面接のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:面接

  • 2018/12/31裏情報

       カップル喫茶の女性を悦ばせるプレイの前に「アリンコ」と呼ばれる勃起薬を渡される。どんな成分かはわからないのだが、これがハンパない効き目なのだ。店内にはアリンコ効果の〝カタさ〞に味を占めた常連女性も多く、ときには一戦交える前、こう提案されることもある。「アリンコ、飲みました?飲んでからエッチしません? 私、カタいのが好きなんで」バイアグラ以上の勃ちを1度は経験されたし。一見客は入れ...

    記事を読む

  • 2018/09/17AV女優になった理由

       1985年、筧井まりは福島県に生まれた。両親が共働きで留守がちだったため、幼少時代は近所に暮らす祖母の家に預けられることが多かった。「毎日、裏山とかで元気よく遊んでましたね。幼稚園に入ってからはますますおてんばになっちゃって、男の子グループをまとめるリーダーって感じでした」そんな彼女が変態男に狙われたのは小2の夏休み。知らないオジサンに『ジュースを買ってあげよう』といわれ、疑う事...

    記事を読む

風俗面接現場に乱交は日常茶飯事の居酒屋

0060_201804211508044e2.jpg 0061_20180421150805a69.jpg 0062_201804211508062a4.jpg 0063_2018042115080893f.jpg
カップル喫茶の女性を悦ばせる
プレイの前に「アリンコ」と呼ばれる勃起薬を渡される。どんな成分かはわからないのだが、これがハンパない効き目なのだ。店内にはアリンコ効果の〝カタさ〞に味を占めた常連女性も多く、ときには一戦交える前、こう提案されることもある。
「アリンコ、飲みました?飲んでからエッチしません? 私、カタいのが好きなんで」
バイアグラ以上の勃ちを1度は経験されたし。
一見客は入れない治外法権の大使館カジノ
大使館カジノ。治外法権の大使館内にある違法カジノ店のことである。半ば都市伝説的に語られているソレだが、常連の私がその実態をお教えしよう。場所は目黒某所。小国ながら日本人には馴染みの深い某国大使館にソレはある。一見客はお断りで、紹介がないと入れない。毎日開いているのではなく客の予約が集まったところで開催するシステムだ。中には、バカラが3台。豪華な食事に旨い酒。セクシーなバニーガールも揃っている。ここまで王様気分にさせてくれるギャンブル場は他にないだろう。また、レートはワンベット20ドルからで、一回百万円単位で賭ける客などザラ。少なく見積もっても一日数千万の金が動いているだろうか。まさに鉄火場というに相応しいアツさだ。関係者はこんなことを言っていた。
「超法規的な場所だから、警察に捕まりにくいぶん、金持ちやVIPが集まるんだよ」
「ごっくんは?」「アナルできる?」風俗面接シーンに耳を澄ます
東京の繁華街には、風俗店が入入店希望の女のコとの面接に使う喫茶店がいくつかある。この会話を聞くのがちょっと楽しい。
「ごっくんはできるかな?」
「…はい」
「アナルとか大丈夫?」
「それはちょっと…」
男の質問に恥ずかしそうに答える女の女の姿は、タマらんもんがある。コーヒーも100倍うまい。しかもこの面接、ときに風俗未経験らしき素朴なコも来るから、また嬉しい。反応の初々しいことと言ったら…。思わず店で指名したくなるほどだ。
秋葉原の片隅に古ぼけた牛丼屋がある。大手チェーンではない。ご主人とその奥さんと思しき女性の2人でやってる小さな店だ。キーマンは、奥さんの方である。客が彼女の意に沿わない行動を取ると、すぐさま注意されるのだ。
『荷物は自分の足元に置かなければならない』『注文はお茶が出てきてからしなければならない』『注文以外の私語は厳禁』『子供の入店もダメ』『ケータイ禁止』等々。
あ〜うるせー! 先日など、客が新聞を広げて読んみだした途端、自らも新聞を読んでいた奥さんが、自分のことをタナにあげて激しく注意を始めた。ちょっとそれはどうなんだろ。それでもリピーターが絶えないのは、牛丼が安くてウマイのもさることながら、この店の雰囲気を面白がってる輩が多いのだろう。まあ、俺もその1人なんだけど。
ピラニアなどのどう猛な肉食魚や、人間の指をも食いちぎるカミツキガメの他、「ワニ魚」と言われるアリゲーターガーまで確認されている。ワニ魚は、最大3メートルの体長にもなる化け物。肉食で、歯が鋭く、鳥などもペロリと食べしまう。今のところ人間に危害を加えた事例はないが、ひょっ
としてそのうち…。
値段が安く、味も悪くないので、重宝してるんだけど、ひとつだけ困ったことがあって。なんというか、もう無法地帯状態なんですよね。そもそも葛飾区の亀有は非常にガラが悪い土地柄です。この安居酒屋の客層も例に漏れません。まず一番多いのがケンカ。客どおしが殴りあったり、店員に客が詰め寄ったり。血を流してる客が、救急車で運ばれてるシーンを何度見たことか。さらに呆れるのは、この店の個室がヤリ部屋に使われていることです。監視カメラが付いてないため、マンガ喫茶なんかよりもやりやすいんですよね。先日も、店員が個室のドアを開けた途端、半裸の男2人と女2人が慌てて乱れた服を直してる場面に遭遇。乱交でもしてたんでしょうか。
カテゴリ

キャバクラの面接がAVデビューのきっかけに

0118_20180917152751e2a.jpg 0119_20180917152752649.jpg 0120_20180917152753500.jpg 0121_2018091715275564b.jpg
1985年、筧井まりは福島県に生まれた。両親が共働きで留守がちだったため、幼少時代は近所に暮らす祖母の家に預けられることが多かった。
「毎日、裏山とかで元気よく遊んでましたね。幼稚園に入ってからはますますおてんばになっちゃって、男の子グループをまとめるリーダーって感じでした」
そんな彼女が変態男に狙われたのは小2の夏休み。知らないオジサンに『ジュースを買ってあげよう』といわれ、疑う事なくついていってしまう。
「物陰につれて行かれて、パンツに手を入れられて…イヤらしいことをされてるって意識はなかったけど、急に怖くなっちゃって、走って逃げだしました」
この体験のせいで、中3のとき、隣のクラスの男の子とキスもしないうちにセックスすることに。
「私、あのとき、指で処女喪失したとばかり思い込んでたんですよ。だから、好きにしてって感じで」
高校時代はバイト先のファミレス店員に一目惚れし、デート初日に肉体関係を持つも、ちゃんとしたお付き合いには至らなかった。
「いわゆるセフレの関係ですね。でも私にしてみれば、初恋の人だったから、それでもかまわなかったんです。彼のおかげでエッチが好きになれたし」
人生の転機が訪れるのは、短大を卒業後、補助看護士として病院で働きはじめたころだ。安月給のため、副業をすべく、求人誌で見つけたキャバクラの面接へ行ったところ、
「それがセクキャバだったんですよね。ダマされたと思ったけど、とりあえず1日だけ働いてみたら、想像以上に楽しくて。結局、病院を辞めて、セクキャバ1本で働くことにしたんです」そんなある日、知人のプロダクションの人間に、AVに出てみないかと誘われた。彼女は悩むことなくこの話に乗る。
「AVに抵抗はなかったですね。むしろ風俗よりももっと楽しい世界かもしれないなって。きっと私って、エッチを通じて男の人に必要とされたいんだと思う」
デビューして半年。すでに数多くの作品に出演している彼女だが、現在でもセクキャバの仕事を続けているという。
「いろんな男優さんとエッチを楽しむ姿を多くの男性に観ていただけたら嬉しいですね。え、セクキャバの店名?それは秘密ってことで(笑)」
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます