詐欺のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:詐欺

損害保険詐欺というパクリ

0178_20181226155207d9b.jpg 0179_20181226155208d08.jpg 0180_201812261552097eb.jpg 0181_20181226155211904.jpg 0182_201812261552128a7.jpg 0183_20181226155214f99.jpg 0184_20181226155216dc9.jpg 0185_20181226155217e9c.jpg
どんなに平凡な会社員でも、長年働いていればその道の知識や経験、勘というものが身に付いてく
るものだ。証券会社の社員なら株や相場の読み方に長けているし、海外旅行の代理店に勤める人間であれば、航空会社や各国の通貨に関する知識は一般人の比ではないだろう。仕事とは、言うなればその人の得意分野を意味しているのだ。私の場合、それが損害保険だった。長年、不動産会社に勤めていた関係で土地に関して詳しくなったのはもちろん、火災保険や自動車保険といった損保の知識も身に付いたのだ。
通常、損害保険の資格は、初級、中級、上級、特級の4段階に分かれ、中級以上の資格を取れば個人
で代理店が開けるようになっている。私は会社の在籍中に本業の足しになればと試験を受け、上級を取得。その気になれば、独立して稼げるぐらいの知識を持つまでになった。
が、その後は一身上の都合というやつで4年前に退社、現在は某建材メーカーに勤めている。もう
保険の仕事に関わることはないだろう。そう踏んでいたのだが…。
それは2年前の冬。昔からの知りあいである堀田と地元のスナックで酒を飲んでいたときだった。
ヤツは同い年でパチンコ屋の店長。離婚した後、娘2人を引き取り、自分の両親といっしょに田んぼ脇の一戸建てに住んでいる。そんな堀田がこんなことを言い出した。
「今度、家建て直したいと思ってさあ。ほら、オレんちポロイだろ。もう雨漏りだの、白アリだので相当ガタきちゃってさ」
堀田の家には遊びに行ったことがある。確かに、敷地は広いものの築30年は下らないオンポロ一軒家。そろそろ建て替えどきと考えるのも、わからなくはない。
「でもさ、建て替えるのは大変だぞ。解体ってかかるし。だいいち、オマエそんな金あるのか」
金遣いの荒い堀田のこと。どうせ金でも貸してくれと言い出すのだろう。
「いや、実はうちの親父の退職金が出るんだよ。来年、役所の定年だから、3千万くらい入るの」
「そりゃ何よりで。でもさ、なんなら自分で家、燃やしちゃえば?そしたら解体費用が丸ごと浮くし。オマエん家だったら田んぼのカカシが焼けるくらいで、近所に迷惑かからないだろ」
「バカヤロ。そしたら浮くどころか、火災保険で家建っちゃうよ」
「よつしや!じゃ今度、紙よこしてみい・オレが見てやつから」
「そうだなぁ、それがいいなあ。なんせオメエ、保険のプロだったからなあ」
「そうだよ。全部、オレが仕組んでやるぜ」
「頼んじゃおうかな、保険金詐欺。オレんち、よく燃えるぞ。ハッハツハ・・・」
すべては酒の席でのヨタ話である。バカな冗談を言い合ったに過ぎない。ところが。
「こないだの話、考えてみたんだけどよぉ」
翌日、堀田から電話がかかってきた。
「何の話だよ」
「だから、家燃やしてって話だよ。実際、どうなのかなあって思って」
「本気か奥おめえ」
「当たり前だろ」
堀田の声が上ずっている。こういうとき、ヤシがウソをついていないのは長い付き合いでよくわか
る。にしても、まさか本気で考えてやがったとは。堀田は言った。家の建て替えはオヤジの退職金で十分賄える。が、娘の将来のことを考えた場合、どうしてもまとまった金を蓄えておきたい。自分が中卒だけに、せめて子供くらいは大学に進ませたい。それが離婚して迷惑をかけた娘たちへのせめてもの償いだ、と。しょせんはパチンコ屋のしがない一展われ店長。いつクビを切られるか、わかったもんじゃない。似たような境遇の私としても、その気持ちは十分理解できた。
が、そのために自分の家を燃やして保険金をパクろうなんて冗談にもほどがある。もしコトが明る
みになれば詐欺罪で逮捕されるのは確実:へたしたら私も共犯でパクられるだろう。
「バカなことはヤメとけって、な」
※この記事は防犯、防衛のための知識としてお読みください。実行されると罰せられるものもあります。
カテゴリ

競馬予想会社の悪徳業者による詐欺の手口はどうなっているのか

0102_20181217010818099.jpg 0103_20181217010819c2d.jpg 0104_20181217010820ee6.jpg 0105_20181217010822ee1.jpg 
秋も深まり、競馬の方もGI真っただ中の今日このごろ、皆様の戦績はいかがなものだろう。あまり儲かっていないなぁ、という人が大半ではないだろうか。まあ馬券のプロだって、ほとんどが収支は
赤字だというから、それも仕方のないところ。私も以前はしょせん競馬なんてそんなものだと思っていた。が、今は違う。競馬は金になる。これほど儲かるものはないと断言してもいいだろう。といっても、勝つか負けるかの馬券の話じゃない。競馬を媒介としたビジネスが信じられないほどの利益を生み出すのだ。実は私、以前、業界内でも有数の競馬予想会社で数年間にわたり要職に就き、その経験により世の中に対する考え方をしっかり覆されてしまった。今回はその体験を基に競馬という特殊社会を利用したヤラセ商売の実態をお話しよう。
裏モノ読者の皆様ならご存じだとは思うが、競馬予想会社とは、独自のレース予想を会員に提供する会社のことである。私がいた会社の例でいうと、社内は営業部と広告部に分かれており、広告部が新聞や雑誌に掲載する広告と会員に向ける会報誌を製作、営業部はそれに興味を示し問い合わせしてた人たちを入会させ、その後様々な形でのフォローを行っていた。収入源である会費は、1開催
(8回分)10万弱くらいが相場で、入会時には入会金がプラスされるので、トータルで15万円ほど。これを払った人に、土曜日の東西特別レースから一鞍(レース)と、日曜日と他一鞍の計4レース分の買い目を提供しましょうというわけだ。ただ、いきなり実態をバラしてしまえば、提供する買い目は社長の頭脳コンピュータから出たものだ。時々、別の幹部が出すこともあるが、どちらにしろ、普通の馬券好きの予想となんら変わりない。よって、勝率はいいときで1開催3割くらい。GIは春、秋の各シーズンで2つ当たればいいところで、それもなるべく的中しそうな固めの買い目を出すものだから、配当も3ケタ台がほとんど。会員がモトを取るのは至難の技、といってよかった。
では、そんなものになぜ会員たちが金を払うのか。ここに彼らが競馬に絶対を求める下心が登場してくる。キムタクをCMに起用するなどJRAがいかに爽やかな広告戦略を打ったところで、しょせん競馬は不確定要素の多いギャンブルに過ぎず、競馬サークル自体も閉鎖的で黒い匂いのする世界。ましてや、このビジネスは金の動き方もハンパじゃないわけだし、どうしても勘繰りをしたくなるのが人情というものだろう。こうした競馬ファンの心理に付け込む形で、「生産界と深い繋がりを持っている」「馬主情報が入手できる」「騎手に非常に近い大物関係者とパイプがある」など、客を引っ張るための様々なブランドを提示し、いかに自分たちが核心に迫れる存在であるかをアピールするのだ。私のいた会社も、「競走馬の種付け、育成などフリーダーとの繋がりの深さから、マスコミなどには漏れない真の情報が手に入る」とうたっていたが、私の知る限り、社長が一口馬主である以外に競馬界と特別な繋がりがあったとは思えない。しかし、こんなウソはまだ序の口。さらに信ぴょう性を増し他社を蹴落とすためには、もっと会社の骨組みをしっかり作らなければならない。そこで、でき上がったのが次のようなシステムだ。
会社は情報部と解析部という2つのセクションが馬券決定に至る徹底した調査を行う。
「情報収集部」にはGI特捜班3才馬の特捜班など様々なプロジェクトが組まれている。
両セクションとも相当数のスタッフを抱え、極秘ルートを駆使し、様々な情報網を張り巡らせている。彼らが挙げたデータに基づき、解析班が最新のコンピューターを駆使した様々なシミュレーションを行い、勝ち馬を導き出す。
全部、ウソである。これが本当なら秘密結社だ。が、ウソはさらに続く。通常の会員が入るスタンダードコースの上に、超A級の情報を提供するコースを設定するのだ。料金は、入会金そのほか合わせ
て1開催20万円。その口上は次のようなものだ。
競馬に絶対はないと言われるが、実はある。このコースに入ってもらえば、その超シークレット情報を提供しよう。もちろん、そうした情報は毎週入るわけではなく、いつ出るかもはっきりとは言えな
い(実際はGIとか、その開催とかに、それが設定されたよう匂わせる)が、もうこれはGIだろうが、万馬券だろうが、ズバズバ当てる。なんせ絶対なんだから外れようがないのだ。こうした文句をエサに雑誌広告やDMを通して一般の方々の前に釣り糸をたらす。結果、食いついてきたら、マニュアルに沿って勧誘を進めればいい。
「ハイクラスのコースは、現在会員がいっぱいで、空き待ちの状態です。また、逆に情報の漏洩も心
配なため、いきなりそのコースへの入会もできないことになっています。つまり、そのコースに入る
ためには、スタンダードコースに入りながら機会を待っていただくしかないんですよ」
こんな台詞を決めた後は、指定口座に金が振り込まれるのを待つだけだ。
あの手この手でカモを入会させたからといって、それで終わりじゃない。というか、本当一の勝負はこれからで、会員をいか続させられるかだ。会報誌では、こうして体裁を整えた上で、目玉として先々のレースにおいてのでっちあげスクープや、レース結果欄に架空のコースのレース結果を載せ、継続したいという気持ちを煽っていくのだが、それだけで彼らをつなぎ止めておけるほど甘くはない。会員が求めているのは、あくまで利益。そこで、また登場してくるのが、切り札だ。会期が切れそうになったある日、1通の手紙が会員の元に届く。内容は「ハイクラスに空きができたため、入会できます!」というもので、さらに絶対情報がその会期中に訪れるというオマケつきだ。当然、会員は喜び勇んで電話をかけてくる。と、そこでこう切り出す。「確かにハイクラスの会員になれるんですが、そのためにはとりあえず継続の手続きを済ましてからじゃないと入れないんですよ」相手が納得して継続すれば、後は諸々の理由で絶対情報が出せなくなったなどと告げてしまえばいい。経験からいえば、これで3回は引っ張れるはずだ。そんなバカなと思うかもしれないが、実際、私がいたころ、税金逃れが目的で「他の会員と区別するために現金書留で会費を送ってください」と言ったところ、現金書留が送られて来たこともあったぐらいだ。こうした継続させるための煽りは、何もハイクラス向けだけではなく、一般会員にも実施される。独自情報による高額投資レースを数多く用意し、会報誌上で煽りまくるのだ。が、これまた決して実現されることはなく、延期して延期して、情報レベルを落として提供するのが常だ。例えば秋華賞が始まる2週前に、なにか含みのある情報による高額投資レースが予定される。そして、それは当日になって延期され、次は天皇賞・秋に持ち越される。そして、これまた直前に延期になり、菊花賞に持ち越され、最終的に適当なレースを選んで、普通のレースより情報ランクの高いレースとして提供されるやり方である。会員は当然のごとく怒り苦情が殺到、信用をなくすんじゃないかと思うかもしれないが、早い時期に勝負に行って「絶対はない」ということを露呈するよりはマシ。なぜなら、彼らはそれでもまだ、あるはずもない情報を信じつづけているからだ。その証拠にこのパターンは毎年行われており、菊花賞でコケると、会員は一時的に減少するものの、GIが近づくとまた戻ってくる者も多くいた。よほど、編されるのがお好きなようだ。ちなみに、私がいたころ、その会社が抱えている会員は常に5百人以上、多いときで1千人を超えていた。

クレジットカード詐欺の代償は友人の裏切りと2年間の懲役

0044_20181216222016bc9.jpg 0045_20181216222017673.jpg 0046_20181216222019f51.jpg 0047_2018121622202033d.jpg 0048_201812162220229d2.jpg 0049_20181216222023b42.jpg
この商売、いかに長期にわたって利子を取り続けるかがポイントで、1,2回で完済してもらってはほとんどウマミがない。しかし、一方で引っ張りすぎて、相手にパンクされるのも恐い。表、裏を問
わず金貸しにとって〃無いソデは振れない″と開き直られるのがいちばん厄介なのだ。そこで、オレは客がどうにもヤバそうな状態になると、時々こんな話を持ちかけた。
「前にな、うちからツマんでる客がおってんけど、ソイツはクレッジトカード作って、それで買ったもんを換金して返済しよったで」
「それ、詐欺と違いますのん?」
「そらそうや。あくまで、そういう方法もある、いうだけのことや」例に出した客の話は事実だ。急にまとまった金を用意してきたので事情を聞いたら「実は」と恥ずかしそうに告白した。なかなか殊勝なヤツである。もっとも、だからそれで金を作れとは強制はできない。犯罪教唆は実行犯より罪が重い。オレはヒントをやるだけ。行動に移すか否かは、あくまで本人しだいだ。矢島とのやり取りはこのことを指している。以前、「こんな男がおんねん」と酒の肴に話してやったことを、自分でもやってみようと考えたらしいのだ。
「やるのはオマエの勝手やけど、頭で考えてるほどウマイこと行かへんで。だいいち名義のカードなんか、どないして作るねん」
「だから相談してんねん。カードさえ作れたら買いもんや換金はぜんぶオレがやるから力、貸してく
れや。ちゃんとお礼もするし」
ちょっとした知り合い程度の人間から頼まれた話なら即座に断っただろう。が、オレと矢島はかれこれの付き合い。過去には、何度か助けてもらったこともある。その矢島が、ムチャを承知で頼んできているのだ。断る、なんてオレにはできない。それが友情というもんだろう。
「しやあないのう。ほんならやったるけど、1回だけやで」
「恩にきるわ。絶対、迷惑かけへんから」
これが間違いの始まりだった。架空名義のカードをどうやって作るのか。もちろん、自分で試したことはないが、机上のノウハウはある。矢島のため、というより自分自身の興味を優先させ、オレはさっそく行動に移した。まずはクレジットカード取得に必要な銀行口座の開設。といっても架空ロ座が絶対条件だが、これは何なくクリアした。当時、すでに都市銀行などでは免許証などで身分を証明しないと口座を開かせないところが多かったが、地方銀行ならまだまだアマイ。いったん必要書類をもらって来た後、時間がないので来店できない旨を告げ、郵送受付を願い出ればOK。通帳と力ードの送り先には、私設の私書箱を利用した。クレジットカードは「T」というデパートの力ードに狙いを付けた。このカード、他でいくら焦げ付いていても簡単に発行されると評判で、審査もかなりアマイらしい。どうやら顧客獲得にやつきになっているようなのだ。
ある日、オレは清潔そうなスーツに身をまとい、Tのカード申込センターに出向いた。
「力ード、作りたいねんけど」「はい、ありがとうございます」
対応してくれたオバチャン店員と適当に雑談しながら、名前、住所、年齢、勤務先、勤続年数、年収、銀行の口座番号などを記入していく。名前と住所はもちろん作った際に使用したもの、勤務先や年収はすべてデタラメである。
「とりあえず審査をさせていただいた後、カードは郵送いたしますので」「どれぐらいかかんの?」
「そうですね。1カ月も見ていただければお手元に届くかと思いますが」
どうせろくな審査はしないだろう。本人確認さえ取れれば誰にでも発行するに決まっている。
そう、問題は本人確認だ。住所や名前、銀行口座は何とかなるにしても、勤務先の確認を取られたら万事休す。が、オレには策略があった。前記した、実際に力ードで詐欺を働いた、あの客が教えてくれたとおりにやれば必すカードがゲットできるはずだ。オレはTに電話をかけた。まだ審査を終えてないに違いない。頃合いとしては今しかない。
「あのな、1週間たっても力lドがけーへんねんけど、どないなってんねん」
「1週間?通常は1カ月ほどかかるんですが…。そのとき対応したウチの担当者は誰でございましたか」「そんなこと覚えてるワケないやないけ。アホか、おまえは」
口調はもろヤクザ。電話に出た若い女性は今にも泣きそうな声だ。
「お雷話代わりました」すぐに相手が年輩の男性に代わった。ヨシ、ここからが勝負だ。
「おたく責任者か。決済でける人間か」
「ははい」「おまえのとこ、百貨店やろ。欲しいもんがあって金がない場合に、すぐに買えるようにカードを発行しとんのとちやうんか。なんで、すぐに発行せんのや」
「担当の者に聞いてみないとわかりませんが、確認を取れなかったり、審査に時間がかかっていると
思います。もう少しお待ちいただけませんでしょうか」
「本人確認なら今、オレがこうやって電話してるんやから間違いないやろ」
この後も因縁を付けまくる。いい加減うんざりした様子の相手からついにポロが出た。「おたくみたいな人には、カードを作るも作れへんも、うちの采配ひとつですからね」
「ん?今、なんて言うた?もう一回言うてくれるか」
「。。。」明らかに狼狽している。ならば、ここは一気に攻めるしかない。
「オマエ、誰に給料もらってんねん。お客やな。」
「そうです」「お客いうても、いろいろおるがな。あんた、自分とこの株がどんな配当になってるのか知ってるか。あんたも定年まで無事に勤めたいのと違うんか」
何か言ってるようで何も言ってない。が、2日3日かけて考えたセリフだ。果たして、先方の態度は一変した。オレを有力株主の関係者とでも勘違いしたのだろう。とたんに手の平を返したような低姿勢で謝ってくる。私書箱にTカードが郵送されてきたのは、その3日後のことだ。現在の事情は知らないが、当時はかくもセキュリティがアマかったのである。

SM美人局、出張ホスト詐欺、ボッタクリバーで働く女の手口

0020_20181019165142f03.jpg 0021_20181019165143c76.jpg 0022_2018101916514594e.jpg 0023_20181019165146b09.jpg 0024_20181019165148181.jpg 0025_20181019165149f94.jpg 0026_2018101916515115e.jpg 0027_20181019165152ac3.jpg
そんな話をしながレイコさんの携帯は鳴った。レイコさんはこの5年間美人局、出張ホスト詐欺、それに繁華街でナンパされボッタクリバーに客を連れ込むキャッチガールもやっているという。

食中毒を偽装して高級ホテルを脅す詐欺の手口

0050_20181013091641959.jpg 0051_201810130916427f9.jpg 0052_20181013091643064.jpg 0053_20181013091645880.jpg 0054_201810130916462d1.jpg 0055_2018101309164855d.jpg
ホテル側の言い分は真っ向対立。シェラトンほどの企業が、正式な誓約書を手書きで残すはずもなく、脅され仕方なく書かされたもの。即座に保健所の調査も入り何の結果も出ておらず、そもそもノロウイルスが検出されたこと自体ホテルと関係あるかどうか疑問だとしている。
何とも不可解なトラブルではないか。確かに飲食店で中毒になったと騒ぎ、保健所に通報されたくなければ金を出せと脅すのは典型的な詐欺の手口だ。ホテル側の主張もわからないではない。
説明会の傍らで食中毒を偽装しては詐欺を働くネットワーカーたち。

オレオレ恐喝詐欺の騙し方とはどういう内容だったのか

0084_2018100523073755f.jpg 0085_20181005230738356.jpg 0086_2018100523073919c.jpg 0087_2018100523074117f.jpg 0088_2018100523074242c.jpg 0089_20181005230744e89.jpg
親族などを装い電話をかけて現金をダマし取るオレオレ詐欺が、日本全土を席巻している。
警察庁のまとめによれば、今年1月から9月までの被害総額はすでに129億円。毎月数億円単位で増加しており、このままいけば昨年の4倍を超える勢いだという。
新聞やテレビでも繰り返し報道されているにもかかわらず被害者が後を絶たないのは、オレオレ詐欺という犯罪が、日々進化しているからだろう。
1人暮しの老人などに「オレオレ」と身内を装い電話をかけ、事故の示談金や妊娠中絶費などの名目で現金を編し取る単純なものだった。が、今年に入りその流れは激変。警官役や弁護士役、事故を起こした身内などを装う、劇場型、他にもサラ金等の借金返済や、妊娠中絶費、誘拐を偽装するなど新たな手口が誕生している。しかし、もはやその手法さえも古いと言わざるを得ない。ここで紹介するのは、個人データと携帯1本で大金をダマし取る、究極のオレオレ詐欺だ。
昨年まで広域暴力団山口組の闇金グループに籍を置き、数人の店長以下数十人を統括する立場にいた人物である。当時はヤミ金業者として、多重債務者などを相手に法外な利子で貸し付けを行っていたが、ヤミ金禁止法、さらには五菱会トップの逮捕を受け撤退。今年の春再び舞い戻り、現在は各店舗の円滑な運営や新人の指導などにたずさわる傍ら、自らもオレオレ詐欺を繰り返してきたという。
手口は多くの人物を登場させ偽りのストーリーを作る、いわゆる劇場型オレオレ詐欺だが、しだいに割に合わないと考えはじめた。
「身内が事故ったとか妊娠したとか、家族絡みの話でいくと、職場や学校に連絡されたり警察に通報されたり話が大きくなりすぎる。本人と電話を繋がらないようにするのも面倒だしね。その上、テレビや新聞で大騒ぎでしよ。まさにハイリスクローリターンってヤシですよ」
そこで高島は考えた。もっと効率よく、安全確実に稼げる方法はないものかと。
元々ヤミ金業者の彼には、プリ携や架空口座は簡単に用意できる。さらには名簿屋をはじめ、プロ○スや武○士など大手サラ金にも太いパイプを持っているため、個人データの収集も難しくない。
「例えば男性の個人データがあるとしたら、そこにオレオレ詐欺の電話をかけて失敗しても、今度は架空の借金返済を迫ったり、ヤミ金の営業をかけることもできる。ま、要するに相手の状況しだいでストーリーを変えたらいいんです。それも俺1人が携帯1本でやれる話をね」
高島が1枚の紙切れを差し出す。某大手サラ金業者の名前が記された顧客データだった。高島は考えた。保証人の娘から金を取るか。いや、まだ20代なら親を脅す方が得策ではないか。
「こいつ、この時点で課長補佐なんで、今はもっといい役職に付いてる可能性が高い。年収も600万以上ありますからね。絶対に取れる自信はありました」
結局高島は「ホストクラブの経営者」を演じ、娘の飲み代のツケを父親から徴収するストーリーを作り出す。以下、その一部始終をここに再現する。
最初のうちは、かたくなに支払いを拒否していた被害者だが、高島の説得とも脅しともとれる話術によって、いつのまにか自分にも責任があると洗脳されていく様がわかる。電話口の見知らぬ相手に何度もお詫びやお礼の言葉を繰り返し、自分が編されていることすら気付いていないのだ。
翌日の午後2時、再び携帯に電話した高島は「娘の家の前まで来たが会えない」と伝え、タナカさんの払う意思を再度確認。銀行の窓口業務が終わるまでに振り込まないと延滞金が加算されると焦らせ、結局、1時間後に頭金として振り込ませている。さらに翌週、2回にわけてさらに振り込ませ、合計120万円を編し取ったという。
「今のところ、オレにとってはこの方法が一番手っ取り早い。もし保証人の欄が男性名だった場合は、キャバクラのツケや、金融屋の借金取り立てでもいいし、逆に娘からカネを取る方法だって可能です。要は、データによってその都度話を考えていけばいいんです」
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます