201504099.jpg 201504100.jpg
学生時代の友人や職場関係などを見渡せば、誰でも1人や2人はいるハズだ。気軽に飲みに誘えるブサイクな人妻が。こういう女をいかに口説き落とすかという話だ。ブサ妻なんかとヤッて何が楽しいんだと顔をしかめる人は、セックスの奥深さを理解していない。インモラルなプレイを要求したり、調教して性奴隷として飼うなど、ブサイクにはブサイクなりの楽しみ方もあるのだ。さて、ブサ妻の攻略法はズバリ、誉め殺しの一点ばりで押し切るのが正解だ。もとからブサイクはモテと無縁の人生を歩んでいるものだが、歳を取り、結婚をするといよいよ男からの接触は途絶え、結果、完全に女を捨ててしまうことに。そこでもう一度、女であることを意識させてやれば、勢いよく燃え上がるという理屈だ。まずはこんな感じで軽くジャブ。
「なんか近ごろ、色っぽくなってない?」
当然、相手は笑って否定するだろう。が、構わずどんどんジャブを打ち続けるべし。
「いやいや絶対色っぽくなったって。もしかしてエステとか行ってんの?」
誉めようがないほどのブスならこういうのでもイイ。首スジに鼻を近づけて、
「良い匂いするなぁ。俺、こういう匂い好きなんだよね」
とにかくしつこいくらいヨイショを繰り返せば、否が応でもブスは木に登る。必殺の右ストレートを放つのはそのときだ。相手の手をぎゅっと握り、真顔で言う。
「なあ、俺マジで興奮してるみたい。2人でゆっくりできるとこに行こうよ」

美人妻ナンパ

人妻を狙うにあたって、多くの男たちが敬遠しがちなもの、それが美人妻というものだ。あんな美人にアタックしたところで玉砕するだけ。挑む前からそんな弱気の虫が騒ぐせいだろう。ただの思い込みだ。美人妻は口説き落とせる。場合によっては、その辺の平凡な主婦よりも簡単に。理由は、美人妻の夫婦環境を想像すればよくわかる。そもそもルックスのいい人妻は、たいてい夫も男前と相場は決まっているが、もうその時点でセックスレスに陥っている可能性が高いのだ。当然だろう。女にモテまくり、外で浮気し放題のイケメン旦那が、わざわざ嫁を抱くわけがないのだから。したがって性欲のはけ口のない美人妻は欲求不満が募り、下手なナンパにもコロッと引っかかりやすい精神状態になっているわけだ。ではその下手なナンパをどこでするべきか。東京なら昼間の銀座が断トツのイチ推しだ。いまや銀座での人妻ナンパは、遊び人たちの定番となっている。臆せず声をかけるべし。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ