詐欺のタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:詐欺

AV男優募集詐欺の手口

私の名前は、レイコ。本業はSMの女王様である。といえば、思い出した読者もいるだろう。
ある主婦が「口の達者な女性募集」という三行広告を見て面接に行くと、それはー回のプレイで10万円をふんだくる、SM美人局で、彼女はその片棒をかついだというもの。あそこに出てきた首謀者にしてニューハーフのレイコが、私なのだ。
某国立大の大学院を男としてた私がなぜニューハーフ、女王様で食っていくよったのかは長くなるのでただ、ウラの商売を始め、借金がきっかけである。五反田のSMクラブで働いたが、千万位の金などそう簡単に返せない。追い詰められた挙げく件の美人局を計画したというワケだ。なのに、あの記事のお陰で商売がやりにくなったばかりか、警察に呼ばれるハメに。いろいろ伏線を張っておいたので、事情聴取の結果、違法性は認められないと解放されたが、さすがに同じパクリはできない。そこで新たに考え出したのがAV男優詐欺である。ヒントは知り合いのAV監督の一言だった。
「この前AV男優がいてさ。まともに勃ちゃあしないんだ。あんまりナメたヤツだから、賠償金取ってやったよ」
彼が言うには、機材やらスタッフやらを調達するとかなり費用かかさむため、男優の都合で撮影が中止になった際には、その金を払わせることもあるらしい。これをいただいた。AVメーカーに扮して男優を募集、無理難題を押しつけて撮影中止に追い込み、賠償金をもらうのだ。ただ、美人局で荒らした東京でやるのはリスキー過ぎる。そこで、ちょうど大阪の知り合いから遊びに来ないかと誘われていたこともあった。
仲間4人と一路、西へ向かそれが去年の夏のことだ。マンションに腰を落ち着けた私たちは、さっそくカモを募る。
「私は今度デビューする予走のAV女優です。共演してくれる人が必要なのですが、恋人や友人には恥ずかしくてとても頼めません。だから共演してくれる男の人を募集します。」
タダでヤれて金にもなる。しかも、新人女優なら素人のオレでも手が届くんじゃないか。そう思った男どもからわんさか返事が来た。その中から、金のなさそうなフリーターを排除し、いざとなればサラ金で金が調達できるサラリーマンと、親の金が期待できる学生に的を絞って面接に呼ぶ。最初の力モは、気の弱そうな30代のサラリーマンだった。私がモデルプロダクションの敏腕マネージャーに扮して対面し、身分証明書を確認して身上書を書かせる。実際にビテオを売るワケじゃないから、金が取れそうならどんな男でもオールOKだ。
「やる気があるなら、うち専属の俳優として仕事を回しますよ。ちょうど明日、恋人同士って設定の撮影があるんですけど・・」
当日、待ち合わせ場所には監督とカメラマン、そしてAD役のいかつい男3人が待機。
「じゃあまず単体の撮影を片づけよう」と、カモをカラオケボックスに連れ込んだ。
「共演する彼女を思い浮かべてオナニーするシーンから行こう。はい、オナニーしこいきなりそんなことを言われても、狭いボッグスで照明を当てられたら、勃つものも勃たない」
「なにやってんだ、お前、プ口だろ」
男3人か脱み付け、アタマごなしに怒鳴りまくる。素人男優のアソコは小さくなるばかりだ。30分後、撮影中止を宣言して、マネージャーである私を呼び出した。
「あんたんとこはこんないい加減なヤツを寄越すのか。勃起ひとつ満足にできないんじゃ話にならないよ。今日の人件費と機材費はおたくに賠償してもらうからな」
撮影スタッフが帰ると入れ違いに、貫禄たっぷりのプロダクションの社長役が。彼もまた私をどなりつける。
自分の情けないチンポのせいで他人が責められてるとなれば、良心を持った普通の人間は
「私にできることがあれば」と言い出す。そこで「じゃあ会社が半分持つからアンタも出せるだげ出してくれるか」と話ばスンナり運ぶはずだったのに、現実は甘くはない。男は気弱そうな顔をしながら、ただ座っているだけ。アナタはプロの男優として仕事を請け負い任務を果たせず損害を生じさせた。だったら弁慣すべきでしょうと説得しても「勘弁してください」と、うつむくばかりなのだ。
結局、話してるうちに身上書にデタラメが書いてあったことが判明。
「テメー、ウソつきやがってどう落とし前つけてくれんだコノ野郎」と一喝すると、やっと支払いに応じた。こういう金は時間を置けば置くほど取りにくい。男について銀行まで行き、その場でおろしたての金を受け取る。口座に入っていた全財産、26万で手を打ってやった。
大阪の男は図々しいのか、情に訴えても平気ですっとぼける。ならばビジネスに徹しようと面接の段階でこっちに有利な契約書にサインをさせることにした。
「男優の一方的な理由で撮影が中止となった場合には一切の費用を男優が負担する」という一文はもちろん、男優は肖像権を放棄すること、映像マテリアル(つまりビデオ)の所有権は事務所にあるとの項目も付け加える。これは、万ーカモが金を払わないと居直った場合、ビデオを買い取ってもらうためだ。さすがにオナニーしてる情けない姿を家族や会社の人間に見せると脅せば、誰だって何万かは出すだろう。
そんな内容で契約できるのかと思うかもしれないが、実際のとこ、細かい内容をチェックするヤツなんて皆無だった。もっとも、目に入らないよう小さな文字で書いてあるから読みようがないのだが。こうして無事にサインをさせたら、
「ギャラは即日支払われるから撮影の時は印鑑と身分証を持参してね」と優しく念を押す。金の持ち合わせがないとゴネた際に、その足でサラ金へ直行させるためだ。私たちに「金がない」のいい訳は通じない。さすがにこれだけ用意周到にやれば、取りっばぐれはない。撮影当日になって「やっぱり自信がない」と連絡してきたヤツかりも契約書をタテに賠償金を持ってこさせたし、フリーターでも、多重債務者じゃない限りサラ金で10万ぐらいの金は引っ張れた。それでも「払えん」と突っ張る恥知らずは家に押しかける。親や奥さんの前で、こちらがこんなに困っているとブチまければ払わざるをえないだろう。
と思っていたのに、幸いそんな根性のあるヤツはいなかった。「出るとこ出てもいいんやで」とナメた口をきいた25才の家具屋の二代目の場合、彼の家からほど近くで
「いま、××交番前にいるんだけど」と連絡を入れると、こちらの意図を察したのか直ちに30万のキャッシュを持って駆けつけてきた。さらに相手が学生だと、余計な小細工は必要ない。
「テメエのケツも自分で拭けないなら親に拭いてもらうか」これで一発。いくら親不孝なボンボンでも、チンポが勃たず追い込みをかけられたなんて親に知れたら一生アタマがあがらないと思うのか、わかりましたと親から金を借りて来た。ー力月の間にカモった男は約20人、金額にして400万ほどか。しかし、実はこの方法には致一叩的な欠点があった。最近の男どもはAV育ちのせいか、ビデオカメラの前で堂々とオナニーできるヤツが多いのだ。とりあえず発射までいっても、「出しゃいいってもんじゃないよ。表情がなってないんだよ」と、監督が難クセを付けて怒るのだが、それにも限界がある。ある20代好青年風サラリーマンは、ホモっ気でもあったのか男たちが見守る中、完壁な表情とあえぎ声で2回もフィニッシュしてみせた。さすがに文句のつけようもなく「女優が生理になっちゃって。また連絡するから」と、こちらが慌てて逃げ出す始末だ。
カテゴリ

母親が国際ロマンス詐欺ぽい外国人出会い系詐欺にあいそうなんだが|建部家

1_20191125083523fe1.jpg2_201911250835258c4.jpg﹇前回までのあらすじ﹈
笹川家の奥さんにちょっかいを出すも、嫁にチクられ怒られる。
 1月3日。
オレは真由美と娘を連れて実家に顔を出した。いたのは母と妹・美幸だ。弟2人は仕事やデートにでかけているらしい。着いて早々に、全員で近所の神社へ初詣に出かけた。みんなで鐘を鳴らし、賽銭を投げて手を合わせる。母が微笑む。
「何を祈ったの?」
「オレは家族全員が無事に一年を過ごせるようにって」
「アタシはね、家族の健康と、宝くじの当選と、素敵な人があらわれますようにってお祈りしたから。そろそろ帰っておせち食べましょ」
100円しか入れてないのに、ずいぶん欲張りなお願いですなぁ。その夜は実家でのんびりと過ごすことにした。たまにはこういうのもいいもんだ。どうか今年こそは建部家がこんな平和な日々を送れますように。
「なんでお正月からこうなのよ!」
翌朝、8時ごろに目を覚まして居間でダラダラしていたところ、妹の美幸がやってきた。
「お母さんは?」
「まだ寝てるんじゃないの?」
「ううん、部屋にいないよ」
はて、雑煮のモチでも買いに行ったのか?
母はなかなか帰ってこなかった。携帯を鳴らしても圏外だ。ったく、どこまでモチ買いに行ってんだよ。ようやく玄関のドアが開いたのは、お昼を過ぎたころだった。
「はぁー、疲れたー」
「どこ行ってたんだよ?」母はそれに答えず、ゆっくりとお茶を入れ、イスに座っている。なんだよ、もったいぶるなよ。
「もう、イヤ。なんでお正月からこうなのよ!」
とつとつと母が語った内容は以下のとおりだ。
 本日午前7時ごろ、社用車を運転して営業に向かう途中の健輔は、さいたま市内の路上で、スピード違反の疑いで警察官に止められた。警察官が免許証の提示を求めたところ、過去に交通事故を起こして以来、免許取り消し中だった健輔は「持ってない」と返答。容疑は無免許運転に切りかえられ、本人は警察署に連行され、保護者である母が呼び出された。
なんだそりゃ。免許もってないくせに社用車を転がしてたのかよ。バカか、あいつは。
「…で、健輔はどこにいんの?」
「まだ警察署よ。帰ってきたら怒ってやらなきゃ」
 そりゃそうだ。兄貴として、オレも一緒に怒ってやらないと。
無免許の次は車検切れ
 しばらくプンプンと怒っていた母が、雑煮を食ってようやく落ちついたころ、家電が鳴った。
「もしもし、はい、はい…え?え、ああ、ハイハイ…」
母は声をひそめるようにして子機を抱え、自分の部屋に入っていった。聞かれちゃマズイ電話なのだろうか。数分後に出てきた彼女は、なぜかコートを着ていた。
「どっか出かけるの?」
「うん。ちょっと遅くなるかもしれないけど、適当にしてて」
息子夫婦が孫をつれて遊びに来てるのに、適当にしててとはどういうことだ。みんなでもっと正月らしいことすりゃいいのに。
…母が帰ってきたのは夜の8時前だった。相当疲れきった顔をしている。
「おかえり。何かあったの?」
「……」
「なんだったの?」
「うん…今度は雄介だよ」
はぁ?本日午後2時半ごろ、埼玉県大里郡の路上で、カノジョとドライブ中の雄介が、前方の車に追突した。ケガ人もない軽い事故だったが、警察の調べで、雄介の車が車検切れだったことが判明し、
そのまま警察署に連行。保護者である母が呼び出された。
無免許の次は車検切れか。つくづくあの弟たちはバカ丸出しだ。
「今回こそは信じてたのにぃ…」
 波乱はまだ終わっていなかった。
 遅い夕飯を終えてもまだあのバカ2人が帰ってこないので、説教はまた今度にするかと、そろそろ家に帰ろうとしていたとき、聞いたことのない叫び声が家中に響いた。
「キイー!!」
 声の震源であるリビングには泣き喚く母がいた。
「どうした、落ちつけって」
「もうイヤー!!」
パソコンを叩いて涙する母。まるで赤ちゃんみたいな姿に衝撃を受けつつなだめること30分、やっと落ちつきが戻ってきた。
「なにがあったの」
「もうイヤ。こんなお正月なんてイヤ」
「今度はなによ」
「また騙されたのよ…」母は昨年末、「フェイスブック」で知り合ったアメリカ人男性とメール交換を開始。男性はすぐに「キミのことが気にいった」と好意を伝えてきた。まんざらでない母に対して男は「来年、日本に行く。そのときに会おう」と誘ってきた。
ところが、来日の近づいた本日4日午後9時に、このようなメールが。
『飛行機代とホテル代を出してくれないか』
なんだか前にもまったく同じような話を聞いたんだけど。前回もアメリカ人にゲーム機を買わされそうになってたよな…。母親よ、あんた、そんなに出会いに飢えてんのかよ。
「ヒロシ君、どうしたらいいの?今回こそは信じてたのにぃ…」

風俗カメラマンが伝授・写メ詐欺を見破るコツとプライベートを知る方法

201508103.jpg 201508104.jpg201508101.jpg 201508102.jpg
風俗カメラマン歴15年の私が、パネル写真の定番ポーズによってデブ嬢を見破るコツを教えましょう。
1 お腹を隠す
ソファや椅子、シャツ、はたまた嬢自身の手を使ってお腹を見せないようにしている写真です。これは後でお腹部分を修正しなくてもいいように考案された、カメラマン発祥のデブ隠しポーズです。
2 ぬいぐるみを抱いている
先ほどのお腹隠しの延長ですが、可愛らしさを演出しつつ、自然な形でお腹を隠したいときに使われます。可愛らしいぬいぐるみの裏には脂肪の塊があるので要注意です。
3 高角度から
高い位置から見下ろすようなアングルで撮影した写真です。あえて女の子の顔と胸を大きく撮ることで、体を細く見せるテクニックです。
4 上着を羽織る
下着の上にカーディガンやシャツなどを羽織ってる子がたまにいます。あれ、寒いから着てるわけではなく、デブの肩肉、腕肉を隠すためです。
5 寝転んでいる
寝転ぶと胸が大きく見える
メリットはありますが騙されてはいけません。体が商品の風俗嬢がうつぶせになって身体を隠すのはデブだからです。
デリヘル嬢とのプレイをこっそり撮影し、後のズリネタに使いたい、と考える人は多いと思うが、実際に案外難しいもの。オレが考案したこの作戦を使えば、比較的安全にできるはずだ。
ポイントはいかにカメラが女の子にバレないようにするかだが、ここが悩みどころ。どんなに小さなカメラだろうが偽装カメラだろうが、どこに隠したとしても、女の子にバレそうな気がして落ち着かない。そこで名案が。嬢が裸になったところで、携帯カメラを向けながら「スゲースタイルいいね。写真撮らせてよ」と携帯のカメラを向けるのだ。ほぼ100%、ダメと言われるので、「わかったよ」と素直に応じ、テーブルの上に携帯電話を置いてしまう。これで嬢の意識は「撮影はもうない」となり、隠し撮りカメラには意識が向かなくなるのだ。
浮気相手といちゃついてたら白いシャツに口紅の跡が。げ、ヨメに見つかったら殺されるよ!
口紅のシミは油性なので水や洗剤じゃまず落ちない。いったいどうすれば!タバコ屋やドンキに走ってライター用オイル「ロンソン」を入手すれば大丈夫だ。なんせこのオイル、最強の染み抜き剤と言われるベンジンと成分がほぼ同じなのだ。口紅だけでなく、油性のマスカラやファンデーションの汚れも簡単に落としてしまう。ライターオイルなら日ごろ持ち歩いていても嫁さんに不審がられる心配はない。有事に備え、常にカバンの中に忍ばせておこう。ちなみにジッポーオイルはロンソンと成分がまったく違うため、口紅等のヤバイ汚れは落ちない。うっかり間違えないように。
デリヘルを呼んで楽しもうと思ってたのに、女のサービスが悪くてげんなりすることってありますよね。フェラもほとんどせずに手コキで済まそうとしてきたり。そもそも愛想が悪かったり。僕はこれを回避するために、やってきた女の子に必ずある言葉をかけています。部屋に入ってきたら普通に挨拶。プレイ代を渡し、女の子が店に電話を入れて、シャワーの準備をはじめたあたりで、これ。
「すごいタイプだから嬉しいなぁ。ここって延長はいくらなの?」
そうすると女の子は顔をほころばせ「えー嬉しい!30 分で7千円ですよん」みたいに言ってきます。
そう。これで機嫌が良くなるわけです。単純に気にいられて嬉しいというだけでなく、店によっては延長料金は全額女の子の給料になるなんてこともあるからです。ま、もちろん延長なんてしないんですけどね。やってみたらわかりますが、このおかげで手抜きされるようなことはほとんどないですね。 風俗で同じ女性を何回か指名すると、LINEを教えてくれることがまれにあります。交換しても営業メールが来るくらいだろ、と思うなかれ。とにかくアイコン写真をGoogleイメージ検索にかけてみましょう。今どきの若いコのなかには、LINEもTwitterもFacebookも、アイコン写真を全部同じモノにしている人間が珍しくありません。夜の仕事の女なんかはめんどくさがり屋が多いため、そんな使い回しタイプが多い。かくして検索結果に、FacebookやTwitterなんかがヒットすれば、金鉱脈を探り当てたようなものです。風俗やってるのに普段はしれっとした顔でおしゃれカフェに行ったりしてるんだ~と、徹底的に漁ってやりましょう。
子連れで水族館に行ったときのこと。薄暗いフロアの一画にクラゲコーナーがあった。水槽にはブラックライトが照っていて、白いクラゲがぼーっと光っている。そのとき、水槽を眺める女性の薄手のワンピースに目が留まった。白いパンツがうっすら透けて光っている。お~、ブラックライト様!
何気にまわりをキョロキョロ見渡すと、タイミングよくまたもや薄手のワンピース女性がやってきた。ほほー、やっぱり透けちゃってますな。こりゃあ面白いパンチラスポットを発見しちゃったぜ。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます