沖縄のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:沖縄

  • 2019/10/12援助交際・パパ活

    1、「まだ駄目…」ジラしまくりのヌキあり洗体はここだ最近店舗数は減ったものの、エロい子だらけのこの店は人気を保っているヌキあり洗体は女の子の『焦らし度量』で決まるソープ街だけど人気なのはヘルス。この内容なら当然だ2、チャイナドレスです。スリットがけっこう深くて足の付け根までいってます。それはまあこういう店はどこもそうなんでしょう。でもココはムチムチした巨乳の子が多いので、チャイナドレスの〝体にピタ...

    記事を読む

  • 2019/08/15出会い攻略

     店内は一人がけのソファがいくつも並んでおり、客は店員からタブレット端末を渡される。そのタブレットを使って店内にいる女性客とチャットをし、仲良くなったらそこで飲むもよし(バーカウンター併設)、外に出て遊ぶもよしってな流れだ。こういう店は非常に珍しいので、平日休日問わず、けっこうな賑わいだ。何よりいいのは、直接的な声かけをしなくていい点だ。店内に目ぼしい女性客を発見したらタブレットで、『黒のキャ...

    記事を読む

  • 2019/08/13裏風俗・風俗体験談

    摘発エリアから若い子が流れてきたちょんの間漫画にあるように摘発されたちょんの間街から若い子が流れているのだが、基本的には未成年はめったにいないので、安心して遊んでいい。ひとつ難があるとすれば、若い子に客を取られたくないババアたちの妨害だろうか。スナック(看板は「旅館」)で飲みながら嬢を選ぶスタイルなのだが、中には若い子を店の奥に追いやって隠すババアまでいるので、勇気を持って「若い子がいいんだけど」...

    記事を読む

  • 2019/03/10援助交際・パパ活

    「なら一番流行ってそうな店に連れてってやろうか。よくその店から若い子が男と腕組んで出てくるのを見かけるしね」ソープの前で客を引くオッサンや風俗案内所をすり抜け、タクシーは「C」なるさびれた看板の前で停まった。客引きのおばちゃんがひとりたたずむ。見ればラウンジとある。ん、ラウンジ?「これが連れ出せる店ですか?」「そう。ここらの店は大抵そうだよ」「もっとキャバクラみたいな感じを想像してました」「アハハ...

    記事を読む

  • 2018/08/05裏風俗・風俗体験談

    1、有名人がお忍びでやってくる押しも押されぬ熊本ナンバーワンソープ2、待合室はいつもギューギュー世にも珍しい二回戦本サロ3、ある工場のそばにあるアバートに、地元の人間なら誰でも知ってる変態夫婦が住んでいる。オレが最初に彼らを知ったのは仕事帰りに車を走らせてるときだった。深夜1時をまわったころだったか、真っ暗な通りにボツンと明かりがついてるアパートの一室が見えて、目をこらしたら男女がなにやら動いてて...

    記事を読む

  • 2018/04/07エロ漫画アダルトコミック

    沖縄の風俗案内所は自由恋愛のチャンス館内の「ゆんたく」と呼ばれる共同スペースで毎晩のように宴会が開かれるのだプリウスが売れてくれたおかげで豊田市に沖縄っ子の乳が戻ってきたオレはトヨタとまったく関係ないけどいいことだ。この町にまた沖縄ムスメたちの活気が戻ってきたのだから。自動車会社や大手電機メー力ーで働く期間エは、たいていが男の出稼ぎ労働者だ。寮に入って手っ取り早く稼いでは、また別地域のエ場に向かう...

    記事を読む

沖縄のおすすめホテヘル・デリヘル・出会い系ワリキリが熱すぎる|大人の夜遊び体験ルポ

0066_20181203182347b01_201910111151141ef.jpg0067_20181203182348bff_20191011115115db1.jpg0068_20181203182350382_20191011115116531.jpg0069_20181203182351977_20191011115118592.jpg0070_20181203182353de8_201910111151194d6.jpg0071_20181203182354093_20191011115121190.jpg0106_2018080509245736a_20190814161728a89_20191011115122f51.jpg0107_20180805092458d73_20190814161730965_201910111151244d2.jpg
0112_20181225193811c23_20191021142905d77.jpgfaee1bb4_20191011115125619.jpg
0254_20181205094658045_201910121257376f3.jpg0255_201812050947008c9_20191012125739293.jpg0256_20181205094702d26_20191012125740582.jpg0257_201812050947030e7_20191012125742eeb.jpg1、「まだ駄目…」ジラしまくりのヌキあり洗体はここだ
最近店舗数は減ったものの、エロい子だらけのこの店は人気を保っている
ヌキあり洗体は女の子の『焦らし度量』で決まる
ソープ街だけど人気なのはヘルス。この内容なら当然だ
2、チャイナドレスです。スリットがけっこう深くて足の付け根までいってます。それはまあこういう店はどこもそうなんでしょう。でもココはムチムチした巨乳の子が多いので、チャイナドレスの〝体にピタっと張りつく〟特性が存分に活かされるわけですそんな彼女らが、点心を配膳するワゴンを引きながら店内を闊歩して、ときにはテーブルの前で足を止めて軽く会話してくれるのです。
3、なんといっても『水鉄砲やーんゲーム』がココの一番の楽しみだ。水鉄砲で女の子のパンティに向かって放水するとスケスケになって、ワカメがぬらっと見え隠れするのだ。女の子の決めセリフ「いや~ ん、エロ~い」もご愛嬌セクキャバなんでそのままおっぱいにむしゃぶりついたりするんだけど、さらにオプションの『バイブ機能つきペンライト』を使えば楽しさは倍増する。先端にライトのついたローターを嬢の股間にあてがって攻撃するのだ。ヌキはないけど大満足である。
4、ココは絶対にヌイてくれない水着洗体の店だ。でも最高に楽しめることはオレが保証する。
紙パンツ姿でベッドに寝転がると水着姿の女の子が密着して全身オイルマッサージをしてくれる特に足の付け根や、キンタマの裏、太ももなどを中心にもみもみサワサワしていくのだが、チンコに触れるか触れないかの絶妙なタッチが、もうなんと言いますか。
意味ありげにこちらの顔を見てニコっと笑うあたりも、〝ジラし〟のプロである。
10分 20分と過ぎるうちにギンギンになってくるのだが、最後にそわそわそわ~ と亀頭を撫でて玉をコリっと握って終了。嬢が部屋から出てしばらく戻ってこない時間があるのだが、あれはやっぱり自分でシコれって意味なのかしら。
5、沖縄唯一の全身タッチができるセクキャバとうたうだけあり、おっぱいは当然のこと、オマンコタッチ&指入れまで可能な超絶エロい店だ。しかも女の子の質が素晴らしい 20代前半が多く、地元娘らしく彫りの深い顔立ちの子が揃う。薄暗い個室に通されて、すぐに女の子がやってくる。無言のままベロチューにはじまり、おっぱい舐め、手マン、さらにはクンニもOK。手マンでガシガシのがオレの楽しみ方だ。チンコは触ってくれないけど、セルフ発射なら文句も言われないし、こんなセクキャバ、他にはない。
6、国際通り「むつみ橋」交差点から商店街に入り「牧志公設市場」を通り過きて右折、すく右手
1階でへべれけになった女と屋上のソファでキメる
沖縄・那覇ゲストハウス柏
1階に小さなライブスペースや食堂なんかがあって2階より上がゲストハウスになっている。オレはここに泊まるってことはなくて、地元のミュージシャンなどがライブを演ってるときに見にいくくらいなんだけどナンパするのにめっちゃ便利な場所なんだよね。ライブを観てるのは宿泊客もた<さんいて、女も多い。酔っぱらってへべれけになってるのがほとんどだから、耳元でこう声をかければいい。「飲もうよ◇酒持ってるから」そうしてゲストハウスの屋上に向かう。階段であがるのだが,出入りが多いので誰にとがめられることもない。しかもそこにはご丁寧にソファが置いてあって、即席カップルがねんごろになるのにうってつけだ。あとはそのまま押し倒すだけ。ときどき他の即席カップルが来るときもあるけど、そこは暗黙の了解で出て行ってくれる。もちろん先客がいる場合も、こっちは身を引くしかない。ソファが置いてあるってことは、やっぱりそのためだよね?
県道175号線の瀬底小学校の看板に向かえばビーチが見えてくる
7、AVに出てくるビーチといえばたいがいココです沖縄.国誌瀬底ビーチ
AVの撮影がしょっちゆう行われてるビーチがある。時期は8月から10月くらいまで、しかも早朝5時とかにやってるから、見に行くのはけっこうしんどいんだけど。たぶん砂浜に沿って岩場とか森があるから、隠れて撮影するのにうってつけなんだと思う。地元民はわざわざ海なんて行かないし、観光客が大勢くるようなところでもないから。だから撮影を覗くのは結構難しい。オレは遠目からおっぱいを出してるのを見たことがあるけど、他のヤツはなんかイメージシーン水着姿で砂浜を走っでるところしか見たことがないとか言ってた。近くで見るためのアドバイスって言われても困るんだけど、散歩中を装うくらいしかないんじゃないかな?
8、米兵と日本女が素っ裸で騒ぐヌーディストビーチ
沖縄.国ま奥間ビーチ
国道58号線を曲沖縄市方面から北上くにがみ球場を過きたフアミリーマートの交差点を左折直進
米軍施設のすぐ近くにあるこのビーチは、深夜に素っ裸で騒ぐヤツらが現れることで有名だ。外人男たちとそれに群がる日本人女数人、みたいな組み合わせのことが多い。
漫画のように、案外気さくなヤツらなんで一緒に飲んではくれるが、視姦する以外はまずできない。女たちは米兵にしか興味がないからだ。この曜日なら絶対にいるとか
そういうことははっきり言えない(不定期なので)近づいてなんかラップみたいな音楽が聞こえてきたら、突入すべし。酒差し入れし一緒に飲んでいいっすか?
9、那覇からタクシーで10分ほど飛ばすと、辻町があります。昔からソープ街として有名ですが、昨今、ここが大規模な連れ出しキャバ地帯と化していることは、あまり知られてません。
その数なんと、20軒あまり。このエリアには普通のキャバクラも多く紛れていますが、狙うべき店の前には、必ず見張りと客引きを兼ねたジジババがいるのですぐにわかります。店のシステムはどこも同じで、5千円を払い中で待つと、ボーイが出勤嬢を紹介してくれます。気に入るコが現われるまで何人も何人も。時間無制限飲み放題なので、安易に妥協せず、じっくり粘るのがツウの遊び方です。連れ出しの相場はホ別で2からニーゴー2・5。これで美人ぞろいの沖縄ムスメとパコパコできるのなら、むしろ安いというものです。彼女ら摘発されたちょんの間から流れてきたらしく安室ちゃんや、メイサちゃんのようなハイレベルのコもフツーにいたりしますよー。
各店舗は、辻町のピンクエリア全域に点在している

沖縄の出会いにつながるカフェ・飲み屋・イベント・売春スポット

0108_20190914090516de3.jpg0109_20190914090518d48.jpg201506100.jpg201506101.jpg 201506102.jpg
店内は一人がけのソファがいくつも並んでおり、客は店員からタブレット端末を渡される。そのタブレットを使って店内にいる女性客とチャットをし、仲良くなったらそこで飲むもよし(バーカウンター併設)、外に出て遊ぶもよしってな流れだ。こういう店は非常に珍しいので、平日休日問わず、けっこうな賑わいだ。何よりいいのは、直接的な声かけをしなくていい点だ。店内に目ぼしい女性客を発見したらタブレットで、『黒のキャミソールの女の子、めっちゃ可愛い』などと会話をスタートさ
せられるので、俺みたいな勇気ナシ男に嬉しいシステムだ。ここだけの話、普通に食事とかカラオケ希望の女にまぎれて、エンコー女もちょこちょこいる。そんな子を、あらかじめ顔を見た上で選べるのだからその点でも素晴らしい。店員さんのノリがとにかくイイ店です。僕がここをたびたび利用してるのは、けっこうな確率で見知らぬ女性と飲めるからにほかなりません。
この店、合コン希望の男女グループが登録しており、日時が合えばいざ合コンというのをウリにしています。ですが、僕みたいに飛び込みで行っても合コンをさせてくれるのです。その場にいる女性客や、店員さんの知り合い女性を呼んでくれることも。で、即席なのでだいたい男女人数があわないことが多く、店員さんが合コンに混じって会話をリードしてくれるんですね。そんなにおしゃべりが面白くない僕らにとっては最高の相棒です。地元の人間だけじゃなくて観光客も多く、過去ワンナイトラブができた女性も旅の途中でフラっとやってきた子でした。お酒と旅の開放感のたまものです。
即席で合コンができてしまう素晴らしい店だ。ここはもともと出会いとか婚活関連のイベントなどが開催される店なのだが、フラっと入った客同士を店員が相席にし合コン状態にしてくれる。特に土日の夜8時以降は女性客3人組なんかが多いので、ほぼいける。俺みたいな地元の人間にとってイイのは、沖縄の女の子だけじゃなくて内地(本島)から来た観光客がちょこちょこ来店するところだろう。どこからか聞きつけて旅の思い出にやってくる女子大生グループとか、近くのゲストハウスに宿泊してるOLたちなどなど、なかなかお眼にかかれない層のオンナたちと馬鹿騒ぎできてしまう。
友達なんかと飲んでて女としゃべりたくなったら向かう店だ。いちおう行く前に電話すれば店内の女性客の状況を教えてくれるので、そのやり方がいいだろう。
出会い系(エンコー)の待ち合わせ&若い子が立ちんぼをするスポットとして知られている。どちらも同じようなものだが、アポ無しで持っていくなら後者しかない。「いまヒマ?」と片っ端から声をかけていこう。中にはいかにも若すぎる子もいるので、そういうのは絶対にパスすること。
地元の沖縄女で、しかも黒髪、顔があどけなくて、おまけに背が低い子ばかりを揃えている。スタッフにロリ愛好家がいるとしか思えない。そんな子が下のマンガのように、演技なのか素なのかわからないが(素だと信じたい)、恥ずかしそうに手コキしてくるのだからたまらない。悪いことをしてる感、満載だ。

沖縄でエロい遊びが出来るガールズバー・ちょんの間リポート

201510_000104.jpg201510_000105.jpg201510_000102.jpg201510_000103.jpg0110_2018031909290571e.jpg0111_2018031909290685b.jpg0109_201803190929038df.jpg
0105_201808111117235aa.jpg0113_2019020414284239e_20191109201857d42.jpg

摘発エリアから若い子が流れてきたちょんの間

漫画にあるように摘発されたちょんの間街から若い子が流れているのだが、基本的には未成年はめっ
たにいないので、安心して遊んでいい。ひとつ難があるとすれば、若い子に客を取られたくないババアたちの妨害だろうか。スナック(看板は「旅館」)で飲みながら嬢を選ぶスタイルなのだが、中には若い子を店の奥に追いやって隠すババアまでいるので、勇気を持って「若い子がいいんだけど」と言ってみるべし。絶対に買っちゃいけない未〇年立ちんぼは、基本的に夜22時ごろにいっぱい立っている。明らかに見
た目で判断できるので、避けるべきだ。それ以外にも20代前半や、女子大生なんかもちょこちょこいる。だが中には歳を偽ってくる(JDと言ってきたりする)女もいるので、身分証を見せてもらうのが手っ取り早い。
股間を指でなぞる「丘登り」ができるガールズバー
まだオープンしたてだが、その過激な内容に惹かれた客のため、狭い店内はいつもぎゅうぎゅうだ。女の子は毎日2、3人出勤している。地元娘の水着姿は当然まぶしいが、やはり丘登りをはじめとしたエロいオプションこそがこの店の魅力だ。中には残念ながら出来ない子もいるので、行く前にあらかじめ電話で確認しておいたほうがいいかもしれない。ちなみに谷間ポッキーは全員可能みたいだ。
若いシロートが指2本で交渉してくるロータリー
いわゆる立ちんぼエリアです。ここはすごくて、学生っぽい子(これは買っちゃダメですけど)から40代まで、もっと言えば人妻、学生服、など様々な種類の女性が立っています。特に週末になれば、夕方から深夜にかけて10人くらいはいるでしょうか。指をピースサインにしながら「これでどう?」などと声をかけてきます。特に20代後半より下の若い人は立ってからすぐにどこかへ消えてしまいます。
那覇近辺にはやけに若すぎるデリヘル嬢を抱えた店が結構ある。その中でも特に若すぎる子が多く在籍しているのがこの店だ。けっこう昔からある店だけど、ここ2、3年でその比率が増えたようだ。オレの友人はこの店を良く利用しているらしく、「今日学校でテストがあって〜」などと打ち明けてくれる子もいれば、「フーゾクは学校の友達と冬休みの間だけ一緒にやってるんだぁ」と告白する子もいるとか。そのうえ、そんな子とあたりまえに普通に●番できてしまうらしく、呆れてものが言えない。
沖縄の手コキ専門店
手コキ専門店だが、通常の40分コースを選ぶよりもずっと楽めるのが、10分コースだ。この店にはホームページ上写真の出ていない「10 分手コ専門嬢」が在籍している。沖縄女は特に地元バレを気にするで、サイトにアップされないのろう。この子たちが若く(20代半)すこぶる可愛いので、たった10分のコースでも充分に満足きてしまうのだ。やってくるのは知念里奈風いかにも素人クサさを残した美だったりする。今までオレが会た子たちは全員地元の女の子った。こちらからのお触りは厳とはいえ、そんな子たちがノーラTシャツ姿で手コキをしてくるのだから、文句のひとつも出い。おまけに発射制限もない。子のいい日は2回出すことも可だ。
沖縄娘が泡まみれに辻の名店
辻といえば沖縄一のソープ密集地帯。その中でもっとも支持されているであろういつ行っても待合室が激混別店が、ここだ。なぜか。近くの色々な店に行っているオレが思うに、すべてにおいてレベルが高いからだろう。店名のとおりに沖縄出身の女の子がほとんどで、観光客にとっては魅力的だろうし、フリ一で入ってもハズレがない。だが一番大きいのは料金の問題かもしれない。このへんはタクシーの運ちゃんが店まで連れて行ってマージンを取る店が多いのだが、ここはそういうことをしていないので、他に比べて割安だ。

沖縄のちょんの間に代わり連れ出しキャバクラのド興奮|裏風俗体験ルポ

0020_201903101130073e2_201910022043031d0.jpg0021_201903101130084fe_20191002204305fd8.jpg0022_20190310113010927_20191002204306bff.jpg0023_20190310113011da9_20191002204307d3a.jpg0024_201903101130138c5_201910022043084e6.jpg0025_20190310113015226_2019100220431056f.jpg0026_20190310113017a50_20191002204311896.jpg0027_2019031011301980a_20191002204313a75.jpg43b6e42a.jpg
「なら一番流行ってそうな店に連れてってやろうか。よくその店から若い子が男と腕組んで出てくるのを見かけるしね」
ソープの前で客を引くオッサンや風俗案内所をすり抜け、タクシーは「C」なるさびれた看板の前で停まった。客引きのおばちゃんがひとりたたずむ。見ればラウンジとある。ん、ラウンジ?
「これが連れ出せる店ですか?」
「そう。ここらの店は大抵そうだよ」
「もっとキャバクラみたいな感じを想像してました」
「アハハ。中身はキャバクラよ・店の人に話してきてあげるから、ちょっと待っててな」
しばし客引きのおばちゃんと話していたオッサンが戻ってきた。
「ちょうど女のコもいっぱいいるみたいよ」
さびれ感を嫌い、「やっぱり周辺を見てからにする」と告げると、なぜか急にポン引きめいた口調で迫ってくる。
「え〜、もうママに話したから遊んでさあ」
「いやぁ・・・」「こうやって店を紹介すると、バックがもらえるんさ。な、飲むだけでもいいからお願い」
聞けばオレの飲み代5千円がまるまる紹介料として運ちゃんの懐に入ってくるそうだ。そりゃ必死になるはずだ。ここは折れてやるか。「どうぞ〜」
店員に促され店内へ。中は一般的なキャバクラの構造と同じ。
「お客さまどんな子がお好みですか?」
「うーん、若いコから順につけて」
「若いコですかぁ〜。ちょうどハタチの子が連れ出されたばかりで…。今日は若い子の出勤が少ないんですよね」とにかく誰かつけてくれと言うと、すぐにやってきたのは細身のミカだ。
「はいさ〜い、ミカです。よろしくね〜」
「どうも〜」
まさにキャバクラそのものだ。テキパキと水割りを作り、オレのタバコに火をつけてくる。
「お兄さん、観光ね?」
「まあね。ミカちゃんは何才?」
「28才よ。お兄さんはもっと若そうね」
独特のゆるりとしたイントネーションで会話が続く。郊外のキャバクラがこんな感じか。すでに外は暗い。まだ一人も連れ出さぬまま、オレはウマイと評判のおでん屋に入り、策を練っていた。UFOじゃない子はどこにいるんだろう。
…気になる。向こうの席のカップルがだ。印過ぎのオッサンとハタチそこそこのギャルがいちゃついている。このギャルのカワイさたるや。胸元には大きな谷間、顔は山田優を少し幼くした感じ。おっさんには不釣り合いもいいとこだ。2人が店を出たあと、おでん屋の女将にグチった。
「なんすかね、さっきのカップル」
「あら、オニイさんも遊び?一歩遅かったわね。あのコは近くの『M』で働いてる子よ」
そうか、やっぱオカシイと思ったんだよ。金で買われてたわけね。このおでん屋は連れ出し嬢たちの溜り場になっていて、時にはこうして客と飲みに来ることもあるのだと。
「若い子ならMさ。実際に女の子を見ている私が言うんだから」
オレはビールをイッキに飲み干した。急げ!Mは、前の2軒より明らかにオナゴが若かった。
最初に席に着いたのは細身で知念里奈似の色白アヤノ(21)だ。
沖縄は射精寸前までマッサージしてくれるメンズエステが流行ってる
少々金はかかったが、オレは十分満足だ。東京じゃありえない自由恋愛のチャンス。皆さんも、沖縄で遊ぶ際はゼヒ!
沖縄は県条例により店舗型でも派遣でもヘルスは禁止で、代わりに射精寸前までマッサージしてくれるメンズエステが流行ってる。一見、ごく普通の風俗案内所に見えるが・・・

熊本のおすすめソープ・デリヘル・ナンパスポット体験談

0104_2018080509245412b_20190814162017ffa_201910121434305a0.jpg0104_2018080509245412b_20190814162017ffa_201910121434305a0.jpg0251_20181205094654074_201910121434315da.jpg0252_20181205094656281_20191012143433ccd.jpg1、有名人がお忍びでやってくる押しも押されぬ熊本ナンバーワンソープ
2、待合室はいつもギューギュー世にも珍しい二回戦本サロ
3、ある工場のそばにあるアバートに、地元の人間なら誰でも知ってる変態夫婦が住んでいる。オレが最初に彼らを知ったのは仕事帰りに車を走らせてるときだった。深夜1時をまわったころだったか、真っ暗な通りにボツンと明かりがついてるアパートの一室が見えて、目をこらしたら男女がなにやら動いてて。通り過ぎる一瞬でわかったのは、中年女が窓に手をついて‘オッサンが後ろからガシガシついてる姿だった。もうびっくりして、あやうく側溝にタイヤを落としかけた。会社の人に聞いたら、そいつらはほとんど毎日そうやって窓を開けて見せつけてるらしい。人に見られて喜ぶタイプの変態みたいでさ。深夜1時から3時くらいが多いみたい。友人がジーっと見てたらなんか怒鳴られたらしいからコソコソとのぞくのがいいかもしれない。
4、熊本県人御用達既婚者同士の合コンまでセッティングする居酒屋熊本.横手酒屋●こて村
熊本県人御用達既婚者同士の合コンまでセッティングする居酒屋
この店世話好きな店主がかれこれ11年、客同士の合コンをセッテイングしている、地元じゃちょっと知られた居酒屋である。申し込み方は簡単。「おっちゃん、今度合コンしたいんだけど」と頼めば、1週ほどでこちらの年齢職業、人数を考慮して、ベストな女性陣を揃えてくれる。一見客でも、HPから直接申し込むことが可能だ。
かかる料金は飲食費オンリー(2時間の飲み放題付きで4千500円ほど)◇参加費やセッテイング費など、しゃらくさいものは一切なく、望めば何度でも別のグループとの合コンを開催してくれる。参加希望の女性客が後を絶たないので、かぶる心配はない。うれしいのは既婚者同士の男女にも『食事会』という名の合コンをセッテイングしてくれることだろう。俺は独身なのでまだ経験はないがいつぞや中年のオッサンと人妻のグループがワイワイ騒いでいる光景を見たことがある。なんちゆうか,実にヤラシイ雰囲気なんよねアレ。ちなみに、飲み会の参加者は、県内の人限定だ。どうしてもという方は申し込みの際、あらかじめ住所や社名を偽る必要があるかと。

一人旅の女が股を開く沖縄のゲストハウスでの出会い|エッチ体験談

0100_20180407190629128_201908141557070e0.jpg0101_20180407190630c0b_2019081415570801d.jpg0102_20180407190632869_20190814155709e9c.jpg0103_20180407190633fca_20190814155711d65.jpg0104_2018040719063555e_201908141557125e5.jpg0105_20180407190636b34_2019081415571452c.jpg0106_20180407190638d9d_20190814155715019.jpg0107_20180407190639abd_20190814155717a90.jpg
沖縄の風俗案内所は自由恋愛のチャンス0157_2018110502310756e_20190814155718f9f.jpg
館内の「ゆんたく」と呼ばれる共同スペースで毎晩のように宴会が開かれるのだ
SnapCrab_NoName_2019-7-27_13-13-13_No-00.png
プリウスが売れてくれたおかげで豊田市に沖縄っ子の乳が戻ってきた
オレはトヨタとまったく関係ないけどいいことだ。この町にまた沖縄ムスメたちの活気が戻ってきたのだから。
自動車会社や大手電機メー力ーで働く期間エは、たいていが男の出稼ぎ労働者だ。寮に入って手っ取り早く稼いでは、また別地域のエ場に向かう、そんなバターンだ。しかし我らがトョタ様にはいらっしゃるのだ。女子の期間エがたんまりと。
3年前のある夜。隣町、狩谷市のダーツバーに出かけたところ、運良く女子3人組の横に陣取れた。みんな目鼻立ちがはっきりして力ワイイ。
「かんばーい」ビール片手に声をかけると、向こうから一緒に遊ぼうと誘ってきた。怪しいぐらいのノリの良さだ。
「名前はっ」「土路生ケイ」「トロブワ珍しい名字だねっ」
彼女たち、3人とも沖縄の子らで、トョタの期間エとして働いているそうだ。
「女の子も来てるんだ?」「沖縄の子いっばいいるよ。こっち来たら月30以上稼げるからあ」
沖縄が就職難で四苦ハ苦してるのは知っていた。女の子の場合、仕事を見つけたとしても月15万くらいしかもらえず、だからどんどん九州、本州に出稼ぎに出てるとかなんとか。
「沖縄の出稼ぎの6割は愛知に来るからね」
トョタが大きな受け皿になってるんだろう。さすが世界一の会社は違う。でまあ、結局エッチはできずにそのまま彼女らとは別れたわけだが、その日を境にオレたちは沖縄っ子のナンパに励むようになった。ノリがいい。寮生活でうっぷんがたまってる。ホームシック気味で隙がある。ナンバ相手としては最高の条件だからだ。
金曜のタ方、エ場(同じ敷地に寮もある)から最寄り駅に向かって専用バスが出る。社員はほぼ自家用車通勤なので、バスに乗ってるのは全員が期間エだ。
普段は徒歩で寮とエ場を往復するだけの期間エも、休日前にはハメをはずす。駅前で降りた連中が向かうのは、まず飲み屋だ。その中から、沖縄ムスメをどう探すか。特徴としては服装が派手。服の色が原色。
声がでかい。とにかく笑う。見た目が陽気。露出がでかい(特に夏はすこい)顔つきがエキゾチックこんなところか。さらに彼女らは同郷意識がとても強いので、たいてい沖縄人同士でつるんでいる。ばっと見の雰囲気でなんとなくわかるものだ
「ねえねえ、エ場に働きにきてるのっこれから暇なら飲みにいこっか?」
こんな誘い文句じゃ、まず食いついてこない。暇じゃないです、ぐらいの台詞を返される。でも沖縄の子らは優しいんです。おおらかなんです。そしてとっても情にあついんです。そして出稼ぎだから貧乏なんです。
「おこってくれるなら行くよー」
こうして飲みに行って、最後までいただけた子が2人、付き合った子が1人。ありがたいことです。
★ナンバを再始動してからも何人かの友達ができた。この調子だと再び沖縄娘をいただく日は近い。トョタ様、もっとプリウスを売り続けてくださいませませ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます