誕生日 - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレの作り方
2018/01/09

風俗嬢に誕生日プレゼントにセックスさせては通用するか

SnapCrab_NoName_2018-1-9_19-53-3_No-00.png
先日、いつもお世話になっている某週刊誌の編集長が誕生日ということで、バースデーパーティーが行なわれました。大人数の編集やらライター、カメラマンが集まっての大盛りあがりです。
「お誕生日、おめでとうございます〜」
「いやー、町田君。ありがとう!飲んでる?」
編集長にご挨拶すると、ニコニコと上機嫌。両脇にキレイな女性をはべらかしております。やっぱり一流雑誌の編集長ともなると、近くにいる女性もキレイな人ばっかりです。
「ねぇ〜、編集長〜。誕生日プレゼント、なにがいい〜?」
「ん〜〜、そんなの決まってるでしょ。セックスでしょ」
「やぁだぁ〜〜」
女子たちと、そんな会話を楽しむ編集長。なんというか、こんなエロい受け答えも絵になるというか、スマートというか……。ボクが知ってる裏モノの編集長では、こうはいきませんよ。ハイ。
……ハッ!!!!!その瞬間、雷に打たれたような衝撃!圧倒的なひらめきが、ボクの脳裏に浮かんだのです!
……〝誕生日プレゼントにセックス〞これって、実はうまくいくんじゃないでしょうか?フーゾクに行って、
「今日、誕生日なんだよね」と宣言(もちろんウソ)。それによって、
「本番していい?誕生日だから!」っと頼めば、ヤラせてくれるんじゃないでしょうか??ものすごく単純ですが、天才的な思いつきに思えてきました!もしコレが実証されたら、フーゾク界に革命が起きますよ!そんなわけでございまして、フーゾク界に革命を起こしかねないこのテーマ。今回は、キーワード検索で店探しをする必要はありません。なんとなく新宿で見つけた「R」というお店に行ってみましょう。
某日の夕方。歌舞伎町にある「R」の案内所をたずねると、西岡徳馬似の店が女のコの写真をみせてくれました。フンフン、金髪ギャルから黒髪のピュア系女子大生風と、いろいろ揃ってるじゃないの。「もう、どのコもサービスいいですよ、間違いありません!」 
鼻息の荒い西岡徳馬。う〜ん、今回はどんなコでもOKなんだけど、まぁ「イチャイチャプレイが好き」とか「受け身でM女」みたいのが、本番はやりやすいんだよなぁ。どう、そういうMっぽいコっているの?
「Mならば、このAちゃんですね!とっても良いコでリピーターもガッチリ付いてますから!」
写真を見ると、昔懐かしの渡辺美奈代っぽい感じの22歳。目がパッチリしてて、かなりカワイイ。うん、じゃあこのコで!60分1万5千円(ホテル代別で3500円)を店員に支払い、さっそくホテルへin!さぁ〜、いよいよ検証が始まります!
……って、待てよ。もし「今日が誕生日なんだよね」って言ったときに、「え?じゃあ確認できる物見せて?」って言われたらどうしよう。……いや、そんなわけないか。そんなことさすがに確認して来ないよね。まぁ、せめて何座かくらいはネットで確認しておくか。あと、さすがに向こうから「じゃあ、誕生日プレゼントね♪入れるよ〜ずぶずぶずぶ☆」なんていう展開はないだろうから、ある程度はコッチから攻めなきゃダメでしょうな。ボクがイニシアチブを取ってガンガン攻めて、ムァンコがトロトロになったところで「入れていい?」って耳元で囁く。そうなれば「じゃあ、誕生日プレゼントね♥」みたいな感じで、入れさせてくれるんじゃないでしょうか。なんかイケそうな気がしてきました!
コンコン。
……来ました!
「こんにちは〜〜。待ちました〜?」
そう言って入ってきたのは、白いジャケットに水色のミニスカート。キレイ目OLっぽいAちゃんでした。ウン。昔の渡辺美奈代に似てる!けっこうカワイイじゃない!とりあえず、ベッドに並んで座ります。
「Aちゃん、カワイイね〜、大人っぽく見えるけど何歳?」
「カワイクないですよ〜。24歳です」
……ん?店のプロフィールでは22歳だったはず。まぁ、フーゾク店のウソは、まぁいいとして、年齢を聞いたのは別の目的があるからです。
「へ〜。じゃあ、俺と16歳も離れてるんだね。実は俺、今日が誕生日でさ、40歳になったんだよ」
どう!? このさりげなさ!いきなり「俺、誕生日なんだよ!」って言うと、わざとらしいからね。
「え〜〜、おめでとうございます〜。40歳に見えないですよ〜。じゃあ、今日はケーキとか食べなきゃですね!」
「あ〜……でも、まぁ彼女もいないし、ケーキは食べないかな」
「そっか、ひとりで食べるのはちょっと寂しいかもですね。え、だからフーゾクに来たんですか?」
……そういう理由とかは考えてなかったけど、それ、いいかも。
「そう、なんかつまんなくてね。だから楽しめたらいいなって」
「そっかぁ〜、じゃあ、頑張るね!」
あれれ?なんか好感触!
それでは、いよいよプレイ開始です!まずはキス、そして、首筋へのキス。服の中に手を入れて胸を揉むと、推定Dカップのオッパイがバインバインと心地良いです!
「あ……ん……シャワー……う…ん…」 
シャワーを挟もうとするAちゃんですが、もう勝負ははじまっております。そのままスカートに手を入れて、パンツのクロッチ部分に指を這わすと、しっとりと湿っているじゃありませんか。
「え……もしかして、もう濡れてる?」
そう言うと、上目遣いでチラっとボクを見たあと、コクンと頷く。なにそれ!Aちゃん、超かわいいじゃない!パンツの横から指を入れると、いきなり中指が第二関節までヌルンっと入ります。「あぁーー……!」と小さく叫ぶAちゃん。キスをしながら指をかきまぜると、ギューっと首に手を回しながら「あ、ん、っっっん!」とくぐもった声。あれ?っていうか、早くもコレって入れられちゃうんじゃないんでしょうか?一応聞いてみましょうか?せっかくですから。
「Aちゃん。痛くない?」
「いた、くない……。気持ち…いい……」
「Aちゃんの中、超あったかいし、気持ち良さそう……」
「ん……〜〜やだぁ、恥ずかしい……」
「入れても、いい?」
そう言うと、トロ〜ンとした目をゆっくりと開く。
「……ゴム、してくれる?」
うぇえええーーーー!!!  来ちゃったーー!!!!! 
試合開始から10分しか経ってませんけど?なにこれ?メッチャ簡単じゃないですか?高校野球だったら、まだ試合開始のサイレン、鳴り終わってないですよ!
プレイボールホームラン!『ドカベン』の岩鬼か!気持ちが変わらないように、光りの速さでズボン&パンツを壁に叩き付けて、ゴムを装着!
もちろん、スカートははいたまま、パンツを横にズラして……ゴォーーーーーーチッ!!!!
「あぁあああーーーー!!  大きいぃぃ!!!!!」
入れた瞬間、奥にドーン!
ムリムリっと肉壁を抜き進む快感がティンコにビシバシ伝わってまいります。イヤ〜〜、最高です!
ハッピバースデーーツーーピューーー!(射精)
本番が終わり、Aちゃんに聞いてみます。
「気持ちよかった〜。ありがとうね。いつも本番しちゃうの?」
「しないよ〜。フーゾクはじめて半年くらいだけど2人目かな。ひとりは無理矢理されちゃって……だから本番、怖かったんだ」
マジ??じゃあ、なんで本番ヤラせてくれたの?
「えー、なんかお客さん、良い人そうだし、『このコ、本番できるぜ』って誰かに言ったりしなそうだし。あと、誕生日でしょ。だから特別、ね?アハハ!」
……ちょっと待って下さい。こんなにうまく行って良いんですか?
だって、
「この女と本番ヤリました!」っていう報告を、全国の書店にバラまくのが仕事ですよ
スポンサーサイト
[PR]

[PR]