願望のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:願望

男から買われることで快楽を得られる娼婦願望の持ち主

0068_20181114115634773.jpg 0069_2018111411563574c.jpg 0070_2018111411563768d.jpg 0071_20181114115638a76.jpg 0072_201811141156400a4.jpg 0073_2018111411564139a.jpg
「池袋テレクラレポート、即アポとれたら…み〜んなエンコー」には憤慨した。知らない人はまるで池袋は売春地帯であるかの印象を受けるに違いない。見ておれ、いつか池袋タダマン3連発やってやる。だいたい俺に無断で池袋のテレクラを取材する態度が気に喰わん。俺にとってこの街は、善かれ悪しかれテレクラ原風景ともいうべき場所なのだ。テレクラにハマる原因になった人妻との出会いもここ池袋のテレクラ。他にも、屋外プレイ、SM、病気女との出会い。すべての初体験がここだ。そんな神聖な街を、なんということか。店を間違えるとこんな結果になる、といういい例だ。池袋にだって話好きな女が集まる正統派のテレクラはあるのだ。もちろん落とすには時間がかかるが。と、こう書けば池袋のテレクラがすべて良質の店にように思う読者がいるかもしれないが、それも誤解だ。池袋でも(他の地域でも同様だが)店によってコールの内容はまったく変わる。俺は、テレクラを選ぶならフロントマンを見よ、と常々いっている。フロントの態度を観察すればおのずとその店の経営方針がわかる。それがコールに反映される例は枚挙にいとまがない。山手線北ラインのある店に行ったときのこと。そこのフロントマンは朝イチのせいか不機嫌な様子で「いらっしゃいませ」とも言わ
ず「会員証は?」の一言だけ。通常の取り次ぎであれば最初に「30代の男性希望です」とか案内が入るのだが、電話に出ると直接女の声がする。これはやりにくい。案の定「いくつう?いまどこ?いくら出せる?」とこんな調子だ。1時間ほどで似たようなコールが5本ばかり。たまらずトイレにたったらフロントからこう言われた。「お客さん。かなりまわしているけど約束とれないの?」
「態度悪い女ばっかで。それにお金がらみらしいから」
「お客さん、割り切ってもらわないと…。コールが死んじゃうんですよ。横着しないでくれる」
俺はどんな女からのコールでも最初に「どうしてこの店にかけたの?」と質問することにしているが、この店にかけてくる女の反応はこんなぐあいだった。「決まってんじゃん。カネ持ったオヤジにつないでくれるからよ」
行ってはいけないテレクラ実名リスト公表する日も近い。金だけが目当ての純粋な援交女を除いて、援助を口実に男と会う女とは、これまで別人ほど会っている。その中でも某ゼネコンの役員を夫にもつ人妻は、男から買われることで快楽を得られる典型的な娼婦願望の持ち主だった。以前本誌で簡単にふれただけだったので詳細を書こう。待ち合わせた池袋の喫茶店で、彼女は「ヴァンサンカン」を読んでいた。いかにもセットしたばかりのヘア、DCブランドの紺色のスーツ、汚れのないヴィトンのバッグ。女を値踏みするとき一番重要なポイントは靴だ。流行りのフェラガモではなく、上質なカーブとシャープなデザインからたぶん夕ニノクリスチーだ。フェンディの紙袋が女の脇にあった。山の手4区に住む上品な若奥ふうで、テレクラ女としては異様である。ふつう「買い物帰りで時間があいたので」と電話してくる女は援助目的と決まっているが、彼女に限ってはウソじやなさそうだ。真由美と名乗るその女は5年前当時彼女が受付嬢として働いていた会社で夫と知り合い結婚。旦那は再婚だったという。「まわりが女ばっかりで奥手だったのね」。歯並びがキレイだ。吸いつきたい。俺はひさしぶりにうっとりして聞き入った。夫は海外出張が多く先妻の子供は独立、自分としても子供は欲しいが、みっともないからと一蹴されて寂しいと言う。1時間ほど真由美の話は続いた。俺は攻め方を考えた。今は午後5時過ぎ。速攻でオジャンにするより、安心感を与えたほうが得策だろう。
「いまは契約社員で週3日くらいは昼間も時間があります」適当なウソに、女の目が一瞬、淫らに変わる。「じゃあ都合がいいわね」よし、いけるぞ。とりあえずその日は電話番号を教え合っただけで別れたがへこの分なら必ず女からかかってくるはずだ。果たして数日後、真由美から俺の自宅に電話があった。「お話だけが目的で電話したわけじゃないのよ・わかってくれますよね」きたぞきたぞ。期待をもたせる誘い文句に電話で話しているだけで勃起してくる。翌日の午後同じ喫茶店で会った。俺は新品のラルフローレンのポクサーパンッ。彼女は白のシャシにベージュのサブリナ。尻の割れ目のラインがまぶしい。「これ読んでください」席に付くや、真由美が俺にメモを渡しトイレにいった。なんだ?『よかったら誘ってください。ただし割り切ってね』
メモにはそう書いてあった。金なのか、それとも1回こっきりという意味なのか。ドキドキしながらタバコを吸い、まもなく戻ってきた彼女に言った。
「あのう、これってお金のことですか」
「おいやですか」やっぱりそうか。でも、こんな美人とできるなら金でもいい。それに、こっちは買い手だ。思い切りいじめてやる。
「ホテル代込みで2枚でいい?」と聞く俺に、女は「お気持ちだけで」と優しく笑い、「ここは払い
ます」とレジで支払いを済ませた。後からヴィトンの財布を盗み見れば、数枚の万札とクレジットカードが5枚ほど入っている。クレジットの借金返済だろうか。真由美のホテルでの仕事は予想以上だった。脱いだ服をロッカーに入れてくれバスルームでは頭から足の先まで洗ってくれる丁寧ぶりだ。
こじんまりとした乳房は白く、尻は女によくあるシミもない。肛門は未使用なのがすぐわかるほどが小さくまとまっている。思い切り舌をたて祇め回し、「いや」という彼女をを四つん這いにして生ペニスを入れた。意識してそうしているのか、ペニス全体が締めやっぱりそうか。でも、こんな美人とできるなら金でもいい。それに、こっちは買い手だ。思い切りいじめてやる。
「ホテル代込みで2枚でいい?」と聞く俺に、女は「お気持ちだけで」と優しく笑い、「ここは払い
ます」とレジで支払いを済ませた。後からヴィトンの財布を盗み見れば、数枚の万札とクレジットカードが5枚ほど入っている。クレジットの借金返済だろうか。「もう出しちゃってえ」
女の叫びに、俺はそのまま射精した。家に帰ってバッグを開けると、彼女に渡したはずの2万円が花模様のハンカチにくるんで入っていた。ホテルで俺がトイレにいっていたスキだ。なんのつもりなのか。これではホテル代の7千円は真由美の「持ち出し」になってしまうではないか。翌日の朝、真由美の自宅に電話し、金のことは言わず、3日後に会う約束をした。
「お金どうして?」当日、ホテルに入ってまず聞いてみる。と、「無粋な話はしない約束でしよ。おバカちゃん」と俺の頬にキスをする真由美。なんて女なんだ。俺たちは汗だくになって絡んだ。ペニスの先から玉にかけて流れるような舌づかいについらくしそうだ。
「初めてテレクラで会った男からお金をもらってセックスしたときの快感が忘れられなくて。夫はた
だ優しいだけでつまんない」とセックスを終えたあと真由美は告白した。

女の願望を叶える・出張ホストサイトで素人の年下美少年を呼んでみた

0124_201811011408051d5.jpg 0125_201811011408067f0.jpg 0126_20181101140807f24.jpg 0127_2018110114080916c.jpg 0128_20181101140810cd1.jpg 0129_20181101140812cf5.jpg
もちろん年下という色眼鏡も、付いてるだろうとわかっちゃいるけど、なんだか言うこと成すこと、すんごく素直に見えるんだよね。相手が素直だと、自分まで優しい気持ちになれちゃう。ちなみに、タッキー嬢がその昔、ピチピチのだった頃は、彼氏は絶対年上じゃないとダメだった。自分自身がワガママ放題な性格だから、器の小さい年下男となんて、ウマク付き合っていけるワケがない。そう頑なに信じていたのに、今じゃ付き合う男の子は、年下だもんね。ことセックスに関しても、お相手が年下か年上かで、自分自身の行動や反応が大きく違ってくる。元々マゾ気が強いから、年上相手だと必ず受け身。逆に年下だと「ココ、気持ちい〜い?」て、意地悪っぽくアナルを責めてみたり……。本来マゾ体質のはずなのに、可愛いモノを苛めたくなる心理なのか、妙にサド気が出てくるよネ。
夕ーゲットは、いま流行の出張ホストサイトから選ぶことにした。これ、ホスト希望の男性が自ら金を払って顔写真やプロフィールを掲載しているもので、ほとんど全員がズブの素人らしい。虐めるならやっぱり素人の年下美少年じゃないとねえ。で、数あるサイトをチェックしたところ、いました、タッキー嬢の浮気な心を射抜いた東京在住のユウキ君、職業はエンジニア。全体的に色素が薄くて、体の線も細〜い、中性的な顔立ちをした、まさに年下美少年だ。登録ホストのほとんどが、SMプレイ可能だったのに対して、ユウキ君がSMプレイ完全不可だったことも好印象。全てが初めて尽くしのユウキ君。歌舞伎町のホテルに入っても、ド緊張している様子が隠せない、まずはリラックスさせないと。ベットの上に体を密着させて座り、お酒を飲みながら、何気ない会話を交わす。これ以上ない程に、固くお腹に付くほどそり返ったペニス。ズットズット、イヤニナルホド、クワエッヅケテアゲル……。快感に、悲願を乞うような表情を見せる愛しいペット。そう…、もっと気持ちよくなりたいのね?視覚と手の自由を奪われたユウキ君は、鳥肌立つほど皮層感覚を敏感にさせている。何も見えない動けない、まるで私の操り人形、恥ずかしいほどペニスを起たせた不自由な奴隷だ。物言いたげに開く口の中に、私の細い指を突っ込みしゃぶらせてあげる。呼吸ができない苦しさに涙を潤ませるほど、私の濡れたアソコに力強く顔面を埋めてあげる。どう?うれしい?気持ちいい?
じゃあ、先端からトロリと粘液を垂らすペニス。最高に恥ずかしくって、最高に気持ちいいでしよ?でも、順番よ・今度は私を気持ちよくさせてちょうだい。

掲示板を悪用してチカン願望の男や出会い目的の男が自宅にやってくる嫌がらせ

201512_000057.jpg 201512_000058.jpg 201512_000059.jpg
「人間ラジコン」と呼ばれるイタズラが話題になっている。
実行者は、まずLINE掲示板などでネカマを演じ、出会いを求める男性を見つけだす。できれば、ターゲットの近場に住む10代後半から20代前半の世間知らずな男性がいい。他愛のない会話を何度か繰り替えしたあと、「一緒に遊びませんか?」などと誘い出せば、おびき出される男はいくらでもいる。こいつが人間ラジコンだ。あとはラインを使い、嫌がらせをしたいターゲットの自宅の住所を伝え、家までやってきたラジコンに「私しかいないから、インターホンを鳴らして」「インターホン越しにエッチなことを言って」など次々と指令を与えていくのだ。被害者は昼夜問わず、自宅アパートにいきなり出会い目的の男の訪問を受けるハメになる。また同様に、ゲイ専用の出会い掲示板に、出会い目的のゲイ男性を演じて書き込みを行い、ターゲットの家におびき寄せるキツイ手法もある。ゲイ男性たちの出会いは男女のそれよりもシンプルで、自宅にいきなり相手を呼び寄せる人が多く、中には自分の住所を記すゲイまでいる。
「○月○日、真っ裸のまま、部屋を真っ暗にして待ってるので、玄関のドアを三回ノックしてください。住所は○○…」掲示板にこのような書き込みを残しておけば、かなりの確率で「タチ」のゲイがターゲットの家を訪問することになる。
『掲示板』と呼ばれる類のサイトには、変態セックス愛好家がプレイの相手を探しに来ている。しかし、中にはイヤガラセ野郎も少なくない。連中の手口は極めて悪質だ。まずは女を装ってパートナー募集を出す。
〈今日、埼京線で触ってくれる方いませんか?〉
男が食い付いたら、プレイ場所として満員電車などを指定し、自分も現場へ。そしてその場に居合わせた赤の他人の女になりすまし、メールで指示を出す。
〈今から乗るところ。格好は、紺のニット、白のスカート、黒いカバンです〉
釣られた男が働けば、何も知らない女は当然パニックに陥る。場合によっては警察沙汰になるだろう。このプレイを利用したイヤガラセ事件が多発しているだけに、掲示板は閉鎖されつつあるが、未だにいくつかサイトは残っている。
今年6月、当時・野村證券社員の三十男が、女子大生に悪質なイヤガラセを行ったとして逮捕された。男が犯行に利用したのは、レ〇プ願望を持った女が集う、『疑似レ〇ププレイ掲示板』という特殊な出会い系サイトで、女性本人になりすまし、自宅住所を写メ付きで書き込んだ。
〈刺激がほしい。レ〇プ願望あります〉
結果、書き込まれた住所の近辺で、女子大生は見知らぬ男たちから襲われかけ、事件が発覚した。身の毛のよだつ話だが、同掲示板を使ったイヤガラセは、さほど珍しくはない。タチの悪い連中になると、書き込みの際、こんな工夫さえする。
〈リアル志向です。最初は抵抗しますが、多少の暴力オーケーなんで襲ってください〉
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます