0104_2019043013554653f.jpg 0105_20190430135547f75.jpg 0106_20190430135549c59.jpg 0107_20190430135550288.jpg 0108_20190430135551030.jpg 0109_20190430135553576.jpg「被告人は、Aが眠った後、同女の服の中に手を入れて同女の腹部を触り、同女は一度目を覚まして被告人の行為に嫌悪感を感じたものの、再度眠りに落ちた。その後、被告人は同女の体の上にのしかかり、同女の下着を脱がせ、同女にキスをしたり、乳房に触ったり乳首をなめたりし、驚惜して身動きもできない状態の同女を姦淫した」
Aは、金保を最も神に近い存在として畏れていた。《パウロ》に逆らうことは神に逆らうことであり、逆らえば地獄に堕ちると信じて疑わなかった。
また、聖神中央教会においては、中学以上は学生会に所属して制服を着用することになっていたが、小学は私服で良かったことから、当時私服を着ていたAが小学であることは金保本人も認識していたという。冒頭陳述を続けよう。
「Aは、被告人の姦淫行為により陰部から出血したが、これを初潮と勘違いしてその旨を母親に報告し、母親はAからの報告のあった日を記録した。Aはその後も被告人から性行為を強要されたが、被告人に逆らうことができず、嫌々ながら同教会にも通い続け、同教会の信者である母親にも、この事実を打ち明けることはできずにいた」前記したように、金保は、同教会の主管牧師として、副牧師、講堂師、伝道師を統括する責任者の地位にあり、信者からはパウロ先生と呼ばれていた。
《牧師は神の直属の僕であり、牧師の言葉は神の言葉である》
《牧師の気に入らないものは神にも気に入られず、神の祝福を受けることができない》
《神の祝福を受けられない者は天国に行けず、地獄に堕ちる》
《牧師を裁けるのは神のみであり、人々は牧師に従順に従わなければいけない》
説教の席では、「自分に従わない者は神に背くものであるから、地獄に堕ちて永遠の苦しみを受けることになる」と力説し、地獄の恐ろしさを強調。信者に対し絶対服従を要求する金保にとって、少女たちをマインドコントロールすることなど、赤子の手を捻るようなものだったのだろう。
事件発覚後にも教会に残る、男性信者の1人が涙ながらに訴える。
「厳しい態度で信者に接する反面、お気に入りの少女信者に対しては説教の席で名指しで褒めたり、飲食店や銭湯に一緒に連れて行ったり、プレゼントを買ってやったりしてかわいがっていましたよ。先生を父親のように慕っている少女も少なくなかったのに……
「ヤツの性癖はとんでもない。同時に2人、3人の少女を犯すこともしばしばだった。1人の少女を犯している間、隣で別の少女に傍観させて「神の祝福を見ていなさい」と平然と言う……。牧師室に置かれた簡易机とベッドの境目にはベニヤ板が立て掛けてあるのですが、そこに少女を立たせて、何時間も陰部を紙めていたこともあったそうです。もっとも少女なんてセックスの何たるかなど分かりませんから、本当に「祝福だ」と思っていた者もあったようです。土曜夜には射精をするとも言われている。1人目で3回、2人目で3回、3人目で4回ヤっていましたと被害少女も語っていましたし……」