援助交際のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:援助交際

札幌のすすきののテレクラ援助交際事情

0036_20190304160909a27.jpg 0037_20190304160912cb3.jpg 0038_20190304160922ba4.jpg 0040_20190304160926112.jpg 0039_20190304160926a88.jpg 0041_20190304160927882.jpg 0042_2019030416092720c.jpg 0043_2019030416092711c.jpg
札幌の激安風俗は十分に堪能した僕だが、もう一つどうしても確認しておかなければならないことがある。それはすすきのテレクラの援助交際事情についてだ。友人の話によれば、札幌での相場は1万円ということだった。安くなったとはいえ相場が未だ2万〜3万円であることを考えれば、激安と言わざるをえない。札幌の女性は、本当に1万円で援交するのだろうか。
幸い僕の宿泊しているホテルから徒歩3分の場所に「S」という取次制のテレクラがある。ここで事の真偽を確認してみよう。フロントで簡単な入会手続きを済ませ、一番奥のルームで待機。1本目のコールが鳴った。主婦マサミ、どうやら援助希望ではなさそうだ。話してから「時間だから」と切る。まつ最初はこんなもんか。が、その後も期待していたような電話がなかなかかかって来ない。コールはそこそこあるものの、年齢を言ったとたんガチャ切りされたり若いほうがイイのかと思い、少し年齢をサバ読みしたのが災いしたか、つながっても話が長続きしない。少々焦りが出始めたそのとき都合8本目のコールが鳴った。
相手の主は30才の自称OL・周囲の雑音が聞こえることからして、公衆電話からかけているようだ。挨拶も早々に東京から来たことを正直に伝えると、「私も東京に住んでたことあるよ」とのこと。これは脈がありそうだ。
「もしよかったら、札幌を案内してくれない」
「いいわよ・迎えに行ったげる」
話はスムーズに進み、難なくアポ取りに成功。しかし、どうも気にかかるのが女の話し方だ。落ち着きがないというか、若干分裂症気味の感じがするのだ。まあルックスが良ければ問題はないけれど。
とりあえず顔だけ確認するつもりで指定場所に行ってみると、女が話していたとおりの青いフェスティバがウインカーを付けたまま止まっていた。車の背後から近寄ると中から黒いコートを着た髪の長い女が降りてくる。その瞬間僕は背中に悪寒が走るのを感じた。
「ヤバイー」
見るからに危なそうなのだ。分厚い化粧、服装のセンス、そして明らかに行き場を失った視線。
どれをとってもパラノイア系以外の何ものでもない。おまけに年齢も30代後半だろう。僕は蛇に晩まれたカエルのように、その場を一歩も動くことができなかった。「今中さんですか?」彼女はまるで獲物を捕らえた豹のように僕に向かって一直線に歩いてきた。どうやって突破したらいいのか。
「ぼっ、僕じゃありません」
我ながらへタな嘘で情けなくなったが、それしか出てこない。と、彼女、その言葉を聞いた瞬間、般
若のような顔になり、ドスの聞いた低い声でこう言った。
「いったい、どういうこと…」
「あの、僕、今中に頼まれたんです。あいつ、用事があって行かれないからって」
「バカヤローー」
女は僕を大声で一喝したかと思うと、車に戻り、もの凄いエンジン音を響かせて行ってしまった。せめて写真ぐらい撮っておけば良かったか。いや、乗り越えられただけでもラッキーとしなければ。再びテレクラに戻りコールを待つ。が、意外にも援助交際の女からはまったくかかって来ないもしや札幌では援助交際が絶滅したのだろうか。などと考えていると都合10本めのコールが鳴った。
「もしもし…」
おっ、かすかに聞こえる周りの雑音。これもまちがいなく公衆コールだろう。
「こんにちは、今どこからかけてるの」
「えっ…うん、そこのテレクラのすぐ側だよ」
電話の相手はともみ25才。販売の仕事をしているという。
「じゃあさ、僕、東京から来てるんだけど、もしよかったら今から札幌を案内してくれない」
頼むから切らないでくれよ、という願いを込めながら聞いてみた。すると…
「あたし、実は援助希望なんだよ」
来た来た来た〜・援助交際は絶滅してなかった!
「そうなんだ、うん。僕も暇だしさ、いいよ。だけど今、あんまり持ち合わせがないんだよね。ちな
みにいくら欲しいの」
「そっちの予算はいくらなの」
おっ逆に聞いてきたか…こいつちょっと手ごわいかもしれないぞ。しかし、ここでビビッてはいけな
い。単刀直入に聞かねば。
「いつ1万円…でどうかな」
「いいよ、1万円で」
ビンゴ!やはり友人の言っていたことは本当だったのだ。たった一例だけで判断できないだろうが、少なくとも彼女は1万円で簡単にOKを出した。僕は小躍りしたくなる気持ちを抑えつつ、ともみの待つ交差点横ラーメン屋の前へと出かけた。ここから歩いて2分ほどの距離である。茶髪に黒いジャケット、そしてミニスカをはいた彼女はすぐにわかった。しかし、小走りで来た僕の目に飛び込んで来たのは、ともみの虫歯だらけの口・・・。
「あっ、とつ、ともみちゃん…待った?」
ううん。待ってないよ。寒いから早く行こうよ」ともみが強引に僕の腕を取って歩き出す。が、僕はすっかり意気消沈、またもやこの場からどうやって逃げ出すかに、頭をめぐらすこととなった。彼女の車がある駐車場まで約300メートル。そこまでに何とかしなければ。
「あっちょつとさ、車に乗る前にトイレに行っておきたいんだけど」
「え」
一瞬怪語そうな顔をしたともみだったが、渋々セブンイレブンのトイレに行くことを承諾。しかし、生憎トイレの出口は1カ所しかなく、ここから脱出することは不可能だ。くそ、こうなったら、トイレから出た後、ともみにも入るように進め、その隙に逃げるか。僕がトイレから出ると、ともみは週刊誌を立ち読みしていた。
「ふう〜、スッキリした…ともみちやんはトイレに入っておかなくて大丈夫?」
さりげなく聞いてみる。
「そうね、入っておこうかな…」
シメタ!
「そうしなよ」
疑わずにトイレに入っていく彼女。僕は、その姿を確認した後、猛ダッシュでセブンイレブンを後にした。結局テレクラにいた3時間半で、総コール数十本、即アポ2本、援助交際1人。もっと時間をかければ、という気持ちがないではないが、あの2人のルックスを見てしまっては僕の戦闘意欲もこれ以上は湧かない。
テレクラでは芳しい結果は得られなかったものの、全体を通せば札幌の風俗は素晴らしいの一言に尽きる。料金が安くて、質が高いとなれば、これに勝るものはない。こうなりゃ、貯金を全部下ろして
札幌風俗に費やしてみるのも悪くなさそうだ。

妊娠中でお腹に赤ちゃんのいるのに援助交際の妊婦さん

0127_20190110111057bdc.jpg 0128_20190110111059ab9.jpg
お腹に赤ちゃんのいる女性は、基本、誰もが幸福感に包まれているはずですが、中にはお金に困って途方に暮れている人もいるようです。
上記メッセージを載せていた方は、現在妊娠8カ月、よって本番は無理なのでフェラで1万円欲しい
と、メールで要望を伝えてきました。膣が使えないときは口を使え。ムダのない発想です。
待ち合わせた駅前には、明らかにそれとわかる大きなお腹の女が立っていました。
「妊婦だからさあ、今日はクチなんだけどゴメンね!」
大きな声で挨拶してくれたため、周りの人々がいっせいに振り返ります。
「今日、病院行ったら後10日以内に出てくるって。早産なんだ」
そんな大切な時期に、この人は何をしているんでしょうか。近くにカラオケなどがないため、2人してバスでラブホに向かったのですが、揺れのせいか彼女はお腹を抱えてうなります。
「ウーン、ウーン」
もしこのまま産まれたら、私はどう対応すればいいのでしょう。困ったものです。ホテルに着くや、彼女はタール15ミリのエコーをプカプカやり始めました。
「平気なの?」
「うん、いつも吸ってるし。ああ、パチンコ行きたいな〜」
日本広しといえど、これほど好き勝手に生きてる人もそうはいないでしょう。今回のフェラも、どうやらパチンコのためだったようです。せっかくだからと、おしゃぶり前に裸体を見せていただき、お腹に手を置いてみました。ビクンビクンと赤ちゃんが動いています。
(この子は何も知らないんだよな。産まれる直前に母親がこんなことしてるなんて)
突如、込み上げてきたなんとも言えぬ感情のせいで、射精は叶いませんでした。

温泉でハメた経験のあるバスガイドに妊娠中でも援助交際OKな人妻

0054_2018121617033657d.jpg 0055_20181216170337472.jpg 0056_2018121617033834c.jpg 0057_201812161703406ec.jpg 0058_201812161703415f3.jpg 0059_20181216170343234.jpg裏モノJAPAN創刊以来ずっと不思議に思っていることがある。俺だけではない。読者やライターの方々にもときどき怪謁な顔で質問を受けるので、みんな気にはなっているのだろう。この雑誌を読んでる女ってどんな連中なんだ?l表紙にはセックスの文字。中を開けば乳首がポロリで、真ん中の辺りには腹の出たオッサンのヌードグラビア。エビちゃんもジャニーズも出てこないこんな雑誌を愛読する女とは、いったいどういう神経をしてるのか。女性誌なんかは美容院で読めばいいし、週刊誌は終わった事件のことをダラダラ書いてるだけじゃん。裏モノは現在進行形でしよ。でも当事者にしてみれば、古い情報載せてるな〜ってのもあるよ。当事者?何のことかと問えば、なんと彼女、前に歌舞伎町で水商売をやっており、裏人脈も豊富だという。
「どうですか、エッチ系の記事とかは興奮します?」
「男ってバカだなあと思うよね。でも知らない世界のことが書いてあるから見るけどね」
「そうですか。ところでこのお子さんたちが裏モノ読みたがったらどうします?」
「子供?やっぱりいい悪いの区別がつくようになるまでは読ませたくないね。影響受けて真似するバカとかいるじゃん」
「このへんだと恥ずかしいから、知り合いのいない上野まで行って買ってるんです」
千葉県某所の喫茶店で、人妻の杏子さんは人目を気にするように小さく笑った。この人も飾り気こそないが、カワイイ顔をしていらっしゃる。裏モノ、実は美人読者が多いのかも。
「お客さんと温泉でハメたりするやつ?」
「その通りなの?」「ええ、ありましたよ」
なんだよ、軽いんじゃん。実はユルいんじゃん。よっしゃ、エロい話いっぱいして、ソノ気にさせたろ。おじやマン開始じゃ!
「1人Hとかはやっぱりするんだよね」
「しませんよ〜。でもクラブで変なクスリ飲まされたら気分が良くなって、トイレでずっと1人でしたことはありました」「ずっと?」「そう。手が止まらなくて」「ズブズブ?」「ええ、ズブズブ」
そのクスリとやら、すぐにでも飲ませたくなりましたが、残念ながらもらい物で詳細はわからないんですと。「今気になるのは赤澤クン?あの人は性格悪いから、付き合う気も友達を紹介する気もないけど、合コンがあれば参加したいですね」この2人は、保育園のママさん友達である。互いが裏モノ読者だとわかったのは、2年ほど前のこと。創刊以来の愛読者だった洋子さんが、「自分と同じ匂いがした」かおりさんに話しかけたのがきっかけだ。『かおりちゃんってエロい本とか読む?裏モノJAPANって知ってる?』当時の様子をかおりさんが振り返る。挨拶時、鉄人社の名刺を受け取ると、安めぐみをほうふつとさせる彼女は黄色い声をあげた。
「すごい、裏モノJAPANって書いてる!佐藤さん、合コンでこんなの出したら、女の子すぐ飛びついてくるでしよ」キミ、どういうマニアなのだ。普通はこの名刺を出すと、みんな引いてしまうんだよ。

熟女のオナペット募集、中身は単なるオバサンの援助交際!?

0108_201810310228307ff.jpg 0109_20181031022831519.jpg
先日、オネーサマ好きの僕にとっては、実にそそられるものを発見しました。
これ、夕刊紙「N」の三行広告に載っていたものなんですが、みなさんはどう思いますか。
僕はころ考えました。男が欲しくてたまらないスケベな奥さんが、年下の間男を求めているんじゃないかと。決して、冗談を言ってるわけじゃありません。最近じゃ、巷ではオバサマ方が年下の間男を捕まえてエッチさせてもらうという。結局、僕は金を振り込むことにしました。熟女に弱い僕にとっては、どうしても気になって仕方がなかったのです。たかが1万円、ダマされたらそれはそれで話のタネになると考えればいいじゃありませんか。

指の合図で援助交際の交渉がされる街

0018_20181030190852414.jpg 0019_20181030190853eb9.jpg 0020_201810301908551b7.jpg 0021_2018103019085628d.jpg 0022_20181030190858c14.jpg 0023_20181030190859c7b.jpg
3人組と別れた直後、NTTのほんの数十メートル先にあるダイエー前ボックスで赤いスラックスをはいた長身の女性を見つけた。見た感じでは、テレクラの女かどうかはわからない。すかさず車を降りた僕は単独で近付いた。ピースサインと間違わないよう指の表と裏をクルクルと回転させながら、ガラス越しに2万のサインを送る。と、僕の存在に気づいた彼女は、すぐに電話を切った。展開が早い。「何ですか」とぼける彼女。意味がわかったからすぐに電話を切ったんでしょうに。
「これでどう?」そう言いながら、僕はあいかわらず指を2本突きだしたまま。端から見れば実に下品な男に映るだろうが、幸いダイエーは閉店しており、辺りには誰もいない。
「どうって何が?」彼女は戸惑った風を装ってはいる。しかし、2本指の意味するところを理解していることは明白で、ジラしつつも、僕の口から「援助」の言葉を導きだそうとしているのがよくわかる。いくらテレクラ遊びをしていようとも、自尊心は失っていないみたいだ。しょうがなく僕はハッキリかまえてみた。「2万で遊ぼうよ」「何して遊ぶの」「セックスに決まってんじゃない」
「それじゃあ3万」いったん交渉が始まると途端に図々しくなるのは、テレクラ女の特徴なのだろうか。いやはや、それにしてもこの街は本当に援助女ばっかりいるんだな。
この2日間、僕たちがポイントで見かけた女性はプロの街娼を除いて3組。その全員に指サインを送ったところ、いずれもすぐに電話を切って交渉に応じてきた。最初から意図を理解した女、自らも指を出して額を釣り上げる女、わけのわからないフリをしながらも最終的にはOKを出す女。対応の仕方にバラつきがあったとはいえ、この確率には驚かされる。この街にテレクラ女が多い事実は否めいだろう。その土壌があってこそ、わざわざ声をかける必要性がなくなったのだ。ただ僕はこの交渉がこの街に特有の現象だとは思えない。日本全国、金山と同じ条件を満たしている地方都市は他にもあるはず。そこではどんな交渉法が根付いているのか、ぜひ知りたいものだ。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます