混浴のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:混浴

  • 2019/11/07エッチ体験談

    ハーレムというかロシアンルーレットヤレる女まずはタッキー温泉ツアーに、下心満々で挑んでくれた、7人の参加メンバーのプロフィールを軽〜くご紹介しておこう。手品の腕前はプロ並みという大阪人Kさん、遥々名古屋から足を運んでくれたFさん、タッキー嬢とご近所さんのナイスガイHさん、乱交パーティなどの参加経験もあるご陽気人間Sさん、今回唯一の既婚者で出張名目で訪れたラスタヘア&グラサンが最高にイカすTOMOさ...

    記事を読む

  • 2019/11/04エッチ体験談

    過激な露出カップルの溜まり場になっているプール先日、露出系サイトの掲示板で気になる書き込みを発見した。大阪・天王寺のスパリゾートのプールが過激な露出カップルの溜まり場になっているというのだ。「5」には、俺も2年ほど前、子供を連れ出かけたことがある。世界各国の様々なお風呂や温水プールにレストラン。遊園地も隣接しており、どちらかというと家族向けの施設だったはずだ。そんな健康的な場所に露出カップル?どうに...

    記事を読む

  • 2019/10/05素人エロ画像

    温泉の季節です。遠路はるばる混浴を目指す男性も多いことでしょう。しかしせっかく男女が同じお湯に浸かっても、首から上しか見えないようでは意味がないと言うかなんと言うか…。ならば潜ってしまえ。湯舟の中はこんなふうになってるんですね。全国各地の混浴温泉で並ん立ちバックイベントの様子は漫画のとおりだ。遊ぶためには、管理人に参加したい旨のメールを送るのだが、とにかく混浴、乱交に関する熱い思いをぶつけるのが大...

    記事を読む

  • 2019/08/14突撃リポート

    混浴温泉に出没するノゾキ男のことを“ワニ”と呼ぶ。湯船に浸かって女性客を待ち続ける姿からついた異名だが、実際には彼らは単にじーっと待機してるわけではなく、時間帯によって待ち方を変えている。かしこいワニのやり方とは?混浴温泉にのぞき目的で行ったことはないだろうか。今、最もお勧めの混浴と言えば、やはり岡山県の湯原温泉の「砂湯」だろう。温泉街の無料の公共露天風呂は近郊の旅館からふらっと入りにくる女性客が多...

    記事を読む

  • 2019/08/11裏情報

     川が流れており、その対岸で紅葉まっ盛りの木々が茂っている。あれれ、川から湯気が出てるぞ。どうやらこの尻焼温泉、いわゆる「野湯」というやつで、川の一部に温泉が湧き出ているようだ。だから24時間無料で入り放題。なるほど、変態たちも気軽に来やすいわけだな。駐車場も一杯だし、これは期待できそうだ。ずんずん進んでいけば、広大な湯があらわれた。バスケットボールコート大の広さで、大人から子供まで30人くらいは...

    記事を読む

  • 2019/07/29裏情報

    黒根岩風呂波打ち際の岩場に造られた絶景の露天風呂として全国的に有名だが、同時に変態さんたちの間でも定番中の定番とされる露出スポットの名所でもある。水着の着用は不可だが、熱海や下田近辺の海水浴客がついでに立ち寄ることが多く、若い女性客の姿も多い。運がよければ露出カップルのプレイに遭遇できるかもしれない。岩地海水浴静岡県伊豆市賀茂郡河津町見高358-2夏休みシーズンになると登場する漁船を湯船にした無料混浴露天...

    記事を読む

  • 2019/07/14エッチ体験談

    雰囲気を大切にした、官能的な大人のセックスがしてみたいです。シチュエーションとしては、大河ドラマのセットみたいな場所で真っ赤な着物を身にまとってヤッてみたいで、その願望を絵にするとこんな感じになるそうーでほど健康的で、E力ップと思しき巨乳はちきれんばかりである。クー、若いってやっぱイイっすなー「いきなりお姉ちゃんの男と姉妹井かよ」「はい。で、そこからムチャやりだして」何でも、それ以後バツーの子持ち...

    記事を読む

  • 2019/05/20エッチ体験談

    京都美人15人と行く温泉ウッフッフッツアーインターネットでそんなホームページを見つけたのは、5月半ばのこと。これ、誰がどう見ても、男のためのスケべ宴会にしか思えないのだが、どうだろう。一応詳細を並べてみると…●昼、京都駅前に集合、コンパニオンと一緒にバスで出発。タ方、福井県芦原温泉の旅館(貸し切り)に到着。タ方から混浴と大宴会、Hなゲームなどを開催。現地集A暑可。限定70人。●料金は、京都集合組が4万円。現...

    記事を読む

  • 2018/11/14素人エロ画像

    冬は混浴の季節でもありますが、ニットの季節でもあります。ニットと巨乳。どうしてこうも相性がいいのでしょうか。やらか〜い乳がよりやらか〜〜く見えるからでしょうか。いや、もうあれこれ考えるのはやめにして、ゆっくり堪能するとしましょう。たぶん彼女たち、無意識だと思うんです。無意識のうちに、キュっと締め付けられる快感を求めちゃってるんです。だからこんなワンサイズ下のパンツを買うんです。おかげさまで私たち、...

    記事を読む

  • 2018/11/13その他

    女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、一応、野球拳ができることになっていたのだが、パンティ一丁になった瞬間になぜかゲームセットとなり、その後は皆そそくさ浴衣を着てひっこんでしまう。なぜ脱がないんだ、最後の1枚を!お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都から来た人はガッカリしただろう。これで3万なんて、オレには高すぎる。ホン...

    記事を読む

男も女もロシアンルーレットハーレムセックスが好きだ・混浴乱交してみた

0130_2019012820145347f_201911062105103a2.jpg0131_20190128201454680_20191106210511ace.jpg0132_20190128201455ad4_20191106210512594.jpg0133_20190128201457036_20191106210514fa3.jpg0134_20190128201458867_20191106210515e40.jpg0135_20190128201500d3b_20191106210517f92.jpg
ハーレムというかロシアンルーレットヤレる女0166_20190127102423b7d_201911062105181f5.jpg0167_20190127102424c12_20191106210520716.jpg0168_20190127102425315_20191106210521909.jpg0169_2019012710242773e_20191106210523d79.jpg
まずはタッキー温泉ツアーに、下心満々で挑んでくれた、7人の参加メンバーのプロフィールを軽〜くご紹介しておこう。手品の腕前はプロ並みという大阪人Kさん、遥々名古屋から足を運んでくれたFさん、タッキー嬢とご近所さんのナイスガイHさん、乱交パーティなどの参加経験もあるご陽気人間Sさん、今回唯一の既婚者で出張名目で訪れたラスタヘア&グラサンが最高にイカすTOMOさん、そして極めつけは北海道・札幌から海を渡ってやって来たOさん。応募者の中から選り抜かれた、誌上最強(P)のスペシャルメンバーだ。まった。
いつもお酒に酔っぱらうと、エロモードにスイッチしちゃうことが多いんだけど、大人数だからなのか体育会系モードのスイッチがオン。大声上げてはしゃぎまくって、メンバー内で一番年下のO君にプロレス技を仕掛ける始末だ。こんな調子じゃあ、チヤホヤされるワケないよネ。今ごろ反省。宴もたけなわに達したところで、遂に勝者にはエッチなご褒美の、エロエロゲーム大会へ突入。まずは今日丸1日履いていたパンティの、その場で生脱ぎプレゼントだ!
ぬくぬくの脱ぎたてパンティを巡って《あっち向いてホイ》バトルが始まった。お見事、勝者の座を射止めたのはHさんだ。男性陣の視線が一斉に集まる中、浴衣の下に隠されていたパンティをスルリと脱ぐ。さてお次は、タッキー嬢の生フェラを賭けての、黒ひげ危機一髪。最初に黒ひげ君を飛ばし
た人が権利を得られる。ビーンと張りつめた空気のなか、なんと二差し目で勢いよく黒ひげがジャンプした。「オーッ」男性陣から大歓声が上がる。勝者は…道産子、Oさん!ついに当てましたか。札幌から来た甲斐あったねえ。しかし、彼、とことんダメダメだった。実はオナニーでさえイクまで卯分強を要する遅漏派で、さらに極端にシャイな性格のため、みんなの前でパンツを脱ぐことすらも躊躇している。さらに私が全力尽くして生フェラに励んでも、ペニスは微動だにせず。何だか不個ね、ご愁傷さまデス。ご奉仕続きでお疲れ気味になったタッキー嬢、ちよいとばかし休憩タイムが欲しいにゃ。それに私からのご奉仕ばかりじゃツマンナイ。ちょっと男性陣からも余興で楽しませてよ!
酒でテンパッた頭には、一番無謀な選択とも言える山手線ゲームで決めて「色の名前ー」「県の名前ー」「国の名前ー」答えに詰まる度、ウガーッと頭を抱えこむ敗者。最終的に熱烈キスを交わす2人は、生真面目さん&熊ヒゲさんに決定した。メンバーの中でも、コンビとしてのビジュアル的に、これ以上なくナイスと思えるベストカップルだ。心底から嫌そうな表情を浮かべると、口元に意味あり気な笑みを浮かべているFさんが、ベロンベロンに舌を絡め合う。お好きな人にはもうたまらない、サービスカットでこざいまつう
挿入以外は何でもアリ
残されたゲームはあとわずか。ココからはピンポイントのこ奉仕でな、全身愛撫のボーナスプレイ、本気も本気のエロモードに突入です。畳のうえに敷かれた一組の布団、目に見える変化は、ただそれだけなのに。ただそれだけなのに、何だか、ものすこく、イヤらしい。私の力ラダを自由に触ってください、その権利を得たのはHさんだった。2人で布団の上に移動する。サラサラと心地良い、洗い立てのシーツの感触。私はそのシーツばかりを見ている。なのに痛いほど感じる、6人の男性から発せられる12個の視線。さっきまでのお祭り騒ぎは、夢だったんじゃないだろうか。キーンと耳が痛むほどに、部屋の空気が静まりかえっている。
「いいえ、これは現実ですよ」
Hさんに浴衣を脱がされ、下着だけの姿に。その力ラタを汗ばんだ彼の手がはい、ブラジャーごと胸を操む。仰向けで体重を預けていた私の力ラダが、お尻を高く突き上げた、四つんばいの恥ずかしい姿に変えられた。犬の恰好だ。動物になった私の痴態は、大勢からの好奇の視線に犯されてるけど、そんなことどうでもイイじゃない。だってパンティの上からアソコをまさぐる、男の指がキモチイイんだから仕方ないじゃない。さて、次は私が奉仕する番だ。
乱れた布団の上にやってきたのはTさんだった。そのカラダを覆う邪魔な浴衣を、全部剥ぎ取って素肌に触れたい。背筋を貫く快感に全身を粟立たせるまで、強欲な舌でその肌を紙めあげたい。まだ小さいままのペニス、唱吐しちゃいそうなほど奥まで蛭えて、固く大きく脈打たせてあげたい。愛情はペニスにも伝達する。愛おしく舌を絡めるほど、生き物みたいに形を変えて勃起していく。それが嬉しくて私は、呼吸の限界までペニスを味わい尽くした。そして、いよいよファイナルステージ。挿入まではできないけれど、それ以外は何でもありの超ボーナスタイムだ。黒ヒゲを最後の最後に飛ばし、私の前にやってきたのは、名古屋のFさんだった。よほど私と縁深いのかも知れない。罰ゲームも合わせると、彼、合計4回もゲームを勝ち抜いているのだ。すでに2人から触って触られ続けて、意識膝睦と横たわっている私の胸を、いかにも男な大きな手で包み込み、パンティの横から骨太い指を滑り込ませた。ちょっぴり乱雑で不器用な愛撫はFさんの優しい人柄をそのまま現しているようで、私に愛おしいという感情を抱かせる。とってもシャイな性格なのだろう。それ以上愛撫は進むことはなく、代わりに私の頭から足先までの全てを、ガッシリとした大きな力ラダで包み込んだ。あったかい、胎内回帰していくような安堵感。このまま眠ってしまいたいナァ。

水着カップルの混浴や公園の泥酔女・女医にチン見せの合法露出プレイ

0090_201905251751465a5_20191104105628542.jpg0092_20190408073357577_201911041056315ed.jpg0091_20190317092049261_201911041056303c2.jpg0093_2019031709205215e_20191104105633bfa.jpg過激な露出カップルの溜まり場になっているプール
SnapCrab_NoName_2019-7-21_10-13-39_No-00.png
先日、露出系サイトの掲示板で気になる書き込みを発見した。
大阪・天王寺のスパリゾートのプールが過激な露出カップルの溜まり場になっているというのだ。「5」には、俺も2年ほど前、子供を連れ出かけたことがある。世界各国の様々なお風呂や温水プールにレストラン。遊園地も隣接しており、どちらかというと家族向けの施設だったはずだ。そんな健康的な場所に露出カップル?
どうにも不釣り合いな組み合わせだが、一方で実に興味深い情報ではある。事の真偽を確かめようと思いたった。
一目も気にせずイチャつきやがって
露出カップルが出没するのは当然夜。俺は会社からの帰り夜8時ごろ、現場へと足を運んだ。何でもキャンペーン期間中とかで、たった1千円で温泉もプールも入り放題だ。この賑わいも納得できる。とりあえず古代ローマ風呂につかり、仕事の疲れを癒す。ああ極楽ゴクラク、このままずーっと入っていたい気分だ。が、ゆっくりくつろいでいる場合じゃない。今日の目的はあくまでも露出カップルだ。さっそく水着に着替え最上階のプールフロアを覗いてみよ~
プールは温泉ほどは混んではいなかった。学生、サラリーマン、OL風と若めの客が中心で、さすがにこの時間だと家族連れはまばらだ。ぱっと見では、カップルが露出しているような雰囲気はない。
やっぱりガセネタだったのか?と思いきや、いましたいました。あちらこちらのプールの隅っこ10代20代の若いカップルで、人目も気にせずイチャついてやがる。抱き合ったりキスしたり、中には水着のLから胸ゃお尻をさわってる連中もおるぞ。すぐ横を人が泳いだり歩いても、全然気にしてないみたいだ。まったくオマエらは恥をしれよ。
多少嫉妬まじりでむかっ腹を立てるものの、コイツらを露出カップルと呼ぶのはちょっと違う。過剰に見せつけてるわけでも、見られて興奮している様子でもない。ま、こんなもんなんやろな。
舌を絡ませたり水着に手を入れたり
早々とプールを引き上げ、「バーデゾーン」エリアへ移動する
ここは水着のままジャグジーやサウナが楽しめるスペースだ。果たして、場の雰囲気は一変した。暗めの照明辺りに何やらケダルーイ雰囲気が充満している。これは怪しいと目をこらせば、案の定だ。何種類もあるジャグジーやスパの中で5組ほどのカップルが過激にイチャついてる。舌を絡ませたり、水着の中に手を入れていたり、その大胆さはプールにいたカップルとはまるで比較にならない。ビキニの下で胸を操まれている若い女と目が合った。思わず視線をずらすが、彼女に気にする様子はない。というよりこの女、見られることを楽しんでいる雰囲気だ。男の首に手を回し、気持ちよさげに目をトロンとさせやがって・・興奮するやんけ
「バーデゾーン」から水路が屋外まで伸び、その先を進むと、野外ジャグジーに出る。通天閣などの夜景が一望にできる、見せたがりカップルには絶好のロケーションだ。
ここでも4、5組のカップルが水着の中に手を入れイチャついていた。彼らの目的は明らかだ。目と鼻の先にある遊園地の客に自分らの痴態を見せつけているのだ。実際20メートルほど先では、コートを着込んだ男たちが彼らに注目している。
というか、この男ども、それが目的のデバガメ連中ではなかろうか。女が頭を上下に動かしてるー
全度は屋内の「ハーブスチームルーム」に行ってみた。ここは、その名のとおりハーブの香りが充満した蒸し風呂で、部屋の中は1メートル程度しか視界がきかない。人影から察して、今のところ3、4組のカップルがいるものと思われる。おや、向い側のカップルが変な動きをしているぞ。女が頭か上下に動かしてうてフェラチオしてるやんけー
女の顔を見たいが、碓認できない。それがまた余計に想像をかきたてる。
恐らく他のカップルも、ほとんど見えないのをいいことに、過激なことをやっているに一遅いない。時々、どこからか、ため息や「チュパッ」というような音が聞こえてくる。いつのまにか、俺のアソコはビンビン状態だ。しばらくして、例のフェラチオカップルがスチームルームを出た。どんな顔してるか拝ませてもらおうやないか、と俺も後に続く
うーん、男女とも20代半ばくらいか。女はスタイル抜群でかなりのレベルだ。この男、こんないい女にチュパチュパしてもらってたんかい。なんか腹が立ってきたぞ。というより、男1人で遊びに来た俺っていったい何やねん。
閉館時間の10時ぎりぎりまで粘り「5」を出る。まだ興奮は収まらない。辛抱たまら或韓国マッサージに飛び込んだ。トホホだようたく。
★平日の夜8時から10時でこの状態だ。休日前のオールナイトデイなどは、さらに過激な露出カップルが出没しているに違いない。ホテル宿泊セツトを利用し、風呂で露出した後、部屋に戻ってエッチというパターンだって十分考えられる。
2、普通の女性が多い混浴
見せたがりの変態じゃ興ざめだ
関東の混浴ノゾキマニアの間で最も有名なスポットと言えば群馬の露天混浴『宝川温泉』だろう。しかし有名だからこそ、普通の女性が寄りつかず、やって来るオンナと言えば見せたがりの変態系ばかり、面白味にかけると言わざるをえない。そこでオレがお勧めしたいのが同じく群馬のこの老舗旅館『法師温泉』だ。大浴場が混浴なのだが宿代が手ごろ(1泊1万5千円)でかつ、旅行ガイド本に名湯としてよく取リ上げられているからだろう、OLや女子大生グループなんかがたくさん足を運んでくる。ただしここの大浴場は22時に女性限定タイムとなり女の子たちは基本的にはその時間帯に風呂に入る。がそんな彼女たちも、そのあと部屋で仲間とワイワイ酒を飲んだりしているうちにもうひとっ風呂入リたくなるのだろう、深夜に大浴場に現れる。そこが狙いです。
3、山下公園は横浜を代表する観光スボットだ。だだっ広い敷地には、赤い靴はいてた女の子像があったり、木陰があったり。何やかんや散策ができるため、老若男女がいろんな目的で訪れる。注目すべきは、公園の西端「世界の広場」。死角がいっばいあるため、深夜はあっちもこっちも力ップルだらけ。ハデにいちゃつく連中も多く、俺はいつもこっそりのぞきまくってやる。この広場、日中も要チェックだ。平日の昼間は、入り口の階段下を塞ぐようにホームレスが溜まっているせいか、世界の広場はガラガラ。人気が無いのいいことに、AVメー力ーが撮影をまれに行っている。
3、スパ「Y」には男女別で入浴する内風呂や露天風呂の他に、力ッブルや家族が一緒に楽しめる水着ゾーンが併設されている。広大な野外の敷地に、20種類近くの露天風呂が点在する、一種のアミューズメントパークのようになっているのだが、実はそこで、ちょくちょく、けしからんことが起きとるわけで。とにかく死角の多い場所だけに、発情力ッブルがあっちでもこっちでもいちゃこいているのだ。なかでも「トルコ風ハマム(イスラム式の風呂)」と「ふしぎな洞窟」は、破廉恥なことこの上ない。
両者とも、周囲が完全に壁で覆われているため、フェラや手マンなど、ハードなプレイを強行する連中が後を絶たないのだ。そこへ接近し、こっそりと覗く楽しみ。一度見たらマジで癖になります。
試着室って本当ヤラシイ。卜ビラの上と下に大きなスペースが空いているので、試着中の女のナマ足や太ももがチラチラ見えるのだ。さすがに下着まで覗けることは滅多にないけど、これはこれで十分エロい。ただ、チェーン店共通の決まりごとになってるのか、試着室の位置が、どこもたいていレジの脇か、女性用コーナーの近く。野郎がウロつくにはいかにも不自然だし、店員にチクられる恐れもある。その点、さいたま市にある店なら、そういう心配をする必要は一切ない。心ゆくまでたっぷりと試着室を観察できる。なぜならここの試着室は、男性用コーナーの真向かいにあるから。
実際、ここ最近は、試着室の前に、何を買うでもなく長々と服を物色するオッサンたちが増えてる。間違いなく目的は同じだろう。そのうち、店側が気づいて店内のレイアウトを変える可能性は大。行くなら今しかない。
4、茶屋町は大阪駅が近く、ファッションの発信基地として最近開発が進んでいるお洒落エリアだ。お洒落な居酒屋からバーまで多数密集していて、会社の飲み会やコンパ、女子会にもよく使われ、週末にもなれば、泥酔した女を介抱する光景や友達に捨てられた泥酔女がパンツ丸出しで路上に寝ている。オススメポイントは、ファッションビル『NU茶屋町』の裏側あたり。
飲み会の帰りなどに1人で散策してみれば、かなりの確率で泥酔女に遭遇する。パンツを眺めるのも一興だが、介抱するフリをして声をかけるのが礼儀だ。酒をさらに飲ませてもいいし、タクシー1メーターで近くのラブホにしけ込んでもいい。
5、チン見せ目当ての男もやってくる美人女医のいる泌尿器科
病院の泌尿器科には熟女先生がいます。それもかなりの美人です。ボクは以前、淋病を患ってこの先生に看てもらったんですが、あまりの美人ぷりにチンコを出すのをためらいましたもん。そしたら彼女、ニツコリ言うんです。「恥ずかしがらずにおちんちん見せてね」もうね、プレイですよコレは。思わずドーンと勃っちゃったもん。歳は40前半とのことだけど、見た目は30半ばで十分通用する。実際に病気になってなくても、一度は彼女に触ってもらうべきです。「シッコすると性器に激痛が走るんです」と言えば、医者は診察するしかないんですから。きっと、アラ大変、つってイジイジしてくれますよ。当院のHPによると、チンコを出す必要もないのにパンツを脱ぐ患者までいるんだって。

若い女子大生OLがワンサカ混浴温泉体験記|エロ画像

0005_2018111416344240e_20191005103728ff7.jpg0006_2018111416344341d_201910051037296ae.jpg0080_20181210161542a44_20191005103732725.jpg0081_2018121016154357f_20191005103734926.jpg0096_201812311131148e7_20191005103735e49.jpg0097_20181231113116b81_20191005103737715.jpg0098_20181231113117353_20191005103738b0f.jpg0099_20181231113119e28_2019100510374042c.jpg0100_20181231113120c24_20191005103741762.jpg0101_20181231113122d3e_20191005103743cd2.jpg0076_20190707125959d0e_20191005103731e01.jpg
温泉の季節です。遠路はるばる混浴を目指す男性も多いことでしょう。しかしせっかく男女が同じお湯に浸かっても、首から上しか見えないようでは意味がないと言うかなんと言うか…。ならば潜ってしまえ。湯舟の中はこんなふうになってるんですね。
全国各地の混浴温泉で並ん立ちバック
イベントの様子は漫画のとおりだ。遊ぶためには、管理人に参加したい旨のメールを送るのだが、とにかく混浴、乱交に関する熱い思いをぶつけるのが大事だ。女性を同伴できるとアピール(ウソでかまわない)をすれば入会の許可がおりやすい。常連には毎回3人の女性を連れてくる猛者もいて、いつ参加しても刺激的だ
混浴温泉で女を他人に見せつけて湯上りプレイを楽しもう
交通費を払えば混浴温泉まで来てくれる業者がある
湯上りプレイを楽しもう

美女天国の混浴・岡山の湯原温泉に行ってみた|過激エロスポット体験談

0080_20180327192636fb8_20190813144434271.jpg0081_2018032719263783d_201908131444358da.jpg0082_2018032719263856c_2019081314443792c.jpg0083_20180327192640a3d_2019081314443809e.jpg201507060.jpg201507061.jpg201507062.jpg201507063.jpg201507064.jpg201507065.jpg
混浴温泉に出没するノゾキ男のことを“ワニ”と呼ぶ。湯船に浸かって女性客を待ち続ける姿からついた異名だが、実際には彼らは単にじーっと待機してるわけではなく、時間帯によって待ち方を変えている。かしこいワニのやり方とは?
混浴温泉にのぞき目的で行ったことはないだろうか。今、最もお勧めの混浴と言えば、やはり岡山県の湯原温泉の「砂湯」だろう。温泉街の無料の公共露天風呂は近郊の旅館からふらっと入りにくる女性客が多い。混浴温泉のカップル客なんてのは、男が強引に誘ってきたケースばかりだ。
さまざまな嬉しいハプニングが起きる混浴温泉ぜひ出かけてみて下さい。
岡山県の湯原温泉の「砂湯」体験談
男女が「混」ざるからこそ混浴のはずなのに、全国どこの混浴も男だらけなのが悲しい実情だ。女性客が入ってくるのをひたすら待ち続けるオッサンばかり。男湯よりもかえってムサ苦しいほどだ。
しかし湯原温泉・砂湯は、他とやや一線を画すらしい。温泉評論家や愛好家によって作成された「露天風呂番付」でみごと西の横綱に輝いた
ため、女性客の姿が多く、おまけに水着不可、タオルは一枚までなんて都合のいいルールも存在しているため、湯煙の向こうに柔肌がたんまり見えるのだ。
東の横綱・宝川温泉は以前に制覇したオレ。当然こっちも行くしかないっしょ!2月初旬。中国勝山駅からバスに乗りこみ現地へと向かう。山道に入ったとたん景色へと変わっていった。なん泉の一帯はマイナス4度なしい寒さらしい。こんなんるのか?不安がよぎる。バスを降りて5分、雪にれながらもようやく湯原温泉・砂湯に到着した。あのさきにあるのが脱衣所か。
服を脱ぎながら温泉を見うやら混浴は3つあるよう タタミ10畳ほどの広さの「長寿の湯」、その隣に20畳ほどの「その奥がいちばん広い「子およそ30畳くらいか。すべ無料で入れるのはありがた が、気持ちよさそうに浸るのは、数人の単独男性だんかウワサと違うんだけどまだ昼の2時だから、本チれからか。1時間ほど浸かっても状況は変わらなかった。すげー不安だ。そこのオジサンに話しかけてみるか。
「いつもお客さんってこのくらいなんですか?」
「う〜ん、夕方からはもっと増えてくるよ」
近くの旅館はほとんどチェックインが夕方なので、そこから人が増えてくるのだと。考えてみればあたりまえか。
「兄ちゃん、女、見にきたんか?」
「えっ?まあ…」
オジサンはニヤニヤしながら肩をこづいてくる。どうやら目的は一緒みたいだ。
「ワシは地元の人間やからよく来るんやけど、夜中でも客はおるから来たらええよ」
なんとも心強いお言葉。期待が膨らみます!6時を過ぎたころに再び温泉に向かうと、さっそく楽しげな声が聞こえてきた。キャッキャと騒いでる黄色い声だ。
急いで服を脱ぎ「長寿の湯」に入るとその主がわかった。女の子がお父さんとお兄ちゃんとで楽しそうに泳いでいる。…なんだ。残念だけどそっちは興味がないんだよな。落ちついて周りを観察する。客は全部で20人くらいだろうか。なにしろ湯煙がすごいので男女の区別ができない。かたっぱしに接近するしかないだろう。美人の湯に入ってそろそろと移動するとまもなくカップルを発見した。二人とも30代前半だろうか。美男美女だ。注目すべきは彼女の胸元だ。ときおり上半身が湯から出てくるのだが、タオルの上からもわかる巨乳ちゃんだ。Eカップくらいか? きっちりとタオルを巻いているので谷間までは見えないけど、オレの股間を元気にするには充分のインパクトである。少し離れたところにもイケメン&ぽっちゃりのカップルがいたが、すぐに出ていってしまった。ムチムチした体に張りつくタオルを眺めながらオレは「子宝の湯」に移動した。
なぜかやたらと単独男性が多い。理由は単純だった。30代前半の女性2人組が楽しそうにおしゃべりをしているのだ。一人はガリガリのロングヘアーでもういっぽうは磯野貴理に似た感じ。男たちはときおり視線をやりながら適当な距離をおいて周りを囲んでいる。しばらく二人を観察するうちに、ついにハプニングが。二人が湯船から出ようと岩場に足をあげた瞬間、磯野のタオルのすきまからマン毛が見えたのだ。彼女もそれに気づいたのか恥ずかしそうに笑ってスタスタと去っていく。残された男たちは皆ニンマリだ。8時過ぎ、ついに待望の女子グループがやってきた。3人組で、しかも若い!大学生ってとこか?やっぱり肌のツヤが違いますなぁ。湯をはじきまくってますなぁ。
彼女らに引き寄せられるように、「美人の湯」が男でいっぱいになっていく。 チラチラと谷間が見えたり下がってくるタオルを直しているのがいい眺めだ。「けっこう熱いねぇ」なんていいながら顔をあおぐたびに腋チラも披露してくれるので見ていて飽きない。
「あの子らええなぁ」
振りかえると昼間の常連オジサンがすぐ後ろにいた。
「兄ちゃんしっかり見とけよ。いいシーンが見れると思うわ」
「どういうことですか?」
「なんとなくや」
なんとなくか。なんだそのテキトーな予想は。しかし、驚くことにその予想は的中する。ショートカットの子が岩場に座ったとき、股間がガバっと開いたのだ。チラ…なんてもんじゃない。ずっと開いてる。気づいてない!30秒ほどだろうか、再び湯につかるまで股間はおっぴろげのままだった。ワレメまでは確認できないが、ワカメはしっかり目に焼きついた。
おまけに3人同時にお湯からあがろうとするとき、タオルがずれておケツがプリン!
「やっぱりな。ちゃんと脳裏に焼きつけとけよ」
地元のオジサン、恐るべし。
いったん退散して深夜0時ごろにまた温泉へ。さすがに客は少ないが、いたいたカップルがいるじゃないか。男性のそばで落ちつかない様子の女性がキョロキョロとしている。長澤まさみに似たエライべっぴんさんだ。横目でその様子をみまもること10分、いきなり女がタオルを巻いたまま立ち上がった。なにをするでもなく立ったままだ。他の単独男性とともに息を飲んでいると、女はタオルの胸元に手をやる。え、なになに?
そのままバサっとタオルはほどかれ、全身が露わになった。マジかよ!ほどよいサイズの胸に少し黒ずんだ乳首、濃い目の陰毛まですべてをこちらに披露してくれている。
彼女はその場でくるっと回って再び湯につかった。まるでストリッパーのように。
なんてサービスなんだ。ありがたすぎるぜ。おっと、彼氏のほうは湯船に横になって勃起したチンコをシゴいてやがる。オンナを自慢して興奮するってやつか。こんな露出プレイもあるんだな。
深夜1時を過ぎたころ、男女3人組がやってくるのが見えた。男ひとりに女が二人。全員20代後半だろうか、女2人はしっかりタオルを巻いている。どういう関係なのか。とにかくうらやましい男だ。
男は湯に浸かり、女性二人は岩場に座った。なんだなんだ?まるでギャラリーに見せびらかすように、女は同時にタオルをずり下げた。おっぱいがポロンとお目見えする。なんだろう、このフランクなノリは。ついでにオバチャンたちの谷間もごっつぁんだ。

覗き魔が集まる覗かれやすい女湯・混浴尻焼温泉でワニになる

a086_2019080722442722e.jpga087_2019080722442937c.jpga088_201908072244302b0.jpga089_20190807224432652.jpga090.jpga091.jpg
0071_20180122185516248.jpg 0072_20180122185511931.jpg
川が流れており、その対岸で紅葉まっ盛りの木々が茂っている。あれれ、川から湯気が出てるぞ。
どうやらこの尻焼温泉、いわゆる「野湯」というやつで、川の一部に温泉が湧き出ているようだ。だから24時間無料で入り放題。
なるほど、変態たちも気軽に来やすいわけだな。駐車場も一杯だし、これは期待できそうだ。
ずんずん進んでいけば、広大な湯があらわれた。バスケットボールコート大の広さで、大人から子供まで30人くらいは浸かっているだろうか。
あれ、女性もいるにはいるけど、水着を着てるやつばっかり…。なんだか拍子抜けだ。川遊びの延長みたいな家族連れ洋服を着たまま足だけをつけてる連中などなど、健全な光景ばかりが広がる。
まだ時間が早かったか?しかしすぐに妙な動きに気づいた。足湯をする女性2人の背後に、一人の若いオトコが立っている。素っ裸の仁王立ちだ。
これに足湯女子が気づき、オトコの股間に眼をやるや、すぐにそらした。まもなくして女子たちはその場をあとにした。
湯の脇にテントが。素っ裸のおっさんが一人で座っている。
夜7時、再び温泉に来てみたらが一様子変していた。子連れ客はいなくなり、ハダカの大人が点々と浸かっているのだ。
周囲には薄暗い街灯がひとつあるのみで視界は極めて悪い。近づかなければオトコか女かもわからないほどだ。
では入浴させていただこう。脱衣所らしき場所はなく、他の客の荷物が岩場に置いてある。
ここでハダカになればいいんだなコケだらけの岩場に足を取られながらお湯に入る。少しぬるめだけどなかなかいい湯加減だ。さて、変態はいるかな〜。おっ、
奥から女の声が聞こえるぞそろりと近づけば大学生らしき男女4人組だった。オトコどもは素っ裸で、女は一人が水着着用、もう一人はタオルを巻いている。
ダブルデートだろうか。水着ちゃんが声をあげた
「こんだけ暗かったらアタシも裸で大丈夫だったね〜いいじゃん、水着脱いじゃえよ!脱げ脱げ〜」
カップル二組はそれ以上過激なシーンを見せず、すぐに出ていった。このあと乱交でもするのかしら。けしからんな。
と、テント氏がおもむろに動きはじめた。なにかターゲットを発見したのか?
後につくオレ。しばらくして動きを止めるテント氏。その視線の先にはカップルの 姿がある
二人とも素っ裸らしく身を寄せてモゾモゾと動いているみたいだ。これはこれは…
その状態で5分ほど経ったところでカップルが立ち上がった。彼女さんの小さめの乳房と濃い陰毛が丸見えだ。
激しい手マンがはじまった。彼女は自らの手で口を押さえている。声が出ないようにしてるのだろうか。うん、エロい!
今のタイミングでの手マンは、どう考えても俺たちギャラリーへのサービスだ。手マンを見せたがる変態カップルなんて初めて見たよ。これ、もしかしたらもっとイヤらしいことしてくれるんじゃない?二人に近づく。「さっきのスゴかったですね」「……」「ボク、チンコ立っちゃいました」「……」
完全無視。単独オトコと絡むような優しさは持っていないらしい。1時間ほど浸かっていたらんと、ずいぶん出入りの激しい温泉であることがわかった。
10分に1組は客がやってくる。女子のみのグループはおらずカップルでやってくる。テント氏が動きだしたので後を追う。再せこの人の嗅覚は頼りになる。岩に隠れるような格好で、カップルが見えた。
あれ、あの人たちは旅館で食事してた夫婦の1組だ。うなじがセクシーな奥さん。
おもむろにダンナさんが立ち上がり岩にもたれた。彼のチンコはギンギンだ。
すかさず奥さんがダンナの股間に顔を持っていく。音こそ聞こえないけどかなりの高速フェラだ。あの小ぎれいな奥さんが、こんなことするなんて、たまらん!!
ぼーっと眺めていたらいつの間にかテント氏の姿が見えなくなっていた。どこ行ったんだ?
いつしかダンナさんがオレに無言で視線を向けている。
「あのさ、あっち行ってよ」
「あ、えっと…」
「見られるのイヤなんだよ。あっち行けって」
ちぇっ。見られたくないならこんなとこで始めんなっての。
仕方なく移動。おや、なんか人が集まってる場所があるぞ。
急いで近づいてみたら、岩場に素っ裸で眠るカップルがいた。何かをするわけでもなく、ただ単に眠っているのだ。ぽっちゃり体型の女性はちょっと脚を開きながらイビキをかいている。
単独男数人がそれを見ながらマスをかいている。ちょっとちょっと、風呂の中に精子を出さないでくれよ?
その中にテント氏もいた。
「あの、皆さんザーメンはどこに出すんですか?」
「あ? 風呂の中はダメだから。出すなら
あっちの草とかでやれよな!」ぶっきらぼうながらも親切に教えてくれる。って、めちゃめちゃシコってるじゃん。アンタなんなんだよ。
夜の11時を回った。この2時間ほどで一気に客が引き、テント氏も帰ってしまった。
湯の中にいるのはオレを含めた単独男3人ほどだ。
仕方ないので仲間とおぼしき一人に声をかける。
「ここ、結構くるんですか?」
「ワタシは毎週来てますよ。そちらは初めて?」
そうだと答えたら彼のマシンガントークが始まった。
なんでも今日はカップルの数が少ないほうらしく、9月の末あたりがピークだったそうな。そのころは混浴乱交サークルみた
いなのがしょっちゅう来ていたとか。「皆さん観賞させてくれるだけだけどね。
普通にエッチする人たちもいましたよ」
「へえ。盛り上がってるんですね」
「今日もあと何組かは来ると思うんですけどね、たぶん」
そんな話をしていたところ、駐車場にクルマが入ってくるのが見えた。下りてきたのは…、この声、オンナもいるぞ!
4人組が湯に近づいてきた。若い男女で間違いない。
「あったけー」
「すごい滑るんだけどー!」
温泉に入ってきたのはすっぽんぽん男2人とバスタオル巻きオンナ2人だ。
キャバ嬢みたいな髪型で、タオルの上から胸の谷間がのぞいている。二人ともすげー巨乳じゃん。
4人はオレたちを尻目に奥に進んでいく。ぎゃあぎゃあ騒ぐので会話が丸聞こえだ。
「オマエそれ(タオル)取っちゃえよ」
「だって他の人もいるしー」
「こんな暗いんだから見えねえよ」
「そうかなー」
オレたちも距離をつめるべくゆっくり動きだす。およそ5メートルほどまで近づいてみれば、女子たちのバスタオルは岩場に投げ捨てられている。
しばらくおとなしかった彼らだったが、男の掛け声で急にせわしなくなった。
「じゃあフェラ大会ね! ほら、やれやれ」
「マジで!??」
「みんな見てるぞ、やれやれ!」
神様ありがとう!
女たちはブーブー言いながらも仁王立ちになった男のチンコにむしゃぶりついている。揺れる横チチと「ポン、チュポン」の
音がめちゃめちゃエロい。いやー、この時間まで待ったかいがあったよ。
しばらくして女が交代してさらにフェラだ。いいなぁ。あっ、あの子、オトコの股の間に入ってアナル舐めてる!
物欲しげなオレの視線に気づいたのか、アナル舐めされてる男が声をあげた。
「あの人らにもやってあげろよ」
「ええー、ムリだって〜」
「いいじゃん、やってやれって」
「ムリムリ!」
まさかの幸運を拾えるかと思ったけれど、女たちの強い拒否でお流れになってしまった。あーあ。まあしょうがないか。
混浴オフ会や乱交パーティの現状
ナンネットの「アダコミ」や、爆サイの地域別出会い系スレッドでは、以下のような書き込みをしばしば見かける。「今夜××公園にカップルで20時以降出没します。相方へのタッチはなしで、見るだけでおねがいします」
「今週の土曜日、○○温泉で混浴オフ会しませんか?」
 その日時に足を運んでみると、そこには予告通りの光景が広がっている。男女が堂々と性器を露出し、卑猥な声をあげ、その周りには多数の野次馬たちがエロい目つきをして群がっている無法地帯っぷりだ。こうしたエロ系の予告書き込みは、露出や混浴以外にも乱交や青姦などさまざまな種類のものがある。言うまでもなく、こうした行為はすべて公然わいせつ罪にあたる。現に、掲示板で乱交オフ会参加者を募集し、実際に乱交パーティを開いた男が逮捕された事例もある。だが、これらサイトは今日まで堂々と存在し続けている。眺めるだけに留めていたほうが身のためである。
女湯ノゾキに精を出す連中がいる。混浴温泉ではない。れっきとした女湯を夜な夜な、いや、真昼間から覗くのだ。彼らの間では逐次、最新の『覗けてしまう女湯』情報がされている。頻繁に名前があがるのは3カ所だ。どれもあくまで偶然見えてしまったと言い訳できてしまけに、女性は注意されたし。
北海道 洞爺湖サンパレス
 こちらのホテルは作りが独特で、館内の大浴場が1階と2階(それぞれの階が男湯女湯。時間帯によって入れ替え)に分けられて 男湯が2階、女湯が1階のときに女性は注意しなけれ2階露天風呂の窓から簡単に女湯を見下ろせてしまうのだから。
岐阜 荒神の湯
 川沿いの小さな露天風呂で、キチンと男女風呂は分けられている。にも関わらず女湯ノゾキがあらわれるのは、男女を分ける柵に問題があるためだ。ところどころにサッカーボール大の穴が開けられており、そこから向こうが丸見えになってしまっている。また、川の対岸からも丸見えのため、双眼鏡を持ち込む輩も絶えない。
栃木 大網温泉 湯守田中屋
 男湯・女湯・混浴と複数の露天があるのだが、女湯はひとつ小高い位置に設置されている。ここのウリは露天から見える壮大な渓谷の景色だ。しかし女湯からはそれが良く見えないため、素晴らしい眺めを楽しむためには湯のヘリから上半身をぐっと乗り出さなければならない。自然と下の男湯から丸見えになってしまうのだ。観光客が多い場所なので被害に合う女性も多発している。

海水浴帰りの水着女子が立ち寄る混浴

0096_201907292030596b0.jpg0097_20190729203100834.jpg
黒根岩風呂
波打ち際の岩場に造られた絶景の露天風呂として全国的に有名だが、同時に変態さんたちの間でも定番中の定番とされる露出スポットの名所でもある。水着の着用は不可だが、熱海や下田近辺の海水浴客がついでに立ち寄ることが多く、若い女性客の姿も多い。運がよければ露出カップルのプレイに遭遇できるかもしれない。
岩地海水浴
静岡県伊豆市賀茂郡河津町見高358-2
夏休みシーズンになると登場する漁船を湯船にした無料混浴露天風呂である。海水浴場の砂浜の上に設置されるため、海で冷えた体を温めようと大勢の水着姿の利用客が狭い湯船でごった返す。湯船に浸かりながら海岸で遊ぶ水着ギャルを眺めるもよし、狭い湯船の中で暖をとる様を間近で鑑賞するもよし。
石部温泉
石部海水浴場ビーチから約100mほどの距離にある無料の露天風呂だ。
「水着着用」との看板もあるが、海から見えない場所にあり人目が気にならないからか、水着なしで入る女性客も多い。
赤沢共同露天風呂
静岡県伊東市赤沢海岸
赤沢海水浴場近くの岩場にある無料の露天風呂。水着着用がOKなので、サーファーや子供連れの家族客が遊んだ帰りに立ち寄ることが多い。サーファーギャルはウエットスーツを着てることが多いので、若いお母さんの水着姿に期待したい。
しらすな
和歌山県西牟婁郡白浜町864
白い砂のビーチ、蜜良浜海水浴場に隣接する混浴鯨露天風呂だ。ウッドデッキに白いタイル浴槽は、一見
するとブールのように見えるが、お湯は正真正銘の温泉だ。水着着用のまま砂浜から気軽に直行でき、浴槽も100人入れるほどの広さがあるので、カップルやグループなど様々な水着女性たちが気兼ねなく入浴してくれる。
赤井浜露天風呂
静岡県賀茂郡松崎町雲見
雲見海水浴場から少し離れた海岸沿いにある。近年スキューバダイビングの名スポットとしても知られ、若い女性たちの姿が目立つようになった。
川湯温泉
和歌山県田辺市本宮町京都府後市網野町掛津
河原の脇を掘れば熱い温泉が湧きでる珍しい温泉で川沿いには利用客が石を積んで作った小さな露天風呂が点在する。川遊びをしにきた家族連れやカップルたちがTシャツ姿のまま温泉に浸かるシーンをいたる所で目撃できるはずだ。
鳴き砂温泉
良質の鳴き砂で有名な琴引浜のすぐそば、コンクリートを固めて作られた小さな露天風呂が鳴き砂温泉
だ。シーズンともなれば大勢の海水浴客で賑わい、脱衣所がないので水着のまま入りに来る。
霊谷旅館の千人風呂
静岡県下田市河内114-2
総桧作りの大ぶりな混浴温泉。ここば下懇界隈のサーファーたちの間で人気があり、休日の夜になれば彼氏に連れられてサーファーギャルが入ってくる。水着での入浴は不可。女性専用の内風呂もあるが、混浴風呂を利用する女性も比較的多い。
カテゴリ

温泉混浴の露天風呂で官能的な大人のセックス

0204_20190714153141bf9.jpg0205_20190714153142f72.jpg0206_20190714153144523.jpg0207_201907141531456fb.jpg
0208_20190714153147189.jpg0209_2019071415314887b.jpg
雰囲気を大切にした、官能的な大人のセックスがしてみたいです。シチュエーションとしては、大河ドラマのセットみたいな場所で真っ赤な着物を身にまとってヤッてみたい
で、その願望を絵にするとこんな感じになるそうーで
ほど健康的で、E力ップと思しき巨乳はちきれんばかりである。クー、若いってやっぱイイっすなー
「いきなりお姉ちゃんの男と姉妹井かよ」
「はい。で、そこからムチャやりだして」何でも、それ以後バツーの子持ち、詐欺師、消防士、ブラザー(黒人)等等メイクラブを重ね、高校時代はとにかくヤリまくりの毎日だったという
「でも、イカされたら失神するだろなって気がする」
失神とは大げさだが、要はそれだけ感じやすカラダってことだろう。
「マジで、温泉行きたかったんですよ」
こりゃ楽しい旅行になりそうだ。
走る列車の中で乳くり合う興奮
箱根湯本駅から登山鉄道に乗り換えた。目的地の宮ノ下駅までは20分ほどか。座席はロマンスカーなどと同じように2人ずつ並んで座るスタイル。周囲からは僕たち2人が見えないようになっている。
それをいいことに、僕は彼女の股間へ伸ばした。ジーンズの上から彼女の股間を弄り、ジッパーを下ろしていく。まさかこんなところで那美さんは驚いた
黒いパンティの中へ滑り込ませると「んっ」と鼻から叶息が漏れ、ガクンと力無くした体が僕の方へと倒れる。
濃い目の陰毛をかきわけ油り着いた陰部はすでに湿地帯だ。「濡れてるね」耳元で恥ずかしそうに赤らめ下か向く彼女。クチュクチュの割れ目に沿ってクリトリスを刺激するたび、腰をヒクッと動かす那美さんの仕草が実にたまらない。山道を走る列車はステップバックを繰り返しながら目的地へと進んで行く。車内の空気は僕たち2人を除いては日常をただ演出しているだけだ。いやーこんなドキドキする体験は長い人生の中でもそう何度もあるもんじゃない。
とりあえずお茶でも飲ん…でる場合じゃなかった。なんせ電車の中でさんざんイチャついたせいで、カラダの火照りがおさまらないのだ。仲居さんが部屋を出てすぐに唇をむさぽり合った後とhふえず窓辺のソファに那美さんを座らせる。服か脱がせれば、E力ップ大の乳房。実に素晴らしい。肌の白さも逃品で、まさに餅肌といったところか。
こんなものを見せられて冷静でいられるハズもない。僕は思わず乳輪にむしゃぶりついた。
「あああああ・・…」乳首を舌で転がしっつ右手は那美の下半身と。先ほど刺激していたためか、すでにそこはネツトリとした愛液でもあふれんばかりだ。うーん挿入したい。が、那美さんの希望は「焦らしてほしい」ということ。
気持ちをぐっと抑え、彼女の首筋からヘソの辺りを何度も愛撫てる。那美さんは特にクリトリスが感じるようだ。小陰唇からクリへと指を滑らせるたびに腰がビクビクと動く。もちろん、僕の指先は打でビショビショだ。トランクスが突っ張って痛くなるほど勃起。彼女の顔へ差し出すと迷わずパクリと口に含む彼女「う・」なんて絶妙な舌便いなんだ。カリを口に含み指先と爪で微妙にサオを操るこのテクニック。うまい、うま過ぎる・・
「誰に習ったの?」「んん…彼氏・・」
いや、この舌使いは人から教えられて身につくものじゃないだろう。もしかして天性の何かがあるんじゃないのか。「いれて」「えなに?」「オチンチン入れて」
彼女が蚊の鳴くようにささやく。
「まだダメ・・」「あああーん、いや、入れて」
ふふふう焦らして欲しいつてのがキミの希望でしょ。挿入はまだおあずけだよーん。
さらに愛撫を続けていると、仲居さんがいきなり襖か開け、中に入ってきた。
「いや、ちょっと着替えてたものですから…ははは」
苦しいいい訳をしたが、仲居さんも手馴れたもんで「お若い方はいいわねー」などと笑っている。「お風呂に行かれたらどうです?」「あ、はいはい。予約してますから」
「広い方はいつでも入れますからねえ」ここの旅館には、カップル用に貸切露天風呂が用意されている。時問は30分程度だが、そこならどんなハレンチな行為も許されるだろう。
僕の予約した時間は夜の8時半。せっかく箱根にまでやって来たんだから、しばらくまったりするか。ひとっ風呂浴び、その後はお楽しみのタ食タイム。和牛鉄板焼き、刺身の盛りあわせ、若鮎と山菜の天ぷら各種などなどが並んでいる。
いやー美味いなあ。しかも若干20才の女性のお酌付きだもんな。もうサイコーだよ。
「いまのところは満足できてる?」
「そっですね、アタシHはシチュエーションを大事にしたいんですよ」
「なかなかいいかなあ」
ふむふむ。彼女が手紙に書いてきた大河ドラマのセットには及びもつかないが、とりあえず一安心だ。ふふふ。満面の笑みを浮かべる僕に対し、若干はにかんだ表情の那美さん。恥ずかしげな顔がまたたまらんですな。
お湯に浸かり下半身をおもむろに差も向ける
「こんなところでするの…」
そうは言いながらも、素直に口に含む彼女。うーん、やっぱこういうのが温泉混浴の醍醐味だよな。体勢を入れ替えて今度は僕が那美さんの股間に顔を埋め陰部に舌を這わせる。
「あああああ・・」ピチャビチャと裸体を半分お湯につけながらのクンニ。お互い浴衣姿で、いよいよ彼女の念願であるセックスの始まりである。まずはゆっくりはだけ、Eカップの美乳に吸いつく。乳首からヘソの方へと這わせ、ちょっと濃い目の陰毛を越えて陰部へ。やはりすでにグチョグチョ。僕は秘部へと舌をのばした。これはかなりの名器だ。
騎乗位そしてバック、さすがにあれだけ焦らしたせいで、どの体位でも気持ち艮さそうだ。ただ、バックでこれでもかとパンパン鳴らしても、騎乗位で子宮の奥を掻ぎ回しても、絶頂には届いてないようだ。
何度かの正常位で、腰をガンガン振っているとき、急にアタマの血管が切れそうな感覚が僕を襲った。これ以上いったら死ぬ・・
まったく、失神しそうになってるのは僕の方じゃないか。

京都美人と乱交・混浴スケべ宴会ツアー?

SnapCrab_NoName_2019-5-20_13-29-20_No-00.png
京都美人15人と行く温泉ウッフッフッツアー
インターネットでそんなホームページを見つけたのは、5月半ばのこと。これ、誰がどう見ても、男のためのスケべ宴会にしか思えないのだが、どうだろう。一応詳細を並べてみると…
●昼、京都駅前に集合、コンパニオンと一緒にバスで出発。タ方、福井県芦原温泉の旅館(貸し切り)に到着。タ方から混浴と大宴会、Hなゲームなどを開催。現地集A暑可。限定70人。
●料金は、京都集合組が4万円。現地集合組は3万円(1泊2食付き)
でも温泉コンパニオンやら男女混浴といった企画を何度かやっていたが、インターネットで募集をかけるとは珍しい。
しかも、場所は北陸のエ口?温泉としても有名な福井県の芦原温泉。実はここ、オレの自宅かり車でー時問ほどの近さなのだ。なんともソソられる条件である。ホームページに主催している旅行代理店の連絡先が書いてあったので、さっそく電話を入れてみた。
「フ口も宴会も女性が付きますよ。ただ、その後の遊びはないですけどね」電話に出たオッサンからお遊びナシと言われたのにはガッカリしたが、スケべ宴会と混浴ができるのだ。どうせ乱交状態にでもなっちゃえば同じようなモン。これはもう行ってみるしかないだろう。翌日、オレはオッサンに教えられた銀行口座に3万円を振り込み、今や遅しとその日を待った。
いよいよ当日の午後、オレは車を飛ばして芦原温泉へ。着くと、まだバスが到着してなかったようで旅館はまだ閉じていた。やっとのことで京都組が着いたのは予定よりー時間遅れの午後5時ころ。揃った男性陣は約40人だった。予想どおり脂切ったようなオヤジばかりで、30才のオレがいちばん若いくらいだ。肝心の京都美人はといえば、たったの11人。しかも、正直いってレベルは「並」ってところである。水商売の臭いがそこはかとなく漂う茶髪ネーチャンがほとんどで、京都美人というよりは浪速ギャルといった感じなのだ。
「じゃ、みなさん、2組に分かれておフ口の方へどうぞ。男湯、女湯どっちでもええですから」
タ方5時半、主催のオッサンが一言う。さあいよいよ待ちに待った混浴タイムである。オレは意気込んで服を脱ぎ、女湯へと乗り込んでいった。
と、これがすごい混みよう。確かに女のハダカも確認できるのだが、それの倍以上、男の体が目に入ってくるからたまらない。まるでおしくらマンジュウでもやっているかのようだ。
「女のコは半分くらい男湯の方に移ってくれんか」
主催のオッサンが浴槽に向かって叫ぶ。女のコのほとんどが女湯にいるから、もう少しバランスを取ってくれといつことらしい。さっそく、女のコの3分の2ほどが男湯へ移動。と、今度は去っていった女のコらを求めて女湯の男どもがゾロゾ口と男湯へ去っていく。なんなんだよ、いったい。
最後のパンツをなぜ脱がん
「今日は時間が遅れてしもたんで、女のコ、サービスしますよ。好きに触ってくれて構いませんから」主催者のオヤジはそう言って煽るが、みんなシャイなのか、派手なマネをしでかすヤカラは皆無。それどころか「オニーサン、デカイやん」とネーチャンにからかわれる始末だ。男どもはいったいナ二しに来たんだといいたいところだが、結局、オレも隣にいたハイヒールモモコ似のオッパイをモミモミする程度に留まってしまった。
午後6時過ぎ、なんだかテンションが上がらないまま、場は宴会へ。司会には吉本興業の一云人(名前は覚えてないが、無名)が呼ばれていたが、別に漫才、なんかは聞きたくない。ハダカの女と戯れればそれでいいのだ。しかし、そんなささやかな願いも裏切られる。女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、野球拳ができることになっていたが最後の一枚でゲームセットとなり、その後は皆そそくさ戻る。なぜ脱がないんだ、最後のー枚を。お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都かり来た人はさぞかしガッカリしただろう。これで3万なんて、オレには高すぎる。ホントにスケべでヤリ放題の宴会ならいくら払ってもいいんだけどな。

冬は混浴の季節でもありますがニットと巨乳の季節でもあります|エロ画像

0007_20181114163445b43_201910051053108c9.jpg0008_2018111416344619b_2019100510531267c.jpg0009_20181114163448572_20191005105313551.jpg0010_20181114163449af7_201910051053156a6.jpg0208_20190122150357b11_20191005105316963.jpg0209_201901221503588be_20191005105318370.jpg
冬は混浴の季節でもありますが、ニットの季節でもあります。ニットと巨乳。どうしてこうも相性がいいのでしょうか。やらか〜い乳がよりやらか〜〜く見えるからでしょうか。いや、もうあれこれ考えるのはやめにして、ゆっくり堪能するとしましょう。たぶん彼女たち、無意識だと思うんです。無意識のうちに、キュっと締め付けられる快感を求めちゃってるんです。だからこんなワンサイズ下のパンツを買うんです。おかげさまで私たち、尻の形を完璧なまでに思い描かせていただいております。実際は、やや垂れてるでしょうが。

京都美人と混浴&スケベ宴会?温泉うふふツアーに参加したが

0110_2018111323172067b_20191004065904ca1.jpg0111_20181113231722b53_20191004065905767.jpg0107_20181113231719d45_20191004065902a3f.jpg女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、一応、野球拳ができることになっていたのだが、パンティ一丁になった瞬間になぜかゲームセットとなり、その後は皆そそくさ浴衣を着てひっこんでしまう。なぜ脱がないんだ、最後の1枚を!お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都から来た人はガッカリしただろう。
これで3万なんて、オレには高すぎる。ホントにスケベでヤリ放題の宴会ならいくら払ってもいいんだけどな。
育児の合間に、バイトで化粧品やダイエット広告のモデルをやってる私。なんかいい仕事はないかと思って求人誌をめくっていると顔踏みビデオモデルなる広告が目に飛び込んできた。聞けば仕事は、ビデオのモデルというよりM男性が集まるパーティに出席し、指名が入ったら個室で相手を殴ったり蹴ったりするのだという。会場にはすでに女性と、男性が集まって飲んだり食べたり、エロ本を読んだりゲームをしたりと、和気あいあいな雰囲気が漂っていた。女性は求人誌で来たらしい地味めなOLと、見るからにキッそうな女王様に二分されている。一方、男性はS女性と出会えるパーティという広告を見て来たとかでカッコいい人たちばかりだ。知り合った女王様に聞くと、女の子にベタベタされるモテモテ男に限って二度でいいから女の子に殴られたいと切望するらしい。パーティは合コンぽく始まり、「彼氏いるんですか」「趣味は何ですか」などと一通り自己紹介も終わったところで、
早くも私に指名が入った。別室のプレイルームに行くと、わざわざ愛知からきたサラリーマンが、ボ
ストンバッグから大量のジュース&お菓子を取り出し「靴で踏みつぶしたお菓子を食べ眠ると言って、口にふくんだジュースを顔にかけてくれ」とのこと。プレイの間に、要望のプレイと、通常プレイだというヒールで顔を踏みつぶしたりや、往復ビンタを延々やり続けた。正直いって、かなりしんどい。なのに、素人っぽさが受けたのか、休む間もなく指名が入り、4人を殴ったところで息が上がり動けなくなってしまった。結局、この日の取り分は3万2千円で時給1万強になったのだけど、着てた服は客の返り血やジュースでドロドロ。私は1度きりしか行ってないが恵子はストレス発散できたとパーティに行きまくっているとか。うっぷんのたまっている方にお勧めです。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます