自宅のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:自宅

  • 2018/10/17裏風俗・風俗体験談

      エッチの前にデートするのもワルクない。が、やっぱり気になるのは、いったいどんな子がいるのかという点。もちろんデートは省略して、直接自宅やホテルに呼ぶことも可能。肝心のサービスは一般的なヘルスとほぼ同じで、本番行為は一切禁止なんだそうな。...

    記事を読む

  • 2018/07/14素人の本物ヌード

       ラブホでもシティーホテルでも、窓があれば必ずコレをやるカップルがおりますな。シモジモの者どもを眺めながら悦に入ってるんでしょうな。でも最近の望遠レンズをなめてもらっちゃ困りますぜ。わしらバッチリ見てまっせ。現実的な話、電車に座ってもパンツまではなかなか見えないもんです。こりゃイケそう! と思ってもたいていが太ももムッチリの壁に阻まれて、デルタゾーンは拝見できないんですね。でもこの...

    記事を読む

  • 2018/07/03援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

     出会い界には、エンコーという危ない橋を渡っておきながら、自宅プレイを誘ってくる女が、ごくごく稀にいます。その時点で少し頭の中がアレな気がしますが、ホテル代がかからぬうえ、女の生活ぶりを垣間見られる魅力には抗えません。イチゴでアポってみることにしました。〈2万円なら生中出し2回でもいいですよ〉と悪魔のような誘いも受けましたが、ここはぐっとこらえてゴム一回戦にしておきましょう。指定されたマンショ...

    記事を読む

  • 2018/05/24援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

     何度も自宅エンコー嬢には痛い目に遭ってきましたが、ノド元すぎればなんとやらで、自宅プレイ可のメッセージにはつい夢を抱いてしまうものです。いつかきっと、女の子らしいファンシーなお部屋で恋人気分を味わえるはずだと。 さて、今回の「お家F」の彼女はどうなのでしょう。容姿には自信がなさそうですが、さっさく自宅拝見とまいりましょう。F(フェラ)1万円でアポを取り、教えられたアパートの前からメールをしま...

    記事を読む

  • 2018/05/03援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

    ゴム付きイチゴーの条件で打診したところOKの返事が届いた。女の自宅は杉並にある某駅近くとのことだ。電車を乗り継ぎ、指定の駅へ到着。その道中、メールで駅の出口からマンションまでの道のりが送られてきた。『…その横が新聞屋さんで、さらにその隣がわたしのマンションです。部屋は○○号室なのでインターホン押してくださいね』メールの通りに進んでいくと駅から3分ほどで目的地に到着。またもや予想を裏切る立派な造りのマ...

    記事を読む

  • 2018/01/18援助交際・愛人・パパ活どんな女がやってくる

    雪の降り積もる2月中旬、出会い系サイト。自宅に男を連れ込み、ナマでセックスさせるポチャ系27才だ。こなれた文面だけに、いかにも地雷女が出てきそうな危険な匂いがする。条件イチゴーで打診したところ、すぐにアポが取れた。 メールで板橋区の官公庁の建屋に誘導され、さらにそこから歩いて2分のマンションへの道順が届く。『そこから見える○○ってマンションだよ〜』 ようやく目的地に到着した。思ったよりも立派な造りのマ...

    記事を読む

有名女子大生デリヘル嬢が自宅にやってきた

0003_20181017153259c46.jpg 0004_20181017153301a1d.jpg 0005_201810171533021ae.jpgエッチの前にデートするのもワルクない。が、やっぱり気になるのは、いったいどんな子がいるのかという点。もちろんデートは省略して、直接自宅やホテルに呼ぶことも可能。肝心のサービスは一般的なヘルスとほぼ同じで、本番行為は一切禁止なんだそうな。

自宅での露出セックスを見せつけるカップルたち

0004_20180714225657431.jpg 0005_2018071422565817f.jpg 0006_20180714225659813.jpg 0007_20180714225701b7d.jpg
ラブホでもシティーホテルでも、窓があれば必ずコレをやるカップルがおりますな。シモジモの者ど
もを眺めながら悦に入ってるんでしょうな。でも最近の望遠レンズをなめてもらっちゃ困りますぜ。
わしらバッチリ見てまっせ。
現実的な話、電車に座ってもパンツまではなかなか見えないもんです。こりゃイケそう! と思ってもたいていが太ももムッチリの壁に阻まれて、デルタゾーンは拝見できないんですね。でもこの状況、わりと良くないですか? 一服の清涼剤になりませんか? 

自宅エンコーを誘ってくる女の危険度

0124_20180703172925696.jpg 0125_20180703172926ce9.jpg
出会い界には、エンコーという危ない橋を渡っておきながら、自宅プレイを誘ってくる女が、ごくごく稀にいます。その時点で少し頭の中がアレな気がしますが、ホテル代がかからぬうえ、女の生活ぶりを垣間見られる魅力には抗えません。イチゴでアポってみることにしました。
〈2万円なら生中出し2回でもいいですよ〉
と悪魔のような誘いも受けましたが、ここはぐっとこらえてゴム一回戦にしておきましょう。指定されたマンションの前から電出話をすると
「4階まで上がって。ワタシも部屋から出て待ってるから」
ドキドキしながら4階で下りたところ、廊下の向こうに赤い人影が見えました。丁重なお出迎えといったところでしょうか。近づけばそこには40代後半らしきデブが。つっかけを履くのも億劫なのか、裸足のままです。「入って入って」 部屋の中は異臭がしました。足の臭いのようなすえた香りです。「右の部屋ね。お父さんと住んでるから奥は行っちゃダメよ」右の部屋はゴミの山で、足の踏み
場もありません。
「先にお金もらっていい?お兄さん若いからすぐ出しちゃっていいからね。さ、さ、早く脱いで」
「あの、なんで自宅でエンコーやってるんですか?」
「どういう意味?」
「いや、そういう人って珍しいなあと思って…」
「駅から近いし、ホテル代かからなくていいでしょ」
「お父さんは今日はいないんですか?」
「いないの。ほら、脱いで、早くしよ」 
ずいぶん急かすのは、父親にバレたくないからでしょうか。こんな娘を心配する親もいないと思いますが。 積極的なアナル舐めと激しいフェラは、やや評価してあげてもいいのでしょうが、こんな岩石のような女を相手に興奮するはずもなく、3割勃起のまま挿入し、無射精のまま魔窟を後にすることになりました。

H写真で自宅がバレる危険な時代

0184_2018060315235363e.jpg 0185_20180603152354dcf.jpg 0186_20180603152355823.jpg 0187_2018060315235623e.jpg 
カテゴリ
タグ

自宅プレイ可のエンコー嬢はどんな女の子?

201310124.jpg 201310125.jpg
何度も自宅エンコー嬢には痛い目に遭ってきましたが、ノド元すぎればなんとやらで、自宅プレイ可のメッセージにはつい夢を抱いてしまうものです。いつかきっと、女の子らしいファンシーなお部屋で恋人気分を味わえるはずだと。
 さて、今回の「お家F」の彼女はどうなのでしょう。容姿には自信がなさそうですが、さっさく自宅拝見とまいりましょう。F(フェラ)1万円でアポを取り、教えられたアパートの前からメールをします。〈着いたよ〉ほぼ同時に、目の前のドアが開き、中からぽちゃぽちゃの女が出てきました。白Tシャツにジャージと、色気のカケラもありません。いやしかし、今回の目的は部屋の可愛さです。恋人気分です。落胆するのはまだ早いでしょう。
「ここだよ、急いで急いで」ご近所の目を恐れてか、ずいぶんと急かしてくる彼女にしたがって玄関へ。すぐ目に入ったのは、真田幸村の六文銭ののれんでした。恋人気分がすっと遠のいてゆきます。部屋そのものには戦国マニアらしさはなく、数種のぬいぐるみがファンシーさを演出していましたが、私の求めていた、いわゆるフツーの女子の部屋とはどこか勝手が違います。総合点は40点といったところでしょうか。とりあえずフェラをしてもらったものの、ときどきあたる歯と、チラチラ目に入る六文銭が気になって昇天できず、夏の陣は我が軍の敗北となりました。

旦那が出張してる間に自宅で援交する専業主婦の自宅拝見

SnapCrab_NoName_2018-1-18_19-25-13_No-00.pngSnapCrab_NoName_2018-1-18_19-27-33_No-00.png
ゴム付きイチゴーの条件で打診したところOKの返事が届いた。女の自宅は杉並にある某駅近くとの
ことだ。電車を乗り継ぎ、指定の駅へ到着。その道中、メールで駅の出口からマンションまでの道のりが送られてきた。
『…その横が新聞屋さんで、さらにその隣がわたしのマンションです。部屋は○○号室なのでインターホン押してくださいね』
メールの通りに進んでいくと駅から3分ほどで目的地に到着。またもや予想を裏切る立派な造りのマンションだ。インターホンを押して女の住む部屋へ向かう。
「ああ、こんにちはー。今日は雪がすごいですね〜」
写真よりも老け顔のおばさんが爽やかな挨拶で出迎えてくれた。彼女もデブだが、ごく普通の30代のオバサンという雰囲気である。玄関から室内を覗くと、廊下の先にいくつかの部屋に通じるドアがみえた。随分と広い家に住んでるな。
「いやー、なんだかいいマンションですね」
「ここ社宅なんですよ」「えっ? なに、会社員なの?」
「結婚してて、わたしは専業主婦ですよ」
「結婚してるんだ?」
3LDKの社宅に越してきて今年で3年目。彼女の部屋は玄関脇の六畳間で、マットレスベッドとパソコン用のローテーブルのほか、化粧品や生活雑貨などが散らかっているものの、それほど汚い部屋という印象ではない。
「旦那さんは仕事行ってるの?」
「いまシンガポールに行ってます」
「単身赴任?しばらく帰ってこないんだ」
「いや、出張なんで明後日には帰ってくるかな」
 旦那が出張してる間に自宅で援交するなんて。胆力のある専業主婦がいたもんだ。
「見知らぬ男を家に呼んで大丈夫?恐い目に遭ったことないの?」
「ぜんっぜん。ないですよ。メールのやり取りで変な人はわかるんで、そういうのは呼ばないし」
「でも社宅なら近くに知り合いも住んでるでしょ?」
「付き合いないんですよ。会社大っきいから。ぜんぜん知ってる人いないし」
 そんなもんなのか。
「わたし、洗濯とかアイロン、掃除とかは完璧にこなすんですけど、料理できないんですよね」
「じゃゴハンはどうしてんの?」
「買ってくるか、外食とか。新婚のころからずっとそうかな」
「旦那さんとは仲よし?」
「いいですよ。今も一緒にお風呂も入るし、エッチもしてるし」
10才以上歳の離れた旦那さんとは8年前に結婚し、子供はいないそうな。どうにも解せない。どうしてそんな満ち足りた人妻がこんなことしなきゃいけないんだ。
「なんでエンコーしてんの? エッチが好きなの?」
「いや、お小遣い稼ぎかな。夫から十分お金はもらってるし生活に不満はないけど、お金はあった方がいいでしょ?」
彼女が旦那からもらえる小遣いは5万以上あり、生活に必要なもの以外にもわりと自由に使っているそうだ。だったらこんなことする必要ないだろ。
「実は貯金もしてるんですよ。貯めといて、旅行にでも行こうかなって」
 動機が軽い。いまどきの専業主婦はそんな程度の理由で自宅エンコーしちゃうのか。
「あと、わたし、葉巻が好きで」
「葉巻? って、あの煙を吸う葉巻のこと?」
「そう。わたしパークハイアットのニューヨークバーで吸うって決めてるんですよ」
「優雅だね。高いんでしょ?」
「そんな高くないよ。お酒2杯飲んでも5千円程度だから」
よく見ると、高級ブランドの買い物袋や高そうな香水の瓶が無造作に転がってる。ホントにお金には困ってないのかもな。
「そういう香水も高いの?」
「ああ、それは3万しますね。ボンドってニューヨークのブランドなんですけど」
色々と香水のウンチクを語り出したが適当に相槌を打っておいた。ふとベッドサイドに置かれた数冊の本が見えた。
「どんな本読んでるの?」
「小説ばっかりですね。伊集院静さんとか藤沢周平さんとか」
「なんだか中年のオッサンみたいだね」
「あ〜、それ友達にも言われたことある」
 ヒマを見つけてホテルのバーで葉巻を吸いつつ、伊集院静や時代小説を読む援交妻。彼女は何を目指してるんだろう。彼女のプレイは手を上手に使ったフェラがよく、挿入すると身体をビクビクさせて感度も悪くない様子。本人は否定していたが、プレイが終ってみると、単にエッチが好きでこんなことをしてるだけのような気もしてきた。

自宅援交エンコー女のお宅拝見

SnapCrab_NoName_2018-1-18_19-23-0_No-00.png
雪の降り積もる2月中旬、出会い系サイト。自宅に男を連れ込み、ナマでセックスさせるポチャ系
27才だ。こなれた文面だけに、いかにも地雷女が出てきそうな危険な匂いがする。条件イチゴーで打診したところ、すぐにアポが取れた。
 メールで板橋区の官公庁の建屋に誘導され、さらにそこから歩いて2分のマンションへの道順が届く。
『そこから見える○○ってマンションだよ〜』
 ようやく目的地に到着した。思ったよりも立派な造りのマンションで、とてもエンコー女が住んでるようには見えない。インターホンから「どうぞー」と落ち着いた女の声がして自動ドアが開く。目的の部屋へ向かうと、玄関からパジャマ姿の茶髪のデブが顔を出した。
「わ〜、すごい雪降ってるね〜」
 玄関の奥に見える女の部屋はまっ暗だ。昼を過ぎてるのに窓のカーテンを閉め、電気もつけず、テレビの明かりだけが点いている。部屋の中へ足を踏み入れると、独特の酸味がかった臭いが鼻をついた。彼女の体臭だろうか。
「部屋暗いね」
「エッチするならこれぐらいの方がいいでしょ? 朝までオリンピック観ちゃってさ、さっきまで寝てたんだー」
「そうなんだ」
「冬のオリンピック好きなんだよね」
「スキーとかやるの?」
「自分ではやらないよー」
不毛な世間話をかわしつつ玄関脇のキッチンをチェック。調味料や洗剤が乱雑に置かれ、パンパンのゴミ袋が転がっている。ずいぶんズボラな日常を送ってるようだ。恐る恐る暗い部屋に移動した。床に敷かれた大きな毛布の上に女が腰を降ろす。
「いつもソコで寝てるの?」
「ううん、ベッド使ってるよ」
寝るときばベッドで、援交は床に敷いた毛布でする決まりらしい。目が慣れてくると、ようやく部屋
の様子がわかってきた。棚やタンスには大量の荷物が積まれ、彼女がここに長く住んでることがわかる。それにしてもこの匂いは何だ。
「なんか酸っぱい匂いするね」
「そう? なんだろ。ぜんぜんわかんない」
「普段は何してるの?」
「仕事? フリーターだよ」
「たまにこうやって男と会うんだ」
「そうだねー。たまにね。今日ホントはネイル行って美容院行ってご飯行こうって思ってたんだけど、寒いからやめちゃった。ほら、カップラーメンいっぱい買ってきちゃった」
 女が指差した方向に、スーパーの袋に入った大量のカップ麺が見えた。そんなもんばかり食ってるからデブるんだな。
「それにしてもいいマンションだね。駅からも近いし。家賃いくら?」
「9万ぐらい。でも場所と広さ考えたら安いほうだと思うよ」
 このマンションに住み始めて4年になるそうで、隣りの部屋にはなぜか女友達が住んでるとのことだ。まさか風俗店の寮じゃないよな?
「結構広いね。どれぐらいあるの?」
「7畳ちょっと。パズルを作り終えればもう少し広くなるかな」
「パズル?」
「うん、ジグソーパズル。ほら」
 壁には何枚ものパズルが飾られていた。ディズニーやジャンプなどアニメの絵柄ばかりだ。
「すごいね。全部1人で作ったの?」
「うん。今はこれ作ってるんだけどね。友達に頼まれて作ってあげたりもしてるよ」
「へー、タダでやってあげるの?」
「ううん、お金もらってる。これは2千円でいいよって言ったら5千円くれたんだ」
 ジグソーパズルの代理作成バイトか。よほどヒマじゃないとできない仕事だな。ふと気になったのがリビングの棚に置かれた炊飯器だ。隣りにはちゃんと広めのキッチンがあるのに。
「何でここに炊飯器置いてるの?」
「え、すぐ食べれるじゃん。取りに行かなくても。カカクコム見て買ったんだけど、美味しく炊けるよ」
キッチンにゴハンをよそいに行くことすら面倒なのか。
「なんで自分の部屋でこういうことしてんの?」
「待ち合わせとか大変だし、こっちの方がホテル代かからないから男の人もいいでしょ?」
「危ない目に遭ったことないの?」
「うーん、たまに変なのいるけど、特に危ないってことはないかなー。じゃ、忘れないうちにお金ちょうだい」
「あー、はいはい。そう言えばいつもナマでセックスしてるの?」
「うん」
 やっぱり病気が恐いのでやめとこう。逃げるようにその場を後にした。
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます