0073_20180629212406b6a.jpg 0074_20180629212408870.jpg
ブスと言われて怒り出すのは本物のブス。絶句するのもブス。美人は、ただ失笑するだけ。
簡単な燻りだし法である。
直メを教えてくれず、サイト内メールだけでやりとりをしたがる女がいる。ポイント制サイトならば、サクラ、あるいはメール数を稼いでキャッシュバックを狙っている女だと、つい考えがちである。間違ってはいないのだが、サイト内メールだけでトントン拍子に即アポにいたるケースでは、美当たりが多いことも知っておきたい。まるで業者の宣伝のようで恐縮だが、数少ない美当たりは、得てして出会い系慣れしていないコの中に潜んでいるもの。彼女らにとって出会い系はほんの一時の遊びにすぎないので、だらだら駆け引きなどしてこず、すんなりアポに進んでしまうものだ。直メ移行できなかったからとすぐ切るのはまだ早い。だらだら系か即アポ可能かを数通のやりとりで見極めよう。
母子家庭父親はいるがコミュニケーションがない
こういった境遇の女は、出会い系の男に対して(実生活でもそうだろうが)すぐに股を開く。百発百中といっていい。父親の不在は、自分の律しかたがわからない、男との真っ当な距離感がわからない、といった影響をムスメに与え、結果的に性生活をも乱れさせる。小難しい理屈で言えばそういうことだ。彼女らはどこかで父性を求めているため、かなり年上の男に入れ込みやすく、不倫も厭わない。また、しょっちゅうダメンズ(ろくでもない男)に引っかかるのもこのタイプだ。出会い系ならば、『お父さん、門限にうるさかったりする?』あたりの質問で探りを入れていき、ビンゴが確定してからは、ややダラしない男を演じるのが得策だろう。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
カテゴリ
タグ