海のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:海

ゲイの楽天・湘南ホモビーチちん道中

SnapCrab_NoName_2019-5-29_0-8-45_No-00.png10024.jpg
〈湘南海岸にゲイが集まる岩場があります。そこでは20-30人がフリチンで日光浴をしています〉
裏モノ読者様のお声に載ったこの投稿。「詳しい場所を教えて欲しい」と記したところ、すぐに詳細な地図が届いた。続いて、誌面を読んだ茨城県の読者からも「ウチの近所の海岸にもホモが集まっている」との情報が寄せられる。どうやら、みなさん、編集部に「ホモ海岸」をリポートして欲しいらしい。金と女にしか興味を示さぬ裏モノ読者には珍しい要望だが、早い話、怖いモノ見たさなのだろう。海をバックに堂々と一物をさらす何十人もの男たち…。想像すれば、確かにそれは怖い光景だ。しかし、新宿2丁目など、いわゆるハッテン場ならともかく、海辺にホモが隼っとは初耳。そんな人目の多い場所でわざわざフリチンになる理由もサッパリわからない。果たしてその話、本当なのだろうか。かくして僕は、わずかな興味と読者への義務感を持って、ホモ海岸を巡ることになった。
くすぶった焚き火にホモ雑誌の切れ端が…
金曜日タ方、僕は水戸駅から投稿者のK氏と、その同僚A氏の車に乗り込んだ。場所がわかり難いため、彼らに案内してもらうのだ。K氏によれば、〈ホモ海岸〉は0という海水浴場付近にあるらしい。駅から車で50分ほどの距離だという。
「そこはね、遊泳林本止区域なんですよ。一般の人間はほとんど立ち入らないんです」
なるほど、それなら他人の目を気にする必要もない。彼らにとっちゃ格好のハッテン場だろう。
「Kさんは実際に行ったことはあるんですか」
「いやあ、実は私も今日が初めてなんですよ。ていうか、そこはこの辺じゃ知らない者はいないぐらい有名で、絶対に男1人で近づくんじゃないぞって親からオドされて育ったもんですから」
襲われた人間でもいるのだろうか。急に不安がこみLげてくる。
ー時間後、簿序通り沿吐の駐軍場に車が止まった。この防砂林の向こうがホモビーチらしい。辺りはすでに暗い。
「とにかく行ってみましょうよ」及び腰のK氏を促し、遊歩道を渡る。が、着いた先にも人っ子一人見あたらない。うーん。いったい彼らはどこにいるんだろう。
「ちょっと来てください」
あきらめムードが漂いかけた瞬問、砂浜の方から同僚氏の大きな声が飛んだ。
「これを見てくださいよ」同僚氏の指先に視線を落とすと、まだくすぶっているたき火が。その側に、燃え残ったホモ雑誌の切れ端が落ちていた。
ラグビの大ハ木そっくりの3人組がヒモパン姿で
SnapCrab_NoName_2019-5-29_0-9-21_No-00.png
もしかすると時間が遅過ぎたのだろうか。夜に寒っものとばかり思っていたが、せっかくの海、むしろ昼間を楽しむのかもしれない。翌朝、僕は再び海岸に向かった。K氏と同僚氏は仕事のため、今日は1人きりだ。まずは0海岸の海の家で水着姿になり、海水浴場伝いにゲイビーチを目指す。この行き方でも昨日の場所に出られるはずだ。海永落客でごった返す海岸線を5分ほど歩くと、遊泳禁止区域を示す柵が現れた。向こうはまるで海外のプライベートビーチのように人気がない。柵を乗り越えさらに歩くこと十数分、彼方に人影が見えてきた。あのあたりは昨夜探し回ったところ。もしや…。歩調を緩め恐る恐る近づいていくと、ギラギラマットの上で40前後の中年男3人組がサンオイルを塗り合っていた。揃いも揃って元ラグビー選手の大八木そっくりだ。
団子3兄弟でもここまで似ちゃいまい。しかもこのお三方、これまた揃いも揃ってチンコのみがかろうじて隠れるヒモパン。ゲイだ。
「な、昨日なんで携帯に出なかったんだよ」「え、上司と飲んでてさ」
「ホントかよ、オマエ」
異様にモミアゲの長い角刈りと、茶髪の内股歩きのカップルが海に走っていく。全部で15人ほどいるだろうか。それにしても、みなボディビルダーのような体つきだ。もしも襲われたら…。急にK氏のことばを思い出した僕は、砂浜のど真ん中に座り込んだ。人目につく方がかえって安全だろう。
「おーい、こっちにこいよ」
キャギャと波に戯れる彼ら。そして遊び疲れれば各自の陣地で日焼けを満喫し、また海へ。実に楽しそうだ。ただ、フリチン男はどこにもいない。見た目、彼らの大半は最初から友達同士か恋人同士で、ハッテンに進む様子もなかった。いやいや、本番はこれからだろう。なんせここはホモビーチ。そのうちにフリチンになって青カンが始まるに違いない。
人気のないピーチで波間に戯れるゲイたち
SnapCrab_NoName_2019-5-29_0-8-52_No-00.png
そう思いタ暮れまでねばってみたものの、結局何も起こらずじまい。どうやら彼らは純粋に休暇を楽しみにきただけのようだ。
確かにゲイビーチが存在した。では湘南の方はどうだろう。砂浜が岩場に変わればその趣向意理っているかもしれない。現場地図をご覧いただきたい。これは投稿者の情報をもとに作成したものだ。
SnapCrab_NoName_2019-5-29_0-8-45_No-00.png
まず彼らは①1国までナンバリングされた一帯にいるらしい。ここにはAの階段から①に出る行き方しかない。①から奥へは、陸路がないため、海側から歩いていく。何でも干潮時にスーッと道が現れるそうだ。まるでモーゼの十戒のようである。干潮から数時間ほど経てば(道は海に消え、孤島と同じ状態になる。これならうっかりソノ気のない人が立ち入ることもない。ただ、同じ岩場でも場所によってかなりの一遅いがある。
①から順に説明していこう
①の雛壇と呼ばれるコンクリートの土手には数十人の男が集うが、0海岸同様、そのほとんどが仲間や恋人同士。当然、ナンパできる雰囲気じゃない。
②どのあたりは、大きな岩場がなく、1人2人座れるスペースがポツンポツンと占雀する程度。他人としゃべるのは恥ずかしいというナイーブな人はここを選ぶ。それが⑤と進むに従い人数が増えていき、⑥ともなれば六尺ふんどし、あるいはフリチン姿なども現れる。つまり、①の雛壇を
入り口として、段々その濃度が濃くなっていくというわけだ。加えて、④⑥はカップルだけじゃなく、ハッテン目当ての独り者も多いらしい。洞窟や岩場の切れ込みでは青カンにもお目にかかれるとのこと。これはかなり過激な光景に出くわしそうだ。とはいえ、狼たちに尻の穴の処女を奪われちゃシャレにならない。ここは誰かとカップルを装って潜入するしかなかろう。
思いつくパートナーはー人しかいなかった。ゲイ界のカリスマアイドル、シミケンである。
SnapCrab_NoName_2019-5-29_0-9-25_No-00.png
この男、ノンケのくせにホモ雑誌のモデルという変わりダネ。まさにうってつけの存在だ。さっそくシミケンに連絡を入れたところ二つ返事でOK。2人の体格を考え、僕が不コ、シミケンがタチという役回りになった。
シミケンの肉体美に雛壇の男もイチコ口
JR逗子駅で落ち合った僕らはすぐにホモビーチへ向かった。30分ほど歩き、雛壇へ出る階段に到着。いささか緊張気味に階段を降りると、そこには青い海が横たわっていた。見れば、潮が引け、岩盤がむき出しになり、浅瀬のような状態になっている。これが道か。
「…ちょっと、平林さん、平林さんってば」
シミケンの声に振り返ると、高さ約5メートルのコンクリートの土手の上に20人ほどの男が。
ラグビー系、坊主、二丁目風の茶髪と実にバラエティに富んでいる。なるほど、雛壇とはよく言ったものだ。
「よし、じゃあ、ここで水着に着替えようか」「はい」
Tシャツと短パンを一気に脱ぎ捨てるシミケン。鍛え上げられた腹筋、小麦色に灼けた肌。海パンも今にもチンコがこぽれ出しそうなビキニタイプだ。さすが、ゲイ雑誌のカリスマである。
「オイ、カズフミ、ここにビーチマット敷こうぜ」「ハ?」「ハじゃねえよ」
あ、そういや俺、ネコ役だったんだっけ。シミケン、なかなかの役者である。とりあえずギラギラマットに2人で寝そり、雛壇を観察しょう。彼らは健全なムードで乳くり合っている。確かにここはカップルスポットのようだ。
SnapCrab_NoName_2019-5-29_0-9-5_No-00.png
ちょっと連中と話してみたいッスねえ」30分ほどたって、シミケンが耳打ちしてきた。「そうねえ」「誘惑すりゃ声かけてくるかもしれませんよ」「え、どういうこと?」「こういうことっスよ」
シミケンがガバッと脚を開く。おい、おい、誰がそこまでしろって頼んだよ。と思うもなく、周囲の空気が一変。目のやり場に困るといったように、チラチラとシミケンを盗み見ている。ムリもない。ゲイの人たちからすりゃ優香が悩殺ポーズを取ってるようなものだ。まったく、罪な男である。が、やはり恋人の前じゃうかつな行動は取れないのか、ナンパしてくる者はゼロ。
いよいよ僕らは道を進むことにした。あの岩の裏側はさらに濃いゾーンになっているはずだ。脚を切らないよう運動靴に履き替え海に入る。と、海水がスネの位置まで上がっていた。どうやら潮が満ち始めたらしい。ジャブジャプ水飛沫をあげながら、どうにかこうにか岩場の先端に辿り着く。そして岩に手をかけひょいと向こう側を覗いた瞬間、僕は思わず逃げ出しそうになった。岩場に張り刊いていたのは10人20人じゃない。ざっと見ただけでも100人は下らないだろう。
年齢も20代かり60代までと幅広く、ラグビー選手、モミ上げ坊主、しわがれジイサン、ヤサ男風など、典型的ルックスは全て揃い、六尺ふんどし、フリチン姿も数多て見て取れる。「これ、マジやばくないスか」「んなこと言ったって、行くしかないだろ」
ビビリまくる僕とシミケンに、頭上の男どもから熱い視線が注がれる。
「こんにちわ」手近な岩に腰を降ろすと、40前後の歯の抜けたオヤジが寄ってきた。股間でしなびた一物がぶらぶらと揺れている。
「キミたち、ここ初めてでしょ」「え、わかります?」「そりゃ一発だよ」
僕らの挙動は素人丸出しらしい。やはりモノホンとでは違いがあるのか。
「そんなもん履いてちゃカッコ悪いよ。脱いじゃいな」そういってオヤジが僕らの海パンを摘む。「…いやあ、でも」「いいから、いいから」「、・・はあ」
成り行き上、仕方なくフリチンになる僕とシミケン。
「ね、どこから来たの、名則は」「いや、それはちょっと」「若い体はやっぱりいいねえ」
…ヤバイ。実にヤバイ雰囲気である。
「僕ら、死ぬほど愛し合ってるんですよ。ね、シミケン」「ん、ああ、そうだね」
「あー、そーなの」
我ながらこっ恥ずかしいことこの上ないが、とりあえずオヤジは退散。まったく、冷や汗もんだ。
やはり2人組はナンパしづらいのか、以降、僕らが声をかけられることはなかった。と、徐々に恐
怖心は薄れ、場の空気にも馴染んでくる。
「あれ、何ゃってんスかね」シミケンの指さす方を見ると海の中で7、8人の男が、互いにスザーッと近寄っては離れ、離れては近寄っている。ナンパか。
いや、それにしちゃ、ペアになった途端、肩まで水に浸かるのがヘンだ。心なしか水中でモゾモゾやってるような気も…。
「シミケンさ、ちょっと調べてきてよ」「え、どうやってですか」
「海に入ってテキトーに流し目を送ってりや、誰か近づいてくるかもしれないじゃん」
実に酷な命令だが、「じゃ、行ってきまーす」と元気に海に飛び込むシミケン。こいつ、本当に使えるよな。30才ぐらいのマッチョ系が近寄ってきた。と間もなく、2人がゴポンと海に潜る。何をやってるんだろう。ジッと目を懲らすも、やはりここからじゃわからない。20分後、シミケンが陸に戻ってきた。
「どうだった?」「ケツの穴をこりこり触られちゃいました」「それだけ?」「ええ、まあ」
「じゃあの連中、ヤッてるわけじゃないんだ」
「…それが、ここで挿れようって誘われたんですけど、さすがに断ったんすよ」
やっぱりそうか。にしても、なぜ海で?洞窟や岩場の切れ込みなど、青カンの場所にはことかかないはず。海中セックスに特別な興奮でもあるのだろうか。
三島由紀夫にうり二つの男が隣に座ってきた。物欲しそうな目が僕の物を見すえている。ヤパイなあ。思わずシミケンに助けを求める。と、なぜかヤツの姿がない。あの野郎、この肝心なときに
「彼氏、どこ行っちゃったんだろうねえ」
三島が見透かしたようにいう
「…さあ」「たぶん誰かと楽しんでるんじやないのかな」
「そんなことないと思うけど」「いや、きっとそうだよ。ね、だから俺たちもさ」
このオヤジ、2人が離ればなれになるタイミングを見計らっていたに違いない。
「ところでオジサンはいつもどのあたりで遊んでるの?」話題を替えてみる。ここは何とか時間を引き延ばさなくては。
「んー、新木場かなあ」
新木場の夢の島あたりは都内じゃ有名なハッテン場。このオヤジ、並段からナンパしまくってるに違いない。
「あ、撮ってあげるよ」
断りもなく僕のカメラを構えた三島が、パチパチと股間を撮影しはじめる。と思う間もなく、その手が一物に伸びてきた。「やめろ」とさけびたいところをジッと堪える。なんせ周りはホモだらけ、ノンケだとバレたらシャレにならない。
「いや、ホントもうカンベンしてくださいよ」「え、でも、こんなになってるじゃん」
ゲゲッーいつのまにか勃起してるじゃんよお。このオヤジが上手いのか、よほど溜まっていたのか。「こりゃマジでショックだ。彼氏に怒られちゃうから」
「じゃ、向こうに洞窟があるからさ、行こうよ」「…でも」
だんだん頭の中が真っ白になってくる。ひょっとして、女はこんな感じで男にヤラれてしまうのだ
ろ、っか。「あれ、どうしたんすか」いよいよ精神状態が怪しくなってきたとき、ようやくシミケンが戻ってきた。
★フリチン姿でも替められず、いくらでも男が選べ、青カンもヤリ放題。ゲイの人たちからすりゃこんなパラダイスもないだろう。実際、腰が水に浸かるほど潮が満ちても、帰る者はほとんどいなかった。きっと、名残惜しくて腰が上がらないに違いない。それにしても、正直、キツイ取材だった。やっぱりノンケが興味本位で行く場所じゃない。「これからどうします」帰り、シミケンがいう。頭上を仰ぐと、太陽はまだ燦々と輝いていた。
「どうするって?もう男は見飽きたと思わない」「そうっスよね」
この後、僕らはタガが外れたように浜辺で女をナンパしまくった。結局、ゲットはできなかったけど、やっぱりこっちの方が楽しいぜ。

海にラブレターを流して運命の出会いを求めてみた|ナンパルポ

0232_201807021922443da_20190818102110128.jpg0233_2018070219224698c_20190818102112b31.jpg0234_20180702192247fb4_20190818102114172.jpg0235_20180702192248648_20190818102115cd5.jpg0236_201807021922501fc_20190818102116e48.jpg0237_20180702192251749_20190818102118da4.jpg0238_201807021922537fe_20190818102119714.jpg0239_201807021922545a3_20190818102121d33.jpgラブレターを風船にくくりつけて大空に放ったときは、白鵬なみのデブ女と友達になった。あれ、たまたま拾った人が悪かっただけだと思う。風の向きが少し違えば、めちゃ美人とはいわないまでも、せめて関脇クラスの子とは出会えたはずだ。で、今回はロマンチックな秋の海を舞台に、ラブレター拾わせちゃおう作戦を敢行したい。海が舞台、とまで書けばもはや説明は不要だろう。ガラスの小ビンに手紙を入れて、太平洋に流すのだ。今回の文面はヒジョーに重要だ。風船のときは面白半分なノ
リでも良かったけれど、小ビンの中の手紙が『運命的な出会いを信じたくて』ではなんだかキモイ。32才の男が何やってんの?とその場で魚のエサにされてしまうだろう。やはり今回は、海に流さざる
を得なかった設定を文面に書き記しておきたい。ネットや合コンとは無縁で、古典的な方法で恋人を探すしかない、そんな状況だ。幽閉されてる? ないない。無人島に漂着? ないない。山深い村に住んでる? 海がないない。消去法でつぶしていくと、最後に残るのはこれだけだ。
「海沿いの病院に長期入院している」
外出できないので出会いはない。携帯はあっても出会い系は恐い。会話相手は、医者と看護婦とときどき見舞いに来る家族だけ。さみしい。ふと病室の窓をあければすぐそこにいつもの青い海が。そうだ、手紙を海に流そう。誰かが拾ってくれるかもしれない。どうですか、この設定ならキモくないでしょ。ただ、闘病中ってことにすると連絡が来ても会いに行けないので、そろそろ退院できるぐらいにしておいたほうがいいかも。用意した小ビンは50個。さあ、海へ出発だ。東京の海辺はどこもかしこもコンクリで固められてるので、東京湾でバラまいたところで、小ビンが拾われる可能性はなきに等しい。せいぜい漁船の網に引っかかるぐらいだろう。
だから俺は砂浜のビーチへ向かった。湘南だ。海水浴シーズンは終わってるけど、雰囲気のいい場所なので散歩する人はちらほらいるはず。波打ち際にビンが漂着すれば、女の子に拾われる確率大だ。週末の午後。湘南のメイン地帯に到着した俺は、ズボンの裾をまくりあげて海へ入っていった。カバンから40個の小ビンを取り出し一気にぶちまける。波よ、ビッグウェイブよ、美女の元へ運んでくれ!って、うわぁ! なんじゃこれ。全部まとめて押し返されてきちゃったよ。あららら、同じところに漂着するんだ。これじゃ、作戦バレバレだね。ならば浜から沖に向かって1個ずつ投げることにしよう。ほらよっと。あらよっと。ほらもう一発。はいこれで20個目!ビンはそのまま沖へどんどん流れていった。もしかして、もう戻ってこないとか? 波の仕組みって難しいんだな。わかった、こうしよう。残り30個は海には流さない。砂浜に置いていこう。どうせわかりっこないんだから。砂浜を歩きながら、100メートル以上の間隔を空け、波打ち際にビンを転がしていく。ときには海草を絡めたりもしてリアルさを狙って。 
 向こうから美人さんが一人で歩いてきた。なんとか拾わせたい。このまま来たら、そこを通るな。先回りしてビンを置いといてやれ。よし、立ち止まったぞ。拾え拾え拾え…ダメじゃん。ゴミと思われたか?すべてのビンを巻き終えるのにたっぷり2時間もかかってしまった。なんかだいぶん潮が満ちてきたな。あわわわ、まさかぜんぶ海に持ってかれないよな?メールは都合5通届いた(直接電話はなし)。では精査していこう。1は男なのでパス。4も中2だから泣く泣くパス。残る235にとりあえず同じ内容のメールを送ってみる。特に女が確定してる2には好リアクションを期待したい。朝から海岸にいるなんて、余裕のある鎌倉のお嬢っぽいし。
〈こんにちわ、マサノリです。体調を気遣って頂き、ありがとうございます。おかげさまで退院しました。今は都内の自宅で療養中です。あのビン、鎌倉に流れて行ったんですね。僕は鎌倉に行ったことないけど、どんなとこだろう。お住まいはそちらの方ですか?〉
いつでもメール交換できるはずの2番、アケミちゃんからは返事がなかった。退院してしまった男には興味がないんだろうか。逆に5番からはキャッチボールにならない一方的なメールがばんばんやってきた。
〈どこの病院ですか?〉
〈なんでも相談に乗ります〉
〈お元気ですか? メール&電話、返事下さい〉
〈いつ出した手紙なのですか?これ僕の電話番号です。返信下さい!〉
…男だった。留守電にまで「連絡が欲しいです」と、若い男のメッセージが吹き込まれてる。体調を心配してくれるのはありがたいけど、この喰い付きぶりは何だろう。まさかホモ!?そして残る3番。これがなんだか感じのいい返事なんです。なので鎌倉に行くことにした。川上さんがビンを拾ってくれた由比ヶ浜に。連絡くださいって言うんだから、連絡しちゃおうじゃないの。鎌倉までの電車のなか、どう病気のウソをつこうかと悩む一方で、またブーちゃんが来るかもと恐れたりもした。最近ブーオチで終わることが多いからな。でも、あんな上品なメールを打つブーはいないよね。由比ヶ浜に立ち、生まれて始めて鎌倉の海に来て感動してますってな内容のメールを川上さんに送ってみる。最後に電話番号も付けて。するとどうだろう。間髪入れずに電話がかかってきたじゃないか。
「あ、川上です。はじめまして。あの川上です。メールもらった川上です」
落ち着きなく何度も名乗る川上さんは、こうして文字だけで見ると、ちょっとおっちょこちょいな可愛い女性なんだけど、その声は明らかにオバチャンのそれだった。オフクロとしゃべってる気分になるほどの。「ああ、あの、鎌倉に来たんですよ。あの、励ましのメールありがとうございました。ほんとに感謝してます」
「いえいえ、もうお元気になられたんですか」
「はい、もうすっかり」
もう会うつもりはなかった。オフクロの同級生みたいな人に会ったって、恋なんて生まれっこない。なのに俺が攻めに出たのは、ただどんなオチがつくのか見てみたかったからだ。お礼を言いたいのでもし良ければと誘うと、川上さんはちょうど友達と海のほうへ向かうつもりだったと大声で笑う。
およそ1時間後、俺の目の前に現われたのは、60才はラクショーで越えているだろう2人組の女性だった。
「私が川上です」
「友人の佐伯です」
もうどっちがどっちでもいいです。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます