金沢のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:金沢

石川・金沢のおすすめソープランド・デリヘル体験談ガチンコリポート

0077_2018061211200793d_20190816195032ad5.jpg0078_2018061211200373d_20190816195033883.jpg201311077.jpg0084_20171102202940858.jpg0085_20171102202941000.jpg0083_20171101191658b0e.jpg
フリーで入ってもハズレが来ない。それが名店の証
若くてかわいい子がそろっている店はサービスが手抜きになりがちだが即シャクOKの子がいると思えば…アナル舐めからごっくんまで
ピンサロじゃあり得ない!アルコールが飲み放題ってのも地味にありがたいのよね〜
ここ、店内がピンサロのわりにやたらと明るいので、ほかの客のプレイが丸見えだ。個室の仕切りが低く、雑魚寝でサービスをうけていると、となりの客のサービスがイヤでも目に入ってくるのである。まるで乱交部屋のような光景に、初めて足を運んだ者はまず驚く。さすがパイズリ専門店、Hカップにして張りのあるお椀形の美爆乳娘、Gカップにして色白でスベスベ肌のマシュマロ乳娘など、とにかくデカくてキレイなオッパイの持ち主が多いんです。
しかもパイズリだけでは終わりません。フィニッシュ後も続けてコスコスされるうち、精子とも判断つかない透明の液体が噴射するのです。そう、名付けて「潮吹きパイズリ」。味わえるのはたぶんココだけ。みなさんも試してみてください。立ちVIPというこの店の特殊なシステムを説明します。表向きはセクキャバです。しかし途中で女の子がこうささやいてきます。
「ねえ、VIP席行こうよ」
そっちに行けばもっとイイことしてあげるよという意味です。ちょっと広めの寝転がれるVIP席では手コキやフェラなどのヌキサービスをやってくれます(女の子によってはできない子も)。これは普通のVIP席の話です。立ちVIPとは、その名のとおり、立ったままヌイてくれる部屋です。つまり客は立ちか寝転がるかを選べるわけですね。
そして立ちVIPではいきなりイメージプレイがはじまります。男にねぶられながら嫌々チンポをシゴク女といった具合に。まあ行ってみないとこの良さはわからんでしょうが、女の子けっこう演技がウマくていい感じなんですよね。
この店の評価すべきポイントは何といっても逆3Pコースに尽きるだろう。逆3P。つまり2人の客に対して、嬢が1人つくプレイのことだ(嬢2人、客1人の通常3Pコースももちろん可能)。
年若いギャルを、ともにオッサンである私と友人が、AV男優さながらに、よってたかってネチネチと責め立てる。これがもう興奮するの何の。ひとつの口に2本のチンコを突っ込んだり、一方にフェラさせている間に他方が手マンでちょっかいを出してみたりと、女を完全にオモチャ扱いするあの背徳感は、一度ハマると簡単には抜け出せなくなる。スクール水着専門店の看板を掲げるデリヘルだ。
こういう一部のマニアのみをターゲットにしたニッチ風俗は、あまり田舎では見かけないものだが、にもかかわらず、我が地元で開業してくれたその心意気にまずは拍手を送りたい。
もちろん、肝心のサービス内容は、ロリ心を満足させるに十分なものだ。嬢は20 才前後の若い子ばかり、しかも全員Dカップ以上の巨乳だ(Fカップ、Gカップもザラ)。この、スク水を着た若い巨乳娘というシチュエーションは、ロリ    アニメファンのツボをまさに突い たもので、さらにはスク水を着せたままのプレイも可能ってんだから、よくよく我々の心情を知り抜いている。
先日友人に連れられて入った店は、水着姿の若い女性が接客をする居酒屋だった。友人の話によると、一時は多く見られたこの手の店も、首都圏で残ってるのはここだけになってしまったという。
 パッと見たかんじ、水着を着たホール女性はみな若い。
酒を運んでくる彼女たちの年齢を聞いてみたところ、女の子のおよそ9割が10代であった。
 なかでも、水着の上にスケスケのパレオを着ていたコは特に若く見えた。何かそういうルールでもあるのだろうか。以前から、ある種のマニアたちの間で注目を浴びているデリヘルだ。というのもここ、もともと19〜20才の嬢が充実している店なのだが、中にはHPの年齢表記より明らかに若く見える子がチラホラいるともっぱらの評判なのだ。
 実際、俺も興味本位で利用したことがあるが、ホテルのドアを開けた瞬間、毛穴という毛穴からイヤな汗が吹き出してしまった。その肌つや、そのあどけない表情、これはイカンでしょ!
 即座にチェンジ宣言をしたのは言うまでもないけど、とにかくああいう怖い思いは一度きりで十分だ。昔ながらの民家が建ち並ぶ住宅街に、ぽつぽつと点在する古めかしいスナック群(およそ5、6軒)。実はこれらの店はどれも普通の飲み屋ではない。
 店に入って、ママに遊びたい旨を伝えると、それぞれ付き合いのある置屋からオネーチャンを呼びだしてくれる、一種の売春斡旋所になっているのだ。
 やってくるのは日本人女性が4、5人程度。大半は20代半ばといったところだが、時期によっては19才くらいの若い子も混じっているからなかなかどうして侮れない。あとは気に入ったコを選んで、近くのラブホへ流れるのがパターンだ。
 ネックをあげるとすれば、30分2万の高額な料金体系か。ただし、コスパがいいだけの味気ないデリヘルと比べれば、よほど風情はある。この商店街にはピンサロがいくつも軒を連ねるが、そのうち唯一この店だけは、こっそりと本番プレイを行っている。いや、こっそりでもないか。路上の客引きが堂々と「フルコースで楽しめちゃいます」とか言ってるくらいだし。
 フーゾク店の摘発が盛んなこのご時世に何ともイケイケな営業姿勢だが、ひるがえって客に対してはこれほど誠実な店もそうそうない。60分1万円というコスパの良さ、粒ぞろいの嬢たち。
 が、何と言ってもこの店の良さは、その構造にある。プレイの場所が、本サロではおなじみの個室タイプではなく、仕切りもカーテンもないただのベンチシートなのだ。つまり周囲から丸見えで、行きと帰りは他人のセックスを盗み見することもできる。文句の付けようがない。
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます