0088_20190714181024261.jpg0089_20190714181025350.jpg0090_20190714181026e6b.jpg0091_2019071418102879b.jpg
プレイ代がタダになった!?
先日、渋谷・道玄坂のヘルスに行ったときのことだ。
「アタシ、それ好きじゃないからやらないんだよねー」
プレイもいよいよ佳境というとき、ヘルス嬢から耳を疑うような言葉が飛び出した。
「えー、だってサービスに入ってるんじゃないの」「けど、好きじゃないからあ」
「おい、ちょっと待ってくれよ」オレと風俗嬢が何をモメているかといえば、他でもないシックスナインのことだ。受付のサービス説明表ではプレイ内容に含まれていたはずなのに、それを好きじゃないからとは何事だ。いや、皆さん、何をオーバーなと思わないでいただきたい。性のに目覚め、はや十数年。その歴史の陰にはいつもシックスナインがいた。賛否両論はあろうが、オレはあのスタイルが一番興奮するのである。
これがオレの信条だ。横っ面を張り倒そうとも思ったが、同時にもう一方の思いが湧き上がった。「キャー、また来たわよ、ミスターシックスナイン。ムキになってキモイんだよねー」
ヘルス嬢たちの間でそんな陰ロが流布されるのではなかろうか。店に文句を言ったところで相手にされんだろうし…。
結局、オレは泣き寝入りするしかなかった。チクショー、風俗店で悔しい思いをするのはこれで何度目だよ。客は店や女性の理不尽に耐えるしかないのか。そんなオレのもとに先日、1人の読者から胸のすく体験談が寄せられた。何でも、会社の上司と行ったヘルスで女のコの接客態度が最悪だったので、クレームをつけたら2人分の料金がタダになったというのである。
風俗店に正面からイチャモンをつけて、タダにするとは何という偉業。これぞ客の鏡である。いっちょやってみっか。読者にできてオレにできないワケがない。何食わぬ顔して訪れた風俗で、プレイにナンクセをつけてみるのだ。シックスナインの雪辱を晴らしてやる。当然、狙うは、料金の全額返却だ。うまくすれば、タダで遊べたうえに《お詫び》とかいって、女のコから特別サービスがついちゃったりして。ククク。
入店1カ月の新人マット嬢。予想を裏切り絶品フェラ
10月某日。オレは横浜・曙町のマット性感「A」を訪れた。俗に言う『ハマヘル』である。場所や店など、どこでも良かったが、行き当たりばったりで選んだというワケでもない。
狙いは店頭に掲げられたプレイ内容と料金の看板。これらのサービスのうち、一つでも欠ければ、一看板に偽りあり叫と、かなり有利にクレームを展開できるに違いない。勝ち目の無いケン力はしたくないからな。さっそく入店1カ月の新人を指名する。無論、不慣れな分、サービスを怠るであろうという可能性を視野に入れた選択だ。
「いらっしゃい。まだ入ったばかりなの。よろしくー」
「いーよ、いーよ。なんか初々しいねえ」
スレンダーにした感じのユミ(22)に社交辞令のような挨拶もそこそこ、ディープキスから脱衣、シャワーへと導かれる。
「それじゃマットに仰向けになってください」
言われるままの姿になるや、パクッとナイスフェラ。意外にも賞賛に値するテクだ。
「キ、キミ、ホントに新人?」「ええ、この店ではね」「ハイ?」
よくよく聞けばユミは、他店からヘッドハンティングされた、この道4年のベテランマットプレイヤーだった。なるほど、だったらこんなバキュームフェラも説明がつくね…ってフザけんじゃねー。本来ならうれしいハプニングだが、今日に限っては、勝利の方程式が台無しじゃんかよー。
闇のような剛毛に阻まれ〈アナル舐め〉を断念
そんなオレの気も知らず、五体を駆使した熟練のテクで足の指まで訴めまわすユミ。同時に平泳ぎのカAロルキックのように両足の裏を合わせてオレのモノをシゴキ始める。ヒイ、そんなのって…。先ほどまでの怒りは消え去り、すっかり骨ヌキ状態になっていく。クーッ、イカンイカン。何としても彼女の落ち度を探さねば。
と、今までのプレイをふりかえり、ハタと気付く。そういえば《耳訴め》がなかったんじゃねーかーベテランらしからぬミスだが、ただ、これだけでイチャモンつけるってのもいかがなものか。「それじゃ、力抜いて足を開いてねえー」彼女に促されるまま、赤ちゃんのオシメを取り換えるようなスタイルに。いよいよ《アナル舐め》ですかあ。
流れるようなリップサービスが始まる。チロチロチロー。あー気持ちいい、あー天国。と、そこで急に彼女の《ロ撃》が止まった。
「どうしたの?」「う、ううん、何でもない」もしかして・。実は、オレのアナルは周辺を亀の子タワシ顔負けの剛毛でビッシリとガードされている。例えるなら黒い太陽とでも言うべき異形なのだが、それに蹄踏しているのかい、キミは。いやいやそんなことでアナル舐めを止めるなんてオレは許さないよ。さー続けて続けて。
ひと呼吸おき、決心がついたのか漆黒の闇へ舌を突進させる彼女。が、その思いも虚しく、深い茂みに阻まれて核への侵入はかなわない。プププ、こりゃ決定的な失態だわな。いつもは一気にブルーになる場面だが、今日だけは、この体に生んでくれた両親に感謝の気持ちで一杯である。その後、素股、シックスナインと一連のサービスを受けたオレは、勝利への確かな手応えを得た。
ここからが肝心である。《耳舐め》と《アナル舐め》という2大クレームをどのように伝えるべきか。と、「お疲れ様でした。いかがでしたでしょうか?」受付で店員が、アンケートを片手に待ち横えていた。飛んで火に入る夏の虫とはよく言ったもんだ。
「本当はこういつの言いたくないんだけどねえ・・」オレは鼻息も荒く、ユミの問題を責めたて、店員の反応を伺った。
「そうですか…。申し訳ありません。本人にもよーく注意しておきますので・・」
「うん。それで?」「更なるサービス向上を目指しますので、今後もよろしくお願いします」
「・・へ?…終わり?」「ええ」
「マジで?アンタじゃダメだ。店長さんを呼んでくれ」
店員にゴネること15分。なんとか事務所に通されるとホンジャマカの石塚を眼光鋭くさせたような店長が待っていた。
「ご意見はありがたく頂戴いたしますが、彼女も一通りのサービスをしたと申してますし・・」
「ちょっと周りをペ口ッとやっただけじゃ、アナル舐めとは言えないでしょー」「はあ・・」
このスキモノめ、と言わんばかりの呆れ顔でため息をつくホンジャマ力。ケッ、何とでも思え。ここまできたら、後に引けるかよ。きっちり誠意を見せてもらうまでは一歩も動かんゾ。
「アナル舐めって言ったら、こうやって舌先を尖らせて、穴を掘り出すようにシワのううまで丁寧に」
べロを突き出して必死に説明するオレをホンジャマ力は憐れみの表情で見つめている。
「イヤ、何もアナル舐めにこだわってるワケじゃない。あるべきサービスが無いのが客をナメてるって言いたいんだよ。入口の看板なんてデタラメじゃねーかー」
しばしの沈黙の後、ホンジャマ力は深々と頭を下げた。
「こちらの指導不足です。申し訳ありません」
ヨッシャー、さあ早く料金はお返ししますと言ってくれ。
「でも、失礼ですけど、射精はされましたよね」「え?ええ、まあ・・」
「イッたということは、ウチのサービスにある程度の満足がいただけたといつことですよね」「……」言葉に詰まるオレに対して途端に横柄な態度に出るホンジャマ力。
クッ、まさかあの射精が命取りになるとは…。
「お客さん、どうしてボッタクリ風俗がなくならないのかわかりますか?」
ヤバイ。形勢が逆転したぞ。
「どんなサービスでも受けさしてしまった以上、開き直りができるからなんです。後の満足度はお客様それぞれですから」
くー何も言い返すことができん。悔しいー
「ボッタクリがそうなんだから、ウチみたいな優良店がクレームに屈するなんてことはまずないですね。お客さんに怪我でもさせれば別ですけど、サービス内容くらいじゃ料金の返却などに応じるワケがない。それに値するサービスをしている自信はありますから」
・・ガックリと肩を落として事務所を出ると、客を見送るユミと鉢合わせた。
(あんなに感じてたくせに、アナル舐めぐらいでネチネチ言って、ケツの穴の小さな男ね)
憎悪むきだしの視線でオレを呪む彼女。一度はケツの穴まで見せ合った相手と遺恨を残すのは、何ともやりきれない・・。
風俗店へのクレームは予想以上に苦しい闘いである。なぜなら、性的快感という非常に暖昧なものを巡って争わねばならないからだ。それでも、オレは今回の取材で得たことがある。読者の皆さんには、その言葉をもって結びとさせていただきたい。