白人のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:白人

ブロンドの白人女性のヨーロッパデリヘル嬢どんな娘がやってくる?

1_201911262109338b1.jpg2_20191126210934950_20200118110014d68.jpg3_20191126210936058_20200118110015456.jpg4_20191126210937a35.jpg5_2019112621093904c.jpg
時代が移りゆこうと、変わらないものがある。
白人女性への憧れもそのひとつ。ブロンドの髪、透き通るような白い肌、そして豊満なオッパイ。完壁な女体を追求しようと思えば、必ずや行き着くのが白人女性というジャンルではないだろうか。
金髪グラマー都内出張=1行広告欄で見つけたこのホテトル
そんな日本男児の憧れを見事に反映した一例といえよう。しかもアメリ力ではなくヨーロッパ。陽気で派手なエッチより希少価値や知性を求めるアナタへ…とでも言いたいのかもしれない。が、どこか感じる独特の怪しさは何だろう。電話をかけると「60分で3万円。今ですと、ベルギーのコになりますが」との答。英語は通じるか聞いてみると、「いえ、やっばりベルギー語になりますね」という。ベルギーの公用語はフランス語である。ベルギー語などといつものはこの世に存在しない。ま、百聞は一見にしかずと歌舞伎町のホテルにチェックイン。再び電話してみると、やって来たのは一瞬アジア系かと見間違うほどブロンドが不釣合のギャルだった(下の写真)。「ベルギー?」と突っ込んでみたものの、キョトンとしながら暖昧な笑顔を浮かべるだけ。チェンジした後の2人目(左)に至っては「スペインジンョ」と言い出す始末。この2人、どう見ても最近急増しているコロンビア人娼婦にしか見えないのだが、いかがなものだろう。

京都のおすすめデリヘル・大人の出会いエロナンパスポット|体験ルポ

0094_201807011425516a5_2019081811113480d.jpg
0089_20190102234802f2a_20191027170923dc5.jpg
0096_20190206171033a75_20191110114420838.jpg0097_20190206171035b05_20191110114423b6d.jpg0095_20190208110749423_20191110114419204.jpg0096_20190208110750406_2019111011442293e.jpg0097_201902081107512cc_20191110114425984.jpg
1、パツキン白人美女と体臭ただようまぐわいを
京都の外国人系デリはいくつかあるが、オレがココをお勧めするのは、若い留学生や外国人パブ出身の金髪の白人美女が圧倒的に多いからだ。国籍は口シアが多いようだが定かではない。プレイに入れば片言の日本語でコミュニケーションをとり、外人特有の豊胸済巨乳をぶるぶると震わせながらのフェラや、大げさなリアクションは洋ピンAVの世界に迷い込んだような気分になれる。体臭がキツい女の子もいるが、それも金髪娘とエッチができる醍醐味のひとつと思いたい。お店にはラテン系の黒髪もいるので、パツキン好きは電話予約の時に「金髪限定で」と断っておこう。
2、週末の中央ゲージで極上ギャルがしゃがみ込み
京者の中心部、新京極通りのど真ん中にあるペットショップだ。近くにはファッションビルのOPAや風俗店も多いので、ヤラシイ格好をした極上ギャルや若いカップル、女性グループなどで賑わっている。普通、ペットショップのゲージは壁沿いに設置されているものだが、ここは週末になると店内の中央付近にもゲージが出されるので、金網越しに真正面から股間が拝めてしまう。
3、婚活バーと言えば結婚願望の強いアラサーがメインと思いがちだが、ここは20代の女の子が目立つ。本気の婚活というより、カジュアルな恋活女たちだ。前もって何組か女の子グループを指名しておけ‘よ2O-3O分ごとに入れ替わって会話できるシステムで、交代のタイミングで店員が「そろそろアドレス交換なさったらいかがですか?と促してくれる。どんなに奥手な男でも1日に3一4人の直アドを確実にゲットできるのだ。メアドが手に入るとわかってるだけにガッツク必要はない。余裕のある大人の男を演じよう。店を出てから、目当ての女とじっくりメールで関係をつくればいい。俺と同じく常連の友人は3回行けば1回はヤレる、との名言を残している。
4、紐ビキニにボディタッチしながら酒を飲む
セクシー居酒屋ふじこちゃん
京都随一のエロコスチューム居酒屋がここだ。その過激さはハンパない。ヒモビキ二や極小バ二ーコスチュームなど、それなら最初から着ない方がええんちゃうかと言いたくなるような、面積の小さい布を身にまとい、酒と料理を持ってきてくれるのだ。女の子たちはみんなノリがよく、「こんなん好きでしょ?」とパレオをめくってくれたり、乾杯コールやボディタッチなども積極的にかましてくれる。曜日によってセクシーコスプレや私服、エロナースなどのイベントがあるので、いつ行っても新鮮なエ口が堪能できるのも嬉しい。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます