混浴のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:混浴

  • 2018/12/10エッチ体験談

       閉店の早さがナゾなずいぶん若い子だらけのセクシー居酒屋洗体でムクムクしたら追加料金でこっそりヌイてもらおう...

    記事を読む

  • 2018/11/14素人エロ画像

         温泉の季節です。遠路はるばる混浴を目指す男性も多いことでしょう。しかしせっかく男女が同じお湯に浸かっても、首から上しか見えないようでは意味がないと言うかなんと言うか…。ならば潜ってしまえ。湯舟の中はこんなふうになってるんですね。冬は混浴の季節でもありますが、ニットの季節でもあります。ニットと巨乳。どうしてこうも相性がいいのでしょうか。やらか〜い乳がよりやらか〜〜く見え...

    記事を読む

  • 2018/11/13その他

      女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、一応、野球拳ができることになっていたのだが、パンティ一丁になった瞬間になぜかゲームセットとなり、その後は皆そそくさ浴衣を着てひっこんでしまう。なぜ脱がないんだ、最後の1枚を!お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都から来た人はガッカリしただろう。これで3万なんて、オレには高...

    記事を読む

  • 2018/10/13突撃リポート

       女だと思ったら男だった。よくあるドッキリものを、混浴を舞台に仕掛けてみよう。ニューハーフAV嬢のきみかちやん。サオもタマも付いたいわゆるアリアリで、しかもそのサオが大きいんです。湯船で、ピンクに染まった素肌やオッパイを見せつけ、出歯亀オヤジの鼻の下をさんざん伸ばしたところでタオルをハラリ。巨大チンコがデーン。オヤジ、死ぬなよお客と会話した後で、相田みつを的な励ましメッセージを書く...

    記事を読む

  • 2018/09/25出会い攻略

     男女が一つ屋根の下に寝泊まりすれば、オイシイことが起こりやすいのは当たり前。セックスだって難しい話じゃない。じゃあ、その手の場所で使いやすいのはどこか? オレの答は、長野県と新潟県の県境・信越地方の有名ユースホステルMだ。ユースホステルとは、食事の配膳や食器洗いなど、何でもセルフサービスが原則の安宿だが、ゲストハウスによくあるような小汚い二段ベッド部屋ではない。だから女性客が多い。中でもMは...

    記事を読む

  • 2018/08/29出会い攻略

     自然体験を通して子供たちを育成しようという、簡単に言えばボーイスカウトのような団体だ。ハイキングや飯ゴウ炊飯など、アウトドアイベントを定期的に企画し、その都度、子供たちの面倒を見る大人のボランティアスタッフを、ホームページで募集している。このスタッフがオイシイ。なんせ、参加者の4割は女性のため、下のような状況が生まれてしまうのだ。泊まりがけで女の子たちとキャンプに行けて、それでいくらかという...

    記事を読む

  • 2018/08/01素人の本物ヌード

       ヌーディストビーチに行ってみたい気持ちはあるけれど、気がかりなのは白人黒人ばっかりなんじゃないの? ってことです。あいつらの裸を見ても、いまいち興奮できないですもんね。でも、いるんですね。黄色い肌のアジア人も。やっぱりワシらには、こういうのっぺりした裸がいいですな。尻なんてもんの中身はほとんど脂肪ですから(たぶん)、ほっとくと浮かんじゃうんですね。ああ、いい眺めだわ〜プカ〜。疲れ...

    記事を読む

  • 2018/05/26裏情報

    トラックドライバーという仕事柄、日本全国の混浴温泉を巡ってきた。もちろん目的は女性の裸や美味しいハプニングだ。全国には変態が集まる混浴温泉がいくつか存在する。たとえば埼玉の『百穴温泉』は、サイトを介してマニアが集う場所だけに無法地帯と言ってもいいほどの状況だが、あまりにあからさまなのでショーを見ているような虚しさがある。群馬の『宝川温泉』も若い女性が多く訪れる名湯なので、多くの裸にはありつける。し...

    記事を読む

  • 2018/05/13エッチ体験談

    私を奴隷にしてくださいの「しの(19才)」を連れ、読者の皆さんと水着混浴温泉に行くイベントを開催いたしました。応募総数は31名。日程などの都合により、当日お集まり頂けたファンの皆さまは13名となりました。当日の様子を簡単にご報告したいと思います。 集合時間の14時、しのと一緒に千葉県浦安にある水着混浴温泉「M」の正面入り口前に到着すると、すでに複数の怪しげな男性たちの姿が。男性たちは、しのに気付くとゾロゾ...

    記事を読む

混浴温泉で乱交サークルがずらっと並んで立ちバック

0080_20181210161542a44.jpg 0081_2018121016154357f.jpg 0082_20181210161544668.jpg 0083_201812101615468b1.jpg
閉店の早さがナゾなずいぶん若い子だらけのセクシー居酒屋
洗体でムクムクしたら追加料金でこっそりヌイてもらおう

冬は混浴の季節でもありますがニットと巨乳の季節でもあります

0005_2018111416344240e.jpg 0006_2018111416344341d.jpg 0007_20181114163445b43.jpg 0008_2018111416344619b.jpg 0009_20181114163448572.jpg 0010_20181114163449af7.jpg
温泉の季節です。遠路はるばる混浴を目指す男性も多いことでしょう。しかしせっかく男女が同じお湯に浸かっても、首から上しか見えないようでは意味がないと言うかなんと言うか…。ならば潜ってしまえ。湯舟の中はこんなふうになってるんですね。冬は混浴の季節でもありますが、ニットの季節でもあります。ニットと巨乳。どうしてこうも相性がいいのでしょうか。やらか〜い乳がよりやらか〜〜く見えるからでしょうか。いや、もうあれこれ考えるのはやめにして、ゆっくり堪能するとしましょう。たぶん彼女たち、無意識だと思うんです。無意識のうちに、キュっと締め付けられる快感を求めちゃってるんです。だからこんなワンサイズ下のパンツを買うんです。おかげさまで私たち、尻の形を完璧なまでに思い描かせていただいております。実際は、やや垂れてるでしょうが。

京都美人と混浴&スケベ宴会?温泉うふふツアーに参加したが

0110_2018111323172067b.jpg 0111_20181113231722b53.jpg 0107_20181113231719d45.jpg
女のコは浴衣を着てお酌しているのがほとんどで、一応、野球拳ができることになっていたのだが、パンティ一丁になった瞬間になぜかゲームセットとなり、その後は皆そそくさ浴衣を着てひっこんでしまう。なぜ脱がないんだ、最後の1枚を!お触りどころか、これじゃハダカも拝めんじゃないか。とまあ叫んでみたところで後の祭り。わざわざソレ目当てに京都から来た人はガッカリしただろう。
これで3万なんて、オレには高すぎる。ホントにスケベでヤリ放題の宴会ならいくら払ってもいいんだけどな。
育児の合間に、バイトで化粧品やダイエット広告のモデルをやってる私。なんかいい仕事はないかと思って求人誌をめくっていると顔踏みビデオモデルなる広告が目に飛び込んできた。聞けば仕事は、ビデオのモデルというよりM男性が集まるパーティに出席し、指名が入ったら個室で相手を殴ったり蹴ったりするのだという。会場にはすでに女性と、男性が集まって飲んだり食べたり、エロ本を読んだりゲームをしたりと、和気あいあいな雰囲気が漂っていた。女性は求人誌で来たらしい地味めなOLと、見るからにキッそうな女王様に二分されている。一方、男性はS女性と出会えるパーティという広告を見て来たとかでカッコいい人たちばかりだ。知り合った女王様に聞くと、女の子にベタベタされるモテモテ男に限って二度でいいから女の子に殴られたいと切望するらしい。パーティは合コンぽく始まり、「彼氏いるんですか」「趣味は何ですか」などと一通り自己紹介も終わったところで、
早くも私に指名が入った。別室のプレイルームに行くと、わざわざ愛知からきたサラリーマンが、ボ
ストンバッグから大量のジュース&お菓子を取り出し「靴で踏みつぶしたお菓子を食べ眠ると言って、口にふくんだジュースを顔にかけてくれ」とのこと。プレイの間に、要望のプレイと、通常プレイだというヒールで顔を踏みつぶしたりや、往復ビンタを延々やり続けた。正直いって、かなりしんどい。なのに、素人っぽさが受けたのか、休む間もなく指名が入り、4人を殴ったところで息が上がり動けなくなってしまった。結局、この日の取り分は3万2千円で時給1万強になったのだけど、着てた服は客の返り血やジュースでドロドロ。私は1度きりしか行ってないが恵子はストレス発散できたとパーティに行きまくっているとか。うっぷんのたまっている方にお勧めです。

エロドッキリ・混浴に大胆な女…タオルが落ちたらチンコが!私ニューハーフで〜す

0078_20181013221850899.jpg 0079_201810132218514e3.jpg 0076_20181013221847ea6.jpg 0077_20181013221848034.jpg
女だと思ったら男だった。よくあるドッキリものを、混浴を舞台に仕掛けてみよう。ニューハーフAV嬢のきみかちやん。サオもタマも付いたいわゆるアリアリで、しかもそのサオが大きいんです。湯船で、ピンクに染まった素肌やオッパイを見せつけ、出歯亀オヤジの鼻の下をさんざん伸ばしたところでタオルをハラリ。巨大チンコがデーン。オヤジ、死ぬなよ
お客と会話した後で、相田みつを的な励ましメッセージを書く、路上詩人という商売がある。寄ってくるのはたいてい若い女客だ。これにもし、思いも寄らぬヒワイな一文を書いても、彼女らは喜んでくれるのだろうか。

ヌーディスト御用達の海岸・女子大生が合宿中に押し寄せる混浴露天

0144_2018092510103697c.jpg 0145_201809251010370de.jpg
男女が一つ屋根の下に寝泊まりすれば、オイシイことが起こりやすいのは当たり前。セックスだって難しい話じゃない。じゃあ、その手の場所で使いやすいのはどこか? オレの答は、長野県と新潟県の県境・信越地方の有名ユースホステルMだ。
ユースホステルとは、食事の配膳や食器洗いなど、何でもセルフサービスが原則の安宿だが、ゲストハウスによくあるような小汚い二段ベッド部屋ではない。だから女性客が多い。中でもMは(料金1泊3千円)、女性客に人気で、週末はいつも女の子の予約でいっぱいだ。
春の信越地方は、菜の花シーズン。お花畑目当ての女子学生と出会いに行かなきゃソンですね。
教育県として名高い我が郷土だが、近ごろは時代の流れか、精神の退廃した若者の姿が目立つようになり、古き良き時代を知る私は大いに心を痛めている。荒れた若者。その象徴こそ、夜な夜な北野文芸座周辺に現われるシロート立ちんぼの面々だろう。もともとここら一帯は、プロの立ちんぼが幅を利かしていて、いまでも深夜になると熟女どもが客を取っているのだが、ここ最近、その中に混じって、やけに年若い女性の姿をチラホラ見かけるようになったのだ。確認した限り、5、6人はいるのではないか。ああ、な んと嘆かわしいことよ。さっそくそのうちのひとりと交渉を試みたところ、ホ込み1万5千円でOKとなった。安い。なかなか見所のある若者じゃないか。彼女は現在、市内の専門学校に通っているとかで、たまに友人と一緒に小遣い稼ぎをしてるそうだ。
 別の日に同じ額で買ったコも学生を自称していた。が、やたらと会話がこなれていた辺り、お茶引きのデリヘル嬢だったのかもしれない。真偽はさておき、ギャル立ちんぼは文芸座近くのセブンイレブン前によくたまっている。お近くにお寄りの際は、気軽に声をかけてみてはいかがだろう。
こんなコが座っていればすかさず交渉すべし
人気のビーチなのに更衣室がなければどうなるか?
うざいナンパ野郎が少なく、地元ギャルの間で人気のあるビーチですが、実はここ、近くにだだっ広い無料駐車場がある以外、施設らしい施設が何にもないんです。海の家はおろか、更衣室やシャワーすらも。ということは何を意味するのか。そう、この海水浴場に来る女のコたちは、車などの物陰でこそこそと着替えざるを得ないワケなんですね。恥ずかしげにバスタオルを巻きつけながら、パンティを脱いだり履いたりする彼女たちの姿には、何とも言えないエロスを感じられるし、なかには平気で裸体をさらして着替える連中もまれにいるのでタマげます。
西伊豆・雲見海水浴場の北東は、リアス式になっています。海岸沿いの丘陵にはコテージが建っていて、夏になると客が余暇を楽しみに来ます。海で遊ぶ場合、ここのロケーションは最高です。複雑な地形がブラインドになって、まわりから入り江は見えませんから、プライベートビーチ状態で遊べる。コテージ客はそれを目当てに来るのです。
釣り好きの私、このへんによく出かけるのですが、ごくまれに素晴らしい集団と出くわします。めったに人が来ないから大丈夫と思ってるのでしょう、男も女もみんな素っ裸なのです。最初に見たときは、そりゃあビックリしました。若い女もけっこういましたから。
ただし、エッチなことは一切ない。ビーチボールで遊んだり泳いだり。普通に水浴びしてるだけです。いわゆるヌーディストってやつのようです。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

合法露出の視姦を楽しめる混浴温泉

0036_201808290900374e8.jpg 0037_20180829090038a7c.jpg
自然体験を通して子供たちを育成しようという、簡単に言えばボーイスカウトのような団体だ。ハイキングや飯ゴウ炊飯など、アウトドアイベントを定期的に企画し、その都度、子供たちの面倒を見る大人のボランティアスタッフを、ホームページで募集している。このスタッフがオイシイ。なんせ、参加者の4割は女性のため、下のような状況が生まれてしまうのだ。泊まりがけで女の子たちとキャンプに行けて、それでいくらかというと費用は4千円程度。参加しなくちゃ損ですね。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

混浴ののっぺりした裸にお尻いい眺め

2015010.jpg 2015011.jpg 2015012.jpg 2015013.jpg
ヌーディストビーチに行ってみたい気持ちはあるけれど、気がかりなのは白人黒人ばっかりなんじゃないの? ってことです。あいつらの裸を見ても、いまいち興奮できないですもんね。でも、いるんですね。黄色い肌のアジア人も。やっぱりワシらには、こういうのっぺりした裸がいいですな。
尻なんてもんの中身はほとんど脂肪ですから(たぶん)、ほっとくと浮かんじゃうんですね。ああ、いい眺めだわ〜プカ〜。疲れが取れるわ〜プカ〜。混浴行きて〜よ〜!

変態マニアが集まる混浴温泉

SnapCrab_NoName_2018-5-25_18-34-22_No-00.png
トラックドライバーという仕事柄、日本全国の混浴温泉を巡ってきた。もちろん目的は女性の裸や美味しいハプニングだ。全国には変態が集まる混浴温泉がいくつか存在する。たとえば埼玉の『百穴温泉』は、サイトを介してマニアが集う場所だけに無法地帯と言ってもいいほどの状況だが、あまりにあからさまなのでショーを見ているような虚しさがある。群馬の『宝川温泉』も若い女性が多く訪れる名湯なので、多くの裸にはありつける。しかしあくまで一般客なのでお触りハプニングが起こる確率は低い。栃木の『不動の湯』も有名だ。運がよければ変態カップルに遭遇できるが、場内が暗すぎることが欠点か。このように、これまで数々の混浴温泉をエロい視点で探訪してきた俺だが、現時点でナンバーワンだと確信できるのは、岡山県『湯原温泉の砂湯』だ。過去2回、裏モノ誌上でも取り上げられていたので気になっていたのだが、実際に行ってみると、これが大ヒットだったのだ。タオル無しで場内を練り歩き・・・
 平日の深夜0時近く。湯船には地元民らしき若いカップルや年配のカップルなど5、6組の男女が浸かっていた。平日の深夜にこれだけの女体を拝めるとは驚きだ。どれも近隣の旅館に泊まってるごく普通のカップルや夫婦といった雰囲気で、皆さん静かに語らいながら温泉を楽しんでいるようだ。が、奥の方に明らかに不自然な雰囲気のカップルがいる。男性は40代、女性は30代前半でタオルも付けずスッポンポン。そしてその脇に40代の男性がもう1人、べったりとくっついているのだ。ゆっくりと数メートルの付近まで近づいてみるとくっつき男が上を向いて気持ち良さそうな顔をしている。どうやら女性がお湯の中で股間を触ってあげているようだ。その後もハプニングは続いた。30代の女性3人組が来て、タオルを組み直す瞬間に乳首を拝ませてくれたり、そのうちの1人が完全にタオルを外して温泉のヘリに座りだしたり、さらに別の若いカップルもタオル無しで場内を練り歩いてくれたりと、とにかくお宝の宝庫のような温泉なのである。すっかりここの魅力の虜になった俺は、翌週も訪れた。同じく平日の深夜だ。湯船には6組ものカップルと4人のワニの姿が確認できた。平日だというのに相変わらずの盛況ぶりだ。
 キョロキョロしながらしばらく浸かっていると、なんとなく怪しい雰囲気の中年カップルさんを発見した。少しづつ近づいてみたところ、旦那さんがコチラにアイコンタクトをしてくれたので、思い切って話しかけてみる。
「ここはよく来られるんですか?」「そうですね〜。週に2回は来てるかな。家が近いんですよ」
 奥さんはそっぽを向いて話には加わってくれないが、色白の和風美人で濡れ髪がエロい。
「普通のカップルさんも多いけど、12時すぎるとね、俺たちみたいな常連が結構よく集まってくるんですよ」
2人は砂湯の情報を教えてくれた。温泉で身体を温めてすぐ脇の駐車場の車内でスワッピングする連中や、人目に付きにくいダムの裏あたりで手でシコシコしてるカップルなど、様々なエロカップルたちがここには集まるそうだ。
「そこの橋の裏にもちょっとした死角があるでしょ?」
「あ〜はいはい」
「あの辺で手でやってあげてるカップルさんとか多いんですよ」
「そうなんですか」
「よかったらウチのにさせましょうか?」
「えっ!?…いいんですか?」
「もちろんですよ」
とようやく奥さんがコチラを向いて、ニコリと笑顔を返してくれた。何てエロい表情なんだ!一気に股間に血流がまわり、ビンビンに勃起したままタオルで前を隠すようにして2人の後をついていく。死角になるあたりで湯船に座ると、奥さんが外の景色を見る素振りでそっぽを向きながらこちらに近づいてきた。無言のまま湯船の中で右手を伸ばし、ビンビンに勃起したペニスをぎこちない手つきでしごきだす。まわりの視線を気にしながら、まだ一度も会話してない人妻の裸体を眺めながらの手コキ。温泉でこんなに興奮するのは初めてだ。間もなく絶頂感が訪れ、湯船の中にたっぷりと精液を放出させてもらった。
女性の質、素人っぽさ、興奮度合い。すべてにおいてここが混浴露天風呂ナンバーワンであることは間違いなかろう。混浴ファンの読者の皆さん、いつか湯船でお会いしましょう。
カテゴリ

おまんこ丸見え水着混浴温泉イベント報告

SnapCrab_NoName_2018-5-13_13-3-46_No-00.png
私を奴隷にしてくださいの「しの(19才)」を連れ、読者の皆さんと水着混浴温泉に行くイベントを開催いたしました。応募総数は31名。日程などの都合により、当日お集まり頂けたファンの皆さまは
13名となりました。当日の様子を簡単にご報告したいと思います。
 集合時間の14時、しのと一緒に千葉県浦安にある水着混浴温泉「M」の正面入り口前に到着すると、すでに複数の怪しげな男性たちの姿が。男性たちは、しのに気付くとゾロゾロと集まってきました。大勢の男性参加者に囲まれて緊張しているしのと、その場で一対一の自己紹介タイムです。顔を赤らめながらも男性参加者の名前を聞いて回るしの。ほとんどの皆さんが首都圏にお住まいの読者様でしたが、中には大阪や、最も遠い方で神戸から泊まりがけで駆けつけてくれた方までいました。さらに少し遅れて、読者ページ「ブルーシャトー」に登場した22才の女の子、サラちゃんも登場。オナニー三昧の変態エピソードと共に、ナイスプロポーションの裸の写真も編集部に送ってくれた女性読
者さんです。綺麗な女性が登場したことで、男性参加者の皆さんも浮き足だっているように見えます。自己紹介が終わったところで、全員で温泉施設に入場。一旦、男女に別れて脱衣所で水着に着替え、温泉の入り口で待ち合わせです。脱衣所では、キンタマがはみ出そうな極小マイクロビキニを用意してきた男性が約1名。そのほかの皆さんは常識的な水着を用意してきてくれました。この程度ならクレームも入らないでしょう。いざ着替えを終えて、しのとサラちゃんの2人と合流です。しのは花柄のパレオ付きの水着、サラちゃんは黒い極小マイクロビキニと超ローレグホットパンツという出で立ちです。実はこのとき、参加者の皆さんの様子に不穏な空気を感じ取りました。明らかにしのよりも、黒いマイクロビキニのサラちゃんの方を注目しているのです。場内が混雑していたため、サラちゃんとしのの二手に別れて露天風呂に浸かることにしたのですが、男性たちはしのの周りに4人、サラちゃんの周りには8人というアンバランスな分配に。完全にサラちゃんがしのの人気をかっさらって行った格好です。週末ということもあり、場内は大勢の子供がはしゃぎまわっていたため、おおっぴらにエロい遊びはできませんでしたが、サラちゃんの周りに集まった8人は、説得して露天の風呂の中でホットパンツを脱がせ、黒いマイクロビキニからはみ出た綺麗な大陰唇を見た、と喜んでおりました。私も見たかったです。一方のしのは、パレオをめくれコールまで発生したものの、恥ずかしがって一瞬チラ見せして終わりという消化不良な内容に。開始1時間ほどで、サラちゃんが用事があるとのことで帰宅することに。女の子がしの1人だけになったことで、ようやく全員が彼女をチヤホヤする形に落ち着きました。会の後半は水着露天風呂を出て、休憩所に集まりビールで乾杯。ここでも周りの客の視線を意識しながら、しのが館内着の下に着てきたマイクロビキニを覗き見したり、セクハラトークをかわしたりと、静かながらに盛り上がりました。最初は緊張気味だったしのも、後半は慣れてきたのか、楽しそうにはしゃぎ、「思ったよりも変な人がいなくて安心した。楽しかった」と申しておりました。参加いただいた皆さん、ありがとうございました。今後も奴隷しのの応援、よろしくお願いします。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます