0106_20181124122235675.jpg 0107_20181124122236de3.jpg 0108_201811241222371e5.jpg 0109_2018112412223974c.jpg週刊誌やスポーツ新聞で、時折、芸能人が開いた乱交パーティの模様が報じられる。その大半はテレビ局がタレントの接待用にセッティングしたもので、手荒に扱われた女性陣がマスコミにたれ込んだというケースが多い。しかし、表沙汰になった乱交など、芸能界においては氷山の一角に過ぎない。我々庶民のあずかり知らぬ場所では、それこそ連日連夜のごとく酒池肉林のサバトが繰り広げられているらしい。
「タレントに女を抱かせて、芸能界とパイプを持とうとする人間って多いんですよ。ちょっと名の売れた役者なら、向こうから乱交のチャンスがやってくる」(音楽プロダクション関係者)
では、彼らはいかなる場所で、いかなる乱交パーティを開くのか・流行りのスポットごとに、特徴を見ていこう。地下鉄・赤坂駅から徒歩7分.周囲にテレビ局や各国大使館が並ぶハイソな土地に建つこのホテルは、古くから多くの著名人に愛されてきた。政界のトップマゾヒストとして知られる彼は、ヒマをみては最上階のエグゼクティブフロアを貸し切り、六本木のSMクラブから馴染みの女王様を呼びつけていたという。
「元々、政界にはマゾが多いんですよ。自民党のK・Jや元首相のH・Mあたりも、このホテルでこっそり遊んだと言われていますし」(芸能ライター)芸能界イチのへビーユーザーとして名高いのが、J事務所のタレントたち。若い性欲を発散させるため、マネージャーが定期的に乱交の場所として使うのだという。「かつてJ事務所の乱交パーティといえば、吉原のソープを貸し切るのが定番でした。そこへ、アイドルたちを詰め込んだ、デ力い送迎バスで乗り付けてたんだそうです」(同前)
が、そこまで派手な所行が長く続くはずもない。口ーラースケートのグループHがブレイクするころには、マスコミに隠しきれなくなってしまう。
「そこで選ばれたのが、当時、J事務所の合宿所の隣に建っていたこのホテルだった、と。交通の便がいいので、一室を借り切ってデリヘルを呼んだ方が早いってことになったみたいですね」(同前)
セッティングは、全てマネージャーが行う。近場のデリヘルヘランダムに電話をかけ、まずは素性を明かさぬまま「芸能人との仕事だ。口の堅い女の子を10入ほど寄越してくれ』とだけ注文・姫たちが部屋に入ったところで、ようやく『ジャニーズっていうんだけど」と切り出すという。
「ただ参加を許されるのは、基本的に売れ筋のメンバーだけです。かってはTのN・TやVのMG、最近はNのY、Tあたりが常連ですね。実際に呼び出されたデリヘル嬢の話じゃ、みんなプレイ前に『フェラは10分以上』だとか「乳首責めを中心に」とか、いちいち注文がうるさくて困ったそうですよ」(前出・芸能ライター)もっとも、このホテル、J事務所のタレントたちにとっては悪いイメージも大きいらしい。「なにせ、社長のホモプレイも同じエグゼクティブフロアで行われるんです。だいたい、タレントたちはスケジュールのスキ間を縫って急に呼び出されるんで、乱交かホモか着くまでわからないんだとか」(同前)高級な土地には、ギョーカイ御用達のクラブが多い。かつては六本木のクラブJカウンターにアイドルの卵が常駐「ミューズ」や「ルフト」などが若手俳優のナンパスポットとして名を馳せたが(現在はどちらも閉店)、いま最も熱いのはこのクラブLである。麻布の中心地からやや離れた貸しビルの地下。暗い通路を抜けた先のメタル製のドアを開くと、間接照明に照らされた空間が広がる。店内には常にモダンジャズが流れ、奥にはビリヤードやダーツの台。一見、なんの変哲もないクラブの一風景である。が、バーカウンターに座る6〜7人の女性たちを見れば、誰もが違和感を覚えるだろう・8頭身のボディをタイトなドレスで包んだモデル系、小柄ながらGカップはあろうかという巨乳を揺らすロリ娘。みな、トップアイドルと見まがうばかりの上玉なのだ。「芸能人にあてがうために、いつもモデルの卵やらレースクイーンを常駐させているんです。中には、現役のファッション誌モデルもいますよ・元は不動産屋だったオーナーが、客集めのためにスカウトマンを雇ってかき集めてきたんだそうです」(前出。芸能ライター)常連客は、仮面ライダー上がりの若手俳優0.J、映画主演作が目白押しのT・S、プロレスラーの息子S・Kなどトップクラスばかり。みな出現時間はバラバラで、深夜の3時ごろにブラリと踊りに来る者も少なくないという。グラブ遊びを卒業した年配タレントたちに、手頃な《逢い引き》の場として人気なのが、高級フィットネスクラブ。この「フィットネスF」は、某テレビ局のすぐ近くにあるため、仕事あがりに立ち寄る関係者でいつもすし詰め状態だという。「フィットネスクラブは、昔から芸能人がセフレを探す場として使われてきたんです。会員制なんで素人さんが来ませんからね。このFも、元は政財界の人間が集まるクラブだったんですよ。汚職で捕まったS・Mとかデパートーの副社長とかね。それが、テレビ局が近くに移転してきて、一気に芸能人のサロンになった」(前出・芸能ライター)入会金は、預託金などもろもろ合わせて約500万有名事務所との法人契約も多く、いつも素足で靴を履くJ、元モデル俳優のA・H、J事務所の次期社長候補H・Nといったメンツが愛用中のようだ。
「Jさんは、以前は例の彼女と来てましたが、別れてからはビルドアップ中のモデルやらテレビ局の女性社員を口説きまくってるようです。たいていは、1階のマシンルームで待ち合わせてから、2階のジャグジーでイチャつくという流れ。この風呂が10畳ぐらいありましてね・数名で入ってるうちに自然と乱交状態になっていくようです。オーナーも黙認してるみたいですね」こちらも年配タレント向けの乱交スポット。「クラブL」と同様、各カラオケルームごとにモデル級の美女が用意され、有名人の来店と同時にその場で《自由恋愛》が始まるというシステムだ。
「ここのオーナーは、元は風俗店の経営者で、子飼いのスカウトマンやナンパ師を使って女の子を路上スカウトしているようなんです。ただ、客寄せの目的は薄くて、単に本人が芸能人たちと乱交を楽しみたいだけだとか」(前出・テレビ局関係者)常連は、ねじりスカーフのN・A、Vシネの王様T・R、プロ野球G軍のK,Mといった、ベテラン俳優やスポーツ選手がほとんど。変わったところでは、外国人格闘家の故Fもたびたび姿を見せていたという。「みんな金払いがいいらしくて、女の子の評判はいいですよ。T・Rさんなんて、フランクミューラーの時計を女子大生に放り投げてこれでええやろというのが定番の誘い文句らしいですから」(同前)
カテゴリ