日本人のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:日本人

  • 2019/05/30突撃リポート

    実は私、ニョークはマンハッタンに来ているんすよ。人種のるつぼ、世界一の金融街、アートやフアッションの発信地。いやあニューョークほど、ありとあらゆる欲望に応えてくれる街はないね。当然、下半身がらみのスポットも賑わっていると思いきや、昨今の浄化運動でストリートガールの数も極端に少なくなっており、せいぜい裏通りにポツポツ立っているストリップ小屋やライブショウ付きのビデオショーくらい(入場は無料。女のコに...

    記事を読む

  • 2019/03/26セフレの作り方

     プロフィールの文章は日本語でもいいが、ハナから日本人女性を狙ったナンバ野郎と思われるのは避けたい。そこで私は、あえて英文で作成し《他文化と交流したい》という姿勢を前面に打ち出した。登録女性たちは、手軽な出会いを望む軽いキャラより、語学など真面目に学ぼうとするタイプが多い。ここは紳士的なキャラで攻めるのが賢明だろう。ちなみに英語が苦手な方は、外国人男性の紹介文をパクリ、自分用にアレンジすればO...

    記事を読む

  • 2018/10/23その他

    「日本人男性は台湾でモテる」の記事に触発された私は台湾に向かった。ただせっかく台湾に来たのだから名所くらいは行っておこうと、ひとまずナンパは置いておき、故宮博物館に来たときのこと。背後からたどたどしい日本語が聞こえてきた。「ソレハコウ読ムノヨ」声の主は現地の女性。あんまり可愛くはないけどやたらニコニコして展示物の説明をしてくれます。やはり日本人はモテるのかと納得し、彼女がひとしきりしゃべり終わるの...

    記事を読む

マンハッタンの東洋系専門ホテトルで日本人コールガールを呼んでみた

10005_20190530110159763.jpg10006_2019053011020070b.jpg10007_20190530110202f4a.jpg10008_20190530110203dd7.jpg10009_20190530110205066.jpg
実は私、ニョークはマンハッタンに来ているんすよ。人種のるつぼ、世界一の金融街、アートやフアッションの発信地。いやあニューョークほど、ありとあらゆる欲望に応えてくれる街はないね。
当然、下半身がらみのスポットも賑わっていると思いきや、昨今の浄化運動でストリートガールの数も極端に少なくなっており、せいぜい裏通りにポツポツ立っているストリップ小屋やライブショウ付きのビデオショーくらい(入場は無料。女のコにはチップを払う)。
が、そこは摩天楼の大都会。男の遊び場はちゃんと用意してあった。ホテルに置かれた電話帳の「エスコート」なる項目に、コールガール(つまりはホテトル)の広告がわんさか載っているのだ。お相手してくれるのは大半が白人女性だが、中にはこんな業者も。
そう、日本人女性を派遣してくれる業者である。NYのホテトルで働く日本人コールガール。これほど土産話にもってこいのネタが他にあるだろうか。さっそくそのうちのひとつに電話をかけると、出たのは日本語の通じない現地人のオヤジ。仕方なくつたない英語で尋ねてみる。
「おたく日本人いるの?」「ええ、いますよ。中国人とのハーフなんかもいますけど」
「いや、純粋に日本のコがいいな」「わかりました。泊まってるホテルはどこですか7すぐに女のコ行かせますから」
料金は90分250$(約2万6千円)と、ほぼ日本並み。タクシー代として20$渡せばチェンジもOKらしい。待つこと約20分。ピンポーンとベルが鳴り、ドアを開けると黒いスーツを着た女が立っていた(写真)。見たところ40才前後か。黒髪と顔つきは紛れもなく東洋人だが。
「結構早かったよね」
「・・・・・・」「あれ、日本のコじゃないの?」「・・・・・・」
日本語をしゃべった途端に困惑の表情を浮かべる。
明らかに日本人じゃないと悟った1人目。こういうのってドアを開けた瞬間にわかるもんだけどどこの国か見当もつかなかった3人目(東南アジアっぼい雰囲気も)
チェンジするなりそそくさと帰っていった

外人出会い系サイトで日本人女性をセフレに

0108_201903262042583be.jpg 0109_20190326204301584.jpgプロフィールの文章は日本語でもいいが、ハナから日本人女性を狙ったナンバ野郎と思われるのは避けたい。そこで私は、あえて英文で作成し《他文化と交流したい》という姿勢を前面に打ち出した。
登録女性たちは、手軽な出会いを望む軽いキャラより、語学など真面目に学ぼうとするタイプが多い。ここは紳士的なキャラで攻めるのが賢明だろう。
ちなみに英語が苦手な方は、外国人男性の紹介文をパクリ、自分用にアレンジすればOK。

日本人男性は台湾でモテる説は本当か

0113_201810231221122ab.jpg「日本人男性は台湾でモテる」の記事に触発された私は台湾に向かった。ただせっかく台湾に来たの
だから名所くらいは行っておこうと、ひとまずナンパは置いておき、故宮博物館に来たときのこと。背後からたどたどしい日本語が聞こえてきた。「ソレハコウ読ムノヨ」
声の主は現地の女性。あんまり可愛くはないけどやたらニコニコして展示物の説明をしてくれます。やはり日本人はモテるのかと納得し、彼女がひとしきりしゃべり終わるのを待って「お茶しない?」と誘うと、あっさりOK。ま、相手も自分から声かけてきたわけですから断るわけがありません。
彼女は25才。高校時代に日本に留学していたことがあって、そのときに日本語を覚えたそうです。日本語が聞こえたので、うれしくなって話しかけてみたんだとか。さんざん話し込んで、お互いの電話番号と住所を交換した後に「この後夕食でもどう」と誘うと、これまたOK・食事中、彼女の横にピッタリ寄り添っていた私は、足を撫でたり腰に手を回したりとイタズラしてみましたが、抵抗する気配はありません。こりやひょっとして……。そこで、食後ホテルの部屋に連れ帰って軽くキスをしたところ、まるで飢えた子犬のように彼女はむしやぶりついてくるではないですか。もちろんそのままベッドへなだれ込むのみです。一戦終わってタバコをふかしていた私に、彼女は「スキ?」と聞いてきます。「好きだよ」と軽くいなしていると、今度は「オ父サンオ母サンハ外国人相手デモ反対シナイ?」と聞いてきました。私がキョトンとしていると、以前日本に住んでいたときは日本人と付き合っていたけど、相手の家族が反対したなどと話し始めました。どうやら彼女は私と結婚するつもりなのです。ここで納得、私はモテたのではなく、単に結婚目的で接近されただけのようです。彼女らにとって日本人との結婚は何かと有利なのでしょう。どおりで日本人観光客の多い故宮博物館で声をかけてきたわけです。とっさの判断で、電話番号と住所を奪い返そうと思いましたが、しっかり手帳に書かれているので成す術なし。すっかりシラケた気分で彼女を家に送り返しました。台湾での出来事はきれいさっぱり忘れようと帰国すると、自宅に封書が届いていました。中にはラブレターと数枚の写真が。しかも彼女、ちゃっかりウエディングドレスに身を包んでいるところが笑えます。やはりどこの国に行こうと、いきなりモテたりはしないものなのでしょうか。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます