0034_2018113022441323b.jpg 0035_20181130224414f44.jpg 0036_201811302244159a8.jpg 0037_201811302244174f3.jpg 0038_20181130224418043.jpg 0039_20181130224420da6.jpg
ただ一方で、土下座をし、プレゼントを買い、必死に機嫌を取ろうとするユーヤが愛おしく感じたのも事実。結局、心の底では彼のことが好きなのだ。だからといって、浮気が許せるわけではない。ナメられないためにも、今後はあらゆるテクを駆使して悪行を見破ってやる。そこで狙いを定めたのが、携帯電話だ。実は、ユーヤの携帯は好きなときに見ることができる。以前、ヤツ自身がアタシの
携帯を盗み見したことが発覚し、それ以来、何も文句を言えなくなったのだ。もっとも、アドレス帳や受信メールをチェックしても意味はない。いくら抜け作なユーヤでも、さすがにそこから足が付くような凡ミスはしないだろう。アタシが目をつけたのはもっと別のものだ。
カテゴリ