素人娘のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:素人娘

清楚そうな素人娘が恥ずかしそうにパンツを脱ぐ姿

0116_20180819192146b2f.jpg 0117_201808191921442b7.jpg 
カテゴリ

出会い系にビジネスホテル援交をしてる女がいたので会ってみた

0124_201807272154521ff.jpg 0125_20180727215453f6b.jpg
ビジネスホテルに宿泊中の女性がエンコーとはこれいかに? 出張中に財布を落としてしまったのでしょうか。出張のあるビジネスウーマンならば、そこそこ優秀に違いありません。そんな期待を胸に2万円でアポりました。ビジネスホテルに到着しメールすると、
『103号に来て。フロントはスルーして大丈夫だから』
と、ずいぶん手慣れた返事が戻ってきました。デリヘル嬢になったような気分でビ103号をノックしたところ、出てきたのは白いガウン姿の小汚い女でした。25才前後でしょうか。なぜかベッドではなく床に座る女に質問をぶつけてみましょう。
「出張中とか?」
回答がなかなかイカしておりました。彼女は神奈川からここにやってきてから三連泊目で、ディズニーランドやAKBライブを楽しみつつ、生活費をエンコーで稼いでいる最中だというのです。
「もう10何人か呼んだから、けっこう儲かったよ。お客さんもさ、ホテル代かからないから助かるでしょ?」
なんでもしょっちゅうこのような巡業をやっていて、家にはロクに帰っていないそうです。女という生き物はこんな形でも食っていけるのかと感心させられました。ある意味、優秀な女性ではありましたが、とても抱く気になれず退散することに。ふとテレビの脇を見ると、コンドームの箱と栄養ドリンクの「強強打破」が置いてありました。タフな方です。

乳首ポチ谷間胸チラで無防備に眠る素人娘たち

0010_201806131009468a1.jpg 0011_20180613100947031.jpg 0012_201806131009495d4.jpg 0013_201806131009510a6.jpg 0014_20180613100952be2.jpg 0015_20180613100953b69.jpg
帰省ってのは疲れるんです。新幹線で西へ帰るときなんて、熱海を過ぎるころには熟睡モードなんです。だから無防備にならざるをえません。人の目なんて知ったこっちゃない。見たけりゃ見ろってなもんです。だから、ワシらは起きてなきゃいけません。トイレに向かう素振りで、あらゆる座席をチェックしましょう。
トイザらスに大人の男が殺到しております。子供のプレゼントではなく、我が欲望のためにオモチャを求めているのです。その商品は『アイクロップスナイトビジョン2・0』。夜間に活動する動物を観察するための赤外線スコープです。これ、明るいとこで覗くとシャツが透けるんです。だからブラが見えるんです。バイト嬢で実験した結果、屋内ならTシャツでもブラウスでも問題なく透けますが、太陽光の下では白く〝飛び〞すぎてアウト。また、シャツの色は黒っぽい方がよろしいようです。ただしブラは見えても肌までは見えないので、ノーブラ実験でもバイトちゃんのピンク乳首(自称)は確認できませんでした。
なんじゃ、この写真!?すんません、色気もクソもなくて。いやね、どっかのおばあちゃんが言うてたそうなんですわ。トイレをキレイにしたらべっぴんさんになれるって。で、そんな内容の歌を聴いて
号泣してる人がいるんですと。ウチら、そういうの大っ嫌いなもんで、おばあちゃんの言葉を検証してみました。結果は見てのとおりです。おばあちゃんの嘘つき!

酔って寝てる間におまんこをパイパンにされた素人娘

0003_20180608152934b5d.jpg 0004_201806081529358d9.jpg 0005_20180608152937e0d.jpg攻め方が甘いと。
自分ばっかりって感じで、独りヨガリだし。
じゃどういうプレイならいいわけ?
男の人ってあまり証めるの好きじゃないじゃないですか。
はいはい。
そこをちゃんとやってくれると嬉しい。
クンニしてくれればいいんだ。
そう!あと、指がうまい人。
爪が短くて繊細なタッチ、みたいな?
アハハハそうそうそう.私エッチでイッたことがないんですよ。シオフキは毎回でるんですけど。
オナニーは?
しますしイッたこともあるんですけど、男の人が相手だとまだなくて。エッチはシオを吹けたら満足するんです。
ちなみに初体験は。
16才。彼氏です。もう痛ったくて痛くて。夜に学校に忍び込んで、裏庭みたいなところでチュッチュってなって、彼が我慢できないよ、みたいになって。なんか板の上で。すごい流血しちゃって逃げました。1年ぐらい痛いままだったんですけど、2年目から気持ちよくなってきて。
やりまくったと。浮気してないの?
大好きだったんでしませんでしたね。4年ぐらい付き合って結局振られたんですけど。
そっからヤリマン伝説だ。
そうですね。もうブンブンブブブーンーって感じで。ぶつと飛ばしたんだ。20才ぐらいから。
はい。もう毎月のように合コンして、毎回お持ち帰りされて。
ちなみに体験人数は?
アハハー30人ぐらい。
それほどでもないね。
でもそれから流浪の旅に出たんですよ。
家出したの?
みたいな感じです。地元を出て、パチンコ屋さんで働いたんですけど、3階が女子で4階が男子の寮だったんです。
なんかエロそうだね。
これがエロイんですよ、聞いてくださいよ・入ってすぐに店員さんと付き合ったんですけど、その人が酒浸りで、ちょっと頭おかしいんですよ。夢遊病みたいなことする人で。いつもドアの前からお酒の匂いが漂ってきてるよみたいな。

ガールズバーで働く素人娘はいくらなら援助交際に応じるか

0210_2018060721102630d.jpg 0211_201806072110287a9.jpg 0212_20180607211028396.jpg 0213_20180607211030f4f.jpg 0214_201806072110312bd.jpg 0215_20180607211033194.jpg 0216_20180607211034d63.jpg 0217_20180607211036e68.jpg
今回のターゲットはガールズバーだ。いまやキャバクラ以上に盛り上がりを見せ、路上0でビラをまく女の子のレべルもやたらと高い。
カウンターの椅子に座ると、目の前にロングの茶髪ギャルが立った。女子大生。3万までなら普通に出せるレベルだ。いや、サンゴーでもいいかな。しばらく雑談をかわし、さっそく交渉を持ちかける。「君のこと抱きたくなっちゃったから、お小遣いあげるし一晩どうかな?」
「え-、何ですか、それ」
「いくら払えばいいかな?1枚ずつ置いてくから、いいと思ったらストップって言って」
「一晩付き合うって、普通に飲みに行くってことじゃなくて?」
「違うよ。エッチってこと。まずは1枚ね」
彼女は1万円札を見るや「え-」と笑いながら、体を後ろへ引いた。やす。
「知りあって間もないし、無理ですね、お金じゃ」なかなかしぶとい。でも絶対に動揺してる。ならば一気に追加で12万だ。
「そ、そのへんで!」ストップがかかった。
「12万でいいのね?」
「うん、これ以上はなんか恐いよ」12か…。カネではオチないと豪語する子が納得する金額としてはリアルな線だけど、やっぱ高すぎじゃないでしょうか。
別の女の子が登場した。上戸彩似の大学生だ。さっきよりはイイぞ。5万未満なら客が殺到するだろう。いちばん客は俺だけどね。
「あのさ、エンコーとかってしたことないよね」
「ないですよ」
「でももし俺と一晩一緒に過ごすなら、いくら払えばオーケーかな」
「え、わかんないです」
この段階ではっきり金額を言えるほうがおかしい。わかんなくてもいいのだ。そのうちわかってくるからさ。「じゃ、まずは2万円ね」「や、お金で考えたことないですね」
「だからいま考えてみてよ。はい3万円」
「そ-だな、わかんない。その場になってどんだけ楽しいかとかによると思うから」
「だから今、目の前にいる俺とって意味で考えてよ。はい4万円」
「え、わかんないよ」
と言いながらも、視線はお札に釘付けだ。彼女、実は以前にも超のつくお金持ち男性に「100万円でどうだ」と誘われたが、そのときも断ったんだとか。金額の問題じゃないんですね。でもこういう子、好きです。
派手な看板が目を引く店に入ってみた。店内はかなりゴージャスな造りで客の数も女の子も多い。カウンターに現金を積み上げたら周りの注目を浴びそうだ。
「いらっしゃいませ」
目の前に現れたのは短髪の元気娘だ。4年以上キャバ嬢を続けていたらしいが、営業が辛くてガールズバーに移ったらしい。
「実は4ヶ月前に結婚したんですよ」
なんと新婚さんか。でも新婚でこんなとこで働くってことは、かなりお金に困ってるとも考えられる。けつこう安く上がるかも。
「新妻にこんなこと言うのはアレなんだけど、俺と一晩過ごすなら、いくら払えばOKしてくれるかな?」
「浮気はしませんよ」
「じゃここにお金積んでいくから、いいと思ったらストップして。真剣に考えてね」
「う-ん」
「まずは1枚ね。まあないよね。じゃもう1枚」ダンナヘの罪悪感からか、ストップがかからない。そのままゆっくり置き続けていったが、8枚でもまだ無理らしい。
「え-何枚出てくるの?」
「何枚でも出るよ。はいもう1枚」
「スゴイな-」
はい、これで10枚目と。
「10万円か.この辺でちょっと考えるかな。やっぱり目の前に並べるとすごいリアルだね」
「だよね。でもいまお金に超困ってたら3万円でもオーケーしたと思うし、相手がすごい気持ち悪い人だったら絶対オーケーしないと思うし(笑)」
ひとまず現在のお財布事情と俺のキモさ具合を加味すると10万ってことになるようです。給料日前に試したほうがよかったかな。
お次は小規模な人気店に。狭い店内は客がビッシリ
「こんばんは-」
色白の色っぽい女子大生が現れた。かなりの美人だが、なんとなくダルそうな雰囲気が漂っている。
一時期、お金がなくてキャバクラでバイトしたこともあるそうだが、今はそれほど困ってないので、楽なガールズバーに移ったのだとか。となるとエンコーには応じにくいか…。
「ちょっと真剣に考えてほしいんだけどさ、俺と一晩過ごすな
らいくらでオーケーしてくれる
かな?」
「え-わかんないよ」
「じゃここに置いてくから、ストップって言って」
「え-援交とかしたことないし」
無視して財布から1万円札を取り出し、カウンターに置いてみた。
「ムリムリ。私はやらないよ」
「まあ1枚じゃね一」
「たぶんずっと止めないと思うよ。何枚出てくるのか知りたいし」
宣言どおり、彼女は軍資金の30枚を並べ終わってもストップコールを口にしなかった。
「30万円で終わり?まあ、割はいいよね。他の子だったらオーケーするんじゃないかな」
なんだか終始エンコー野郎をバカにしたような感じだ。これが正しいリアクションなのかもしれないけど。続いて別の店へ。店内は小さなスナックといった雰囲気だ.女の子もわずか2人しかいない。その1人が大学生だ。2年前からこの店でバイトを続けているそうな。
「俺と一晩付き合うなら幾ら払えばいいかな?」
「え-、むずい.大体いくらぐらいなんですかね、相場って」
「2万とか3万ぐらいじゃない?はい、まずは2枚からね」
「ちょっと怖いよ-!」
お札を出した途端、身体を震わせて後ずさりした。やはり現金は迫力が違う。
「ダメ?じゃ3枚」「なんでそんなに出てくんの?」
リアクションは大きいが、4枚でもコールなし。では5枚。
「すごい出てくるんだけど!」
「まだダメ?」
「え-恐いよ-。考えちゃうけど」
マジで怖がってる。現金というのは不思議なものだ。物質的にはただの紙なのに、人によっていろんな意味に見えるのだ。
「じやあこれならどうかな、はい6枚!」
「え-、…うん(笑)」
なんだよ、オチるんじやんか。6万なら5発ぐらいヤレば元は取れるかな。
ところが彼女、連絡先を尋ねると、
「でもまだよく知らないしな-。もう一回お店に来てくれたら教えますよ」
だと。おいおい、売ってくれるのかくれないのかどっちなんだよ〜(泣)。
最後は少しローカルな店へ入った。
「こんばんは。はじめまして」
登場したのは声の大きな女子大生だ。なんだかとてもエンコーなんてしてくれるガラじゃなさそうだけど、こればかりはやってみんとね。
「ねえ、これでエンコーしてほしいって頼んだら迷惑かな?」
「アハハハ」
大声で笑いながらも差し出した万券を手にする彼女。
「なんかすごいですね(笑)」
「2万円じゃまだ無理だよね?じゃもう一枚」
「アハハハ」
「まだダメなんだ」
「え、どうしようどうしよう」
じゃもう一枚、さらにもう一枚と続けて投入。6枚の時点で物言いがついた。
「お金なんて、そんなもらえないですよ」
コースターの裏に連絡先を書いてくれた。普通にナンパ成功だ。

お持ち帰りされるたびに性病をもらう素人娘

0003_20180603230549013.jpg 0004_20180603230550f69.jpg 0005_20180603230550309.jpg 

見た目はヤンキー実はまじめな素人娘のエッチ体験談

0003_20180530215422480.jpg 0004_20180530215423b6f.jpg 0005_201805302154249a1.jpg 

街で出会った素人娘のお宅拝見

0003_20180529142528a1b.jpg 0004_2018052914253087e.jpg 0005_2018052914253041f.jpg

素人娘の美尻が美しい季節

0004_20180517163913f6f.jpg 0005_201805171639142ed.jpg 0006_201805171639162d3.jpg 0007_201805171639179c2.jpg 0008_2018051716391922c.jpg 0009_201805171639200af.jpg 0010_20180517163922ea8.jpg 0011_20180517163923973.jpg
いまどきの改札はカーで通るものですが、ときどきキップ派も現れるようで。画面に集中するから横からガン見されても気づかないようで。巨乳ちゃんがやってくるのを気長に待ちましょう。
ジーンズをはいてるときは小さく見えたお尻も、脱いでみると結構大きいもんです。邪魔がなくなってゆったりした表情を浮かべる尻、いいもんですね。ぶっこみたいですね。
出勤したばかりのフーゾク嬢にあたるとうれしいもんです。毎日他の男のモノをしゃぶっているとはいえ、少なくともその日に関しては「初めての男」になれるのですから。上着脱ぎたてで飛び出して
きた巨乳がうれしいのも同じ理屈です。(その日は)他の男がまだ見ていない新鮮なおっぱい、なんだか匂い立つようです。

素人娘の水着からのおまんこポロリ

 201509006.jpg 201509007.jpg 201509008.jpg 201509009.jpg 201509010.jpg 201509011.jpg 201509012.jpg 
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます