愛人 - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方
2018/09/09

援助交際・愛人パパ活で15万!そんな高額条件で募集してる女はどれだけ美人か会ってみた

SnapCrab_NoName_2018-9-9_12-55-0_No-00.png
梅雨ももうすぐ終わり。じめじめな空気、イヤですよね。みなさん、いかがお過ごしですか?ボクは、原因不明の足の痛みを感じて不安です。なんなんだろう、コレ。
そんな6月某日。高田馬場のルノアールで編集長と打ち合わせ中です。雨は降っていませんが、じめじめな空気です。
「先月、キープしたエンコー18才とはどうや?うまいこと行ってんのか?」
じめじめな空気を吹き飛ばすように、ニヤニヤと編集長が言う。先月号の『エンコー女をキープするには?』の回で、愛人契約を結んだきょうこちゃんのことですね。
「そうですね。2週間に1回くらいのペースで会ってますね。毎回、お泊まりで、2〜3発はヤってますよ」
「編集部でも話題になっとったよ。『町田のやろう、羨ましい!』って。相当ええコなんやろ?
写真、見せてみぃや!ハメ撮りしたんやろ!」
そう言って、ボクのスマホを奪い取り、ハメ撮り写真を凝視する。
「ええやん、ええやん!やっぱり町田は援交の回は輝くなぁ。じゃあ、今回も援交でいくしかないやろ!ちなみに、いつも使うとるHトークDXにもっと良さそうなコはおらんのか」
「んー、そうですね。ちょっと見てみましょうか?」
そう言って、HトークDXのアプリを立ち上げます。年齢設定は「18〜19歳」にして検索!
えい!「……アレ?こんなのがありますよ?『愛人契約しませんか?月3回会って、15以上希望です』ですって。奈々ちゃん、18才ですね」
「3回で15万以上ってことは1回5万以上ってことかい!高すぎや!!そんなん無視やろ!……いや、待て……!」突然、沈黙の編集長。右手の人さし指を1本、眉間に付けて、目を閉じた。……来る。企画テーマが降りてくる!
「これやな!」くわっ!眼が開いた!
「『高い値段で募集してくるエンコー女は、一体どういうつもりなのか?』。まぁ、こんな値段は払えんから、うまいこと丸め込んで、実際に会うんや。で、なんでそんな値段で自分が売れると思ったのかを確かめてくれ。あわよくば、安い値段でセックスできれば最高やろ」
そう言いながら、ソファーに深くふんぞりかえる編集長。テーマが思いついたあとは、いつもこのムーブです。でも、15万くれって言ってるコに、「もっと安く会おうよ」って交渉したところで、会ってもくれないでしょ?コレってすごく難しいんじゃないの?大丈夫かしら……。
と、いうわけで、編集長と別れてからすぐに高田馬場のマンガ喫茶に入り、スマホを充電しながら15万円ちゃんにメッセージを飛ばします。こういう書き込みには、スピード対応が大切なのです。はい。まずは一発目のメッセージはコレです。
「愛人、今ちょうどさがしてるよ。前に会ってた愛人と最近切れちゃったから、新しいコができればなって思ってます」 どうでしょうか。「以前、愛人がいた」ということで、「この人は、愛人を持つくらいにお金がある」ってことの証明です。もちろん1回5万円なんて払う気はありませんが、そこを匂わせるのです。ピロン!
メールをしてから10分後。奈々ちゃんから返事が来ました。
「前の愛人さんには、いくら払ってたんですか?」
まずは返事をもらうことに成功。でも、いきなり値段の話です。このコ、「月で15万円」ってことにこだわってるみたいだから、近い数字を言ってみようかしら。
「月に4〜5回会って、10万円から12〜13万くらいかな」
一回2万5千円として、5回会えば12万5千円。実際に2万5千円払うかは別にして、こんな数字でどうでしょう。ピロン!
「はいはい。今は愛人さんは、いないんですか?」
おぉ、値段の面はOKだったみたいです。実際、ボクは先月のこの企画で契約した、きょうこちゃん(18才・低身長ロリ)と月3くらいのペースで会っているのですが「いないんだよね」と返しておきます。「っていうか、ここNGワードも多くて、会話しにくいから、きいろ(カカオトーク)かみど
り(LINE)で話さない?」
そう、援交師の中では、LINEやカカオトークのことを、アプリの色に例えて、「みどり」「きいろ」と言うのです。これ、援交豆知識です。覚えておきましょう。
「じゃあ。きいろでお願いします。IDは◯◯◯◯です」
そう言って、IDを簡単に教えてくれました。かなり前のめりな感じがします!光の早さでIDをカカオトークに入れて、検索!いた!
「こんにちは。HトークDXの奈々ちゃんかな?」
「あ、はい。よろしくおねがいします」
「よろしく。ちなみに、今まで愛人はいたの?」
「1回会ったんですけど、お金をもらえずに逃げられました(笑)」
ほほう……。愛人の約束をして、タダでヤラれて逃げられたってこと?ちうか、援交を何回もやってれば、そんなふうに逃げられたりはしないだろうに。
「援交って、したことはあったの?」
「あ、ないです。なんか、愛人やってみないかって話をされて、会ってエッチしたら逃げられた、みたいな」
はじめての援交で、だまされたってことか。それは災難でした。でも、援交なんて男と女のだましあい。だまされる方が悪いっていう側面も否定できないのですよね。
「とりあえず、そちらのプロフィール聞かせてもらっていいかな?」
「あ、はい。奈々です。身長は153センチ。体型は普通です。年齢は18才。出身は茨城県で、いま住んでいるところは江東区です。美術系の専門学校に通ってて、1年生です」
ほほう。ってことは、4月に上京したばっかりのイバラキガールなわけね。田舎っぺな、JK卒業したてガールでもあるわけですね。いいですねいいですね。
その後、お互いの写メを交換。奈々ちゃんは、顔の下半分をちょっと手で隠した写メを送ってきました。茶色っぽい髪に、目がパッチリ。乃木坂46の松村沙友理(ネットで画像検索してみてください)っぽい感じです。まぁまぁカワイイ! 
ボクはいつも通り、なんとなくカッコ良く見えるけど、イマイチ顔がよくわからない写メを送っておきました。言っておきますが、完全な詐欺写メです。
「ところでさっき、愛人契約してたのに逃げられたっていうのはいつごろ?で、どこで知り合ったの?」
「先月です。実は、愛人契約の仲介をしている事務所があって。そこの紹介なんですよ。でも、説明すると長くなるし、複雑なので、会ったときに説明しますね(笑)」 
……なにそれ?愛人紹介の仲介屋?そんなのあるの?もしかしたらヤクザ関係だったりするの? 
……アレ?これってヤバいやつだったりする??
さてさて。そんな感じでその週の金曜日。夜19時に会うことになりました。待ち合わせ場所は、新宿東口の改札口前にあるキオスク。ボクが初エンコー娘と会うときに使う、定番の待ち合わせ場所ですね。カカオでやり取りをしながら、時間前にキオスクからちょっと離れた場所でスタンバイ。
「つきましたー。服装は、黒い上着にスキニーです。黒いリュックと白い袋持ってます!」
奈々ちゃんからのお返事きました。ちらりと確認すると、茶髪の奈々ちゃんが立っています。ウ〜〜ン。想像していたよりは、そこまで可愛くないカンジ。乃木坂46の松村を4〜5発引っ叩いて焼酎をぶっかけた日の次の朝みたいな顔してます。う〜ん、惜しい!
「すいません、奈々ちゃんですか?」
近づき、声をかける。目を大きく見開き、こちらを見る。一瞬の沈黙。そうだよね! あのボクの詐欺写メを見てたら、実物は全然違うよね!だって、送った写メ、微妙にアプリで加工してて、一見、カワイイ系のビジュアルバンドのメンバーみたいだもんね。なのに、身体の大きいオッサンが来たんだもんね!(笑)どうする?このオッサンに抱かれるのはキツいとか思うの?断る感じ? 
それとも抱かれる?どっち?ねぇ、どっち?
「……はい。奈々です」
決まったーーー!!!!一瞬の躊躇のあと、「……しょうが……ないか!」みたいな、「……さて!気持ち入れ直して行こうっ!」みたいな、期待していた自分に踏ん切りをつけて、仕切り直しした表情が垣間見えましたー!超ウケるー!
そんなこんなで、ふたりで新宿駅からホテル街へと歩いて行く。でも奈々ちゃん、完全に目が死んでいます。このままじゃ心を閉ざして、「なんで15万円という高価格で募集したのか?」とか「愛人契約の仲介会社のこと」とかについて話してくれないかもです。ここは、心を柔らかくしなければ。
「オナカ空いてるよね?奈々ちゃんは好きな食べ物ってある?」
「あー、オムライスですね」 
オムライス! なんかカワイイじゃないですか。しかも安いし!いいじゃない、じゃあオムライスを食べましょう。 そう思って歩いていると、ちょうど目の前に「オムライス」の文字を発見しました。パスタとオムライスを出す店です。オムライスの単品は、1000円って書いてあります。安い!ここでいいんじゃない?茨城から出て来たばっかりの田舎っぺ娘なら、新宿で1000円のオムライスでも感動なんじゃないの?多分。
「じゃあ、ここにしようか。まぁまぁ新宿では話題の店だから」
「え!そうなんですか!」いや、知らないけど。多分、有名でもないけど。今、目に入った店だし。
ニコニコと笑顔の奈々ちゃんと一緒に店に入り、ふたりでオムライスを注文。そこそこ空いた店内でとりあえずトークです。
「東京に出てきて3カ月でしょ。どう?東京は?」
「うーん。ちょっと怖いなって思います」
「愛人で逃げられたりしたから?(笑)」
「そうですよ!聞いてくださいよ!実は一カ月前くらいに、あの『HトークDX』を見つけて、はじめてみたんですよ。ほとんどが『援交しよう』とかばっかりだったんですけど。しかも「よかったら
え しない?」みたいに、なんか暗号みたいなんですよ。あそこのサイト『援交』とか『えん』って、『***』みたいに伏せ字になっちゃうから」
……オイオイ! その「え」って表現するやり方、ボクがこの連載で書いたテクニックじゃない!
裏モノ読者、けっこうあのアプリ使ってるんじゃないの??
「で、そういうのは無視してたら、『1カ月で100万以上になるバイトがあります。興味ありませんか?』っていうメッセージが送られてきたんですよ」
「うわー、なんか怪しいね」
「そうなんです。でも一応、『どういうのですか?』って返したら、『今から送るみどり(LIN
E)のIDにメッセージを送ってください。スタッフが説明いたします』っていうのが来たんですよ。で、一応、IDを登録して、LINEしてみたんです。そしたら、スタッフっていうのは、私と同じ18才の女の子だったんですよ」
「ほうほう」
「で、『1回30万円もらえる愛人契約のバイトです。こちらが紹介するお客様と3時間エッチをすれば30万円です』『泊まりをすればプラスで5万円、中出しならプラス5万円です』みたいな説明をされて。で、『私もやってるんだけど、お客様はみんな、身分を登録してるリッチな人ばかりだから安心だよ。テレビのプロデューサーとか、貿易会社の社長とか』って」
「ふんふん」
「でも『お客さんとは、3回会わないと、お金は支払われない』とか『お客さんとは直接、連絡を取ったりしちゃダメ』とか、いろいろ不安なこともあったんだけど、『1回エッチすればポイントになる。そのあとで申請が通れば、会社がお金を立て替えてくれる』『お客さんに直接お金をもらうと援交になってしまうから、仲介のウチを経由するの』って、納得できることもあったから、やってみることにしたんです。援交とかイヤだったけど、30万円ならいいかって」
「はー……」
「で、数日したら、その同じ年のスタッフの子から連絡があって。『愛人さんが決まったよ』って。で、会ったら、40過ぎのデブでチビのキモい人だったんです。その人、すごく私のことを気に入ってくれて。しかも、『男性用ピルを飲んでるから妊娠しないから中出しさせて?』って言われて。泊まりと生で中に出されて。40万円稼いだんです」
「………………」
「で、そのあとやっぱり3回は無理っぽいと思って、スタッフの子に『申請して、先払いでもらいたい』って言ったんですよ。そしたら『前のお客さんが、2回目も会いたいって言ってきたから、また会って。終わったらその日に払うから』
って言われたんです。しかも『そのお客さん、奈々ちゃんのこと気に入ったみたいだから、愛人契約が完了すれば、100万円入るよ!』って言われて……。本当に100万円もらえたらすごいじゃないですか。だから頑張ったんですよ。2回目は、前回と同じやつプラス、コスプレとアナルもやって。50万近く稼いだんですよ。……で、終わって愛人さんと別れて、お金をもらう約束の場所まで行ったら……LINEつながらなくなっちゃって。既読もつかなくなっちゃったんですよ……」
…………ボクは、奈々ちゃんの話を聞きながら、ある考えに至っていた。
「その話、裏モノJAPANで読んだことあるぞ!」
その後の奈々ちゃんの話は、ざっとこんな感じでした。連絡が取れなくなったスタッフのLINEから、ある日突然、
「あなたの愛人は、契約して170万円振り込んでくださいました。あなたのIDを、その人に送りました」というメッセージが届いたという。そして同時に、そのIDは消えたそうだ。 
その後、「奈々ちゃん?本物の奈々ちゃん?」と、実際に会った愛人からLINEが届く。
「なんか、急にこのIDが送られてきたけど、業者と連絡が取れなくなったから、騙されたと思った」と。本物かどうか疑わしかったが、ふたりでしか話してない内容も知っていたし、実際にLINE電話で話して、声も本人だと確認したという。そんでもって、その愛人は「あの業者は詐欺だから、訴える。君も訴えるつもりだった」と言ってきた。奈々ちゃんは「自分もだまされた被害者だし、お金も1円ももらってないです」と弁明。「でもボクは君を愛人にするために170万円、振り込んじゃったんだよ。もう一回、会えないかな?」と誘ってきたそうです。
「……正直、その人は気の毒だとは思ったんですけど、私も100万円近くもらえてないわけだし。もし会うなら1回30万ほしいって言ったんですよ。そしたらすごく怒っちゃって。『じゃあ、やっぱり訴える。LINEのIDから個人情報は取れるから!』って。で、怖くなって、そのID消しちゃったんですけど……」
もう聞けば聞くほど、数年前に裏モノJAPANで読んだ詐欺の手口です。今回の奈々ちゃんの案件だと、登場人物は
「アプリに書き込んだ会社の人間」
「自分も愛人をやっているという18才の女子スタッフ」
「デブでチビの愛人」 の3人ですが、その詐欺の場合、実際に存在しているのは、3人目の「デブでチビの愛人」だけです。
会社の人間を装い声をかけ、18才の女子スタッフのフリをしてダマし、自分が客の愛人のフリで会って、タダでセックスするというもの。この手口のまんまじゃないですか!スゲー!!
一生懸命、自分に起こった身の上話をする奈々ちゃんが、なんだか可哀想になってきました。でも、真実を教えてあげなくてはもっと可哀想です。
「……だから、100万円は無理だけど、せめて一カ月15万円でエッチしてくれる愛人さんがいれば、半年とちょっとで100万円になるじゃないですか。だから……」
「ごめん、奈々ちゃんに伝えなくちゃいけないことがある」
「え?なんですか?」
「俺、その手口、聞いたことがあるんだよね。多分、存在してるのは、その愛人だけだよ」
眼を丸くして、キョトンとした表情。ウンウン。意味わかんないよね。そこでボクは、ひとつひとつ、しっかりと説明してあげました。すべてデブチビのオッサン(多分、裏モノ読者)の策略なのだと。 
……ボクが話せば話すほど、顔が青くなっていきます。気の毒〜。
「……え……。でも、その女の子は生まれた年も聞いたし、いろいろ話して、同世代って感じだったし……」
「その子とは、直接電話で話した?声を聞いた?」
「……聞いてないです。なんか、『今、電車だから』とかそういうのが重なって……」
「その愛人は、電話にも出たんだよね?」
「……………………」
「愛人だけは存在してるからね。電話には出れるよね」
絶句し、テーブルの一点を見つめる奈々ちゃん。完全に動きが止まりました。きっと今、頭の中では、すべてのつじつまがカシャーンカシャーンとハマっているのでしょう。
「多分、もう一回タダでセックスしようとしたら、さすがにダマされなかったから、IDから個人情報を取って訴えるなんて言ったんだろうね。そうしたら、怖がってIDを消すと思って。正直、そうやって、自分がやった詐欺の証拠を消させたんだと思うよ」
「…………えー…………ショックぅ……」
なんとも間の抜けたような声でつぶやく。あ〜〜、可哀想に。東京に出て来たばっかりで、デブでチビの裏モノ読者に詐欺られて、生中出しやらアナルやらをヤラれちゃったのね。マジ気の毒〜。
まぁ、ここは可哀想だから、一晩セックスして2万5千円払ってあげましょう。せめてもの
情けです。「……じゃあ、とりあえずお泊まりでセックスしようか?今回ははじめてだし、これから愛人で会うかどうかを決めるから……2万5千円でどうかな?」
そういうと、伏し目がちに固まってた奈々ちゃんが、スッと目線をあげる。ボクの目を見て言いました。「……あの、本当にお金、くれます?信じて大丈夫ですか?」
それは、完全に人を信用できなくなった目でした。
夜11時の歌舞伎町。行き交う酔っぱらいや、キャバクラ嬢、ホストを掻き分けて、ホテルに移動。奈々ちゃんを部屋に入れました。騙されたショックのためか、表情が硬いです。
「じゃあ、まず愛人さんには、何をしてもらおうかな?」
そう言って、ぼーっと立ち尽くす奈々ちゃんの唇を奪う。舌を入れると、柔軟に口を開け、ボクの舌を迎え入れます。ウンウンいいじゃないの。
「……あの、お風呂入って、身体を洗いましょうか?」
「え?」
「髪とか、身体とか……洗ったほうがいいですよね?
恥ずかしいんで、おフロの中の電気をちょっと暗くしてくれたら平気なんで」
これは、どういうことでしょうか?元カレに、いつも身体を洗わされてたのでしょうか?
「あ……、例の愛人……ダマシだったんですけど、その人が洗ってくれたら嬉しいって言ってたから……」素晴らしい話じゃありませんか!
奈々ちゃんは詐欺にあいました。生中出しとかアナルとかをタダでヤラれました。しかし、同時に愛人としてのサービス精神を得たのです。人間、どんなドン底でも、学ぶことはあるものなのですね!(良い笑顔で)
さっそくお言葉に甘えて、身体を洗ってもらうことにしました。髪の毛から背中、ティンコからアナル、足の裏から、足の指の先。さらに手の指の爪の間まで!う〜ん、なかなか行き届いてるじゃない。詐欺デブの裏モノ読者くん。サンキューと言わせてもらうよ!サンキュー!
すっかり身体がキレイになったところで、ベッドに移動。ごろんと横になると、奈々ちゃん、ボクの上に覆い被さってきました。お、攻めて来る感じかい?ネチョ……ピチャ……。
ゾクゾクゾクゥ〜〜〜〜〜〜!!!!!なんと奈々ちゃん、ボクの耳筋から、耳たぶ、そして耳の中にまでベロを侵入させてまいりました!ヒィィ〜〜〜〜!!しかもハァハァというイヤらしい息づかいを超至近距離で聞かせながらの耳の穴舐め! 胸のあたりがゾクゾク〜ってします!
「町田さん?気持ちいい……?」
なにこのコ!エロい!エロすぎですよ!さっきまで
「あんまりかわいくないなぁ」
と思ってたのに、俄然、価値が上がってきましたよ!! 続いて、首筋を噛むような吸うような、キスマークがギリギリ付かないようなカリッカリの攻撃をしかけてきます。うわ〜。歯の硬さと、唾液でネロンネロンな舌の攻撃というダブルスタンダード!うっひゃ〜〜ティンコがグワィーン!グワィーン!と硬くなっていきます!超合金のロボットが立ち上がるときみたいな音です!
もちろんイメージですけど!さらに、続いては足の裏から、足の指舐めです!1本1本、丁寧に舌を絡ませてきます。1本につき1分半くらい舐めてます!なんだこのスキル!これも愛人に教わったのかしら?そうだとしたらすごいなぁ。彼女はたしかに詐欺られて、裏モノ読者に中出しされたけど、
そのおかげで信じられないスキルが身に付いたわけですよ。どこにでもドラマはあるなぁ。
その後も、ふくらはぎを甘噛みしながら、上に上がってきたと思ったら、おモチのように玉袋をもてあそび、喉奥までのフェラ。アナル舐めから定番の乳首舐め。もうフルコースです。3カ月前に茨城から出てきた少女を、こんなセックス愛人マシーンにしてしまうとは。本当に恐ろしいところですよ! 東京!東京!東京!(こぶしを握り締めながら)
「ガマンできないよ。そろそろ入れるよ?」
そう言うと、「あの……生で大丈夫ですよ。男性用のピルって飲んでます?飲んでれば中でも……。飲んでなければ、外でお願いします……」
……奈々ちゃん。残念ながら、詐欺愛人が言っていた〝男性用ピル〞なんていうものは、中国の怪しい会社が出してるくらいで、しっかりと効き目が認められてるものはほぼ存在しないのだよ。君が妊娠しなかったのは、ただ運が良かったんだよ。でも、そんなことを言ったら、再び、さきほどの生気のない瞳の奈々ちゃんに戻っちゃうから言いません。「じゃあ、生で外出しするね」と言って、生でズブリ。「ん〜〜!あぁぁ!ああん!!」イヤらしい声を上げる奈々ちゃん。「生、気持ちいい!」と、目もトロ〜ンとしています!ムァンコの締まりはかなりいいです。18才!やっぱり18才は素晴らしい!ピストンを繰り返すたびに、快感の波が身体全体に満たされていきます。うわー、コレ、すぐにイッちゃいますよ!
「もうすぐイクよ?今日、朝まで何回もヤルからね?」
「はいぃ……!」
「じゃあ、顔に精子出すよ?」
「はぃ…」
「顔に出されたことは?」
「ないですぅ……」
「マジで?じゃあ思いっきり出すからね?顔にかけたやつ、指で集めて口に入れるよ。飲める?」
「………」沈黙。え〜、ダメなの?これでも?思いっきりティンコに力を入れて、子宮の奥をガン
ガンと突く!
「あああああああああ!!!!!」
「精子飲んでくれる?」
「ああああああ!飲みます!飲ましてください!!!!!」
それでこそ愛人!その声を聞いた瞬間、腰奥から玉、玉から竿を伝って快感が稲妻のように登ってきました!イクッ!!じゅっっぽおぉおぉーーん!!!!ティンコを引き抜き、左ヒザを奈々ちゃんの顔の横につく。頭の上を右足が踏みしめる。準備完了!!!次の瞬間、快感とともにティンコの先から、固まった白い液が、ビュー!ビュー!ビュー踊り子!と、顔に注がれていきました。鼻っ柱を斜めに切るように一閃、小鼻のくぼみに二閃!そしてほっぺから唇に入り込むように三閃!
「レディゴ!レディゴ!レディゴ!」
と、心の中で叫びながらの顔射!ふぃーーー。気持ちよかった〜〜。薄く目を開け、呆然としている奈々ちゃん。震える手を持ち上げ、顔に付いてる精液を指先で集めて口の中に入れだしました。えええーーー!それ、ボクがやろうと思ったのに!自分から口に入れるなんて、相当なビッチ系のAV以外で見たことないよ!
「…………」
顔にたまった精液を口に入れたかと思うと、すこし躊躇してから、ボクの耳にしっかりと聞こえるようにゴクリと飲み込んだ。マジかよ!こんなコ見たことないよ!
「……奈々ちゃん、精液、飲んだことあったの?」
そう聞くと首を横に振る奈々ちゃん。初顔射、初ゴックン?なんでそこまで!?すると、起き上がってボクを見てニッコリ笑って、泣きそうな目で言ったのでした。
「町田さん、私、愛人にしてくれますか?」 
ボクは、どんな顔をすればいいかわからなかった。しなびたティンコから一滴の残り汁がこぼれ、シーツに静かに広がっていった。
SnapCrab_NoName_2018-9-9_13-14-49_No-00.png 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

2018/08/08

パパ活の愛人探し上玉ちゃんを安く抱く

0073_201808082211580cb.jpg 0074_20180808221153349.jpg
出会い系サイトでの援交の相場は、東京で1万5千円~2万円といったところでしょうか。そんなに高い金を払っても、キスもさせてもらえず、おざなりな時短プレイで射精を終えて、トボトボ帰るのがオチです。お金、もったいないですね。そこで僕が提案したいのが、女のおっぱいを2千円で揉む遊びです。
『1分でいいので服の上から胸を揉ませてください。2千円でどうでしょう?』服の上からってとこがミソです。ナマ乳なら3千円はかかりますしね。さて、この掲示でターゲットを待つと、たまに連絡が来ます。
『いいですけど、場所はどこでですか?』
マンキツかカラオケを答えておけば問題ありません。いざやってくるのは、マトモなエンコーでは客が取れない、下の中ぐらいの女ばかりですが、たった2千円でおっぱいを触れるならいいと思いませんか? もしその場でナマに移行したければ追加千円でなんとかなりますよ。
シングルマザーは落としやすい。彼女たちは普通の男、とくに結婚願望の強い男からは敬遠されがちなので、シンママに理解がある男を演じるだけで貴重な存在になれる。出会い系サイトの中でも、特に真面目なスタンスの利用者が多いエキサイト恋愛結婚では、そういう男は特に稀少なので効果は顕
著に現れる。自分の住むエリアで女性会員を検索し、さらに子供アリにチェックを入れれば簡単にシンママたちが見つかるので、彼女たちに片っ端からメールを送っていく。ポイントはどれだけ理解があるとアピールできるかだが、俺が実際に使ってみて効果が高いと感じるのは、『僕の親も再婚だったので、お子さんの気持ちはわかると思います』という一文だ。2人きりのデートに持ち込んだら、相手の苦労話を聞いてあげ、真剣に付き合いたいというスタンスを見せることができれば、簡単にベッドインできるはずだ。
単なるエンコーは飽きた。普通にフェラさせてマンコに挿入してって流れはうんざりだ。長くワリキリで遊んでいると、いつかはそういう心境になるものだが、そんなときはこの掲示板に立ち寄ってみるのも一興だ。ここはちょっと変わったプチ援交が楽しめる場で、みな思い思いの希望プレイを書き込んで、それに応じてくれる女を探している。たとえば1時間ずっと足コキしてほしいだとか、こちらで持参した服を女の子に着せてプレイしたいだとか。逆に女の子の方からも「おしっこ飲んであげます」だの「金的蹴りしますよ」だの提案してくるケースも珍しくなく、双方で条件が折り合えば簡単にアポの運びとなる。ちなみに俺の場合は「お互いの体毛をすべて剃ったうえでローションヌルヌルプレイがしたい」と募集し、ホ別2万で話が成立した。
近ごろ耳にするようになった『パパ活』。要するに女たちの愛人探し活動って意味ですが、ここはそれ専門のサイトです。月の小遣い3万の私みたいなオッサンでも、けっこうな上玉ちゃんと会えるので重宝しています。ひとまずは自分のプロフィールを設定します。年収900万、既婚、『刺激を求めており、パパ活している女性と会ってみたくて登録しました』ぐらいの文章で十分です。次に、サイト内の「掲示板」チェック。驚くのは彼女らのプロフです。どこぞのアナウンサーみたいな清楚系ちゃんが、『一回こっきりでもいいので2~』などと臆面もなく書き込んでるんだから腰を抜かします。あとは素直に『今週から来週、会いましょう』などとメールして、調整していくだけです。もちろん長期の関係を希望する子が大半ですが、「ひとまず一回セックスしてみないと長く続けられるか判断できないよね」とでも言えば納得してくれます。実際、月3万の小遣いで長期契約の愛人なんて持てるわけがないので。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2018/07/08

女子大生が愛人を見つける異業種交流会

0012_201807081020599f9.jpg 0013_2018070810210035e.jpg
ふらっと入ったラブホでデリ嬢を呼んで一発ヌく。若いころならこういう遊びも決して悪くはないんだろうが、齢を重ね、いろんな社会経験を積んできた俺のようなオッサンには、どうもそれだけでは味気がない。同じフーゾクで遊ぶにしても、もっと情緒のある、落ち着いた環境でのプレイにより心が引かれてしまうわけで。こういう考えに賛同してくれるご年配の同志はきっと少なくないだろうが、ならばそういう方たちのために、ぜひオススメしたいものがある。
『ホテルDEデリヘル』なる口コミサイトだ。デリヘルが呼べるシティホテルやビジネスホテルの情報が都道府県別に集められたきわめて便利なサイトなのだが、実はホテル以外に、温泉宿や温泉ホテルの情報も多数、掲載されていたりする。つまり、ゆっくり温泉に浸かり、晩酌を楽しんだそのあとで、デリ嬢と落ち着いた和室でしっぽり、などという贅沢な大人の遊びが可能なわけだ。静かに一人旅を楽しむもよし。あるいは男友だちを誘ってにぎやかにやるもよし。いずれにしろ、オッサンの温泉旅行が数倍グレードアップすること間違いなしだ。ナンパ場として相席系飲み屋が大はやりだが、オッサンにはなかなかハードルが高いというのがオレの印象だ。主流の居酒屋タイプでは、何度ホゾを噛んだかわからない。このタイプは2対2でのグループトークが基本なので、十八番のエンコー提案も切り出しにくいし。しかし、オレは狙い目の店舗を見つけた。近ごろ都市部を中心に増えつつある、ラグジュアリーな内装で高級感をウリにした『相席ラウンジ』である。システムは、居酒屋系とだいたい同じで、男は有料、女はタダ。そしてポイントは、1人客の女がやたら多いことだ。ここなら得意技を出せそうでしょ?実際に向かってみたところ、状況は期待以上だった。豪華な内装の雰囲気に釣られてか、パパ活オンナが集まってきており、援交が切り出しやすいのだ。おっさんが向かう相席系飲み屋は、ラウンジタイプで決まりです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2018/06/18

補助金は愛人ヤンキーの懐へ

0136_2018061811020541b.jpg 0137_20180618110204580.jpg
ある日のことだ。課長とその愛人であるヤンキーちゃんが、勤務時間中、お互い少し時間をズラしつつ出て行った。耳を当てた途端、とぎれとぎれの会話が聞こえてきた。もしかして・・・
2018/05/23

デブになったらポチャ専デリヘル嬢で金持ち愛人見つけ大ハッピーになった話

0096_20180523144757816.jpg 0097_20180523144759f9e.jpg 0098_201805231448002fe.jpg 0099_201805231448013f5.jpg 0100_20180523144803615.jpg 0101_2018052314480482c.jpg
都内の私大を卒業した私は、小さな専門商社に事務職として入社した。朝、目覚めると昨晩の夕飯の残りを食べ、メイクをして家を出る。会社では書類作成や経理に追われ、終われば家に帰ってテレビを見てから布団に入る。夕食はいつも自炊だ。手取り14万、家賃6万のアパート暮らしという身分では、外食なんかもったいなくて、とてもする気になれない。OLになれば、それまでのパッとしない人生が変わるんじゃないかと期待していたのに、フタを開けてみれば変化のない日々の連続だった。何かこう、感情がぐわっと高まるような楽しい出来事がまるでないというか。原因はわかっている。私には生まれてからこのかた、彼氏がいたことがないのだ。ただの一度も。理由はさっぱりわからなかった。自分では全然ブスだとは思わないし、料理だって得意。何よりスタイルは、昔から女友だちによく誉められるように、モデル並にイイのだ。なのに、高校時代も大学時代も、全然モテた記憶がない。ホント、意味がわからない。いったいアタシの何がそんなにダメなワケ?とにかく今のままでは、寂しい人生しか待っていない。だから、社会人になってしばらくしてから、私はダイエットを始めた。今よりももっとキレイになって男たちを見返してやる。毎日の食事を半分に減らし、好きなお酒も控えた。夜はサウナスーツを着て町中をジョギング。もともと痩せていたせいか、体重が一気に減るようなことはなかったが、それでも贅肉は少しずつ落ち、最終的に体重は42キロになった(身長158センチ)。タレントの久本雅美のような体型だ。ダイエットの成功でちょっと自信が生まれたある日、突然、好きな人ができた。相手はウチの会社に出入りする取引先の営業マンで、歳は私より4つ上。スラッと背の高い、オダギリジョー似のイケメンだ。これまでの営業マンの後任としてやってきた彼を見た瞬間、一目ぼれした。ほぼ1日おきに職場に顔を出す彼の姿をデスクからそっと眺める。それだけで胸がきゅんと高鳴った。帰宅しても、ふとしたときに思い出すのは彼の爽やかな笑顔だ。いまごろ何してるんだろう。付き合ってる人はいるのかな。できれば一度ゆっくり話してみたい。とはいえ、私の方から積極的にアプローチをかけるつもりはなかった。目が合えば軽く会釈するので精一杯。フラれてばかりの学生時代を経験したせいか、恋愛に臆病になっていたんだと思う。とりあえずは、彼を見てトキメクだけで幸せだった。一方的に相手を想っているだけなら、失恋の痛手を味わうこともないのだから。その日、会社主催の飲み会に参加した私は、どきまぎと落ち着かない時間を過ごしていた。半年に一度行われる、取引先への慰労会を兼ねたもので、そこに彼も同席していたのだ。あいにく互いの席が離れていたので、話しかけるチャンスはなかったけれど、どうせあったところで上手く会話できる自信はない。だからいつもそうしてるように、チラチラと彼の顔を盗み見ては、ひとり悦に浸る私だった。ふふ、やっぱカッコいいなぁ〜。トイレに立ったとき、廊下から聞き覚えのある声が聞こえた。
「まあ、木村さんはないかなぁ」
彼だ。同じ会社の男性と立ち話しているらしい。私の同僚OL木村ちゃんの名前が挙がったので、思わず足が止まった。彼の話し相手が言う。
「へえ、俺は木村さん、結構タイプだけどなぁ。じゃあ、大原さんはどうよ」
え、大原って私のことじゃん。再び彼の声が耳に届く。
「大原さん? ないない、絶対にないよ」
会話の内容からして、ウチの職場のOL連中の批評をしているのは間違いない。そうか、私は彼にとって「絶対にない」女なんだ。あの一件以来、職場で彼と顔を合わせるのが苦痛になった。居酒屋で彼が吐き捨てるように言った言葉が耳にこびりついて離れないのだ。今まで漠然としていた不安が、
はっきりとした形で脳裏をよぎった。もうこの先、恋人ができるとは考えられない。私はずっとひと
りぼっちで生きていくんだ…。そうやってふさぎ込む日が続くうち、やがて私の身体に異変が起こった。なぜか夜になると猛烈に食欲が湧くのだ。特にお腹は空いてないのに、でも食べずにはいられない妙な衝動とでもいうか。一度食べ物を口に入れると、胃がはち切れそうになるまで止まらない。不思議なことにそうやっている間だけは、悲しみや不安を忘れることが出来た。来る日も来る日も冷蔵庫の前にへばりついた。ソーセージ、チーズ、卵、ケーキ。特に揚げ物はスーパーで大量に買い込んで、どんどんチンしまくった。深夜になるとコンビニに走って食料を大量に買い込み、袋を抱えたままついついすぐそばのラーメン屋でタンメンを平らげて、部屋に戻ってからコンビニスナックをちびちび食べた。
 体重は急激に増えていった。1週間で2キロ、1カ月で7キロ。体重計に乗るたび私は悲鳴を上げた。けれど、どうしても過食をやめることはできない。やだぁ〜、どんどんデブっていくんですけど!デブやだぁ!そんな私の異変を、職場の人間が気づかないはずがない。ある日、仲のいい同僚OLがニヤニヤと近づいてきた。
「ねえねえ、あんた最近太ったでしょ?」
「うん、7キロ。超ヤバいんだけど」
「何かあったの? でもアンタ痩せすぎだったし、ちょうどいいんじゃない?」
「えー、マジで言ってんの?」
「うん、しかもなんかキレイになった気がする」
うそうそ、7キロも太ってキレイなわけないじゃん!歯止めのきかない体重増加に頭を悩ませていた矢先、信じられないことが起きた。仕事帰りに新宿をブラついていたところ、生まれて初めてナンパされたのだ。
「ねえ、飲みに行かない? 1杯だけおごらせてよ」
男はいかにもチャラい遊び人風で、日焼けした黒い顔を覗かせてくる。
「カワイイね。飲みに行こうよ」
どうしていいかわからず、私はうつむいたまま足早に男を振り切った。カワイイ? 冗談やめてよ。軽薄なナンパ男のこと、それが心にもないお世辞だというのはわかってるけど、気分は悪くなかった。だって今までそんなこと言って、私に近づいてくる男の人などいなかったんだから。意外にも、街で男の人に声をかけられる機会がちょこちょこと増えだした。
「一緒に遊ばない?」
「連絡先教えて」
「カラオケ行こうよ」
痩せてキレイだったころには見向きもされなかったのに、どういうことだろう。今なんて体全体がプニプニして、体は磯山さやかみたいなおデブさんなのに。ついつい外出の頻度が増えた。声をかけられることに慣れてくると、わざと自分からナンパ男っぽい人の前を通り、向こうから近づいてくるのを待ったりもした。相手がカッコ良かったら、一緒に居酒屋へ行くこともたまにあったけど、それ以上の展開を求められると拒否した。別に後生大事に守ってきたバージンではないとはいえ、その辺のナンパ男に軽々しく捧げるのがシャクだったからだ。
 でもついにその日はやって来た。新宿で声をかけてきた20代後半の男と、飲んだ流れでホテルに入ったのだ。顔は全然タイプじゃなかったけれど、やけに話し上手で、あれよあれよという間にそういう展開になってしまったのだ。ロストバージンの感想は……こんなもんか、というのが正直なところだ。聞いてたほど痛くもなかったし気持ちよくもなかった。でも、ようやく女として人並みの経験ができたことは素直にうれしい。以来、ときどき私はナンパ男に誘われるまま、一夜を共にするようになった。モテてるって状況がうれしくてならなかったのだ。体重が70キロに達して、いよいよ森三中の村上のようなダルマ体型になっても、私は食べ続けた。このころになると自分の旺盛な食欲がストレスによるものなのか、単なる惰性なのか、自分でもわからなくなっていたが、それよりも私にはどうにかしなきゃならない切実な問題があった。お金だ。毎日バカみたいに食べまくるせいで、14万のお給料でやりくりするのはもう限界だ。バイトするしかないか。悩んだ末、選んだのはデリヘル嬢だ。それもポチャ専の。キッカケはナンパだった。
渋谷で声をかけられたチャラ系とエッチした後、彼がベッドで寝っ転がりながら言うのだ。
「生活が苦しいんならデリでもやれば? イイ店知ってるから紹介してやろっか」
 以前、風俗スカウトマンをやっていたから、ポチャ専フーゾクの店長と知り合いなんだと彼。へえ、そんなのがあるんだ。でも私なんかがやれるのかしら。
「自信ないなぁ、アタシ」
「大丈夫だよ。オマエ、デブにしてはかなりカワイイもん。人気出るかもよ」
そうなのだ。実は最近、自分でもそうなんじゃないかと思い始めていたのだ。冷静になって痩せていたころの顔を思い浮かべると、頬はこけ、眼がくぼみ、まるで陰気なユーレイみたいだ。でも現在は、脂肪がついたおかげで顔がふっくらとし、眼もパッチリとなってそこそこの美人に見える。近いところで言うと、森三中の黒沢さんみたいな感じだろうか。こうして私はポチャ専フーゾク嬢となった。23才夏のことだ。はじめのうちはずいぶん緊張したし、ポチャ専フーゾクに来るお客さんってMっぽい人ばかりで取っ付きにくいなというのが感想だった。果たしてこんな仕事、やっていけるのか。でも1カ月もしないうちにドップリとはまっていくのが自分でもわかった。プレイ中は性欲も満たせるし、お客さんはみんなこんな私に夢中になってくれるのだから。
「いやあ、君、ホントにカワイイな。最高だよ」
同じような台詞はナンパ男たちにもしょっちゅう言われたけど、タダマン狙いの彼らと違って、お金を払ったお客さんの言葉には真実味がある。その歳まで女のコ的な部分をちゃんと誉められたことがなかっただけに私が浮かれまくってしまうのもしょうがない。自然、プレイも献身的となり、お客さんが何を望んでいるか、どうしたら喜んでもらえるのかを常に考えながら接客するようになった。ときには本来、オプション料金が発生する顔射などもお店に内緒でタダでやってあげることも。
 かわいいルックス(自分で言っちゃってゴメン!)と濃厚なプレイ。売れっ子の条件が整ったこと
で、指名数は面白いように増えていく。入店3カ月目で会社を辞めたのは、週2ペースの出勤でも、軽くOLの給料をオーバーするまで稼げるようになったからだ。フーゾクに専念するようになってから、私の月収は50万と60万の間を行き来するまでになった。それから現在に至るまで、売り上げ順位がナンバー3以下に落ちたことは一度もない。近ごろ、フーゾクから足を洗おうと考えている。たまたまなのだけれど、3人の金持ち常連客から正式に愛人契約を結んでほしいと言い寄られているのだ。毎月、3人からいただける予定の金額は合計60万。美味しいことこの上ない。このおよそ2年間を振り返るとつくづく思う。デブになって、本当によかった。
2018/01/27

愛人募集なのだからおっぱいチェックは当然の権利である

0048_20180127171605a6d.jpg 0049_20180127171606fba.jpg 謝礼に弱い巨乳を見つけ「ところで…」と本題へ
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
2016/06/20

出会い系で「デート・エンコー・愛人」を呼びかけたら、どんな娘がレスしてくるん? 釣りエサ10万円・広島編 【連載】1

PC◯◯◯の掲示板にて「挿入なし可、即決できる方優先」というタイトルで、「個人的にはちょっとアブノーマルなプレイに興味があったり」などと本文で言及しながら女のコを募集した。様々なプレイを提示し数多の女性とやりとりするうち、こんな全てをカバーした内容に行き着いた。

「本番なしでお願いします!」

 早速食いついたのは、普段はOLをしているというCちゃん(21歳)。

test2.jpg 

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?