0066_201901192106011cc.jpg 0067_201901192106037b2.jpg0065_20190119210600476.jpg
友達の風呂なしアパートに行ったとき、友達が「風呂入るか」と洗面用具一式を持ってぶらっと外へ出ました。銭湯へ向かうのかと思えば、彼の入っていくのは近くの大病院の地下でした。そう、入院患者や付き沿いの人たちが利用する共同浴場があったのです。彼によれば、病床数が1000を超えるような総合病院や国立病院なら、たいてい1階か地下1階に大きな浴室があるそうで、詳しい場所はロビーやエレベータ脇の案内板を見ればすぐにわかるとのこと。なるほど、タダで風呂には入れますが、不法侵入罪に該当する行為だと思うので、マネはしないでくださいね。
NHKの受信料の支払いを拒否している人たちは、どんな理屈をこねてらっしゃいますか?「部屋にテレビがない」「NHKを見てない」「払いたくない」。どれも引き返してはくれるでしょうが、なんだかスマートじゃないですね。私がいつも使っているのは、「海外出張中のアニキの部屋を借りてるだけなので、自分に決定権がない」というセリフです。これなら向こうも粘りようがありませんし。NHKの受信料ってどうなんだろう。年間1万5千円。払っていない人間もゴマンといるのに、
マジメに払うのってやっぱバカらしくないだろうか。でも、いったん契約をしてしまった者は、なかなか解約させてもらえない。かくいう私も、過去にうっかり契約したことを悔やんでいたのだが、最近こんな方法で解約に成功した。まずは近所のゴミ捨て場に捨てられていた不法投棄テレビを、リサイクルセンターに2千円ほど払って引き取ってもらい、明細証を入手。その後、NHKに解約申込書を郵送させ、明細を付けて返送するだけで、受信料の引き落としはストップしたのだった。