温泉のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:温泉

  • 2018/12/16エッチ体験談

         裏モノJAPAN創刊以来ずっと不思議に思っていることがある。俺だけではない。読者やライターの方々にもときどき怪謁な顔で質問を受けるので、みんな気にはなっているのだろう。この雑誌を読んでる女ってどんな連中なんだ?l表紙にはセックスの文字。中を開けば乳首がポロリで、真ん中の辺りには腹の出たオッサンのヌードグラビア。エビちゃんもジャニーズも出てこないこんな雑誌を愛読する女と...

    記事を読む

  • 2018/12/10エッチ体験談

       閉店の早さがナゾなずいぶん若い子だらけのセクシー居酒屋洗体でムクムクしたら追加料金でこっそりヌイてもらおう...

    記事を読む

  • 2018/10/25裏風俗・風俗体験談

         アパートを出ると満月が輝いていた。仕事を果たしたという満足感にしばし酔いたい自分と得体の知れないヤルせなさをごまかしたいとい気持ちが交錯し、とてもじゃないがまっすぐ宿に帰る気にはなれない。都合のいいことに、見渡せば、四方八方に飲み屋が軒を連ねている。しかし、まだ20代のオレには一見でオネーチャン付きのスナックに入れるほどの度胸はなく、フッウの居酒屋でチビチビ飲むのがせい...

    記事を読む

  • 2018/10/22その他

     それではまず、温泉コンパ二オンの話から始めましょう。実は私、バクられる以前は静岡県・伊東温泉の有名ホテルで従業員をしていました。射精さえできれば、コンパニオンが相手じゃなくともよいという方は、フィリピンや東欧系の女を狙うのも一つの手です。伊東ではその手の飲み屋のホステスが売春をやっている場合が結構あります。...

    記事を読む

  • 2018/09/03裏情報

     この公営プールにはどう見ても泳ぎとは無縁なオヤジがけっこう来ています。目的はたぶん私と同じでしょう。めっちゃエロイ女性監視員がいるんです。年齢は20代前半、ベビーフェイスの幼児体型ながら、胸とお尻がバッチリでてるナイスボディ。タレントの篠崎愛みたいなコを想像してくれればいいでしょう。その彼女が着ているのが、明らかにサイズが小さいぱっつんぱっつんの競泳用水着です。胸ははみ出しそうだわ、尻の割れ目...

    記事を読む

  • 2018/08/29出会い攻略

     自然体験を通して子供たちを育成しようという、簡単に言えばボーイスカウトのような団体だ。ハイキングや飯ゴウ炊飯など、アウトドアイベントを定期的に企画し、その都度、子供たちの面倒を見る大人のボランティアスタッフを、ホームページで募集している。このスタッフがオイシイ。なんせ、参加者の4割は女性のため、下のような状況が生まれてしまうのだ。泊まりがけで女の子たちとキャンプに行けて、それでいくらかという...

    記事を読む

  • 2018/08/27その他

     DVDならモロ見えじゃなきゃ満足できないのに、テレビだと胸の谷間だけでも鼻血が出る。そんな殿方が多いようです。私もそうです。ありがたみ、なんでしょう。テレビ番組でそこまでサービスしてくれるなんて、日本人が忘れつつある感謝の心を思い出させてくれますね。今回、私が感謝したいのは、フジテレビ系のCS放送番組「もっと温泉に行こう!」です。とにかくどのシーンも女体、女体、女体。しかも脱ぐこと脱ぐこと。...

    記事を読む

  • 2018/05/26裏情報

    トラックドライバーという仕事柄、日本全国の混浴温泉を巡ってきた。もちろん目的は女性の裸や美味しいハプニングだ。全国には変態が集まる混浴温泉がいくつか存在する。たとえば埼玉の『百穴温泉』は、サイトを介してマニアが集う場所だけに無法地帯と言ってもいいほどの状況だが、あまりにあからさまなのでショーを見ているような虚しさがある。群馬の『宝川温泉』も若い女性が多く訪れる名湯なので、多くの裸にはありつける。し...

    記事を読む

温泉でハメた経験のあるバスガイドに妊娠中でも援助交際OKな人妻

0054_2018121617033657d.jpg 0055_20181216170337472.jpg 0056_2018121617033834c.jpg 0057_201812161703406ec.jpg 0058_201812161703415f3.jpg 0059_20181216170343234.jpg裏モノJAPAN創刊以来ずっと不思議に思っていることがある。俺だけではない。読者やライターの方々にもときどき怪謁な顔で質問を受けるので、みんな気にはなっているのだろう。この雑誌を読んでる女ってどんな連中なんだ?l表紙にはセックスの文字。中を開けば乳首がポロリで、真ん中の辺りには腹の出たオッサンのヌードグラビア。エビちゃんもジャニーズも出てこないこんな雑誌を愛読する女とは、いったいどういう神経をしてるのか。女性誌なんかは美容院で読めばいいし、週刊誌は終わった事件のことをダラダラ書いてるだけじゃん。裏モノは現在進行形でしよ。でも当事者にしてみれば、古い情報載せてるな〜ってのもあるよ。当事者?何のことかと問えば、なんと彼女、前に歌舞伎町で水商売をやっており、裏人脈も豊富だという。
「どうですか、エッチ系の記事とかは興奮します?」
「男ってバカだなあと思うよね。でも知らない世界のことが書いてあるから見るけどね」
「そうですか。ところでこのお子さんたちが裏モノ読みたがったらどうします?」
「子供?やっぱりいい悪いの区別がつくようになるまでは読ませたくないね。影響受けて真似するバカとかいるじゃん」
「このへんだと恥ずかしいから、知り合いのいない上野まで行って買ってるんです」
千葉県某所の喫茶店で、人妻の杏子さんは人目を気にするように小さく笑った。この人も飾り気こそないが、カワイイ顔をしていらっしゃる。裏モノ、実は美人読者が多いのかも。
「お客さんと温泉でハメたりするやつ?」
「その通りなの?」「ええ、ありましたよ」
なんだよ、軽いんじゃん。実はユルいんじゃん。よっしゃ、エロい話いっぱいして、ソノ気にさせたろ。おじやマン開始じゃ!
「1人Hとかはやっぱりするんだよね」
「しませんよ〜。でもクラブで変なクスリ飲まされたら気分が良くなって、トイレでずっと1人でしたことはありました」「ずっと?」「そう。手が止まらなくて」「ズブズブ?」「ええ、ズブズブ」
そのクスリとやら、すぐにでも飲ませたくなりましたが、残念ながらもらい物で詳細はわからないんですと。「今気になるのは赤澤クン?あの人は性格悪いから、付き合う気も友達を紹介する気もないけど、合コンがあれば参加したいですね」この2人は、保育園のママさん友達である。互いが裏モノ読者だとわかったのは、2年ほど前のこと。創刊以来の愛読者だった洋子さんが、「自分と同じ匂いがした」かおりさんに話しかけたのがきっかけだ。『かおりちゃんってエロい本とか読む?裏モノJAPANって知ってる?』当時の様子をかおりさんが振り返る。挨拶時、鉄人社の名刺を受け取ると、安めぐみをほうふつとさせる彼女は黄色い声をあげた。
「すごい、裏モノJAPANって書いてる!佐藤さん、合コンでこんなの出したら、女の子すぐ飛びついてくるでしよ」キミ、どういうマニアなのだ。普通はこの名刺を出すと、みんな引いてしまうんだよ。

混浴温泉で乱交サークルがずらっと並んで立ちバック

0080_20181210161542a44.jpg 0081_2018121016154357f.jpg 0082_20181210161544668.jpg 0083_201812101615468b1.jpg
閉店の早さがナゾなずいぶん若い子だらけのセクシー居酒屋
洗体でムクムクしたら追加料金でこっそりヌイてもらおう

女も食える居酒屋にラーメン屋・地方の温泉では、飲食店ぐるみの売春行為が行われているのだろうか

0034_201810251048142dd.jpg 0035_20181025104816cff.jpg 0036_201810251048174e1.jpg 0037_201810251048183bb.jpg 0038_20181025104820475.jpg 0039_20181025104821df9.jpg
アパートを出ると満月が輝いていた。仕事を果たしたという満足感にしばし酔いたい自分と得体の知れないヤルせなさをごまかしたいとい気持ちが交錯し、とてもじゃないがまっすぐ宿に帰る気にはなれない。都合のいいことに、見渡せば、四方八方に飲み屋が軒を連ねている。しかし、まだ20代のオレには一見でオネーチャン付きのスナックに入れるほどの度胸はなく、フッウの居酒屋でチビチビ飲むのがせいぜいだ。そこで、ちょうど目に入った居酒屋「H」の暖簾をくぐってみた。ところがいざ入ってみると、ちょっと様子が違う。ママらしきオバサンと、ド派手なスーツを着たホステス風中年女が2人で手もみしながらお出迎えしてくれるではないか。しまった。居酒屋とは名ばかりで、中身は単なる田舎のスナックだったのだ。そのままUターンして出て行こうかと思ったが、さすがは観光地。半ば強引に席に着かされたオレは、一杯注文させられるハメになってしまった。
「ドコから来たのョ」ラーメン屋のママとはまたひと味違うアクセントのママは、台湾人。彼女以上にかしましいホステス軍団は、片方は台湾人、残りがタイ人らしい。どっちも個人的には酒だけの付き合いに留めておきたいキャラクターだが、温泉の夜がここまで国際化しているとは。しかしこのホステスたち、客商売のワリにはどこか奥歯に物が詰まったような話しかしてこない。「仕事はナニ?」「お金持ち?」と聞いてきたかと思えば、結婚しているなどとは一言も言っていない独身のオレに「奥さん、キレイな人?」とカマをかけてくる。その遠回しな話題の振り方にどこかさっきのラーメン屋のママに似た空気が感じられるのだ。1杯目を飲み干し、おかわりを頼むと、今度は台湾人ホステスが自分にも焼酎をおごってくれと言ってきた。一塁尿のキャバクラならその時点で即座に店を出るところだが、このまま消化不良で宿に戻るのも脈に落ちない。でも、コレで単なるボッタクリだったらシャレにもならんしな。そう考えていたときのこと。
「オニーサンね、ストリップに興味ある?」
なんと、またまたママが突然、割引券があるので行ってみるかと言い出したのだ、何の脈絡もなく。
まったく、全店挙げてのキャンペーンをやっているとでもいうのか。
「でも、見るだけ、おもしろくない。女の子は遊ぶのがいいね」アレ?どこかで聞いたセリフ…。
「オニーサン、遊ぶ?」どうやらスナックの正体は、女も食える居酒屋だったらしい。注文すれば、2万4千円。で、肝心の女の方はといえば…。「どっちか選んでョ。好きな方でいいから」
オレは、今度こそ迷わずその場を後にしたのだった。I温泉では、こうした飲食店ぐるみの売春行為はしょっちゅう行われているのだろうか。実は最後に入ったスナックで、勘定を払う際に尋ねてみたのだが、それは教えられないと冷たくあしらわれてしまった。ただ、ラーメン屋ですら女が買えてしまうこの事、実。温泉地の底力をあなどってはいけない。

温泉コンパ二オンを口説きたければホテルの従業員と仲良く

0142_201810222302545e2.jpg 0143_20181022230255478.jpg
それではまず、温泉コンパ二オンの話から始めましょう。実は私、バクられる以前は静岡県・伊東温泉の有名ホテルで従業員をしていました。射精さえできれば、コンパニオンが相手じゃなくともよいという方は、フィリピンや東欧系の女を狙うのも一つの手です。伊東ではその手の飲み屋のホステスが売春をやっている場合が結構あります。

埼玉のエロスポット・変態が集まる温泉

0052_20180903095136ee6.jpg 0053_20180903095137445.jpg
この公営プールにはどう見ても泳ぎとは無縁なオヤジがけっこう来ています。目的はたぶん私と同じでしょう。めっちゃエロイ女性監視員がいるんです。年齢は20代前半、ベビーフェイスの幼児体型ながら、胸とお尻がバッチリでてるナイスボディ。タレントの篠崎愛みたいなコを想像してくれればいいでしょう。その彼女が着ているのが、明らかにサイズが小さいぱっつんぱっつんの競泳用水着です。胸ははみ出しそうだわ、尻の割れ目はくっきりだわ。ロリコンのケがなくても、マジでボッキしてしまいます。にしても、彼女は男たちのこの視線に気づいているのかいないのか。素知らぬような顔をしてるのが、逆に意識してるように見えるのは私だけですかね。
子供にせがまれていった水族館に併設された公園で、目のさめるような光景を目にした。異常に長い(全長25m)水槽を囲むようにして、親子や女性グループが金魚すくいをしているのだ。それもみんなしゃがんでいる。近づけば、予想どおりの楽園になっていた。あちこちで胸の谷間がチラりと見えるのだ。これ、毎年春と秋の2回だけ催されている金魚すくいで、毎回すごく混んでいて、主にママさん連中の胸チラが狙えるスポットとして有名なのだそうだ(職場の先輩談)。
そんなことを知らずにやって来た俺だったが、すぐにコツを掴んだ。胸チラしやすいのはTシャツよりはポロシャツの女性だ。ターゲットの前に陣取れば問題なく見える。今年の6月開催はもう終わってしまったが、10月もまだまだ胸元オープンの季節なので楽しめるはずだ。大学がそばにあるせいか、学生っぽい連中がよくやってくるカラオケだ。学生といえばセックス。このカラオケはソファが簡単に動かせるので、ふたつ並べてベッドを作り、せっせとまぐわってるカップルが目に付く。
なぜお前の目に付くのかって?そりゃいつも、真っ暗な部屋を見つけるたび、ドア越しに中を覗いてるからです。
この病院の泌尿器科には熟女先生がいます。それもかなりの美人です。ボクは以前、淋病を患ってこの先生に看てもらったんですが、あまりの美人ぷりにチンコを出すのをためらいましたもん。そした
ら彼女、ニッコリ言うんです。
「恥ずかしがらずにおちんちん見せてね」
もうね、プレイですよコレは。思わずドーンと勃っちゃったもん。歳は40前半とのことだけど、見
た目は30半ばで十分通用する。実際に病気になってなくても、一度は彼女に触ってもらうべきです。
「オシッコすると性器に激痛が走るんです」と言えば、医者は診察するしかないんですから。きっと、アラ大変、つってイジイジしてくれますよ。当院のHPによると、チンコを出す必要もないのにパンツを脱ぐ患者までいるんだって。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

合法露出の視姦を楽しめる混浴温泉

0036_201808290900374e8.jpg 0037_20180829090038a7c.jpg
自然体験を通して子供たちを育成しようという、簡単に言えばボーイスカウトのような団体だ。ハイキングや飯ゴウ炊飯など、アウトドアイベントを定期的に企画し、その都度、子供たちの面倒を見る大人のボランティアスタッフを、ホームページで募集している。このスタッフがオイシイ。なんせ、参加者の4割は女性のため、下のような状況が生まれてしまうのだ。泊まりがけで女の子たちとキャンプに行けて、それでいくらかというと費用は4千円程度。参加しなくちゃ損ですね。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ

AVなら早送りなのにテレビだと胸の谷間だけでも鼻血が出る不思議

0140_2018082721192712e.jpg 0141_201808272119288fa.jpgDVDならモロ見えじゃなきゃ満足できないのに、テレビだと胸の谷間だけでも鼻血が出る。そんな殿方が多いようです。私もそうです。ありがたみ、なんでしょう。テレビ番組でそこまでサービスしてくれるなんて、日本人が忘れつつある感謝の心を思い出させてくれますね。
今回、私が感謝したいのは、フジテレビ系のCS放送番組「もっと温泉に行こう!」です。とにかくどのシーンも女体、女体、女体。しかも脱ぐこと脱ぐこと。尻のワレメぐらいなら毎回のように登場します。こんなの、AVなら早送りするところですが、なんつったってテレビ番組ですからね。
録画必須ですよ。フジさん、ありがとうございます。おかげで温泉に行く必要がなくなりました。
カテゴリ

変態マニアが集まる混浴温泉

SnapCrab_NoName_2018-5-25_18-34-22_No-00.png
トラックドライバーという仕事柄、日本全国の混浴温泉を巡ってきた。もちろん目的は女性の裸や美味しいハプニングだ。全国には変態が集まる混浴温泉がいくつか存在する。たとえば埼玉の『百穴温泉』は、サイトを介してマニアが集う場所だけに無法地帯と言ってもいいほどの状況だが、あまりにあからさまなのでショーを見ているような虚しさがある。群馬の『宝川温泉』も若い女性が多く訪れる名湯なので、多くの裸にはありつける。しかしあくまで一般客なのでお触りハプニングが起こる確率は低い。栃木の『不動の湯』も有名だ。運がよければ変態カップルに遭遇できるが、場内が暗すぎることが欠点か。このように、これまで数々の混浴温泉をエロい視点で探訪してきた俺だが、現時点でナンバーワンだと確信できるのは、岡山県『湯原温泉の砂湯』だ。過去2回、裏モノ誌上でも取り上げられていたので気になっていたのだが、実際に行ってみると、これが大ヒットだったのだ。タオル無しで場内を練り歩き・・・
 平日の深夜0時近く。湯船には地元民らしき若いカップルや年配のカップルなど5、6組の男女が浸かっていた。平日の深夜にこれだけの女体を拝めるとは驚きだ。どれも近隣の旅館に泊まってるごく普通のカップルや夫婦といった雰囲気で、皆さん静かに語らいながら温泉を楽しんでいるようだ。が、奥の方に明らかに不自然な雰囲気のカップルがいる。男性は40代、女性は30代前半でタオルも付けずスッポンポン。そしてその脇に40代の男性がもう1人、べったりとくっついているのだ。ゆっくりと数メートルの付近まで近づいてみるとくっつき男が上を向いて気持ち良さそうな顔をしている。どうやら女性がお湯の中で股間を触ってあげているようだ。その後もハプニングは続いた。30代の女性3人組が来て、タオルを組み直す瞬間に乳首を拝ませてくれたり、そのうちの1人が完全にタオルを外して温泉のヘリに座りだしたり、さらに別の若いカップルもタオル無しで場内を練り歩いてくれたりと、とにかくお宝の宝庫のような温泉なのである。すっかりここの魅力の虜になった俺は、翌週も訪れた。同じく平日の深夜だ。湯船には6組ものカップルと4人のワニの姿が確認できた。平日だというのに相変わらずの盛況ぶりだ。
 キョロキョロしながらしばらく浸かっていると、なんとなく怪しい雰囲気の中年カップルさんを発見した。少しづつ近づいてみたところ、旦那さんがコチラにアイコンタクトをしてくれたので、思い切って話しかけてみる。
「ここはよく来られるんですか?」「そうですね〜。週に2回は来てるかな。家が近いんですよ」
 奥さんはそっぽを向いて話には加わってくれないが、色白の和風美人で濡れ髪がエロい。
「普通のカップルさんも多いけど、12時すぎるとね、俺たちみたいな常連が結構よく集まってくるんですよ」
2人は砂湯の情報を教えてくれた。温泉で身体を温めてすぐ脇の駐車場の車内でスワッピングする連中や、人目に付きにくいダムの裏あたりで手でシコシコしてるカップルなど、様々なエロカップルたちがここには集まるそうだ。
「そこの橋の裏にもちょっとした死角があるでしょ?」
「あ〜はいはい」
「あの辺で手でやってあげてるカップルさんとか多いんですよ」
「そうなんですか」
「よかったらウチのにさせましょうか?」
「えっ!?…いいんですか?」
「もちろんですよ」
とようやく奥さんがコチラを向いて、ニコリと笑顔を返してくれた。何てエロい表情なんだ!一気に股間に血流がまわり、ビンビンに勃起したままタオルで前を隠すようにして2人の後をついていく。死角になるあたりで湯船に座ると、奥さんが外の景色を見る素振りでそっぽを向きながらこちらに近づいてきた。無言のまま湯船の中で右手を伸ばし、ビンビンに勃起したペニスをぎこちない手つきでしごきだす。まわりの視線を気にしながら、まだ一度も会話してない人妻の裸体を眺めながらの手コキ。温泉でこんなに興奮するのは初めてだ。間もなく絶頂感が訪れ、湯船の中にたっぷりと精液を放出させてもらった。
女性の質、素人っぽさ、興奮度合い。すべてにおいてここが混浴露天風呂ナンバーワンであることは間違いなかろう。混浴ファンの読者の皆さん、いつか湯船でお会いしましょう。
カテゴリ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます