相席屋のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:相席屋

SMカップルが誕生する出会いイベント|サイト攻略

0082_20180810191753a09.jpg 0083_20180810191754ea7.jpg0080_201808101917505e9.jpg 0081_20180810191751372.jpg
M男の俺が毎月楽しみにしているのが、プロの女王様であり、AV女優でもあるSUMIREさんのサークルで行われる日帰り旅行だ。ここは参加者を募って、毎月なんらかのSM色が強いイベントを開催しており、例えば海水浴イベントだったら、俺がスイカになって女王様に割られたり、体育祭なら顔面騎乗された状態で騎馬戦がはじまったり…たまらない。この手のイベントは行ってみたら男だらけ
で全然楽しくないということがよくあるが、ここならそんな心配もない。現役の女王様が運営しているから、その人脈でいろいろなS女性が集まっているのだ。同好の士とワイワイ騒げる場はここぐらいしかないため、SMカップルが誕生することもしばしばある。S女性もまた、出会いがなくて困っているのだ。イベントの趣旨を理解していれば知り合いではなくても参加OKとのことなので、同志は是非申し込んで欲しい。
『相席屋』にたまに行く。女の席をいろいろ回ってナンパできるんで楽しいんですよね。この『相席屋』公式スマホアプリは、全国71店舗、各店のリアルタイムの混雑状況を確認することができる。「男90%・女80%」というふうな案配で。チェックしてから向かえば、女が少なかったとか、満席で入れなかったといった不測の事態を回避することができる。インストールしておいて損はない便利グッズだ。
AV嬢が行為の真っ最中に自分(オレ)の名前を呼んでくれれば、さぞかし感情移入できるだろうに、なかなかそんな作品はない。それもそのはず、他の名前の男がシラけるだけだ。が、エロゲーなら話は別。このデータベースは古今東西のエロゲーの主人公名を網羅しており、よほど珍しい名前でない限りは自分の名前が見つかるだろう。プロの声優が甘えた声で名前を連呼してくれるのだ。興奮しないわけがない。エロシーンだけではなく序盤の掛け合いもしっかりプレイしてからエロシーン「●●君、もっと舐めて!」なんて言われりゃなおさら感激する。エロゲー1本につきヒロインは5~8人くらい登場するので、1本買えば1カ月は楽しめることだろう。
バンギャはドM、というのが俺の持論だ。あいつらはバンドマンの言うことなら何でも聞く。バンドマンに貢ぐだけの「蜜カノ」なんて言葉があるくらいなんだから。残念ながら俺はバンドマンではないので、実際に会ってヤることはできないが、ビジュアル系最大の掲示板である「たぬきの掲示板」のオナ指示スレで、そのドM具合を堪能することはできる。「指示されたいです」という書き込みを発見したら、レス番横の“〒”マークから“たぬめ”と呼ばれるサイト内メールを送る。そのままたぬめでオナ指示するもよし、ラインやカカオのIDを教えるもよしだ。オナニーの指示をしてやると、女は画像つきで実況をしてくる。中にはテレビ電話で見せつけてくるバンギャまで。バンドマンかどうか疑われたら「顔バレが怖いからこっちの顔は映せない」とでも言っておけばいい。ちなみにPCやスマホのシークレットモードではたぬめは出来ないため、注意してほしい。
AVを観ることはあっても、生の女優さんに会いに行く人はそんなに多くないと思います。一度騙されたと思って好きな女優さんのサイン会にでも行ってみてください。スゲー迫力があります。例えばサイン会なら、ただ単に買ったDVDにサインをもらうだけじゃなくて、2ショット撮影がある。これが結構すごくて、抱きつかせてもらったり、服の上からだけど胸を揉ませてもらったり、騎乗位の
体勢になってもらったりと、普通のアイドル撮影会なんかとは比べものにならないほどサービスしてもらえることが多いんです。そんなAV女優と実際に会って、会話ができて、触れ合えるイベントが、一発で検索できちゃう超便利なサイトです。特に地方在住の人は、頻繁に更新されてるので週2回はチェックですよ。

出会いカフェの新規茶メシ嬢と卓球バーでピンポン外交

201506052.jpg201506053.jpg201506051.jpg201506050.jpg全国的に大ブームを巻き起こしている相席居酒屋の本家がこの店だ。東京・赤羽の第一号店をはじめとして、渋谷や新宿などの都内主要繁華街はもちろん、北は札幌、南は博多まで20店舗以上を展開している。ここ1カ月、俺がいつも足を運んでいる新宿歌舞伎町店は、連日大混雑している。ピークタイムの19時から22時ともなれば、2時間待ちなんてこともザラ。なので最近ではあえて都心から少し離れた下北沢店や大井町店に足を運んでいる。
 今さら店のシステムなどは説明不要と思うので、ここでは相席屋に20回以上足を運んでいるオレなりの必勝法を紹介したい。まず、会話が盛り上がらなかったり、不機嫌なブスは容赦なく切り捨てること。特に最近は女客がひっきりなしにやってくるので、ブスをリリースしてもまったく問題はない。宴席でのポイントはなんといっても酒の飲み方だろう。ドリンクはセルフサービスなので、アルコール濃度の調整は自由自在。「お酒つくってきてあげるよ」と言って少し濃い目の酒をつくるのは基本中の基本だ。
 席の座り方にもひと工夫加えたほうがよい。男女向かい合って座るといかにも「合コン」といった感じでなかなか打ち解けられない。1~2杯飲んだところで「席替え」と称して男女隣同士で座るようにしよう。距離が近づくだけでなく、男女2対2の飲み会から、個人戦に持ち込むことができる。
もちろん、長居すると金がかかるので、意気投合した女とはさっさと別の店に移動してしてしまったほうがよいのは言うまでもない。
卓球台が置かれているバーがある。ほろよい気分になるとカラオケを歌いたくなったり、ダーツをしたくなる人がいるが、それの卓球版だと思ってもらえればよい。実は、ここがいま出会いの場となっている。酒を飲みながら、男同士でダラダラ卓球をプレイしていると、店側が女性客とのダブルス試合をセッティングしてくれるのだ。
 言うまでもなく、試合が白熱するに従い互いの距離は親密になる。試合が終わったところで「反省会」と称して飲み直すのもよし、
「今回は負けちゃったけど、リベンジ受け付けるよ」なんて言ってすんなりと連絡先を交換するのもよし。卓球が上手か下手かは関係ない。知り合うきっかけが用意されていることが重要なのだ。
出会いカフェは素人エンコー女の巣窟だが、たまに一緒にゴハンを食べるだけでOKのいわゆる「茶メシ女」と遭遇することがある。奴らは「1時間だけならゴハンいいよ」などとのたまい、セックスもさせないくせにたいした面白い話もしないままタダ飯、タダ酒を食らって、小遣いをもらって帰っていく性根の腐った女たちだ。が、同じ茶メシ女でも「新規の茶メシ嬢」に限ってはまったく事情が違う。1人ないし2人でやってくるカフェのシステムもよくわかってないような女たちだ。
 新規の茶メシ女は1日粘って1組いるかいないかの希少な存在だが、彼女たちとうまく飲みに行けると大化けすることが多々ある。友達に「男とデートすればお小遣いがもらえる」程度の知識しか聞いてないので、姑息な時短ワザも使わないし、頑なに帰ろうともしない。どころか、いい具合に酒を飲ませて盛り上がればその後の展開も期待できるのだ。カフェにくる新規嬢はいつも人気で、抽選のジャンケン大会に発展するものだが、茶メシ女だとわかればスルーされて回ってくる確率も高い。そこをあえてすくい取るのが通の遊び方だと思っている。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます