0020_20180725114942610.jpg 0021_201807251149442d7.jpg 0022_20180725114945dc6.jpg 0023_201807251149475d3.jpg 0024_2018072511494837d.jpg 0025_20180725114950fc5.jpg 0026_20180725114951800.jpg 0027_20180725114953171.jpg
多くの子供と同じようにプラモデルが好きだった。どちらかと言えば、作ることより、なるべくたくさん集めることが目的だった気がする。コレクター体質なんだろう。中学に入るころには、ナイフやモデルガンなどの武器に強い興味を持ち、買い集めたコレクションを部屋の棚に飾るようになった。社会人になり、自分のお金を自由に使えるようになると、その趣味にさらに拍車がかかっていく。ミニチュア模型にはまりだし、フィギュアや武器などの区別なく、自分がカッコイイと思うデザインのミニチュアものを見つけると、手当たり次第に購入した。全種類をコンプリートしたくて、箱ごと買うなんてこともしばしばだった。そのせいで俺の部屋はカオスな空間になったが、初めて部屋に来た友人たちが必ずと言っていいほど驚いてくれるのがうれしかった。30代になってすぐ、ネットで面白そうなアイテムを見つけた。のこぎりやナタ、刀などの刃物を型どった、かなり精工な作りの携帯ストラップだ。カッコイイじゃん。一発で気に入った俺は、すぐさま3種類全てを注文した。携帯ストラップに魅かれたのは初めてのことだった。届いた商品を携帯に付けて、友達たちに自慢した。
「これすごいだろ。本当に切れんだぜ」
「そんなのぶら下げてたら危ないじゃん」
「大丈夫だって、ちゃんと鞘もあるし」
「邪魔じゃね?」
「ぜんぜん」 
普段からシルバーや数珠のようなアクセサリーをジャラジャラ身に付けて歩いているので、これぐらいかさばっても平気だ。そんなある日のこと、俺はいつものように新宿のバーに出勤するため、往来を歩いていた。
「すみませーん、ちょっといいですか?」
2人組の警官に声をかけられた。
「すみませんけど、荷物みせてもらってもいいですかね?」
「はいはい、どうぞどうぞ」
素直にカバンを開き、ポケットから財布と携帯を取り出して手渡した。
「何だこれ。ダメだよこんなの持ってたら」
「え?」 
警官が買ったばかりの携帯ストラップをつまんでいた。
「いやいや、それストラップですから」
「ストラップでもなんでも、この大きさだと銃刀法違反だよ」
数センチにも満たないのに?こんなのカッターナイフよりも短いだろうが。
「だっておまわりさん、携帯ストラップですよ」
「言いたいことはわかるけど、ダメなものはダメなんだよ」
「いやいや、ちょっと待って…」「はいはい、じゃ、詳しい話は署で聞きますから」何を言っても聞き入れてくれず、パトカーで近くの警察署まで連行されてしまった。取調べ室では、3人に囲まれた。
「このノコギリね、なんでダメかっていうと、刃渡りが5・5センチ以上で…」
なんでそのストラップが違法なのか、優しそうな顔をした警官に長々と説明された。数年前に銃刀法が改正され、とにかく小さい刃物でも正当な理由なく持ち歩くと違反になるんだとかなんとか。知るか、そんなこと。
「放棄してくれたらいいことにするから。申し訳ないんだけど、没収させてもらいます」
「ええ?結構高かったんですよこれ。弁償してくださいよ」
「残念だけどあきらめて。今回は注意ってことで終わるから。本当は逮捕されてもおかしくないんだよ」逮捕もありえると聞き、二の句を継げなかった。
京都というところは車での移動に不向きな町だ。細い路地や一方通行ばかりで、駐車場が少ないわりに違法駐車には厳しい。だから20代のころから、どこへ行くにもスクーターを足代わりに使ってきた。毎日の通勤はもちろん、近所のコンビニに行くときもスクーターだ。車体が小さいので手軽に乗れるし、自転車が置けるスペースさえあれば、どこにでも駐車できる。短い時間なら、店の前の道路に停めても切符を切られたことはないし、歩道の上だとしても、自転車の横に停めておけば、咎められることはない。運転も真面目な方なので、飲酒運転はもちろんスピード違反もほとんどせず、免許証はずっとゴールドのままだった。昨年の春。近所のレンタルビデオ屋にDVDを借りに行った。その店舗はマンションの一階にあり、目の前の歩道にはいつも利用者の自転車や小さなバイクが停めてあるのだが、その日はいつもより客が多いのか、一番端っこのわずかな隙間しかスペースがなかった。
仕方なく、隣の敷地に少しはみ出すかたちでバイクを停めて店内へ。十数分後、バイクに戻ると、駐禁切符がハンドルに貼られていた。くそっ、やられた!生まれて初めての駐車違反だ。監視員が目ざとく見つけたらしい。せっかくのゴールド免許がこれでパーか。ハンドルに貼られた切符は、すぐにクルクル丸めてポイ捨てした。こんな罰金、ほっといてもどうってことないだろう。何週間か過ぎ、自宅に封筒が届いた。「放置違反金納付書」と書いてある。罰金を払うための用紙だ。めんどくさい、たかが9千円程度、無視しておこう。それから半年が過ぎたある日のこと。携帯に見知らぬ番号から電話がかかってきた。末尾が110ってことは、ひょっとして…。
「山科警察署の交通課の者です。秋山さんいらっしゃいます?」
「はい、僕ですけど」
「覚えとるかな。●●(住所)なんだけど、そこに二輪のスクーターを停めたのが駐車禁止になってんねんけども。これ、出頭してもらえる?」
9千円のためにわざわざ出頭すんのかよ!こんなことなら払い込んでおけばよかった。あ〜めんどくせー。2日後、山科署へ赴いた。
「秋山です。交通課の方から電話もろうたんですけど」
「ちょっと、ここで待っててもらえますか」 
係の人に案内され、取調室みたいな部屋に通された。しばらく待っていると、おまわりさん2人が登場し、違反切符の控えを出してきた。
「これ覚えてる?」
「はい、覚えてます」
「まだ払われてへんからね」
「はい、ドタバタしてちょっと忘れてたんですよ」
「ああ、そうかー。しゃあないなー。で、悪いけど秋山君、逮捕するから」
「え!?」
「いま9時13分な」
「いや、ちょっと待ってください」 
ガチャ。金属製の黒い手錠を両腕にはめられ、腰ヒモもつけられた。
「なんで逮捕なんですか?」
「うん、払ってないから、仕方ないねん」 
部屋の外に出ると、俺以外にも3人の男がいた。ヤンチャそうな若い男とオッサン、そして爺さんだ。4人でぞろぞろと指紋押印と写真撮影を終えて、取調室に戻る。そこで30分ほど待たされ、再び手錠をはめられて護送車に乗り込んだ。まさかバイクの駐禁でこんなことになるなんて。簡易裁判所に腰ヒモと手錠姿でゾロゾロ入っていくと、事務手続きしていた他の客たちが我々の方を見てぎょっとしていた。たぶん、重犯罪者だと思われたのだろう。「駐車違反ですね。覚えてますね。今日お金もってきてますか?今から支払ってもらえないと泊まってもらうことになりますから」
俺はなんとか手持ちの金で払ったが、酒気帯び運転で30万以上の罰金を食らった爺さんは、そんな金を持ってるわけもなく、呆然と立ちつくしていた。
若いころからナンパが好きだった俺は、出会った女の子との思い出をブログに書きとめていた。やりとりを面白おかしく日記風に書いていくだけなので読者の数も少なく、自己満足のようなものだ。
ところが女の子のハメ撮り写真やエロプリを載せるようになってからはアクセス数も飛躍的にアップした。顔やアソコにモザイクが入っていても、やはり現場の写真があれば臨場感が段違いなのだろう。コメントをくれたり応援メッセージを寄せてくれる常連も少しずつ増えていった。あるとき、その中の1人、デコポンさんという男性からメールが届いた。
『いつも楽しい日記ありがとうございます。実は僕も趣味でハメ撮りしてるんですよ。よかったら画像交換しませんか?』 常連さんだし、断る理由はない。
『もちろん、いいですよ』
こうして、お互いが持ってる女の子の画像を交換することになった。修正する前の写真だけにどこかへ流れないか心配だったが、リスキーなのはお互い様。キンタマを握り合う関係なら心配なかろう。
デコポンさんの作品は、可愛い大学生風の写真が多かった。いったいどこで見つけてくるのか、いつもうらやましく思っていた。そのうちデコポンさん以外の常連とも写真交換するようになった。やはりこういうブログの愛好者にはハメ撮り趣味の男が多く、コメントのやりとりをするうち、どうしてもコレクションを披露しあう仲になってしまうのだ。仲間が増えるにつれ、自分が撮った写真だけでなく、過去に交換でもらったモノまで人に流すようになった。俺のレパートリーだけでは追っつかないのだ。みんなもまた同じようで、以前にもらったはずの写真が別のメンバーから回ってくることも
よくあった。
平日の朝。自宅の布団で眠っていると、突然アパートのチャイムが鳴った。こんな朝早くに誰だろう。玄関のドアを開けると、スーツ姿の男3人が立っていた。
「神奈川県警のものです。何で来たかわかりますか?」
「いや、わかりませんけど」
「これ令状だから読んで」
『被疑容疑につき家宅捜索と押収を許可する』と書かれていた。ガサ入れってヤツか?
「この女の子の写真、見たことあるでしょ。2カ月前にメールでもらったの覚えてますよね」
女の子の裸が印刷された紙を見せられた。デコポンさんがくれたヤツだ。
「え、何がいけないんですかね」
「この子、20才未満なんだよ!」
「え?」
「パソコンと携帯、全部見せてもらうから。同意して」
4人の警察官がドカドカと部屋に上がり込んできた。
「パソコンの電源入れてもらえる?」
「はい…。あの、未成年の写真をもらったらダメなんですか?」
「もらうだけならいいんだけど、それを第三者にあげたりしてるとマズイかもね」
警官たちは俺が送ったメールや画像を画面に表示させてカメラで撮影すると、パソコンと携帯、撮影で使ったデジカメなどをすべて回収していった。二度目に警察が来たのは、その半年後の夏だ。早朝7時に、突然部屋のチャイムが連打された。
「警察だ。ドア開けて。もうわかってるよね?最低でも20日は出られないから。着替えと現金、あと免許証もって。職場に電話するなら早くして」
バタバタと職場の上司に事情を話し、着替えを準備したところで「じゃ、8時5分、逮捕ね」
黒い手錠をはめられ、そのままパトカーで警察署へ連れていかれた。警察の説明によると、どうやらデコポンさんが使っていた出会い系サイトは未成年を大量に抱えた悪徳業者だったらしく、芋づる式に40人もの顧客が逮捕されたらしい。俺は18才未満の女の子の画像を他人に提供したことを問題にされ、「ポルノに関わる行為等の処罰及び保護等に関わる法律違反」に問われてしまった。
知らずにやり取りをしていたので、本来なら罰金で済むような内容なのだが、運悪く性犯罪に厳しいことで有名な女性検察官だったこともあり、起訴され、1年半の有罪判決を食らうことになった(執
行猶予3年)。
俺の趣味はカメラだ。風景や建物には興味がない。やはり被写体は若い女の子に限る。それも街を闊歩する自然な姿や表情がサイコーだ。だから休日にはよく渋谷へ繰り出した。季節を問わず、女の子が大勢歩いているので、シャッターチャンスは腐るほどある。可愛いと思った女の子がいれば、顔がわかる位置まで近づいてシャッターを切る。もちろんローアングルから下着を隠し撮りしてるわけじゃないし、胸チラ狙いでもない。俺が撮るのはあくまでスナップ写真だ。今年の夏、ある晴れた週末の昼下がり、俺はいつものように渋谷の街で女の子たちにレンズを向けていた。ただ、撮影方法がいつもと違った。カメラを腰の位置に構え、撮られていることを意識されぬよう工夫したのだ。これだと脚も長く見えるし。こいつはと思うターゲットを見つけたら、ファインダーを覗くことなく、腰元でシャッターを切り、その場を立ち去る。その繰り返しだ。と、いきなり背後から何者かにズボンの後ろの部分をグイっと掴まれた。痛ててて。
「オマエ、ナニ撮ってんだよ!」
イカツイ体つきをした兄ちゃんだった。
「何ですか?」
「いまナニ撮ってたんだよ」
「何も撮ってねえよ」
「女の写真撮ってただろ」
「撮ってねえよ。風景だよ、風景。いいからその手を離せよ」
とっさにウソをついた。さっき撮った子のカレシとかだったら面倒そうだ。「離したら逃げんだろ。いいからこっち来い、オラ」虚勢を張ってはみたもの、相手の力はかなり強く、そのままぐいぐいと駅の地下街まで引っ張られ、デジカメの中身を見せろ見せないの押し問答となった。
「じゃ、警察行くぞ」
「は?警察?」
カメラには今日の分だけでなく、過去に撮影した写真も残っているが、ヤバイものはない。いいじゃないか、警察行ってやるよ。ニイちゃん、恥かかせてやるから覚悟しろよ。
鬱陶しいことに、交番に向かう途中で男の仲間らしき男女のカップルまで合流し、3人に挟まれるようにして交番へ。
「おまわりさん、こいつ、隠し撮りしてたんですよ」
「いや、隠し撮りなんてしてませんよ」 
カップルの女が調子に乗って口をはさんでくる。
「私見たんですけど、カメラ低いとこに持ってました。すごい気持ち悪い。怖いです」
「じゃカメラ見せましょうか」
見てろよ、お前ら。土下座して詫びてもらうからな。モニターに女の子の写真が次々に表示されていった。警官が言う。
「女の子の写真ばっかりじゃない」
「でも見てくださいよ。下着なんて撮ってないでしょ」
「うーん、じゃあもうちょっと詳しい話聞きたいから移動しましょっか」
「え?なんでですか?」
どうやら警察署に連れて行くつもりらしい。ちょっと待ってくれ。下着は撮ってないのに、なんでだ。俺を捕まえた連中はここで帰され、俺だけが警官2人に付き添われてパトカーに乗り、渋谷署に向かった。完全に犯罪者扱いだ。取り調べ室に入ってからも、警官は同じ質問を繰り返してきた。
「本当は何撮ってたの?女の子隠し撮りしてたんじゃないの?」
「だから写真見てくださいよ。パンツなんか写ってないでしょ」
「でも体の下の方でカメラ構えてたんでしょ?」
「違いますよ。こうです。腰のあたりですよ」
「なんで腰の位置なの?」
「その方が人物の脚が長く見えるんです」
「ふーん、そうなの…」
隠し撮りの証拠がないだけに、向こうもこれ以上は攻めようがないみたいだ。「でもね、さっきのお兄さんたちも言ってたように、女の子が怖いって思ったのは事実なんですよ」
「はあ…」
「じゃね、これ、始末書書いてもらうから」 
反省文のようなものを書かされることになった。『私は○月○日、渋谷の路上で女性を含む風景の写真を撮っていました。その撮り方により、女性に警戒心を与えてしまいました。今後はそのようなことがないよう気をつけます』これ、どうなんだ。普通にカメラ構えるだけなら大丈夫なんだろな?