連れだし - 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方
2017/07/21

連れだし率の高いガールズバーにノリ良くエロい子が多いピンサロ

201503084.jpg 201503085.jpg ここ、元々は老舗のフィリピンパブでしたが、何度か潰れたり復活したりを繰り返してるうちに、
いつの間にかガールズバーになってました。
 しかも女の子がみんな若くて可愛い上に、連れだしもOKという素晴らしい進化を遂げて。
 表向きはカウンターとテーブル席のある普通のバーで、入場料は2千円ほど。一杯飲んで帰るだけ
ならそれ以上のお金はかからないので、気に入った女の子がいない場合は安く済ませられます。
 席に着いてくれた女の子が連れだしのおねだりをカマしてきたら交渉開始です。うまくノリが合え
ば1万円、高くても2万程度の金額でホテルに連れ出すことができます。
 店内には結構な数の女の子がいますが、全員が連れ出せるわけではないらしく、「あの子、表に行
けるの?」と店員さんに確認してOKな子だけと楽しめるようです。
 まずはゆっくり会話を楽しんでから、という雰囲気ではなく、すぐに連れ出し交渉が始まるので情
緒のようなものは感じられないかもしれませんが、早くヌキたいときにはストレスもなく便利な店だ
と思います。
仲間内では「5050円の店」という名前で通ってる少し変わったお店です。
 入り口で5050円を払うと「こちらをお使いください」とペンライトを渡されます。店内がや
たらと暗いんです。ペンライトの光を頼りにゆっくりと中へ。ボンヤリと暗い照明に照らされた申し訳程度のバーとテーブル席があり、そこに着くと、女の子が横に座ります。
 このとき横に座ってくる女は、運がよければ20代の美人。悪ければ40代のオバハンです。暗さに目
が慣れてくると、ペンライトを使わずともブスか美人かはわかるんです。女の子は選べませんしチェンジもできません。完全に運任せなので、ダメだった場合は一杯飲んで帰るしかないでしょう。
 女の子と話をしていると、奧の個室に行くかどうか確認してきます。1万でどこまでできるかなど
と金額交渉で折り合いが付いたら、やはり真っ暗でタオルケットが敷かれただけの簡易的な個室に移動します。そこでズボンを脱がされ、ぬれタオルでチンコを拭かれたらプレイ開始。
 正直、女の子が若くて可愛い子のときは最高に楽しいですし、そうでもない子のときにはそれなり
です。プレイは本ヘルと同じと考えていいと思います。
 少々ギャンブル要素が高いものの、リーズナブルだし暗闇でペンライトを照らしながらの
飲みは結構楽しい。最後もキッチリ抜いてもらえるので、行ってみる価値はあると思いますよ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?