0178_20181226155207d9b.jpg 0179_20181226155208d08.jpg 0180_201812261552097eb.jpg 0181_20181226155211904.jpg 0182_201812261552128a7.jpg 0183_20181226155214f99.jpg 0184_20181226155216dc9.jpg 0185_20181226155217e9c.jpg
どんなに平凡な会社員でも、長年働いていればその道の知識や経験、勘というものが身に付いてく
るものだ。証券会社の社員なら株や相場の読み方に長けているし、海外旅行の代理店に勤める人間であれば、航空会社や各国の通貨に関する知識は一般人の比ではないだろう。仕事とは、言うなればその人の得意分野を意味しているのだ。私の場合、それが損害保険だった。長年、不動産会社に勤めていた関係で土地に関して詳しくなったのはもちろん、火災保険や自動車保険といった損保の知識も身に付いたのだ。
通常、損害保険の資格は、初級、中級、上級、特級の4段階に分かれ、中級以上の資格を取れば個人
で代理店が開けるようになっている。私は会社の在籍中に本業の足しになればと試験を受け、上級を取得。その気になれば、独立して稼げるぐらいの知識を持つまでになった。
が、その後は一身上の都合というやつで4年前に退社、現在は某建材メーカーに勤めている。もう
保険の仕事に関わることはないだろう。そう踏んでいたのだが…。
それは2年前の冬。昔からの知りあいである堀田と地元のスナックで酒を飲んでいたときだった。
ヤツは同い年でパチンコ屋の店長。離婚した後、娘2人を引き取り、自分の両親といっしょに田んぼ脇の一戸建てに住んでいる。そんな堀田がこんなことを言い出した。
「今度、家建て直したいと思ってさあ。ほら、オレんちポロイだろ。もう雨漏りだの、白アリだので相当ガタきちゃってさ」
堀田の家には遊びに行ったことがある。確かに、敷地は広いものの築30年は下らないオンポロ一軒家。そろそろ建て替えどきと考えるのも、わからなくはない。
「でもさ、建て替えるのは大変だぞ。解体ってかかるし。だいいち、オマエそんな金あるのか」
金遣いの荒い堀田のこと。どうせ金でも貸してくれと言い出すのだろう。
「いや、実はうちの親父の退職金が出るんだよ。来年、役所の定年だから、3千万くらい入るの」
「そりゃ何よりで。でもさ、なんなら自分で家、燃やしちゃえば?そしたら解体費用が丸ごと浮くし。オマエん家だったら田んぼのカカシが焼けるくらいで、近所に迷惑かからないだろ」
「バカヤロ。そしたら浮くどころか、火災保険で家建っちゃうよ」
「よつしや!じゃ今度、紙よこしてみい・オレが見てやつから」
「そうだなぁ、それがいいなあ。なんせオメエ、保険のプロだったからなあ」
「そうだよ。全部、オレが仕組んでやるぜ」
「頼んじゃおうかな、保険金詐欺。オレんち、よく燃えるぞ。ハッハツハ・・・」
すべては酒の席でのヨタ話である。バカな冗談を言い合ったに過ぎない。ところが。
「こないだの話、考えてみたんだけどよぉ」
翌日、堀田から電話がかかってきた。
「何の話だよ」
「だから、家燃やしてって話だよ。実際、どうなのかなあって思って」
「本気か奥おめえ」
「当たり前だろ」
堀田の声が上ずっている。こういうとき、ヤシがウソをついていないのは長い付き合いでよくわか
る。にしても、まさか本気で考えてやがったとは。堀田は言った。家の建て替えはオヤジの退職金で十分賄える。が、娘の将来のことを考えた場合、どうしてもまとまった金を蓄えておきたい。自分が中卒だけに、せめて子供くらいは大学に進ませたい。それが離婚して迷惑をかけた娘たちへのせめてもの償いだ、と。しょせんはパチンコ屋のしがない一展われ店長。いつクビを切られるか、わかったもんじゃない。似たような境遇の私としても、その気持ちは十分理解できた。
が、そのために自分の家を燃やして保険金をパクろうなんて冗談にもほどがある。もしコトが明る
みになれば詐欺罪で逮捕されるのは確実:へたしたら私も共犯でパクられるだろう。
「バカなことはヤメとけって、な」
※この記事は防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
カテゴリ