舐めのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:舐め

  • 2019/11/10SEXテクニック

    1、女の全身を舐め回すの楽しいですよね。でも、顔にはキスしかしないっていう人が多いんじゃないですか? もったいないですよ! 女の顔は性感帯の宝庫なのに。そこで、必殺の顔攻めテクを教えてあげましょう。その名も「生え際リップ」。キスの流れでチュッチュしながら頬をつたったところで、いよいよ本番。うなじ、耳の裏、もみあげ、前髪の付け根、そして反対側へ、というように髪の生え際にそって強めに舐めるんです。で、...

    記事を読む

  • 2019/11/03SEXテクニック

    青田典子の言葉を借りてイラマチオを納得させる舌の裏側を使わせて強制的にツバだらだらジュボジュボの速さは肩を叩いて教えてやるディープスロートや裏スジ舐めなど、世の中には色々なフェラテクがありますが、どれが一番かと問われると、皆さん悩むのではないでしょうか。私に迷いはありません。ベストは、ホットローションフェラ。これに限ります。少し熱めのお湯でローションを溶き、それを女の子の口の中に入れた状態でフェラ...

    記事を読む

  • 2019/10/20援助交際・パパ活

    まずは先にOL様のアナル舐めクンニご奉仕から『世田谷区在住、新宿区勤務の28歳、一般的な日常を過ごしている会社員です。普段は穏やか、ソフト、クールな印象だと言われております。外見は167センチ、細身で少なからず不快な印象は与えないと思います。平伏させて足を舐めさせたり、こちらの快楽のためだけにひたすらクンニさせることを好んでおります。ご都合がよろしければ使わせて頂きたいです』先月、このようなメールが届...

    記事を読む

  • 2019/10/19SEXテクニック

    アナルを舐めてくれる女は、そうそういないものだ。チンコは美味しそうにしゃぶっても、ケツの穴にまで舌を這わせるのはやはり抵抗があるのだろう。しかしここに、ある格言がある。ブスはおだてりゃアナルを舐める誉められる機会の少ないブスは、ちょっとしたおだてにも喜び、調子に乗ってアナルまで舐めてしまう、という意味だ。はたしてこの格言、本当に正しいのだろうか。(自分で作った言葉ではあるのだが)検証してみよう。会...

    記事を読む

  • 2019/10/12奴隷ちゃん調教

     今回もありがたいことにブログ経由でメールをいただきました。「興味があってメールしてみました。〝国田ペット〞欲しい♪ 奉仕して欲しいです〜。27歳、会社員、都内在住なんですが、どうですか?」普段は会社の事務をされていらっしゃるという事務員様からです。国田ペットとは、言い得て妙、僕にピッタリの素敵な呼び名です。メールのやり取りで、週末に僕の家までお越しいただくこととなりました。その前日、事務員様か...

    記事を読む

  • 2019/08/23その他

    表面のチョコをぜんぶ舐めとる感じで舐めてみてフェラ下手女に仕込むとき、相手の指を舐めて教える、というテクニックがある。言葉で説明するのが難しい微妙な舌の動きも、本人の指先の感覚で感じ取ってもらえば、こちらの求めるものを理解してもらいやすい。実に理にかなった方法だと思う。さて、俺がおすすめしたいのは、このテクニックの応用だ。実は手コキが下手な女も、まったく同じ方法を使って手練れに改造することができる...

    記事を読む

  • 2019/07/21奴隷ちゃん調教

    ももです今回は読者の方の奴隷になってきましたももさんを人気のない公園で、おもちゃでいやらしくせめてみたりしたいです。宜しくお願い致します、まずはノーパンで散歩だよ。主人様の命令で脱ぎました(〉・〈)そのまま竹下通りを散歩。人気のない階段でいきなりスカートをめくられました。怒られちゃうよ(>!<)恥ずかしくて後ろからお尻も触ってくるし少し濡れちゃったけど。次は公園に行くよ散歩してる人がいっぱいいるの...

    記事を読む

  • 2019/03/27エッチ体験談

    アナル舐めが下手な女はいくら口でああだこうだ説明しても一向に上達しないものだ。それよりは、絶品のアナル舐めテクを持つAV女優の作品を教え、ひとりで練習させた方がよほど手っ取り早い。今度会うまでにコレ観て覚えてこいよってな具合に。そんなシチュエーションに打ってつけなのが本作「絶対的美少女、お貸しします。ACT.01」だ。出演女優の加藤リナは、もともとアナル舐めを大得意とし、好事家から絶大な支持を得ているの...

    記事を読む

  • 2018/12/23裏風俗・風俗体験談

    1、コンパニオンが居酒屋のトイレでヌイてくれる王様ゲームやロ移しなどのエロゲームもできますがそんなのはただの前菜です。シモネタにオープンなところはありません。それは会話だけでなく、実際にヌイてくれることからもわかります。女の子にヌイてもらいたいときは、漫画のような目くばせだけでは通じないこともあるので、耳元で「トイレ行こうよ」と誘いましょう。2、女の子が客を引くこともある、ナマ本番可能なサロン地帯...

    記事を読む

女の髪の生え際、うなじ、耳の裏に性感帯アリ・前戯は全身を舐め回せ|エッチテク

0073_20190813204455326_20190815083640ead_20191110171506635.jpg0072_201908132044547e1_20190815083638900_2019111017150486b.jpg0074_201908132044565bb_20190815083641c98_201911101715071b6.jpg0044_201904082132410b1_20191110172139504.jpg0045_2019040821324228a_20191110172140d9d.jpg0046_20190408213244e5c_201911101721424e2.jpg0047_20190408213246582_20191110172143ecc.jpg0048_2019040821324763f_20191110172145384.jpg0049_20190408213249aa7_20191110172146b96.jpg
1、女の全身を舐め回すの楽しいですよね。でも、顔にはキスしかしないっていう人が多いんじゃないですか? もったいないですよ! 女の顔は性感帯の宝庫なのに。そこで、必殺の顔攻めテクを教えてあげましょう。その名も「生え際リップ」。
キスの流れでチュッチュしながら頬をつたったところで、いよいよ本番。うなじ、耳の裏、もみあげ、前髪の付け根、そして反対側へ、というように髪の生え際にそって強めに舐めるんです。で、これを何往復もすると女はトロトロに気持ちよくなってしまう。
思い出してください。床屋で生え際を揉まれて気持ちよかった経験あるでしょ?特に女の生え際は、刺激を伝達する感覚神経が男の数倍鋭いため、立派な性感帯と呼んでいいんです。
舐めすぎると顔全体がツバ臭くなるので、風俗なんかでやると嬢からイヤな顔をされることを付記しておきます。
2、口だけにキスはもったいない。髪の生え際に性感帯アリ!
例えば女をうつぶせに寝かせて、指先で背中をサワサワと愛撫するようなとき。
例えば仰向け状態で、太ももの付け根なんぞをヌルヌルしてやるとき。
我々オトコは、体の片側ずつ順番に攻めてしまいがちだ。右の脚をヌルヌルして、次は左へ、と。
なるほど、マッサージの世界だと片側ずつが一般的だが、あれはあくまでコリをほぐすために両手で力を加える必要があるからだ。愛撫における正解は「左右対称」攻めだ。女の股の間に入って左右の同じ個所をナデナデするべし。自身に置き換えてみればわかるだろう。リンパにせよキンタマにせよ、同時に均等にモミモミされるほうが格段に気持ちいいはずだ。
小料理屋の美人女将と前戯でしっぽり濡れる
2時頃から時間が空いた日に、昌枝の店に行ってみた。扉に「準術中」の札がかかっていたが、そのまま中へ。彼女はカウンターの中で洗い物をしていた。
「ごめん、もう終わってた?」
「残り物でよかったら食べていって。私も今からお昼やから」
おことばに甘え、2人並んでビールを飲みながら、昼飯を食べる。
「前の店のお客さん、来る?」
「キタのお客さんはあんまりミナミに来ないからねえ。電話してすぐ来てくれたん、河内さんくらい
やわ」
寂しそうに言いながら、肩や首をグルグル動かしている。
「操んだろか」
昌枝の後ろに立ち、肩を操む。「いや、そんなん悪いわ」
「ええから」
気持ちよさそうに身を任す昌枝。思わず、後ろから抱きしめた。
「どうしたん?」
そう言いながら昌枝に拒む様子はない。首筋、耳、唇の順にキスし、着物の上から胸を愛撫した。
「外から見えるかもしれんし、ここではあかん」
「ええやないか。俺、もう我慢できへんわ」
「ホンマ、あかんって」
仕方ない。幸い、ホテル街はすぐ近く。俺と昌枝は昼飯の片付けもせず、すぐに店を出た。
ホテルの部屋に入り、再びキスした後、着物の裾から手を入れ下腹部を愛撫する。昌枝が自分で帯を解き下着姿になった。さすがに肌の張りはないが、賛肉はついておらず、歳の割にはいい身体。紫のブラジャーとパンティに白い足袋という格好がアンバランスでいやらしい。このままシャワーを浴びずにヤったれ。下着を取って指で愛撫すると、昌枝はすでに十分濡れていた。
「早く入れて」「まだや」
「私、前戯いらんねん。すぐ入れて欲しい」
「わかった…」
正常位でペニスを挿入。パンパンと音を立てながら、突きまくる。
「あ、あ-、い-!」
昌枝はあっという間にイった。俺が射精するまでに軽く3回はイッたか。こんなイキやすい女も珍しい。が、その後の態度が興醒めだ。エッチが終わるや、すぐ美味しそうにタバコを吸い出したのだ。少し、情緒が無さ過ぎちゃうか。
「ひさしぶりのエッチで気持ちよかったわ」
煙を吐き出しながら、すっきりした顔で昌枝が言う。それなりに満足した様子だ。しかし、俺の心はどうにもすっきりしない。理由はいくつかある。彼女に以前のような艶っぽさが感じられなかったこと、それでも下着を取るまでは非常に興奮したのだがあまりに淡白なセックスで、
「シッポリと濡れる」感じとはほど遠かったこと、そしてなにより、昌枝の弱ってるところに付け込んだようで、後味がよくないのだ。おそらく今後も誘えば、昌枝はすぐにエッチに応じてくれるだろう。しかし、正直気は進まない。やはり、ここは「M」の朝子に集中して、なんとか落とさねばなるまい。

耳たぶや髪を撫でろ・ディープスロートや裏スジ舐めよりホットローションフェラ|エッチテク

0107_201907041802468bd_20191103102342c39.jpg0090_201902190902183f4_2019110311401453f.jpg0091_20190219090219a85_20191103114016c35.jpg0190_20190118090559536_20191103102346aba.jpg0191_20190118090600fba_20191103102347ccc.jpg0192_20190118090601fab_20191103102349cf8.jpg0193_20190118090603fee_201911031023505d6.jpg0144_201907131131591cd_20191103102343a67.jpg0145_20190713113200635_201911031023446b3.jpg
青田典子の言葉を借りてイラマチオを納得させる
舌の裏側を使わせて強制的にツバだらだら
ジュボジュボの速さは肩を叩いて教えてやる
ディープスロートや裏スジ舐めなど、世の中には色々なフェラテクがありますが、どれが一番かと問われると、皆さん悩むのではないでしょうか。私に迷いはありません。ベストは、ホットローションフェラ。これに限ります。少し熱めのお湯でローションを溶き、それを女の子の口の中に入れた状態でフェラさせるというものです。
もちろん中で動く舌や唇との連携も重要ですが、フェラセンスのない女でも、ローションをこぼすまいとしてすぼめる唇や、トロトロのローシンの中で動く舌の独特の刺激で、めくるめく快感が得られます。これ、高級ソープや中国の高級売春宿なんかでは定番のテクニックらしいですが、体験者たちは最高のフェラだったと口を揃えます。
フェラチオの顔を眺めるのがフェラの醍醐味
くにがね(以下く)
質問です。
松本(以下松)はい。
あなたはファッションヘルスに遊びに行きました。指名を経て個室へ向かいます。
はいはい。
くそ
のままシャワーを浴び、バスタオルで体を拭き・。
早くしてくださいよ。
よし、では答えてください。あなたはヘルス嬢がフェラチオをしているとき、どこを見ているでしょうかっ
やっば顔かな。
だよな。
ええ、あの顔を眺めるのがフェラの醍醐味ですからね。
そのとおり。
以上ですかっ
うん、ただそこでもうう聞きたいんだけど、顔を眺めるったって、物理的に限界があるだろ。
と言いますと。
チンチンを証めてるんだから、どうしても顔の上からしか見えないじゃん。
そりゃそうですね。
ビデオのフェラシーンだといろんな方向から見られるから興奮するんだけど、自分がフェラされてるときっていつもワンパターンに思わないか?
言われてみればそうかも。
な。そこで考案されたのがこの鏡なんだよ。
ほうほう。
穴にチンチンを突っ込んで、その状態で証めさせると・。
これがこうなって、ここにあれが映って・。
そういつことよ。いろんな負度からフェラ顔を楽しめるって寸法よ。
そんな得意になるような商品でもないような・。
いやいや、立ちフェラパターンで試してみたから、その効果を見てみなさいよ。

知的顔の美人にペニスとアナルを舐めさせる快感|援助交際体験談

まずは先にOL様のアナル舐めクンニご奉仕から0116_20181221093715220_201910181712473a3.jpg0117_20181221093716561_20191018171250a81.jpg
0117_20181218144109ecf_20191018171249861.jpg0116_201812181441089b0_2019101817124633f.jpg0118_20181218144111964_20191018171253b3c.jpg0119_20181218144112097_20191018171256c9e.jpg0120_201812181441148d5_201910181712586ac.jpg0121_201812181441152d9_20191018171300c07.jpg
『世田谷区在住、新宿区勤務の28歳、一般的な日常を過ごしている会社員です。普段は穏やか、ソフト、クールな印象だと言われております。外見は167センチ、細身で少なからず不快な印象は与えないと思います。平伏させて足を舐めさせたり、こちらの快楽のためだけにひたすらクンニさせることを好んでおります。ご都合がよろしければ使わせて頂きたいです』
先月、このようなメールが届きました。「使わせて」と表現してくださった点から、ただの〝道具〞としかみていないことが伺えます。もちろんそれはマゾサイドからすると大変喜ばしいことです。
翌週、ご奉仕をさせていただく日を迎えました。平日でしたのでOL様はお勤め先から直接お越しくださるとのことです。待ち合わせ時間きっかりにスーツ姿でご登場されたOL様は、まさに都会で働くスタイリッシュな女性。白いお肌と整ったお顔だちの、美しくも格好の良いキャリアウーマンでいらっしゃいます。OL様はお会いしての会話でも、僕に対して丁寧な敬語を使って接してくださいます。ところがクンニルームこと僕の部屋に入るや否や、口調が一変しました。
「舐めたいの?じゃあ土下座してお願いしなさい」
急な豹変ではございましたが、僕だって昨日今日のM男ではありません。すぐさま「宜しくお願いいたします」とOL様のお足元に土下座で対応しました。どうやらOL様はかなりSな御方のようで、頭をグリグリと踏みつけた後、僕を仰向けにして、さらに顔面に体重を乗せて踏みつけてこられます。「ああ、爽快」とのご感想を述べるOL様の一日汚れた素足を、僕は正座して舐めました。
「足の指をピストンで舐めて」「すごく似合ってる」「かかとも吸って」
ご指示のとおりにおみ足を舐めている間、OL様はもう片方の足を僕の頭に置いてくつろがれます。
そういえばここにやってくる道中のコンビニで、OL様はペットボトルのお茶を3本ご購入されていました。やたらゴクゴクと飲まれていたのですが、次のご指示のためだったようです。
「全部飲んでもらうから」 
僕はクチに発射されたお小水を飲み干しました。
「わたしのオナニー道具なんだからね」
「わたしのこと気持ち良くすることだけ考えて」
クンニご奉仕中もご指示に頷きながらただただもくもくと舌を動かします。
「きれいにして…こっちも」
「なんかクンニするためだけの別の生物みたい」
「OL様のアナルを舐めれて幸せですって言って」
「ほんとウォシュレットだね。もっと奥まで舌入れて動かして」
舌を休めることがあろうものなら
「やめない!」とお叱りが飛んできます。さらに「すみません」と謝ろうものなら「すみませんってなんだ。口のききかたに気をつけろ」と言って、おもいっきりバッシーン!と足ビンタをされるのです。「もう人間とは思えない。このオナニー道具をアマゾンで販売したら絶対需要あるよ(笑)」 
との誉め言葉をいただきながら、僕はOL様の性欲処理に貢献させていただいたのでした。
次は美人にペニスとアナルを舐めさせる
「いいお部屋があるの」女に連れられ「アランド」へ。大きな鏡のある部屋だ。カメラをセットした後、キス。女の口は閉じたままだ。「もっと深く」「初めてなの?」
女が恐る恐る舌を出してくる。ぬるい唾液が現実的でいい。ミラーセックスの好きな女。なんでもするに違いない。さてと、まずは人前オナニーだ。例のごとくウエットテイシュでペニスを拭いて女の顔を見る。
「やっば、これのほうがよくない」
女がペニスに口をつけてきた。
「今度はなにすればいい」「脱がせて」「手のかかる人」
苦笑しながら俺を全裸にする女。実際にはいないが、姉にしてもらっているようで、恥ずかし気持ちいい。
「なめて」
ベッドに寝てリクエストしたら、女は素直に乳首に舌をつけた。少しずつ露出させながら写真を撮ってゆく。
10年ほど前に実際に経験した時の興奮がよみがえる。陰唇付近は剃ってあって若々しい性器だ。ミラーに向かって尻を開かせる。
「徳子のオマンコだよ」「ああ、オマンコ、よく見える。後で可愛がってね」
ほどよく使われた痔のない肛門。悪くない。「入れてちょうだい」甘い声に誘われ、後背位で交わる。毛がないのでペニスと繋がった腔ロがはっきりわかる。
「あっ、やってる。すごいすごい」
風呂から戻ると、女はイビキをかいて寝ていた。尻をたたいて起こす。
「したい」「もちろん」
シックスナインの形にして陰唇を開け、舌をつけてからクリトリスをべ口べ口となめる。
「もっとなめて。ホテル代は出すから」
よし、6千円分サービスするか。尻の割れ目に顔を押しつけ、クリとアナルを交互になめる。焼きトンの《コブク口》の味がした。「俺の尻の穴も」「こんな感じでいい」鏡を見ると、女が一生懸命に俺の尻をなめていた。ふつう、アナルなめをする女は長くてもー分ほどだが、すでに2分以上もしゃぶりついたままだ。内蔵感覚とでもいうべきか、腕に頭を置き、精神を集中するとアナルだけでなく下腹にまで快感が襲ってくる。女がやっと口を離して「入れて」と大きく陰唇を開いた。透明感のある液体が少し光っている。正常位で交わり鏡に向かってシャッターを切った。
「どんな顔すればいいの」
「もう終わったよ」
カメラを置き、腔の奥に向かってペニスを押し入れた。
「フーッ、カメラを気にしなくてもいいのね」
女は目をつむったまま、性交運動に身をまかせている。2回目ながら快感の登りは早く、5分ほどで射精。同時に「お疲れさま」といってお互いに笑った。

ブスはおだてりゃアナルを舐める?素人娘に肛門を舐めてもらう方法|エッチテク

0113_20180803075608c8c_2019101817190974d.jpg0114_201808030756105a1_20191018171907fa3.jpgSnapCrab_NoName_2017-12-17_23-35-27_No-00.png
アナルを舐めてくれる女は、そうそういないものだ。チンコは美味しそうにしゃぶっても、ケツの穴にまで舌を這わせるのはやはり抵抗があるのだろう。しかしここに、ある格言がある。
ブスはおだてりゃアナルを舐める
誉められる機会の少ないブスは、ちょっとしたおだてにも喜び、調子に乗ってアナ
ルまで舐めてしまう、という意味だ。
はたしてこの格言、本当に正しいのだろうか。(自分で作った言葉ではあるのだが)検証してみよう。会場内ナンバー1のブスが明らかにブスを手っ取り早く見つけるにはお見合いパーティに参加するに限る。さっそく平日夜開催のパーティに向かった。20人との回転寿司タイムを終え、会場内
ナンバー1のブスが明らかになった。いや、実は最初からはっきりしていた。体重はゆうに100キロ超、おかっぱ頭のブスメガネ、順子さん29才だ。
 肝心の顔は、元法政大学教授でフェミニストの田嶋陽子に過度のストレスを与えて太らせたようなカンジ。文句なしのナンバーワンだ。
 フリータイムに突入したところで、真っ先に彼女のもとへと向かう。
「今日はお仕事、お休みなんですか」
「ううん、仕事終わりに駆けつけたの、ふふふ」
 介護士の仕事をしているという順子さん。職場では彼女が最年少らしく、けっこうチヤホヤされているらしい。「若いのにしっかりしてるって言われません? チヤホヤされてるっていうのはそういう理由もあるんでしょうね」
「ふふふ。言われるけど、たまにね」
 順子さんは笑うと大福のようなほっぺが上がって瞳が見えなくなる。
「ていうか、笑うとかわいいって言われません?」
「なになに〜! いきなり〜? や〜だ〜!」
 ベチンッと腕を叩いてきた。地味に痛い。
「休日はなにしてるんですか」
「うーん、だいたい外に出るかな? 渋谷とか行って買い物したり。あ、でも女子会が多いかも!」
 自分に興味を持ってもらえることが嬉しいのか、彼女はやけに上機嫌だ。一丁前に女子会なんぞしているところが笑える。
「今度ね、ラブホテルで女子会するの! 友だちが結婚してあんまり会えなくなるから」
「いいなあ〜! あ、その前にボクとラブホで女子会の予行演習しましょうよ!」
「ちょっと〜! いきなりチャラいよ〜!」
 またまたベチンッと張り手が飛んできた。
 通常、フリートークは一定時間が経過すれば別の席に移動しなければならない。だが、一回目のフリートークを終えたところで彼女と話したそうな男性は皆無だったので、そのまま居座り続けることにした。
「ていうかお腹減りません? 今日って何か食べたいですか?」
「ごめ〜ん! 今日家で用意してもらってるんですよ〜! でもすっごい食べたくなっちゃた〜!」
 誘いはあっさり拒まれたが、当然のようにカップルが成立したオレたちは、後日改めて食事に行くことになったのだった。
 「順子さんって、ワイングラス似合いますよね?」
〈チキンソテーがおいしいランチのお店見つけたんでいきましょうね!〉
〈わーい! おいしいご飯楽しみ! (*´3 ` ●)〉
 スマホ対応の顔文字やディズニーなどの有料スタンプを駆使してくる順子さんとラインをかわし、週末正午すぎに渋谷で待ち合わせることになった。
 時間通り、待ち合わせ場所に彼女が現れた。今日もおかっぱ頭のブスメガネと、相変わらず安定した醜さだ。さて、今日もおだてスタートだ。
「そうそう、LINEで使う顔文字、すっごくかわいいですよね」
「そうですか? それ言ったらスズキさんだってかわいいスタンプとか持ってるじゃないですか〜!」
 ニコニコしながらまたまたベチンッとオレの腕を叩く。
 果実酒が好きだという話しを事前に聞いていたのでサングリアの飲める店へ向かった。
「わー! サングリアあるんだ! 飲んじゃおっか!」
 好きな酒が用意されていることを知ったからだろう、すこぶる機嫌がよい。2人で赤サングリアで乾杯だ。
「順子さんって、ワイングラス似合いますよね?」
「え〜どこがどこが〜?」
「肌が白くてきれいだからワインレッドとのコントラストが映えるんですよ」
「ほんと〜?」
 褒められて、ニヤニヤと喜んでいる。
「パーティのときもおっしゃってましたけど、お仕事いつもがんばってるじゃないですか。今日はちゃんと息抜きしないとダメですよ」
「そうねぇ、なんでもがんばっちゃうのよねぇグフフフフ」
 順子さんの職場は、彼女を除いて年配の人しからおらず、それゆえどうしても自分がセクハラのターゲットになってしまうのだという。
「デートもよく誘われるの。そうそう! この間なんてさ、いきなりAVのジャケット見せてきて『このコじゃヌけないから頼む』って言ってくるおじいちゃんもいたんだよ? 巨乳が好きなんだ、って言って!セクハラでしょ? ね? ね?」
「いやいや、でもそのおじいさんの気持ち、わからなくもないですね」
「えー!?」「だって、順子さんって単なる巨乳と違って癒し系じゃないですか。最初見たときからずっと思ってましたもん! 癒されたいな〜って!」
 歯の浮くような台詞が流れるように出てくる。我ながらたいしたものだ。
「う〜ん、でも甘えたいっていうのはあるかも〜! グフフフフ」
 いま気づいたが、彼女は田嶋陽子というよりは朝青龍に近いかもしれない。
「順子さんと話してると、なんだかいい意味で眠くなってきちゃいますね。お腹いっぱいだし、癒されっ放しだし、なんだかこっちばっかりすみません」
「ううん、そんなことないって〜! でも私もご飯食べたら眠くなってきた〜!」
 店を出て手をつなぎながら指先で彼女の手首をさすってやる。褒めて、おだて、いちゃついてそのままホテルへゴー、という作戦だ。
「ちょっと〜! くすぐったいって〜! ほうら、お返し!」
 順子さんがこちらの脇腹や首筋をくすぐってくる。
「順子さんといると犬とじゃれ合ってるみたいですっごい楽しいですね」
「あ〜! わたし犬っぽいって言われる〜!」
「順子さんが犬だったらかわいがられまくるだろうな〜! 散歩してたら道端の人がみんな話しかけてきて散歩にすっごい時間かかりそう」
「ふふふ! なになに〜!」
 つないでいた手がよりギュッと強くなる。今のは自分でも、おだててるのかどうかわからなくなりながらしゃべってたのだが、なんだか照れてるよこの人。
 自然な流れで円山町のラブホ街へと入った。
「あ〜〜お酒もっと飲みた〜い!」
 完全に恋人気分になった順子さんが、甘えるようにしてオレをコンビニに誘った。スミノフとモヒートの中瓶を手に取り、カゴに入れる。
「あ〜! 今日すっごくヘンなカンジ〜!」
 一生分のおだてを耳にし、すっかりスケベな気分になったらしい。さて、問題はいかにしてアナルを舐めさせるかだ。
ブスにアナルを舐めさせる方法
SnapCrab_NoName_2017-12-17_23-40-49_No-00.png 
ホテルに入り、ソファに腰を下ろすと、順子さんはふーっと大きく息を吐いた。
「改めて乾杯しましょうか」
 中瓶を互いにコツンと合わせ、順子さんがモヒートをグビグビと半分ほどまで飲み干した。「ちょっと僕にもそっち飲ませてくださいよ」
「いいよ〜!」
「瓶じゃなくて口移しがいいな、せっかくだし」
 ニヤリとした順子さんは自らメガネを外し、オレに顔を近づけ、チョロチョロとモヒートを流し込んできた。
「ああ、めっちゃエロいですね」
「ヌフフフ」
 そのままレロレロと舌を絡めて長めのディープキスに突入。舌を絡めながらカーディガンを脱がそうとすると、止めが入った。
「ダメ、暗くして…」 
 照明を落とし、カーディガンを脱がせる。ケバブのような太い二の腕が登場した。
「肌触り、すっごくいいですね」
「ちょっと〜触りすぎ〜! ンンッ! ヤバいっ!」
 悶えた彼女の身体を抱え込み、ベッドにどすんと沈め込んだ。
「なぁに〜! 興奮してるの〜?」
「興奮しちゃった、ヤバいよ! 順子さんの肌触ってると、ドキドキする!」
「あ〜! 興奮しちゃったんだ〜! もう、エッチ〜!」
「ここ、肌触りすっごい気持ちいね」
 二の腕ケバブからうなじにかけてスリスリさすってやると、順子さんの呼吸が荒くなってきた。
「ダメ〜! ダメダメ〜!」
 白髪まじりのおかっぱ頭をなでながら朝青龍そっくりの瞳を見つめる。ていうか、細すぎて瞳は見えないんだけど。
「ああ〜髪すんごいさらさらでいい匂い!シャンプーなに使ってるんですか?」
「え〜? 普通のだよ〜?」
「順子さんいい匂いするから、ここ興奮してきちゃった! ほら」
 ズボンの上から膨らんだ股間を触らせた。
「なぁに〜! 知らないよ〜!」
 まんざらでもない表情の順子さんの服を脱がせ、ブラジャーとパンツだけにさせる。こちらは秒速で全裸になり、アナル舐めの体勢は万全だ。シャワーは浴びてないけど、まあいいだろ。
 彼女のパンツを脱がせた瞬間、マンコから2日間履き続けてきた靴下のような悪臭が漂ってきた。手を当てると、ビショビショに潤ってる。中指と薬指で軽くかき回してやると、彼女はより悶え始めた。
「ああん、ああんっ! ダメだって〜!」
「声かわいいからもっと出して」
「や〜だ〜! 恥ずかし…ああんっ! ヤバい、いくいくいく…! イクイクイッちゃ〜う!!」 
「順子さん感じてるの見てたら、かわいくてすごい立ってきちゃったよ、ほら」
 口元に亀頭を持っていくと、彼女は餌が与えられた鯉のようにそれをパクリと咥えこんだ。
ジポジポと下品な音を立ててチンポをしゃぶりあげる順子さん。手を伸ばし、照明を一気にあげる。
「ひょっひょ(ちょっと)、はるかひいって(恥ずかしいって)!」
「だめ、順子さんのチンポなめてるかわいい顔、見てたいから」
 亀頭を咥えた彼女の顔がはっきりと見えた。
「すごい、エロい顔してるから興奮しちゃうよ」
「や〜ら〜(や〜だ〜)!」体勢をかえ、今度はオレが仰向けになってフェラを再開させる。アナル舐めさせる準備を整えるためだ。
 亀頭から裏スジを舐める彼女に具体的な指示を出す。
「ああ、もっと下が気持ちいかも!」
「ふふふ、こう?」
 玉袋を舌先を使ってスーッと舐め上げてくる。うんうん、いい調子。
「ああ、ヤバい! すっごい気持ちいい!なんでそんなに気持ちよくさせるのがうまいんですか?」
「え〜? なになに〜? ここがいいの〜?」
 一瞬、彼女が中指でアナルをさすってきた。
「ダメダメ! やめてそこは!」
「え〜? どうしちゃったの〜?」
「順子さん、そこいじるのうまいんだもん!気持ちよくさせるのうまいんだもん!」
「え〜? なになに〜?」
「チンコじゃないとこ舐めてる順子さん、きっとかわいすぎるんですよね!」
「や〜だ〜!」
 次の瞬間、ブチュっとあきらかに粘性のものが、我が菊門を刺激してきた。
「あーヤバい、すごいかわいいですよ」
「うふふふふっ!」 
 さらにチュッとアナルに唇を合わせてくる。
「順子さん、お尻舐めるのうまい!」
「なになに〜?」
「ああ〜! すごい! かわいいよ! そこ舐められてるの見てるとキュンってしちゃうんです!」
「え〜? なあに〜?」
「だから〜、2分舐められたら、2倍キュンってなっちゃうんですよ…」
「え〜! そんなにいいの〜?」
 いったん身体をおこした彼女は、ベッド脇にあった中瓶のモヒートをひと飲みした。
そして…。
「ここが好きなんだ? ふふふ」
「そう、がんばってお尻舐めてる順子さんかわいいから…」
 小悪魔の表情を浮かべた彼女が一気に激しくアナルを舐め出した。
「ひもひいい(気持ちいい)?」
「…はい」
「ほれ(これ)、ふひらろ(好きなの)?」
「もう、大好きです…!」
 結局、アナル舐めは20分超に及んだ。おだてられると、ここまで舐めるもんなんだな。
 目を合わせ、改めて彼女の顔を確認すると、おかっぱ頭が乱れ、捨てられた日本人形のようになっていた。
 結論。例の格言は正しいです。
素人娘でもアナルを舐めてもらう方法
アナル舐めは、女の自尊心をくすぐりながら、徐々に誘導するのが正しい。フェラをしてもらいながら「もうちょい下も」タマを舐め始めたら「もうちょい下」舌が下がるたびに大きく反応してやれば、いつしか核心に到達する。
一度お手合わせをした女の子とまたヤリたいってのはよくある話だが、別れた後にメールで〈また今度会おう〉と誘っても、二度目はなかったりする。どうせまたヤリたいだけでしょと勘ぐられた結果だ。なのでセックス後に、お茶でもなんでもいいからワンクッション挟んでから別れること。セックスが目的だったとバレにくい。さらにその場で、セックスなどまるでしていないかのように、当日のデートを振り返っておく。
「一緒に洋服を選んでくれてありがとう。オレにしては珍しく買い物が楽しかったよ」
あくまでセックスはオマケだったように位置づけることで、2回目が見えてくる。
一回こっきりでバイバイしたい女ってのは確実にいる。でも、なぜかそういうのに限ってセックス後もなかなか解放してくれない。「もうちょっと一緒にいよう」なんて甘えてきたりして。無駄な時間を送らないためにも、事前に細工を仕込んでおこう。

クンニ奴隷・酒井若菜似美人OLのお尻も舐めフェザータッチで主婦をいかせる|エッチ告白

0014_201812031313290d4.jpg 0015_201812031313316ce.jpg今回もありがたいことにブログ経由でメールをいただきました。
「興味があってメールしてみました。〝国田ペット〞欲しい♪ 奉仕して欲しいです〜。27歳、会社員、都内在住なんですが、どうですか?」
普段は会社の事務をされていらっしゃるという事務員様からです。国田ペットとは、言い得て妙、僕にピッタリの素敵な呼び名です。メールのやり取りで、週末に僕の家までお越しいただくこととなりました。その前日、事務員様から再びメールが届きました。
「泊まりでもいい?」「もちろん大丈夫です」「やった!ずーーっと舐めててね楽しみ 」
そんなに喜んでいただけるだなんて、嬉しいのは僕のほうです。迎かえたクンニ当日。
「こんにちは」と、待ち合わせの駅にクンニご依頼者の女性が現れました。黒髪ロングに健康的な白いお肌。メイクも服装も落ちついた雰囲気です。お顔は酒井若菜さんに似ていらっしゃる、とても可愛らしい御方です。事務員様が部屋の椅子に腰掛けるやいなや、僕はそのお足元に擦り寄って「舐めたいです」と募る想いを激白しました。「さっそくだね。いいよ」事務員様はそう言って笑いながら、パンストとパンティを脱いで秘部を露わにしてくださいます。
「はい、舐めて」脱ぎたてで芳しいオマンコ様をゆっくりと、丁寧に舐めさせていただきます。
「あぁぁぁ、いい。きもちぃ…。明日までずっと舐めててくれるの?問いかけに、僕は舐めながら頷きました。「ほんと最高。これハマるね」こうして一泊二日のクンニ奉仕が幕を明けたのです。ベッドに寝転んで雑誌をめくったり、テレビのバラエティ番組を観たり。また椅子に腰掛けては携帯をいじったり、パソコンでネットを見たり。もちろん僕はその間、片時もクンニ奴隷としての役割をおろそかにしません。事務員様はゆったりとした時間を、存分にリラックスしてお過ごし遊ばされています。「お尻も舐めて」ご要望どおりお尻の穴に舌を這わせます。清楚なお見かけと反対に、自らの快楽に積極的な方のようです。その後も、夜は寝付くまでお舐めし、朝はクンニ奉仕でお目覚めいただいたりと、とにかくご滞在中は僕の口が常にお股に吸い付いている状態が続きました。帰り際に事務員様がおっしゃいました。「ほんとに持って帰りたいよ。毎日使いたい」僕なんかの舌がお役に立つことができるだなんて、こんなに嬉しく幸せなことはありません。どうかこれからもご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
フェザータッチとクンニで主婦をいかせる
「エッチに関して潤いのない生活を送っておリます。どうか淋しい人妻の願望を叶えてくださいませ」エロ本のような露骨なメールをくださったかなえさん、クンニのためにはるばる田舎から上京してくれました
ます30代「クンニ奴隷」として道具のように扱われることに快感を感じるなめ犬・最長18時なめ続けた経験を持つ僕を道具として使ってくださる、気高いお姿に興奮いたしました。量の多い愛液でボクの鼻がふやけたのもすごく嬉しかったです。
彼氏にはお願いする勇気のない貴女ぜひこの機会に欲求不満を解消してください。

フェラ下手女に仕込むとき相手の指を舐めて教えるというテクニック

0190_201908230456046be.jpg0191_201908230456067c7.jpg0192_20190823045607f29.jpg0193_20190823045609ace.jpg
表面のチョコをぜんぶ舐めとる感じで舐めてみて
フェラ下手女に仕込むとき、相手の指を舐めて教える、というテクニックがある。
言葉で説明するのが難しい微妙な舌の動きも、本人の指先の感覚で感じ取ってもらえば、こちらの求めるものを理解してもらいやすい。実に理にかなった方法だと思う。
さて、俺がおすすめしたいのは、このテクニックの応用だ。実は手コキが下手な女も、まったく同じ方法を使って手練れに改造することができる。
相手の人差し指と中指の2本を揃えて立たせ、自分のチンポだと仮定して実演する。
特に上下にストロークすればいいだけだと思いがちなので、サオ部分をひねりながら上下させたり、亀頭を指や手の腹で包むようにひねる回転系の動きを見せると、「なるほど!」と驚いてくれることが多く、効果が高い。指と指の間から滑らせるような動きも、一発で理解してもらえるはずだ。
あとはその都度、「ゆっくり動かして」「もっと早く」などと言葉でサポートすれば、どんなに不器用な女の子も手コキマスターに早がわりだ。
ストレス無き発射のためチンポ角度を楽にしてやるべし

【エロ画像】アナルもおまんこも舐めるシックスナイン

1_20200122123128217.jpg2_20200122123130a27.jpgももです
今回は読者の方の奴隷になってきました
ももさんを人気のない公園で、おもちゃでいやらしくせめてみたりしたいです。
宜しくお願い致します、まずはノーパンで散歩だよ。
主人様の命令で脱ぎました(〉・〈)
そのまま竹下通りを散歩。人気のない階段でいきなりスカートをめくられました。
怒られちゃうよ(>!<)
恥ずかしくて後ろからお尻も触ってくるし
少し濡れちゃったけど。
次は公園に行くよ
散歩してる人がいっぱいいるのに、スカート丸出し
恥ずかしいよ、もうやめて(〉、〈)
下半身裸でオマンコを見られてろ
そしたらお尻の穴なめてよ
注文が工スカレートしていきます。お尻に顔を近ずけなんか独特の臭い。
じゃ今度はシックスナインだよ
言われるまままたがっておチンコなめてたら、気持ちいいよ一
我慢してたんだけど出してもいい?
そろそろ限界みたいです。手でしてあげたら勢いよく精子が出てきました。

アナル舐め教材AV女優加藤リナのテク|エロネタ

0061_20190327095432bd3_20191018171036a71.jpg0063_20190327095801c7e_20191018171034f01.jpgアナル舐めが下手な女はいくら口でああだこうだ説明しても一向に上達しないものだ。それよりは、絶品のアナル舐めテクを持つAV女優の作品を教え、ひとりで練習させた方がよほど手っ取り早い。今度会うまでにコレ観て覚えてこいよってな具合に。そんなシチュエーションに打ってつけなの
が本作「絶対的美少女、お貸しします。ACT.01」だ。
出演女優の加藤リナは、もともとアナル舐めを大得意とし、好事家から絶大な支持を得ているのだが、特にこの作品が教材として最適なのはありとあらゆるアナル舐めテクをドアップで披露してくれるからに他ならない。顔をグラインドさせてベロベロ舐めたり、思いっきりアナルに舌を突っ込んだり。さらには舌をとんがらせてグリグリねじ込んだり。こいつで学習すれば、どんなヘタ女も、達人に早変わりすること請け合いだ。
女子スポーツの中継番組からエロ場面をキャプチャーしているサイトは数あれど、扱う競技種類の豊富さと画像のアップ数(3千枚以上)にかけては、このサイトの右に出るものはないのではないか。バレー、陸上、スケート、体操、水泳といった定番ジャンルはもちろんのこと、ボウリング、ホッケー、レスリング、サッカー、バドミントンなどなど、他では滅多にお目にかかれない競技まで網羅しているからだ。さらに陸上やバレーなどに関しては、学生の大会もちゃっかりカバーしており、幅広いファンから支持されている。女子スポーツのオカズ画像が欲しいなら、ここひとつだけでマジでコト足りる。

おっぱいだけじゃない舐めても指入れもOKセクキャバ

0106_20181223174000905_20191019232726d60.jpg0107_20181223174002d97_20191019232728fe6.jpg0108_2018122317400338f_201910192327292c7.jpg0109_20181223174005310_20191019232732010.jpg1、コンパニオンが居酒屋のトイレでヌイてくれる
王様ゲームやロ移しなどのエロゲームもできますがそんなのはただの前菜です。シモネタにオープンなところはありません。それは会話だけでなく、実際にヌイてくれることからもわかります。女の子にヌイてもらいたいときは、漫画のような目くばせだけでは通じないこともあるので、耳元で「トイレ行こうよ」と誘いましょう。
2、女の子が客を引くこともある、ナマ本番可能なサロン地帯
周辺を歩いてるといかにも怪しげな客引きが「一発どうすか」って話しかけてくるんで、ここはおくせずについていこう。若いのがいいとか、巨乳がいいとか、好みに合わせて店を紹介してくれる意外にも真面目なヤツらだ。で、その店のジャンルは本サ口。周辺に15店ほどあって、30分7千円を払って個室で待ってると女の子がやってくる。ほぽ全員が日本人女性で(一度だけ中国人にあたったことがあるらしい)なんとナマ本番もできる。
3、ときどき若い子と出会えるさびれたちょんの間エリア
地元ではいわゆるちょんのまエリアですどっちかっていうと30代とか40代の年増が多いんですけど、ときおりなんでこんなところで働いてるの?って聞きたくなるような若い子がお相手してくれることがあります。20才とかそこらでしょうか
いかにもカネがないギャルって感じの店の前でおばちゃんが立ってるんで、好みを伝えるのですが、わかい子がよければ「20代の子じゃなきゃ入らない」といいましょう。ちょっと困った顔をしたおばちゃんはあそこの店ならおるわとかなんとか言って、ヨソの店を教えてくれますんで
4、おっぱいだけじゃないセクキャバ
「なめてもいーし、指入れもOKだよ」
言うまでもなく、セクキャバってのはお酒を飲みつつ女の子の胸もめる場所だ。逆に言えばそれ以上はなにもできず、もんもんとした気持ちを抱えたまま放り出される中途半端な風俗なわけで。だがこの店ならその心配はない。オレ調べでは中洲でもっとも過激なセクキャバで、もはやセクキャバと呼ぶのもはばかられるレベルなのだ。入店してすぐにその過激さは垣間見える。女性が客の股間めがけてダイブしてくるのだ。挨拶なんか後回しって感じで、パンツを脱ぎ、気付けば短いスカートー枚だけになり、こんなことをささやいてくる。
「なめてもいーし、クン二もいいし、指入れもOKだよー。だからちゃんと気持ちよくさせてね?」
どの女の子もこう言ってくるので店の方針なのだろう。そこからは決まって客の片手を自分の乳首に誘導し、もう片方の手をオマンコに持っていく。大きなアエギ声を出すのでこっちが恥ずかしくなってしまうくらいだ。おまけに周りの席も丸見えなので、まるでハプニングバーに来た気分とでもりっか。そこから手コキでヌイてもらうには少しだけお金が必要となる。といっても延長料金だけなので(3千円)オレはいつもお願いしています
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます