生脱ぎのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:生脱ぎ

  • 2019/10/26突撃リポート

    俺は女のニオイが好きだ。特にパンツのクロッチから発するあの独特な臭気を嗅ぐと、脳がクラクラする。この汗ばむ時期のパンツは格別だ。そんな、三度の飯よりオイニー好きな俺が、世の女たちの脱ぎたてのパンツのニオイを採点してやろう、というのが本企画だ。ネットの下着売買掲示板で生脱ぎパンツを購入し、匂いを嗅いだその場でレビューしてやるのだ。 採点基準は、俺が重要視する・甘さ(5点満点)・酸っぱさ(同)・獣臭さ...

    記事を読む

  • 2019/10/13裏情報

    使用済み下着に愛着を覚える男は多い。股間の染みや汚れに脳を刺激され、もし陰毛など付着していたら天にも昇る興奮らしい。そんな男性を相手に者や、若い女性個人が掲示板などで使用済下着を販売している。どれもこれもイイ女の写真が添付されているが、これを購入するのは早計だ。代金を支払った後、新品が届くなんてことはザラ。仮に使用済みが届いたとしても、その辺のオバさん(もしくはオジさん!)が穿いていた下着という可能性も大なの...

    記事を読む

  • 2019/10/05エロ漫画アダルトコミック

    ハイおまたせーアヤカさんの使用済タンポンですよーこのタンポンは4千円で落札オナニー付きで7干円で落札されました毛付きバンティはグリクリてオレには5干円で落札したミホとのお話の権利がおまたせー今日はありかとっね時間はたったの30分。電話番号をゲットできれば十分だこうしてオークションは約2時間で終了...

    記事を読む

  • 2019/08/12裏風俗・風俗体験談

    1、生脱ぎパンツ専門店最初にネットでこの店を見つけたときは腰を抜かした。なんせ生脱ぎパンツ専門店なる妙ちくりんな業態で、料金は10分3千円。ホテルにやってきた女の子がその場でパンティを脱ぎ、それをプレゼントするだけなのだ。合理的かつオレみたいな生脱ぎパンティ好き男にとって革命的なシステムといえよう。ってなわけで呼んでみることに。女の子は19才〜20代前半がメインみたいだ。 ホテルのトビラを開けたらそこに...

    記事を読む

  • 2018/09/22裏風俗・風俗体験談

    1、下着売買の華といえば、やはり生脱ぎ。もっと言えば、さらにいろいろな実技ができればいいのだが…。しかし、最近のシステム化された下着サイトではほとんどの取引が郵送になっており、生脱ぎどころか、手渡しすら絶滅状態だ。なので狙うべきはこのサイトの手渡し掲示板だ。ここには俺のようなマニアの男や、下着を売ってあわよくばエンコーをして追加でカネをもらおうとしている女が集まっている。掲示板を見てもらうと、書き...

    記事を読む

ネットの下着売買掲示板で生脱ぎパンツを購入し匂いをレビュー

0210_20191025110232277.jpg0211_20191025110233df1.jpg0212_20191025110235fa7.jpg0213_2019102511023628a.jpg0214_20191025110238bb7.jpg0215_20191025110239a75.jpg0216_20191025110241292.jpg0217_20191025110242b40.jpg0218_2019102511024465f.jpg
0110_2019082805361400f.jpg0111_20190828053615144.jpg俺は女のニオイが好きだ。特にパンツのクロッチから発するあの独特な臭気を嗅ぐと、脳がクラクラする。この汗ばむ時期のパンツは格別だ。
そんな、三度の飯よりオイニー好きな俺が、世の女たちの脱ぎたてのパンツのニオイを採点してやろう、というのが本企画だ。
ネットの下着売買掲示板で生脱ぎパンツを購入し、匂いを嗅いだその場でレビューしてやるのだ。
 採点基準は、俺が重要視する
・甘さ(5点満点)
・酸っぱさ(同)
・獣臭さ(同)
 の3項目。さてどんなパンツがやってくるのか、ワクワクするぜ!まず目をつけたのはこいつだ。
レナ 
下着売ります。今から22時半の間で、場所は●●です。
手渡し5、生脱ぎ7です。
年は22才、事務員です。3月までJDしてました。
22才の事務員か。文面から察するに新卒で入社した会社で汗水たらして働いているのだろう。仕事にも慣れてきたけど、給料だけじゃ遊べないからパンツでも売ろうってところか。頑張って働いた汗が染み込んだムレムレパンツのニオイはサイコーだろうなぁ。楽しみだ。
 すぐにアポ取りして18時すぎに仕事を終え駅へ向かう。約束の時間から15分ほど過ぎて1人の女が近づいてきた。
「わかりますか?」
「はい。レナさんですよね」
「じゃあ、行きましょう」
遅れといてゴメンの一言もなしかよ。礼儀知らずめ。でも今回は許してやろう。大切なのは常識よりパンツのニオイだからな。女はゴスロリっぽい黒ワンピを着て濃い化粧をしている。この女は本当に事務員なのか? 服装が完全にメンヘラだ。
だが、メンヘラには出不精が多く、ロクに風呂にも入らないらしい。いずれにせよ、パンツのニオイはかなり溜まっているだろう。そこに期待だ。
連れて来られたのは大型書店の裏にある多目的トイレだ。一緒に入りドアを閉める。
「先に、お金お願いします」
「ああ、はい」
 約束の7千円を渡す。
「じゃあ、脱ぎますね」
いそいそと脱ぎはじめた。ワクワクする。生脱ぎ姿をじっくり見るためにしゃがんでいると、女が言った。
「いや、ちょっと怖いんで離れててください」
かなり警戒しているな。しょうがない、マンコは見えなくてもいいか。女はなんの恥じらいもなくパンツを脱ぎ、不愛想に渡してきた。
「どうぞ」
ピンク色のフリルが付いた、可愛いパンティだ。ほんのり温かい。ニオイを嗅いでみる。クンクン。あれ。柔軟剤のニオイしかしないぞ! 働いた汗を吸い取ったパンツじゃないの? クロッチも真っ白で、まるで洗濯したてのようだ。
「ほんとに今日1日穿いてたんですか?」
「はい」
 おいおい、本当か?
「君のニオイが全然しないけど」
「あたし、体臭しないから」
 コイツ、ここに来る途中で穿き替えてきやがったんじゃないのか。
「今日1日なにしてたの?」
「普通に働いてました」
「しっことかした?」
「なんで、そんなこと言わなきゃいけないんですか」
 女は帰る準備をはじめている。ちっ、こんなパンティぜんぜん駄目だよ。
「君のパンツは柔軟剤のニオイしかしない、甘さだけの普通のパンツだったよ。なので甘・3点、酸1点、獣・1点の計5点です」
「は?」
「5点です」
キョトンとした顔をして、女は逃げるように帰っていった。
あいつ、新しいパンツを穿かずに、ノーパンのまま出ていったのか? いや違う。もしかして、あの女、パンツを二枚穿きしてたんじゃないのか? 近くで見られないようにしていたのは、それをバ
レないようにするためか、クソ。
カナコ
☆下着
2日穿きパンツ
・手渡し/3
・生脱ぎ/6
・生脱がせ/8
プロフは27歳/150cm/43kgです
フリーターなんで時間の融通ききます
 2日穿きパンツ! これほど俺を興奮させる言葉はない。その上、生脱がせが8千円、メチャクチャ良心的じゃないか。それに27才でフリーターなら、毎日怠惰に暮らしてるであろう。てことは、クロッチがシミだらけのパンツが現れるかもしれない。楽しみだ。
 アポを取り、約束の駅へ向かう。ベンチで待ち合わせしていると、向こうから、パーカーワンピースを着た小柄な女性が小走りでやってきた。顔は正直、美人とは言えない。だが、そんなことは、パンツのニオイに関係ない。俺はニオイだけを純粋に採点する。
「こんばんは、近くの公園に多目的トイレがあるんです。ご案内しますね」
 また、トイレかよ。多目的トイレの取引が、生脱ぎの世界では常識なのか。
「よく、売ってるんですか?」
「週に1、2回くらいですね」
「いつからパンツ売ってるんですか?」
「もう、5年は売ってますかね。リピーターさんもいるんですよ」リピーターか。これは期待が持
てそうだ。トイレで8千円を渡し、生脱がせタイムだ。
「じゃあ、脱がしていいですよ」
 たくしあげたワンピースの中には、白いサテン生地のパンティがいた。思わず見とれてしまう。
「じっくり見られると恥ずかしいです」
「じゃ、下げますね」
パンツの両端を持って下にむかってゆっくりと下げる。すると、クロッチの部分に黄色いネチャネチャが見えてきた。
「なんか、ついてますよ?」
「恥ずかしいから、やめてください」
 丁寧にパンツをちょうだいする。
「ニオイ嗅いでもいいですか?」
「はい、どうぞ」
クンクン。すごい。むせかえるようなニオイだ。おりものが混ざったような、この獣臭。2日穿きパンツは強烈だぜ。あーたまらん。
「今日は1日なにしてたの?」
「さっきまでバイトしてました」
「ちなみに、バイトはなにを?」
「居酒屋です。混んでいたので汗だくでした」
 なるほど、それだけ動き回っていれば、ここまでのニオイにもなるか。
「しっこもした?」
「はい。やっぱり、ニオイ残ってますか?」
「うん、かなりね」
「いやー。恥ずかしいです」
 ではそろそろ採点だ。
「あなたのパンツは甘さが少ないですが、酸っぱさと獣臭さがあって、とてもいいパンツでした。甘・2点、酸・4点、獣・5点の計11点です!」
「これって、ほめられてます?」
「はい、バッチリほめてます」
「なら、うれしいです!」
パンツのニオイを採点されて喜ぶ女がいたとは、世界はひろいな。それにしても、これだけのニオ
イを嗅げるなら俺もリピーターになろうかな。
エリぴょん
今日、何時でもいいんですけど、●●駅に来れる人お願い出来ますか?
一昨日まで生理でした。
パンツ生脱ぎ 5000
パンツ手渡し 3000
ストッキング手渡し 2000
20才158cm45kg
 一昨日まで生理。これはラッキーだ。パンツに血が付いてるかもしれない。しかも、生脱ぎ価格が
5千円と安い。
 それに、20代前半の女は女性ホルモンが多く分泌されるからオリモノも多いと聞く。
21才の経血つきパンツか。…ゴクリ。
待ち合わせの10分前に到着し、駅の改札付近で待っていると、パーカーにショートパンツ姿でハツラツとした女がやって来た。芸能人でいうと、榮倉奈々を小さくした感じだろうか。
「こんにちは。ここから、歩いて5分くらいのところに公園があるので、そこに行きましょう」
スカートではなく、生脱ぎしにくいショートパンツをはいてるところを見ると、まだ慣れてないのだろう。
「部屋着みたいだね」
「はい。さっきまで、寝てました」
「一人暮らしなの?」
「いえ、実家で暮らしてます」
「なんの仕事してるの?」
「ニートです(笑)」
 家族と一緒に暮らしながら、パンツを売りに行くニート女か。
「よくやってるの?」
「いや、今回が3回目ですね」
 やっぱり、ルーキーのようだ。ようやく公園の個室トイレへ。
「先に、お金をください」
「はい。5千円」
「それじゃあ、脱ぎますね」
「ガン見しててもいい?」
「ふふ、どうぞ」
手早くショートパンツを脱ぐと、そこには、黒の水玉の綿生地パンティが。ゆっくりパンツを下ろしていく。短く生えた可愛い陰毛がでてきた。もちろん二枚穿きはしてない。 
 次はパンツに目を移す。毛玉だらけのクロッチに赤いシミがついている。
「血がついてるね」
「一昨日、生理が終わったばかりで。しかも今日は結構オリモノが付いてるから、かなり臭いと思い
ますよ」
よしよし、さっそくいただこう。クンクン。ブフッ。思わず、むせてしまった。生理の経血とオリモノが混ざっていて、まるで何日も発酵させた濃厚なチーズのようだ。スゴすぎる。
「今日は1日なにしてたの?」
「家でゴロゴロ映画みてました」
 確かに、汗のニオイは少なめだな。
「オリモノの量は多い方?」
「普通の人の量がわからないですけど、多い方だと思います」
「やっぱりね。すごいニオイだもん」
「やめてくださいよ、もう」
「君のパンツはおりものと経血が混ざって酸っぱいニオイが強めでした。甘・3点、酸・3点、獣・4点の計9点です」
「アハハ。アマって何?」
「甘いのアマです」
「アハハ、変態!」
指摘されなくてもわかってるって。
エミ東京/25才/女
本日、販売します。場所は××駅で、19時30分までです。
仕事の為、上記時間や場所の変更ができません。ニオイは溜まっていると思います。
パンツ 手渡し2000円
    生脱ぎ4000円
タイツ 手渡し2000円
    生脱ぎ3000円
157センチ、48キロ 黒髪セミロングです
 良心的な値段設定だ。文面もテンプレっぽいから、ベテランと判断してよいだろう。
19時に駅に到着。
「改札につきました。服装は白シャツにメガネとグレーのリュックです」
「すみません。あと5分待っていてください」
 5分ならしょうがないと思って待っていると、改札の近くでチェックのロングスカートの女がスーツ姿の男に話しかけている。あれ? あの子、メールで聞いた服装と同じだぞ? パンツ売りの女じゃないのかな?
スーツの男は女に金を渡している。すると、女はどこかへ駆け出して、数分して袋を片手に戻ってきた。男は袋を受け取ると改札の中に入っていった。まさか、別の取り引きか。
 直後、「いま、着きました」と女からメールが届き、チェックスカートの女がキョロキョロしながら、向かってきた。
「お待たせしました。もしかして、今の見てましたか?」
「はい。バッチリ見てました。1日に何枚も売るんですか?」
「多いときは4、5件やりますね。でも安心してください。いま、着てるのは一日穿いてるので、ニオイは十分ついてると思いますよ」
 よかった。ニオイだけが気がかりだったんだ。
「じゃあ、行きましょうか」
 と駅ナカの商業施設のトイレへ案内された。
「では、先にお金をお願いします」
 はいはい。4千円ね。
「じゃ、脱ぎますね」
 ズリ下ろしたパンツは、真っ白なフリルが付いたとても可愛らしいものだった。クロッチには少量のオリモノと、なんとウンスジが付いている! パンツの白とウンチの茶色のコントラストが絶妙だ。ホカホカのパンツを手渡しでいただき、隅から隅まで観察する。やっぱり正真正銘のウンスジだ。
「茶色いスジがついてますよ。拭き残りじゃないですか?」
「え? ウソ。めっちゃ恥ずかしい」
 では、ニオイを嗅がせていただこう。クンクン。ああ、ウンチのほのかなニオイが絶妙なアクセントになって、汗や柔軟剤のニオイを引き立てている。
「今日は1日何してたの?」
「仕事してましたよ。職場がこの近所なんで」
「うんちは何回した?」
「朝に一回だけです」
「てことは、朝のうんちがパンツについてるんだね」
「はい…」
ウンスジの周りのニオイが特に強烈だ。イカンイカンこのままじゃ、ずっと嗅ぎつづけてしまう。
採点しなくちゃ。 
「君のパンツは、甘・4点、酸・4点、獣・4点の計12点で非常にバランスのいいニオイでした。ウンスジがあったことも高評価です」
 女が爆笑している。
「何枚もパンツ売ってきましたけど、採点されたのは初めてですよ。人に体臭を褒められるのって、案外、嬉しいですね」
 機嫌よさげにトイレを出て行った。
生脱きパンツにウ〇コがびっちゃり|エロネタドッキリ
シミ付きのほうが高価で取り引きされる生脱ぎパンツも、さすがにウ〇コたっぷりでは引かれるのでは。いや、むしろ喜ばれる? パンティ—に疑似ウ〇コをべったり付けて、いざ出陣。
さほどシヨックは受けなかったのか、顔は笑っておりました。約束の5千円もくれたし。匂いを嗅がれなかったのは幸運と言うしかありません。

パンティ生脱ぎサロンでノーパン娘と自由交渉|アルバイト体験記

0064_201805211200569eb_20191006000240e02.jpg0065_20180521120057fc7_20191006000242f41.jpg0066_20180521120059921_2019100600024334d.jpg0012_2019042422104900d_20191006000237a59.jpg0013_20190424221051e7b_20191006000239bb6.jpg0120_20181116004843bb8_201910060002440b1.jpg0121_20181116004845af1_20191006000246aed.jpg
使用済み下着に愛着を覚える男は多い。股間の染みや汚れに脳を刺激され、もし陰毛など付着していたら天にも昇る興奮らしい。そんな男性を相手に者や、若い女性個人が掲示板などで使用済下着を販売している。どれもこれもイイ女の写真が添付されているが、これを購入するのは早計だ。代金を支払った後、新品が届くなんてことはザラ。仮に使用済みが届いたとしても、その辺のオバさん(もしくはオジさん!)が穿いていた下着という可能性も大なのだ。マニアに言わせると、本物の使用済み下着を手に入れるには、もはや生脱ぎ以外、確実な方法はないという。そこで紹介したいのが池袋に登場したナマ脱ぎサロン「uri-ko(うりこ)」だ。この店、自分の選んだ女の子の生脱ぎパンティが購入できるばかりか、交渉次第で連れ出しまでできるというから珍しい。パンツの金額は女の子のレベルやシミの具合、臭いの強さなどによって変動するが、2千円から2万円が相場。代金を払って生脱ぎルームでパンツを受け取ったら、ノーバン状態の女の子と個室で自由交渉に入る。ここの利用には10分千円かかるが、連れ出しはタダ。つまり、パンツの代金と10分千円の個室利用料さえ払えば、後は自分の腕次第で、どうにでもできるわけだ。取材当日、平日午後3時の時点でお店にいた女の子は全部で4人。夜になればさらに5人の女の子が来る予定だという。女の子たちは、20才以上の学生やフリーターが中心だが、ここを待機場所として利用するデリヘル嬢も何名かいるらしい。出会い喫茶と比べても、かなり安い金額で遊べることは必至。下着マニアはもちろん,スケベな貴兄も今すぐ池袋へ足を向けてはいかがだろう。
パンティ生脱ぎアルバイト体験記
「裏モノ」8月号のカラーグラビアで、ブルセラショップの潜入ルポやってましたよね。私、あの記事に載ってた目黒のL店でアルバイトしてたことがあるんです。あの店に潜入取材をしたカメラマンの沢向さんは、女の子が目の前でパンティを脱いでくれる、直販システムに感激してたみたいですが、実はあのパンティ、お買い上げ直前まで女の子が履いてたパンティじゃなく、ー週間も前に履いて洗濯せずにおいたブツなんです。
「なんだよ、完全なダマシじゃないか」とガッカリした男性読者の皆さん、考えてみてくださいよ。直販するバンティが太当に前日の夜から脱ぐ直前まで履いていたモノなら、女の子側はー日にバンティー枚分のバックマージンしかお店からもらえません。そんなバイトなんか誰もやりませんって。
手や口を使ったエッチなサービスなしの純粋なブルセラショップ。女のコにしてみれば、商品となるパンティを売りまくらなければ、稼げないシステムになっているワケです。そこで、こんな直販型フルセラで働いた私の苦労話をお話したいと思います。
シミ付きじゃなきゃ商品にはならない
私が『L』のバイトを知ったのは彼氏がたまたま読んでいたエロ本で店の存在を知りました。ブルセラショップなんて今日び死語だと思ってただけに、「まだパンツ売るだけでお金」っとヤル気になったのです。さっそく面接に行くと、その場でソク採用。店長は住所、連絡先はもとより、本名すら聞こうとしないので拍子抜けしましたが、さすがにブルセラといっだけあって年齢だけは聞かれました。「いくつだっけ」「22才でま「じゃあよかった。キミぐらいの歳がお客さんからいちばんム丸があるんだよ」どうやら、この世界では10代のコギャルがモテはやされているワケではなさそっです。肝心のバイト代は、通販や店頭用の使用済みパンティ(ビニールパックされていて女の子の写真)が、ー枚1500円とかなり安め。
しばらくして店長が私に耳打ちしてきました。この際、相手がマニアだろうが誰だろうが同じ。もうやるしかありません。その客が注文したのは「オナニーパンティ」コース。目の前で3-5分間程度、女の子かピンク口ーターでオナニーし、希望なら追加料金で口ーターの買い取りができるコースです。「風俗じゃないから、あそこを見せるのはダメだよ。パンティの上からピンク口ーターを当ててね。あっ、口ーターはその辺に転がってるのテキトーに使っちゃって」いちいち細かい店長でしたが、サラリーマンは私のニセオナニーによっぽど興奮したのか、私の前に誰か使ったかわからないピンク口ーターを家宝のように大事に持ち帰って行きました。まずは6千円也。なかなか出だし好調です。私はさっそく、次の客に備えて熟成パンティに履き替えて待機。キタナイなんて、言ってられません。売れるまでの辛抱です。
ー時間後、ポラロイド撮影&オナニーパンティコースの客が入りました。なるべくー週間前から片づけてしまいたい私は、グロ過ぎるパンティを売る後ろめたさからか、大股で見せる大サービス。しまいにはポラロイトにサインをしてくださいとまで言われたんですから、きっと満足したんでしよう。こちらはポラ撮影が加わったおかげでー万円ゲット。なかなかチョロイもんです。週末の稼ぎ時はシミつきのパンティが足りなくなることもあり、仕方なくお店に予備で置いてある新品のパンティに、シッコをつけて急場をしのいだことも。しかし、上には上がいるもんです。『L』では、ンチやらシッコなどの排池物も直販&仕入れ販売をしており、自宅で出したンチをタッパに入れて持って来るコも何人かいました。ブルセラって捨てるモノがない、奥深ーい世界なのかもしれません。

【エッチ漫画】素人女のオナニー鑑賞付き下着生脱ぎオークションに行って来た

0067_20191005114006da8.jpg0068_201910051140082f0.jpg0069_20191005114009124.jpg0070_201910051140119f2.jpg0071_20191005114012067.jpg0072_20191005114014693.jpg0073_20191005114015ef5.jpg0074_20191005114017142.jpg0075_201910051140185df.jpg0076_20191005114020c83.jpg0077_201910051140215c3.jpg0078_201910051140234cc.jpg0079_201910051140246b2.jpg0080_20191005114026b6a.jpg0081_20191005114027547.jpg
ハイおまたせー
アヤカさんの使用済タンポンですよー
このタンポンは4千円で落札
オナニー付きで7干円で落札されました
毛付きバンティはグリクリて
オレには5干円で落札したミホとのお話の権利が
おまたせー
今日はありかとっね
時間はたったの30分。電話番号をゲットできれば十分だ
こうしてオークションは約2時間で終了

福岡博多でエロい遊びが出来る大人のスポット|生脱ぎパンツ店・ハプバー

0106_20180227195645cf6_20190812215013c18_20191021141255db8.jpg0107_20180227195646dfe_20190812215015aa6_20191021141258a04.jpg0106_201909140902051f7_201910211412561d5.jpg0107_20190914090158107_20191021141259dac.jpg0103_20190914090200812_20191021141249aa5.jpg0104_201909140902025fb_20191021141250f4f.jpg0105_20180227195643a84_20190812215012dea_201910211412522fb.jpg0105_20190914090203506_2019102114125317b.jpg0236_2018120219491213d_2019101015321025a_20191021141301d61.jpg0237_20181202194913dfd_20191010153212552_201910211413025a0.jpg1、生脱ぎパンツ専門店
最初にネットでこの店を見つけたときは腰を抜かした。なんせ生脱ぎパンツ専門店なる妙ちくりんな業態で、料金は10分3千円。ホテルにやってきた女の子がその場でパンティを脱ぎ、それをプレゼ
ントするだけなのだ。合理的かつオレみたいな生脱ぎパンティ好き男にとって革命的なシステムといえよう。ってなわけで呼んでみることに。女の子は19才〜20代前半がメインみたいだ。
 ホテルのトビラを開けたらそこに立っていたのは、AKBにいそうなショートカットの子だった。
「失礼します。では脱ぎますね」
 お金を受け取った途端、彼女はもぞもぞとスカートの中に手を入れ、白いパンティを脱いでいく。伏し目がちなのが非常にイイ!それを受け取り、ニオイを嗅ぎながらお話する。なんでも彼女は専門学生で、この仕事について長いとか。刺激的な香りのおかげですごく興奮する時間だ。そんな中で彼女がふいに切り出した。
「あの、良かったら口でするんで5千円もらえません?」
なんと唐突な。個人オプションのお誘いだ。当然了承し、パンティを被りながら昇天した。彼女によれば、やはり10分3千円だけあって店からのバックが少なく、このように女の子によってはそれ以上のプレイをお客に持ちかけることが多いらしい。
「私はダメなんですけど、エッチもしてる子いますよ」
以降、オレは数回ここを利用して、パンティを被りながらムフフなプレイを楽しんでます。
2、出張中、国際通りでエッチなお店を探してたところ、キャッチに紹介されたのがピンクコンパニオン乱交だ。我々が泊まってるホテルにきてもらい、3対3の宴会がスタート。最初はフツーに飲んで騒いでたが、突然オンナの子たちが服を脱ぎ、ボクらの浴衣をはいでフェラがはじまった。そのままかわるがわる3人がチンポを舐め、その場で挿入まで。けっこうな高額なのでたった1時間しかお願いできなかったが、女の子たちは彫りの深い地元娘ったし、オレなんて2人に挿入、、射精(ゴムあり)できたから大満足だ。
3、オレは必ず、オススメの「刺し盛り」をオーダーすることにしている。目の前で胸元を揺らしながら激しいダンスを見せてくれるからだ。さらに1時間に1回のショータイムはAKBのナンバーを全員で踊ってくれる。テーブルで隠してるけど、いつもチョイ勃ちです。
通学時間帯の朝9時ごろ、毎日のようにおっさんがワラワラ集まるパンチラスポットだ。おっさんらは、前からチャリで向かってくる子の股ぐらを必死で見つめている。福岡の恥だ。オレもだけど。
普通のメイド喫茶だと思って入ったのですが、なんだか様子がオカシイことにすぐに気づきました。女の子の距離がやたら近いというか、ずいぶん触れてくるなぁっていうか。
4、ホームページには『メイドさんに触れる行為はNG』と記載してあるのに、向こうからはさりげなく近づいてきます。例えば料理を運んでくるとき、「萌え萌えオムライスですっ」とか言いながら、顔がグイッと。その距離は30センチほど。ちょっと身を乗りだせばキスできそう!(できないけど)
他にもチェキの撮影中にも手をつないできたり、腕を組んで寄り添ってきたりと、なにをするにも距離が近いんです。ボクは東京のメイド喫茶にも行ったことがありますが、これほどの接近戦は経験ないですね。博多・中洲でロリ系が多い箱ヘルスといえば迷わずココだ。とにかくスク水が似合う子が多い。20才以下のロリ顔さんが揃ってるからだ。
特にそういった幼い系の顔立ち、体つきの子はホームページに写真を載せていない子に多いように思う(店内では写真を見られる)。女の子に聞けば、おっぱいが小さいから写真を載せたくないそうだ。そういう子こそスク水が似合う。
5、飲茶バイキングの店です。僕が足繁く通う理由は、ウェイトレスの衣装が完全にオトコの目を意識してるっていうか。簡単にいえば軽くボッキしちゃうんですね
中州のエロバカ騒ぎの名店と言っていいだろう。驚くだろうが、漫画の『マン汁塗り』は基本的なプレイで、もはや挨拶みたいなものだ。オレが好きなのはやっぱり王様ゲームだ。命令は、ちゃんと女の子が上着を脱いで乳を揉める『エア騎乗位』がオススメですね。
6、昨年の夏に大量の新人が入って話題になったピンサロだが、その中になぜか異様に若い子たちが含まれている。オレが聞いたかぎりは5人もだ。出勤が週末に限られている彼女たち目当ての男で、店は結構混んでいる。日によっては出勤嬢のほとんどがその子たちの場合もある。とんでもない話だ。
7、オフィス街にあるこの公園は、土日になると異様な子たちが現れる。一人でポツンと植え込みに座る子や3人で座ってダベってる子たち。どういうわけだか、彼女たちはある種の声かけを待つためにここに集まっているのだ。オレの友人がナンパのノリで声をかけたときは「そんなんいいからお小遣いちょうだいやぁ。そこのホテルで」とラブホを指差した。おそらく高校生にも満たない子が、だ。危険すぎてオレなんかは近づく気すら起きない。
8、風俗街のさびれた雑居ビル内の1Fにある喫茶店だが、ときどきドアに『営業中』の看板が出ていて、その日だけオープンしている。マンガのとおり、店内にいる女だけでなく、マスターがどこかしらに電話して女の子を紹介してくれることもある。相場はイチゴーから3万程度で、美人も数人見かけたことがある。ここ、近くの風俗案内所でも同じことをやっているのだが、そっちが開いてる時期は、喫茶店は長期休暇に入る。よって2〜3カ月営業しないこともザラだ。
9、日本人と中国人が半々ぐらい在籍しているのだが、とにかくみんな全裸で接客する。飲みながらオッパイをモミモミ、アソコをさわさわできるだけでもなかなか楽しい店だ。本番の金額は本当に人によって違う。こんなに可愛いのに7千円でヤレるの? なんてびっくりしちゃう子までいるぐらいだ。感覚としては、中国嬢のほうが強気な額を提示してくる。
10、オムレツを頼めば若い子の水着股間を凝視できる!
福岡で唯一の水着ガールズ居酒屋だ。22時まではずいぶんと若い子も働いており、同じように水着で店内を闊歩している。もちろんお触りはNGで、目で見て楽しむのみだ。座敷タイプの席に座るのだが、水着ギャルを眺めるだけでは満足ならない俺は、必ずオムレツを注文することにしている。これ、女の子がテーブル上で簡単に作ってくれるのだが、座敷にヒザ立ちになってくれるので、オムレツを見るフリをして、水着股間を凝視し放題のフィーバータイムになる。ちょこっと開いた股ぐらがソソるのなんのって。他にもメニューによっては踊りながらタンバリンで盛り上げてくれるなど、まあ飽きない。毎週日曜日だけはメイドやバニーなどの衣装なので魅力半減だ。
11、中洲大通り沿いに、チャイナ風のヘソ出し衣装に身を包んだ女の子がチラシを配っている。ちょっとでも動いたらパンチラするような深いスリットのこの子たちがいる店こそ、オレがオススメするセクシー居酒屋だ。店内の子たちは、ヘソ出しというよりもヘソ下&骨盤出しのホットパンツに、谷間モロ出しの衣装で、見ているだけで楽しい。10代がほとんどで、彼女らが胸の谷間を強調してユサユサと弾ませながら料理を運んでくるのだから、鼻の下も伸びてしまう。
12、九州最大社会人サークル
会員数およそ2千人。九州で最大規模を誇る社会人サークル匿録のみ◇入会金、年会費ナシのウリは2つある
◇まずーつは女性会員の多さだ。男女比は2対3。しかも常に新規女性も増えているから、いつ行っても周囲は女女女。飽きることがない。オトコ余りが常識の社会人サークル界にあって、これは奇跡ともいえる現象だ。
第ニのウリとして、イベントの豊富さが挙げられる。ここでは会員の趣味や噌好に合わせ、「サークル」が多数用意されている。とにかく飲み会に行きまくりたいという向きにサークルが、カラオケ好きにはカラオケサークルが、といった具合で、他にもバツイチサークル、20代限定サークルなどもあるのだ。むろんそれぞれの掛け持ちも可能。しかも頻繁に独自のイベントを開いているので、出会いには事欠かない。中でもオイシイのは旅行サークルが冬期限定で行っている「スノボ&温泉ツアー」だろう。イベント、女性の割合が多いのはもちろんのこと、彼女たちの半数以上が単独参加なのだ。
13、行列もできる口ータリーナンパのメッ力福岡.久留米久留米駅前ロ一タリー
週末のJR久留米駅前でライトも点けずに停車しているクルマが並んでいる。実はこれ、女の子2人組が乗っていて、男から声を掛けられるのを待っているのだ。たいていが、いかにもなギャルちゃんの乗ったムーブやワゴンで、そこに男が車を横付けして誘うシステムになっている。かわいいコのクルマには10台ほどの行列ができるので、顔を見ずとも乗ってるギャルのレベルがわかる仕組みだ。暗黙の了解なのか、男子の声かけタイムは1回2分ほどと決まっている。時間内に誘えなかったら、また列の最後尾に並びなおすハメになる。
14、パツキン女が大好きなくせに洋モノAVで発散することしかできなかった私ですが、悪友に連れられて行ったクラブで、人生で最高と呼べる経験をしました。そのクラブ「H」は天神地区の中心部にあり、西鉄グランドホテルの正面ビルに入っています。店に入った瞬間、驚きました。20メートル四方ほどの店内には、日本人ではありえないダイナマイトなボディをユサユサしながら、10人ほどの外人娘が踊りまくっているのです。奥手な私にとってはこの光景を見ているだけでも大興奮なのですが、本当に驚いたのは、この後なんです。やることがなかった私がトランスに合わせて控えめに踊っていると、なんと絵に描いたようなガールが声をかけてきたのです!
「ヘイユーハンサムボーイ!」小島よしお似の私は彼女たちにとってはハンサムに見えるのでしょうか。ワケもわからずきょとんとしている私に彼女は続けます。「ワタシ、酔ッパラッタ、行キマショウ!」そのまま私は彼女が泊まっているという寮に連れていかれ、セックスへと相成ったのです。
終わってから話をしていると、他の外人娘も同じように逆ナンをするのだと言います。
「ワタシの行ッテル日本語学校ノ子タチ、彼氏ホシイ。デモ先生は皆オールドデス」
どうやらHには、福岡各所から集まった日本語学校の生徒が遊びに来ており、彼女たちは総じて日本人に憧れているとのことです。なぜHなのかと言うと、オーナーが白人だからという話でした。これ以来、私は月に1回のペースでHに通っています。なんだか上手すぎる話ですが、彼女たちの必死な姿を見ていると、妙に納得させられます。
15、この出会い系サイトは全国的に使われてるんでしょうけど、ボクが住む福岡では、一番、『急にお金が必要になった』系のいわゆるエンコー女の数が多いってカンジです(自分の経験上)。
特に18才~20才あたりの若い子が目立ちます。このあたりの年齢層がイチゴー程度で買えるんだから、てっとりばやくヤリたいボクみたいな男にはありがたいんです。なんとなくこのへんでは、「出会い系といえばイククル」みたいな雰囲気になっているので人が多いんだと思います。
余談ですが『友達と部屋飲みしてます』との募集にメールをしてその場に参加させてもらったこともありました。2人ともベロベロで朝方寝てしまって、両方の口の中におチンチンをぶち込んでやったのはいい思い出です。
16、メイドリフレとしては非常に高い(30分1万1千円)部類に入る将軍コース。簡単に言えばメイド姿の女子高3人が肩とか足をマッサージしてくれるのだが、カネを出すだけの価値は、間違いなくある。
下の漫画のように、3人が他愛もないおしゃべりをしながら、それぞれ肩や足、腕などをサワサワと触ってくれる。これがなんとも言えない気持ちよさなのだ。女子高生のやわらかい手や指がサワサワと触れてくる心地よさはクチで説明しがたい感覚だ。
17、ホームページを見たところ9割の女が10代で、「完全処女もしくは処女同然」と書いてある子も数人いる。処女のデリヘル嬢か…そんなんホントにいるのかな?
興味半分で処女とやらを呼んでみることにした。やってきたのは、黒髪で幼い顔つきの子だ。これでも20才らしい。プレイ自体は普通に進んでいく。ところが素股になって異変がおきた。女の子が「それはできない」と言うのだ。
「万が一ってこともあるんで、ごめんなさい」
入っちゃうと困るって? 処女だから?プレイ後に聞けば、過去に彼氏はいたものの、エッチまではしなかったので完全に処女なんだとか。その後も数人呼んだが、まあいかにもウブなカンジの女の子が多い。本当に処女なのかはわからないが、素人クサさはどの子も買いだ。
18、博多駅近くの雑居ビル内にあるブルセラショップだ。
ここがイイのは地域密着型で、福岡県下の学校であればだいたいのアイテムがそろっているところ。地元の人しか知らないような、どんくさい中・高校のものまで。先日、季節の変わり目でもあったので、物色しにお店へ行った。中学校の夏服がお目当てだ。あった。裾の伸ばした跡や、襟口のほつれ感など、子どもから大人へと成長する過程がわかるような汗臭さが伝わる極上の一品だ。ついでに学校指定のジャージもゲット。いやー、来てよかったなぁ。おっ、あれはなんだ?アルトリコーダーも購入しました。こういう細かいグッズも買い取ってくれるので、女の子たちもこぞって売りに来るのだろう。
19、ここ福岡で10代の若い子と合法的にエッチなコトをできるところは限られている。なかでもオレが一番だと思うのはこの『10代専門』のデリヘルだ。
在籍するのは小生意気そうな子ばかり。でもそれがいい。たとえばコンビニ前でたむろしてるようなのを想像してみればわかりやすいか。普段はチラっと視線をやっただけで「オッサン見てんじゃねーよ」なんて言ってるだろう子たちが、この店ではおとなしく言うことを聞く。尻穴を舐めろといえばピチャピチャと音をたてて舌を這わすし、オナニーしろと命ずれば恥ずかしそうに手をアソコにもっていく。どうですか。読んだだけでゾクゾクしてくるでしょ?
福岡博多のおすすめホテヘル・デリヘル・ピンサロ体験談
福岡・博多・久留米でオマンコシェイクが出来るセクキャバおっぱぶ|大人の夜遊び体験ルポ
福岡博多の出会いにつながるカフェ・飲み屋・イベント・夜景スポット

使用済み下着・生脱ぎパンツ売買の掲示板で出会える女って

1_201911171413250c5.jpg11_20191117145652afb.jpg22_20191117145653094.jpg33_20191117145654fd4.jpg44_2019111714565612c.jpg
1、下着売買の華といえば、やはり生脱ぎ。もっと言えば、さらにいろいろな実技ができればいいのだが…。しかし、最近のシステム化された下着サイトではほとんどの取引が郵送になっており、生脱ぎどころか、手渡しすら絶滅状態だ。なので狙うべきはこのサイトの手渡し掲示板だ。ここには俺のようなマニアの男や、下着を売ってあわよくばエンコーをして追加でカネをもらおうとしている女が集まっている。掲示板を見てもらうと、書き込みが非常に多く盛り上がっているのがわかるだろう。男にとっても女にとっても、ここは最後の楽園なのだ。
まずは掲示板で地域や年齢を見て当たりをつけ、パンツを5千円前後で買う約束をする。会って微妙な感じなら、パンツだけ買って撤退するか、そのままバックレ。当たりが来た場合はストレートに交渉すればいい。向こうもある程度はわかっているため、断られてもトラブルにはならない。ガンガン交渉していきたい。本番は2~3万、プチなら5千~1万が相場と、安くはないが顔のわからないサイトでハズレを引いて金をドブに捨てるよりずっといい。プレイを思い出して下着でシコると、また格別ですよ。
2、パンツ売買の掲示板においては、フッー、明らかにソレとわかる「エンコー募集」の書き込みはあまり見かけることがない。警察の指導や介入を嫌い、管理人が自主的に削除してしまうからだ。
ところがこの掲示板は逆。「パンツ売ります」なんてメッセージよりも、むしろ「携帯代と遊ぶお金がすぐ欲しいので電話下さい」といった書き込みが大半を占めている。パンッなんざ不要、手っ取り早くギャルと遊びたい私のようなオヤジには、これ以上おあつらえ向きのサイトはない。
3、女の下着にまったく興味のない俺が、最近、この売買掲示板に入り浸っている理由はひとつだ。パンツ購入にかこつけて、年若い娘さんに、イケないお汁を放出してもらっているからに他ならない。掲示板にはパンツなど売らず実技オンリーな書き込みもあるにはあるが、そういうスレた女じゃ興奮できない。やはり好ましいのは、エンコーはおろか、まだ下着を売ることすら慣れてないような、ウブい娘だ。一度でもあの恥じらいの表情を知ったら、マジで今までの遊びがアホらしくなる。ウブ娘を見つけるには、消去法が現実的だ。専門用語を駆使した書き込みはすべてスルーする。この手の連中はこなれすきてている。あらかじめ下着の値段を指定しているものも避けたほうがいい。消去法で残った〈郵送のみ〉を除くと、こんなのが残る。
〈明日の午後、池袋でバンツ買ってくれる人メールください。手渡し0Kです〉かなりシンプルだが、こういった情報量の極端に少ない、不親切な書き込みこそ、不慣れなウブ娘の証だと覚えてほしい。
OKが出ればひとまず力ラオケボックスで生脱ぎしてもらう。
実技の交渉(本文参照)。
嫌がる様子がなければ、要求する実技内容レベルを上げていく。成立。ネカフェやカラオケボックスで2人きりになってから、お触りでプラス2千円、手コキは5千円、フェラなら7千円、本番1万円と、真の目的に向けての交渉を始める。経験上、お触りのラインさえ越えてしまえば、残りの70%は手コキまで、50%はフェラまで行ける。具体的な金額を提示されると、どうせならもうちょっとだけ稼いでやれと欲が出るのだろう。ただ本番だけはさすがに抵抗があるようで、成功率は力グッと落ちる。俺の場合は4人に1人くらいだろうか。
※法律は絶えず変化しています。雑誌販売時には合法なものですが、時代の法律を遵守したうえで自己責任で読み物としてお読みください。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます