ大変だぞ。体力が持たないので、そろそろ電マとバイブに登場願おう。ブイ〜〜ン
「ああ、イクイク! イクッ!! だめ〜、おか…しく…なっちゃう…!」
彼女は電マ攻撃でも何度かの絶頂を迎えたが、いくらイッても足りないようで、一瞬グッタリして
もすぐにゾンビのように起き上がり、チンコに食らいついてきた。こうして、ほとんど常に互いの
性器を刺激しつづけるという耐久セックスは3時間も続いたのだった。
裏モノ女性読者、恐るべし。過去、これほどまで性欲の強い子には会ったことがないし、たぶんこれからも出会うことはないだろう。いや、あるいは他にもっとすごい読者がいるのだろうか。メール、待ってま……うーん、しばらくこの企画はいらないかな。

性欲と食欲ではどちらが強いのだろうか|エロネタ

0116_2018071122382031c.jpg 0117_2018071122382138e.jpg人間の三大欲求と言えば、性欲、食欲、睡眠欲。経験からして、睡眠欲がダントツで強いことは間違いない。丸2日ぐらい飲まず食わずやオナ禁はガマンできても、まぶたは絶対につむってしまうものだ。ならば性欲と食欲では、どちらが強いのだろうか。
途中である程度、腹が満たされてきたため、性欲が一気に寄り切ったものと思われる。ルールの不備か。

性欲と精液の増す・媚薬や香りで女を淫乱にさせる方法|エッチテク

0062_2018051509463392e.jpg 0063_20180515094635a95.jpg0060_20180515094631e0c.jpg 0061_20180515094632d83.jpg0066_2018051611104596a.jpg 0067_20180516111047ecc.jpg0064_20180516111043d2d.jpg 0065_20180516111044395.jpg
あったかくなるローションでカラダもアソコもポッカポカに
世間には星の数ほどローションが売られているが
ハーバルローションホット
愛液と混じると温感が一段と
アップするのだ温感ひとつで
セックスの感度はここまで激変するのだ
ローションを膣に入れるならヌチャヌチャ感が重要だ
プリプリのケツもいざ脱がせたらそうでもなかったりしません?
手コキさせるならゆっくりゆっくりもっとゆっくり
手コキは終始スローで精液がいつもの倍は出ます
思いっきり深爪にすれば肌にもマンコにもピタピタ吸い付きます
イランイランの香りはプラシーボ効果で淫乱にさせる
潮吹きを無意識のうちにガマンさせないため、タオルを敷いておこう
合法媚薬はまだ存在した!ジェネリックだけどけっこう効きます
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます