淫乱のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:淫乱

息子の担任の淫乱女教師がセックスフレンドになるまで

0142_20190225223723d4d.jpg 0143_20190225223725bcd.jpg
「子供の担任ですって書いてらっしやるけど、考えてみたらスゴイことですよね。経緯を教えてもらえませんか?」
確かにちょっとイケナイ関係ですし、だからこそ私が囲念砕奮を維持できているのも事実です。では2人のなりそめをお話ししましょう。女と初めて出会ったのは、一昨年の4月、息子タカシの小学校の入学式でした。同席した妻は、1人息子の教育を一任する若い女教師の》姿を、まるでアラ探しでもするかのような目で観察していましたが、私は誰が担任だろうと子供なんて勝手に育つものと考えていましたので、ただ遠巻きに眺めるだけです。
「担任の○○です。どうぞよろしくお願いいたします」母式の後の父兄会であらためて本人から挨拶を受けました息そこそこ経験もある先生、という印象。どうこうしょうなんてこれつぼっちも思いませんでした。女としてなら、むしろ隣のクラス担任のほうが全然魅力的だったぐらいです。
その後は家庭訪問も授業参観もすべて妻に任せつきりだったため彼女に会ったことはなく、息子が「先生がどうしたこうした〜」とおしゃべりする内容も、適当に聞き流すだけでした。互いに素性を知っていることで安心感が生まれたのか、そのまま彼女はセックスフレンドとなりました。会うときはあくまで1人の男と女として。あえて学校の話題を避けたのは、罪悪感を呼び起こさないための私の配慮です。教師と父兄という関係で顔を合わせたのは運動会のときだけで、しかも軽く会釈をした程度でした。家庭では、ときどき妻や息子が先生の話題を持ち出すのを、以前より注意深く耳を澄ますようになりましたが、幸い関係がバレる気配はなく、むろんパイパンで授業してることなど息子はまったく気づいていないようです。彼女が写メリまSHOWの常連となるまでに、そう時間はかかりませんでした。職業
意識が低いのか、彼女はエッチな写真を撮られるのが大好きなのです。大股開きの穴、どんなポーズも顔で収まるのですから大胆なものです。

デリヘル主催の淫乱パーティに潜入

0003_20181226201912beb.jpg 0004_20181226201913017.jpg 0005_20181226201914396.jpg 0006_20181226201916d61.jpg
ちょっとした乱交気分が味わえるのが人気の秘密なんだろう。
ただしこの業種、なんといっても若い女が少ないのが難点だ。広告では「20代だけ集めた」なんて書いてあってもだ。しかし、あるところにはあるんだよなってのが今回のお話である。
きっかけは、某デリヘルのチラシに書かれた
「都内のシティホテルにお部屋取りましてあとはお酒でも飲みながら一晩遊んでいただくっていう」
某日ホテルへと向かう。
「こちらにお入りください。今夜のメンバーは全員揃ってますんで」
奥のテーブルでは男2人、女2人が談笑しながら酒を飲んでいた。男はどちらもガタイのいい30代後半の自営業風。肝心の女はといえば、片方のチハルは優香風、もう1人のレイコは辺見えみり似…。ウソだと思うなら証拠写真を見てみい。と言えないのが潜入取材のツライとこるなだが、2人とも20代前半の美女であることは断言できる。
「じゃあ9時半回ったし、野球拳でやってみましょっかあ」
んでもって、そのままスッポンポーン。
「次は、目隠しゲームいっとく?」
そこらへんの「大人のパーティ」じゃ、ここまで盛り上がることなんてまずない。

私の異常性欲の女体験。マッサージ中に客の股間をサワサワする超淫乱理容師がいた

0132_201812060210139e1.jpg 0133_20181206021014c64.jpg
ミナコとの関唾係は半年ほど続いたものの、彼女が夫と別れ、上京してしまったのを境に、プツッリと切れた。ちなみに彼女、私以外の客もソートーつまみ食いしていた。

【読者様の投稿】シャブ中の女は間違いなく淫乱だ


SnapCrab_NoName_2018-8-9_8-46-30_No-00.png
シャブ中に対するイメージは色々あると思うが、女のシャブ中は間違いなく淫乱だ。しかも一度シャブセックスの味を覚えた彼女たちは、その強烈な快感が忘れらず、何度捕まってもシャブを求めようとする。俺は、仲間たちと3人で、そんなシャブ中女たちを騙して、タダでセックスするという遊びにハマっている。ネット上には、シャブ中たちが集まる掲示板がいくつもあり、堂々と売買情報やキメセク相手の募集などが書き込まれている。
俺たちが注目したのは「キメゴチ希望」の女たちだ。キメゴチとは、カラダを提供するかわりにシャブをご馳走してほしいという意味だ。
『キメゴチ希望!誰かいない?千葉、足アリ』
『誰かゴチってください。(笑)メールして!東京住みの20歳』
この手の書き込みを見つけたら、まずは仲間の1人がシャブ中役として、女にメッセージを送る。
『ネタ持ってるよ。ゴチするから会わない?オミヤもつけるよ』 
ポイントはこの〝オミヤ(お土産のシャブ)〞だ。 単に会ってキメセクするだけでは、後で個人的に楽しむシャブが欲しい女たちの反応は悪いが、オミヤがあると言えば返信率が格段にあがるのだ。
アポイントを取ったら、パケ袋に氷砂糖を小さく砕いたものを入れて、会いに行く。と同時に、俺ともう1人がスーツを着て、待ち合わせ場所の近くで待機する。胸ポケットの中には、ネットで買ったニセの警察手帳が入っている。そう、2人は刑事を装うのだ。シャブ中役の男は、女と会ったらそのまま一緒にホテルに向かうが、途中で一芝居。
「あっ、ちょっと急用が入っちゃった。ゴメンね、オレ行かないと」
「え〜!?」
「オミヤはあげるからさ。勘弁して」
パケに入れた氷砂糖のオミヤを渡して足早に立ち去ったところで、少し間を置いてオレたち刑事役2人の登場だ。2人は女に近づき、ニセの警察手帳を見せる。
「すみません、ちょっとよろしいですか?」「はい?」
「警察なんですが、薬物の調査をしてまして、少し話をきかせてもらえませんか?」
「えっ…」
このとき、女は絶句するか取り乱して騒ぐかのどちらかだが、こちらは落ち着いた声で、女がビニール袋を捨てないように注意しながら車に誘導し、話を始める。
「アナタに覚せい剤を渡した男は、ずっと内偵してたんですよ。それで先ほど現行犯逮捕しました。もうわかってるよね。アナタも所持の容疑で逮捕します」
うなだれて観念する女もいるが、ここまで来ても「私は知らないわよ!」とか「勝手に渡されただけ!」などと騒ぐことも。 ここで、刑事役のどちらかが、
「まあ、わかりました。ちょっとオマエ、席をはずしてくれ」と、相棒役の後輩刑事に声をかけて
車外に出す。
「まあ、アナタがそんなに言うならね、特別に見逃してあげてもいいかなと思ってるんだよ。僕個人としては。その代わりって言ったら何だけど、アイツも交えて、一緒に楽しませて欲しいんだけど、どうかな? 悪い提案じゃないと思うんだけど」
「え…そしたら見逃してくれるんですか?」
「うん。彼はアンタを捕まえる気でいるけど、オレが言えばわかってくれるから。オレもアイツも3人でするのが好きなんだよ」ここまで説明すれば、100パーセントの女が応じてくれるものだ。
実際、シャブ目的で男と会ってキメセクするような女は、3Pぐらい何とも思ってないし、逮捕されて人生がメチャクチャになることを考えたら、この程度の提案は、むしろありがたいのだろう。
※この記事は読者様の投稿でフィクションであり知的好奇心を満たすためにお読みください。実行されると罰せられるものもあります。

無口なタイプでも淫乱な援助交際娘

0108_20180805103012d35.jpg 0109_201808051030133bf.jpg
今回のお相手はホ別2万でアポった23才のちゃんだ。かわいいルックス。と言いたいところだが、極端に無口なタイプで、合流してからほとんど口を開こうとしない。先払いを回避すべくシャワーを促すと、そのまま裸になる彼女。少々不気味だ。正常位で挿入。するといきなりどでかいあえぎ声を出し始める。「 あああああ~!」
自分で胸まで揉みだすあたり、かなり淫乱なようだ。一戦を終えウォン様タイムに突入する。はい、どうぞと紙幣「 どうしたの?」
「これ…ナニ?」
「韓国の2万ウォンだよ。約束は2万だったから、それでいいでしょ?」
返事もせず、彼女はじっと紙幣を眺めている。突然、彼女が立ち上がった。てっきり怒り出したのかと思ったら、鏡の前でアップに結わえた髪を下ろし、ブラッシングを始める。何だ何だ?
「…あ、あの、そのカネで納得してくれたのかな?」
「うーん…」
その後に続く言葉は出てなかった。
カテゴリ

女を淫乱にさせる方法

0060_20180515094631e0c.jpg 0061_20180515094632d83.jpg
思いっきり深爪にすれば肌にもマンコにもピタピタ吸い付きます
イランイランの香りはプラシーボ効果で淫乱にさせる
続きはマガブロを購入して楽しもう!
このコンテンツはマガブロ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
マガブロって何?
カテゴリ
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます