a236_2019080315145334f.jpga237_201908031514554d6.jpga238_20190803151456c8c.jpga239_20190803151457b04.jpga240_20190803151459040.jpga241_201908031515002b2.jpg
フェラボンバー
フェラチオを再現したオナマシンらしい。かなり柔らかめのシリコンで舌と口腔を模った商品で、スイッチを入れると、舌部分が振動しながらクネクネと回転する。
勃起したチンコにたっぶりりの快感は期待できそうだ。ではイケなさそう。そこで、コントローラの電源をオン。フェラボンバーをストロークしてみる。
激しく振動しながらグルグルと固転し始めた。 やはり密着感が少ないため、頭を刺激し、ローリング舌が吸い付くようなフェラ感覚までは再現されないが、舌部分の□ーリングは悪くない。
いや、かなりリアル。深く哩えた状態で舌をぐるぐる回すテクニックが、そのまま再擦されている。
不規則な動きでペニス全体を転がし始めた。まるでフェラする女の頭を押さえ、前後に揺すったときのような感覚。
オカズのAVをフェラシーンに設定すれば、そのまんまバーチャルフェラ体験だ。
ただ、ホールの口先から奥までの距離が9センチと短いため、突っ込んでも先っぽが奥に当たってしまうのが難。間もなく発射。
ブルーボーイ
セレクトした中では一番小型の商品だ。正確には電動オナマシンではなぐペニスへッドスティミュレーター( 亀頭刺激器) 。パッケージの裏に、「強力ロータ一がペニスに未体験の刺激を与えますMade in China (意訳)」と書かれている。
どうだろう。亀頭に固定するだけの道具にしか見えないが…。
本体の青いシリコンゴムのカサ部分を勃起したペニスに被せ、ヘアバンドで留めると、ローターの重みでペニスが傾いた。実にマヌケな姿だ。
ローター部分を手で支えスイッチオン。ブイ〜ンと音を立てて振動が亀頭か冷ペニス全体を震わせる。確かにブルブルはいい。が、1 0 秒も経てぼーターの振動にペニスがふれ、さらに経過すると麻痺してくる。コントローラの強弱を変えたところで振動の周期は変わらないので解決にならないようだ。
仕方ないので、露出したサオ部分にロ一ションを塗り、自らの手でしごいてみた。エロビデオに集中し、間もなくゴムの中に発射。結論。両手を放したまま亀頭にバイブをあてがえる装置、という以外は何もない。
生搾り昇天カリドリーム
圧縮式バキューム亀頭マッサージとある。中の空気を抜いて装着すれば、負圧でチンポに吸い付く仕組みらしい。これまた、先端にローターが内蔵されただけなので、自分の力も利用しないとイケないかもしれない。
さっそく、本体の空気を抜くように搾りこみ、細い挿入からローションペニスをインサート。入り口付近の横向き凹凸イボイボにカリ周囲を刺激されつつ奥へ進むと、空洞の内側についた無数の柔
突起がザラザラッと亀頭に当たった。ローションは少し多めに付けた方が気持ちいいかも〇
スイッチオン。ドーム内のニス全体に密着しているようでいて、実はドーム内には空洞が多ぐ少しばかり性感が弱い
やはりバイブの振動だけでは最後までイケそうにない。またも、自らの手を使って上下にゆっくりと抜き挿ししてみる。なるほど確かに吸い付くような感触だ。少々強めに引っ張っても簡单には抜けない。これが生絞り効果か。
プチSOM
片手でカリドームをグニグ二と揉みながらスライドさせると、ペニス表面が複雑な感触に包み込まれた。エロビデオに集中すること数十秒、大きく上下しながらフィニッシュ!
ホテへル1回分の金額をオナニ一へ投資することになる。すでにこの商品とは別に、2 台のシリーズ機が発売されている。自動手コキマシーンと、バイブを装着した女性用オナマシン。購入したプチSOMは最初に手コキマシンをコンパクトにし、値段を下げた最新バージョンらしい。
台座に取り付けたシリコンオナホール付きカップを前後にスライドさせる仕組みで、スライドスピードをL0wとH Iの2 段階に調整可能。電源を入れれば、勝手にオナホールが動いてポコチンをしごいてくれるらしい。イキたい。イカしてくれ。
スイッチを入れた途端、マシンが股間で暴れだした。サ才を中心に本体が動くので、太ももに挟んで固定しなくてはならない。
が、ストロークがたっぶりあるため、どうにか発射。オナホールの中身に高低差の大きいイボイボとリング状のパターンが並んでいたが、もう少し密着度の高いものになれば、さらに満足度は上がりそうだ。
ジャイアントプッシ―
素材が硬すぎてペニスを包み込んでくれないのも物足りない。
ひとまず挿入したままの状態で、コントローラのスイッチを入れてみた。ブブブブ、ウインウイン…。バイブ振動と同時にホール全体が左右にくねりだす。
気持ちいいかも、と思ったのも束の間。くねり運動が単調なのでイマイチ盛り上がれないまま、結局刺激に慣れてしまった。やはりこのマシンも挿入しただけで射精するのは難しいようだ。
手を使って上下にストロークすると、くねりの動きがランダムになりバリエーションが増えた。
バーチャルロボ
箱の裏側に「スキンホールがそのまま大回転!!」
とかいてあるとおり、スイッチを押せば突起付きのシリコンホールがぐるぐるチンコの回りを固転する仕組み。
入り口付返はぶよぶよのシリコン素材でできていて、直系約3.5センチの穴が閤いている。外枠をプラスチ6夕で固めているので、ロボサック同様、ペニスの直径が4センチ以上の男性は入れられない可能性が高い。もちろん、オレはすんなり入った。
柔突起が無数に生え揃っている。これがチンコに絡みつきながら回転する。想像した感じ、かなり期待が持てそうだ。ホール部分は分解しないと取り外しできない作りになつてし、るためコンドームを装着。
根元まで挿入してスイッチオン。
ウインウインと大きいモーター音を出しながら、イボ付きホールが回りだした。と同時にチンコの先から根元までを連続した快感が包み込む。結構気持ちいい。が、数分もすれば刺激に慣れてしまう。回転スピードを変えてもさほどの変化は得られない。ならばと回転させたままのホールを出し入れしてみたが、結局、最後まで発射できず。嗚呼!