罰金のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:罰金

  • 2019/01/12本当にあった怖い事件

    へルス嬢の狙いは本番強要ペナルティーで客の身ぐるみをはぐことだったへルス店で本番強要した主客さんのポラが出てましたよね。無理やり本番しようなんて、ホーント最悪ですね。その点、私の働くヘルス店じゃ、強引にヤられそうになった女の子なんて、ほとんどいませんよ。確かに本番強要者って名のポラはたくさん貼ってるけど、正確にはちょっと違うんです。女の子たちがモーションかけて、ルール違反に引きずり込んだお客さんが...

    記事を読む

  • 2018/12/06お金の話

    業界は警察幹部の天下り先だ。さらに違反点数の累積、これがまた巨大なカネを生み出す。免許停止処分を執行された人の9割ほどが期間短縮のため受ける「停止処分者講習」や、累積点数6点者への「違反者講習」などを、警察の天下り法人たる『交通安全協会(安協)』に独占委託しているのだ。その他、免許更新事務や、パーキングメータ・チケットの管理、駐禁レッカー料金の徴収も安協に委託しており、どこまでも警察組織に金が入る...

    記事を読む

本番は厳禁・デリヘルのケツモチが違反者の罰金を追い込む手口

0150_2019011200102105b_20191006231744346.jpg0151_201901120010221b1_20191006231745804.jpg
へルス嬢の狙いは本番強要ペナルティーで客の身ぐるみをはぐことだった
SnapCrab_NoName_2019-7-23_7-11-11_No-00.png
へルス店で本番強要した主客さんのポラが出てましたよね。無理やり本番しようなんて、ホーント最悪ですね。
その点、私の働くヘルス店じゃ、強引にヤられそうになった女の子なんて、ほとんどいませんよ。確かに本番強要者って名のポラはたくさん貼ってるけど、正確にはちょっと違うんです。
女の子たちがモーションかけて、ルール違反に引きずり込んだお客さんがほとんどだから。なぜ、そんなことするかってっもちろん、それ相当のモノをいただくため。
要するに本番強要のペナルティーを誘って、お金をもらっちゃおうってこと。罰金は身ぐるみ全部。女の子には、その半分がバックされるシステムなんだ。
例えば先日の出勤3人目の客。私を指名したオッサンはリーマン。聞くと、誰でも知ってる会社のエリートなんだって。うわの空で聞いてたんだけど、背広を脱がせて納得したよ。アルマー二。こりゃー、気合い入れなきゃ。
まずは、ユイちゃんのチンコ舐め攻撃だ。亀頭→タマ→アナルを5セット。ツライなーあ。ガンバレー、ユイの舌ひとしきり後、チンコは悲鳴を上げそうな状態。オッサンも私のおマタ、十分まさぐったようだし。準備はOKってとこかな。
で、こっからは《ヤラせろ》って言葉をいかに引き出すかが勝負。店長はいつも口酸っぱく言ってるんだけど、けっして露骨に誘ってはいけないんですね。あくまでも、本番強要のペナルティー狙いなん一だから、暖昧な言葉で誘っていくのがコツ。例えば、こう。
「あーん、ほしいよお」
「えっコレのことっ」
亀頭をあてがってオッサン、ニヤケ顔。ョシーうまく喰い付いてきた。
「気持ちよくなりたーい」
「入れていいのっ」
これじゃまだいけない。疑問形は、《強要》がはっきりしないですからね。優柔不断な男は嫌われるよ。ほら、言ってよ。
「入れちゃうよ」
ん。微妙だなあ。こういうお客さんのときは、最終手段があるんです。店長からは最後に使えって言われてる方法で、私はあまり使いたくはないんだけど・・しょーがない。先っちょだけ入れるから《強要》してね。
ヌチュー「ヤラせてよ」
ハイ、おしまい。これ本番強要ですよね。ちょっと待ってて、ゴム持ってくるから。コワイ店長もいっしょに呼んで来るけどさ。
「あのオンナが誘ってきたんだよ」
本番リクエストがバレて、店長に怒られるお客さんは、みんなそう言うけど、証明できますかあっデキないでしょ。だいたい、バスタオルでチソコ隠してスゴまれても恐くないっつーの。金出せ金。現金は全部で34万だったけど、私は25万バックしてもらった。店長は、時計と靴が気に入ったようだったから。まあ、収穫としては、ボチボチかな。前なんか、ジジイだったけど、身なりが良さそうだったから、チャレンジしたんだ。そしたら、キャッシュで50万円持ってたからね。
逆に、金持ってそうだったから試してみたんだけど、ソイツ4千円しか持ってなくて、骨折り損。泣けたよ。その他にも、ホントにヤっちゃってから、お金をとったこともあるよ。そのお客さん、すこく上手だったから、先っちょ入れたときに、私もどうかしちゃって。一応お金は取れたけど、あとで店長に怒られちった。
★お店に入店して、本番強要にしたてあげたお客さんは、今まで、30人ほど。400万円近くせしめたかな。けど、やっぱ犯罪だし、お客さんには悪いと思ってるよ。実際問題、他の女の子なんだけど、店外でお金取ったお客さんとバッタリ会った子が、乱暴されたこともあったし。そんなこと考えてたら、恐くなってくるよね。だから私、最近、店を変えようと考えてます。みなさんも、先っちょだけ入れさせるヘルス嬢には、注意してくださいね。コワーイ店長が出てきますよ。
ケツモチが違反者の罰金を追い込む手口
デリヘル嬢を前に、誘惑にかられることはないか。先っぽを割れ目に押し当て、いいじゃんよと咳いたことはないか。多分あると思う。本番がNGなのは、皆わかってはいる・ものの、暴走したポコチンを押さえるのは簡単な我慢じゃない。勢い、突っ込んだことのある兄チャンも、少なからずいるんじゃなかろうか。あえて再確認しておきたい。デリヘルでの本番強要は厳禁だ。トラブルが起これば、ケツ持ちのヤクザが登場、客に違約金を取り立てる。ヤーサンたちの中には、恐喝を力マして逆に訴えられ自爆する輩もいたりするが、何にせよ、泣きたくないなら、下手なスケべ心は出さぬべきだ。例えば、私の組がケツを持っている数店で女の子がレ〇プされれば、ケースによっては150万ほどを頂かせてもらう。もちろん、訴えらるようなヘマはしない。今回は、そんな私の仕事を紹介しよう。
言わずもがな、自宅で粗相を起こすバ力はいない。店が警戒しているのは、ラブホやビジネスホテルの男だ。女の子が店に、シ口かクロかを連絡するのは、おおむね、客がプレイ後のシャワーを浴びているときだ。本番発覚後。客の追い込み方は、大きく分けて2つ。部屋に駆け込んだドライバーが男の身柄を押さえ、その日のうちに片を付けてしまうか、逃走してしまった男を追いかけるか。前者の場合は、まず店から連絡を受けた私がドライバーの待つホテルに向かい、話し合いを持つ。むろん、荒げた口調や金の請求は恐喝にあたるので厳禁。また監禁罪にもならぬよう、部屋の扉は開けておく。ちなみに、私と入れ替わるように、女の子は知り合いの病院に向かわせ、本番の診断書を取らせる。リスクのある仕事だけに、きっちり外堀を埋めることが重要だ。話し合いは、さしあたって住所と氏名を書いてもらうのだが、実はこれ、トラップだ。考えてもみてほしい。状況が状況だけに、客は十中ハ九、デタラメを申し出る。そこで身分証の提示を要求するのだ。当然、先ほど記したモノとは違う名前、住所が載ってるから客は焦りまくる。
「なぜ違うんですかねえっどういっ、謝罪をしてくれるんでしょうか」
この時、相手から提示される金額はだいたい10万円前後。シレた金だが、文句は言わない。大した労働もしていないし、欲を出せばそれだけリスクもアップする。そもそも、私の組では、即日示談の仕事はタダで受けると決めており、この金は全て女の子に渡しているからだ。彼女たちが気持ちよく働いてくれてこそ、私たちに大きな利益がもたらされるのだ。
客が逃げた場合は、とりあえずは、興信所を使って携帯番号から調査するのが先決だ。3万円ほどの費用がかかるが、発見率は約8割。使わない手たはない。それでも見つからない客はプリ携やトバシの携帯を使っている確信犯的な連中だ。抱えているデリヘル各店に電話番号を通達、再び現れるのを待ち、綱にかかれば、現場に急行である。この場合、のっけから強く出させてもらう。
「覚えてるか?」知らない、とはいわせない。女の子と共に、大幅に水増しした費用や、デリヘル店の営業損失代などの警類を提示しながら詰め寄るわけだ。
「どう誠意見せてくれる?」引っ張れる金額は、まちまちだ。最低10万くらいから100オーバーまでと、相手の人となりしだい。報酬は、女の子が2割で、残りを店と私で折半である。では、店には現れないものの、所在がわかったときはどうするか。これも2パターンに分かれる。デリヘル嬢への態度が悪かったり、女の子のバックを漁ったり。素行の悪い人間は、すぐに私が会いにいく。客の生活エリアで待ち伏せし、現れたところで声をかけた後は、プリ携連中と同じである。一方、比較的普通の男だと判断した際、電話連絡で、デリヘル事務所に来てもらう。
「先週、うちの店で遊んだときにヤっちゃってますよね?少しお話ししたいんですが」
物腰は優しく済ませるにこしたことがない。と、だいたい連中はみな口を揃えていう。
「さあ、ちょっと・・」
「わかりましたっでも記憶違いってことがあるんで、思い出したら電話下さい」
今まで、これで連絡がなかったことはない。
示談の様子は必ず力メラに収める。後日、客が知人のヤクザなどを引っ張り出して来て、ガタガタ騒がれた際の、動かぬ証拠となる

交通違反の罰金をチャラに出来るのか

0084_20181206234543667_201910130908137af.jpg0085_20181206234544ea7_20191013090814775.jpg0086_20181206234545cf9_2019101309081661b.jpg0087_201812062345460f3_20191013090817cad.jpg0088_20181206234548dc1_20191013090819803.jpg0089_20181206234549183_20191013090820f94.jpg0090_2018120623455118b_20191013090822488.jpg0091_20181206234552b41_2019101309082396b.jpg業界は警察幹部の天下り先だ。さらに違反点数の累積、これがまた巨大なカネを生み出す。免許停止処分を執行された人の9割ほどが期間短縮のため受ける「停止処分者講習」や、累積点数6点者への「違反者講習」などを、警察の天下り法人たる『交通安全協会(安協)』に独占委託しているのだ。
その他、免許更新事務や、パーキングメータ・チケットの管理、駐禁レッカー料金の徴収も安協に委託しており、どこまでも警察組織に金が入るシステムが出来上がっている。しかもこれらの金は、前もって予算に組み込まれているというから驚きだ。すなわち警察は、財源確保のため取り締まっているに過ぎないのである。
※「罰金」は、財務省の一般財源となる。執行額(罰金は刑罰なので執行という)は1千億円を超え、そのうちどれだけが交通違反の罰金かは不明だが、執行件数の8割ほどは交通違反という。交通違反は警察にとっても財務省にとっても大事な安定財源なのだ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます