風俗のタグ記事一覧

出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人の本物ヌード・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:風俗

風俗の悪質店のパネマジ嬢にマジ説教してみた

0176_201812111511191f6.jpg 0177_2018121115112055b.jpg 0178_20181211151121a39.jpg 0179_2018121115112369d.jpg 
いかがお過ごしですか?今月も始まりました。例によって例のごとく、佐藤編集長と高田馬場のルノアールで打ち合わせでございます。
「今月やけどなぁ、町田。〝パネマジ〞って知ってるか?」
「はいはい。〝パネルマジック〞の略ですよね。サイトとかのプロフィール写真が修正バリバリで、実物と似ても似つかない女のコが出てくる、みたいな」
「そうそう。あれって、酷いのになるとどのくらい修正しとるんやろうな?」
「んーーー、どうなんですかね?」
「その酷さ具合を調べてくる、いうのはどうや? 酷いのはそうとう酷いやろ。パネマジは現代の公害やからなぁ……」そう言って紅茶をぐいっと飲む編集長。初夏の日差しが、ボクの足下あたりまで伸びてくる。あたたかな光。こんな光を受けながら、パネマジ談議。平和だ。
「あと、そんなパネマジ嬢が来たら、『全然写真と違うやないか!』って文句言ってみて、どんな反応をするかっていうのも検証してみてほしいなぁ。ほら、いくらなんでも面と向って『全然違う』って言われたことないやろうから」なるほど。つまり写真ではかわいく見えたのに、実際は全然かわいくない女のコを罵倒しながらプレイして来いってことですね。うわー、なんか微妙に嬉しくないミッションです。つまりは「ブスとプレイして来い」ってことですもんね。…とは言え、もしパネマジっぷりがそこまで酷くなかったら、ボクとしては得だけど、取材的には失敗というジレンマ。いったいどうなるのでしょう? とりあえず、編集長の言うところの〝現代の公害〞パネマジの現状を調査してきまーす!。太陽ぽかぽかの良いお天気です。さて、まずは〝パネマジ〞で有名なお店を探さなくてはなりません。さっそく、某巨大掲示板にて、「パネマジ」「酷い」などのキーワードで検索すると……出てきました出てきました! まず目についたのは池袋にある『D』というお店。
「これは酷い! サイトでは顔にモザイクかかってたけど、店の写真を見てモザイクなしを確認したのに……あんな出っ歯じゃなかったよ!」「あれはパネマジじゃない。パネマジって元の写真を修整するんだよな? 別人だよ、あれ! あそこまで酷いと思わなかった!」うん、なかなかの酷い評価です。実際サイトを見てみると、モザイクはかかっているものの、みんな女子大生っぽい良い感じの写真が並んでいます。かなりのレベルです。いいじゃないか。さっそくこの『D』に行ってみましょう。気合いを入れて家を出て、高田馬場駅から池袋へ。西口から歩いて10分の案内所へと向かいます。雑居ビルの6階。エレベーターを出ると、5店ほどの案内所がズラーっと並んでいます。
「お客様ぁー。どの店舗をおさがしでしょうかぁー?」恰腹の良い〝ヤカラ系〞の店員が声をかけてくる。ボウズ頭の側頭部に、バリカンでつけたラインが入ってます。エグザイルみたいです。
「えっと…『D』なんですけど」「はいー、ではこちらのPCで女のコを選んでいただきますぅー!」そう言って、PCの画面前まで案内されます。モニタにはサイトの画面です。でも、ウチで観たときはモザイクかかってたのに、ここではモザイクなし。やべぇ! みんな普通にかわいいじゃない! これ、全部ウソなの??「えーっと、じゃあ、今、すぐに行けるコってどのコですか?」
「はい、えっと、このコと、このコ、あ、このコも行けますねー」エグザイルがマウスで指し示す。ほう……3人ともけっこうカワイじゃない。ひとりは金髪でお目目パッチリモデル系。ふたり目は、黒髪の前髪パッツンで、ちょっとヒラメ顔だけど愛嬌がある感じ。そして3人目はショートカットの文化系女子っぽいコ。どれもこれも悪くない。……いや待て、ここは〝パネマジ〞なコに当たらなくちゃいけないんだった。そういう観点でもう一度写真を見る。うーーーん……3人とも、なんとなくパソコンのソフトで修正してるような、してないような微妙な感じです。でも、黒髪パッツンと、ョートカット文化系女子は、普通にそこらへんにいてもおかしくない自然な感じです。この中で言うと、金髪モデル系のAちゃんは……顔が整いすぎてる気がします。よし、このAちゃんにしようじゃないの! きっとパネマジに違いありません!入会金、写真指名料の3千円と、60分1万8千円を支払い、さっそくホテルに移動。ベッドに腰をかけ、イメージトレーニングに入ります。まず、その扉がノックされる↓扉を開けると、そこには写真のAちゃんとは似ても似つかない女のコが立っている。↓「え〜、 全然、写真と違うね!」と言う。……怒るかな〜↓「はぁ? そんなことないんだけど〜」とか、イケしゃーしゃーと言うのかも。↓そんな状態でプレイに入って、「修正入れすぎじゃない?」「どういうつもり?」「っていうか詐欺だよね」と言い続ける。↓……大丈夫か? 玉とか噛みつぶされたりしないかしら?↓怖い!……うん、とりあえず、玉を舐めさせるのはやめておこう。フェラもちょっと怖いかもな。ウン。でも、「私、知らないんですよー。なんかお店が勝手に修正入れてるみたいでー」と、責任逃れをするかもしれない。そのパターンはありそうだな。
――コンコン。不意に目の前の扉がノックされる。来た!来ました! とうとうパネマジ嬢がやってまいりました! 一体どのレベルの詐欺っぷりなのでしょうか。…いつもこの瞬間は「お願い! かわいいコ来てくれ!」と祈るのですが、今回はなんとも微妙な心境です。さぁ、カモーン! パネマジ!ドアノブに手をかけ、ゆっくりと扉を開きました。「こんにちわー」そこに立っていたのは、薄ピンク色のワンピースに、透き通ったストールを肩からかけたAちゃんでした。顔は……………かわいい!! ……え??なんで? なんでかわいいの? お店で見た写真と大差ないじゃない? すこし目ヂカラが下がってる感じだけど、全然そのまんまじゃない!?なにこれ??
「こんにちわー。今日はお仕事お休みですか?」「あーー、うん」部屋に入って来て、ニコニコ笑いながら、イソジンやローションを出すAちゃん。これは…せっかくイメトレしてたのに、これ、どうしょうもないよ! 一応、「写真と全然違うね」とか言ってみる? いや…全然一緒だし。そんなただのクレーマーというか、言いがかりじゃない? でも…一応言っておくか…。「Aちゃんって…なんかアレだね、サイトの写真と違うね」「え? そうですか?」「うん、なんか印象が…」
「1カ月くらい前に撮った写真なんで、違いますかね? どこらへんが違います?」
怒った感じはない。単純に「え? そうですか? そんなことないはずだけど」というような表情。まぁ、たしかにね。ボクも、そんなことないと思うもん。ウン。「なんだろう…目とか、かなぁ」
「あー、メイクですかね? 今日はたしかにちょっと薄めなんで。バッチリメイクしてたほうが好きでした?」「そう……ね」「じゃあ、次来てくれることがあったらメールして下さいよ。そしたら、
お兄さんに会う前に、バッチリメイクしますんで。あとでメアド、交換して下さいね(ニッコリ)」
いやーー……顔もかわいいけど、性格も良いじゃない! 誰だよ!この店をパネマジ店って言ったの! ……もしかしたら、Aちゃんはたまたま当たりだったのかもしれないけど……つまりは、パネマジ店にも、修正していない〝当たり〞は存在するってことでしょうか?まぁ、結果的にはかわいいAちゃんと濃厚なプレイを楽しみました。しかも本番もさせてくれちゃいました。初夏! 今日は良い日だなぁ!……と、そんなことを言ってる場合じゃありません。今回の大きなテーマには、「パネマジ店でクレームを入れながらプレイを受けたらどうなるか?」という側面があるのです。「パネマジ店だと思ったら、優良店でした。本番までできました。陽当たり良好!」なんてんじゃ、お話しになりません。次こそは、ガッチガチのパネマジ店に行かなくちゃ! もう失敗は許されないのです!
Aちゃんが帰ったラブホのベッドで再び某巨大掲示板で検索をかけます。すると、さきほどの『D』よりもものすごい書き込みを発見!「やっぱりパネマジと言ったら池袋の『A』だろう。風俗wikiでも名前があがっている店」「池袋パネマジ四天王の中でも最強クラス」「ドア開けた瞬間、完全に人違いだと思って、閉めかけたw」おぉー、これはすごい。池袋パネマジ四天王? そんなのがあるのか?? 残念ながら、先ほどの『D』は、その四天王に名前は連ねていない。事前調査不足だったか!そこで『A』のサイトを見てみると……こちらもモザイクで隠していますが……モザイクごしにもありえないほどのレベルです!さきほどの『D』が女子大生ならば、こちらは完全なモデル・タレントレベル! 本当にこんなレベルのコがいるの?? ……って、絶対いないんだよね。コレ。絶対パネマジだよな、コレ。間違いないですよ!かつてないほどの危険っぽさがビンビンと伝わってきます。さっそく服を来てラブホから脱出。案内所があるという西口マルイ向かいの裏通りにある風俗ゾーンへと向かいます。外は暗くなっていました。時計を見ると、19時をまわったところ。暗い雑居ビル群を歩きます。ケータイで場所を確認しながら到着したのは、看板も何も出ていない雑居ビルの3階。あやしさ満点です。こんなチープな店にあんなにカワイイコたちがいるわけがありません。
 案内所に入ると、仲本工事を太らせたようなオッサンが「いらっしゃいませ」と声をかけてきます。「今のお時間でしたら、このふたりですね」そう言って、PCでモザイクなしの画像を見せてくる。ほう。ひとりは164センチにGカップというモデル体型のBちゃん。くびれはしっかりとあるものの、体がムッチリとしていて、大味な印象です。もうひとりは、ほんのり茶髪のストレートに、倉木麻衣のような整った顔。胸はCカップですが、スッキリとスレンダーのCちゃんです。……いや、これは断然Cちゃんでしょう。こんな整った顔のコがいるはずがない! これは間違いなくパネマジですよ!さっそくCちゃんを指名。仲本工事に、入会金、指名料の3千円。60分1万8千円を手渡します。さっきの『D』とまったく同じ値段です。つまりは池袋の平均的な価格、ということでしょうか?そのまま、案内所から徒歩7〜8分のラブホへ。部屋に入り、本日2度目のイメトレに入ります。今度こそ間違いなくパネマジ嬢が来るはずです。そしたらまず開口一番「あれ? Cちゃんじゃないよね?」と言ってやる。↓そのままプレイはするものの「マジで?」「なんなの?」「詐欺か!」とブツブツ攻撃↓終ったあと、店に「どういうこと?」と電話。(注意点・玉を舐めさせないこと)……うん、大丈夫だ! ぬかり? ないね! いつでもバッチ来い!それから待つ事10分。コンコン、と扉をノックする音が。…来ました! 今度こそパネマジ嬢よ来て下さい! もちろん、倉木麻衣レベルの美人が来たら、それはそれで嬉しいんだけど…。さすがにそれじゃあ記事になりません! お願い! 来い! ブス!!!「こんばんはー……」扉の向こうには、薄い水色のワンピースに、白いジャケットを着た女のコが立っていた。……うん、全然別人です! 少なくてもCちゃんじゃない! 目はバッチリメイクされていて、なんとなく写真に近い気がしますが、エラが張っていて、整形のように不自然に鼻筋が通っています。しかも肌はボロボロ。サイトのCちゃんの目だけのお面を付けた感じです。しかも、服の上から見ても、あきらかにぽちゃってます。いいぞ! これは酷い! 酷いのに「いいぞ!」って。なんともいえないシュールさです。いやー、ここまで酷いと、俄然やる気が出てきました! 思いっきり悪質なクレームを入れてやりますよ〜!
「えっと……Cちゃん?『A』の」「うーん、そだよー」
馴れ馴れしい&オタクっぽい! 一番イラッとくるタイプです!
「…なんか、全然サイトの写真と違うんだけど……」
「えー、ちょっと写真撮ったときよりも太ったかもー。GWは実家に帰ったからさー」
実家に帰ると太るのか。なるほど。でも、あきらかに顔の骨格が違うんだけど。整形してエラを張らせた感じなのかしら?とりあえず部屋に入ってきたCちゃんは、「チェンジ」と言われるのを怖れたのか、光りの速さで服を脱ぐ。「じゃあ、お客さんも脱いで下さい」そう言うCちゃんの体は……予想以上に太い!「えっと、サイトで見た写真より、かなり太ってるね?」「えー、ひどいー。でもああいう写真って、かわいく見えたり、細く見えたりするカットを使うじゃん、常識的に考えて。それに私、太ったって言っても2キロくらいだし!」「いやーーー、2キロって! だって、これだよ?」そう言って、ケータイに表示させていたCちゃんのプロフィール画像を見せる。
「女と男の2キロは全然違うから。っていうか、どう見ても私じゃない?」うわーー、なんて堂に入ったイケしゃーしゃーっぷりでしょう!シャワーを浴びて、ベッドに移動。フェラされつつの説教スタートです。「……っていうか、ぶっちゃけサイトの写真は修正してると思うんだけど、アレはやりすぎでしょ?」「Cちゃん的には罪悪感とかないわけ?『お客さんを騙しちゃってる…』的なさ?」「手でシゴくのはやめて、口だけでして?」「お店の人に言っといて。こんな商売、いつまでもやれないよって」「口の中で舌でチンコを一周するように舐めて?」「他のコもみんなああいう感じ?」「あり得ないよねー」説教&注文。どうですかこの怒涛の攻め!Cちゃん、まったくこちら側を見ないで、一心不乱に舐めてます。「早くイカせて終わりにしたい」と思ってるのでしょうか。
「まぁ、正直、詐欺レベルだよね」なんとなく放ったその一言で、Cちゃんの動きが止まった。ジュッポンとティンコを口から抜き、手でシゴきながら、こっちを見る。
「……っていうか、そこまで言うこと無くないです? 風俗の写真なんて修正くらいするし!」
「やっぱり修正してるんだ?」「してるかしてないかは私はわかんないけど、失礼だよ。なんなの?」この後におよんで「自分は知らない」を突き通してきます。いやー恐ろしい!でも手コキは止めないところはプロを感じますよ。ウン。結局、最後は「なんか写真とは違ったけど、とりあえず口に出すよ!」と言いながら口内にフィニッシュ。終った瞬間、Cちゃんは洗面台に走っていって、精液を吐き捨てていましたとさ。

上海で一番アツイ風俗KTV(カラオケテレビ)の遊び方

0136_2018120701102178a.jpg 0137_2018120701102239e.jpg金持ち連中相手に仕事を始めて数年になります。
『物価が安い』『投資に有効』など、マトモにセールスするだけで売れるほど甘くはありません。金を出すのは、大半が男性客。となればやはり、女で釣るのが定石というものでしょう。上海の歓楽街には日本で言うクラブやキャバクラのほかに、本番アリの性感マッサージなど、風俗店が多数存在します。が、中でも今最も熱いのが『KTV(カラオケテレビの略)』と呼ばれる店で、日本のカラオケボックスのような場所で女が買える風変わりな風俗です。日本では味わえないKTVの魅力と遊び方を、皆さんにご紹介しましょう。限ってはまったく事情が違います。公安当局も観光客の売春が重要な観光資源になっていることを知っており、そこまでうるさくないのです。
いずれにせよ、上海の街中を歩いていると、そこら中にKTVの看板が見えてきます。適当に入ってもかまい》ませんが、中にはボッタクリ業者も存在するので、日本人が経営するお店か、現地に詳しいに人間に聞くことをお勧めします。店内は、高級クラブを少し安っぽくしたような雰囲気で部屋の広さは20畳程度。基本的にはカラオケを歌う場所で、》エントランスで300元ほど払えば、時間制限なしで飲み食いも自由です。部屋に通されたら、それぞれの客に女の子が付きます、が、彼女たちはあくまでお酌だけ。しばらくすると担当の店員さんがやってきて日本語で聞いてきます。
「女の子を呼びますか?」YESなら、酌婦は帰り、いよいよスペシャルサービスです。

風俗・最大の謎。AFはどんだけ気持ちイイのか?

0196_20181128181359f50.jpg 0197_20181128181400e00.jpg 0198_201811281814022fe.jpg 0199_20181128181403a09.jpg
昔からちょっと興味はあるけど、なかなか試せないことがあります。それは、アナル.ファック。ティンコをムァンコならぬ、アナルに入れるアレです。AFという略し方で親しまれていますね。噂によれば、慣れてしまえば男も女も超〜気持ちイイと聞きます・友達の中では「超キッくて、絞まりもバッグン。一度体験したらムァンコなんかバカらしくて入れる気にならない」と、まことしやかに畷かれてます。プライベートで試そうとしたこともあります。でも、すごい大変。女の子に泣き叫ばれました・何度か挑戦した後、結局あきらめてムァンコでヌイたものです。しかしや年を追うごとに膨らむAF幻想。ああ、死ぬまでに一度でいいから試してみたい……。
そんな想いが頭の片隅に引っかかっていたある日、フト気付きました。フーゾクのオプションには、しっかりと《AF》の文字が書かれているじゃないですか。フーゾクなら、ヤられる女のコもAF慣れしてるわけです。コッチが初心者でもしっかりリードしてくれるに違いありません。長年の男の夢。誰もが一度は挑む最大の謎。AFはどんだけ気持ちイイのか?ホントにムァンコいらずなのか、さっそく試してみましょう!ネットでAF専門店について調べて、五反田の《C》に狙いを付けた・ここには、多くの人妻が在籍していて、普通のAFはモチロン《相互AF》といって欝男もアナル開発されちゃうという、なかなかアグレッシブなコースまである・ここまでAFに特化した店なら、きっと素晴らしい時間が楽しめるに違いない。
「はい、もしもし」電話をかけると、テンションの低い男が出た。
「サイトに載ってる女の写真は、みんなモザイクがかかってるけどお店に行ったら見れるの?」ドアを開けると、昔の工藤静香の髪型のAさんが立っていた。う〜ん、顔はまあまあ、スタイルもそんなに悪くない。ちょっと若くも見える。合格点あげましょう。
「あら……若そうですね。ちょっとラッキーかも」
Aさん、ボクを上から下までナメるように見る。ふぉおお〜〜、ちょっとゾクゾクするなぁ。
「相互コースですよね。じゃあ、ちょっと用意しますね。私、さっきオフロに入ったから、入らなくてもいいですよね?」はぁ、でもボクは入ったほうがいいよれ?
「ううん・大丈夫ですよ。私、けつこう汗のニオイとか好きなんで、そのままのほうがイイかも(笑)」こりや今相当な淫乱ですよ。ボク、いったいどうなっちゃうのかしら?カバンからローションやローター、アナルバイブなど、AFグッズが大量に出てきた。ベットの上にバスタオルを敷き、準備OK!言われるまま、裸になり仰向けで寝る。
「ウフフ、楽しみだわ……」Aさんが覆いかぶさってきた。まずはねっとりとしたキスから、耳、首すじ、乳首を若干、歯を立てながらベロベロとリップサービス。ああ〜時折当たる歯と漏れる吐息がたまらん。ワキ下からへソの穴、玉袋の裏からアナル、ヒザにいたるまで献身的なリップが続く。
もうティンコはギンギンだ。「じゃあ、そろそろアナルをいただいちゃおうかな?でも初めてなら、ペニスバンドはやめて、アナルバイブで犯してあげるね」指サックをしたAさんがニッコリ笑う。温められたローションをアナルのまわりに塗られ、少しずつ指を入れられる・くうぁぁぁああ、なんかスゴイー気持ちいいのかどうかわかんないけど、ヤシちやいけないことをしてる感覚が全身に走る!Aさんはローションとお湯を口の中に含むと、そのままガチガチのティンコをパックリとくわえ込んできた。熱い!ヌメヌメとした熱いツボの中にティンコを入れたような新感覚!ヤバ……コレ、気持ち良すぎるよ!気がつけば、いつのまにかアナルバイブを根元まで入れられ、ローションフェラでガンガン攻められていた。ヤバ……そろそろ限界だぁぁ!ジュポン!ボクの絶頂に気付いたのか、ティンコを口から離したAさんは、口ーションをコップに吐き出すと、トローンとした目で言った。
「じゃあ、そろそろ私の……Aのアナルにも入れて……」
そうだ。あまりの気持ちよさに今回のテーマを忘れるところだった。今回はAFを試すのだ。コンドームを装着され等自分のアナルにはパイプを入れたまま(1)Aさんの股に腰を押し付ける。さあ、長年夢見ていたAFの気持ち良さ、たっぷりと堪能させていただきます!

風俗案内所スタッフという仕事

0212_20181122144356710.jpg 0213_201811221443576fc.jpg 0214_20181122144358aa9.jpg 0215_2018112214440050c.jpg 0216_20181122144401477.jpg 0217_20181122144403539.jpg貧乏で、もっぱら右手が恋人な私は、普段、フーゾクにあまりご縁がない。
JR池袋東口の風俗情報館Fで、1枚の張り紙を見つけた。【アルバイト募集時給900円〜。連絡先は031××××…】
風俗情報館とは、文字通り、客の要望通りの風俗店を紹介してくれ、一割引チケットまで入手できる便利な場所。ただ、条例改正でその割引チケットが撤廃されたと聞く。うむ、こんなタイミングの悪い時期にスタッフ募集とは面妖な。とりあえず、電話だけでもかけてみつか。「キミさあ、風俗へは遊びにいったりすんの〜?」携帯の向こうから聞こえてきたのは、いかにもやる気なさげな男の声だった。「ごくごくたまにですけど、行ったコトはあります」
うん、じゃまあいいか・明日から来れる?え、もう採用決定?早っで、仕事はどんな感じなんですかね。『それがさあ、ぶっちゃけあんまりやることないんだよねえ』

老人介護と風俗の遠そうで近い関係

0156_20181112131549787.jpg 0157_20181112131551e45.jpg
介護法が改正される。来春から、ボクみたいなオッサンからを対象に新たに保険料を徴収し、痴呆症や寝たきり老人に国が介護サービスを提供するらしい。金を取られる身にとっちゃキッイ話だが、もしも自分がヨイヨイになってしまったらと考えれば、まあしょうがないかとは思う。
これに乗じて、介護士という職が今までより需要が増え、最近じゃ民間の企業が介護ビジネスに乗りだそうとしている。まあ被介護者の自己負担が1割で介護料がまかなえて、あとの9割はお国が負担してくれるというからこれはアリガタイというか、その手のビジネスに乗りだそうとしている人にとっては実に力タイ商売である。つまり、痴呆症の老人の話し相手や週に一度の入浴など、まあご家族が身の回りの世話をしてくれるケースでも対象になり得るそうだから、体の不自由な高齢者をかかえた家族にとっては多少〃気の抜けられる〃情況を迎える時代になるというわけだ。でもたまに元気な時もあって(笑)、その時はランジエリー姿で最後はやっぱり口ーションで手ヌキね。なんだと。しかし、綾ちゃんみたいな子がへルパーの資格をとってバリバリやってくれると、喜ぶ老人も多いんだろうねえ。しかも改正後は私設のへルパーたちを老人の方からリクエスト出来るらしいし、指名可ってことになれば、さすがにベテランといえどオバハンの介護士さんより若い綾ちゃんみたいな子に面倒見てもらいたくもなるだろうね。ちなみにヘルパーの方も老人を自由に選べるらしい。あんまり暴
力的な老人(そんなのいねえか)はお断りもできるわけ。この辺、フーゾクと実に近いモンがあると
思うのだが。さてと、もう一軒行って見よう。こちらは新宿歌舞伎町、性感へルス「お江戸美人」の美咲さん。どっちかというと、人妻系のフーゾク店だ。もちろんアッチの方はヤル気マンマン、クンニも上手で、美咲ちゃんもよくイカされるってんだから見上げたモンである。
カテゴリ

風俗でブスに当たった時の対処法

0141_20181102105131707.jpg 0142_20181102105132671.jpg 0143_201811021051341ac.jpg
ブス嬢が来たらメガネをかけさせて緩和せよ
デリヘルでブスがやってきた。そんなときに人はどうするか。声高らかに「チェンジ」コールをする
人もいるだろう。でもあれってけっこうな勇気がいる。オレみたいに泣き寝入りする男は多いと思う。だが泣き寝入りばかりしてられないと、ブス嬢でも満足できる方法を考えまくった結果、割と簡単に最悪の状況を回避できる手段にたどりついた。伊達メガネだ。地味なメガネ女子がそれを外したら意外に美人だった、みたいなコトって良く聞くけどそれは元々の素材がイイからこその話で、逆にブスの場合はメガネをかけることで顔のアラが目立たなくなる効果がある。メイクするのが面倒だからと伊達メガネをかけて外出する子もいるぐらいで、メガネにはそれだけカモフラージュ効果があるわけだ。だからブスが来たらあらかじめ用意しておいたメガネをかけてもらえばいいのだが、赤いフレームとかアラレちゃん風みたいなものでは効果がない。単にブスがメガネをかけてるだけにしか見えない。100均一などで売っている、自然な形状の細いフレームのものがベストだ。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
タグ
Copyright © 【公式】裏モノJAPAN☆出会い裏技・セフレ愛人の作り方 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます