電マのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:電マ

  • 2019/10/27裏風俗・風俗体験談

    学校を卒業したばかりのウブっ子たちが、恐る恐る風俗の世界へ足を踏み入れるこの時期、特に未経験者でも入りやすいライトサービスの手コキ店には、今年も質のいい素人娘たちがワンサカ集まっていることだろう。 そんな1年で最もアツい今の季節に、あらためて確かめておきたいことがある。電マの威力だ。今さら説明の必要はないと思うが、電マはゴム製の丸い先端部分がブルブル震えるだけの道具だが、ハマる子にはめちゃくちゃハ...

    記事を読む

  • 2019/09/17SEXテクニック

    1、サランラップでぐるぐる巻きにすれば絶対にハズれません2、クリだけじゃツマんない。女の手首を持って指をアソコに突っ込む女に自分でマンコをさわらせるこのプレイ遊び心がある男はこれくらいのことはするものだが寝転んだままでは穴には届かないわけで3、アナルを舐めさせる秘策!逆シックスナインで電マやめちゃうよ?アナル舐めさせるのって難しいですよねでも、女の子たちが大好きなコレさえあれば…マンネリ化している...

    記事を読む

  • 2019/09/13奴隷ちゃん調教

    しおりですよろし<お願いします・普段は都内でマスクをする仕事(何がはヒミツ)をしていて、たまに撮影モデルのお仕事もやってます。皆さん応援してくださいねドキドキ…何されちゃうんだろう。駅で時ち合わせをし、ホテルまでてくてく昼なので、普通の人もたくさんいたのでドキドキしましたこれでオナニーしてもらうよ電マを差し出してきました。お家でオナニーする事はありますが、人前ですることなんてないし電マって振動強い...

    記事を読む

  • 2019/08/20奴隷ちゃん調教

    マンネリ気味に。そこで、高橋さんから提案が。「この状能のまま、 親と友人に電話をかけて」さすがにそんなことは出来ないと首を振る私に「ドMなんでしょ?」と、高橋さん。 私としては断るわけにもいかなくなってしまいます。泣く泣く、家にいる母、ちょうど休みの友人にかけました。 電話の最中、高橋さんは ますます電マで私をハめてきます。火をつけてしまったようでねちねちと攻められ続けた私…すごく恥ずかしいこ...

    記事を読む

  • 2019/08/03素人の本物ヌード

      エロビデオを見るたび、いつも不思議に思っていた。なぜ、男優達は前戯にマッサージ器を使うのだろうか、と。皆さんも、一度はご覧になったことがあるだろう。クリトリスへの愛撫や女優の強制オナニーといった重要なシーンで、彼らは、かなりの確率で電動マッサージ器を手に取っていたはずだ。バイブやローターではなく、平凡な健康器具。そのチョイスには、長年の経験に裏打ちされた、確固たる理由があるに違いない。...

    記事を読む

  • 2019/07/27素人エロ画像

    はじめまして今月から当連載を担当することになったたさやかです。毎回、読者サマから調教案を頂き、私をイジメていただく素敵企画です。栄えある第ー回目は、読者の高橋さん(仮名)の案が採用されることになりました。私、実はいままで電マを 使ったことはあリません。 ドキドキした気持ちで当日を抑えました。待ち合わせしてすぐにホテルへ。その予想通り、電マを使いはじめるとドSの本性をあらわしました。でも嬉しそうで...

    記事を読む

  • 2019/07/14突撃リポート

    ドン・キホーテの一角で、ある光景を見た。サンプル品の電マを手にしたおばちゃんが、そいつを肩にブルブルあてていたのだ。考えてみりゃ普通のことだ。本来、電マはああやって使うものなのだ。当たり前のように女の股間にあててるオレらが変態なのであって…。ある作戦をひらめいた! こんなのはどうだろう?電マを手に、お見合いパーティに乗り込む。こっちの設定は肩こりに悩む男だ。だから堂々と電マを肩にブルブルしててもお...

    記事を読む

  • 2019/03/08突撃リポート

     不感症という名の正式な病は存在しないそうだが、現に感じないオンナは実在する。可哀想な限りである。この難病に立ち向かうのは、言わずと知れた電マ。百戦錬磨のマシーンならばなんとかなるのか...

    記事を読む

エッチ出来ないはずの新人手コキ・オナクラ嬢も電マでいかせれば本番SEXできるか|風俗体験談

0026_20190822093552ff2.jpg0027_2019082209355320e.jpg0028_20190822093554ab7.jpg0029_20190822093556d93.jpg0030_20190822093557e45.jpg0031_2019082209355952e.jpg0032_20190822093600baf.jpg0033_2019082209360210a.jpg0034_20190822093603b76.jpg0035_201908220936050ad.jpg
00063_20171213172120079_20191026140849c56.jpg00071_2017122519463898c_201910261408507ee.jpg00073_20171225194635823_20191026140851d03.jpg
学校を卒業したばかりのウブっ子たちが、恐る恐る風俗の世界へ足を踏み入れるこの時期、特に未経験者でも入りやすいライトサービスの手コキ店には、今年も質のいい素人娘たちがワンサカ集まっていることだろう。 
そんな1年で最もアツい今の季節に、あらためて確かめておきたいことがある。電マの威力だ。
今さら説明の必要はないと思うが、電マはゴム製の丸い先端部分がブルブル震えるだけの道具だが、ハマる子にはめちゃくちゃハマるようで、「セックスだとイケないけど、電マだったらイケるよ」なんて話は皆さんもよく耳にすると思う。
その電マの威力をもってすれば、まだスレていない新人手コキ嬢を、一瞬でトロトロにすることができるだろう。そして、四十路を過ぎた中年オッサンの俺でも、ハタチそこそこの上玉新人ちゃんを、その勢いで簡単にセックスまで持ち込めるのではないか。
さっそく実験開始だ。
まずは上玉の新人手コキ嬢探しから。ネットで可愛い子が多いと評判のいくつかの手コキ店のホームページを開き、出勤嬢の欄に「新人」と書かれた女の子を探してみると、某オナクラに、これはという新人ちゃんを発見した。
20才のフリーターAちゃん。プロフには、モザイク越しながら、色白で細身の可愛い雰囲気が伝わる写真が載っている。かなりの上玉ちゃんに違いない。問い合わせたお店のスタッフによれば、Aちゃんは1週間前から体験入店をスタートし、今日から本採用になったばかりの正真正銘の新人ちゃんとのこと。よし、1人目は彼女に決めた。すぐに予約し、ホテルにチェックイン。
あらかじめ用意してきた電マをカバンから取り出し、さりげなくベッドサイドに置く。これで準備完了だ。
間もなくして、コンコンとドアをノックする音が。
「こんにちはー、Aでーす。ウフフ」
ドアを開けると、爽やかな笑顔のAちゃんが現れた。色白の細身で、女優の吉高由里子を柔らかい雰囲気にした、奥二重の和風美人だ。写真のイメージより実物の方が数段可愛いぞ。
「Aちゃん、写真より可愛いね。髪型は変えたの?」
「あ、優しいですね〜。そうなんですよ〜、あの写真、この前すごい急いで撮ったんで、髪の毛ボサボサなままだったんです〜フフフ」
ほんわかしたしゃべり方で、どこか天然ボケっぽい雰囲気。こんな子とヤレたら最高だな。
「この仕事はいつからやってるの?」
「えっと、体験入店が終わって、今日が本入店の日なんです」
「そうなんだ」
「だから、本入店、初のお客さまなんですよ、エへへへ」 
体験入店で対応した客はまだ数人だが、みな紳士的で、特に大変なこともなかったそうな。当然、まだ股間に電マはあてがわれてないだろう。
「それでですね」
「ん?」 
Aちゃんが、俺の隣に腰掛けて、小さな紙切れを見せてきた。
「お客さまが選んだコースがこちらで、服の上から触ってもいいんですけど、それ以上はオプションになってるんですね」
「ほうほう」
「どうしますか?」
オプション表には、電マの項目はないので、「ヌード」のオプションだけつけてもらった(タッチは一切ナシ)。電マは途中で取り出せばいいだろう。裸で電マを当てられて、目の前に勃起チンコを出せば、当然入れて欲しくなるはず。よしオプションは決まった。
「とりあえず、ヌードだけでいいかな」
「わかりました〜フフフ。じゃ、はじめますか?」
ということなので、ズボンとパンツをおろして、手コキ開始。ローションも使わず、シュッシュッと単調で拙いストロークをひたすら続けるAちゃん。さすが新人嬢って感じなのは興奮ポイントだけど、こんなんじゃ射精できないぞ。
ここでAちゃんに服を脱いでもらい、綺麗なおっぱいを見ながら再び手コキしてもらいつつ、ちょっかいを出してみる。「ダメだよ〜」と言いながらカラダをかわしてくる。新人なのにそこはしっかりしてるんだな。
よし、やはり電マにお出ましいただくしないな。
「あれ?そこに置いてあるの、電マだ。Aちゃん、使ったことある?」
「え〜?ないですよ」
「ちょっと試してみようよ」
「え〜?」
枕元に置いたオプション表を手にとるAちゃん。
「電マですか…、オプション表にはないですねぇ」
「だからオプションとかじゃなくてさ、何事も経験じゃん。どんなもんか試してみようよ。気持ち良かったらメッケもんでしょ」
「はあ…」
なんとなく納得できてない様子だが、その隙に、電マのコンセントを差し込み、準備完了。
「じゃ、ちょっと横になってみて」
「はい…」 
と言いながら、パンツを脱ぐAちゃん。よしよし、やる気が出てきたみたいだ。
「とりあえず、強と弱があるから、弱の方でやってみよう」
「はい…」 
ブブブブ…ものすごく不安そうな目で、股間に近づく電マを見つめるAちゃん。電マの先端がマンコに触れた!
「ヒャッ!」 
大きな声を上げながら、カラダをビクッと震わせる。なかなかいい反応ですよ。
「痛くない?」
「大丈夫です。気持ちいい…」 
目をつぶり、手をぎゅっと握りしめている。ブブブ…
「ああ…あああ〜!」 
ブブブブ…
「ああ…、あっ、イヤッ!イヤッ!」
しばらくすると、俺の腕をギュッと掴み、全身に力が入ってきた。股間を見ると、ほとんど濡れていないものの、クリは赤く膨らんでいる。ブブブブ… 
「ああ、ああっ、ダメ、イッちゃう!ああ、イッちゃう、イッちゃう!」
脚をピンと伸ばした状態で止まるAちゃん。え?まだ1分くらいしか経ってないけど、ほんとにイッたのか?股間はあんまり濡れてないみたいだけど。
「イッたの?」
「うん…ウフフ」
よし、攻めるなら今だ。押し倒せ!と思ったら、サッと腕をほどかれた。
「ちょっと背中に汗かいちゃった。エへへへ」いながらそそくさと体勢を変え、ちょっと距離を置いている。あれ? なんか想像と違うリアクションだな。フニャフニャになってしなだれかかってくるハズだったのに。 結局、微妙な距離を置いた対面の姿勢で、俺のチンコを触り始めるAちゃん。普通にお仕事の続きを始めるつもりみたいだ。
試しに彼女の股間に手を伸ばしてみると、カラッカラに乾いてる。さっきのイっちゃうイッちゃう!
は演技だったのかも…。
結局、その後、どこを触ってもいい反応がないままで、乳首を舐めていいかと尋ねれば「ダメですよ〜」、入れさせてとお願いしても「ウフフ、ダメですよ〜」と、まったくもってとりつくシマなし。ダメだこりゃ。
2人めは、老舗オナクラに所属するBちゃんだ。25才と少々年齢高めだけど、色白の巨乳ちゃんでソソる雰囲気。この子で行ってみましょう。 
予約して、指定の狭いレンタルルームに入るや、わずか30秒ほどでドアがノックされた。
来るの早いな。まだ電マをセットしてないのに。
「あ、こんにちは…。よろしくお願いします」
ドアを開けると、黒髪で色白の化粧っ気の薄い女の子が立っていた。若いころの三田寛子似の和風美人さんで、キョドった感じが新人ぽくてなんともリアルだ。エロそうな雰囲気がビンビンしますよ。
「どうぞどうぞ。Bちゃん、この業界は入ってどれぐらいなの?」
「あ、あの、3回め…、というか今日で3日めです。フフ」
つい最近までОLさんをしていたそうで、別の会社に就職が決まるまでの間、就活しながらお金を貯めるため、ここで働くことにしたんだそうな。
素晴らしい。ほぼ新人ちゃんと言って差し支えないでしょう。
「3日間やってみてどうだった?」
「あの、勇気を出してって感じで始めたんですけど…、やっぱり怖いじゃないですか。でも、皆さん優しくて、感動しました」 
当初はデリヘルも考えたが、何日も悩んだ結果、やっぱり怖くてライトな手コキ店にしたんだそうな。 うん、なんだかすごくいい子っぽいし、ドMっぽくもある。ぜひともハメさせていただきたいものだ。
「あの、こういうのがあるんですけど…、オプションつけますか?」
ここでもオプション表が出てきた。ざっと目を通したが、やはり電マオプションはない。今回もプレイの途中で取り出そう。 ひとつ気になったのは、キスやおっぱい舐めなど、やたらと細かいプレイもオプション料金になっていたことだ。お金を払わないと何もさせてもらえない仕組みなのか。このあたりも、電マの力を借りて、どうにかクリアしたいとことろだ。とりあえずヌードオプションだけつけて、プレイ開始!
「では、よろしくお願いします」
「こちらこそ」 
いきなり電マを出すのもなんなので、上を脱がせておっぱいから攻めてみよう。Dカップはありそうな大きめの胸をサワサワしつつ、乳首に指が触れると(タッチはタダ)、「んんっ」といい声を出して身体がビクッと反応する。感度はいいみたいだ。 
よし、ちょっと早い気もするけど、電マの助けを借りるとしよう。
「あのさ、実は電マを持ってきてるんだけど」
「え?」
「電マって知ってる?」
「あ、はい。見たことはありますよ。ハハハ、持ってきたんですか?」
「うん、コレなんだけど」
「あーハハ、知ってます知ってます!」
「ちょっと試してみてもいい?」
「あ、はい。いいですよ」 
よし、オプション料金なしでОKがもらえたぞ。コンセントを差し込み、スイッチオン。ブブブ…と例の振動音が部屋の中に響く。
「じゃ、横になってみて。最初は軽く当ててみるから」
「はい…」 
緊張気味のBちゃんの股間に、まずはパンツの上から当ててみる。
「あっ…あっ、ああ…」
小さく身体を震わせながら喘ぎ声が漏れる。なかなかいい反応じゃないか。
「あっ、ああ、き、気持ちいいです。ハハハ、あっ…」
ほんの十数秒あてがっただけなのに、パンツの真ん中にシミができてきた。すごい濡れてるじゃん。
「気持ちいい?」
「はい。あっ、すっ、すごい、気持ち、いいです、あっ、ああ」
本当に気持ちよさそうだ。よし、このまま攻めつづけてみよう。ブブブブブ…
「ああ、ヤバイ、気持ちいいっ、ああっ、あああっ」
顔を手で覆いながら、身体をビクビクさせまくるBちゃん。このままイカせてあげよう。
「ああ…、イクッ、イキますっ…」
全身をガクガクさせてイッてしまった。これは演技じゃなさそうだな。
「はああ〜、イッちゃいました…。はあ、はあ」
パンツを脱がし、股間を触ってみる。クリと陰唇がビッチョビチョだ。
「うわー、すごい、クリもマンコも膨らんでるよ」
「ああ…、恥ずかしい…です」 
すかさず覆いかぶさってキスをかましてみたら、すんなり受け入れてくれるどころか、ベロベロと舌も絡ませてきた。キスオプションは無料でクリアだ。 そのまま空いた手で乳首をコリコリ。よしよし、また喘ぎ声が漏れてきたぞ。これは、このまま入れられるんじゃないか?
キスをしたまま勃起チンコを股間にあてがってみた。
「え…、あ、ダメ。ゴム、ゴム…着けて…」
よっしゃ〜! これぞ電マパワーですよ。持参のゴムを着けて、狭いベッドの上で正常位で合体だ。
と、めちゃくちゃ締まりが凄い!
夢中でガンガン腰を打ちつけていたら、あまりの気持ちよさに2分ほどで発射してしまった。一度も手コキしてもらわなかったけど、大成功!
続いての新人手コキ嬢は、在籍嬢が20才前後の美少女ばかりとの触れ込みで、出勤表に20人以上がずらりと並ぶ有名店から選んでみた。 
3人の新人ちゃんの中で、すぐに遊べるのが身長150センチと小柄なCちゃんだ。
目線の入りのプロフ写真でも、ひと目で美少女だとわかる雰囲気。お店側の説明にも「激カワ美少女の入店が決定しました!」とアゲアゲのコメントが書いてある。
予約を入れ、指定のホテルで電マをテレビの横にセットし、待つことしばし。ドアがコンコンと鳴った。来ましたよ〜。
「こんにちは〜」
「どうぞどうぞ」
「えへへ、お邪魔します。よろしくお願いします」
現れたのは白いレースのワンピースを着た、その辺のアイドルグループにいてもおかしくないレベルの小顔の美少女だった。すごいぞ、さすがは有名手コキ店だ。
「いや〜、可愛くてビックリしちゃったよ」
「ウフフ。ありがとうございます。はじめまして、Cです」
そんな舌っ足らずなしゃべり方で、ペコリと頭を下げられたら、おじさん胸がキュキュンしますよ。
「Cちゃんは、いつからこの業界で仕事してるの?」
「あ、先月の後半ぐらいですね」
「じゃ、はじめて2週間ぐらい?」
「そうですね。出勤は今日で5日目なんですけど」
「もう慣れた?」
「はい、ちょっとずつ慣れてきましたね。ウフフ」
5日目なら、まだ新人ちゃんといっていいでしょう。ちなみに、現在は大学生だそうです。
「男性経験って、どれぐらいあるの?」
「あ〜、どうなんだろ、そこまで多くはないけど、少なくはないです。えへへ」
なんだ、意外とヤリまくってるのかな。電マもやったことあるかもしれないな。
その後、過去の恋愛経験なんかを語り始めたのはいいんだけど、なかなかプレイに進もうとしないCちゃん。まさか、トークで時間を潰そうとしてないか?
「Cちゃんさ、今日はどこまでできるんだっけ?」
「え〜と、ご相談によりますけども。えへへ。まあ、値段交渉ってことになっちゃいますね」
あれれ、この子、ピュアっ子と見せかけて銭ゲバの可能性がでてきましたよ。
「そっかー、そうだよねー」
といいながら、試しに押し倒してみたが、嫌がられない。服の上からおっぱいをモミモミ。うん、ここまではタダみたいだ。じゃ軽くスカートもめくってみましょう。ズリズリ〜。 
あれ?Cちゃん、ワンピースの中にショートパンツを履いてるではないか。この上から電マをあてても効果低そうだな。 
とりえず、中に着ていたキャミソールを脱がそうとしたところ、「あ…、あの、いちおう、服を脱ぐのはオプションになるんですけど、いいですか?」
うん、やっぱりお金には厳しそうだな。でもヌードオプションの5千円を払えば、ショートパンツも、その中のパンツも脱いでくれるらしい。ここは払うしかないか。 さて、5千円を払って素っ裸にさせてみたはいいが、乳首を舐めようとしたら「それもお金が…」、ならばとクンニにトライすれば「それもお金が…ウフフ」とオプション料金を求めてくる。これはいよいよ電マのチカラを借りるしかなさそうだ。
「あ、そこに置いてあるの電マだよね。使ったことある?」
「あ、ないです」「じゃちょっとだけ使ってみない?」
「うん」 
よし。電マ出動だ。さて、どうでしょう? ブブブブ…
「んん…、ん…」
かすかな喘ぎ声をあげるCちゃん。あんまり気持ちよくないのかな? 
「ん、ん、ん、ん、あ〜!あ〜!」
よし、段々声が大きくなってきた。さらにブブブブ…
「んん〜ん!んん〜!」
よし、いい感じみたい。スキを突いておっぱい舐めに再チャレンジだ。ペロペロ〜
「ああ!んん〜ん!んん〜!」
よし、おっぱい舐めはタダで成功!
「んん〜ん!んん〜!ああっ、イッちゃう!イッちゃう!」
身体をビクビクさせて絶頂を迎えた。ビクビク体を痙攣させてるタイミングでクンニも再トライだ!ペロペロ〜。
「んん〜!んんん〜! !」 
これもタダで成功!よし、このままの勢いでチンコも入れちゃうぞ! 覆いかぶさって勃起チンコを濡れ濡れマンコにあてがう。まだ拒否られない!よし、チンコを手で持ってぐいっと押し込んだその瞬間、
「あ、ダメ…」 
身体をぐいっと引いて、思い切り逃げられた。惜しい!先っちょは入ったのに!
「ダメなの? ちゃんとゴム着けるよ」
「ごめんなさい、入れるのはダメ…です」 
頑なな感じで拒否られてしまったぞ。なんだよ、ここまで来たのに。結局、騎乗位スマタのような体勢の手コキで抜かれてしまった。帰り際、身支度しているCちゃんに、ほかの客に挿入させたことがあるのかと尋ねたところ、
「絶対に最後まではしないって決めてるんですけど…、50万円を払ってくれたオジサンとはしちゃいましたね…」 
と告白してくれた。 とてもじゃないが、電マごときじゃ勝ち目ないですわ。
2、中年おっさんでもやれるアロママッサージ嬢の口説き方
私は、手コキ風俗の女のコをよく口説いている。理由は単純、デリヘルやピンサロの連中はあばずれっぽくて触手が動かないが、手コキ嬢はけっこうフツーのオナゴが多いからだ。
ではどう口説くのか。自分はおっさんなので、見た目のアピール力はゼロだし、トークもさほど自信がない。そこで使うのは、プレゼント攻撃だ。 
まずは初回のプレイ中、会話がそれなりに弾んで感触が良さそうな相手だったら、帰り際にチップとして千円を渡して「また来るよ」と伝える。
そして日を置かずに再び店へ。その際、プレゼントとして、一般的に女が大好きであろう商品、アクセサリーを買っていく。私の定番は、デパートで売っている3千円程度のネックレスだ。ネックレスなんて、ベタだなぁと笑うなかれ。これ、かなり喜ばれる。その場でピョンピョン跳ねてはしゃいでくれたりする。
かくして2回目のプレイ後、さりげなく切り出す。
「よかったらLINEとか教えてよ。ゴハンとか誘いたいし」
オレの経験では、これまで8人にアプローチして、LINEを教えてくれたのは4人。その後、実際にメシの誘いに乗ってきたのは、2人である。 その2人、飲み屋に連れて行ってたらふく酒を飲ませると、すんなりセックスへ。しかも共に、その日一回切りの関係ではなく、何回かゴハンデートしてセックスする関係が続いた。手コキ屋ネックレス作戦、悪くない作戦だと思います。
3、作戦はずばり手料理
出会い系サイトの援交女を狙っています。とりあえず割り切りで会うのですが、好印象を持たせて仲良くなれればと目論んで動いています。
作戦はずばり〝手料理〞です。 
まずは事前に車で迎えに行くと伝えてアポり、合流したところでこう切り出します。
「せっかくなんでゆっくりしたいし、オレんち来ない?得意料理でも作らせてよ」
もちろん、「…おなか空いてないし」とか躊躇されたりもしますが、すでに車は走り出しているし、相手はだいたいついて来る。自宅に到着後は、一応先に援交代金を渡して、いざ作戦スタートです。
こちらが台所に立つと、相手は興味深そうに寄ってきます。「何作るの?」とか「よく料理するんですか?」とか。
別に大した料理を作るわけではありません。ナポリタンが私の定番メニューですが、だいたい普通に楽しんでくれる。タマネギのみじん切りを披露したりすると、相手はけっこうはしゃぎます。
目指すのは、恋人が家にやってきたときのような雰囲気でしょうか。もちろん恋人ではないのですが、かなりそれっぽい雰囲気になります。実際、いざナポリタンを食べてさせたところで、笑顔が出
ない女性はいませんし。 
その後、割り切りセックスについては、ゴハンの後、ダラダラだべった流れでヤって終了。そして「また遊びにきてよ」と連絡先を交換して相手を帰します。 
過去、この作戦を5人にカマし、後日、再び自宅に誘ってやってきた女は2人います。その2人ともお金の話をせずに普通にセックスできました。悪くない手法だと思います。
4、パンツにローターを固定作戦
風俗バイトの入口と言われる手コキ店の女の子は、通常のヘルス嬢の何倍もセックスに持ち込みにくいものです。でも、彼女たちの傾向を逆手にとれば、私のような男でもけっこうヤれちゃうもんなんです。もちろん、タダでですよ。
ご存知のとおり、手コキのお店は30分5〜6千円と、とてもリーズナブルなことで知られています。私は以下の作戦で片っ端から30分コースで手コキ店の女の子と遊びます。
まず、「自分は女の子が気持ちよくなっているところを見ていると興奮するんだ」と告げてローターをつけさせてほしい、とお願いします。ただし、これだけだと警戒するコも少なくないので、こちらは服を一切脱ぎません。 
パンツにローターを固定したら、最後に「恥ずかしいだろうから目隠しつけようか」と言って女の子にアイマスクをセットしてそのまま放置するんです。10分もすれば、女の子が本気で感じてきます。それでも手は出さず30分。タイマーが鳴ったところで感想を聞けば、まず「気持ちよかったです」と言いますね。そもそも、この時点で例外的なオーダーにこたえちゃうようなコなので内面に規範が備わってないんですよね。だから「だったらもっと気持ち良くさせてあげるよ。それはこんど会った時にね」といって連絡先(簡単な名刺みたいなもの)を渡すと返事がかえってくるんです。
後日、直接ラブホに向かい、今度はローターに加えて電マで攻めてやります。ここから次第にエスカレートして、乳首愛撫やクリタッチを続けていけば、警戒心がなくなってずっと喘ぎっぱなしになります。気づいたら若い子のマンコに私の黒いチンコが入ってるではありませんか。私なしでは気持ちよくなれない女の身体になっちゃってるんですよね。

アナルを舐めさせるには逆シックスナインで電マせめ|エッチテク

0078_20180903190700c4d_20191006121655711.jpg0079_20180903190701356_201910061216569f8.jpg0080_20180903190702451_201910061216587d4.jpg0081_20180903190704a44_201910061216594e2.jpg
1、サランラップでぐるぐる巻きにすれば絶対にハズれません
2、クリだけじゃツマんない。女の手首を持って指をアソコに突っ込む
女に自分でマンコをさわらせるこのプレイ遊び心がある男はこれくらいのことはするものだが
寝転んだままでは穴には届かないわけで
3、アナルを舐めさせる秘策!逆シックスナインで電マやめちゃうよ?
アナル舐めさせるのって難しいですよね
でも、女の子たちが大好きなコレさえあれば…
マンネリ化しているカップルにもオススメの逆シックスナイン。アナルを舐めさせるには逆シックスナインで互いのアナルをペロペロ舐め合うのだ。アナル好きにとっては丸見えだけで興奮するものだが口の中には性感帯があるとも言われているのでさらに興奮です。女はいつも通り仰向けの体制でいることが出来ますしМの部分を開発してあげましょう。その時は舌先や舌全体を使ったクンニや電マでクリトリスを徹底的に責めます。アナルとオマンコを両方舐めてあげると征服欲も刺激されイカせることができます。お尻周辺は神経も多くありますしじっくりと濡らしておけばスムーズな挿入感があじわえますよ。

電マオナニーの喘ぎ声を聞かせなさい・動画を見て興奮する女子大生|エロ画像

0114_20190519135832bb8.jpg0115_20190519135833ce2.jpg

しおりです
よろし<お願いします・普段は都内でマスクをする仕事(何がはヒミツ)をしていて、たまに撮影モデルのお仕事もやってます。皆さん応援してくださいね
ドキドキ…何されちゃうんだろう。駅で時ち合わせをし、ホテルまでてくてく
昼なので、普通の人もたくさんいたのでドキドキしました
これでオナニーしてもらうよ
電マを差し出してきました。お家でオナニーする事はありますが、人前ですることなんてないし電マって振動強いよーと思いつつ、でも受け取っちゃいました。お洋服をぬぐのはやっばり恥ずかしい
そしてオナニースタート…恥ずかしくてぎこちなかったけど、だんだん気持ちよくなっちゃいました。見られるって恥ずがしいけど、興奮しちゃいますね。クリちゃんに触れるくらいだったけど、だんだん押しつけたくなってきて。グリグリ当ててたら・・イっちゃいそう
一回イっちゃいました

美少女乳首責め・電マアクメ地獄|エロ画像

0122_2018071220520351e_20190820183025504.jpg0123_2018071220520595e_20190820183026623.jpg0122_201806082251107e7_20190820183024cc8.jpg0123_20180608225111314_201908201830289d2.jpg
マンネリ気味に。そこで、高橋さんから提案が。
「この状能のまま、 親と友人に電話をかけて」
さすがにそんなことは出来ないと首を振る私に「ドMなんでしょ?」と、高橋さん。 
私としては断るわけにもいかなくなってしまいます。
泣く泣く、家にいる母、ちょうど休みの友人にかけました。 
電話の最中、高橋さんは ますます電マで私をハめてきます。
火をつけてしまったようでねちねちと攻められ続けた私…すごく恥ずかしいことに、おもらしをしてしまいました。 
「あ?あ、シーツ汚れちゃったね」 

【エロ実験】代用バイブとしての電マの実力

0001_20171022204112ef9.jpg 0002_2017102220411384c.jpg 0003_20171022204111d62.jpg
SnapCrab_NoName_2019-8-2_22-42-42_No-00.png
エロビデオを見るたび、いつも不思議に思っていた。
なぜ、男優達は前戯にマッサージ器を使うのだろうか、と。
皆さんも、一度はご覧になったことがあるだろう。クリトリスへの愛撫や女優の強制オナニーといった重要なシーンで、彼らは、かなりの確率で電動マッサージ器を手に取っていたはずだ。バイブやローターではなく、平凡な健康器具。そのチョイスには、長年の経験に裏打ちされた、確固たる理由があるに違いない。
接触面の広さが効率のよい震動を生むのか、それとも単に画面映りを考えただけなのか。セフレを相手に実験を行った。
まずは、100円ショップのダイソーで買った、激安マッサージャーを試してみる。知り合いのエロ本編集者によれば、このアイテム、女子の間では、格安のオナグッズとして隠れたヒット商品になっているらしい。期待できそうだ。
ペン軸の先端を回してスイッチオン。先端をパンティの上から押し当てると、1分ほどで女の腰がくねり始めた。かすかに染み出す愛液、せつなげな吐息。普段のロータープレイとほぽ同じ反応だ。「でも、震動はローターより雑かも。直接クリに当てると痛そう。オナニー向きじゃない?」
そんなもんか。ま、果こそなかったが、ワンで購入可能な手軽さカバンに忍ばせておい恥ずかしくない辺り支持が高い
次に、やや高めの機械を試してみよう。オムロン社のHMー101(29000円)は、細かい設定が可能なツインヘッドタイプで、近所のホームセンターで、イチオシのチラシが貼られていたシロモノである。震動レベルを「中」にセットし、ダイヤルスイッチを回す。途端に、ガガガツと道路工事のような振動音が響きわたった。本当に大丈夫なのか?軽く心配になりつつも、陰唇からクリへ向かって一息にヘッドをなで上げる。
「ヒイッー」室内に響き渡る悲鳴を挙げ、女が反射的に腰を引っ込めた。やっぱダメか。
「ぜんぜんダメ。痛すぎ。話になんないから。死ぬって」
後で調べたところ、マッサージャーの震動には「タタキ」と「コスリ」の2タィプがあるらしい。前者が深刻な肩こりの治療用で、後者は日常使用のためのマイルド型。むろん、エロビデオで使われるのはコスリの方だ。
快楽の大波が起きるも直後に激しい力ユミが
最後は、AV業界で最もメジャーな機種、ハンディバイブMD-011(定価5500円市価1980円)。老舗のマッサージ機器業者として名高いスラィブ社の定番で、震動の繊細さには定評があるらしい。ひとまずスィッチをLOWに入れ、パンティの上からそっと押し当ててみる。電動歯ブラシのような細かい微振動が大陰唇をブルブル、陰核をグリグリ。
SnapCrab_NoName_2019-8-2_22-42-51_No-00.png
途端に女の腰が盛大にうねり出し、ダラダラと愛液が垂れ始めた。明らかに、これまでとは違う反応だ。
「あ、ヤバイ。ちょっと止めて止めてーヤバイからー・シャレになんない」
言葉とは裏腹、必死で快楽のビッグウェーブをこらえる女。と見る間に全身の筋肉が突っ張り、両足をヒクヒクと波打たせた。絶頂までのタイムは約30秒。最短記録だ。
「んもー、あっというま。超快感ってぐらいすごい。ハンパない。ローターを使ってた自分がアホかって。でも、やりすぎると他では感じなくなるかも。ちょつと怖いよね」
しかし、大成功で実験を終えた3分後、予期せぬ事態が起きた。にわかに表情を歪ませるや、女がマンコを掻きむしり始めたのだ。
「なにこれー。ほら、柚(ゆず)湯に入った後って肌がピリピリするじゃない。あんな感じ」
どうやら、ふいにマンコ周辺の血行がよくなったせいで急激なカユミが発生したらしい。この辺は今後の改善課題としたい。
電動マッサージ器による愛撫。確実に女性をイカせたい方には自信を持ってススメたい。ただし、この方法、あくまで陰唇の表面だけをコスるため、余韻が長い絶頂感は望めない。クリ派の女性には電気マッサージ、中派にはディルド型のバイブと、相手の体質によって使い分けるのが賢明かも。
↓インタビュー内容
そういう過去を持つキミに、こうしてお尻を突き出してもらえる思うと不思議な気分だよ。
はははっ。
セックスはバックが好きですか?なんで?
帰国子女ってのは何となくバック好きそうな気がするんで?
関係ないし( 笑。)でも、バックは好きですよ。
最近、セックスはしてますか?
こないだ久しぶりに彼氏ができたんで、1 年ぶりにャリました。
相手はどんな人?
大学のサークルの先輩で、今は社会人。
セックスはどうでした?
まあ、うん。ちょっと小さいかな( 笑)10センチ以下だし。
ガックリ?
はい(笑)
キミ、何だか好きモノだね。そんなこどないですよ
じゃあ、今までで一番良かったセックスを教えてください。
うん、大学1 年のときキャパでバイトしていたんですけど、そのどきのオジサンのお客さんかなぁ。
どうだったの?
バックで入れながらクリに電マ。あれはヤバかったS 。こっそりィキまくったし(笑)
実はぼく、今、電マ持ってるんんだけど 。
( 電マを渡す )
… … … はははっ。電マはやっぱりいいですね

【エロ画像】電マを使って初めてのアクメ地獄

a122_20190727145321f02.jpga123_2019072714532206c.jpg
はじめまして今月から当連載を担当することになったたさやかです。
毎回、読者サマから調教案を頂き、私をイジメていただく素敵企画です。
栄えある第ー回目は、読者の高橋さん(仮名)の案が採用されることになりました。
私、実はいままで電マを 使ったことはあリません。 
ドキドキした気持ちで当日を抑えました。待ち合わせしてすぐにホテルへ。
その予想通り、電マを使いはじめるとドSの本性をあらわしました。でも嬉しそうです。最初のうちは緊張で気持ちよくなったんです
ドMの私には刺激が強すぎて、快感に耐え切れなくなってこのまま、 親と友人に電話をかけて・・・ さすがにそんなことは出来ない、と首を振る私に「ドMなんでしょ?」と、高橋さん。
泣く泣く家にいる母ちょうど休みの友人に電話をかけました。電話の最中、高橋さんはますます電マで私をハめてきます。調教は続きます。
先ほどまでの動きよリも、更に細かい動きで電マ攻めをしてきます。
ねちねちと攻められ続けた私…すごく恥ずかしいことに、おもらしをしてしまいました。

オーガズムを与える電マ初体験の女のおまんこにあてイカせてみた

0204_201907141049022ce_201910261700463d3.jpg0205_20190714104903e0e_201910261700485f2.jpg0206_20190714104905e2b_20191026170049f8d.jpg0207_201907141049063ea_20191026170051b99.jpg0208_201907141049086ba_20191026170052f52.jpg0209_201907141049097d3_2019102617005438c.jpg0210_20190714104911424_201910261700559c9.jpg0211_20190714104912d3f_20191026170057f12.jpg
ドン・キホーテの一角で、ある光景を見た。サンプル品の電マを手にしたおばちゃんが、そいつを肩にブルブルあてていたのだ。
考えてみりゃ普通のことだ。本来、電マはああやって使うものなのだ。当たり前のように女の股間にあててるオレらが変態なのであって…。
ある作戦をひらめいた! こんなのはどうだろう?
電マを手に、お見合いパーティに乗り込む。こっちの設定は肩こりに悩む男だ。だから堂々と電マを肩にブルブルしててもおかしくはない。でも女は思う。
(この人、電マ持ってるんだ。今は肩にあててるけど、いざとなったら私にも使ってくれるかも)
 いわばこれは「股間もっこり」や「器用な指先」と同じく、ステキなセックスを想起させる武器なのだ。よーし、そんなにイキたいならイカせてやるよ!
 金曜の夜。電池式の電マを持参し、新宿のお見合いパーティへやってきた。
 女たちと順番に個室で5分ずつしゃべっていくスタイルで『30代40代編』。女性陣の数は6名だ。
 カバンから電マを取り出し、スィッチオン。電池式だが振動もパワフルだ。肩にあてながら、いざ、女の待つ個室へ。
 ノースリーブワンピースの派手顔の女性だ。
「どうも、仙頭です。笑顔がステキですね」
「…というかそれ?」
「ぼく、仕事がデスクワーク系なんで、肩こりがひどくって、マッサージ機を持ち歩いてるんです」
「持ち歩いてるんですか?」
「そうそう。ヘンですかね?」
「いや、ちょっとびっくりして」
 なんでびっくりするんだよ。こりゃ頭の中にヤラしい妄想が膨らんでるな。
「肩こりしない? たまにこういうの使ったりします?」
「しませんしません!」
 何をそんなに拒否ってんだか。ま、これはアッチの使い道を知ってる証拠ですな。幸薄そうな女が座ってた。「どうも、仙頭です。肩こりがひどくて、こういうのあててますが、よろしくです」
「よろしくお願いします。へー、セントウさんは出版会社勤務なんですね」
「雑誌を作ってます」
「ステキですね」
 電マにはまったく触れてこない。スケベなことを知らないピュアな女なの?
 電マの振動レベルを上げてみっか。
「いやー、それにしても肩が重いっすわ」
「そうなんですね」
 ボタンをピコピコ。モーターが唸り始めた。
「ごめん、ちょっとうるさいかもしれないけど」
「…大丈夫です」
「これくらいにすると、だいぶ効くんですよね。すごいっしょ、この振動?」
「…というか、病院へ行ったほうがいいと思いますよ」
 あら、本気で心配してくれてるのね。
 ちょいポチャだが妙にエロい雰囲気のネーさんで、第一声はこう。
「えー! それって小道具ですか?」
「いやいや、ツカミの小道具なんかじゃなくて、肩こりがひどい感じで」
「でもそれ、ちょっと怪しいやつですよね?」
 さすがはエロ顔さん。ノリがいいじゃん。
「そう思います?」
「だって、そうじゃないですかぁ」
 自ら下ネタを振ってくれるなんて、これは話しやすい。
「もちろん、ぼくも女性を悦ばせる道具だってことはわかってます」
「ほんとウケますね」
 いい流れいい流れ。もう彼女の頭にはアソコに当ててる光景が浮かんでるでしょう。
「じゃあ、カップルになりましょうよ」
「それはまぁ、前向きに」
 ビミョーな言い回しだな。どうなのよ、これって。
 若い子だ。オレが椅子に座るなり、大げさに心配そうな表情を浮かべてきた。
「もしかして、肩こりですか?」
「そうなんですよ。これでグイーンってやってると肩がラクなんで」
「わかりますー」
「持ってるんですか?」
「いや、そういのは持ってないんですけど、私も肩こりだからツライのわかります。でも最近、ラジオ体操やるようになったら、かなりマシになったんですけどね」
 おいおい、本格的な肩こり話になってきたぞ。
「寝る前に、ラジオ体操の第一と第二をやるんですよ。そしたら次の日、肩が軽いんですよ。よかったらやってみてください」
「…わかった」
 変だよ、この子も電マが愛撫グッズだってことを知らないんだ。これじゃダメじゃん。
 スケベが多い人種の看護師だ。完全に目が泳いでいるのは、のっけからエロいことを想像しまくってるのかしら?
「緊張してます?」
「それなりに」
「ぼく緊張しちゃって。だから肩がこっちゃって。こういうのあてながらお話させてもらいたいんですけど、いいですか?」
「…普通にお話をしたいんで、できればしまってもらえると…」
 えっ? 超恥ずかしがり屋?
「…だけど、これがぼくの普通の姿なんで。せっかくなんで普通の姿を見てもらいたいというか」
「んー……」
「どうされました?」
「…いろんな方がいるんですね。ありがとうございました。人生経験になりました」
 過去形を2回もかぶせられちゃったよ…。てかこの女、電マを完全なアダルトグッズと信じてる証拠じゃん。スケベめ!ラストは、見た目完全なオバさんだが、一応カマしてみっか。
「どうも、仙頭です」
「ほぉほぉほぉ、なるほど。セントウさんですか」
 電マとオレのプロフを交互に見ながらニヤけている。
「すんません、肩こりで、これをあてながらしゃべらせてもらっていいですか?」
「いいですけど。光ってるし、うわー、びっくり」
「びっくりなんですか?」
「だってそれ、そういう店で売ってるヤツじゃないですか?」
 驚いた。なかなか大胆なことを言ってくれるなこのオバサン。なんなら、マイ電マを持ってたりして?
「買ったことあったりします?」
「いやいや、しないし」
 こちらの肩をポンとたたいて来る。
「売ってるとこ見かけたことがあるだけですよ。もうほんと、面白いですねぇ、セントウさん」
 このテンション、舞い上がっちゃってるよね。最後にステキな男が来てラッキーって思っちゃってるよね。完全に嫌われたであろう5人目だけを外し、他全員の番号を書いたところ、なんと4人目の
ラジオ体操ちゃんとカップルになった。電マのやらしい使い方を知らなさそうなウブっ子である。
「いやー、ウエダさん(仮名)がぼくを選んでくれるとは思わなかったよ」
「だって一番、肩こりの話で盛り上がったり、しゃべりやすかったですし」
「そんじゃ、食事でも行きますか?」
「はい」
 さて、この状況はどう考えればいいのか。彼女は電マの魅力に食らいついてきたわけではないと思われる。純粋にオレとの相性で選んでくれたのだ。でもオレは電マを股間にあてたいと思っている。そこが問題だ。このまま素直に色恋を使ってベッドインに持ち込み、その場で電マを持ち出すのも手ではある。でもそれって面倒じゃね?
 だからやっぱり早いうちに、
「電マはクリトリスにも効く」
ことに気づかせて、たっぷり期待を持たせて、すんなりホテルに向かうのが賢明だろう。
地下街にガラガラのうどん屋があった。他の客の目を気にせずに電マを使えそうなので、ちょうどいいかもな。
テーブル席に向かい合って座り、パーティの感想なんかを話していると、彼女が勝手に語りだした。
「直近でカレシがいたのは、1年前ですね。相手は五十過ぎのオジさんです」
 マジで驚きだ。歳の差にではない。その五十オヤジが電マのひとつも使ってないことにだ。ここはやはりオレがきっちり教えてやらねば。電マのスイッチを入れて、ひょいと肩に当てた。
「それにしても今日はすごく肩がこったなぁ。知らない人といっぱいしゃべって、緊張したからかなぁ」
「それはあるんじゃないですか」
「ウエダさんもそう? どうぞどうぞ」
 彼女が電マを受け取り、肩に当てた。
「こういう感じですか?」
ぐりぐりやっている。いいじゃないですか。そのブルブル、恥ずかしいとこにもあてたくなるよね?
「自由に使ってみてよ。腕でもいいし、腰でもいいし」
「なんとなくわかったんで、もう大丈夫」
 さっと戻してきた。いやいや、ぜんぜんわかってないっつーの。
 と、彼女がチラっとスマホを見た。
「すみません明日仕事なんで。よかったらまた来週にでも。月曜とかどうですか?」
 仕切り直しか。まあ、いいでしょ。
 約束の月曜。
 待ち合わせ場所の駅前に、ウエダちゃんは少し遅れてやってきた。
「お待たせしましたー」
 居酒屋に入り、元カレ五十オヤジとの恋バナなどを聞きつつ、1時間半ほど空気を温めたところで、アクションを起こすことに。
「いやー、ウエダちゃんのラジオ体操方法って、改めて聞くとやっぱりいいね。ぼくも早くこういうのから卒業しないとな」
 それとなくカバンから電マを取り出す。
「今日も持ってるんですか?」
「もちろん、これがキッカケで出会ったところもあるしね」
「ロマンチックなこといいますね」
 ロマンチックかな。笑っちゃいそうなんだけど。
 では、どういうブツなのかもっと知ってもらおう。スイッチを入れて彼女の肩に乗せてみた。
「はははっ、震動がすごーい」
 ここまでは前回に体験済みだ。もっと背中のほうへ下ろしていくか。
 すると、彼女が体をよじって逃げた。
「なんか恥ずかしいしー」
 急にどうした? ふと周囲を見ると、店員や他の客がこちらをガン見てしている。だから照れ臭くなったわけね…。
 いや待てよ。恥ずかしいって感覚は、電マがやらしいグッズということに気づいたと言えまいか。
「ごめんごめん。こんなところでジャレてたら、他のお客さんにも見られちゃうよね」
「ジャレてるってわけじゃないけどー」
「それじゃカラオケでも行かない?」
「カラオケ? いいですよー。行きましょう行きましょう」
 面白くなってきたぞ!
 駅前のカラオケボックスに入り、まずは彼女に歌わせ、オレは電マを取り出し、大きく左右に振った。
「これ、光るからサイリウムみたいでしょ?」
「はははっ。ですねー」
 腕の勢いがつきすぎたフリをし、彼女の胸にちょこっと当ててみる。特に反応はないが、振動は伝わっているはず。繰り返せばボディーブローのように効いてくるだろう。ひとまず、サイリウム作戦で様子をうかがいながら、互いに曲を入れていく。隙を見て、さっと立ち上がり、彼女を後ろから抱きかかえるカタチで座ってみた。
「えっ、どうしたの?」
「いやー、歌ってるとやっぱ体がこるんじゃないかと思って」
 言いながら電マを肩にあててやる。イヤがる素振りはない。やっぱり効果が出てきてるんだな。
「腕とかもこってるんじゃない?」
「何なに〜?」
「気持ちいいでしょ?」
「…うん、そうね」
 声の質が変わった。これまでになかったトーンだ。今まさにスイッチが入った!
 胸元に下げていくと、彼女がのけぞるような姿勢で、首を後ろにだらりともたげてきた。
「…ねぇ、そこ胸だよ」
 さすがは電マだ。胸にちょこっと触るだけでこの攻撃力!
「でも気持ちよさそうじゃん」
「やだぁ、ああっ」
「ほら、そんな声だして」
「も〜。エッチ」
 エッチときたか。オッケー。本当にエッチな快楽をたっぷり味わわせてやろう。
 腕を伸ばし、電マで股間に触れた。
「あ、駄目だよ、そこは」
「でも気持ちいいでしょ?」「んーー、なんか変な感じ」
「力を抜いて、だんだん良くなってくるから」
「はい…」
 すごいぞ電マ。スカートの上からでもばっちり感じさせてるよ。
「どう?」
「あっ、もうダメです」
「どうしたの、イッちゃう?」
「はい、イクかも、あっ、あ〜」
 彼女のカラダがピクンと震えた。
その後、最後までヤラせてほしいとお願いしたら、「生理が始まるかもなので別の日に」と断られてしまった。でもここまでできたら大成功ですよね!

電マVS不感症の女・勝つのはどっち!?

0116_201903081832481a0.jpg 0117_20190308183249f2f.jpg
不感症という名の正式な病は存在しないそうだが、現に感じないオンナは実在する。可哀想な限りである。この難病に立ち向かうのは、言わずと知れた電マ。百戦錬磨のマシーンならばなんとかなるのか
カテゴリ
Copyright © 無料アダルト裏モノJAPAN公式エログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます